熱闘!アムナット、元王者対決を制す、プンルアンに勝利

11・7タイ・バンフーン「WP BOXING」(YOUTUBE)
 ▼WBCアジア・フェザー級王座決定戦 8回戦
  アムナット・ルエンロン(タイ) 3-0 プンルアン・ソー・シンユー(タイ) 
   ※78-74、77-75、77-75 
 ▼WBCアジアフライ級タイトルマッチ 10回戦
  タナンチャイ・チャルンパック(タイ) 4回KO ピグミー・ゴーキャットジム(タイ)

11・8タイ・サムットプラーカーン
 ▼10回戦
  ナッタポン・ジャンカウ(タイ) × ペッチバンボーン・ゴーキャットジム(タイ)

Amnat RuenroengPungluang

 レジェンド対決はアムナットが制した。プンルアンが初回から思いきったストレートで先制、アムナットはバックステップしながらジャブ連打で迎撃も、プンルアンはしつこくボディで追った。2回、引き続きボディ連打するプンルアンだが、アムナットのジャブ、リターンも切れており、打ち合いに。ノンストップのプンルアンにアムナットは隙を狙い打つ形だが、被弾は避けられずの応戦。3回、プンルアンが出てくるところにアッパー、フックで強く止めるアムナットだが、プンルアンはガード固めて引かずに連打。激しく打ち合い、ともに弱みを見せないといった風。4回、強気で出るプンルアンに、アムナットの迎撃テンポ良く、打ちつ打たれつの好ファイト、ただ、プンルアンは体力に自信ある様子で笑顔を見せながら前に。

 5回、アムナットのジャブ被弾に「打ってこい」アピールで進むプンルアンだが、アムナットは単発のヒットを冷静に稼いだ。6回、足は進んでも手の減ったプンルアン、アムナットがリングまわりながらジャブ、アッパー。7回はプンルアンが先に手を出して逆位にアムナットの手数を減らしていった。アムナットはクリンチで逃れ始め、そこでプンルアンは気がはやるが、瞬間的に投げ飛ばしてしまいチャンスを逃す。最終回、アムナットが息を吹き返したようなジャブ連打、プンルアンも左右振って突進、ホールドしたアムナットに「打ってこい」ジェスチャー。全盛期を過ぎた印象の両者だが、最後まで白熱した試合となった。(片岡亮)



PUNGAMNAT20.jpg

  タイで元世界王者同士の対戦が決まった。11月、井岡一翔に勝ったことがあるアムナットが、赤穂亮に勝ったことのあるプンルアンと対戦する。試合はYOUTUBEで放送される。アムナットは20勝(6KO)5敗、40歳。元IBFフライ級王者、井岡一翔やゾウ・シミンにも防衛したが、16年のV6戦でジョンリエル・カシメロに4回KO負けで陥落。一度アマチュアに戻ってリオ五輪にライト級で出場したが2回戦敗退。プロに戻ってからもWBC15位のナワポンに敗れるなど黒星が増えたが現役は続行。前回8月、元世界王者のWBCスーパーフライ級1位・シーサケット・ソー・ルンビサイと対戦、判定負けはしたが、全盛期には及ばずとも健在を示した。
 プンルアンは54勝(36KO)8敗、31歳。本名はパンヤ・ウトック。元WBOバンタム級王者、12年の王座決定戦で獲得したが、初防衛戦でパウルス・アンブンダに敗北。14年、WBO王者・亀田和毅に挑むも7回KO負けだった。15年、空位のWBO王座決定戦で1位・赤穂亮に2回KO勝ち、王座返り咲きを果たしたが、16年のV2戦で1位・マーロン・タパレスに11回TKO負け。昨年、東洋太平洋スーパーバンタム級2位・ゼネシス・セルバニアにも負傷判定負けで黒星が増えているが、前回9月は同国人にKO勝ちしている。
 前座では木村翔ら日本人に3敗しているベテランのピグミー(61勝(25KO)13敗2分、39歳)が出場。10勝(8KO)1分の20歳ホープ、タナンチャイのアジア王座に挑む。(片岡亮)10/22

コメント

コメント(19)  最新コメントへ  
[ 660065 ]  日本人元世界王者同士対決って⁈
まだ無い様な気しますね…いつか楽しみにしてます…

中野 吉郎  #-

2020/10/22 編集返信
[ 660068 ]  
なんかタイって、元世界王者対決☆
ってのがマイブームなんですかね(泰笑
しかしアムさんまだ行くか!!
まさに老いてますます盛んって感じですが(絶倫

