フルトン王座奪取!密着戦で大差 WBO世界Sバンタム級

1・23米・アンキャスビル「PBC」(SHOWTIME)※無観客
 ▼WBO世界Sバンタム級タイトルマッチ 12回戦
  1位・スティーブン・フルトン(米国) 3-0 王者・アンジェロ・レオ(米国) 
   ※119-109、119-109、118-110
 ▼WBA世界Sバンタム級暫定王座決定戦 12回戦
  2位・ライース・アリーム(米国) 11回TKO 8位・ビック・パシヤス(米国)
 ▼12回戦
  WBAライト級暫定王者・ローランド・ロメロ(米国) 7回TKO エイブリー・スパロー(米国)
 ▼8回戦
  シャロン・カーター(米国) 3-0 マックジョー・アロヨ(プエルトリコ)

FULTONDSC00617.jpg

 メインのスーパーバンタム級戦は、フルトンが大差で王座奪取したが、内容は低調。レオは初回からボディを打って押し込み、これにジャブ迎撃したフルトンだが、早々に密着してのボディ打ち合いに応じた。ガード固めながら突っ込むレオを、フルトンはさばききれず密着もアッパーなどを当てて差を見せた。7回終了時の実況採点は、65-68で挑戦者。
 延々と密着戦が続く中、フルトンの方も逆に押し込んでやり合うが、やはりくっつきながらも顔面に小さなヒット当て、相手のパンチはスウェー。終盤は足を使って離し、疲れたレオは手が減っていた。世界戦というには展開に乏しく、互いに引き出しの少なさが目立った。特にレオは散々プロモーション映像で盛り上げたのが何だったのかという出来だった。
 ヒット数は262-364。序盤4ラウンドはヒット数で上回っており、公式採点ほどの開きがあったかとは思うが、レオはヒットした262発中142がボディで見栄え悪かった。

DSC00605.jpg

 セミは互いに強打ばかり狙ったが、アリームの大きな右が当たって2、6、9回にダウンを奪うワンサイド、低い姿勢のパシヤスは打たれた後に後頭部にフォローをもらう場面も重なり、最後はダウン後に陣営が棄権の合図。ヒット数は185-143。
 ロメロの相手、ジャスティン・ポールドは約2キロの体重超過で失格。10勝(3KO)2敗のスパローが代役となってのノンタイトル戦に。王者は初回からダウンを奪ってTKO勝利。ヒット数は115-40。前座で19年3月にルイス・ネリに敗れて以来のアロヨが出てきたが、11勝3敗の相手に敗北。(片岡亮)

フルトン 「彼の土俵で勝とうと思ったんです。ボクシングとファイト、両方で勝負しました。相手のスタイルでも自分の方が強いことを見せたんです。向こうがやろうとしていることを逆にやりました」

 視聴者数など、追記できることあれば後程

レオ 「チャンピオンになるために16年間も頑張ってきて、その初防衛戦です。メイウェザーとのキャンプした経験を生かします。今年の目標は王座の保持、そして多くのベルトを獲得することです。フルトン戦はそのテストです」
フルトン 「当初の10倍の準備ができています。準備は万全、期待することがあるとすればアンジェロ・レオが彼らしく戦ってくれることだけです」
アリーム 「勝者が世界戦を得られる試合。俺はずっと前から山頂にいる。この戦いに勝つことで、ナンバーワンの候補になって、あとは世界タイトルを獲得することだけになるよ」
パシジャス 「8歳でボクシングを始めて以来、このときを想像してきました。見ているすべての人に僕がスーパーバンタム級のトップファイターと同レベルだと見せます。KOします」
ロメロ 「いつもどおり。自分を売り込む必要性もないですよ。まあ見てて」
ポールド 「長年の努力が報われる。ロメロは直進する1ギアの選手。僕はもっと優れたオールラウンドファイター。対照的なスタイルの試合になりますよ」

LEOFULTONsdefault.jpg

 WBAがスーパーバンタム級の暫定王座決定戦を認定。スーパー王者・ムロジョン・アクマダリエフ、2番目王者・ブランドン・フィゲロア、ゴールド王者・ロニー・リオスがいるが、4つ目の王者も設置、2位・アリーム×8位・パシジャスの試合を決定戦とした。アリームは17勝(11KO)、パシジャスは16勝(9KO)、ともに無敗のアマ出身。ちなみに同暫定王座は本来、3月に1位・アザト・ホバニシャン(アルメニア)と当時8位・ホセ・サンマルティン(コロンビア)が組まれていたが中止となっていた。(片岡亮)1/13



