ワンヘン陥落!パンヤ、WBCミニマム級王座奪取!

11・27タイ・ナコンラチャシマ(タイ7CH)
 ▼WBC世界ミニマム級タイトルマッチ 12回戦
  3位・パンヤ・プラダブスリ(タイ) 3-0 王者・ワンヘン・メナヨーシン(タイ) 
   ※3者とも115-113 

DSC08686.jpg

 54勝無敗のワンヘンがついに陥落。これまでと違うのは相手もタイ人で声援が割れていることで、場内総出で応援する空気が減り、嫌な予感は漂っていた。序盤、相手の圧力をジャブで止めようとしたが左ボディを再三被弾。一転してワンヘンが攻め姿勢をとったが、パンヤは下がりながらボディ、アッパーを合わせていった。4回終了で37-39、38-38、37-38の劣勢。6回あたりから、かなり攻勢を強めたワンヘンはいつになくアグレッシブに手数を増やし強い右ストレートも打って行ったが、やはりボディの被弾は免れず、打ち合いもある中で明確に上回りきれなかった。それでも長期戦に慣れ、先手を取っている分、ある程度は挽回したかと思ったが、8回終了時は3者75-77でやはり劣勢。ロングの右ストレートから接近戦で捕まえにかかったが、終盤は相手も必死に抵抗。最終的に2点差の溝は埋まらなかった。

DSC08736.jpg

 せっかく米・ゴールデン・ボーイ・プロモーションズと契約したが、新型コロナウイルスの問題でアメリカ・デビューが白紙となり、一方的な引退表明でプロモーターと揉めていたことも、ひょっとすると採点の後押しを得られなかったか…と、個人的には僅差でワンヘン防衛だったのもあって勘繰りたくなったが、いずれにせよ6年の長期政権は終わった。

DSC08704.jpg

 周辺国と違ってタイは新型コロナウイルスの第2波がなく、5月以降はずっと新規感染者も一桁程度で収束状態、関係者はマスクをしていたが観客やセコンドは外している人も多く、パンヤ側のコーナーにいたWBA王者ノックアウトもマスクなしで声援を飛ばしていた。

DSC08598.jpg

 また前座には、ミナミ・ユキヒロと紹介された日本人選手が出場していたが、15年に比嘉大吾に敗れたコンファー・CPフレッシュマート(34勝(17KO)1敗1分)にTKO負け。(片岡亮)



 ワンヘンは2度の計量でパスした模様。オッズはウィリアムヒルで1.1-5。5。パンヤは試合決定時、WBOライトフライ級2位だったが、その後にWBCミニマム級3位にランク。(片岡亮)
123311781_3852261571492131.jpg

 54勝(18KO)の無敗王者ワンヘンは、母国でタイ人同士の防衛戦を決めた。一時、モチベーション低下で引退発言もあったが、撤回して13度目の防衛戦となる。相手はWBOライトフライ級2位のパンヤ。ワンヘンは14年、オズワルト・ノボアを9回TKOで下して王座獲得。12位・ギャレロ、25位・トモグダン、9位・ギルべ、9位・大平剛、1位・ファレス、9位・ジェルサレム、4位・キムウェリ、10位・福原辰弥、1位・エストラーダ、14位・タデュラン、6位・福原辰弥と防衛を続け、前回は昨年10月に1位・シンピウェ・コンコに判定勝ち。これまで国外での試合はないが、米大手プロモーター、ゴールデンボーイ・プロモーションと契約し、当初は4月にアメリカで9位・マルコ・ジョン・レメンティゾ(フィリピン)と対戦予定だった。パンデミックでこれが流れ、6月にはフェイスブックで引退を表明。これは陣営が寝耳に水で慌てて否定、その後に撤回。本人とコンタクトを取ってみたら、「気持ちが落ち込んでいたんですが、もう大丈夫です」との返答があった。ファンからは多くの励ましが寄せられたようでもある。

 挑戦者に選ばれたのは同じタイ人。関係者が記者会見で「渡航制限によるもの」と理由を説明。パンヤはペッチマニー・ゴーキャットジムのリングネームを持つ34勝(22KO)1敗、29歳。もとはミニマム級で活動、17年、中国でWBA暫定王座決定戦に出たが、12位・熊朝忠に0-2の敗北。これが唯一の黒星。試合数が多く、一昨年は7試合、昨年は6試合を消化、ライトフライ級で昨年12月にジェリー・トモグダン(加納陸に勝利)を下し東洋シルバー王座を獲得。パンデミック中でも今年3試合を行なっており、前回9月にWBCアジア・ミニマム級王座決定戦で11勝7敗のタイ人に勝利。世界初挑戦。(片岡亮)9/29

