2冠王者テイラー、ボディ一発で初回KO!アピヌン悶絶の瞬間

9・26英・ロンドン(ESPN+/BT)※無観客
 ▼WBA&IBF世界Sライト級タイトルマッチ 12回戦
  王者・ジョシュ・テイラー(英国) 1回2分41秒KO IBF1位・アピヌン・コーンソーン(タイ)
 ▼10回戦
  WBCバンタム級3位・チャーリー・エドワーズ(英国) 3-0 カイル・ウィリアムス(英国)
 ▼WBO欧州Sバンタム級タイトルマッチ 10回戦
  イオヌット・バルタ(ルーマニア) 3回1分49秒TKO 王者・デビッド・オリバー・ジョイス(アイルランド) 

TAYLORAPINUNKO1.jpg

TAYLORAPINUNKO2.jpg

 初回、テイラーは相手を誘うジャブでアピヌンの出方を探っていたが、クリンチを離した直後、ロープに詰めての一瞬の左ボディでアピヌン悶絶ダウン、そのままテンカウントで終わった。あまりにあっけない試合。(片岡亮)



 ウィリアムヒルのオッズは、1-10で大差。

taylor.jpg

テイラー 「どの試合も世界戦のつもりでやってきたのは今も変わってない。相手を過小評価することはなく、油断はないです。相手に最高の敬意を持って戦います。アピヌン戦には全力で集中して、最高の試合を見せます。背が高くKO率も僕より少し高い。タフな実力者と戦い抜かないといけない。次の目標を邪魔させないために」

 ただ、プロモーターのボブ・アラム氏は、テイラーの勝利を見越して、「ホセ・ラミレスの4団体統一戦は来年以降になる」とメディアに話している。「米英になるだろうが、観客抜きにはできないから、まずテイラー×ラミレスより優先する試合を先にやる」としている。(片岡亮)

アピヌン 「無観客はアウェーの僕にはその方がいいです。テイラーは強いチャンピオンなので、戦うことを誇りに思っています。僕の計画はKOでテイラーを止めることです」



 テイラー×アピヌンの前座、元WBC世界フライ級王者のエドワーズがバンタム級で出場。15勝(6KO)1敗、昨年8月の2度目の防衛戦でフリオ・セサール・マルチネスに「KO負け王座陥落」が無効試合になった後、王座返上で再戦を拒否。当初は4・18ロンドンでキービン・ララ(井岡一翔に敗北)と対戦予定だったがキャンセルになっていた。相手は11勝(3KO)2敗のウィリアムス。前回10月にイオヌット・バルタに1-2の敗北。そのバルタ(13勝(2KO)2敗)も今回出場、3月に元世界王者TJドヒニーを下して5連勝中。相手は12勝(9KO)1敗の世界12位ジョイス。こちらは前回2月、元世界王者リー・ハスキンスをTKOで下している。(片岡亮)8/29

エドワーズ 「世界王者時代より強くなっている。バンタム級での世界挑戦には時間がかかるでしょうけど、ウィリアムスという良い相手との試合が楽しみ」

 5月2日グラスゴー開催の予定が延期になっていたWBA&IBFスーパーライト級戦、テイラー×アピヌンは9月26日に決定した。場所はロンドンのBTスタジオに変更。この試合は入札で、挑戦者側のサンプソン・ボクシングが132万ドルで、126万ドルだったテイラーのトップランクに勝って落札も、興行を行なうだけの力がなく入札額の1割を支払ったまま権利放棄。トップランクが引き継いで、クイーンズベリー・プロモーションズと共催する。落札額の65%がテイラーのファイトマネーとなるという。
 テイラーは16勝(12KO)、無敗の29歳。ビクトル・ポストルを下すなど4度防衛中のWBCシルバー王者として18年スタートのWBSSトーナメントにエントリーし、WBC6位のライアン・マーティン、IBF王者イワン・バランチェクを連破。昨年10月の決勝でWBAスーパー王者・レジス・プログレイスに判定勝ちした。
 アピヌンはダオヌア・ルワイキングのリングネームを持つ16勝(13KO)、無敗の24歳。17年のIBF環太平洋Sライト級王座決定戦で、日本7位・丸岡裕太に初回KO勝ちするなど連勝を重ね、昨年2月に日本でのIBF挑戦者決定戦で、7位ランカーとして4位・近藤明広に5回KO勝ち。7月の調整試合に勝って以来の試合。(片岡亮)8/25
テイラー 「調整試合を挟みたくなかったので、予定通り指名戦ができるのは最高です。集中力を維持できるからです。ビッグマッチに繋げる重要な試合です。練習も順調、体調が良いです。対戦相手をかなり研究して長所と短所を見てきたので、かなり自信あります」

