多田、9回TKOで宮尾下す!谷口が日本獲得

12・3東京・後楽園ホール「DANGAN237」(RAISE)
 ▼日本ミニマム級王座決定戦 10回戦
  1位・谷口将隆(ワタナベ) 10回37秒TKO 3位・佐宗緋月(T&T)
 ▼WBO世界女子ミニマム級王座決定戦 10回戦
  2位・多田悦子(真正) 9回8秒TKO WBC6位・宮尾綾香(ワタナベ) 
 ▼東洋太平洋女子ミニマム級タイトルマッチ 8回戦
  王者・葉月さな(YuKO) 中止 3位・千本瑞規(ワタナベ)

12・3米・ロサンゼルス(NBCSN)
 ▼WBOインターコンチネンタル・ウェルター級王座決定戦 10回戦
  ブライアン・カバージョ(プエルトリコ) 3-0 ラリー・ゴメス(米国)
 ▼10回戦
  WBCミドル級10位・ブランドン・アダムス(米国) 2回KO サニー・デュバーソン(米国)

160500Danganp.jpg

 女子世界戦は、多田がKO勝ち。左ストレートを狙う多田に対し、宮尾は大きなフックを振りかぶり、体ごとぶつかっていった。両者が互いに研究しているために起きる揉み合いで、ともに抜け出せていなかったが、足を使える分、多田の左ヒットが増え始め、9回開始直後、宮尾が左右を大きく振って前に出たところを多田がカウンター、宮尾はバッタリ前に倒れてレフェリーが即ストップ。担架送りに。女子ボクシングでは珍しい衝撃ノックアウト決着だった。多田はパワーを技術で制した形だが、宮尾はスパーリング不足だったせいか、そのスタイルを割り引いても荒く感じた。

 メインは谷口がワンサイドで勝利、セコンドに京口紘人を従え、初回ボディストレートで尻餅ダウンを奪い、以降は谷口が左ストレート、ボディを当て続ける展開に。佐宗は必死に耐えたが、5回終了でジャッジ3者フルマーク。谷口は強引にラッシュはかけず、延々とヒットを重ねていたところ最終回にレフェリーがストップした。「伝統あるベルトを後楽園ホールのファンの前で獲れたのが嬉しいです」と谷口。日本ランキングは7名しかおらず、2位は昨年、谷口に敗れている石澤開で、そのまま繰り上がれば1位に。(片岡亮)

 ロサンゼルスのメインは、WBC米大陸Sウェルター級タイトルマッチだったが、王者・セルヒー・ボハチュク(ウクライナ)が病欠。挑戦予定だったアダムス(21勝(13KO)3敗)は、昨年チャーロへの挑戦からの再起戦で、新たに11勝(8KO)2敗2分のデュバーソンと対戦。ただ、こちらは11月の8回戦で12連敗となったばかり。(片岡亮)

MIYAOTADA2.jpg

 9月にベトナム・ホーチミンでのWBO王座決定戦が流れた女子の宮尾は、12月に日本で決定戦を行なう。ベトナムではWBOアジア太平洋王者・ティ・トゥ・ニ・グエン(ベトナム)と対戦予定だったが、相手は元世界王者の多田。両者は今年1月に対戦してドローだった。
 宮尾は23勝(6KO)8敗2分、37歳。12年にWBA王座を獲得して5度防衛し、WBC王者の小関桃との統一戦で陥落。16年にWBO王者・池山直に挑んだが、6回に右ヒザ靭帯断裂で無念TKO負けだった。リハビリ生活を経て18年に復帰。池山とのリマッチに勝利しWBA暫定王者となったが、正規王者・モンセラット・アラルコンに1-2で敗れている。1月、WBO王座決定戦で多田とドロー。勝てば約2年ぶり勝利。