日本でも、公式戦とはいかなくても、山中と長谷川とか、佐藤洋太と徳山とか、
レジェンドスパー☆
とかでモルツ球団みたいに、フアンサービスの一環として世界戦の合間とかにやれば、
それなりの集客やボク界の宣伝に役立つんじゃないのかなあと。

それこそ内山なんて今でも普通に、現役でやれそうなくらいにバッキバキの体してるし、
・・・なんなら辰吉と薬師寺の超レジェンドスパーとかやって、
いい加減に辰吉を今の、現役の呪縛に囚われいつまでも辞めることができない、
みたいな状況から解放してあげる、最高で最後の花道とかをボク界も用意してあげるべきなんじゃなかろうかとか(静想

宇弓  #LkZag.iM

2020/10/22 編集返信
[ 660075 ]  レジェンド☆スパーリングは→とっても、魅力的なのですが。
西岡・内山・長谷川・山中あたりって、JBC関係者になるんですかね!??

JBCがエキシビションを許可する定義って、どのへんなのかな~と
( -_・)?


具志堅さんも、会長職引退でしょうか。

そう言えば、井岡ジムの宮崎は、ライセンス再交付はどうなったのか(笑)
(,,・д・)☆

K8augPj6  #K8augPj6

2020/10/22 編集返信
[ 660078 ]  
だから結局その辺は、あの去年JBCや協会が出した、
非ボクシングは認めません!!
って声明に関わってくる話なのかなあと(想笑

あれだって別に明確な定義なんてないし、
・・・要するにあれで言いたかったことは、
俺たちの縄張りの外で、部外者が勝手にボクシング名乗って商売すんじゃねー!!
ってだけのことで、
ちゃんとJBCと協会のやってるボク興行の中でやるならば、
特別許可でも特別ライセンスでも何でも出してやればいいんじゃなかろうかと。

だって外人選手だって別にJBC選手じゃないけど、
試合のごとにJBCが認可してやらせてるわけで、
それでミッキー・ロークとかだって猫パンチで両国で試合できるんだし(懐笑、

だったら引退後も今でも体鍛えてる元世界王者のほうが、よっぽどいいパフオーマンス見せてくれそうだし、
その辺はボク人気のアップや発展のために、
細かいことに囚われずに、win-winで柔軟にやって行けばよろしいのではなかろうかと。

それこそ内山vs三浦vs粟ちゃん、なんて今こそ見てみたいし、
・・・・なんだったら、亀田の興ちゃんと山中・長谷川という、
日本バンタム最強決定戦☆ってのでもいーですし(柔笑

宇弓  #LkZag.iM

2020/10/22 編集返信
[ 660081 ]  ミッキー・ローク再評価?
観客がユーリアルバチャコフ目当てではなく、あれこそは疑惑の総合商社だと若き日の辻元清美国会議員の突っ込みが入った一戦でしたが、今、見直して視るとマッチョカマチョばりのトランクスにしか目がいかないでしょうねぇ。

名無し名人  #-

2020/10/22 編集返信
[ 660100 ]  


驚きましたね最後のパンチは!

という鶴太郎の解説コメントをよく覚えているミッキーローク


鬼塚と井岡もニヤニヤしながらわざとらしく褒めてたな

わいるだー  #-

2020/10/22 編集返信
[ 660110 ]  
そんであの試合を見たとんねるずの石橋が、
自分もボクシング好きなんであの試合は納得いかない、自分だったらすぐミッキー・ロークにくらい勝てると、

日テレの、生でダラダラ行かせてって番組の中で、
石橋とミッキー・ロークが東京ドームで対戦!!
みたいな企画立てて、
練習に行った協栄でユーリがコーチになって、
石橋がちゃんとライセンス取って試合する予定だったんだけど、

協栄のデビュー前の大学生の新人練習生に、石橋がスパーでボッコ凹にされて、
・・・それ以来、番組でそのボクシング企画は一切触れられなかったと、
つまりそれくらいあのミッキー・ロークの試合って、日本にも影響力あった出来事だったと⦅爆

