【猫論】マレーシア経済活動再開!ペットショップも開いて「金缶」を

 マレーシアでは5月4日から活動制限令が緩和され、限定的に経済活動が許された。条件付きの活動制限令はCMCOの略称で呼ばれる。窓から見える道路、車の数が明らかに増えた。ただ、僕自身はすぐに出歩いたわけではない。長い引きこもり生活に慣れてしまい、まだ感染リスクのある外に出ても伸び伸びと歩きまわる気にもならないし、そもそも州を越えての遠出もできないなら、隣のショッピングモールへ行くぐらいしか用がない。お気に入りのインド人街はクラスター発生で封鎖中で、まだ不安の方が大きい。高齢者ではないから、もし感染しても死には至らないんじゃないかとは思っているが、異国の地では病気になることは避けたい。バスのつり革など触る度に気になるから、パンデミック以前から手洗いはやっていたし、50枚入りのマスクも自宅にあったのは日本人の感覚だからかもしれないが、マレー人の友人に聞いても、「まだ出ない方がいいよね」と同感だった。今回の解除は多くの人々にとっては水中から水面に出られたような気分のはずだが、感染不安は根強い。店舗などでは、「もしウチから感染者が出たら大変だから、まだ開けられない」との声も多々。日本より感染状況が軽くても、だ。

52854.jpg
 ※眠くなると目が不揃いになり、テレビ視聴を邪魔するもぐもぐ

 当初の制限期限12日を待たずして緩和されたのは、ここにきて経済活動を1日でも早く再開しないと厳しくなってきたからで、高級ホテルやハードロックカフェの倒産、経済シンクタンクの失業者数予測(240万人!)もあって感染以上の危機感が生まれているのは日本と同じだが、この緩和には一部で反対の署名運動が起き、13州うち、ペナンやサラワクなど6州がCMCOの拒否姿勢を見せてもいる。国と州の軋轢自体はどこでもあることで、立場が違うのだから当たり前。僕の住んでいるセランゴール州は、変更を加えた独自のCMCOを実施するとのことだった。首都クアラルンプールは地理的には同じセランゴール州内にあるが、特別行政区のために別。だからクアラルンプールで「この業種は夜10時まで」とされていても、周辺のセランゴール州では違う可能性があって、ちょっとややこしい。例えれば東京で23区だけ別の扱いにするようなもので、千葉県や埼玉県に住んでいて東京に通う人は、自宅と勤務地でルールが違うということになってしまう感じ。バスで2時間ぐらい南下したマラッカでは、製造業だけ24時間操業が可能で、こっちで認められていない屋台営業も許可されたという話だ。

P_20200507_152152.jpg
 ※近所の寿司店はまだ休業中

 ウイルス不安を二の次だと言いきれないジレンマ。日本よりずっとシンプルにロックダウンや給付をできていたマレーシアでも、何が一番正しいかは分からない。そんな中、前首相のマハティール氏は、選挙を経ていない現首相ムヒディンが、「議員の過半数からの支持がない」として不信任投票を求めている。この難局で「自分に舵取りをさせてくれ」というのは、マレーシア国民の目にどう映るだろう。日本では目立ちたがり屋の文化人が、ワイドショーやメディアで極論を叫んでいるが、彼らには責任がなく、叫べば叫ぶほどファンや支持者を増やし、商売の種になるから確信犯でやっている、最も無責任な連中だ。人々のストレスを利用し、怒りの矛先を作るビジネスモデルは、アメリカでも低所得者層の多い地域で見られる。言論は自由だが、日本が不幸なのは、大手メディアまでがそれを売りにしてショーにしてしまっていることで、人々があてにする必要のない主張に振り回される。マスク不足に冷静になれなかった結果、布マスク2枚配布なんて愚策に繋がったのは滑稽だ。



 本当に成すべきことは何か。「全員検査しろ!」とか「高齢者しか死なないから経済まわせ!」とか、実現に無理ある極論をさも簡単にできるように言うが、やれないのを知って言ってるから彼らは政治家にはならない。ボクシングで「無観客でもやれよ」と言うのは簡単だが、やるまでにたくさん課題があるのと同じ。簡単にやれるならプロモーターになればいい。各国の英語報道を見ている分には、そういうパニック演出ショーはないから、僕はそっちを見ている。難しい問題なのだから、ヒステリーを起こさず、冷静に意見を交わし合える場に信頼を置きたい。8日からはマレーシア入国管理局が業務を再開したが、僕が日本と行き来できるようになるまでは、まだ時間がかかりそうだ。僕だってストレスがないわけじゃないが、これはユニークな経験をしていると思うしかない。