コメント

コメント(35)  最新コメントへ  
[ 653531 ]  
無事開催なら、
尚弥も人気がある英国で、対ダスマリ戦やっちゃう?笑。

kaiスタイガ  #-

2020/08/25 編集返信
[ 653535 ]  ウルグアイ人プロモーターの力では…
世界戦興行まではやれないスケールのだと痛感します。このコロナ禍において。

名無し名人  #-

2020/08/25 編集返信
[ 653550 ]  
試合自体はテイラーが断然有利かと思いますがセンサク以来のタイ人のSライト級王者誕生がなるかどうかにも注目したい所ですね。

WBC&WBO統一王者ラミレスも今月29日に防衛戦を行う予定ですから両王者が防衛に成功したらやはり4団体統一戦実現を期待したいですね。

B.B  #-

2020/08/25 編集返信
[ 653764 ]  
エドワーズではバンタム級で世界挑戦のチャンスはなかなか来ないと思いますが、スーパーフライを飛ばすのですね。
海外では続々と世界戦が決まり羨ましいです。国内はもうしばらく我慢ですね。とりあえず年末の田中✕井岡を期待します。

ササジ  #-

2020/08/29 編集返信
[ 653854 ]  
ホセラミ、指名試合クリア。
ホントにコンソンが 英国でできるのだろうか?。

kaiスタイガ  #-

2020/08/30 編集返信
[ 655855 ]  
アピヌンが勝てば日本人が挑戦者少なりますから、アピヌンに頑張ってもらいたいところです。
まあ、とはいえ、4団体の世界ランカーを見るとアンディがIBFでかろうじて15位に入っているだけですが。まずは日本人は世界ランクを目指すところからでしょうから、まだまだ長い道のりになりそうですね・・・

光太郎  #-

2020/09/21 編集返信
[ 655954 ]  
アッパーで近藤倒したタイ人か

生乾きのエア旅行者  #-

2020/09/22 編集返信
[ 656082 ]  
これも何気にアメリカボク祭り☆の同日の早朝にやってるんですね。
んまあESPNとはいえ、さすがにエキマもこっちまでは流せないですか⦅爆

しかし近藤に勝ってたあのタイ人って、世界1位指名挑戦者になってたんですね。
・・・・
なら下手すりゃあの時近藤が勝ってたら、今頃テイラーとやるために渡英してたのは近藤だったのかと(If笑


・・・・まあ近藤戦を見る限りこのアピヌンは、パワーはあったけどテク勝負でテーラーに対抗できる感じでもないんで、
中々に厳しいものはあるんでしょうが、
でももし勝っちゃったら、日本ボク界的にも結構楽しいことになりそうなんで、ちょっと頑張ってほしいものですね。

いやマジでアピヌンが勝っちゃったりしたら、井上いとことか速攻で復帰してきそうな気が⦅爆



宇弓  #LkZag.iM

2020/09/23 編集返信
[ 656230 ]  
アヌビンが勝つ可能性は0に近いね

タイ人の戦績は良いけど実力、技術に天と地ほどの差があることをテイラーが証明するだろう

しじみ習慣  #Df18dLdU

2020/09/24 編集返信
[ 656336 ]  
コンソン、
すでに英入国済で計量を残すのみ。
リング誌王座はテイラーが負けた場合空位濃厚。

そうですね、ホセラミは今年中にWBO指名戦を片付けておいた方が後腐れないと。
とりあえずフランチャイズはダメだぞ笑。
なし崩し的に、スーパーのような進化系にするには、ボクレコに記載されるのが先決なのだが。

