カネロ×スミス、WBC王座は「協議中」、プラントとユーバンクも名乗り

12・19米・サンアントニオ(DAZN)
 ▼WBA世界Sミドル級王座統一戦 12回戦
  スーパー王者・カラム・スミス(英国) × レギュラー王者・サウル・アルバレス(メキシコ)

CANELOmXIAQ.jpg

 カネロ×スミスは、WBA王者同士の統一戦となるわけだが、もうひとつの問題がWBCである。

 WBCのスーパーミドル級王座は、デビッド・ベナビデスが体重超過で剥奪となった後、空位となっているが、スミスはダイヤモンド王座を保持、4度防衛中なのである。そして、カネロはWBCミドル級フランチャイズ王者であるが、WBCからは、空位のスーパーミドル級王座の決定戦として、2位・アブニ・ユルドゥルム(トルコ)との対戦を指示されている。WBCの王座管理があまりにずさんであるために、何が何だかという状況だ。

 カネロがスミス戦を選択した以上、王座決定戦の出場資格はなくなるのが道理だが、WBCはこれを「協議中」として保留。体重超過のベナビデスはなぜか1位だったユルドゥルムを押しのけて1位に座っており、これを真に受ければベナビデス×ユルドゥルムの決定戦が妥当ということになる。それでもダイヤモンド王座が並行しているわけだが、いつまでボクシング業界は王座団体の迷走を好き勝手させるのだろうか。

 ちなみに、スミスがメディアに伝えたところによると、先週、カネロ×スミスが発表された時点で試合契約は結ばれていなかったという。「カネロがツイッターで試合を伝えた後に合意したんです。「カネロのベストウエイトはミドル級だと思いますよ。カネロ戦は僕をどう評価するかで見方が変わりますよね。僕を評価している人は僕が勝っても驚かないでしょうし、僕はこのスーパーミドル級で世界最強だと思っているので、誰が相手でも倒します」

 また、対戦候補だったIBF王者のケイレブ・プラント(米国)は、カネロ側とPPV放送での対戦交渉があったがまとまらなかったと一部で伝えられ、プラントもそれを認めている。
「これは僕も本当にやりたかったんですよ。僕が準備不足でやれなかったという話もありましたが、そうじゃないです。12月19日だったら僕はやれました。カネロはゴールデン・ボーイと別れてプロモーションの問題がありました。それと(自身が属する)PBCでは12月5日にスペンス×ガルシアでPPVがあるんです。最低5週間は空けないと競合しちゃう問題もありました。全部を知っているわけではないですが、両陣営にとってそのあたりで合意できなかったんでしょう。僕はカネロは怖くないです。人生でステップアップできるときはちゃんと土俵に上がってきましたし。僕もボクシングファンなのでスミス戦は見ますよ。スミスは良いものを持ってますけど、ジョン・ライダー戦で接近戦が苦手なのを露呈して、カネロはそのライダーよりもはるかに優れたバージョンですね。2人とも友達ではないので、どっちかを応援することはないですけど、カネロが勝ってくれた方が僕がビッグマッチをやれると思います。僕はカネロに勝てる技術を持ってると思います」



 さらにもうひとり、カネロの名前を出しているのが、ミドル級のWBA暫定王者、クリス・ユーバンクJr.(英国)。「僕は世界戦をやりたいし、すべての有名選手とやりたい。そのオファーをただ待っている」とメディアに話している。

「ジャモール・チャーロはWBCのベルトを持っているのでやりたいですが、カネロとゲンナジー・ゴロフキン、ミドル級には2人のビッグネームがいて、どちらもベルトを持っているので戦いたいです。カネロはスーパーミドル級の王座を持ちながら、ミドル級のベルトを持つべきではないと思いますが、まだそのベルトを持っているので、僕のやりたい候補の筆頭です。ゴロフキン戦は4年前にやる話があったのに、ケル・ブルックがやりました。なぜやれなかったのか分かりませんが、彼も標的です」

 残念ながら村田諒太の名前は一切出ないままだが、人気者のカネロには、引き続き行列ができている状態だ。(片岡亮)

カネロ・アルバレス×カラム・スミス、巨大ドーム開催!12・19テキサス

コメント

コメント(4)  最新コメントへ  
[ 665311 ]  
ベナビデスがしょうもない体重超過してベルト失うからこんなことに

タコス  #-

2020/11/24 編集返信
[ 665312 ]  
ユーバンクJrは前回、村田と闘うのはスジ、みたいなこと云っていたし、
>カネロはスーパーミドル級の王座を持ちながら、ミドル級のベルトを持つべきではないと思います
は、誰が考えてもその通り。
ただ、WBAが“指名”を出さない限り、カネロ、村田、ユーバンクJrはファイトマネー交渉を含め、簡単じゃないんだろうと思う。
12/19が終われば、少し違う動きが出てくるかもしれないが・・・

