ジェイソン・モロニー「井上は無敵じゃない。明確に勝てる戦略ある」

10・31米・ラスベガス(ESPN+/WOWOW)※無観客
 ▼WBA&IBF世界バンタム級タイトルマッチ 12回戦
  王者・井上尚弥(大橋) × WBA3位・ジェイソン・モロニー(豪州)

INOUEMOLONEYMWsAIinOC.jpg

 井上尚弥との対戦が決まったジェイソン・モロニーが、豪州で殿堂入りしている元ボクサーのレイ・ウィートリー氏のインタビューに答えている。そこで「ドネアは井上と接戦だったけど、僕にはもっと明確に勝つ戦略がある」という話をしている。(以下、要点を拙訳)

「井上に勝てると信じています。それがこの試合を受けた理由です。長く望んでいた試合なので、いまはワクワクしています。みんなが無理だと言っていることは気になりません。むしろ、モチベーションが上がるんです。ボブ・アラムさんも、この試合が年間最高試合になると期待してくれていて、そうなると僕も思います。このスポーツを17年間やってきて、とにかくビッグマッチがしたかった。自分のキャリアで何か特別なことを成し遂げたかった。これこそオーストラリアのボクシング史上最大のことを達成するチャンスです。

 僕は一年中トレーニングをしています。キャンプをやったりやめたりしないんです。前回6月の試合から1週間だけ休んでジムに戻りました。29日にラスベガス入りする予定です。試合の1カ月前に行きます。これは前回と同じ。到着して家を借りて2週間の自主隔離、オーストラリアで強制的にホテルに入れられるのとは違います。チームの誰かがウイルスに感染したら終わりなので細心の注意を払います。どこにも出かけないで、トップランクのジムでトレーニングして、家でコンディションを維持させます。試合の1週間前に会場のMGMで隔離されます。

 井上はドネア戦で打たれていました。みんなかわせると思っていましたが、僕は違うと思ってました。ドネアは素晴らしい選手で、多くを達成しています。井上戦もそのひとつになると思ってました。ドネアはあの試合で良い場面をたくさん作っていました。彼は井上が人間であること、そして無敵ではないことを示したと思います。僕はラスベガスで2年ほど前に2度、ドネアとスパーリングしたことがあって、結構うまくやれていたので自信になりました。井上は36歳のドネアと接戦。僕は井上にさらに強く迫るつもり。ドネアは僕が狙うほどのプレッシャーは与えなかったと思うんです。僕はああいう接戦ではなく、もっと明確に戦つ戦略を立てています。

 井上のパワーは大げさでなく壊滅的なハードパンチャーです。クリーンヒットは避けたいですが、何度かもらわなきゃいけなくなるとは思います。これはボクシング。濡れずに泳ぐことはできません。でも、他の選手が食らったような致命的な一発をもらうつもりはないです。完全に集中して、賢く相手のパンチを見切って、試合をコントロールする。僕は井上のパワーを評価しているので、彼のベストショットはもらいたくない。常に集中、それがエリートレベルでやらなければならないこと。僕は手数とスキルに優れていると思います。井上はときどき無謀になりますが、僕はディフェンスをもう少し計算できます。井上はそこをパワーで補ってますよね。僕は必要なときだけ引き金を引き、他の対戦相手みたいに打たれないよう、十分考えてやるつもりです。



 前回のレオナルド・バエズ戦(7回TKO勝ち)で、僕の力が全盛期にきていると感じました。相手はスーパーバンタム級で戦っていた選手でフィジカルは強かったですが、バンタム級で井上より強くなれると感じました。29歳、今が僕の全盛期。オーストラリアでもルーク・ボイド(スーパーバンタム級、シドニー五輪出場でプロ7勝無敗)やサム・グッドマン(スーパーバンタム級、7勝無敗)らとスパーリングして、国内でやれることをやり尽くしました。アメリカではさらに世界レベルのスパーリングをします。トレーナーのアンジェロ・ハイダー(ビック・ダルチニャンらを指導)が誰よりも上手に試合を読めるので、ここ数年、長く井上に注目して何度も話をしてきたんです。詳しくは言えませんが、優れたゲームプランをまとめています。プランA、プランB、プランC。やれることがそこに詰まってます。井上は1年近く試合をしていません。彼は僕と同じプロフェッショナルで体調の維持ができる選手、試合への影響は大きくないでしょうけど、少し錆びている可能性はあります。僕は最高の井上尚弥に備えなければならないですけどね。10月31日にラスベガスで世界に衝撃を与え、WBA&IBFバンタム級チャンピオンになると確信してます」(拙訳)

コメント

コメント(70)  最新コメントへ  
[ 655982 ]  
井上にモロニーのパンチが当たるかどうかというのは大きなカギになると思う。井上にとってもパンチの破壊力がある相手としては今回のモロニーはこれまでの防衛戦の中ではトップクラスの一人だと思う。
ただ、井上はそのパンチ云々の前に早い段階で相手を倒して片づけてしまうから、モロニーがどうディフェンスをし、自分のパンチを井上にあてるかは対戦において鍵の一つだと思う。
何度か書いているけど、パンチの破壊力の陰に隠れているが、井上のディフェンスも間違いなく超一流レベルで簡単には当たらない。ドネアは本当によくあてたよなというレベルだと思う。

光太郎  #-

2020/09/22 編集返信
[ 655987 ]  
そりぁ自分の頭の中では勝てる
イメージはあるだろうよ
でも実際はそうはならないわけで
井上は怪我してから初めての試合ということも
あって1ラウンドは慎重にいくと思うから
モロニーは1ラウンドに勝負かけるのも
ありかなと思う

