無観客で強行のUFC249、ボブ・アラムが批判!◆新型コロナウイルス問題

 UFCは新型コロナウイルスの問題で一部スケジュールを中止しているが、4月19日にニューヨークで開催予定だった主要大会の「UFC249」は場所を変更して、無観客開催を宣言している。ただ、これには批判もあり、ボクシングの大物プロモーター、ボブ・アラム氏もメディアで強く批判している。

BOBARUMinter.jpg

 UFCは世界的な放送ネットワークを持っていることから当初、多くの大会を無観客で行なう方針を取っていたが、ロンドンや、米・コロンバス、米・ポートランドの3大会を延期せざるをえなくなった。「UFC249」も、ニューヨークが3月13日に出した「500人以上の集会禁止」を受けて延期されると思われていたが、UFCのダナ・ホワイト社長は24日、「代わりの会場はおさえた」として無観客試合を宣言。その場所は明かさず、「UFC249の後はイベントを完全再開する予定、ラスベガスでもやるし、これからヌルマゴメドフとマクレガーの再戦が最大の試合」とも言っていた。ただ、メインに予定していたライト級タイトルマッチは、コナー・マクレガーを下しているライト級王者・ハビブ・ヌルマゴメドフ(ロシア)の入出国が難しく、変更される見通しだ。

 アラム氏はこれに対して、「何をやっているんだろうね。人々が亡くなっているというのに」と批判。
「背景にあるのは何? ロシア人の選手がロシアから出られないのに、なぜ4月にやらなきゃいけないのか。なぜそこにこだわるのか、私が知らない経済的な理由とか何かないとやらないよ。これはUFCのためにはならない。みんなが対処しなきゃいけない大きな問題を抱えている中で、自分で笑いものになっている。人々が死にかけ、失業したり仕事が大変なことになったりしているのに、やる理由は何?テレビのスタッフや関係者をみんなウイルスに晒すことになる。何か魔法でもあるのか」

 UFC側もやるならやるで、その中身を具体的に示す義務はあるだろうが、ただし日頃からホワイト社長は、ボクシングのプロモーターに挑発的な発言をすることが多く、ボクシングにも強気の参入宣言を繰り返していることから、もともとアラム氏のUFCに対する嫌悪感がありそうではある。「ダナはUFCの優れたプロモーターですが、(MMA業界の)独占企業です。ああいう独り勝ちの者がボクシングのようなスポーツに参加することは簡単ではないですよ。参入の障壁はほとんどないですが、モハメドアリ法もあるのでUFCのような独占禁止法違反みたいなことはやれない」とも言っている。

 ちなみにアラム氏は、ニューヨークの連邦検事局勤務からの転身で、66年にモハメド・アリの試合からプロモート業に転じ、2000以上の試合を組み、655の世界戦を行なってきた88歳。メディア向けサービストークも冴えていて、いまだそのエネルギーは衰えない。(片岡亮)
  • コメント 5

コメント

  【投稿】(最新コメントへ移動)

アラム自身が井上の試合などを無観客でやるつもりだったのに、そんな人がどんなにUFCを批判しても説得力が全く感じられない。

  • [641752]  2020.04.01
  •  カリメロ #-

そうは言ってもアラムは1ヶ月以上前に中止を決めましたからね
「日本ではコロナは収まり始めているから井上×カシメロは日本でやれ」なんて言っている精神異常者もいることを考えたらマトモな方でしょう

  • [641754]  2020.04.01
  •  とみぃ #GtmnrA2Y

88歳なんて、もう棺桶に片足突っ込んでいるのが大半だよ?まぁ、fabulous fourの総当たり戦はとにかく愉しませてもらったけど。

  • [641755]  2020.04.01
  •  名無し名人 #-

No title

最近ドンキンPが姿を表しません
2人が去っても 当分は
TR PBC GBPの3強でしょうが

  • [641756]  2020.04.01
  •  kaiスタイガ #-

No title

こんな事言っといてUFCがうまく行ったら絶対にすく真似して興行やりそう

  • [641775]  2020.04.02
  •  対しん #-

コメントの投稿

非公開

なかよくする

 意見交換は相手を打ち負かすためでなく、より良い意見を生むためです。ご協力に感謝します。
※コメント投稿者は、以下のガイドラインを了承したものとします。「投稿内容は投稿者の責任とし、第三者への不利益が発生しても損害を管理者に責任を負わせません。投稿に関しては管理者に予告なく複製、転載、削除等の権限を無制限に与え、迷惑行為、運営方針に反するものは予告なく削除、記録開示、警察への通報を認めます」

チケットぴあ
↑観戦チケットはこちら
楽天チケット



チーズ/片岡優香

楽天西友ネットスーパー

 この場所に広告掲載できます ⇒ お問い合わせ

CONTACT US

RYO KATAOKA(NEWSIDER)

Author:RYO KATAOKA(NEWSIDER)

記者チーム「NEWSIDER」主宰、在マレーシア・クアラルンプールのジャーナリスト。事件、芸能、スポーツ、国際情勢、裏社会、オカルトなど取材しながら頻繁に日本と往復しています。

★仕事の相談、情報提供、広告掲載など、お気軽にご連絡ください。 ⇒ CONTACT US (E-MAIL)
ツイッターはこちら

チケットぴあ
ボクシングチケット購入

片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」2006年より長期連載中






※記事中の敬称略をご容赦下さい※コメント投稿は「パスワード」入力で、なりすまし防止の識別コードが付きます。※本ブログの広告からお買い物をされると、掲示商品でなくても数%程度の収益があります。日々更新に皆様のご協力よろしくお願い致します。(担当/藤堂香貴)

BLOG

CATEGORY

SEARCH

COMMENTS

<>+-

LINK

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
17位
[サブジャンルランキング]
格闘技
1位
アクセスランキングを見る>>

Other RANKINGS

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/実話ナックルズ/紙の爆弾/サンデー毎日/EX大衆/FLASH/iRONNA/東洋経済オンライン/覚醒ナックルズ/FRIDAY/産経新聞/週刊大衆/週刊朝日/週刊文春/週刊新潮/アサヒ芸能/テーミス/CIRCUS MAX/日刊サイゾー/週刊現代/東京新聞/読売新聞/覚醒ナックルズ/実話ドキュメント/週刊ポスト/SPA!/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/婦人公論/不思議ナックルズ/MSNドニッチ/KEITAI BANDITS(バンディッツ)/データマックス/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/J-CAST NEWS/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/LAPOO/スポーツライフ/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/バイキング(フジテレビ)/直撃LIVE グッディ!(フジテレビ)/ひるおび(TBS)/スッキリ!(日本テレビ)/サンデー・ジャポン(TBS)/サンデーLIVE!!(テレビ朝日)/新・情報7DAYSニュースキャスター(TBS)/めざましどようび(フジテレビ)/あさチャン!(TBS)、とくダネ!(フジテレビ)、NEWS ZERO(日本テレビ)/グッド!モーニング(テレビ朝日)/news every.(日本テレビ)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ /サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同) 価格.com自動車保険 比較・見積もり