【猫論】マレーシア都市封鎖から2週間を過ごしてみた!逮捕者続出で規制追加

 マレーシアで「都市封鎖・外出制限」が発令されたのは、僕がインドネシアから戻った翌週の3月16日だった。就任したばかりの新首相が「18日から」と発令。当時、世界の感染者数はまだ16万人ほどだったが、マレーシアではモスクでの礼拝による集団感染が出て、通算553人となって危機感が一気に高まったからだ。

MalaysiaCORONA330.jpg
 マレーシア感染状況

 いまや世界80万人が感染、中国の発表がまったく信用ならないから最近では海外メディアが中国抜きの数字を書くようにもなっている。もしかしたら、とっくに100万人を超えているかもしれない。マレーシアは今朝時点で2766人が感染、昨日より140増えた。回復は537人(前日より58増)、死者43人(前日6増)だ。僕の住むセランゴール州は704人の感染者数で最多、死者は4人でトップではないが、一部でレッドゾーンとして警戒エリアも指定されている。僕は日本への帰国予定をずっと延期中で、猫たちと暮らしているから、マレーシアに戻ることができなくなるリスクは絶対回避しなければならない。日本での仕事は電話やメールの取材と、日本にいる記者に頼んでいる。

P_20200318_191204.jpg
 ショッピングモールはほとんど人がいなくなって不気味

 制限後、マレーシアでの生活はどう変化したか。最初に出された制限は、(1)イベントや集会禁止、スーパーマーケットやコンビニなど日常必需品を販売する以外の店舗、礼拝施設を閉鎖。(2)マレーシア人の出国禁止、帰国者は14日間隔離。(3)外国人渡航者の入国禁止。(4)幼稚園、学校を閉鎖。(5)高等教育機関なども閉鎖。(6)政府機関と民間企業は水、エネルギー、通信、輸送、放送、金融、医療、治安、清掃、食料供給など主要インフラ(ライフライン)を除き閉鎖。…というもの。期限は3月31日までだった(イベント開催は4月30日まで)。

P_20200318_191505.jpg
 いつも賑わっていた携帯電話の店は全部閉店

 僕の住んでいる郊外のコンドミニアムは駅やバス停から徒歩数分で、ショッピングモールと隣接。もともと日頃の買い物はそのモールでほとんどが済んでいた。スーパーマーケットはもちろん、多数の店舗があって、日本のダイソーもある。レストランも多数、マレーシア料理や中華料理はもちろん、寿司などの日本食、韓国料理、タイ料理、ローストチキン、イタリアン、中東、ハンバーガーやフライドチキン、サンドイッチ、ドーナツのファストフード、タピオカティー、アイスクリームなど。ただ、同じモールとの往復では飽きてしまうから、50円程度で乗れるバスで15分ほど移動して別のショッピングモールや商店街に行ったり、ときには電車に乗って30分ぐらいでクアラルンプール中央の都市部へ行くのは、千葉や埼玉から東京へ行くような感覚だ。僕はファストフードやファミリーレストランは好きではないので、その類が多いモールで食べるのはもともと好きじゃない。商店街にある店や屋台の方が値段も安いし、美味しい。制限後はその行動範囲が狭くなった。モール内はスーパーマーケットとレストラン、薬局、コンビニ以外は閉店していて、レストランは出前と持ち帰りのみ。カフェで休むこともできないから、ぶらっと歩きまわる理由がなくなる。外食は隣のモールから持ち帰るか、出前アプリを使うことになり、そうなるともっと選択肢が多い出前の方が増える。ただ、生活必需品は普通に買えるから大騒ぎする話ではなかった。気晴らしができないな、というぐらいだ。