kaiスタイガ  #-

2020/09/25 編集返信
[ 656339 ]  
アピヌン勝ったらクソ面白いけどな

でも非現実的なので予想は 3~6Rまでのテイラーtkoで

しじみ習慣  #-

2020/09/25 編集返信
[ 656437 ]  
どこかの◯カや「カホゴのWBC子ちゃん」と違って
2人とも計量クリア。
日本より6倍多いコロナ感染者がいる英国、タイ人を招いて一足先に世界戦!
やればできるのか?
潤人「・・・」

kaiスタイガ  #-

2020/09/26 編集返信
[ 656465 ]  
テイラーは見た目好青年だけど、内面はタチ悪い奴

しじみ習慣  #Df18dLdU

2020/09/26 編集返信
[ 656608 ]  
テイラーがボディーブローによる1RKO勝ちで防衛に成功。

やはりこの階級あたりは欧米とアジアの差が一番有る様に感じてしまいますね。

勝ったテイラーはこれでラミレスとの4団体統一戦に臨む事になるのか、実現に期待したいですね。

B.B  #-

2020/09/27 編集返信
[ 656657 ]  
って、
知らん間にアピヌン1Rで負けてんか~~い!!⦅爆

・・・・なんか吉野や佐藤仁徳をボッコ凹にしてた韓国の朴が、
世界戦でアイク・クオーティに、もうシャレにならないくらいにボッコ凹にされてたのを思い出しますが・・・・

やっぱこの辺の世界の壁は厚いですのう(静想

宇弓  #LkZag.iM

2020/09/27 編集返信
[ 656719 ]  
ボクレコで結果見ました。
テイラー、すげえ。
プログレに勝っただけある。
ホセラミもわからないですね。

kaiスタイガ  #-

2020/09/27 編集返信
[ 656730 ]  
エドワ ポイント勝ち、
バルタ 3RTKO勝ち

kaiスタイガ  #-

2020/09/27 編集返信
[ 656735 ]  
おお 探そうと思ったら
もう上がってる、
片岡さん、芸能界も大変でしょうが
頑張ってください。

kaiスタイガ  #-

2020/09/27 編集返信
[ 656742 ]  
タイラーのチェックはいつみても・・・笑。
コンスン、コロナ禍の中お疲れ様。
そろそろ、どこかの国は見習うべきでは?。

kaiスタイガ  #-

2020/09/27 編集返信
[ 656896 ]  
以前の真正や千里馬の興行でよく見られた光景ですね。

ジャム  #-

2020/09/27 編集返信
[ 656906 ]  
アピヌン雑だったかなぁ

日本人とかには通用したけどやっぱ世界の壁は凄い

しじみ習慣  #Df18dLdU

2020/09/27 編集返信
[ 656929 ]  
656657 宇弓
↑それは違う

名無し  #xuZYGPQY

2020/09/27 編集返信
[ 656962 ]  ↑ワロタ 確かに的外れw
[ 656230 ]  
「アピヌンが勝つ可能性は0に近いね
タイ人の戦績は良いけど実力、技術に天と地ほどの差があることをテイラーが証明するだろう しじみ習慣 」

と上記の予想通り 天と地ほどの差がありましたね
大方予想通りで何か嬉しいです
控え目に3~6の間のKOを予想しましたが、やはり実力差はそれ以上でしたね

しじみ習慣  #Df18dLdU

2020/09/28 編集返信
[ 656965 ]  
下馬表通りの結果となったが、ここまで実力差があるとは....日本人選手であれば、アピヌン、ノイナイ選手辺りの実力者と戦えば、かなり拮抗した試合になるので、中量級〜重量級の階級においてはアジア選手と世界の差が大きいことを改めて露呈した結果だと思う。残念ながら、当面はフェザー、ライト、スーパーライトクラスで世界を目指しても、日本人選手によるタイトル獲得は不可能であろう。スーパーフェザー級に期待したい❗️

