ミドル級、ムンギアはゴロフキンと交渉、マルチネスは「年内に村田戦」

 無敗の元世界王者で、ミドル級に階級を上げてWBC&WBOで1位にいるハイメ・ムンギア(メキシコ)は、契約プロモーターのフェルナンド・ベルトラン氏が、IBF王者・ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との対戦を交渉中だと明かしているが、その実現度については口を濁している。

MunguiaWorkout_Hoganphotos4.jpg
 ※写真提供DAZN

「我々は交渉中です。かなり進んでいるとまでは言えません。実現するパーセンテージについては、どんな交渉でもこっちに不利になる可能性があるんでね」

 ムンギアの共同プロモーターである、ゴールデン・ボーイ・プロモーションズは、5月8日に予定されるサウル・カネロ・アルバレスの試合と競合しないよう日程の調整もあるとしている。ムンギアは36勝(29KO)無敗、24歳。WBOスーパーウェルター級王座5度防衛後、ミドル級に転向し、2戦を勝利している。一方、IBF王者ゴロフキン(41勝(36KO)1敗1分)は、カネロ戦の敗北から3連勝中で前回12月に初防衛。クリス・ユーバンクなど対戦に名乗りを上げている選手も多く、そのひとりが村田諒太でもある。ただ、パンデミック中では日本に渡航する選択は可能性が低く、住んでいるアメリカでの試合が前提になっている。



 一方、村田に対しては、元世界王者のWBA5位・セルヒオ・マルチネス(スペイン)が「年内に村田挑戦」を公言している。現在、4月の次戦4月に向けて動いており、45歳ながら目標は村田ひとり。メディアに、「村田戦の目標は変わらない」としている。

「改善を続けて、リングでの経験を積む必要があります。タイトル獲得する準備ができたとき、村田がチャンピオンでいるかは分からないですが、4月の次は、6~8月に戦って、勝ち進めば自分の立場が自覚できるでしょう。重要なことはタイトルを獲るチャンスがあると自信を持つこと。その時にチャンピオンが誰か、です。トレーナーには、もう少し休むように言われましたが、最初は緩く、少しずつ激しくやって上手にトレーニングしています。僕は自分が何をしなきゃいけないか分かっています。シャドーとサンドバッグをやって、ミットやスパーリングは必要があるまでやらないようにしてます」

 現状、日本は緊急事態宣言で外国人の入国を止めているため、国際戦をするには海外に出る以外に選択肢がないが、新型コロナウイルスの状況次第で4月以降のスケジュールの見通しが出てくるだろう。(片岡亮)

コメント

コメント(8)  最新コメントへ  
[ 672764 ]  
カネロ、逆に
フランチャイズ返上、スーパーそのままでも不思議ではなかった。
村田は運がいい。
ジャーマル・PBCはバカにされてるんだから怒るべし。

kaiスタイガ  #-

2021/01/19 編集返信
[ 672771 ]  
マルチネス側が勝手に盛り上がっているだけなんですかね?村田側からは、何も聞こえてこないし、興味も無さそうですけど。

たくまや  #-

2021/01/19 編集返信
[ 672772 ]  
村田がこのミドル級戦争に撒き込まれる事がない事は、我々日本民族なら、誰にでも理解できる。ボクシングは神の演劇だと仰られた偉人の言葉が書かれた残穢を、数年前に拝読させて頂いたが、トップランクの演出だとは何処にも書かれていなかった。神道の国、日本国は、最終的には神が管理する。我々日本民族の願いは、地上世界に存在するボクサーもの我々の兄弟姉妹たち、それぞれに与えられた使命は神の手伝いをする事に尽きる。それが出来ているなら、村田カネロ戦に何の心配も不用だ。解る方々が確信して在られれば、それで充分。

霊絡通路  #-

2021/01/19 編集返信
[ 672774 ]  
ネットには村田の次戦(スーパー防衛戦)に、

「今年2月にも計画があり、結果的に予定は流れたが昨年12月から本格トレーニングを重ね、「いいスパーリングができている」。本田会長も「一戦挟んで9月が勝負」と、防衛戦後にIBF世界同級王者のゲンナジー・ゴロフキン(38)=カザフスタン=との統一戦を見据えた」

ということは1年のブランクの後いきなりではなく、1戦挟むようだ。その相手は・・・?