P_20200318_191906.jpg
 隣接モール内マーケットはまったく混雑なし
 制限された外食ばかりでは食傷気味になるから当然、自宅での料理を増やそうとスーパーマーケットに行ったが、パニックはなかった。制限前にはすでに中国野菜がすべて売り場から消えていたから大きな変化は感じなかった。他のモールにも行ってみたが、日本産のネギやシメジ、欧米やオーストラリアなどから届いた輸入野菜、あと保存食になるインスタントラーメンなどは棚が品薄になっていたが、それ以外はすべて十分にモノがあった。たくさん買い溜めしていたのは中華系の人が多い印象で、野菜や調味料などをカゴに入れてレジで並んでいたら、中華系の女性に「それだけしか買わないの?もっと買っておいた方がいいわよ。どうせ政府の話なんてあてにならないんだから」と言われた。でも、僕は事前に裏手の搬入口を見に行っていて、商品の入ったダンボール箱がかなり搬入されているのを見ていたから、まったく慌てなかった。

P_20200318_191915.jpg
 野菜はいつもより品薄

P_20200318_191932.jpg
 乳製品やジュースはいつもどおり

P_20200318_192039.jpg
 果物も変化なし

P_20200318_192345.jpg
 肉類も同じ

P_20200317_192224.jpg
 トイレットペーパーなど日曜雑貨も問題なし

 緊迫してきたのは1週間ぐらいしてからだ。外出制限を守らずに出歩く人がいたらしく、24日、運輸省が翌日からの公共交通機関の制限を発表した。電車もバスも、6~10時、17~22時に限定された(タクシー類は制限なし)。翌日、首相が制限令の延長を発表、4月14日までとなった。これ以来、隣のモールの様子も変化した。体温検査を抜けて入ると、持ち帰りのみ受け付けていた食堂の半分ぐらいが閉店し、薬局も処方箋を扱っていないファーマシーが閉まり、開いているコンビニの数も減った。そして、27日には郊外のモントキアラをジョギングしていた外国人9人を含む11人が逮捕されたことも大きかった。早朝の巡回で逮捕されたのは、実名で報道されたから書いてしまうが、マレーシア人(SK・ラマニ、オウ・ヨンボイルン)のほか、イギリス人(ジェイミー・バブ・サックリン)、インド人(ビクラム・ベリアパ)、4人の日本人(タナカ・トシヒコ、イタノ・コウイチ、タカヤナギ・ミツヒロ、オオクボ・タイチ)、3人の韓国人(ウー・ユンシク、リー・ジョンヨン、カン・サクリ)。警察の発表では、彼らは警官の注意に対して帰宅しようとせず、理不尽な言い訳をして抵抗したという。結局、全員に有罪判決が出て1000リンギの罰金を課されたが、悪質だと6カ月以下の収監もあり、さらに公務執行妨害と見なされたら、罰金は10倍になり、2年以下の収監もありえるものだった。

jpn-MALAYSIAMONTKIARA.jpg
 報道された写真、さすがにこれはひどすぎる部類

 モントキアラは外国人移住者に勧められることが多い人気住宅地のひとつだ。米国式のインターナショナルスクールもあり、駐在員など働く日本人居住者に人気だから日本食レストランもかなりある。近くに駅がないから不便だが、その分、治安が良いとされる。一方、そういう場所に集まりやすいのが、ちょっと上から目線なセレブ気取りな人たちでもあり、前にモントキアラ在住の人に会うなり「こんな国に住みたくない。前にいたロンドンは素敵だった」なんて話を一方的にされたことがある。もちろん、まともな人の方が多いだろうが、外国人の方が多い僕のコンドミニアムや周辺地域にはまずいないような人種がいるのはたしかだ。制限後、朝のジョギングなんてしている人は一度も見たことがなかったし、たくさんの外国人が大勢、現地ルールを無視して行動しているなんて異様な光景は特殊な場所でしか発生しない。ニュースで報じられた画像はたしかに特殊だ。