P_20200507_154221.jpg
 ※店内へ入るときの記名と検温義務

 外に出ると、南国生活に付き物だった屋台の姿もないから、以前の活気を感じられない。午後、モールに入ると、名前、電話番号の記入が義務付けられていた。検温して中へ。まだ平日だからかモール内は人が多くないし、行列もなかった(人気のAEONモールでは30分ぐらい並んだという話だが)。ロックダウン後は階段状態だったエスカレーターが動いている。

P_20200507_152124.jpg
 ※人はまだ多くない

 以前は開いていなかった店がオープンしていた。ホームセンター、衣類、メガネ、処方箋を扱っていないタイプのファーマシー、スポーツショップ、携帯電話関係、ダイソー。全体の半数ぐらいが開いている感じで、おそらくは申請の通った店が再開できたという感じだろう。残念だったのは、ときどき覗いていたCD&DVDショップが撤退していたこと。そういうのも出てくるのは当然だ。ちょっと寂しい。

P_20200507_154049.jpg
 ※携帯ショップ、開いてはいるが客はいない

P_20200501_143635.jpg
 ※マスクは店頭で買える。50枚入り48リンギ(1200円)

P_20200507_152319.jpg
 ※ダイソーも開いた。記名に並んでいる人もこの程度

P_20200501_141635.jpg
 ※激辛カップラーメンの横に、「おいしい」スナック発見(笑)

P_20200507_154113.jpg
 ※娯楽施設は不許可。シャッターの降りたゲームセンター内を取材撮影

 幸いペットショップが開いていて、通販以外で久々に仕入れ。個別の店に入るときも名前と電話番号は記入、検温。ちょっと面倒だ。棚には日本製も少しだけ売っていて、よく見る「金缶」は今回なぜか「15歳からの」があって購入。マレーシアでは初めて見た。もぐもぐはギリギリ15歳だが、高齢猫のやつは柔らかくなっているものが多く、喉が細い彼は食べやすい。金缶は「濃厚とろみ」がベスト(あくまで金缶では)なのだが、これは日本に帰るまで少ない自宅在庫を放出、あと2缶。そこでマレーシアで手に入りやすいヨーロッパやオーストラリア産の猫エサも与える。

P_20200507_152810.jpg
 ※かわいくて買いそうになるやつ

 僕がいろいろな種類を試すせいか、もぐもぐは好物であっても連続すると食いつきが悪くなる贅沢者だ。これはミッくんとひめたんも同じだった。新製品や久々の味だとよく食べる。2日連続でカレーライスはイヤ、みたいなものか。若いココとナッツはそこまでグルメじゃないから、ミッくんやひめたんがいた頃に比べて、新製品の与えがいがちょっと減ったともいえる。

1588687366450.jpg
 ※ワガママ野郎もぐもぐ

 それにしても、もぐもぐは僕の育て方が悪かったか、ワガママ。眠たくなると、泣いてぐずりだす。抱いてベッドに寝かせることもある。まるで幼児だ。僕が食事するときは、キッチンテーブルのイスを一人分、もぐもぐのために引き出さないと泣き続けるし、仕事中に、抱っこ!をせがんで邪魔することも多々(ヒザの上で寝させるのはダメだから仕事ができなくなる)。それだけコミュニケーションが取れる猫でもあるということ。彼は猫に育てられてないから、自分を猫だと思ってはいない。まあでも、こうして手がかかるのは、上2匹がいなくなったいま、少なくなった猫との貴重なやり取りでもある。最近、ココが以前より近づいてベタベタするようになった。ナッツはいかにも「弟キャラ」の行動でよく笑わせてくれる。結局、活動制限令がどうあれ、僕の生活は猫が中心だ。ウイルスを認知しない世界がそばにあるのはありがたい。(片岡亮)

52855.jpg
 ※兄貴もぐもぐの後ばかり付いていく弟キャラのナッツ

超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100のメソッド

コメント

コメント(8)  最新コメントへ  
[ 645916 ]  No title
コロナの影響で在宅することが多いからか、猫や犬を飼う人が増えているとか。責任持って飼ってくれたらいいな。

七瀬  #-

2020/05/10 編集返信
[ 645917 ]  No title
コロナも飽きてきたか、徐々に報道番組の放送に変化が見られてる気もします。コロナ一色だったのが別情報も出てきて、もう引っ張れなくなってきたかな。

人種ダイナミクス検証  #-

2020/05/10 編集返信
[ 645918 ]  No title
バイト先を解雇されてフードを稼ぐ為に必死です。
私の食べる米より猫さまのカリカリの方が高いのナゼか🤔

ねこみ  #-

2020/05/10 編集返信
[ 645920 ]  No title
猫の上に猫を作らず、猫の下に猫を作らず。

肉球党「猫の生活が第一」  #-

2020/05/10 編集返信
[ 645921 ]  No title
この災難に人々は何かを犠牲にしなければなりませんよね。

猫が痛みを和らげてくれます。

直線一気  #-

2020/05/10 編集返信
[ 645942 ]  
かっぱえびせんのオイシ、塩気が強くて美味しいですね。
弟のベトナム土産で、楽しく食べました。

非A  #GxAO5jdM

2020/05/10 編集返信
[ 645966 ]  
片岡さんのところの猫ちゃんらは本当に幸せそう☺️♥️
もぐもぐちゃんの寝姿😊
こちらまで気持ちが安らぎます♥️