コメント

コメント(29)  最新コメントへ  
[ 657095 ]  
これ2人ともウィラット氏の選手?
ワンヘンやる気なしで転落の気がします。

弱太郎  #-

2020/09/29 編集返信
[ 657117 ]  
タイ国内ばかりでやっているからあまり注目されない。寺地も京口も海外からはこんな感じでしょうか。

ササジ  #-

2020/09/29 編集返信
[ 657176 ]  
仕方ない面もあるかもしれないけど、
また国内路線に戻らなければいいが。

kaiスタイガ  #-

2020/09/30 編集返信
[ 657212 ]  
確かにワンヘンのモチベーション次第では陥落も充分有り得そうなので気になる試合になりそうですね。

しかし同胞とタイトル戦を行えるのならWBAのノックアウトとの統一戦にして欲しかったですね。

B.B  #-

2020/10/01 編集返信
[ 664825 ]  
自分も地味にこの試合には注目。タイのボクサーは本当にモチベーションが試合内容に大きく影響しますから、ワンヘンは自分も意外に陥落する可能性がありそうです。
ジムに関してはワンヘンはペッインディ―だけど、パンヤはゴーキャットなのでは?

光太郎  #-

2020/11/21 編集返信
[ 665622 ]  
プラダ、勝ってほしいね。

>東洋シルバー王座を獲得
負ければ空位にするべき。OPBF(JBCホスト)もシルバー本人達も管理が杜撰。
ヤスコーチよ、そういう所がダメなんだぞ。ファンは見てるんだから。

kaiスタイガ  #-

2020/11/27 編集返信
[ 665632 ]  
パンヤはゴーキャットでしたか。ゴーキャットも一時の勢いは無くなった感じですが、パンヤが獲れば日本にも呼び易くなるでしょうし結果が楽しみですね。

弱太郎  #-

2020/11/27 編集返信
[ 665645 ]  
パンヤが勝てばワンヘンより呼びやすくやるのは確かですが次戦は指名試合になると思われるのでそれをクリアという条件がつきますので簡単には事が進まないと思いますね。

多分指名挑戦者はジェルサェムになると思われますからね。

B.B  #-

2020/11/27 編集返信
[ 665655 ]  
ジェルサレムは以前に動画を見て強かった印象があります。ワンヘンに一度挑戦して僅差の判定負けでした。注目しています。

ササジ  #-

2020/11/27 編集返信
[ 665716 ]  
良い試合でした。個人的にはドローもしくは僅差でワンヘンの勝ちでした。

あ  #-

2020/11/27 編集返信
[ 665718 ]  
ワ、ワワワワ、
ワンヘンが負けたあ???(驚愕
いや~~~~~~、
タイミニマムの両巨頭の、ついに片翼が倒れましたか。

これはこれは、
やっぱブランクに海外戦の頓挫にと、
モチベの問題とかあったんでしょうかね。

いやいやいや、
これで長らくタイにとどまっていたタイトルも・・・・
って、
いまだタイにあるのは変わらないですが(泰笑

宇弓  #LkZag.iM

2020/11/27 編集返信
[ 665719 ]  
パンヤは3回目の計量でようやくパスしたそうで、試合でも明らかに体格は大きかったです。ミニマムに長くはいられないかもしれませんね。

あ  #-

2020/11/27 編集返信
[ 665721 ]  
ワンヘンの調子自体は悪くないように見えました。モチベーションはどうか分かりませんが、終盤にあれだけ猛攻を仕掛けられたのだから精神的にも悪くなかったのでは。

あ  #-

2020/11/27 編集返信
[ 665725 ]  
しかし、ミニマム級要りますかね?

4つも世界王者があってかつ17階級もってねえ。〔苦笑)

ワンヘン陥落でメイさんの記録が又一番ってことですかね。〔苦笑)

ハイロ67  #-

2020/11/27 編集返信
[ 665729 ]  
ミニマム級は極端に選手層が薄いです。一例に過ぎませんが、Boxrecに登録されている現役選手の数を階級ごとに調べると、最も層の厚いウェルター級に比べて8分の1以下。ミニマムとライトフライを合わせて、ようやくフライ級と同じくらいの数になります。

逆に女子の場合は重量級の層が薄くなり、フライからスーパーバンタム辺りが最も層の厚いクラスになります。

あ  #d5ek2Tk2

2020/11/27 編集返信
[ 665733 ]  
やった~。
負けると思って 外出。みてなくて残念。ってタイ7chライブあった?。

kaiスタイガ  #-

2020/11/27 編集返信
[ 665734 ]  
ワンヘンが13度目の防衛に失敗して約6年守り続けた王座から陥落ですか、キャリア初の敗北でミニマム級界隈が大きく動く事になりそうですね。