 ただ、このニュースの影響は大きく、ネット中で批判があって、日韓の人数が目立ったことから、SNSなどを見ると「外国人が勝手なことをしている」との嫌悪も見られた。実際にはマレーシア人も多く逮捕者が出ていたのだが、警察の取り締まり強化の理由にはなった。日頃まったく見なかったパトカーがウチのコンドミニアムの前に止まるようになり、コンドミニアム敷地内なのに警官に「GO BACK!」と怒鳴られる人がいた。僕はそれまで人があまりいない時間帯に、コンドミニアム向かいの食堂で持ち帰りの食事を買い、ついでに、そこに住みつく野良猫たちにエサを置きに行っていたが、より慎重にならざるをえなくなった。

P_20200315_214036.jpg
 これは規制前のレストラン前、左下に野良猫

P_20200315_213958.jpg
 右の汚れたような奴は赤ちゃんを子育て中の母猫
 赤ちゃんは店の人が小屋を作ってあげている

P_20200318_230133.jpg
 規制後も変わらないでここにいる子猫

P_20200319_211846.jpg
 顔がかわいい

 店の人も猫好きでエサをあげていたが、明らかに客足が減っているから、それもバカにならないだろうとエサ協力をしていたつもりもあった。もちろん、自分が客になれば店が助かるだろうというのも出向いていた理由だ。まだ子猫の野良は僕の姿を見ると走って寄ってくる。なるべく滞在時間を減らしたいからエサをあげたらすぐに去るが、この子猫は食べている途中でも、一度食べるのをやめて途中まで付いてきては引き返すのがかわいかった。スーパーマーケットに行く以外では、これが唯一の外出になった。もし、これもダメだと言われたら即、謝罪して引き返すしかない。日本ではよくスピード違反や駐車違反で警官に反論する人もいるが、海外では警官につまらない言い訳も抵抗と見られることが多いから危ない。アメリカ生活や多数の海外渡航で学んだこと。3月29日に828名、30日には742名が違反で逮捕されている。クアラルンプール中央にあるコンドミニアムでは集団感染が出て、3千人以上が住む建物ごと封鎖となった。



 そして、今日からはさらに新たな規制強化が加わった。レストランの持ち帰り、デリバリー、スーパーマーケットなどの営業時間は8~20時になった。通常、マレーシアでは10~22時が一般的だが、制限以降は高齢者のみ対象の早朝営業が増えていた。一般的には夜10時まで開いていたのが8時になるということ。そして、自家用車は緊急時を除いて1車両1名に限定された。私有地でも人と接触する交流活動h禁止。門で囲まれた敷地内にも適用される。ウチのコンドミニアムは最初の制限以降、コンシェルジュも電話とメールのみになり、ジムもプールも閉鎖されたが、他のコンドミニアムでは続いていた少人数のヨガサークルなんかも禁止になったという。4月3日からは国外から帰国者は自宅謹慎ではなく、バスで直接、検査センターに移送され隔離されるという。

P_20200326_111959.jpg
 モールに入るときは検温

 スーパーマーケットではイオンなど「他の客と1メートルの距離を置くこと」と指示している店もある。そのため入場制限があってマーケット内はガラガラで、モノは十分にあっても1~2時間待ちの行列が生じている。夫婦や兄弟など親族で一緒に買い物をすることも許されなくなった。この状況で僕などは「不便」を感じるだけだから幸運だが、最も深刻なのは、生活苦に陥っている人々がどんどん増えていることだ。失業して今月の家賃の支払いにも困る人々が続出。建設中のコンドミニアムもまるで廃墟のようになり、一部では行き場のない移民労働者が路上生活になって、川で美味しくなさそうな魚を釣って食べ、飢えをしのいでいる話を聞いた。いままでなら、それを助ける食事提供のボランティアもいたが、その姿も見えない。政府から企業への援助は聞かれるが、企業とは呼べない屋台営業で生きている人々がたくさんいる。彼らはいまどうしているのかと思うと胸が痛い。