ジャック  #-

2020/09/22 編集返信
[ 655989 ]  
僕はバンタム級で井上尚弥に勝つにはディフェンスより耐久力とプレスだと思いますがね。
ディフェンスで勝つにはロマチェンコやリゴンドー、カネロ、メイウェザー並みに全くもらわないカウンタータイプでないと厳しいかなと。
フェザー級の世界ランカーくらいであればディフェンスが上手くなくても耐久力で押し切れるかもしれませんね。

本人も何度かもらわないといけないって言ってますがその時にドネアのように前に出て
精度を落とさず手数もカウンターを狙う根性と技術が必要条件だと思います。

パンデュース  #-

2020/09/22 編集返信
[ 655990 ]  
やっぱり米国入国後の2週間隔離は課されるんですね
井上も同じぐらいのタイミングで渡米でしょうか
そして、今回はバンテージ職人さんの同行は難しいでしょうね
そこは不安材料です

 (全角スペース)  #-

2020/09/22 編集返信
[ 655997 ]  

尚弥と陣営は発表記者会見で試合2週間前に渡米といってなかったっけ?。
2週間隔離されたら、隔離最終日に計量、隔離解放日に試合といった日程になったりして??。
日本でギリギリまで減量・調整して万全な態勢で渡米とかコメントしていたような??。

渡米前に日本でPCR検査、渡米後にPCR検査、2回陰性なら隔離しなくてもよい?なんて聞いた?見たようなきもするんですが??。
まったく情報源はカオスの彼方でこたえられませんが・・自分の願望が見た聞いた?情報を偏らせた??。
2週間隔離なら試合2週間前に渡米なんてのんきな渡米計画なんてするんですかね??。

トクメイ  #DUR24XiI

2020/09/22 編集返信
[ 655999 ]  やべー笑
すげー覚悟と自信じゃん(^◇^)

良い試合になる事を楽しみにしてます(*´∇`)ノ✨

白い羊  #-

2020/09/22 編集返信
[ 656002 ]  
 アメリカは基本、国外からの渡航者は原則14日間の自主隔離ですが、出歩けるといっても怖くて出たくないでしょう。

 これは正直、マレーシアから日本に行く程度でも思いますからね。感染しての症状もいやですが、またマレーシアに戻れなくなるのが怖いですし、下手すりゃ入院で仕事が吹っ飛んじゃいます。マレーシアだと市中感染がほぼないので空港へ行って移動とか怖くないですが、どこで感染があるか不明な日本に対する不安は大きいです。それを考えたらアメリカへ行くリスクってのもさらに大きいですね。ネバダって州だけでちょうど日本全体ぐらいの感染者数、死者数で、仕事じゃなかったら避けたい場所です。

★ 片岡亮 (NEWSIDER)  #-

2020/09/22 編集返信
[ 656004 ]  
打たれない様にするには距離を取らなければならず、プレスを掛けるなら距離を縮めなければならない、ハードパンチャー対策のジレンマですね。
作戦内容を明かさず、其れでも在る程度具体的に攻略法を匂わせる、プロフェッショナルな発言だと思います。

非A  #GxAO5jdM

2020/09/22 編集返信
[ 656006 ]  
「濡れずに泳ぐことはできません。」

なるほど、なかなか上手いことを言う。
しかし、濡れるだけならイイが、井上尚弥は激流だぜ。モロニー、泳ぎきれるのか?

M2号  #IGmjCrYg

2020/09/22 編集返信
[ 656008 ]  
これアメリカは自主隔離なんですよね??

だからアラムが前から言ってたように、ベガスのホテルを借り切って、
選手と関係者はずっとそこに滞在して、
ホテルの施設内に練習場も宿泊所も、そして試合会場もあって、
それで部外者との接触を極力防いで、感染予防して試合を迎えるってことなんですかね。

だから井上も2週間前に渡米するって話ですが、渡米してそこで検査オッケーならそのままホテルに直行して、
そこで試合まで2週間ずっと滞在して、練習に調整して試合に臨むってスケジュールなんでしょうか。

・・・んまあなんにせよ、もう1か月もしないうちに渡米しなきゃいけないわけで、
その辺の井上の予定組みも気になりますね。

井上父とと井上拓は当然一緒に行くとして、
大橋さんとかジムスタッフ、
そして井上の拳の保護に必須な、バンテージ巻きのプロのニック永松さんは、
2週間くらいなら付き合ってくれるの??
とか、
・・・でも日本に帰国した後も検査とか隔離とかどうなるんだろうかとか(難悶、

いやあ、
やっぱいろんな意味で厳戒態勢下の試合って感じで、
調整も練習もメンタルの持って行き方とかも大変そうですが、
井上よ!!
たとえどんな状況でも、本物は常に本物であると全世界に見せつけたれ!!☆(燃

宇弓  #LkZag.iM

2020/09/22 編集返信
[ 656012 ]  アスリートの☆サポートをする方々も→大変ですよね。
以前、日本人なら誰でも知ってる?金メダリストのサポートをしてた方が
「無給」で、アスリートの練習のサポートをしてたって、テレビで放送してまして

えっ!(*゜Q゜*)と驚きましたが
(勿論その方も、家庭をお持ちだと思います)


井上☆尚弥も、ボクマガで冗談ぽく?
「1億円ファイターになったら、アメリカに移住するかも!」
と語っていましたが( ゚∀゚)ノ

もう、なってると思いますので(笑)

海外移住なんかも、考える時期に来てるのかな~と。

な~んてねん☆ミ

K8augPj6  #K8augPj6

2020/09/22 編集返信
[ 656015 ]  
伊藤三代ってgotoイベントの適用を受けられるからって日時変えるって某世界スーパーチャンプが言ってたそうだがホントかね?西村大臣の秘書がこっそりボクシング関係に教えてまわってんだってよ。ずるくないか?

