シーサケット、3月に元世界王者クワンタイと対戦!

3・13タイ・バンフーン(DAZN)
 ▼10回戦
  WBC・Sフライ級1位・シーサケット・ソー・ルンビサイ(タイ) × クワンタイ・シスモーゼン(タイ)
 ▼WBCアジアSバンタム級タイトルマッチ 10回戦
  王者・タッタナ・ルアンポーン(タイ) × プンルアン・ソー・シンユー(タイ)
 ▼WBCアジアSフライ級タイトルマッチ 10回戦
  王者・ポンサポン・パンヤクン(タイ) × ペッチバンボーン・ゴーキャットジム(タイ) 

rungvisai-sithmorseng3.jpeg

 元世界王者シーサケットが3月に次戦。同じタイ人と対戦する。ライバルであるエストラーダ×ロマゴンと同日のDAZN中継であり、その勝者に挑む前哨戦となる。


 シーサケットは49勝(41KO)5敗1分、34歳。13年に佐藤洋太からWBC王座を奪取、メキシコでのV2戦でカルロス・クアドラスに敗れたが、15連勝を経て17年に当時無敗だった王者・ローマン・ゴンサレスから王座奪回、一躍、時の人となった。再戦では衝撃の4回KO勝ち、1位・ファン・フランシスコ・エストラーダ、13位・イラン・ディアスに2度防衛したが、昨年、エストラーダとの再戦で小差の判定負け。以降、元世界王者アムナットらにノンタイトルで2勝、ランク1位でWBCの次期挑戦者となっている。

 相手のクワンタイは50勝(27KO)7敗1分、38歳。10年にWBAミニマム級王座決定戦に勝ったが、初防衛戦で元IBF王者ラクマンにKO負け陥落。その後、13年にWBAライトフライ級王者・井岡一翔に挑むも7回KO負け。15年にWBA同級王者・田口良一に8回TKO負け。2年のブランクを経て17年に復帰も、WBOアジア・フライ級王座決定戦で坂本真宏に3回KO負け。以降は2勝2敗。(片岡亮)

シーサケット 「今年の後半に統一戦の勝者と戦って、自分がスーパーフライ級最強を証明したいです。クワンタイはキャリアある元世界チャンピオン、現在のタイ王者でもあります。油断できませんがKOします」
クワンタイ 「タイ最強のファイターのシーサケットを尊敬してますが、世界の舞台に戻る絶好のチャンスです。人生を変える可能性がある試合、勝てば世界戦でトップファイターとやれるので、勝つためには何でもします」

コメント

コメント(11)  最新コメントへ  
[ 673487 ]  
ヨドモンコン(WBA1位)、
タノンの出場も期待。リザーバーでいいじゃん笑。

kaiスタイガ  #-

2021/01/23 編集返信
[ 673519 ]  
クワンタイってミニマム上がりなんだから、
いくらなんでもシーサケの相手にならないでしょ、
・・・って思いましたが、
シーサケも元はミニマムで、日本で八重樫に倒されたりしてるんですよね⦅爆

しかしダゾーンがここまでタイのシーサケ戦までフオローとは・・・
これはやっぱエストとロマゴンの勝者の次戦で行かせるつもりで、
そうなると、なかなか井岡選手が割り込むのは厳しいですかね。

・・・・・シーサケ、
コロッと負けたりしてみない??(闇願

宇弓  #LkZag.iM

2021/01/23 編集返信
[ 673523 ]  
エスト・ロマゴンの勝者がシーサケとやるのは既定路線か。。。こうなってくると勝者・シーサケの興行にアンカハスとやるしかないかな?井岡選手、代理人はどう動くつもりかなぁ。
それともシーサケの後を狙うのみでアンカとはやらないか。

一瞬のマ夏  #-

2021/01/23 編集返信
[ 673524 ]  
シーサケットは2019年4月にエストラーダに負けて王座陥落して以来
もう2年近くSフライ級で試合をしていない。
今回どの契約体重でやるのかは分かりませんが、
もともとかなりガタイの大きい体格・・・
本当にまだSフライ級でいいコンディション作れるんですかね??

ちひ  #-

2021/01/23 編集返信
[ 673560 ]  一翔とトラロック。
ターゲットにしているボクサーが、DAZN,すなわちエディハーンのMatchroom Promotionと契約しているとすれば、当然、水面下で交渉しているであろうことは想像に難しくない。京口も寺地との統一戦以外、JBC管轄下の国内リングには登場する明確な理由がないように思う。
33%の控除は世界中のボクサーに課せられたruleというかregulationだと想像するが、統一戦が実現するとして、それ以後もワタナベに所属する理由がない。トレーナーもメキシコ人で英語を話さないレイノソに決まったことで、海外に拠点を移すのでは?