仙三  #mAxZjF0g

2020/09/28 編集返信
[ 656985 ]  
ノイナイ(清水で株を上げた選手、尾川も大苦戦)が実力者になってる時点でもうそこらの階級で日本人チャンピオンは当分無理そうかな
伊藤も現スーパーフェザーの穴王者に敗れてしまったし。
ヘリングなんて相手が伊藤じゃなければ、チャンピオンになんてなれないような選手
退屈な塩試合でいいように大差判定で敗れたのは今更ながら残念

しじみ習慣  #Df18dLdU

2020/09/28 編集返信
[ 657045 ]  『ラッキーパンチ』
記事の動画が公開停止喰らってたので、BT SPORTS公式動画のリンクを貼っときます。

Full fight: Josh Taylor v Apinun Khongsong
https://www.youtube.com/watch?v=GQEAVjwM-z0

格上の選手が放ったパンチなので、こう言う言い方は間違いでしょうが、
これは『ラッキーパンチ』です。
少なくともテイラーはこのパンチでKOを狙ってはいなかったでしょう。
パンチの打撃音も大したことないし。
たまたまいいタイミングで急所に入ってしまった結果。

アピヌン・コーンソーンは何とか再起して、今回の短時間KO負けが圧倒的な実力差じゃなかった事を証明しなければならんのですが・・・。

タイトル名前  #E6kBkVdo

2020/09/29 編集返信
[ 657046 ]  ↑バ〇
どこがラッキーパンチなんだか笑
右腕が上がった所で意図的にレバーブローが入ってるじゃんか

間違いって自ら言っちゃってるし

いいタイミングで急所に当たる←それがアピヌンのディフェンスの脆さで、WBSSを制覇したテイラーの攻撃の上手さだよ
だから実力差があるんだよ笑

これをラッキーパンチなんて言ってるのリアルに君だけだと思う

残念ながら技術的にも実績的にも天と地ほどの差があって圧倒的な実力差があったよ
それを今回テイラーが証明したってのにそれでもラッキーパンチだの言って認めない人には、それでも分からないんだろうが

しじみ習慣  #Df18dLdU

2020/09/29 編集返信
[ 657056 ]  
偶然にもテイラー、ジャーメルと同じフィニッシュブローでしたが
ホセラミ、テイシェイラ等ライバル達も
気を引き締め研究してくるでしょう。

kaiスタイガ  #-

2020/09/29 編集返信
[ 657065 ]  
ボディブローでラッキーパンチと言い出した人初めて見たわ

しじみ習慣  #Df18dLdU

2020/09/29 編集返信
[ 657131 ]  しじみさんに返信。長いよ。
まずはRing Magazine の記事から抜粋します。
Best I Faced: Mike Tyson
Tuesday, September 29, 2020
https://www.ringtv.com/535770-best-faced-mike-tyson-1/

マイク・タイソンが対戦した相手の中から、各項目のベストの対戦相手を選んだ記事です。

BEST JAB:トニー・タッカー
BEST DEFENSE:ラリー・ホームズ
FASTEST HANDS:トニー・タッブス
FASTEST FEET:ミッチ・グリーン
BEST CHIN:ホセ・リバルタ
SMARTEST:ラリー・ホームズ
STRONGEST:ホセ・リバルタ
BEST PUNCHER:イベンダー・ホリフィールド
BEST BOXER:トニー・タッカー
BEST OVERALL:イベンダー・ホリフィールド

ご存知のようにホリフィールド以外はタイソンが圧勝した相手。
タイソンと対戦時のホームズは何年か試合をしていない半引退状態のロートル。
また多くの対戦相手は試合前の掛け率でもタイソンとは絶望的な差がありました。

そもそも交通事故でもめたミッチグリーンをこの中に入れた事もあって、私はなんじゃこりゃと思ったものです。

勿論、総合力でタイソンが圧倒的勝利を得るのですが、傍で見てると全く良いところなく負けていった相手も、実際に闘った者から見れば全然侮ってはならん相手だったのだなあという事が分かるのです。

WOWOWのインタビューで、現役時代の内山高志は、
一番上手い(やりにくい)相手に、名のある相手でなくハイデル・パーラを挙げていました。
暫定王者のソリスでもバスケスでもなくパーラです。
やっぱりこれもなんじゃこりゃと。