ボクシング福音派  #-

2020/09/22 編集返信
[ 656017 ]  

尚弥ほか陣営も日本にもどってからは、完全に2週間隔離てしょうね、
来年のオリンピックで来日する選手をどうするかがいま、会議詮議している段階みたいですからね。
PCR検査がOKならそのまま選手村直行で外出禁止みたいなこと、もれつたわってきますね。

尚弥も陣営も帰国したら2週間隔離でしょうね。

要らぬお世話ですが、来年プロ野球とかサッカーの外国選手ふじに来年日本での試合出られるんだろうか??。
なにごともオリンピック来年やれるか駄目かにかかっているような?。

トクメイ  #DUR24XiI

2020/09/22 編集返信
[ 656022 ]  
モロニーは自信満々ですねぇ

尚弥のモロニー評はカシメロ程一発の威力はないなと

そこそこパンチ力があってタフだからカシメロ以上にやりにくいとも話してましたが

打たせずに打つボクシングを先にやれた方が勝つと思いますが楽しみですね。

怒りの王子  #7x5ejQUM

2020/09/22 編集返信
[ 656028 ]  
え??
伊藤と三代が日時変えるって何ですか??
それマジ話なんですか??

こちとらボク界のためにいろんなことにチャレンジしてる、
石井一太郎の心意気に敬意を表して、結構いい席買って墨田に見に行こうと思ってたんで、
日時が変わるんならば、早いとこ公表してほしいもんですが。

まあ一応関東民なんで、別にGO TОキャンペーンとかあんま関係ないですが⦅爆、
そういえばまだぴあでもチケ扱ってないみたいですが、
・・・そういうことなんでしょうか(読悶

宇弓  #LkZag.iM

2020/09/22 編集返信
[ 656033 ]  
モロニーは今月の29日にもうラスベガスに行くみたいですね。コロナ感染に気をつけるために外出は控えるとか。どんなに気をつけても100%予防はできないだろうけど試合日までコロナ感染しないよういろいろ対策たてるでしょうな。井上陣営もなるべく早く行って現地環境に慣れた方がいいと思うけど。日本で準備万端の状態で直前(2週間?)に現地に行くのが果たして選択肢としていいのだろうか?

カリメロ  #-

2020/09/22 編集返信
[ 656034 ]  
井上に同行する人は一か月間スケジュールロック
一か月は井上以外の仕事はできないということになりますね

バンテージ職人の永末さん
ブログやインスタを覗くとオファーはされてる様子
ただ、いろいろ逡巡があるようで…
無理もないことですが

 (全角スペース)  #-

2020/09/22 編集返信
[ 656036 ]  
アメリカってカットマン等のスタッフは向こうが用意した人しか駄目なんじゃなかったでしたっけ、今は。
なんかエキサイトマッチでジョーさんが言ってたような。

じゅん  #-

2020/09/22 編集返信
[ 656037 ]  
あー、
でもニックさんは井上のブリテンのロッド戦の時も、計量前日にブリテン入りしたってボクマガに出てましたが、
アメリカのネバダコミッションとかはその辺厳しいんでしょうか。

しかしニックさんのブログ見たら、
なんか先月UFCの日本選手のセコンドのために、ニックさんベガスに行ってたみたいですね。
・・・・なら別に井上戦にも行けるんじゃ??
少なくとも井上のほうがいっぱいギャラは払えそうだし(¥笑

まあニックさんはブログで、
日本とアメリカで試合日程が被るんで考えると書いてますが、
このアメリカの方はやはり井上のことなんでしょうか。
しかしさすが業界屈指の職人は引っ張りだこだなあと。

宇弓  #LkZag.iM

2020/09/22 編集返信
[ 656055 ]  宇弓さんへ
伊藤と三代が日時変えるって何ですか??
それマジ話なんですか??

理由は、言えませんが、事実です。
年内に、仕切り直しを計画されてますが、不透明ですね。
少なくとも、11月5日はありません。
でもGO TOナントカとは、何の関係もない理由ですよ。

超事情通です・・  #-

2020/09/23 編集返信
[ 656059 ]  
へー、
やはり変更っぽいんですか。
まあGO TO関係で政府側の人が、わざわざこっそりボク関係者に教え回ってるなんて話になると、
なんか一気に陰謀論みたくなってましたが(闇笑

しかし仕切り直しとなると・・・・
11月以降の仕切り直しなんて、下手すりゃ年内は難しいんじゃ?
・・・・
あるいはなんかの世界戦のセミとか、そういうスライドもあるのだろうかとか(深読

宇弓  #LkZag.iM

2020/09/23 編集返信
[ 656068 ]  11/5のスケジュールが立ち消え?
なんでしょうねぇ、1ヶ月半後の日時が変更とは?正式発表するならば、早く示してほしいものですが。僕自身は、先走ったメディアの報道より、両者がコメントを発するくらい迄、待っていても全く問題ないですが、帝拳プロモーション主催の世界戦が決定したまま、延々と待たされプロスペクトが先の見通しが立たないような状況に陥ると関係者でさえ興醒めにならないかと。ハリーのよく言うメジャーリーグに関心がないと云うテーゼが、いみじくも国内興行に関しても存在したのだと。イベンターでも何でもない立場ですが、すごく心配です。尚弥が出場するTR社の興行はイベントを潰してはならないと云う気概が、JBCの日和見主義とは根本的に違う気がします。

名無し名人  #-

2020/09/23 編集返信
[ 656075 ]  
帝拳の世界戦が決定したまま延々と待たされ見通し立たないってのは、
中谷潤のことですかね??
いやー、
ホントに中谷潤どーなってんねんって話で、本人は年内開催のつもりでやってるって取材とかで言ってますが、
相手のフイリピンの状況もどうなのかよくわからないし、
・・・本来なら4月に世界戦やってたはずなのになあと(悔悶