みー(=^ェ^=)  #ZzYKuueA

2020/05/10 編集返信
[ 645974 ]  No title
 ありがとうございます。ワガママ猫でも寝姿を見ると、甘やかせ路線のままになってしまいます。

 非Aさん、レアなもの召しあがってましたね(笑 PEDASとあるので辛口のようです。

★片岡亮 (NEWSIDER)  #-

2020/05/10 編集返信
なかよくコメント投稿
非公開コメント

  ※「パスワード」入力で、なりすまし防止の識別コードが付きます。
※「名前」の入力をお願いします。無記名は無差別に削除することがあります。
※コメント欄は、多様な意見や感想による交流の場で、適切と思われる投稿をお願いします。管理上、不適切と判断した場合は削除や規制の対応をします。投稿者は、以下を了承したものとします。「投稿内容は投稿者の責任とし、第三者への不利益が発生しても管理者に損害責任を負わせない。管理者に複製、転載、削除等の権限を無制限に与え、迷惑行為、運営方針に反するものは予告なく第三者への記録情報の開示を認める」



※広告掲載できます。

※当日記サイトの掲載記事等すべての著作権は「片岡亮」およびブログ運営者に帰属します。改正著作権法(有罪なら2年以下の懲役か200万円以下の罰金)により、一部あるいは全部を問わず無断での複製、転載、頒布などを禁じます。一部引用においても「必然性」および「主の提示に対して従の範疇と認められる必要最小限とする質量の範囲内」で「不本意な改変をしない」、「出所の明示」が満たされない場合、無断転載と見なします。記事は執筆者個人の主観的な思想、感想、表現の自由に基づいて掲載したもので、内容については事実の保証を完全にするものではありません。掲載情報に法的問題が生じる場合や削除を求める場合は、メールフォームより該当の投稿(日時/URL)、依頼内容および理由をご連絡下さい。(NEWSIDER Tokyo)

CONTACT US

片岡亮/NEWSIDER

Author:片岡亮/NEWSIDER
記者チーム「NEWSIDER」主宰、在マレーシア・クアラルンプールのジャーナリスト。事件、芸能、スポーツ、国際情勢、裏社会、オカルトなど取材しながら頻繁に日本と往復しています。

★仕事の相談、情報提供、広告掲載など、お気軽にご連絡ください。 ⇒ CONTACT US (E-MAIL)
ツイッターはこちら

片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」2006年より長期連載中



※記事中の敬称略をご容赦下さい。本ブログの広告からお買い物をされると、掲示商品でなくても数%程度の収益があり、運営費にできます。日々更新に皆様のご協力よろしくお願い致します。(担当/藤堂香貴)

ツイッター
AMAZONオススメ商品

限定版(月刊拳論!)

月刊マガブロ価格:¥ 120

紹介文:120円で当月発行の「月刊拳論!」と「プロボクシング試合予定」(随時更新のスケジュール+ウワサメモ)が読めます。

興行ビジネスの裏側、最新事情を分かりやすくディープに明かす!

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

RECENT POSTS

COMMENTS

<>+-

CATEGORIES

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
17位

ボクシングランキング

SEARCH

片岡優香 中古自動車 ホームページの作り方

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/実話ナックルズ/紙の爆弾/サンデー毎日/EX大衆/FLASH/iRONNA/トカナ/現代ビジネス/FRIDAY/産経新聞/週刊大衆/週刊朝日/週刊文春/週刊新潮/テーミス/CIRCUS MAX/日刊サイゾー/週刊現代/東京新聞/読売新聞/東洋経済オンライン/覚醒ナックルズ/アサヒ芸能/実話ドキュメント/週刊ポスト/SPA!/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/婦人公論/不思議ナックルズ/MSNドニッチ/KEITAI BANDITS(バンディッツ)/データマックス/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/J-CAST NEWS/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/LAPOO/スポーツライフ/THE STAR/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana/新生活報(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/バイキング(フジテレビ)/直撃LIVE グッディ!(フジテレビ)/ひるおび(TBS)/スッキリ!(日本テレビ)/サンデー・ジャポン(TBS)/サンデーLIVE!!(テレビ朝日)/新・情報7DAYSニュースキャスター(TBS)/めざましどようび(フジテレビ)/あさチャン!(TBS)、とくダネ!(フジテレビ)、NEWS ZERO(日本テレビ)/グッド!モーニング(テレビ朝日)/news every.(日本テレビ)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ /サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同)