同じく内山高志は、TV東京の試合前の煽りV(だったと思う)で、
「この試合に勝てるなら、死んでもいい。それぐらいの気持ちでやってます」というようなことを言っていました。
話半分・「死んでもいいは」煽りの為のリップサービス(?)半分にせよ、こういう気持ちでファイター達は闘ってるじゃ無いのかと思うと・・・。

要するにプロボクシングというのは、絶対のない世界だという風に思うのですよ。
そして、カマセのように見えても、何か良いところはあるはずだと。
というか、そういう風に見た方がどう考えても面白い。
プロボクシングの試合は、試合前は基本的にどっちが勝つのかわからないと思って見た方が断然面白いに決まってる、と考えるのです。(まあ大体は格上が勝ちますけど)

ボクシングの世界タイトルマッチレベルで、パワーパンチのヒットする割合は概ね4割もいかない。
その中で狙いすましてレバーを打ち抜くなんて、とても考えられない。
人体解剖図を見たらレバー(肝臓)は通常半分以上あばら骨の中に入ってる。
少し体を丸めれば、レバー全部があばら骨の中に入ってしまう。
だからコーンソーンの弱点を見付けて狙い撃ちにした風には見えなかったのです。

それにあの打撃音を聞く限り、そんなにも強いパンチを打たれたようには見えない。
だからコーンソーンが少しでも体を丸めてれば、悶絶KOにはならなかったでしょう。
そしてテイラーは左レバーの次に右のパンチを打ちにいってる。
だから普通に見れば、コンビネ-ショーンの一番最初のパンチが絶妙なKOパンチになってしまった、と見えるのです。

それで、わざわざ鍵括弧付きの『ラッキーパンチ』と書き込んだのですよ。
最初に格上がうんぬんと言ってるように、普通の意味でラッキーパンチとは言ってない。
今にしてみれば、ラッキーなパンチとかハッピーなパンチとか上手いこと決まっちゃったパンチとでもしておけば良かったかも。
まあ全然適切じゃないと思うかもしれませんが。

それから、このKOパンチがこんなにも上手く決まらなくとも、テイラーは高い確率で圧倒的な勝利を収めたでしょう。テイラーが余程のミスをしない限り。
何しろテイラーは1R中コーンソーンのパワーパンチをまるっきりもらっていないのですから。

とはいえ、私は勝った方を持ち上げ過ぎず、負けた方を貶め過ぎず、プロボクシングをそんな風に見ていきたいのです。

タイトル名前  #E6kBkVdo

2020/09/29 編集返信
[ 657137 ]  タイトル名前さんに返信。長いですよ
上記の無駄に長い引用してる情報はただただ少し意外性があるってだけで何の参考にもならないですね

そりゃどの対戦相手でも、アピヌンやプログレイスこの2選手でも天と地ほどの差がありますが勿論、両選手テイラーは侮ってはいませんでした
警戒している ような発言(アピヌン戦)もテイラーはしていましたしね。
それが精神的にも技術的にも実力のある一流のプロボクサーでもある訳ですよ

あとその上記の一部の少し意外性のある引用情報で アピヌンとテイラーに圧倒的な実力差が無いという事にもなりませんよね。

「プロボクシングというのは、絶対のない世界だという風に思うのですよ。」

当たり前ですよ。それはどのスポーツでもそうです笑

アピヌンは明らかに噛ませ扱いですが、ko率も高く無敗の危ない相手だと言うことも僕自身思ってましたし、テイラーもそう言ってましたよ。
それで実力差がそこまで無い とは勿論なりませんがね。

レバーは弱点なのでパワーパンチ出なかろうが当たれば効きますよ

「その中で狙いすましてレバーを打ち抜くなんてありえない」
↑試合見ましたか?実際レバーにクリーンヒットしてアピヌンが倒れましたよね笑
第一左ボディ自体大まか相手のレバーを狙うパンチですよね?