P_20200326_112041.jpg
 大きなスーパーマーケットは行列

 こういう状況になると精神的な不安感も増す。続々と自粛期間の延長が決まったボクシング興行みたいに、今後4月14日までの制限日程がさらに延びたら絶望する人々も出てくる。ウイルスとの戦いは最重要事項だが、それで弱者を見殺しにしてしまえば本末転倒だ。制限と同時に助けなければならない層の人々を社会がどうにかして思いやらなければならない。僕はタクシーを使うときに13リンギ(320円)だったところ20リンギ(500円)渡し、出前にも2~3リンギ多く払ってあげるようにしているが、それはまだ仕事が少しでもある相手が対象でしかない。自分の目の前にいない、見えない人々が苦しんでいるのが辛い。なんとか乗り越えてほしいが、この状況を見ながら、もしかしたらこれが日本でこれから起こることなのかと思う。

DSC05372.jpg
 おとなしく家でボクシングを見ているのを邪魔する人

 僕自身は仕事をする以外、食事が数少ない楽しみ。読書や音楽、撮り溜めた海外ドラマを見たりしている。よく家に来る友達も来なくなったから会話は減ったけど、自粛生活は貴重な経験と思えばいいから、そのストレスは大きくはない。それより取材者として広範囲に見聞きしてきたい欲を抑えなければならないのが辛い。状況を見ながらできる範囲で試みようとは思うが、外の異様な静けさが自分を慎重にさせる。唯一、横にいる猫たちと過ごす時間が増えるのはプラス。その猫たちのキャットフードは、彼らの好きな日本産を常々大量に持ち帰っていたこともあり、かなりのストックがある。わりとよく食べる総合栄養食の「黒缶」も制限後、通販で買えた。最悪、スーパーマーケットに現地産のフードはあるから問題ない。猫砂も少し前から卸売業者と直接のやり取りで、良い品質のものを安く大量買いするようになったから4月14日までなら問題ない。水はミネラルウォーターだと尿路結石のリスクが高まるから、不純物を取り除いて浄水したドリンキングウォーターをストック。これはコンドミニアム1階のコンビニで買える。ウチの猫たちはこんな人間界の危機なんかまったく気にせず生きている。それがまるで傲慢な人類への天罰だとでもいうように。(片岡亮)

 p。s。ウチのやつらの近況はまた後日。
  • コメント 7

コメント

  【投稿】(最新コメントへ移動)

豪より

オーストラリア、鎖国は同じです、
レストラン、カフェ、パブ、バーも閉鎖・テイクアウェー(テイクアウトのみ可能。
一般商店は、商売にならないところは自主休業。
風俗系はもちろん禁止。

外出は自粛で罰金とかなし。一週間ぶりにスーパーへ行ったら、ガラガラで、皆さん自粛しているようです。
消えていたトイペは一番上質な大手二社の製品が大量に入荷で、もう不安は消えた。おそらく政府が人気の2製品に集中的にパルプを回したのだと思う。

ついでに行ったホームセンターは少し人が多かった。私も家庭菜園を作ろうとして出かけたのですが、暇でDIYでもと、考える人が増えたようだ。

大手のリカーショップ(酒屋)で、一時パニックが起こった。変な噂が立ったようで。購入制限で、それも収まり。まー何が起こるかかな。

それと、シドニーの有名なボンダイビーチで若者が集まってしまってニュースに。現在はビーチ閉鎖(南半球 まだ夏なので)
それもあってか家族以外との接触は一人、1.5メートルに。

オーストラリアのコロナ対策は死者13に留まっていることもあり、自粛性が中心だが、いち早く鎖国したなど、素早い政策が功を制していると思う。

それに比べ日本は早く、風俗やバー レストラン など閉鎖するべき、即刻。
歌舞伎町でクラスター起こしているし。
東京閉鎖を論じる以前に、そのことが先だと思う。

  • [641761]  2020.04.01
  •  ふらっと #Gbv3DVvY

No title

大変な状況で、ある意味貴重な経験ですすが、それも生き延びてこそ言えるもの。当方隣国に住んでますが、現時点ではロックダウンしそうな動きはなし、学校も閉鎖にならず(今週から週1でオンラインで自宅学習)通勤してる人もいます(CBDでのテレワーク率は40%程)。ただこの先どうなるかまったくわからないので怖いですね。ステイホームオーダーの類は出てませんが、自宅勤務なんで食事以外は基本的に出ないようにしています。趣味の夜景写真が撮れないのがきついですが。ネコさんたちの近況も楽しみにしています。特にひめたんは大丈夫でしょうか?