山 マサ  #ziwa4Zsw

2020/11/24 編集返信
[ 665330 ]  
なんかWBC SM級もかかる気もしますが、
前日発表でも不思議ではない。つまり日本時間18日金曜日までに、発表なければセーフとみる。
その場合以前予定もされてたべナビ弟対イルディリムなら クスリ陽性歴対決に。
カネロが2階級FC王者、↑がWBCセカンド決定戦の可能性もあり。
>ベナビデスがしょうもない体重超過してベルト失うからこんなことに
それでクスリ陽性も加えて1位ですよ。WBCは狂ってる。

村田 どうでしょうね?。12月のGGG?、カネロの結果次第ですが
M級ビッグ3との交渉が始まればいいんですが。
来春の試合はあるいは、ジャーマル、ユーバンク、ムンギアがギリで許容範囲。
カネロがM級王座を返上しないなら、それ以外だとカメダ路線。 

kaiスタイガ  #-

2020/11/25 編集返信
[ 665335 ]  
カネロに愛想つかされたデラホーヤがゴロフキンなら倒せるとかほざいているようだ。
金欠で稼ぎたいのだろうか。
ゴロフキン対シェルメタは12.18フロリダで正式決定。予想はゴロフキンの僅差判定勝ち。

弱肩の豪腕  #LJx2DU6o

2020/11/25 編集返信
なかよくコメント投稿
非公開コメント

  ※「パスワード」入力で、なりすまし防止の識別コードが付きます。
※「名前」の入力をお願いします。無記名は無差別に削除することがあります。
※コメント欄は、多様な意見や感想による交流の場で、適切と思われる投稿をお願いします。管理上、不適切と判断した場合は削除や規制の対応をします。投稿者は、以下を了承したものとします。「投稿内容は投稿者の責任とし、第三者への不利益が発生しても管理者に損害責任を負わせない。管理者に複製、転載、削除等の権限を無制限に与え、迷惑行為、運営方針に反するものは予告なく第三者への記録情報の開示を認める」



※広告掲載できます。

※当日記サイトの掲載記事等すべての著作権は「片岡亮」およびブログ運営者に帰属します。改正著作権法(有罪なら2年以下の懲役か200万円以下の罰金)により、一部あるいは全部を問わず無断での複製、転載、頒布などを禁じます。一部引用においても「必然性」および「主の提示に対して従の範疇と認められる必要最小限とする質量の範囲内」で「不本意な改変をしない」、「出所の明示」が満たされない場合、無断転載と見なします。記事は執筆者個人の主観的な思想、感想、表現の自由に基づいて掲載したもので、内容については事実の保証を完全にするものではありません。掲載情報に法的問題が生じる場合や削除を求める場合は、メールフォームより該当の投稿(日時/URL)、依頼内容および理由をご連絡下さい。(NEWSIDER Tokyo)

CONTACT US

片岡亮(NEWSIDER)

Author:片岡亮(NEWSIDER)
記者チーム「NEWSIDER」主宰、在マレーシア・クアラルンプールのジャーナリスト。事件、芸能、スポーツ、国際情勢、裏社会、オカルトなど取材しながら頻繁に日本と往復しています。

★仕事の相談、情報提供、広告掲載など、お気軽にご連絡ください。 ⇒ CONTACT US (E-MAIL)
ツイッターはこちら

片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」2006年より長期連載中



※記事中の敬称略をご容赦下さい。本ブログの広告からお買い物をされると、掲示商品でなくても数%程度の収益があり、運営費にできます。日々更新に皆様のご協力よろしくお願い致します。(担当/藤堂香貴)

ツイッター
AMAZONオススメ商品

限定版(月刊拳論!)

月刊マガブロ価格:¥ 120

紹介文:120円で当月発行の「月刊拳論!」と「プロボクシング試合予定」(随時更新のスケジュール+ウワサメモ)が読めます。

興行ビジネスの裏側、最新事情を分かりやすくディープに明かす!

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

BLOG

COMMENTS

<>+-

CATEGORY

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
19位

ボクシングランキング

SEARCH

片岡優香 中古自動車 ホームページの作り方

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/実話ナックルズ/紙の爆弾/サンデー毎日/EX大衆/FLASH/iRONNA/トカナ/現代ビジネス/FRIDAY/産経新聞/週刊大衆/週刊朝日/週刊文春/週刊新潮/テーミス/CIRCUS MAX/日刊サイゾー/週刊現代/東京新聞/読売新聞/東洋経済オンライン/覚醒ナックルズ/アサヒ芸能/実話ドキュメント/週刊ポスト/SPA!/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/婦人公論/不思議ナックルズ/MSNドニッチ/KEITAI BANDITS(バンディッツ)/データマックス/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/J-CAST NEWS/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/LAPOO/スポーツライフ/THE STAR/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana/新生活報(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/バイキング(フジテレビ)/直撃LIVE グッディ!(フジテレビ)/ひるおび(TBS)/スッキリ!(日本テレビ)/サンデー・ジャポン(TBS)/サンデーLIVE!!(テレビ朝日)/新・情報7DAYSニュースキャスター(TBS)/めざましどようび(フジテレビ)/あさチャン!(TBS)、とくダネ!(フジテレビ)、NEWS ZERO(日本テレビ)/グッド!モーニング(テレビ朝日)/news every.(日本テレビ)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ /サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同)