 8月のSHOWTIME興行復活のメインで、エマヌエル・ナバレッテ返上の王座を獲得した無敗のレオの初防衛戦が1月に決まった。挑戦者は新型コロナウイルス陽性で8月の決定戦がキャンセルになってしまったフルトン。12月12日の予定がから変更となったもの。
レオは20勝(9KO)無敗の26歳。母親がアルコール中毒で、ボクシングファンの父親に育てられながら65勝10敗のアマ経験を経て、メイウェザープロモーションズと契約したという選手。12年にプロデビュー。昨年は元東洋太平洋バンタム級王者のマーク・ジョン・ヤップや、元世界ランカーのセサール・フアレス(岩佐亮佑に敗北)に勝利。前回、対戦相手の変更となった王座決定戦で6位・トラメイン・ウィリアムスに判定勝ち。ただ、世界戦というには低調な内容で、視聴率も平均15万件の惨敗だった。

 その試合後、リモート出演でその試合を高笑いして挑発したのがフルトン。18勝(8KO)無敗、25歳。こっちも父親が刑務所にいたという貧困家庭のワケアリながら、アマでは13年にスーパーフライ級でゴールデングローブ優勝などで全米2位に。14年にプロデビュー、昨年は元WBOバンタム級王者でIBOスーパーバンタム級王者のパウルス・アンブンダ(亀田和毅に敗北)にフルマークで勝利。その後、無敗選手に2連勝しているが、WBA2番目王者のブランドン・フィゲロアからは、「昔、対戦を断ってきた」と暴露されている。ちなみにイスラム教徒だという。



 前座のアリーム×パシジャスは無敗同士のスーパーバンタム級サバイバルマッチ。パシジャスはアマ272勝6敗の実績があり、アリームも元空手黒帯で、ボクシングはアマでミシガン州王者の経歴を持つ。
 また、8月にWBAライト級暫定王座決定戦で6位・ジャクソン・マリネスを下したロメロも出場。メイウェザー門下の12勝(10KO)無敗。相手は14勝(7KO)1敗、ノーランカーであるため世界戦承認はまだのようだ。(片岡亮)12/20

コメント

コメント(28)  最新コメントへ  
[ 668667 ]  
レオはPBCですか、トップランクとの関係はあまりよくなかったような。今のスーパーバンタム級でトップランクの井上とすんなり対戦が実現する王者がいるのか、よくわかりません。

WBSS  #-

2020/12/21 編集返信
[ 668668 ]  
PBCとこじれると契約関係で早いのは
いきなりSB級ラスボスのムロジョン・アフマダリエフと
ウズベキスタンのタシケントで超アウェーの試合でしょうね。

パンデュース  #-

2020/12/21 編集返信
[ 672071 ]  
エキマも もちろんDAZNも FITE TVも
ライブありましぇん悲。

kaiスタイガ  #-

2021/01/13 編集返信
[ 672075 ]  
どこかで噂されていたWBA四人目の王者がついに誕生ですか

ゴールド王者と暫定王者の格の違いがさっぱり分かりませんが
本来、WBCのシルバー王者と対になっているはずなので
スーパー>正規>暫定>>>ゴールド≧他所のシルバー
みたいなイメージでいいのでしょうかw

それとも、わざわざ最後に暫定を継ぎ足したことから
スーパー>正規>ゴールド≧暫定の線もありますか?

エル  #SFo5/nok

2021/01/13 編集返信
[ 672076 ]  
よくみたら「レギュラー(正規)」って言葉使ってるの
WBAだけ。
暫定王者等ができた場合
他の3団体は「正規と暫定」ではなく
WBC王者と暫定王者。
IBF  〃
WBO 〃
が正しいみたい。つまり「WBC正規王者」という言い方はしないらしい。WBAに次いでインチキ王者ばかり作ってるくせに笑。

kaiスタイガ  #-

2021/01/13 編集返信
[ 672104 ]  
みなさんのような詳しいファンでも暫定とゴールドの序列がわからないのだから、一般のファンがわかるはずもない。私もわかりません。

WBSS  #-

2021/01/14 編集返信
[ 672158 ]  
統括団体それぞれに問題はありますが、WBAだけは突き抜けて腐っていますね。
もう地域団体扱いにして、世界の冠を外してほしいです。
同じ興行で正規と暫定の2試合挙行なんてふざけすぎ。今に始まった話じゃありませんが。

弱太郎  #-

2021/01/14 編集返信
[ 673343 ]  
そういやレオはアフマダリエフとスパーリングして圧倒してたな 3年前以上の話だけど

しじみ習慣  #Df18dLdU

2021/01/23 編集返信
[ 673490 ]  
SB級4人は計量パス。
L級ロランド パス。
ポールドが5ポンド超で失格
リザーバーのスパロウが1ポンド超で対戦合意。
お粗末!。

kaiスタイガ  #-

2021/01/23 編集返信
[ 673636 ]  
ロランド×スパロウはNON戦。
しかしいきあたりばったりWBAだけに
なんとも笑。

kaiスタイガ  #-

2021/01/24 編集返信
[ 673645 ]  
レオはPBCの選手ではなくてメイウェザープロモーションですね。どちらにせよトップランクとは絡まないんでしょうけど

