ハーン氏、Youtuberのジャッジ買収主張に猛反論!記者にも苦言

 マッチルーム・ボクシングが、ジャッジを買収していたと主張したYoutuberのボクサー、ジェイク・ポール(米国)に対し、早くもマッチルームの代表、プロモーターのエディ・ハーン氏がインタビュー動画で反論した。

Eddie22922Hearn.jpg

「ポールはボクシング界に入ってこれたけど、無知な面もあるんですね。彼はジムでファイターになった人だから、この業界の歴史に敬意もない。買収の主張は容認できないので対処する予定ですが、僕らはこの業界の家族であって、この仕事の価値観に真剣に向き合ってます。ボクシングというスポーツが大好きです。何も考えずにバカげたコメントを出すことは、この仕事に有害でしかなく、侮辱すること。ポールの言うことは面白くて、金儲けになることもあるんですけど、これは例外、対処しますよ。ボクシングを冒涜することですから。発言の責任をとることにはなるでしょう。そんなこと気にしない人かもしれませんが、こっちはそうじゃない。グレン・フェルドマンは、私が見てきた中でもボクシング界で最高のジャッジのひとり。賛同できない採点だってありますよ。同じく最高のジャッジ、スティーブ・ワイズフェルドは、カネロ戦で115-113の接戦としました。ポールはマッチルームがジャッジを選んだように言ってますが、バカ!ジャッジはコミッションが選ぶんだよ!と。彼はルールや仕組みを知らないんですよ」

・ Youtuberポール「フェルドマンは不正ジャッジ!金をもらってる」
 法的措置をほのめかしているように聞こえるハーン氏の話だが、インタビューは「カネロ×ゴロフキン3」に移行。DAZNのPPVセールスが106万件だと発表したが、その前にESPNなどで仕事するボクシング記者のダン・ラファエル氏が、半分以下の「45万件」の数字を述べていた。これについてもハーン氏は反論した。

「注目の試合だから、誰かがニセ情報を言い出すことがあって、ラファエルさんはそっちを信じたんでしょう。ほか信頼できる記者は誰もそんな数字を言ってませんでした。当然です。彼らは信頼できる情報源からの話しか書かないからです。ラファエルさんは企業に属しているわけではないので、好き勝手なことが言えましたが、その数字は大きくハズレでした。DAZNが公式発表すると、彼は『そう、私の言った数字はアメリカ国内のことだった』と言い出した。バカにするなって。だってヨーロッパ、オーストラリア、ほかの国々では、早朝とか見にくい時間で放映されていて、アメリカ大陸以外はPPVで放送されてなかったんですから。ラファエルさんは間違えた後、恥を隠すためにPPVの売り上げではファイトマネーを払えないとか言い始めていました。それがあんたの主張と何の関係があるんだ? まったく関係ない! じゃあ興行のチケット収益はどうなのか。2200万ドル(約31億円)の売り上げがありましたよ。総括すれば堅実な数字だったと思います。DAZNの予想を少し下回ったとは思いますけど、それでもラファエルさんが言ったような低い数字ではないんです。ラファエルさんはそもそもDAZNの加入者が少ないとか言ってたのに、彼の数字は、あれ、加入者がいなかったんじゃなかったの?って。この興行は成功だったと思います。




 メインはいい試合でしたが、前回2試合ほどではなかったです。ゴロフキンはスロースタートで、115-113はありえないと思いました。僕はゴロフキンが2、3ラウンドしかポイントをとれてないと思いました。ただ、振り返ると、初回はゴロフキンがとってもおかしくはないですよ。理由は分かりませんが、いまの彼は違う戦い方をしていますね。カネロのケガは本当ですよ。プラント戦以来、問題があったんです。靭帯か腱の手術をして、それから復帰することになると思います。世間では来年9月までやれないという声がありますが、そこまでじゃないでしょう。ゴルフをやったりしているんですから。次はいまのところ、ドミトリー・ビボルへのリベンジがターゲットですが、ビボルが次戦で勝たなければそれはないです。それにしても、カネロは、カラム・スミス、ビリー・ジョー・サンダース、ビボル、ゴロフキン・・・信じられないような戦歴です。こういう人と仕事していると、学ぶことも多いですよ。トレーナーのエディ・レイノソとのシンプルなチームもそう。ファイターと一緒に仕事をしていると、人が多すぎたり、雑音や意見が多すぎたりするのを目にすることがあるんですが、カネロは単に生徒と先生だけ。シンプルで美しいですね」

 注目される試合には、比例してネガティブな情報が目立つこともあり、それに対する主催者側の反論は面白い。記者の自分として言えば、誤報リスクをゼロにすることはできないから、間違った情報だと批判されることも仕方ないとは思う。ただ、だからといって、その記者がまったく無能というわけでもない。日頃、正確な情報もたくさん出してきたから長いキャリアを築けている。一方、感情的に好き嫌いが入りすぎてしまうと、記事も情報配信とは違う形になってしまうため、それは僕自身も過去に反省してきたことではある。とはいえ人間だから感情ゼロのマシーンにはなれず、取材にエネルギーを要することもあり、結局はバランス感覚をなんとか持つようにするしかない。無責任に匿名の書き殴りを続ける連中とは違う。(片岡亮)
関連記事