ワンヘンはGBPと契約してアメリカデビューも計画してたのにコロナで大きく狂わされての陥落ですからこれは引退の可能性が大きそうですね。

勝ったパンヤは日本人ランカーとの絡みを期待したいですが時期的に初防衛戦は指名試合になる確率が高そうなのでその結果次第という感じですね。

B.B  #-

2020/11/27 編集返信
[ 665740 ]  
福原辰弥が2度挑んで敗れてたんで
出来れば日本人にワンヘンに勝ってほしかったな

拳闘好きオッサン  #-

2020/11/27 編集返信
[ 665747 ]  
見てないけど微妙な判定でしたか。結果的に試合前にワンヘン陥落のコメントがいくつかありましたが鋭い予見眼です!

カリメロ  #-

2020/11/27 編集返信
[ 665760 ]  
https://www.youtube.com/watch?v=CfKYh1E8ez4

見応えのある良い試合でしたよ。

t  #-

2020/11/28 編集返信
[ 665765 ]  
早く日本人の、タイでの世界戦初勝利を見たい!
そういえば恒成だったかな?、言及してたのは。
関係者・選手とにかくもう少し関心もってほしい。

kaiスタイガ  #-

2020/11/28 編集返信
[ 665773 ]  
へえ、
そんなにワンヘン勝ちでもおかしくないような試合だったんですか。

・・・てか、それならワンヘンが勝ってそうですが。
少なくとも相手が日本選手とかなら確実にワンヘン勝ってたろうにと⦅爆

なんですかね。
なんかアメリカ進出に関してとか契約のことかで揉めてて、
もうプロモーターも、ワンヘンを推す気も守る気もあまりないんでしょうか。

まあなんにせよ・・・・
タイボクシングの一つの時代が終わった感じですが(泰悶

宇弓  #LkZag.iM

2020/11/28 編集返信
[ 665780 ]  
やはり、ワンヘン陥落ですが。
ただ、試合内容を見ると私が想像していたとのとはちょっと違って、タイ人特有のモチベーションの低下による敗戦という感じもしなかったです。
デンカオセーンとかひどかったですし、テーパリットなんかもそんな感じを凄い感じたのと比べるとワンヘンはまだモチベーションの低下はあったでしょうが、それでもそこそこ良い試合だったと思います。
ただ、この試合での敗北によるモチベーションの低下は確かに心配なところもありますね。
日本人が絡むことを考えればワンヘンが持っていると厄介なのは確かなので、そういう面では「パンヤ」は来てくれそう?な感じでいいかもしれません。

ただ、現状、今のコロナ渦を考えると海外へは簡単にはいけない状況ですから、日本はおろか現実的なところでワンヘンが引退しない限りは再戦じゃないか?とも思います。
世界ランクを見渡すとWBCはおろか他の団体でタイ人の世界ランカーは一人もいませんし、WBAのノックアウトとの統一戦は統一王者のベルトの承認料の支出をタイはプロモーターが嫌がるので統一戦はないでしょうから、そうなると国内ではほぼワンヘンしかない気がしますし、そもそも「OP」は普通に考えれば持っているでしょうから、先にOPの消化からするんじゃないですかね?
そうなると、すぐに王座陥落の可能性も十分出てくると思いますが・・・

光太郎  #-

2020/11/28 編集返信
[ 665802 ]  
時期的に指名試合も関わると思うので指名試合の場合は指名挑戦者は現在1位がフィリピンのジェルサェムなのでフィリピンはタイと近いので試合は日本より簡単そうなので実現しやすい感じでは有りますね。

B.B  #-

2020/11/28 編集返信
[ 665803 ]  
時期的に指名試合も関わると思うので指名試合の場合は指名挑戦者は現在1位がフィリピンのジェルサェムなのでフィリピンはタイと近いので試合は日本より簡単そうなので実現しやすい感じでは有りますね。

B.B  #-

2020/11/28 編集返信
[ 665835 ]  
上に書き込んだ後に気づいたんですが、このパンヤはゴーキャットじゃなくて、どうやら「ペッインディ―」の所属らしいんですよね。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B8%E3%83%A0

WIKIにものっていました。
となるとこれ、根が色々と深そうでようは同門対決ということになります。
上で片岡さんもプロモーターともめたことをコメントしていますけど、色々と裏事情がありそうでますますワンヘンの引退が加速しそうというか、引退へ引導を渡した?というにも取れますし、内部でうまくいってないんじゃないでしょうかね。
なおさら、ワンヘンとの再戦は消えたかもしれませんが。

光太郎  #-

2020/11/28 編集返信
[ 665836 ]  Re:[ 665835 ]
あれ?上のコメント途中で切れてしまってますが、どうなってるんだろ?