しかし今考えれば、
あんなタレントと新人練習生のガチスパーを堂々と全国中継で流すってのも、
非ボクシングは認めない!!って今の基準に抵触するんじゃなかろうかとか(想笑

宇弓  #LkZag.iM

2020/10/22 編集返信
[ 660114 ]  JBCの☆ルールブックには→「他の格闘技興行に」関わってはイケないって、書いてあるみたいですからね(笑)
帝拳プロモーションって、以前UFCの放送権ビジネスに、関わっていたって

ネットに書いてあるんですが!??
(,,・д・)☆(笑)

K8augPj6  #K8augPj6

2020/10/22 編集返信
[ 660134 ]  
そういや、前回の試合は予想に反してアムナットはシーサッケ相手にかなり頑張ったんでしたよね。
正直、衰えまくっていて完璧に高級かませになっていると思ったんですが、同じくピーク落ちしているプンルアン相手にどういう試合になるか、結構興味深かったりします。

光太郎  #-

2020/10/22 編集返信
[ 660978 ]  アムナーッ
内山が八重樫とYOUTUBEでガチ?スパーやってましたね。 
それで八重樫、骨折か何かしたような気が…

アムナットはシーサケがいまいちなのもありましたが、後半バテるまで鋭いパンチと動きで勝つかもと思えた位でした。
素人考えですが、今でも階級や相手次第では世界も行けそうな気がしましたね。
可能なら日本とアメリカ、イギリス、メキシコの強豪との試合観たいですね

つばめ返し  #-

2020/10/31 編集返信
[ 661984 ]  11/7の楽しみが増えました。
京口が痛い目にあったYou Tubeで、アムナットと検索しタイのprime hourがよく分かってませんが、そちらを観戦。その後は情報シャットアウトして、深夜3時19分から中谷の地上波放送を視る。そんなスケジュールを立てました。しかしながら、大阪市にいると思われるタノンサックはどうなったのでありましょうか?

名無し名人  #-

2020/11/04 編集返信
[ 662520 ]  
タノンサックは大晦日にやる計画があるそうです。たぶん実現しないんじゃないかな。12月は25~30日でしょう。

ボクシングを愛するすべての人に  #-

2020/11/08 編集返信
[ 662551 ]  
このカードって、日本で言えば八重樫東と河野公平が試合するみたいなものでしょうか。

エキサイト  #-

2020/11/08 編集返信
[ 662552 ]  
プンルアンもへんなのに絡んだからその後のイメージが台無しになった。

話のわかるタイプなんでしょうね。

ジャム  #-

2020/11/08 編集返信
[ 662555 ]  
ボディはくの字で倒れるものだろうって

エキサイト  #-

2020/11/08 編集返信
[ 662559 ]  
ミッキーロークは本当はスゴいボクサーなんだと思いますよ。

私、八百長を仕組まれたボクサーの悲劇を描いた「罠」という映画で凡庸な動きを見せていた主演のロバート・ライアンが実はボクシング全米三連覇の猛者だったと聞いて愕然としました。あのヘナヘナぶりも演技なんだ、計算づくだったんだ、見かけによらない!と。

ミッキー・ロークもあれを試合とは思わずただのお楽しみと捉えていたんでしょう。だからこそ飛び出す猫パンチ。あんな鋭い猫パンチを出せるのはミッキー・ロークの他には池野めだかしかいない!

しかし残念なのは相手でしたね。公称36歳ですが316歳と言ってもおかしくないヨタヨタぶりでした。

あれなら亀田でも倒せると! 

ジャム  #-

2020/11/08 編集返信
[ 662563 ]  
いや映像見させてもらいましたが、アムさん超元気ですね⦅爆
なんか前回のシーサケ戦からどんどん試合勘やら調子戻してる感じで、
老いてますます盛んというか(絶倫

とても実年齢40半ば近いんじゃ??
って感じには見えないんで、なんかちょっとアムさんの今後が興味深いですが(凝視

宇弓  #LkZag.iM

2020/11/08 編集返信
[ 662652 ]  
思い返せばアムナーッ選手、唯一、井岡選手を攻略したと言えるボクサーですね。
フェザーと言う階級も、今尚活躍している事も、驚きです。