なんか村田までもが、今年は試合できないかもなぁみたいなことスポ紙に言いだしてますが、
もう9月も終わりなのに、現時点で村田に試合の話も何も行ってないってことで、
村田がやらないとなると、連鎖的にケンシロウくんや中谷潤も年内に試合できるのだろうかとか(不安

もう日本でやるのが難しいならば、井上と同じくアメリカで、
12月にやる??フューリーとワイルダーの前座とかでやってこれないものかと。
そうすればやれば勝つのわかり切ってて、特に旨味もモチベも湧かなさそうなブラント第3戦??
とかだって、
向こうでまたボッコ凹勝ちしてくれば、世界に名前が売れてそれなりにメリットもモチベも上がりそうだしと(推笑

宇弓  #LkZag.iM

2020/09/23 編集返信
[ 656078 ]  HBO, Show Timeの2強時代終焉。
欧州からアメリカ合州国向けにDAZNがsubscriber獲得の為、参入して来たのが2年前でしたが、プロ野球、Jリーグとも契約する日本市場と違う点は格闘技専門のコンテンツで参入している点でしょうね。
それでも米国では80万人程度ぐらいしかsubscriberが伸びずじまいで、カネロとGGGのラバーマッチ実現を目指した結果、350億円強をカネロにGGGがその3分の1程度でしたか?コロナ禍で試合がまとまらず、このままだと一気に撤退するとかしないとか?
そうなるとゴールドマンサックスなどが入り、経営戦略にも口を挟むことになり、ネットコンテンツ自体どうなるか分からなくなると。
DAZN株を40%保有するエディハーンJr.のマッチルーム社がU.S在住の選手をかき集める形で、井上尚弥のTRやGBP, PBCがやって来た選手個々に対する独占契約をやり始めたと。我々、日本人は今まで業界のタブーだったこともあり、漠然とボクシングはテレビのコンテンツでそこが金を生み出すものだと。我々はスポーツを視聴するのにカネを惜しみますが、その金銭感覚でビジネスを俯瞰するとあまりの違いに愕然としますねぇ。A Signで名前不祥の方が話されてましたが、聞き手の石井一太郎が無言状態だったのは、自身がプロモーターをされているからだと容易に推測します。

名無し名人  #-

2020/09/23 編集返信
[ 656079 ]  
しかし改めて見ても、やっぱマロニーは結構いいボクサーでいい相手ですね。
動くスピードもパワーも標準以上で、バランスや体幹がいいのか、体勢を崩さずにバンバン連打が出せて、
おまけにパンチ打ったら必ず頭を振るのが身についてる感じで、打ち終わりを狙われることもなく、パンチ避けるのも何気に上手いと。

つまり全ての要素が高レベルでまとまってる感じで、
だからこそ井上がロッド戦の時のように、すべての要素において相手のレベルを遥かに上回るような怪物勝ちができるかが、
しかも本場ベガスでそれを全世界に示せるかが楽しみですが。

・・・・・とかなんとか、
今のアメリカでちゃんと試合が開催されるかどうかは、もう直前までわからないのがすでにスリル感満載な感じになってるのがな悩ましいですが(憂悶

今回もwowowはバンバン井上戦を押すんでしょうが、
・・・4月のカシメロ戦の時のように、
wowowは月間パンフの表紙にまで井上を起用してたのに結局中止で、
そしてそのパンフだけが今でも哀しく残されてるなんてことに、今回はならないようにただ祈るばかりですが(願悶

宇弓  #LkZag.iM

2020/09/23 編集返信
[ 656083 ]  
尚弥も、ドネア戦はファンの期待外れだった、と認めてるようですが
ドネア戦の前なら、カシメロやモロニーじゃ物足りない、もっと強い
相手とやれ、とい声が大勢だったと思いますが

k  #-

2020/09/23 編集返信
[ 656090 ]  
伊藤三代の延期とかデマ流すのやめてください、宇弓さん。

ちゃんと開催されます。西村大臣からはやれると聞いてます。

エ~サインだよっ  #-

2020/09/23 編集返信
[ 656092 ]  
ドネア戦は期待外れというより、ドネアが予想されてたより強かったからああなった
井上はドネア程、パンチ力や実力を持っていた選手と戦った経験がなかった
井上は過去の対戦相手に、本当の強豪相手と呼べる相手は誰1人いなかった
そもそも今の軽量級なら、実績があって本当の強豪と呼べるのはロマチェンコぐらいしかいない気がする
リゴンドーは流石に年齢的に厳しいだろうから
ドネアも全盛期より実力は当然落ちてたけど、それでも総合力では井上の対戦相手の中では1番あった

名無し  #-

2020/09/23 編集返信
[ 656094 ]  
・・・いや別に私がその話を流してんじゃないんですが(爆

ならちゃんと開催されるんすね?
私はそっちの方がいいんで、
早いとこ発表され、チケット買うのが楽しみですが(楽笑

宇弓  #LkZag.iM

2020/09/23 編集返信
[ 656096 ]  
ドネアはイノウエも人間であることを見せつけた・・・
ドネア戦後にこの手の発言をするボクサーが増えましたよね。
私は対ドネア戦は井上チャンピオンの圧勝だったと感じているので
モロニーも大丈夫かなぁと心配になります。
ドネアは試合後に病院直行でしたよね。
言葉は悪いですが「死ななくて良かった」と思います。
眼窩底骨折は外傷ですが、ドネアは自身の脳のダメージを疑った訳です。
あの試合で壊されたのはドネアだと思っています。
次戦のパフォーマンスが心配なのは寧ろドネアの方ですね。
井上チャンピオンは時折「魅せるボクシング」をしようとして隙を作ります。
心配なのはその隙に大きいパンチをもらわない事だけ。
ラスベガスの一発目が無観客で良かったかもしれません。
観客・歓声を意識する必要は無いのでゆっくり時間を掛けて
モロニーに恐怖を味わわせて欲しいです。基本に忠実に・・・
1年ぶりの試合観戦楽しみです!