山 マサ  #ziwa4Zsw

2021/01/19 編集返信
[ 672795 ]  
ゴロフキン、下降線とはいえ、まだムンギアでは無理じゃないの。高度なディフェンスまじえた攻防になれば、ムンギアがKOされるような気が。

血の滲む努力  #-

2021/01/19 編集返信
[ 672831 ]  
>まだムンギアでは無理

井上岳に追い込まれたのは事実だし、まだ無理というのは同感。
ただ若いのでやり直しはきく。それを踏まえての挑戦のような・・・

ただ記事にもある通り、実現は不透明。米国での知名度は当然村田よりムンギアだが、村田がスーパーなので、ゴロフキンにとってのメリットは断然村田だろう。

山 マサ  #ziwa4Zsw

2021/01/20 編集返信
[ 672836 ]  
Sミドル級の暫定デビット・モレルとかいう選手が正規に昇格したそうだ。ただ次戦で指名された下位ランカーとの試合が条件とか。
となると、ミドル級のユーバンクJrも正規に昇格させて、条件としてマルチネスと闘え、なんてこともあるかもしれない。スーパー王者村田とやりたい二人にしてみれば不満かも(勿論、想像だw)

山 マサ  #ziwa4Zsw

2021/01/20 編集返信
[ 673206 ]  
カネロの影響で村田がスーパー王者 に昇格したとの事だが、次戦はゴロフキンじゃなくてもなるべく知名度のある強敵がいいな
ぽかすのはもう勘弁だし
村田自身も「負けないこと」とコメントしたり、より一層心構えはあると感じるが

しじみ習慣  #Df18dLdU

2021/01/22 編集返信
なかよくコメント投稿
非公開コメント

  ※「パスワード」入力で、なりすまし防止の識別コードが付きます。
※「名前」の入力をお願いします。無記名は無差別に削除することがあります。
※コメント欄は、多様な意見や感想による交流の場で、適切と思われる投稿をお願いします。管理上、不適切と判断した場合は削除や規制の対応をします。投稿者は、以下を了承したものとします。「投稿内容は投稿者の責任とし、第三者への不利益が発生しても管理者に損害責任を負わせない。管理者に複製、転載、削除等の権限を無制限に与え、迷惑行為、運営方針に反するものは予告なく第三者への記録情報の開示を認める」



※広告掲載できます。

※当日記サイトの掲載記事等すべての著作権は「片岡亮」およびブログ運営者に帰属します。改正著作権法(有罪なら2年以下の懲役か200万円以下の罰金)により、一部あるいは全部を問わず無断での複製、転載、頒布などを禁じます。一部引用においても「必然性」および「主の提示に対して従の範疇と認められる必要最小限とする質量の範囲内」で「不本意な改変をしない」、「出所の明示」が満たされない場合、無断転載と見なします。記事は執筆者個人の主観的な思想、感想、表現の自由に基づいて掲載したもので、内容については事実の保証を完全にするものではありません。掲載情報に法的問題が生じる場合や削除を求める場合は、メールフォームより該当の投稿(日時/URL)、依頼内容および理由をご連絡下さい。(NEWSIDER Tokyo)

CONTACT US

片岡亮(NEWSIDER)

Author:片岡亮(NEWSIDER)
記者チーム「NEWSIDER」主宰、在マレーシア・クアラルンプールのジャーナリスト。事件、芸能、スポーツ、国際情勢、裏社会、オカルトなど取材しながら頻繁に日本と往復しています。

★仕事の相談、情報提供、広告掲載など、お気軽にご連絡ください。 ⇒ CONTACT US (E-MAIL)
ツイッターはこちら

片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」2006年より長期連載中



※記事中の敬称略をご容赦下さい。本ブログの広告からお買い物をされると、掲示商品でなくても数%程度の収益があり、運営費にできます。日々更新に皆様のご協力よろしくお願い致します。(担当/藤堂香貴)

ツイッター
AMAZONオススメ商品

限定版(月刊拳論!)

月刊マガブロ価格:¥ 120

紹介文:120円で当月発行の「月刊拳論!」と「プロボクシング試合予定」(随時更新のスケジュール+ウワサメモ)が読めます。

興行ビジネスの裏側、最新事情を分かりやすくディープに明かす!

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

BLOG

COMMENTS

<>+-

CATEGORY

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
16位

ボクシングランキング

SEARCH

片岡優香 中古自動車 ホームページの作り方

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/実話ナックルズ/紙の爆弾/サンデー毎日/EX大衆/FLASH/iRONNA/トカナ/現代ビジネス/FRIDAY/産経新聞/週刊大衆/週刊朝日/週刊文春/週刊新潮/テーミス/CIRCUS MAX/日刊サイゾー/週刊現代/東京新聞/読売新聞/東洋経済オンライン/覚醒ナックルズ/アサヒ芸能/実話ドキュメント/週刊ポスト/SPA!/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/婦人公論/不思議ナックルズ/MSNドニッチ/KEITAI BANDITS(バンディッツ)/データマックス/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/J-CAST NEWS/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/LAPOO/スポーツライフ/THE STAR/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana/新生活報(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/バイキング(フジテレビ)/直撃LIVE グッディ!(フジテレビ)/ひるおび(TBS)/スッキリ!(日本テレビ)/サンデー・ジャポン(TBS)/サンデーLIVE!!(テレビ朝日)/新・情報7DAYSニュースキャスター(TBS)/めざましどようび(フジテレビ)/あさチャン!(TBS)、とくダネ!(フジテレビ)、NEWS ZERO(日本テレビ)/グッド!モーニング(テレビ朝日)/news every.(日本テレビ)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ /サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同)