 多田は19勝(6KO)3敗3分、39歳。09年にWBA王座獲得、WBC王者・富樫直美とのドローを含む9度防衛の長期政権を築いたが13年に陥落、相手のアナベル・オルティスとはリマッチも判定負け。15年にIBF決定戦で3位・カレリー・ロペスに判定勝ちしたが、マカオでの初防衛戦で中国のカイ・ゾンジュに大差判定負け。昨年12月、江畑佳代子からWBO王座を奪ったが、防衛なく返上。同僚の佐伯霞に王座決定戦をやらせるためだったが、その佐伯が出産返上。同じ王座を宮尾と争うも引き分けた。
 前回の対戦、多田が前に出てワンツー、これに宮尾がボディで対抗し、足を使いながらロングでヒット、6回まで採点はジャッジ3者57-57で、その後も互いの駆け引きが続き、緊張感はあるが明確に見せ場を作れないままだった。スタイルが変わらなければ、多田のワンツーと、トリッキーに動く宮尾というのが基本線になりそう。(片岡亮)10/20



 日本ミニマム級は田中教仁が王座返上した後、、昨年9月の挑戦者決定戦に勝った1位・谷口将隆が王座決定戦に出場となったが、2位・平井亮輝以下、7位までのランカーが全員出場を拒む珍事態があり、谷口は東洋太平洋王者のリト・ダンテに挑戦する形で、これが外国人相手なのに日本王座決定戦も兼ねるということになっていた。しかし、3月17日に予定された試合は新型コロナウイルスで延期。皮肉にも外国人を容易に呼べない状況で、マッチメイク自体が白紙になった。そこで今回、決まったのが谷口と3位・佐宗による12月の決定戦である。
 谷口は12勝(7KO)3敗、26歳。アマエリートだが17年に日本人選手と初対戦となった日本王座決定戦では小西怜弥に判定負け。無名アジアンに2勝してから出場した東洋太平洋王座決定戦でも小浦翼に判定負けだった。再び無名アジアンに2勝、タイでWBOアジア王座決定戦に勝利。世界挑戦の条件を満たしたことで昨年2月、WBO王者ビック・サルダールに挑んだが、試合前「どんな展開になっても問題ない」と豪語していた内容を見せられず大差の完敗。前回、2位・石澤開に判定勝ちで再起、日本王座獲得に王手をかけた。
 3月15日の高田勇仁との試合が流れていた佐宗は12勝(4KO)6敗2分、25歳。15年の新人王戦は、東日本決勝で小浦翼に敗北。18年に日本9位・デシエルト長池を下すなど4連勝したが、昨年は日本ライトフライ級ユース王座決定トーナメントで芝力人にTKO負け。その後は2勝1分、前回、高田勇仁とドローだったため、その際戦を予定していたがタイトル挑戦に方向転換した。
 前座では東洋女子戦。王者・葉月は8勝(2KO)4敗1分、36歳。17年の日本アトム級王座決定戦は2位・鈴木菜々江とドロー。翌年、再戦して判定負け。再起戦の6回戦もデビュー戦の元アマ・松田恵里に敗北。昨年11月、東洋王者・廣本江瑠香を2-1で下し、今回が初防衛戦。挑戦者の千本は世界ジュニアユース日本代表になったことがある26歳、6回戦でプロ2勝(1KO)。前回2戦目で日向野知恵を下し日本王座獲得しているが防衛なく返上している。(片岡亮)10/17

コメント

コメント(22)  最新コメントへ  
[ 659015 ]  
ようやく決まったという感じですね、OPBFはかからなくなりましたが不自然な形でも有ったので良かったと思いますね。

試合時代は8:2で谷口が断然有利かと思いますが佐宗も初のタイトル戦ですから奮起して欲しいところでもありますね。

女子の方は年齢とアマの経験値を考えると千本有利と予想します。

B.B  #-

2020/10/17 編集返信
[ 659065 ]  
本来はこれが普通というか、ある意味当然なんですが、とりあえず、みんなが逃げた相手とやるということでそれに関しては評価をしたいと思います。
一度、対戦している石澤を除くと佐宗が一応、最上位なので本来は彼がやるのが責務と言えば責務なんですが。
試合は佐宗の前節がノーランカーの高田相手に引き分けたくらいですし、谷口のKO勝ちが濃厚ですが、そのあと、谷口はどうするんでしょうかね?防衛戦をしようにも対戦相手がいないでしょうし。
コロナが落ち着けばダンテと東洋王座決定戦は組めるかもしれないですが。
返上するかもしれないですね。
返上したらとりあえず、石澤と佐宗で決定戦をやらせてあげてほしい。佐宗もKO負けしたとしても他のランカーが谷口とやることを拒否したのですから、勇気をもって試合をしてもランキング落ちるのは気の毒ですよ。みんなランキング落ちるの嫌だから、谷口とやるのを拒否しているのもあるでしょうし。
ちなみに佐宗と引き分けた高田は10月のランキングに入ってませんね。3位に引き分けたわけですしミニマムはそもそもランカーが定数いってないんだからランキングに入れるべきだと思うんですが。何のためのランキングなのか、いまだによくわからないですね。