ズボラ・ハリー  #-

2020/09/23 編集返信
[ 656097 ]  
フェザー級屈指の強打者だったウォータースですら、ドネアに致命傷という程のダメージは与えれなかった訳ですから
井上では、ドネアに致命傷を与える事は出来ないと個人的には初めから分かっていました

名無し  #-

2020/09/23 編集返信
[ 656127 ]  
ナルバエスに判定勝ちのドネア、2ラウンドまで倒しまくった尚弥。
両選手の直近の試合の充実度。
このあたりから勝負は最初から見えてると思ってたんでは?

勝って当たり前の雰囲気が1番怖い…。
ロドリゲス戦基準にモロニーの実力を見ないこと。

グーチョキパーのように選手どうしの相性がある。
モロニーのパンチは河野は、かなりあったと言ってた。
ブランク明け、防御はいつも以上に気にして欲しいな〜。

プレデター  #-

2020/09/23 編集返信
[ 656134 ]  ドネアがモンスターハンターになると思ってた人('ε'*)ノ
>ドネアは自身の脳のダメージを疑った訳です。

え、、、?マジで、、、?

>あの試合で壊されたのはドネアだと思っています。

そんな事想像してなかったけど、そんな可能性あるのかな、、、😨
ウーバーリ戦もドネア勝ちと思ってるんですが、、、
そっち方向は微塵も心配していなかったので、なんか変な心配になってきた、、、😨😨

>カットマン等のスタッフは向こうが用意した人しか駄目なんじゃなかったでしたっけ、今は。

これも
え?マジで??なんですが、、、

その現地スタッフって、腕は確かな信頼できる人なんでしょうか、、、
んー、、、スタッフの当たり外れとかあったら嫌だなぁ~、、、(。-ω-)

当然カットした所、集中して色々やってくるだろうから、マジで超重要だと思うんだけど、、、😰コラレス臭はまだ消えてない笑

まぁ、担当になったスタッフも多分尚弥陣営、英語いける人居るのかわからないけど、コミュニケーションとるの大変だろうなぁ、、、🤔日本語出来るスタッフならラッキーだけど😃

アメリカにはのチーフセコンドの真吾さん以外は何人行けるんだろう、、、😰

白い羊  #-

2020/09/23 編集返信
[ 656135 ]  
ドネアとやった時のナルバエスの方が若かった
それにドネア戦のナルバエスは、ドネアはバンタム級では実績があり、驚異的に強い事を既に了承済みだった
一方、当時の井上は日本ぐらいしか知名度なく強豪との対戦経験もなく、ライトフライ級からスーパーフライ級に飛び級しての初戦
プロでは8戦?しかしてなかった
ホームばかりといえ、ナルバエスは一応10度以上防衛してた王者
年齢的にも親子程の差
最初からナルバエスが井上を舐めていても可笑しくない
ドネア戦のナルバエスは、倒されない事だけを考えた消極的な戦い方だった
当時のドネアは、モンティエルの頭蓋骨陥没させる程の驚異的なパンチ力がありましたから
後、ナルバエス戦のドネアは減量失敗で本調子じゃなかったという情報もどこかで見かけました

名無し  #-

2020/09/23 編集返信
[ 656137 ]  
何より12Rナルバエスと戦ったドネアから、直接ナルバエス対策を井上に教えていましたし
井上は、ドネアよりはあらゆる面で有利にナルバエス戦を迎えていたと思います

名無し  #-

2020/09/23 編集返信
[ 656149 ]  
試合前の相手の発言は不気味で不安になります。ドネアも井上の弱点を見つけたと言っていたし、ロドリゲスはモロニーの方が強いかもしれない的な発言をしていました。対する井上は優等生発言ばかり。しかしいつも心配を通り越して予想を裏切ってくれました。今回もお願いします。

ササジ  #-

2020/09/23 編集返信
[ 656150 ]  ごちゃごちゃ過去の事情がどうとかってより

単純に井上戦のドネアがバンタム級1回目の若いときのドネアとやれば
十分に勝てる可能性はあると思いますがね。
速いかもしれませんが今の井上より劇的に速くはないし
自分より身長と骨格やサイズが大きい相手とやってない。
自分から手を出して積極的に倒したり防御一辺倒の相手をダウンさせる技術もないし。
今の井上がドネア戦の西岡とやっても5分もかからないでしょう(笑)
あと名無しさんはあくまで喧嘩のようにダメージに拘るんですね(笑)
僕はボクシングはスポーツなので喧嘩として違いダメージがどうだろうとダウンはダウンだと思います。

今のドネア選手と昔のドネア選手は別物で優劣が明確にできるものではないと思いますがね。
全ての選手でそうですが。
リゴ以降で井上戦は間違いなくドネア選手のベストバウトと僕は確信してますが。
たらればのことを延々と書くのは意味ないですが。

モロニー選手はベルトないだけでカシメロ選手とウーバーリー選手より今の井上選手は試されるでしょうね。

パンデュース  #-

2020/09/23 編集返信
[ 656152 ]  
656137
確かにドネアがナルバエスと戦った時と井上が戦った時とは あらゆる面で違いますね
一部の人が言うような、単純に井上はkoした
ドネアは判定だったから〜という理論はおかしいと思いますね

名無し  #-

2020/09/23 編集返信
[ 656154 ]  
ナルバエスが井上を「ドネアより強かった」と発言したからでしょうね
しかし、ナルバエスとドネアは仲が悪いらしくナルバエスの私情込みの発言ではと思います

名無し  #-

2020/09/23 編集返信
[ 656156 ]  なんだか→各スレで
ゴタゴタしてますね┐( ̄ヘ ̄)┌!?