光太郎  #-

2020/11/28 編集返信
[ 665837 ]  Re:[ 665836 ]  Re:[ 665835 ]
とにもかくにも同門同士だったので裏の事情がありそうですね。

光太郎  #-

2020/11/28 編集返信
[ 666930 ]  
WBCランク更新。
腐敗WBCお約束の
ワンヘン負けても1位。ジェルサェムは2位へ。

kaiスタイガ  #-

2020/12/09 編集返信
なかよくコメント投稿
非公開コメント

  ※「パスワード」入力で、なりすまし防止の識別コードが付きます。
※「名前」の入力をお願いします。無記名は無差別に削除することがあります。
※コメント欄は、多様な意見や感想による交流の場で、適切と思われる投稿をお願いします。管理上、不適切と判断した場合は削除や規制の対応をします。投稿者は、以下を了承したものとします。「投稿内容は投稿者の責任とし、第三者への不利益が発生しても管理者に損害責任を負わせない。管理者に複製、転載、削除等の権限を無制限に与え、迷惑行為、運営方針に反するものは予告なく第三者への記録情報の開示を認める」



※広告掲載できます。

※当日記サイトの掲載記事等すべての著作権は「片岡亮」およびブログ運営者に帰属します。改正著作権法(有罪なら2年以下の懲役か200万円以下の罰金)により、一部あるいは全部を問わず無断での複製、転載、頒布などを禁じます。一部引用においても「必然性」および「主の提示に対して従の範疇と認められる必要最小限とする質量の範囲内」で「不本意な改変をしない」、「出所の明示」が満たされない場合、無断転載と見なします。記事は執筆者個人の主観的な思想、感想、表現の自由に基づいて掲載したもので、内容については事実の保証を完全にするものではありません。掲載情報に法的問題が生じる場合や削除を求める場合は、メールフォームより該当の投稿(日時/URL)、依頼内容および理由をご連絡下さい。(NEWSIDER Tokyo)

CONTACT US

片岡亮(NEWSIDER)

Author:片岡亮(NEWSIDER)
記者チーム「NEWSIDER」主宰、在マレーシア・クアラルンプールのジャーナリスト。事件、芸能、スポーツ、国際情勢、裏社会、オカルトなど取材しながら頻繁に日本と往復しています。

★仕事の相談、情報提供、広告掲載など、お気軽にご連絡ください。 ⇒ CONTACT US (E-MAIL)
ツイッターはこちら

片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」2006年より長期連載中



※記事中の敬称略をご容赦下さい。本ブログの広告からお買い物をされると、掲示商品でなくても数%程度の収益があり、運営費にできます。日々更新に皆様のご協力よろしくお願い致します。(担当/藤堂香貴)

ツイッター
AMAZONオススメ商品

限定版(月刊拳論!)

月刊マガブロ価格:¥ 120

紹介文:120円で当月発行の「月刊拳論!」と「プロボクシング試合予定」(随時更新のスケジュール+ウワサメモ)が読めます。

興行ビジネスの裏側、最新事情を分かりやすくディープに明かす!

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

BLOG

COMMENTS

<>+-

CATEGORY

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
19位

ボクシングランキング

SEARCH

片岡優香 中古自動車 ホームページの作り方

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/実話ナックルズ/紙の爆弾/サンデー毎日/EX大衆/FLASH/iRONNA/トカナ/現代ビジネス/FRIDAY/産経新聞/週刊大衆/週刊朝日/週刊文春/週刊新潮/テーミス/CIRCUS MAX/日刊サイゾー/週刊現代/東京新聞/読売新聞/東洋経済オンライン/覚醒ナックルズ/アサヒ芸能/実話ドキュメント/週刊ポスト/SPA!/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/婦人公論/不思議ナックルズ/MSNドニッチ/KEITAI BANDITS(バンディッツ)/データマックス/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/J-CAST NEWS/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/LAPOO/スポーツライフ/THE STAR/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana/新生活報(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/バイキング(フジテレビ)/直撃LIVE グッディ!(フジテレビ)/ひるおび(TBS)/スッキリ!(日本テレビ)/サンデー・ジャポン(TBS)/サンデーLIVE!!(テレビ朝日)/新・情報7DAYSニュースキャスター(TBS)/めざましどようび(フジテレビ)/あさチャン!(TBS)、とくダネ!(フジテレビ)、NEWS ZERO(日本テレビ)/グッド!モーニング(テレビ朝日)/news every.(日本テレビ)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ /サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同)