名無し名人  #-

2021/01/23 編集返信
[ 673578 ]  
アンカの指名戦は早くて4月。
宇弓さんも述べてますが
シーサケが 万が一億が一金田一コケれば
WBAC統一王者×一翔に切り替わるかも?。ループ反対!笑。

kaiスタイガ  #-

2021/01/23 編集返信
[ 673585 ]  
タイといえばおなじみ無料配信でしょうが、
今回はDAZN独占でないと、意味ない気がするが。

kaiスタイガ  #-

2021/01/23 編集返信
[ 673591 ]  
いくらなんでもクワンタイとは。

小林旭の「昔の名前で出ています」をBGMに登場してくるような(笑)

ジャム  #-

2021/01/23 編集返信
[ 674064 ]  
噛ませとして扱われていた序盤キャリアなんて参考にならずシーサケットがこの試合で負けることは無い

るーむ  #-

2021/01/27 編集返信
[ 675025 ]  
プロ戦績0の選手と戦った後、その次にロマゴン撃破だもんなぁ
シーサケは重要な試合では仕上げてくるだろう

るーむ  #-

2021/02/04 編集返信
[ 675031 ]  
オーソドックスから、これまで素振りも見せなかったサウスポーで挑んで佐藤を撃破したのも凄かった

るーむ  #-

2021/02/04 編集返信
なかよくコメント投稿
非公開コメント

  ※「パスワード」入力で、なりすまし防止の識別コードが付きます。
※「名前」の入力をお願いします。無記名は無差別に削除することがあります。
※コメント欄は、多様な意見や感想による交流の場で、適切と思われる投稿をお願いします。管理上、不適切と判断した場合は削除や規制の対応をします。投稿者は、以下を了承したものとします。「投稿内容は投稿者の責任とし、第三者への不利益が発生しても管理者に損害責任を負わせない。管理者に複製、転載、削除等の権限を無制限に与え、迷惑行為、運営方針に反するものは予告なく第三者への記録情報の開示を認める」



※広告掲載できます。

※当日記サイトの掲載記事等すべての著作権は「片岡亮」およびブログ運営者に帰属します。改正著作権法(有罪なら2年以下の懲役か200万円以下の罰金)により、一部あるいは全部を問わず無断での複製、転載、頒布などを禁じます。一部引用においても「必然性」および「主の提示に対して従の範疇と認められる必要最小限とする質量の範囲内」で「不本意な改変をしない」、「出所の明示」が満たされない場合、無断転載と見なします。記事は執筆者個人の主観的な思想、感想、表現の自由に基づいて掲載したもので、内容については事実の保証を完全にするものではありません。掲載情報に法的問題が生じる場合や削除を求める場合は、メールフォームより該当の投稿(日時/URL)、依頼内容および理由をご連絡下さい。(NEWSIDER Tokyo)

CONTACT US

片岡亮(NEWSIDER)

Author:片岡亮(NEWSIDER)
記者チーム「NEWSIDER」主宰、在マレーシア・クアラルンプールのジャーナリスト。事件、芸能、スポーツ、国際情勢、裏社会、オカルトなど取材しながら頻繁に日本と往復しています。

★仕事の相談、情報提供、広告掲載など、お気軽にご連絡ください。 ⇒ CONTACT US (E-MAIL)
ツイッターはこちら

片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」2006年より長期連載中



※記事中の敬称略をご容赦下さい。本ブログの広告からお買い物をされると、掲示商品でなくても数%程度の収益があり、運営費にできます。日々更新に皆様のご協力よろしくお願い致します。(担当/藤堂香貴)

ツイッター
AMAZONオススメ商品

限定版(月刊拳論!)

月刊マガブロ価格:¥ 120

紹介文:120円で当月発行の「月刊拳論!」と「プロボクシング試合予定」(随時更新のスケジュール+ウワサメモ)が読めます。

興行ビジネスの裏側、最新事情を分かりやすくディープに明かす!

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

BLOG

COMMENTS

<>+-

CATEGORY

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
16位

ボクシングランキング

SEARCH

片岡優香 中古自動車 ホームページの作り方

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/実話ナックルズ/紙の爆弾/サンデー毎日/EX大衆/FLASH/iRONNA/トカナ/現代ビジネス/FRIDAY/産経新聞/週刊大衆/週刊朝日/週刊文春/週刊新潮/テーミス/CIRCUS MAX/日刊サイゾー/週刊現代/東京新聞/読売新聞/東洋経済オンライン/覚醒ナックルズ/アサヒ芸能/実話ドキュメント/週刊ポスト/SPA!/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/婦人公論/不思議ナックルズ/MSNドニッチ/KEITAI BANDITS(バンディッツ)/データマックス/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/J-CAST NEWS/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/LAPOO/スポーツライフ/THE STAR/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana/新生活報(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/バイキング(フジテレビ)/直撃LIVE グッディ!(フジテレビ)/ひるおび(TBS)/スッキリ!(日本テレビ)/サンデー・ジャポン(TBS)/サンデーLIVE!!(テレビ朝日)/新・情報7DAYSニュースキャスター(TBS)/めざましどようび(フジテレビ)/あさチャン!(TBS)、とくダネ!(フジテレビ)、NEWS ZERO(日本テレビ)/グッド!モーニング(テレビ朝日)/news every.(日本テレビ)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ /サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同)