K8augPj6  #K8augPj6

2020/09/23 編集返信
[ 656157 ]  
656154さん
選手のコメは感情的なのが入ってて参考にならん部分もありますね


ゴタゴタとも言えるかもですが盛り上がってていいんじゃないすか

てか名前被ってややこいな
ちなみにこのスレでの僕のコメは656152と、このコメの2つです

名無し  #-

2020/09/23 編集返信
[ 656160 ]  やはり西岡戦のノニートは怪物だった。
西岡はノニートしか見えないとばかり、セニョールに嘆願してWBCの名誉王座を賭けた果たし合いの心意気でノニートにアタックしたが、万策尽きたかのような負け方だった。円熟期の西岡は当時、最強と目されていた清掃員をやっているジャマイカ系イギリス人を完封した試合を診た我々は、ドネアに負けたとしても接戦には持ち込めると信じていたと思う。
あれからとっくにピークを過ぎても第一線に君臨するドネアを基準に置くにはナルバエス、尚弥が共通の対戦相手としても、Battle in Saitamaと賞賛された試合をやれるドネアの地力は計り知れない。考え得るドネアの全てを尚弥が引き出したと言えるかもしれないが。

名無し名人  #-

2020/09/23 編集返信
[ 656161 ]  
名前が被ってややこしいとの事なので
安直ですが2を付けました
井上がドネアの実績より評価されるには、フェザー級でラッセルやドネアに勝ったフランプトンに勝つしかないと思います
ドネアはフェザー級では、強い王者に勝てなかったので

名無し2  #-

2020/09/23 編集返信
[ 656164 ]  
私が長い時間ボクシングを見続けてきて、
判定勝ちで度肝を抜かれたのは、あのドネア戦が初めてでした。初回KOよりもヤバい試合でした。故に判定まで持ち込んだからドネアが善戦したとか、全盛期のドネアなら勝てなかった・・とかの論調に違和感を感じてしまうのです。眼窩底骨折負いながらドネアを圧倒する。そんなボクサーいませんよ。
モロニーでは荷が重いです。
そんな一戦です。

ズボラ・ハリー  #-

2020/09/23 編集返信
[ 656165 ]  
THANKS

名無し  #-

2020/09/23 編集返信
[ 656167 ]  
しかし今日wowowから月間番組表が送られてきましたが、
11月の予定見ても、春のカシメロ戦の猛烈プッシュに比べて、あんま井上戦を推してない感じなのですが・・・・

やはりwowow側も4月にあんなに井上戦を宣伝してたのに、結局中止になってしまったデジャブがちらついてるのでしょうか(イップス笑

・・・いや本当にちゃんと試合が実現するかどうか、前日のウイルス検査まで誰にもわからないという、
・・・・プロ興行として、ひたすらリスキーで厳しい状況だよなあと(斟酌悶

いや日曜のチャーロ兄弟はじめアメリカボク祭りも、
全試合それなりに楽しみなんですが、
・・・果たしてちゃんと全試合つつがなく行われるのだろうかと。
ネリーはウイルス検査以前に計量のスリルもあるし⦅爆

宇弓  #LkZag.iM

2020/09/23 編集返信
[ 656168 ]  
656165は名無し2さんに対してね 細かいけど。

眼窩底骨折はバッティングとかでは無くまともな有効打だからね そこが気になる

名無し  #-

2020/09/23 編集返信
[ 656171 ]  
むしろ眼窩底骨折で考え方次第ではマシだったかと
プロボクサーの中には、負けるぐらいなら大怪我を負っても勝った方がいいと考えている選手が多い
顎にあの左フックが直撃してたら、それで終わってた可能性すらあるかと
WBSSのドネアを振り返ると何か持っていた
1回戦のバーネットは試合中に腰を負傷して試合で負けて、結局それが原因で引退
準決勝のテテは、拳を痛めてトーナメントを棄権
代わりのヤングは確かプロで初のKO負け
決勝の井上も大怪我を負わされる

名無し2  #-

2020/09/23 編集返信
[ 656172 ]  
で、エ~サインさん??
結局11月5日の伊藤と三代は予定通りにやるってことでいいのでしょうか??

何しろ行くんなら、ちゃんと休み取るとかスケジュール開けないとで、
その辺はっきりして頂かないと、こっちもいろいろ準備しないとだし。
チケ代のお金をつもり貯金で貯めたりとか(¥笑

宇弓  #LkZag.iM

2020/09/23 編集返信
[ 656175 ]  
ドネアは今大会持ってましたね
かと言ってバーネットが試合を続けていたら勝ってたり、テテが危険しなけりゃドネアに勝てるとはあまり思いませんが
すんなり2階級さげて適応できたドネアはやはりバンタムが適正だったんだなぁと

名無し  #-

2020/09/23 編集返信
[ 656181 ]  
ドネアはフェザー級からいっきにバンタム級には、落とせないのではという記事も見かけました
確かにもう何年もバンタム級でドネアは試合してませんし、そう考えたられても仕方なかったです
落とせてもかなりの減量苦になる可能性もありえるとか
結局、ドネアの様子からしてそんな事はなかったみたいですけど
ドネアみたいにいっきに2階級落として、普通に試合した選手はそんなにいないですよね
逆の事なら、パッキャオがそれ以上の事をしてますけど

