挑戦者ラキモフ、新型コロナ陽性で欠場!IBF・Sフェザー級 2・13米

2・13米・インディゴ(DAZN)
 ▼IBF世界Sフェザー級タイトルマッチ 12回戦
  王者・ジョセフ・ディアス(米国) × 
 ▼WBO世界Sウェルター級タイトルマッチ 12回戦
  王者・パトリック・テイシェイラ(ブラジル) × 1位・ブライアン・カスターニョ(アルゼンチン)
 ▼WBO世界女子ミニマム級タイトルマッチ 10回戦
  王者・多田悦子(真正) × WBAフライ級暫定王者・シニエサ・エストラーダ(米国)

Rakhimovunnamed_1_DIAZ.jpg

 ディアスに挑戦予定の1位・シャフカット・ラキモフ(ロシア)は、新型コロナウイルスの検査陽性、試合は欠場となる。ラキモフは、ハリウッドのフレディ・ローチのジムで練習していた。ディアスの試合はどうなるかは現時点で不明。(片岡亮)

 12月のWBO女子王座決定戦で、宮尾綾香を下し王者に返り咲いた多田悦子が、初防衛戦をアメリカで行なう話が伝えられている。2月13日、ゴールデンボーイ主催のダブル世界戦とともに行なわれるという。相手はWBA暫定王者の無敗・エストラーダ。正式発表されたわけではないが、決まれば日本のファンにとっても注目したい一戦。

 多田は20勝(7KO)3敗3分、39歳。08年プロデビュー、翌年にWBA王座獲得し、WBC王者・富樫直美とのドローを含む9度防衛の長期政権を築いたが13年に陥落、相手のアナベル・オルティスとはリマッチも判定負けだった。15年にIBF決定戦で3位・カレリー・ロペスに判定勝ちしたが、マカオでの初防衛戦でカイ・ゾンジュに判定負け。19年、江畑佳代子からWBO王座を奪ったが、防衛なく返上。これは同僚の佐伯霞に王座決定戦をやらせるためというヒンシュクのベルト譲渡だったが、その佐伯が出産返上。同じ王座を宮尾と争って一度はドローだったが、前回KOで取り返した。39歳にして充実の現役レジェンドとなっている。過去、有力外国人選手に負けているため、アメリカでの試合が決まれば勝負の試合となる。

 相手エストラーダは19勝(8KO)無敗、28歳。11年にプロ転向、ライトフライ級のWBCシルバー王座2度防衛を経て、19年のWBAフライ級暫定王座決定戦で7勝無敗のオリンピアンに勝利。前回7月はWBCシルバー王座3度目の防衛戦で5勝無敗の相手に初回わずか7秒でKO勝ち。しかし、これは相手の技量がかなり低く、ひどいマッチメイクではないかと非難が集まった。ここで実力者・多田との試合に出るのは潔い決断だが、ミニマム級までウエイトを落とせるのかという不安がある。(片岡亮)1/9



 2月13日の米ダブル世界戦、DAZN中継が正式決定。メインは入札回避されたIBFスーパーフェザー級王者・ディアスの指名戦、当初は2月20日に予定されていたもの。同時開催が主催者ゴールデン・ボーイが42.7万ドル落札のWBOスーパーウェルター級戦。王者テイシェイラが75%取り分で初防衛戦となる。
 ディアスは31勝(15KO)1敗、28歳。ロンドン五輪出場を経て、プロでは後のWBA王者アンドリュー・カンシオを下しているが、18年、WBCフェザー級1位王者・ゲイリー・ラッセルJr.には判定負け。翌戦でWBA王者ヘスス・M・ロハスにも体重超過での勝利という失態だった。その後、階級を上げてのWBAゴールド王座決定戦で、5位・フレディ・フォンセカをTKO。今年1月、IBF王者・テビン・ファーマーに小差判定勝ちした。
 挑戦者ラキモフはドーピング疑惑があった選手。15勝(12KO)無敗の26歳。タジキスタン出身のアマエリート、プロでは17年にIBO王座決定戦に勝利。元世界ランカーのロビンソン・カスティジャノスらに3度防衛した。尾川堅一が「マッチメイク上の違反行為」によって出場権を失ったIBF挑戦者決定戦に出て、昨年9月に4位・アジンガ・フジレをKO。試合後、宿泊先から筋肉増強剤と見られる薬物のボトルや注射器などが発見されたが、陣営は「ロードワーク用のサプリ」と言い張り、IBFによる4カ月間の調査で「証拠不十分」となって指名挑戦権を得た。

ディアス 「ラキモフは世界上位の優れたファイター。世界獲得を熱望していることは知ってますが、こっちもタイトルを守るための意欲は最高です。相手が僕に影響を与える可能性のあるものは何もないです。DAZNでの初メイン、世界に名前売ります。人生いろいろ浮き沈みあったのに夢を応援してくれた家族のためにも勝ちます」
ラキモフ 「長い間このチャンスを待っていたんです。勝つために全力を尽くします!」