非A  #GxAO5jdM

2020/11/09 編集返信
[ 663259 ]  
アムナットは凄いですね。何というか、タイのボクサーってメンタル面が凄い波があるはずなんですが、何というか今でもモチベーションをしっかりと保っている感じなんですかね。しかも階級がフェザー級ってフライ級で井岡とやったことを考えるとずいぶん階級を上げましたね。今、日本はフェザー級はランカーを含め面白い選手がたくさんいるから、佐川や清水を始め、日本人選手との絡みは見たいですね。コロナの関係もあるので難しいところもあるんでしょうが・・

光太郎  #-

2020/11/13 編集返信
なかよくコメント投稿
非公開コメント

  ※「パスワード」入力で、なりすまし防止の識別コードが付きます。
※「名前」の入力をお願いします。無記名は無差別に削除することがあります。
※コメント欄は、多様な意見や感想による交流の場で、適切と思われる投稿をお願いします。管理上、不適切と判断した場合は削除や規制の対応をします。投稿者は、以下を了承したものとします。「投稿内容は投稿者の責任とし、第三者への不利益が発生しても管理者に損害責任を負わせない。管理者に複製、転載、削除等の権限を無制限に与え、迷惑行為、運営方針に反するものは予告なく第三者への記録情報の開示を認める」



※広告掲載できます。

※当日記サイトの掲載記事等すべての著作権は「片岡亮」およびブログ運営者に帰属します。一部あるいは全部を問わず無断での複製、転載、頒布などを禁じます。一部引用においても「必然性」および「主の提示に対して従の範疇と認められる必要最小限とする質量の範囲内」で「不本意な改変をしない」、「出所の明示」が満たされない場合、無断転載と見なします。記事は執筆者個人の主観的な思想、感想、表現の自由に基づいて掲載したもので、内容については事実の保証を完全にするものではありません。掲載情報に法的問題が生じる場合や削除を求める場合は、メールフォームより該当の投稿(日時/URL)、依頼内容および理由をご連絡下さい。(NEWSIDER Tokyo)

CONTACT US

片岡亮(NEWSIDER)

Author:片岡亮(NEWSIDER)
記者チーム「NEWSIDER」主宰、在マレーシア・クアラルンプールのジャーナリスト。事件、芸能、スポーツ、国際情勢、裏社会、オカルトなど取材しながら頻繁に日本と往復しています。

★仕事の相談、情報提供、広告掲載など、お気軽にご連絡ください。 ⇒ CONTACT US (E-MAIL)
ツイッターはこちら

片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」2006年より長期連載中



※記事中の敬称略をご容赦下さい。本ブログの広告からお買い物をされると、掲示商品でなくても数%程度の収益があり、運営費にできます。日々更新に皆様のご協力よろしくお願い致します。(担当/藤堂香貴)

ツイッター
AMAZONオススメ商品

月刊拳論!

月刊マガブロ価格:¥ 120

紹介文:120円で当月発行の「月刊拳論!」と「プロボクシング試合予定」(随時更新のスケジュール+ウワサメモ)が読めます。

興行ビジネスの裏側、最新事情を分かりやすくディープに明かす!

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

BLOG

COMMENTS

<>+-

CATEGORY

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
15位

ボクシングランキング

SEARCH

片岡優香 中古自動車 ホームページの作り方

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/実話ナックルズ/紙の爆弾/サンデー毎日/EX大衆/FLASH/iRONNA/トカナ/現代ビジネス/FRIDAY/産経新聞/週刊大衆/週刊朝日/週刊文春/週刊新潮/テーミス/CIRCUS MAX/日刊サイゾー/週刊現代/東京新聞/読売新聞/東洋経済オンライン/覚醒ナックルズ/アサヒ芸能/実話ドキュメント/週刊ポスト/SPA!/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/婦人公論/不思議ナックルズ/MSNドニッチ/KEITAI BANDITS(バンディッツ)/データマックス/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/J-CAST NEWS/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/LAPOO/スポーツライフ/THE STAR/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana/新生活報(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/バイキング(フジテレビ)/直撃LIVE グッディ!(フジテレビ)/ひるおび(TBS)/スッキリ!(日本テレビ)/サンデー・ジャポン(TBS)/サンデーLIVE!!(テレビ朝日)/新・情報7DAYSニュースキャスター(TBS)/めざましどようび(フジテレビ)/あさチャン!(TBS)、とくダネ!(フジテレビ)、NEWS ZERO(日本テレビ)/グッド!モーニング(テレビ朝日)/news every.(日本テレビ)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ /サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同)