名無し2  #-

2020/09/23 編集返信
[ 656182 ]  
詳しい方にお聞きしたいのですが、
ドネアはリゴンドー戦ではダウンをしていなく、
過去のダウン経験はウォータースと井上戦の2試合のみという事で合ってますでしょうか

とくめい  #-

2020/09/23 編集返信
[ 656184 ]  
確か解説ではウォータース戦を含めて3度目のダウンと言ってた気がします(ウォータースに2度のダウン取られて、2度目はカウントアウト)
気になるのでしたら、井上vsドネアのフル動画を見たらいいと思います

名無し2  #-

2020/09/23 編集返信
[ 656185 ]  
2さん
ええ。バンタムにすんなり落としてwbss初戦から適応できていたという事踏まえて、フェザーでは体格的にも相当頑張っていたでしょうね

リゴは医師に相談したけどバルタムまで落とすのは危険と言われwbs sを断念したそうですが

名無し  #-

2020/09/23 編集返信
[ 656186 ]  
2さん
ええ。バンタムにすんなり落としてwbss初戦から適応できていたという事踏まえて、フェザーでは体格的にも相当頑張っていたでしょうね

リゴは医師に相談したけどバンタムまで落とすのは危険と言われwbs sを断念したそうですが

名無し  #-

2020/09/23 編集返信
[ 656187 ]  
既に優勝した井上選手には酷であり転級への時間も無いかもしれませんが第二回バンタム級WBSSの開催を願います!

井上尚弥、カシメロ、比嘉大吾、ルイスネリ
ウーバーリ、ドネア、リゴンドー、

残りの一枠はガバリョ、ロドリゲス、モロニー、ソリス、ダスマリナス、またはSフライ組に階級を上げて貰いシーサケット、ロマゴン、エストラーダ辺りのビッグネームで

生乾きのエア旅行者  #-

2020/09/23 編集返信
[ 656192 ]  
>確か解説ではウォータース戦を含めて3度目のダウンと言ってた気がします(ウォータースに2度のダウン取られて、2度目はカウントアウト)

名無し2さんありがとうございます。
本当にドネアは打たれ強くタフですねー
井上vsドネアのフル動画をまた観直してみます
(もう軽く10回以上は観ておりますが^^;)

とくめい  #-

2020/09/23 編集返信
[ 656197 ]  
早朝 英国ウシク対チソラ決定(DAZN)
A10時半頃~尚弥対ジェイモロ(エキマ)

kaiスタイガ  #-

2020/09/23 編集返信
[ 656198 ]  
たった3度目のダウンと言っていた実況は海外の局のですね
YouTubeで字幕込みである解説動画で言ってましたね

名無し  #-

2020/09/23 編集返信
[ 656222 ]  尚弥のライトフライ時代。
career自体、フライ級から始めた方がよかったのでは?
その後の田口にとってはよかったのかもしれないが、フライウエイトになってパンチ力が生きて来たので、ライトフライではフラフラになって体重を落してたので、始めからフジテレビで放映されて来たことを考えるとオリンピックに出れなかった分、最初からベストの姿を見せるべきだったかなと。

名無し名人  #-

2020/09/24 編集返信
[ 656223 ]  

尚弥とモロニーの渡米時期と、隔離期間なんですが、モロニーは今月中に渡米。尚弥は試合2週間前に渡米との情報を聞きました。

モロニー、渡米してからもガンガンスパーするとかよんだんですが・・?隔離期間14日間はスパーなどできませんよね??。ほぼ部屋へひとりで隔離、ほかの仲間、他人とは交流できなんじゃ?。そのための隔離ですよね。
隔離解放のあと、試合の為の練習って、できる日にちってあるんでしょうかね??減量の為の練習はできるでしょうが。

尚弥のように試合2週間前まで、日本でみっちり練習して、ほぼ減量もクリアーして渡米とモロニーの試合1ヶ月前ほどに渡米、どちらに勝利はほほえむか?。

米国であちらの選手相手のスパーって、すごいリスクがあるようなきもしてきましたが。試合直前のでコロナ陽性で中止、延期、または相手変更が頻発しているんでね。まったく、当日リングにあがるまで、試合を無事におこなわれるかわからない。が本音。ちがうことで、試合までドキドキ。やれるのかまだ半々の心境ですよ。

トクメイ  #DUR24XiI

2020/09/24 編集返信
[ 656228 ]  
656150のパンデュースさんへ

貴方が返信してる 名無し(現・名無し2) さんと同一人物ではないですが、ボクシングでダメージは非常に大きい要素だよ 喧嘩云々関係無く。
流石に28歳全盛期のドネアに37歳のドネアが勝てる等とは的外れかなと

名無し  #-

2020/09/24 編集返信
[ 656233 ]  
ドネアはアマチュアで76戦もして、たったの5KOなのが驚きです
いくら当て感がアマチュアではなかったとしてもパンチ力は当時からあるはず
ガードの上からでもドネアのパンチ力なら、ダメージを対戦相手に与えれると思うのですが
プロの初期辺りもそんなにKO率は高くなかったですし
プロで試合をしていき、だんだんと倒した方のコツみたいなのを掴んだのでしょうかね

名無し2  #-

2020/09/24 編集返信
[ 656235 ]  
当て感含めパンチ力も普通以上にあるでしょうね
ダルチニャン戦辺りから更にkoに繋がる左が光りだした印象です
モンティエル戦以降 変に過信しすぎでパンチが雑になってた印象もありますが