 テイシェイラ×カスターニョは、1年以上前に指示された指名試合で、当初4月25日に開催予定だったところ、新型コロナウイルスの問題で延期に。その後、テイシェイラがビザ問題でアメリカに渡航できない問題で、王座剥奪の危機もあった。当初は2月6日の予定だったが、日程ズラしてカップリング開催に。
 王者は31勝(22KO)1敗、30歳。15年からはアメリカを主戦場にしており、IBF4位だった16年、元ランカーのカーティス・スティーブンス(ゴロフキン、エンダムに敗北)に2回TKO負けしたが、そこから5連勝。昨年11月の暫定王座決定戦で1位・カルロス・アダメスに勝ち、その後に正規昇格した。
 カスターニョは16勝(12KO)1分、31歳。ロンドン五輪出場後にプロデビュー。15年からアメリカのリングに出て、翌年に9位のエマヌエル・デ・ヘススとWBA暫定王座決定戦に勝利。2位のミシェル・ソロに防衛後、正規昇格。12位・セドリック・ビトゥ、2位・エリスランディ・ララ(ドロー)に防衛、昨年のV4戦でソロと再戦予定だったが、相手がドーピング検査を拒否しての敵地開催だったことで王座返上して試合を拒んだ。前回は昨年11月、28勝4敗の相手に5回TKO勝ち。(片岡亮)12/19

コメント

コメント(12)  最新コメントへ  
[ 668177 ]  
2月はこれらが楽しみ。
>▼IBF世界Sフェザー級タイトルマッチ 12回戦
  王者・ジョセフ・ディアス(米国) × 1位・シャフカット・ラキモフ(ロシア)
尾川×フジエが進まないようなら、最上位尾川が次期OC?。

>▼WBO世界Sウェルター級タイトルマッチ 12回戦
  王者・パトリック・テイシェイラ(ブラジル) × 1位・ブライアン・カスターニョ(アルゼンチン)
勝者に2位ティム・テューが対戦したがってる。
ジャーメルはIBF指名試合濃厚。

kaiスタイガ  #-

2020/12/19 編集返信
[ 671620 ]  
藤岡×シニエサみたかったなあ。
なお昨年試合なし藤岡「今年は試合やります」、ホントかよ笑。
>7勝無敗のオリンピアン
エスパーザ、復帰戦で無敗を破りWBC F級1位。WBA3位。
こちらは藤岡戦可能性あるか?。
なおWBA F級1位バービー妹がWBC SF級王者へ。 

kaiスタイガ  #-

2021/01/09 編集返信
[ 671664 ]  
多田がアメリカで防衛戦ですか、まあコロナ禍で外国から呼べない以上、出国が規制されない限りは海外へ行って防衛するのは仕方ないかもしれませんね。

それ以外の試合だとWBOスーパーウェルター級王座戦は現在8位に井上岳が居るのでこの試合の勝者に挑む事にならば面白そうなんですがね。

B.B  #-

2021/01/10 編集返信
[ 672078 ]  
IBF新ランク。
ラキモフを除けば尾川が最上位3位だが、挑決がこじれてた相手フジエが
突然のランク外。
TMの結果次第だが、尾川に新たな挑決指令がない限り
尾川が次期OC濃厚。

kaiスタイガ  #-

2021/01/13 編集返信
[ 672255 ]  
>ラキモフ欠場。
尾川がいくしかないな笑。

kaiスタイガ  #-

2021/01/15 編集返信
[ 672256 ]  
ラキモフ、L字の時より今の方が良いし期待していたのですが、コロナかぁ。。。残念です。

一瞬のマ夏  #-

2021/01/15 編集返信
[ 672857 ]  ミラクル?
一転、ラキモフ再検査で陰性確認。出場へ。
IBF指名試合現在。
AJ済。
ブリーディズの相手、新OC?オペタイア。未定。
ベテル×ファンロン、コロナで保留。
プラント、次戦も指名試合決定。
トリプルG済。
ジャーメル×Murtazaliev、未定。
スペンス×アブドゥ弟、未定。
テイラー済。
テオ×カンボソス交渉中。
ジョジョ×ラキモフ、決定から一転コロナで保留。→再決定。
ウォーリントン×ギャラハドⅡ、リマッチになるが未定。IBF一旦返上も視野。
MJ×岩佐、内々定。OC?はてっしー。
尚弥×ダスマリ、内定。
アンカ延期。
ムラザネ×ママ、延期か保留か。
フェリックス済。
タドゥラン×クアトロ?未定。

kaiスタイガ  #-

2021/01/20 編集返信
[ 672919 ]  
コバレフ、ベテルビエフといいまたロシア選手ですか
かなりディアス×ラキモフは好カードだったんですが、残念

ろしあん  #-

2021/01/21 編集返信
[ 673057 ]  
多田のインスタより
>今年急遽ビッグマッチが決まりそうです。
決まり次第報告します!