コメント

コメント(0)  最新コメントへ  
なかよくコメント投稿
非公開コメント

 
※「パスワード」入力で、なりすまし防止の識別コードが付きます。

※コメント欄は多様な意見を友好的に交わす場ですので、ご協力お願いします。投稿者は「投稿内容に責任を持ち、第三者への不利益が発生しても管理者に損害責任を負わせない。管理者に複製、転載、削除等の権限を無制限に与え、迷惑行為、運営方針に反するものに予告なく第三者への記録情報開示を認める」ことを了承したものとします。管理上、不適切と判断した場合は通知なく削除や規制をします。執拗な迷惑行為は「電子計算機損壊等業務妨害罪」として被害通報します。

※悪質な投稿を繰り返す「しじみ習慣」「森田直樹」「なるほど」はお断り。規制の巻き添えで一時的にコメントできない場合は、メールフォームに投稿を受け付けます。一部を刑事告訴済み、解決までご迷惑をおかけします。



※広告掲載できます。

※当日記サイトの掲載記事等すべての著作権は「片岡亮」および「NEWSIDER」、「ブログ運営者」に帰属します。改正著作権法(有罪なら2年以下の懲役か200万円以下の罰金)により、一部あるいは全部を問わず無断での複製、転載、頒布などを禁じます。一部引用においても「必然性」および「主の提示に対して従の範疇と認められる必要最小限とする質量の範囲内」で「不本意な改変をしない」、「出所の明示」が満たされない場合、無断転載と見なします。記事は執筆者個人の主観的な思想、感想、表現の自由に基づいて掲載したもので、内容については事実の保証を完全にするものではありません。掲載情報に法的問題が生じる場合や削除を求める場合は、メールフォームより該当の投稿(日時/URL)、依頼内容および理由をご連絡下さい。(NEWSIDER Tokyo)

CONTACT US

RYO KATAOKA

Author:RYO KATAOKA
< GEN-RON > 記者チーム「NEWSIDER」主宰、在マレーシア・クアラルンプールのジャーナリスト。事件、芸能、スポーツ、国際情勢、裏社会、オカルトなど取材しながら頻繁に日本と往復しています。

★仕事の相談、情報提供、広告掲載など、お気軽にご連絡ください。 ⇒ CONTACT US (E-MAIL)
記事更新ツイッター

RYO KATAOKA Twitter

片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」2006年より長期連載中



※記事中の敬称略をご容赦下さい。本ブログの広告からお買い物をされると、掲示商品でなくても数%程度の収益があり、運営費にできます。日々更新に皆様のご協力よろしくお願い致します。管理者・NEWSIDER(藤堂香貴/ハイセーヤスダ)

DAZN 3カ月プリペイド

限定版(月刊拳論!)

月刊マガブロ価格:¥ 120

紹介文:120円で当月発行の「月刊拳論!」と「プロボクシング試合予定」(随時更新のスケジュール+ウワサメモ)が読めます。

興行ビジネスの裏側、最新事情を分かりやすくディープに明かす!

マガブロ記事一覧

  

NOTEでも読めます!

RECENT POSTS

COMMENTS

<>+-

SEARCH

CATEGORIES

RANKING

[ジャンルランキング] スポーツ
15位

[サブジャンルランキング] 格闘技
1位

人気ボクシングブログ

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/実話ナックルズ/紙の爆弾/サンデー毎日/EX大衆/FLASH/iRONNA/トカナ/現代ビジネス/FRIDAY/産経新聞/週刊大衆/週刊朝日/週刊文春/週刊新潮/テーミス/CIRCUS MAX/日刊サイゾー/週刊現代/東京新聞/読売新聞/東洋経済オンライン/覚醒ナックルズ/アサヒ芸能/実話ドキュメント/週刊ポスト/SPA!/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/婦人公論/不思議ナックルズ/MSNドニッチ/KEITAI BANDITS(バンディッツ)/データマックス/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/J-CAST NEWS/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/LAPOO/スポーツライフ/THE STAR/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana/新生活報(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/バイキング(フジテレビ)/直撃LIVE グッディ!(フジテレビ)/ひるおび(TBS)/スッキリ!(日本テレビ)/サンデー・ジャポン(TBS)/サンデーLIVE!!(テレビ朝日)/新・情報7DAYSニュースキャスター(TBS)/めざましどようび(フジテレビ)/あさチャン!(TBS)、とくダネ!(フジテレビ)、NEWS ZERO(日本テレビ)/グッド!モーニング(テレビ朝日)/news every.(日本テレビ)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ /サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同) 片岡優香 中古自動車 ホームページの作り方