アンカハス×船井龍一、5月カリフォルニア開催へ!

5・4米・ストックトン(ESPN)
 ▼IBF世界Lヘビー級タイトルマッチ 12回戦
  王者・アルツール・ベテルビエフ(ロシア) × 同級4位・スベン・フォーンリング(スウェーデン)
 ▼IBF世界Sフライ級タイトルマッチ 12回戦
  王者・ジェルウィン・アンカハス(フィリピン) × 同級1位・船井龍一(ワタナベ)

 正式発表はされていないが、船井の世界挑戦は5月のカリフォルニアで行なわれるという線が有力。ライトヘビー級のIBF戦と併せて開催される見込み。アンカハス(30勝(20KO)1敗2分)は16年にマックジョー・アロヨから王座奪取。防衛戦はすべて他国への遠征で、14位・ホセ・ロドリゲス、3位・帝里木下、4位・ジェイミー・コンランに3度防衛後、大手トップランクと6試合の大型契約を結んで、アメリカで9位・イスラエル・ゴンサレス、1位・ジョナス・スルタンを退けたが、前回6度目の防衛戦は、14位・アレハンドロ・サンチャゴ・バリオスとドローだった。

  • コメント 13

サンダース決定戦出場のWBO王座、ラミレスが返上を否定

 WBO世界Sミドル級は、5度防衛中だった王者・ヒルベルト・ラミレスがベルト返上したということで、4月にビリー・ジョー・サンダースとシェファ・イスフィによる王座決定戦が指示されていたが、王者ラミレスは返上を否定した。

  • コメント 9

◆アマボクシング問題◆暴力コーチ処分に「山根圧力」があった

 福岡・東福岡高校ボクシング部の40代男性監督が昨年11月、県高校新人大会で「競技経験8カ月以上」の出場資格を満たさない1年生部員6人を選手登録し、3人を出場させた不正により監督から解任され、無期限謹慎処分を受けたが、この監督は15年に、飲食店の女性従業員を殴る暴力事件(後に和解)で県連盟から除名処分になっていたところ、当時の日本ボクシング連盟・山根明会長が「復帰させなければ、県連盟に強制指導を行なう」などと再三、圧力をかけ、10カ月後の17年1月に処分を解除していたという。

  • コメント 10

WBOミニマム級 サルダール×谷口、プロの仕事を見せられるか

2・26東京・後楽園ホール「ガッツファイティング」(PARAVI)
 ▼WBO世界ミニマム級タイトルマッチ 12回戦
  王者・ビック・サルダール(フィリピン) × 同級2位・谷口将隆(ワタナベ)
 ▼8回戦
  宇津木秀(ワタナベ) × ジェリー・カストロヴェルデ(寝屋川石田)
  日本バンタム級15位・富施郁哉(ワタナベ) × 水谷直人(KG大和)

TANIGUCHIVIC.jpg

 日本ではわざわざ自国選手の世界挑戦に「日本または東洋太平洋王座獲得」などの条件を課しているが、WBOアジア太平洋王座の獲得があればWBO王座のみ挑戦できることになっており、その視点で見ると、タイで唐突に行なわれたWBOアジア王座決定戦に勝ったという谷口の世界挑戦は、まるで自ら作った条件のアリバイ作りみたいに見えてしまう。ただ、本来、プロというのは、客を呼んで興行を成立させることが本業であるわけで、世界戦には肩書きよりも興行を成り立たせられるかという点も重要だ。安全面などの競技側面から「客を呼べるなら誰でも挑戦できるよ」とまでの自由度を持たせるわけにはいかないだろうが、チケットを買う人やテレビ視聴者が増えてこそ成り立つプロを育てるのであれば、世界挑戦を実現する過程にも人の関心を集める経緯がないと盛り上がりに欠け、結局は日本のプロボクシング人気というものを高められないのではないだろうか。谷口が日本人選手と戦ったのは日本と東洋のタイトル挑戦2試合のみで、ともに黒星だった。技術的には同期の京口紘人より上だと評価の高い選手で、陣営も世界獲得を成しえる自信があってのマッチメイクだろうが、金の取れるプロを売っていくには、実績不足は否めない。当ブログでの予想アンケート(投票ありがとうございます)投票総数121票も、最少に近く、国内開催なのに関心度はかなり低い。