光太郎  #-

2020/10/17 編集返信
[ 659178 ]  
ダンテは現OPBF王者なので試合をする場合は谷口or佐宗のどちらかが挑むという形になるんじゃないんですかね?

佐宗と引き分けた高田は来月の25日に前日本王者の田中と8回戦で戦うみたいなので世界ランカーが相手ですから高田はこれなら引き分けてもランクに入れるんじゃないんですかね?

B.B  #-

2020/10/18 編集返信
[ 659724 ]  何で日本タイトルマッチ挑戦を拒む…
私は当時は31歳の高齢…
日本タイトルやれるんならラストチャンスとして死ぬ気で頑張ろう‼︎ 思ってて決まった時は嬉しくて涙が出そうになりましたけど…
まぁ次元の低い話かf^_^;…⁉︎

中野 吉郎  #-

2020/10/19 編集返信
[ 659747 ]  
谷口は勝てば4団体のどの王者にも挑戦出来る様になりますからメリットはとりあえず有りますね。

B.B  #-

2020/10/19 編集返信
[ 659949 ]  
改めて、日本王者対ダンテ
やってほしいですね。その勝者と重岡弟が3冠かけてやってもいいし。

kaiスタイガ  #-

2020/10/21 編集返信
[ 659953 ]  
> その勝者と重岡弟が3冠かけてやってもいいし。

谷口と重岡弟は同じジムなので対戦は不可能になりますね。

B.B  #-

2020/10/21 編集返信
[ 660045 ]  
ああそうですね、有難うございます。
江口以降実の兄弟はやらなくて当然でも
同門対決でさえタブーなのは 善し悪しですよね笑。

kaiスタイガ  #-

2020/10/21 編集返信
[ 660076 ]  
一応新人王戦では両者が当たる事になった場合お互い合意すれば同門対決も可能ですがジム側がお互いの為にと思って片方を棄権させる事が多いんですよね。

B.B  #-

2020/10/22 編集返信
[ 665626 ]  
谷口、WBO3位。
落とせないTM。

kaiスタイガ  #-

2020/11/27 編集返信
[ 665646 ]  
個人的には勝った方が先日再起に成功した田中と戦って欲しいですよね、世界前哨戦の相手に相応しく勝てば世界挑戦へ明確なゴーサインにもなりますしね。

B.B  #-

2020/11/27 編集返信
[ 666353 ]  
宮尾綾香選手は試合に向けて、コロナ感染を防ぐ為スパーリングゼロで練習したそうです。

私が知る中では過去に日本タイトルに挑戦するピューマ渡久地選手が眼筋麻痺で医者にスパーリングを止められていた為、スパーリングゼロのまま岡田明広と試合したと御本人から聞きました。

渡久地選手や宮尾選手のように、かなりボクシング経験が長いベテランならスパーリングゼロでも工夫次第で練習して試合に望めるのでしょうね。

逆に4回戦の選手がスパーリングゼロでプロの試合を行う事ってあり得ない気がします。

13  #-

2020/12/03 編集返信
[ 666390 ]  
芝選手に2ラウンドで
倒された印象が大きいが、
よく持ち堪えましたね

関西  #-

2020/12/03 編集返信
[ 666391 ]  
>逆に4回戦の選手がスパーリングゼロでプロの試合を行う事ってあり得ない気がします。
世界のボクシングの歴史で見たらスパーリング経験なしでいきなりプロで試合した選手っていそうな気がしますね。

多田選手って以前獲ったベルトを同僚のチャンスのために返上したと上の記事にあるけど、ベルトの価値って軽くなりましたね、、、

カリメロ  #-

2020/12/03 編集返信
[ 666403 ]  
女子wbo王座決定戦なはずが
両者とほwboに入ってないけど
何故?
いいんですか?