そのテイラーのパンチがパワーパンチであろうが無かろうがレバーにクリーンヒットしたのが残念ながら事実です。

「コーンソンの弱点が〜」とかじゃなくて右腹(レバーのある位置)はボクシングでは弱点と言うのが一般的ですよ

打撃音が〜 と言われましても打撃音は実際聞こえましたし、それでパワーがない〜 となれば主観でしかならないので何度主張しても無意味かと

「コーンソーンが少しでも体を丸めてれば、悶絶KOにはならなかった」

これはただの現実に無い妄想ですし主張しても話が進みませんよ。
あとそのテイラーの攻撃を上手く対応出来ていないアピヌンだったからこそ、序盤にkoされて予想通り実力差も大いにあるという結果になったんでしょう?(テイラーのスキをつく上手さ、アピヌンのディフェンスの雑さ)

「コンビネ-ショーンの一番最初のパンチが絶妙なKOパンチになってしまった」

それを主張しても尚更 より実力差があったから、としかなりませんよ
何度も言いますが、それがアピヌンのディフェンスの雑さ、テイラーの攻撃のスキをつく上手さ。これが全てです。

簡単に説明しましょう
アピヌンが右腕を上げた→テイラーが左ボディで見事にレバー直撃→アピヌン簡単に倒れる
これがラッキーパンチなんて要素どこにも無いですよ

「上手いこと決まっちゃったパンチ」

こんな事を今になって訂正して言い出せばどのkoパンチもその定義になりますよ笑
どのkoパンチも上手くパンチが決まったからこそのko
これが当たり前の事ですよ

適切じゃないだの、間違いだの自ら仰ってますが、僕自身もこのテイラーのkoを「ラッキーパンチ」とするのは上記で説明した通り的外れと思います。

「とはいえ、私は勝った方を持ち上げ過ぎず、負けた方を貶め過ぎず、プロボクシングをそんな風に見ていきたいのです。」

それが657045で貴方が「圧倒的な実力差じゃない」と言った理由の考え方ですよ

誰もテイラーを持ち上げ過ぎてもアピヌン貶めすぎてもいませんよ。実際テイラーは今まで無敗でWBSSを制覇したスーパーライト最強のチャンピオンなんですから。

一方アピヌンは劣化しきった近藤を接戦ながら何とか倒しただけの選手です(テイラーと相対的に見てしまえば)

結果(1Rko)で現れてる通りこの両選手には、実績を見ても実際の結果を見ても圧倒的な実力差があったという結論にしかならないです。






しじみ習慣  #Df18dLdU

2020/09/29 編集返信
[ 657139 ]  
 格闘技では基本、ラッキーパンチの被弾確率はゼロにはできないですからね。技術の計算でどうにもならない部分がありますね。特に打撃競技はその率が高くなって、実力差で劣っても番狂わせの起こる確率が組み合わせによって高まったり。だからできるだけミスしない戦略も生まれますよね。

 正直、アピヌンはムエタイスタイルからくる構え、動きが抜けてなくて、もう少し修正してくるものだと思ってました。井岡に勝ったアムナットみたいにそれが良い方に出る時もありますけど、テイラーみたいな器用な選手にはそう楽に通用しないですね。クロスでもうまく折り畳んだ右ショートボディとか連打中に打ったり、ああいうのはそう簡単に防御できないでしょう。

★ 片岡亮 (NEWSIDER)  #-

2020/09/29 編集返信
[ 657141 ]  
アピヌンがテイラーをkoしてラッキーパンチとなれば内容によって分かりますが、テイラーのこのボディkoでラッキーパンチ扱いとなるとね・・・