にゃんばれるーや  #-

2021/01/24 編集返信
[ 673651 ]  
レオはメイウェザーでしたか。ありがとうございます。レオとフルトンの試合は正直どちらが勝つかわからない。それくらい拮抗していると思います。

WBSS  #-

2021/01/24 編集返信
[ 673658 ]  
レオとフルトン両者共KO率が低いので判定まで行く可能性が高そうですね。

どちらが勝っても人気は出なさそうなのを考えるとコロナ禍でなければ日本で世界戦も有り得たかもしれませんね。

B.B  #-

2021/01/24 編集返信
[ 673672 ]  
ライト級のロメロがストップ勝ち。相手がパンチを避けた際に足を挫いてコーナーが試合中に棄権を要求。ロメロはなかなか男前でアグレッシブでするどい眼光から殺意が感じられます。ただ攻撃の時に顔がガラ空きになることもあるんでカウンターもらいそう。まだ洗練されてないけどそれが魅力的か。ガルシアとやったらガルシアの方に分があると感じます。

セミのアリームとパシーラスどっちもレベルが高かった。それでもアリームが9Rノックアウト勝ち。アリームはロングからのオーバーハンドなどカウンターのタイミングもいいし、スピードがあって連打が出るし、身体能力を使ったディフェンスもいい。ネリとやっても勝つんじゃないかな。

カリメロ  #-

2021/01/24 編集返信
[ 673676 ]  
メイン、中盤まで密着ボディ打ち合いのイマイチな展開ですね。

★片岡亮<拳論>  #-

2021/01/24 編集返信
[ 673679 ]  
メインのレオは激闘型ですね。昭和のボクサーみたいだ。フルトンもつきあってるし。セミの攻防とは全く違うフィジカルを使った消耗戦って感じです。フルトンは黒人特有の身体の勘がいいいけど非力ですね。結局フルトンの判定勝ちで新チャンピオン。でもセミのアリームの方がインパクトあった。

カリメロ  #-

2021/01/24 編集返信
[ 673680 ]  
119-109
119-109
118-110

フルトン3-0で判定勝利

名無しの寅さん  #-

2021/01/24 編集返信
[ 673681 ]  
カリメロさん、有難うございます。
日本人が絡む可能性もあるので気になってました(^^)

プレデター  #-

2021/01/24 編集返信
[ 673682 ]  
SHOTIMEの参考採点でも
117-111でフルトン勝利

名無しの寅さん  #-

2021/01/24 編集返信
[ 673688 ]  
フルトンが要所で上回ってたね
判定もこんな感じか

しじみ習慣  #Df18dLdU

2021/01/24 編集返信
[ 673712 ]  
しかし勝ったフルトンは人気は余り出なさそうな感じなボクサーでしたので日本人世界ランカーの挑戦を期待したいですね。

B.B  #-

2021/01/24 編集返信
[ 673736 ]  
どういたしまして。日本人選手が絡むならフィジカルファイターのレオの方が堅実で身体能力の高いフルトンより勝利する可能性があったんじゃないかと思いますが。この試合だけで判断できないけどセミのアリームは台風の目になりそうな感じがしましたね。

カリメロ  #-

2021/01/25 編集返信
[ 673740 ]  
上層で日本人が競合してますからね
しかしこの階級はチャンピオンも数人転級して今やタレントと言えるタレントもねぇ、、。その反面チャンスですが

しじみ習慣  #Df18dLdU

2021/01/25 編集返信
[ 673766 ]  
WBA暫定とはいえ、中にはコルバート、Rアリーム等のように
掘り出し物もいる。どう昇格するかみもの。

L級は回避したが、ホバニシャンの降格後の復帰戦が
予定されてた(2人めの)暫定戦、都合5人目のWBA王者にならぬよう
願いたいものだ。WBAだけに。

プロレス団体に成り下がったWBAにいつまで「メジャー」の資格を
与え続けなければならないのか?。



kaiスタイガ  #-

2021/01/25 編集返信
[ 673775 ]  
ポイントほど点差があったとは見えませんでしたがフルトンの勝ちは間違いないですね。

WBSS  #-

2021/01/25 編集返信
[ 673805 ]  
レオは特に顔の腫れも目立ってたな
それなりに知っていた選手だけあって敗れたのは少し残念

しじみ習慣  #Df18dLdU

2021/01/25 編集返信
[ 673823 ]  
WBAに関しては最上位王者のみを公式として認める代わりにそれ以外の王者はマイナー団体の王者と同等として獲得しても非公認とすべきですよね。