関西  #-

2020/12/04 編集返信
[ 666407 ]  
元々WBOのみ女子ランクがありません。つまりWBOが許可すれば誰でもいいのです。
今度は多田も流石に、安易な返上はしないと思いますが。
未だ取れてないWBCは、やはり統一戦でやるべきでしょう。宮尾の為にも。

女子MM級
独でWBCIBF統一戦という話もあったが、難しい模様。
おなじみWBAアナベルは在位9年目。
尚弥でさえ苦労している4団体統一がやれないから制覇って・・・。誰だって簡単な方をやりたい。返上より剥奪がマシ。

kaiスタイガ  #-

2020/12/04 編集返信
[ 666411 ]  
セミは女子では珍しいTKO勝ちで多田が王者になったそうでこれで3団体制覇となりましたが本当WBCは現状難しいですが統一戦で獲得して欲しいですよね。

メインは谷口が日本王座2度目の挑戦を10RTKO勝ちで獲得となりましたが今後は日本王座を防衛し続けていくのかそれとも返上して世界を目指すのかが気になるところですね。

B.B  #-

2020/12/04 編集返信
[ 666419 ]  
さっそくレイズで配信されてましたが、
谷口いい出来でしたね。
このウイルス禍でもきっちり練習やれてる感じで、
まあ相手の佐宗があんま左が得意じゃないのか、正面から左ボデイからストレートからもらいまくってて、ちょっと全R通じて一方的なペースでしたが。

でも去年谷口は石澤開とチャンカ挑決戦やって、判定勝ちしたけど私は石澤開の若さと可能性の方に目を引かれて、
石澤はこの前も1階級上のランカーをKОしてたし、
ここはタイトル賭けてまた再戦してほしいもんですが。

しかしナベジムも色んな面であまりいいことなかった1年でしたが(悶笑、
年の最後に新王者誕生で良かったですね。
昨日は京口もセコンドに入って、谷口も頼もしかったそうで、
京口ももうウイルスが問題ないのならば、早く世界戦やってほしいものですが。

・・・しかし結局年内にはできませんでしたが、
タノンサックのビザも切れちゃうのか・・・(苦渋

宇弓  #LkZag.iM

2020/12/04 編集返信
[ 666423 ]  
お疲れさまでした。
まず、多くのランカーが逃げ、ランキングから落ちるリスクも厭わない中で再上位ランカーの責務を果たした佐宗選手に自分は拍手を送ります。
当たり前と言えば当たり前ですが、それでも対戦したことには僕は意味があると思います。

谷口に関しては場合によっては王座を返上していいと思います。
上にも書きましたが、本来は日本王者として防衛戦を数回はしてほしいですが、これまでの経緯通りだと対戦相手に苦労するでしょうから、もし、相手が決まらなければ返上もしょうがないでしょう。
ベストは東洋王座をかけてダンテですが、コロナ渦の状況を考えると難しい。
世界ランキングを見ると小浦、榮、田中の3選手ですが、小浦は東洋王座を取って且つ谷口に1度勝っているので小浦側にメリットがほぼない、そうすると榮か田中ですが、榮はランキングに入っているので逃げられている可能性がある。となると現実的には田中でしょうか。田中も世界を再度目指すことを考えると一度、谷口とは対戦してもいいと思いますね。

光太郎  #-

2020/12/04 編集返信
[ 666424 ]  
谷口は決定戦で王座を獲得したので返上しなければ来年の初戦は指名試合になると思われるのでその場合相手は2位石澤か4位仲島のどちらかと戦う事になるかもしれませんね。