  • コメント 10

ロマチェンコ×クロラ、入札回避で4月開催

4・12米・ロサンゼルス(ESPN)
 ▼WBO&WBAスーパー世界ライト級タイトルマッチ 12回戦
  王者・ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ) × WBA1位・アンソニー・クロラ(英国) 

 ロマチェンコ×クロラに出されていたWBAの入札指示は、両陣営の交渉で回避され、4月のロサンゼルスで行なわれる。ロマチェンコ側は当初、IBF王者・リチャード・コミー(ガーナ)との統一戦のプランもあったが、コミーの負傷で流れた。(片岡)

  • コメント 14
※コメント投稿者は、以下のガイドラインを了承したものとします。投稿内容に関しては投稿者の責任であり、投稿による第三者への不利益発生に、いかなる損害、問題も管理者が責任を負えるものではありません。投稿に関しては管理者が予告なく複製、転載、削除等の権限を無制限に有しますが、迷惑行為、運営方針に反するものについては発見次第、予告なく削除または、第3者への投稿記録の提出、警察への通報などをすることがあります。(NEWSIDER Tokyo)

チケットぴあ 
↑観戦チケットはこちら
楽天チケット







 この場所に広告掲載できます ⇒ お問い合わせ

CONTACT US

片岡亮(RYO KATAOKA)

Author:片岡亮(RYO KATAOKA)
記者チーム「NEWSIDER」主宰、在マレーシア・クアラルンプールのジャーナリスト。事件、芸能、スポーツ、国際情勢、裏社会、オカルト、ジャンルレスに取材しながら頻繁に日本と往復しています。

★仕事の相談、情報提供、広告掲載など、お気軽にご連絡ください。 ⇒ CONTACT US (E-MAIL)



片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」2006年より長期連載中

ボクシングチケットはこちら
チケットぴあ


※記事中の敬称略をご容赦下さい
※コメント投稿は「パスワード」入力で、なりすまし防止の識別コードが付きます。

※本ブログの広告からお買い物をされると、掲示商品でなくても当方に購入額の数%程度の収益があります。日々更新を続けますので皆様のご協力に感謝いたします。(管理人/藤堂香貴/NEWSIDER Tokyo)






BLOG

LINK

COMMENT

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
18位
[サブジャンルランキング]
格闘技
1位
アクセスランキングを見る>>

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/実話ナックルズ/紙の爆弾/サンデー毎日/EX大衆/FLASH/iRONNA/東洋経済オンライン/覚醒ナックルズ/FRIDAY/産経新聞/週刊大衆/週刊朝日/週刊文春/週刊新潮/データマックス/アサヒ芸能/テーミス/CIRCUS MAX/日刊サイゾー/週刊現代/東京新聞/読売新聞/実話ドキュメント/週刊ポスト/SPA!/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/婦人公論/不思議ナックルズ/MSNドニッチ/KEITAI BANDITS(バンディッツ)/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/J-CAST NEWS/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/LAPOO/スポーツライフ/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/バイキング(フジテレビ)/直撃LIVE グッディ!(フジテレビ)/ひるおび(TBS)/スッキリ!(日本テレビ)/サンデー・ジャポン(TBS)/サンデーLIVE!!(テレビ朝日)/新・情報7DAYSニュースキャスター(TBS)/めざましどようび(フジテレビ)/あさチャン!(TBS)、とくダネ!(フジテレビ)、NEWS ZERO(日本テレビ)/グッド!モーニング(テレビ朝日)/news every.(日本テレビ)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ /サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同)

WEB ANALYTICS


アクセス解析君

PASSWORD