世界3位カンボソス「井上尚弥と戦うジェイソン・モロニーに脱帽」

 IBF世界ライト級挑戦者決定戦に出場が決まっている3位・ジョージ・カンボソスJr.(豪州)が、メディアに「ジェイソン・モロニーには脱帽だ。同じオーストラリア人として応援する」と語っている。カンボソスは4位・リー・セルビー(英国)と対戦予定で、先日、セルビー側のマッチルーム社が27.7万ドルで興行権を落札。10月3日に英国開催となる模様。

Kambososgjr.jpg

「今回、勝てば、ロマチェンコ×ロペスの勝者に挑戦が義務付けられます。ボブ・アラム(プロモーター)さんは僕とロマチェンコの試合なら、オーストラリア開催をしたいと何度も言っていました。ロマチェンコもオーストラリアに来たがっているんです。すべてが揃ってます。ロマチェンコはロペス戦で仕事をすると思います。それだけです。それを妨げるものはないですよ。僕とロマチェンコの試合は、オーストラリアのボクシング史上最大の試合になるでしょうね。パッキャオ×ホーンよりもビッグです。僕はもうオーストラリアで4年間戦っていません(実際は3年)。元世界チャンピオン(ミッキー・ベイ)と戦って、苦労してここまできたんです。全ベルトを賭けた階級最強の選手と戦うために帰国する、それがオーストラリア最大の試合です。世界に衝撃を与えます」

 カンボソスは18勝(10KO)無敗、27歳。パッキャオ出場の18年マレーシア興行で生で見たことがある。戦績の良いフィリピン選手を序盤KOしていた。前回はアメリカで元IBF王者のベイに2-1勝利している。

「ロマチェンコには弱点があります。たくさんあります。パウンド・フォー・パウンドのトップ選手で、最強になるには最強の相手に勝つ必要がありますが、僕はパッキャオと250ラウンドのスパーリングをやっています。サウスポーでロマチェンコより速くて大きく強いです。ロマチェンコが出てきたとき、パッキャオが言ってましたよ。『この男は誰?君はこの男と戦える。勝てるよ』って。僕は自信があります。ロマチェンコ戦をずっとやりたいと思ってきたんです。ただ、敵は目の前にもうひとり、リー・セルビーがいます。僕はこれに集中しています。そこだけに一直線で進んでます」



 そして、同じオーストラリア人選手のジェイソン・モロニーに言及。

「こんなことができるオーストラリアの選手は他にいません。僕が脱帽しなきゃいけない唯一の男、それは井上尚弥と戦うジェイソン・モロニーです。ものすごく大きな決断で、彼を称えるべきです。厳しい試合ですが、同じオーストラリア人を応援しないといけないでしょう。ジェフ・ホーンに勝ったティム・チュー、夢を追い続けるオーストラリアの選手みんなが最高になってほしいですね。オーストラリアのボクシング界を盛り上げるために本当に重要なときです。世界を獲るときが来たんです。僕はセルビーに距離を詰めてKOしますよ」

 世界を狙うトップレベルの選手にとっても、モロニーの井上への挑戦はかなりの勇気がいる決断だと伺える。それだけ井上の世界的評価が高いということだ。(片岡亮)

コメント

コメント(7)  最新コメントへ  
[ 655404 ]  
井上に挑戦するだけで称賛されるというのはいくらなんでも持ち上げ過ぎのような気がします。かつてロイヤル小林がアルゲリョやゴメスに挑戦した時もそこまではなかった。ただ上の階級の有力選手から注目されていることは素晴らしいことだと思います。ガルシアとかロペスからもそうでした。

ササジ  #-

2020/09/16 編集返信
[ 655437 ]  
間違いなく持ち上げられ過ぎですね
井上と過去に戦ったボクサーが、リング禍や後遺症が残る程のダメージを負わされたなんて聞いた事もないですし
挑戦するだけで称賛とかありえない
挑戦するメリットの方が大きいですし
むしろ、井上が眼窩底骨折からの1年のブランク明けの今がチャンスでしょう

名無し  #-

2020/09/16 編集返信
[ 655579 ]  
>井上と過去に戦ったボクサーが、リング禍や後遺症が残る程のダメージを負わされたなんて聞いた事もないですし

ボクシングは喧嘩や暴行ではないですよ。
歴としたスポーツですよ。

パンデュース  #-

2020/09/18 編集返信
[ 655607 ]  
モロニーも世界王者クラスの河野に何もさせずに一蹴してますから、河野戦を基準にすると、けっこういい勝負になるでしょう。
ただ井上は、リスクを負って試合を受けてくれた河野をリスペクトしたのか、強引に潰しに行かないようにも見えました。
ロドリゲス戦みたいに獣になったら。
うーん、ワクワクしますね。