名無し  #-

2020/09/24 編集返信
[ 656244 ]  
結局 平岡は前座登場となった。
>引退を表明している井上浩樹(28)=大橋=が保持していたWBOアジアパシフィック王座決定戦の予定だったが、対戦相手が見つからず、ラスベガス登場となった。対戦相手は未定。来年はチャンピオンカーニバルでWBOアジアパシフィック王座決定戦に出場する予定。

kaiスタイガ  #-

2020/09/24 編集返信
[ 656246 ]  
ちょっと気が早いけどWBOAP SL級 平岡対TBA戦予想
最新ランク
1 Rikki Naito JPN(OPBF王者)☓
2 Andy Hiraoka JPN
3 Daud Yordan (Oriental)IND◯
4 Eduard Troyanovsky RUS☓
5 Viktor Postol UKR☓
6 Hwang Kil Kim KOR◯
ヨルダンと韓国人、どちらにお断りックスされたのやら。

kaiスタイガ  #-

2020/09/24 編集返信
[ 656248 ]  
おお、ええやん

名無し  #-

2020/09/24 編集返信
[ 656265 ]  モンティエル戦以前以後。
ドネアのあの居合い抜きのようなカミソリカウンターのimageは、世界でも賞賛の的だっただけに本人自身、幾度となく再現を試みたに違いないでしょう。ダルチニアン戦でも見事決まったから余計に狙い撃つんでしょうネ。ウーバリ相手だと12R迄ズルズルと、気が付けばポイント取られているなんて展開も。業界の功労者ドネアはパッキャオと同じくwowow独占で引退まで放映してもらいたい。

名無し名人  #-

2020/09/25 編集返信
[ 656267 ]  
やっぱりドネアは他にないような素晴らしい左を持ってるし(井上戦で尚更感じた)、リゴとかと違ってファンが喜ぶようなプレーを積極的に魅せたいという誠心あったろうね


656246
ヨルダンって名前ややこいな
韓国人は断らなさそうだけど

名無し  #-

2020/09/25 編集返信
[ 656322 ]  
656156さん
ゴタゴタじゃなくて盛り上がりですよ😊

しじみ習慣  #-

2020/09/25 編集返信
なかよくコメント投稿
非公開コメント

  ※「パスワード」入力で、なりすまし防止の識別コードが付きます。
※コメント欄は、多様な意見や感想による交流の場で、適切と思われる投稿をお願いします。管理上、不適切と判断した場合は削除や規制の対応をします。投稿者は、以下を了承したものとします。「投稿内容は投稿者の責任とし、第三者への不利益が発生しても管理者に損害責任を負わせない。管理者に複製、転載、削除等の権限を無制限に与え、迷惑行為、運営方針に反するものは予告なく第三者への記録情報の開示を認める」



※広告掲載できます。

※当日記サイトの掲載記事等すべての著作権は「片岡亮」およびブログ運営者に帰属します。一部あるいは全部を問わず無断での複製、転載、頒布などを禁じます。一部引用においても「必然性」および「主の提示に対して従の範疇と認められる必要最小限とする質量の範囲内」で「不本意な改変をしない」、「出所の明示」が満たされない場合、無断転載と見なします。記事は執筆者個人の主観的な思想、感想、表現の自由に基づいて掲載したもので、内容については事実の保証を完全にするものではありません。掲載情報に法的問題が生じる場合や削除を求める場合は、メールフォームより該当の投稿(日時/URL)、依頼内容および理由をご連絡下さい。(NEWSIDER Tokyo)

CONTACT US

片岡亮(NEWSIDER)

Author:片岡亮(NEWSIDER)
記者チーム「NEWSIDER」主宰、在マレーシア・クアラルンプールのジャーナリスト。事件、芸能、スポーツ、国際情勢、裏社会、オカルトなど取材しながら頻繁に日本と往復しています。

★仕事の相談、情報提供、広告掲載など、お気軽にご連絡ください。 ⇒ CONTACT US (E-MAIL)
ツイッターはこちら

片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」2006年より長期連載中



※記事中の敬称略をご容赦下さい。本ブログの広告からお買い物をされると、掲示商品でなくても数%程度の収益があり、運営費にできます。日々更新に皆様のご協力よろしくお願い致します。(担当/藤堂香貴)

ツイッター
AMAZONオススメ商品

月刊拳論!

月刊マガブロ価格:¥ 120

紹介文:120円で当月発行の「月刊拳論!」と「プロボクシング試合予定」(随時更新のスケジュール+ウワサメモ)が読めます。

興行ビジネスの裏側、最新事情を分かりやすくディープに明かす!

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

BLOG

COMMENTS

<>+-

CATEGORY

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
20位

ボクシングランキング

SEARCH

片岡優香 中古自動車 ホームページの作り方

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/実話ナックルズ/紙の爆弾/サンデー毎日/EX大衆/FLASH/iRONNA/トカナ/現代ビジネス/FRIDAY/産経新聞/週刊大衆/週刊朝日/週刊文春/週刊新潮/テーミス/CIRCUS MAX/日刊サイゾー/週刊現代/東京新聞/読売新聞/東洋経済オンライン/覚醒ナックルズ/アサヒ芸能/実話ドキュメント/週刊ポスト/SPA!/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/婦人公論/不思議ナックルズ/MSNドニッチ/KEITAI BANDITS(バンディッツ)/データマックス/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/J-CAST NEWS/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/LAPOO/スポーツライフ/THE STAR/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana/新生活報(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/バイキング(フジテレビ)/直撃LIVE グッディ!(フジテレビ)/ひるおび(TBS)/スッキリ!(日本テレビ)/サンデー・ジャポン(TBS)/サンデーLIVE!!(テレビ朝日)/新・情報7DAYSニュースキャスター(TBS)/めざましどようび(フジテレビ)/あさチャン!(TBS)、とくダネ!(フジテレビ)、NEWS ZERO(日本テレビ)/グッド!モーニング(テレビ朝日)/news every.(日本テレビ)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ /サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同)