それ以外では榮は加納に挑む噂が有りますのだそれを考えると田中との試合が一番かもしれませんね、田中も前回の試合勝って日本ランクに入りそうですからね。

B.B  #-

2020/12/04 編集返信
[ 666536 ]  
そういえば ダンテは1試合やったけど
重岡兄弟は今年0でしたね。
ダンテは重岡兄に負け、
ダンテ×重岡弟or谷口なら
ダンテ×ナベジム抗争ですな笑。

kaiスタイガ  #-

2020/12/05 編集返信
[ 666560 ]  
重岡兄弟は今年試合無しなのは勢いつけようとする中で本当に痛いですよね。

とりあえずダンテとやるとしたら重岡弟の方が先ですね、重岡弟も現状国内挑戦はWBOしか出来ない身分ですから他の3団体にも挑戦出来る様になっておきたいですからね。

B.B  #-

2020/12/05 編集返信
なかよくコメント投稿
非公開コメント

  ※「パスワード」入力で、なりすまし防止の識別コードが付きます。
※「名前」の入力をお願いします。無記名は無差別に削除することがあります。
※コメント欄は、多様な意見や感想による交流の場で、適切と思われる投稿をお願いします。管理上、不適切と判断した場合は削除や規制の対応をします。投稿者は、以下を了承したものとします。「投稿内容は投稿者の責任とし、第三者への不利益が発生しても管理者に損害責任を負わせない。管理者に複製、転載、削除等の権限を無制限に与え、迷惑行為、運営方針に反するものは予告なく第三者への記録情報の開示を認める」



※広告掲載できます。

※当日記サイトの掲載記事等すべての著作権は「片岡亮」およびブログ運営者に帰属します。一部あるいは全部を問わず無断での複製、転載、頒布などを禁じます。一部引用においても「必然性」および「主の提示に対して従の範疇と認められる必要最小限とする質量の範囲内」で「不本意な改変をしない」、「出所の明示」が満たされない場合、無断転載と見なします。記事は執筆者個人の主観的な思想、感想、表現の自由に基づいて掲載したもので、内容については事実の保証を完全にするものではありません。掲載情報に法的問題が生じる場合や削除を求める場合は、メールフォームより該当の投稿(日時/URL)、依頼内容および理由をご連絡下さい。(NEWSIDER Tokyo)

CONTACT US

片岡亮(NEWSIDER)

Author:片岡亮(NEWSIDER)
記者チーム「NEWSIDER」主宰、在マレーシア・クアラルンプールのジャーナリスト。事件、芸能、スポーツ、国際情勢、裏社会、オカルトなど取材しながら頻繁に日本と往復しています。

★仕事の相談、情報提供、広告掲載など、お気軽にご連絡ください。 ⇒ CONTACT US (E-MAIL)
ツイッターはこちら

片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」2006年より長期連載中



※記事中の敬称略をご容赦下さい。本ブログの広告からお買い物をされると、掲示商品でなくても数%程度の収益があり、運営費にできます。日々更新に皆様のご協力よろしくお願い致します。(担当/藤堂香貴)

ツイッター
AMAZONオススメ商品

月刊拳論!

月刊マガブロ価格:¥ 120

紹介文:120円で当月発行の「月刊拳論!」と「プロボクシング試合予定」(随時更新のスケジュール+ウワサメモ)が読めます。

興行ビジネスの裏側、最新事情を分かりやすくディープに明かす!

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

BLOG

COMMENTS

<>+-

CATEGORY

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
15位

ボクシングランキング

SEARCH

片岡優香 中古自動車 ホームページの作り方

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/実話ナックルズ/紙の爆弾/サンデー毎日/EX大衆/FLASH/iRONNA/トカナ/現代ビジネス/FRIDAY/産経新聞/週刊大衆/週刊朝日/週刊文春/週刊新潮/テーミス/CIRCUS MAX/日刊サイゾー/週刊現代/東京新聞/読売新聞/東洋経済オンライン/覚醒ナックルズ/アサヒ芸能/実話ドキュメント/週刊ポスト/SPA!/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/婦人公論/不思議ナックルズ/MSNドニッチ/KEITAI BANDITS(バンディッツ)/データマックス/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/J-CAST NEWS/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/LAPOO/スポーツライフ/THE STAR/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana/新生活報(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/バイキング(フジテレビ)/直撃LIVE グッディ!(フジテレビ)/ひるおび(TBS)/スッキリ!(日本テレビ)/サンデー・ジャポン(TBS)/サンデーLIVE!!(テレビ朝日)/新・情報7DAYSニュースキャスター(TBS)/めざましどようび(フジテレビ)/あさチャン!(TBS)、とくダネ!(フジテレビ)、NEWS ZERO(日本テレビ)/グッド!モーニング(テレビ朝日)/news every.(日本テレビ)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ /サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同)