WBCだけでなくIBFやWBOに挑戦出来る様になってもう何年も経つんですからいい加減WBAとの付き合い方と距離を考えないといけませんよね。

B.B  #-

2021/01/25 編集返信
[ 673902 ]  
WBAも「スーパー」「正規」「暫定」「休養」などなど王座の乱立が激しいな
今も沢山の階級で3人くらい王座が居るし
理由づけはされてるようだけど

しじみ習慣  #Df18dLdU

2021/01/26 編集返信
なかよくコメント投稿
非公開コメント

  ※「パスワード」入力で、なりすまし防止の識別コードが付きます。
※「名前」の入力をお願いします。無記名は無差別に削除することがあります。
※コメント欄は、多様な意見や感想による交流の場で、適切と思われる投稿をお願いします。管理上、不適切と判断した場合は削除や規制の対応をします。投稿者は、以下を了承したものとします。「投稿内容は投稿者の責任とし、第三者への不利益が発生しても管理者に損害責任を負わせない。管理者に複製、転載、削除等の権限を無制限に与え、迷惑行為、運営方針に反するものは予告なく第三者への記録情報の開示を認める」



※広告掲載できます。

※当日記サイトの掲載記事等すべての著作権は「片岡亮」およびブログ運営者に帰属します。改正著作権法(有罪なら2年以下の懲役か200万円以下の罰金)により、一部あるいは全部を問わず無断での複製、転載、頒布などを禁じます。一部引用においても「必然性」および「主の提示に対して従の範疇と認められる必要最小限とする質量の範囲内」で「不本意な改変をしない」、「出所の明示」が満たされない場合、無断転載と見なします。記事は執筆者個人の主観的な思想、感想、表現の自由に基づいて掲載したもので、内容については事実の保証を完全にするものではありません。掲載情報に法的問題が生じる場合や削除を求める場合は、メールフォームより該当の投稿(日時/URL)、依頼内容および理由をご連絡下さい。(NEWSIDER Tokyo)

CONTACT US

片岡亮(NEWSIDER)

Author:片岡亮(NEWSIDER)
記者チーム「NEWSIDER」主宰、在マレーシア・クアラルンプールのジャーナリスト。事件、芸能、スポーツ、国際情勢、裏社会、オカルトなど取材しながら頻繁に日本と往復しています。

★仕事の相談、情報提供、広告掲載など、お気軽にご連絡ください。 ⇒ CONTACT US (E-MAIL)
ツイッターはこちら

片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」2006年より長期連載中



※記事中の敬称略をご容赦下さい。本ブログの広告からお買い物をされると、掲示商品でなくても数%程度の収益があり、運営費にできます。日々更新に皆様のご協力よろしくお願い致します。(担当/藤堂香貴)

ツイッター
AMAZONオススメ商品

限定版(月刊拳論!)

月刊マガブロ価格:¥ 120

紹介文:120円で当月発行の「月刊拳論!」と「プロボクシング試合予定」(随時更新のスケジュール+ウワサメモ)が読めます。

興行ビジネスの裏側、最新事情を分かりやすくディープに明かす!

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

BLOG

COMMENTS

<>+-

CATEGORY

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
16位

ボクシングランキング

SEARCH

片岡優香 中古自動車 ホームページの作り方

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/実話ナックルズ/紙の爆弾/サンデー毎日/EX大衆/FLASH/iRONNA/トカナ/現代ビジネス/FRIDAY/産経新聞/週刊大衆/週刊朝日/週刊文春/週刊新潮/テーミス/CIRCUS MAX/日刊サイゾー/週刊現代/東京新聞/読売新聞/東洋経済オンライン/覚醒ナックルズ/アサヒ芸能/実話ドキュメント/週刊ポスト/SPA!/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/婦人公論/不思議ナックルズ/MSNドニッチ/KEITAI BANDITS(バンディッツ)/データマックス/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/J-CAST NEWS/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/LAPOO/スポーツライフ/THE STAR/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana/新生活報(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/バイキング(フジテレビ)/直撃LIVE グッディ!(フジテレビ)/ひるおび(TBS)/スッキリ!(日本テレビ)/サンデー・ジャポン(TBS)/サンデーLIVE!!(テレビ朝日)/新・情報7DAYSニュースキャスター(TBS)/めざましどようび(フジテレビ)/あさチャン!(TBS)、とくダネ!(フジテレビ)、NEWS ZERO(日本テレビ)/グッド!モーニング(テレビ朝日)/news every.(日本テレビ)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ /サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同)