残るWBC狙いから一転、WBO防衛戦もやる気満々。さてどうなる?。
IBFは葉月が、30日に挑戦。

kaiスタイガ  #-

2021/01/22 編集返信
[ 673059 ]  
SuFeで今一番強い強い選手はベルチェルトなのか
バルデスとの予想は競合してるが

ろしあん  #-

2021/01/22 編集返信
[ 674163 ]  
一転WBA MM級1位シニエサが、3月のバージル×フッカーのアンダーで、
王座を8年!保持してるおなじみアナベル戦に方針転換、
多田戦は一旦消滅へ。

kaiスタイガ  #-

2021/01/28 編集返信
[ 674186 ]  
オルティス フッカーとうとう決まりましたな

ろしあん  #-

2021/01/28 編集返信
なかよくコメント投稿
非公開コメント

  ※「パスワード」入力で、なりすまし防止の識別コードが付きます。
※「名前」の入力をお願いします。無記名は無差別に削除することがあります。
※コメント欄は、多様な意見や感想による交流の場で、適切と思われる投稿をお願いします。管理上、不適切と判断した場合は削除や規制の対応をします。投稿者は、以下を了承したものとします。「投稿内容は投稿者の責任とし、第三者への不利益が発生しても管理者に損害責任を負わせない。管理者に複製、転載、削除等の権限を無制限に与え、迷惑行為、運営方針に反するものは予告なく第三者への記録情報の開示を認める」



※広告掲載できます。

※当日記サイトの掲載記事等すべての著作権は「片岡亮」およびブログ運営者に帰属します。改正著作権法(有罪なら2年以下の懲役か200万円以下の罰金)により、一部あるいは全部を問わず無断での複製、転載、頒布などを禁じます。一部引用においても「必然性」および「主の提示に対して従の範疇と認められる必要最小限とする質量の範囲内」で「不本意な改変をしない」、「出所の明示」が満たされない場合、無断転載と見なします。記事は執筆者個人の主観的な思想、感想、表現の自由に基づいて掲載したもので、内容については事実の保証を完全にするものではありません。掲載情報に法的問題が生じる場合や削除を求める場合は、メールフォームより該当の投稿(日時/URL)、依頼内容および理由をご連絡下さい。(NEWSIDER Tokyo)

CONTACT US

片岡亮(NEWSIDER)

Author:片岡亮(NEWSIDER)
記者チーム「NEWSIDER」主宰、在マレーシア・クアラルンプールのジャーナリスト。事件、芸能、スポーツ、国際情勢、裏社会、オカルトなど取材しながら頻繁に日本と往復しています。

★仕事の相談、情報提供、広告掲載など、お気軽にご連絡ください。 ⇒ CONTACT US (E-MAIL)
ツイッターはこちら

片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」2006年より長期連載中



※記事中の敬称略をご容赦下さい。本ブログの広告からお買い物をされると、掲示商品でなくても数%程度の収益があり、運営費にできます。日々更新に皆様のご協力よろしくお願い致します。(担当/藤堂香貴)

ツイッター
AMAZONオススメ商品

限定版(月刊拳論!)

月刊マガブロ価格:¥ 120

紹介文:120円で当月発行の「月刊拳論!」と「プロボクシング試合予定」(随時更新のスケジュール+ウワサメモ)が読めます。

興行ビジネスの裏側、最新事情を分かりやすくディープに明かす!

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

BLOG

COMMENTS

<>+-

CATEGORY

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
16位

ボクシングランキング

SEARCH

片岡優香 中古自動車 ホームページの作り方

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/実話ナックルズ/紙の爆弾/サンデー毎日/EX大衆/FLASH/iRONNA/トカナ/現代ビジネス/FRIDAY/産経新聞/週刊大衆/週刊朝日/週刊文春/週刊新潮/テーミス/CIRCUS MAX/日刊サイゾー/週刊現代/東京新聞/読売新聞/東洋経済オンライン/覚醒ナックルズ/アサヒ芸能/実話ドキュメント/週刊ポスト/SPA!/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/婦人公論/不思議ナックルズ/MSNドニッチ/KEITAI BANDITS(バンディッツ)/データマックス/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/J-CAST NEWS/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/LAPOO/スポーツライフ/THE STAR/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana/新生活報(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/バイキング(フジテレビ)/直撃LIVE グッディ!(フジテレビ)/ひるおび(TBS)/スッキリ!(日本テレビ)/サンデー・ジャポン(TBS)/サンデーLIVE!!(テレビ朝日)/新・情報7DAYSニュースキャスター(TBS)/めざましどようび(フジテレビ)/あさチャン!(TBS)、とくダネ!(フジテレビ)、NEWS ZERO(日本テレビ)/グッド!モーニング(テレビ朝日)/news every.(日本テレビ)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ /サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同)