血の滲む努力  #-

2020/09/18 編集返信
[ 655645 ]  
れっきとしたスポーツねぇ
まともなスポーツなら、ルールを罰するとそれ相応のペナルティが課せられるはずです
ドーピングや2度に渡る体重超過をしたネリは今どうですか
メキシコ人だから、今でも普通に試合が組まれてますよね
対するネリの体重超過の被害を受けたロドリゲスは今どうですか
何の違反もしてないのに、未だに試合が組めてないですよね
こんな今のボクシングをれっきとしたスポーツなんて呼べるのですかね

名無し  #-

2020/09/18 編集返信
[ 655648 ]  
ルールを罰するじゃなくて、ルールを違反するの間違いでした

名無し  #-

2020/09/18 編集返信
[ 655808 ]  
こういう評価はかつてのロマゴンに近い存在になりつつあるんでしょうかね。ただ、衝撃KOなら井上ですが、ロマゴンの様なコンビネーション地獄でなく一撃なのでダメージの蓄積は少なくて済みそうな気もしますし、ディフェンス面など穴はありそう。そんな言葉を言えない位、ディフェンスも向上させて盤石で強敵たちを圧倒して欲しい!

ツバメ返し  #-

2020/09/20 編集返信
なかよくコメント投稿
非公開コメント

  ※「パスワード」入力で、なりすまし防止の識別コードが付きます。
※コメント欄は、多様な意見や感想による交流の場で、適切と思われる投稿をお願いします。管理上、不適切と判断した場合は削除や規制の対応をします。投稿者は、以下を了承したものとします。「投稿内容は投稿者の責任とし、第三者への不利益が発生しても管理者に損害責任を負わせない。管理者に複製、転載、削除等の権限を無制限に与え、迷惑行為、運営方針に反するものは予告なく第三者への記録情報の開示を認める」



※広告掲載できます。

※当日記サイトの掲載記事等すべての著作権は「片岡亮」およびブログ運営者に帰属します。一部あるいは全部を問わず無断での複製、転載、頒布などを禁じます。一部引用においても「必然性」および「主の提示に対して従の範疇と認められる必要最小限とする質量の範囲内」で「不本意な改変をしない」、「出所の明示」が満たされない場合、無断転載と見なします。記事は執筆者個人の主観的な思想、感想、表現の自由に基づいて掲載したもので、内容については事実の保証を完全にするものではありません。掲載情報に法的問題が生じる場合や削除を求める場合は、メールフォームより該当の投稿(日時/URL)、依頼内容および理由をご連絡下さい。(NEWSIDER Tokyo)

CONTACT US

片岡亮(NEWSIDER)

Author:片岡亮(NEWSIDER)
記者チーム「NEWSIDER」主宰、在マレーシア・クアラルンプールのジャーナリスト。事件、芸能、スポーツ、国際情勢、裏社会、オカルトなど取材しながら頻繁に日本と往復しています。

★仕事の相談、情報提供、広告掲載など、お気軽にご連絡ください。 ⇒ CONTACT US (E-MAIL)
ツイッターはこちら

片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」2006年より長期連載中



※記事中の敬称略をご容赦下さい。本ブログの広告からお買い物をされると、掲示商品でなくても数%程度の収益があり、運営費にできます。日々更新に皆様のご協力よろしくお願い致します。(担当/藤堂香貴)

ツイッター
AMAZONオススメ商品

月刊拳論!

月刊マガブロ価格:¥ 120

紹介文:120円で当月発行の「月刊拳論!」と「プロボクシング試合予定」(随時更新のスケジュール+ウワサメモ)が読めます。

興行ビジネスの裏側、最新事情を分かりやすくディープに明かす!

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

BLOG

COMMENTS

<>+-

CATEGORY

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
20位

ボクシングランキング

SEARCH

片岡優香 中古自動車 ホームページの作り方

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/実話ナックルズ/紙の爆弾/サンデー毎日/EX大衆/FLASH/iRONNA/トカナ/現代ビジネス/FRIDAY/産経新聞/週刊大衆/週刊朝日/週刊文春/週刊新潮/テーミス/CIRCUS MAX/日刊サイゾー/週刊現代/東京新聞/読売新聞/東洋経済オンライン/覚醒ナックルズ/アサヒ芸能/実話ドキュメント/週刊ポスト/SPA!/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/婦人公論/不思議ナックルズ/MSNドニッチ/KEITAI BANDITS(バンディッツ)/データマックス/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/J-CAST NEWS/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/LAPOO/スポーツライフ/THE STAR/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana/新生活報(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/バイキング(フジテレビ)/直撃LIVE グッディ!(フジテレビ)/ひるおび(TBS)/スッキリ!(日本テレビ)/サンデー・ジャポン(TBS)/サンデーLIVE!!(テレビ朝日)/新・情報7DAYSニュースキャスター(TBS)/めざましどようび(フジテレビ)/あさチャン!(TBS)、とくダネ!(フジテレビ)、NEWS ZERO(日本テレビ)/グッド!モーニング(テレビ朝日)/news every.(日本テレビ)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ /サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同)