アピヌンは攻撃でも雑さがありますが(良く言えば思い切りが良い)、ディフェンス面で良くない雑な部分が出てしまいましたね

そりゃテイラーは逃さないでしょう
同じ無敗でもこれまで戦ってきたレベルの次元も違が違いましたね

しじみ習慣  #Df18dLdU

2020/09/30 編集返信
[ 657203 ]  しじみ習慣様へ
大変に申し訳ございませんでした。

今思えばなぜあのような投稿をしたのか、自分でもわからないのですが、私が間違っておりました。

私の投稿でご不快な思いをさせてしまいましたしたことも、重ねてお詫び申し上げます。


重ね重ね、申し訳ございませんでした。

タイトル名前  #E6kBkVdo

2020/10/01 編集返信
[ 657204 ]  タイトル名前様へ
様って つけられると何かネタみたいw

そんなわざわざ謝罪をする必要なんて無いですよ

人それぞれ個人の価値観もありますし、別に不快と感じる程の書き込みでも無いですし どうかお気になさらず

しじみ習慣  #Df18dLdU

2020/10/01 編集返信
なかよくコメント投稿
非公開コメント

  ※「パスワード」入力で、なりすまし防止の識別コードが付きます。
※コメント欄は、多様な意見や感想による交流の場で、適切と思われる投稿をお願いします。管理上、不適切と判断した場合は削除や規制の対応をします。投稿者は、以下を了承したものとします。「投稿内容は投稿者の責任とし、第三者への不利益が発生しても管理者に損害責任を負わせない。管理者に複製、転載、削除等の権限を無制限に与え、迷惑行為、運営方針に反するものは予告なく第三者への記録情報の開示を認める」



※広告掲載できます。

※当日記サイトの掲載記事等すべての著作権は「片岡亮」およびブログ運営者に帰属します。一部あるいは全部を問わず無断での複製、転載、頒布などを禁じます。一部引用においても「必然性」および「主の提示に対して従の範疇と認められる必要最小限とする質量の範囲内」で「不本意な改変をしない」、「出所の明示」が満たされない場合、無断転載と見なします。記事は執筆者個人の主観的な思想、感想、表現の自由に基づいて掲載したもので、内容については事実の保証を完全にするものではありません。掲載情報に法的問題が生じる場合や削除を求める場合は、メールフォームより該当の投稿(日時/URL)、依頼内容および理由をご連絡下さい。(NEWSIDER Tokyo)

CONTACT US

片岡亮(NEWSIDER)

Author:片岡亮(NEWSIDER)
記者チーム「NEWSIDER」主宰、在マレーシア・クアラルンプールのジャーナリスト。事件、芸能、スポーツ、国際情勢、裏社会、オカルトなど取材しながら頻繁に日本と往復しています。

★仕事の相談、情報提供、広告掲載など、お気軽にご連絡ください。 ⇒ CONTACT US (E-MAIL)
ツイッターはこちら

片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」2006年より長期連載中



※記事中の敬称略をご容赦下さい。本ブログの広告からお買い物をされると、掲示商品でなくても数%程度の収益があり、運営費にできます。日々更新に皆様のご協力よろしくお願い致します。(担当/藤堂香貴)

ツイッター
AMAZONオススメ商品

月刊拳論!

月刊マガブロ価格:¥ 120

紹介文:120円で当月発行の「月刊拳論!」と「プロボクシング試合予定」(随時更新のスケジュール+ウワサメモ)が読めます。

興行ビジネスの裏側、最新事情を分かりやすくディープに明かす!

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

BLOG

COMMENTS

<>+-

CATEGORY

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
20位

ボクシングランキング

SEARCH

片岡優香 中古自動車 ホームページの作り方

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/実話ナックルズ/紙の爆弾/サンデー毎日/EX大衆/FLASH/iRONNA/トカナ/現代ビジネス/FRIDAY/産経新聞/週刊大衆/週刊朝日/週刊文春/週刊新潮/テーミス/CIRCUS MAX/日刊サイゾー/週刊現代/東京新聞/読売新聞/東洋経済オンライン/覚醒ナックルズ/アサヒ芸能/実話ドキュメント/週刊ポスト/SPA!/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/婦人公論/不思議ナックルズ/MSNドニッチ/KEITAI BANDITS(バンディッツ)/データマックス/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/J-CAST NEWS/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/LAPOO/スポーツライフ/THE STAR/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana/新生活報(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/バイキング(フジテレビ)/直撃LIVE グッディ!(フジテレビ)/ひるおび(TBS)/スッキリ!(日本テレビ)/サンデー・ジャポン(TBS)/サンデーLIVE!!(テレビ朝日)/新・情報7DAYSニュースキャスター(TBS)/めざましどようび(フジテレビ)/あさチャン!(TBS)、とくダネ!(フジテレビ)、NEWS ZERO(日本テレビ)/グッド!モーニング(テレビ朝日)/news every.(日本テレビ)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ /サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同)