  • [641764]  2020.04.01
  •  Jay #0QztjqxM

No title

 ホームセンターがやっていたら、また違いますね。マレーシアじゃ開いてないです。こっちの専門家予測では、感染者数は4日から下がって、現役感染者数は12日に5000人ぐらいになっても、それがピークで、5月20日ぐらいには終わるとのこと。最終的に述べ9000人ぐらいで終わるという見方。どうなるか。封鎖で効果が出れば生みの苦しみに。

 JAYさんの方はやんわりですね。それで済むのなら、そっちがいいですが、マレーシアじゃ礼拝クラスターがありましたからね…。あとは次回の猫論にて。

  • [641766]  2020.04.01
  •  ★ 片岡亮 (NEWSIDER) #-

 

ホームセンター 助かります。工事用のマスクを買う人がかなりと言うニュースも一時ありましたが。

それより、日本も飲食店、バー、パブ、カラオケ、特に風俗など狭い箱に人が集まらないようにすれば、藤波選手とか悪鬼ーなどの問題も起こらないと思うんだけど、
今は経済より、命なのにね。経済は政策で何とか出来る話。

他人と1.5mルールなら、電車 バス以外などで濃厚感染は防げるし。

  • [641767]  2020.04.01
  •  ふらっと #Gbv3DVvY

No title

猫ちゃんの話ホッとします。 東京でも郊外の方は公園や空き地も多いので、まだ、そ皆がそれ程ストレス貯めていない印象があります。

外出がしにくい反動か、外食している人は先週、結構見掛けましたが。

大きなマンションなどだと出掛けるのにエレベーターを使ったり、庭も無かったりで外出しずらいのもあるのかなと思っています。

  • [641785]  2020.04.02
  •  ツバメ返し #-

No title

梨田氏が感染
呪い?とか言っちゃいけないよ...

  • [641786]  2020.04.02
  •  名梨田 #-

No title

ジャマイカでも4月1日から一週間、夜間外出禁止令が出ました。

こういう時の政府の対応が非常に迅速だと感じます。

規模は違えど日本の政府の判断はやはり疑問です。

あと日本人の危機感のなさも、すごく温度差を感じます。

備蓄をして、外出を控える。

暫くは我慢ですね、、、。

早く平穏な日々が戻りますように。

  • [641808]  2020.04.02
  •  ジャマイカのbtn #-

コメントの投稿

非公開

なかよくする

 意見交換は相手を打ち負かすためでなく、より良い意見を生むためです。ご協力に感謝します。
※コメント投稿者は、以下のガイドラインを了承したものとします。「投稿内容は投稿者の責任とし、第三者への不利益が発生しても損害を管理者に責任を負わせません。投稿に関しては管理者に予告なく複製、転載、削除等の権限を無制限に与え、迷惑行為、運営方針に反するものは予告なく削除、記録開示、警察への通報を認めます」

チケットぴあ
↑観戦チケットはこちら
楽天チケット



チーズ/片岡優香

楽天西友ネットスーパー

 この場所に広告掲載できます ⇒ お問い合わせ

CONTACT US

RYO KATAOKA(NEWSIDER)

Author:RYO KATAOKA(NEWSIDER)

記者チーム「NEWSIDER」主宰、在マレーシア・クアラルンプールのジャーナリスト。事件、芸能、スポーツ、国際情勢、裏社会、オカルトなど取材しながら頻繁に日本と往復しています。

★仕事の相談、情報提供、広告掲載など、お気軽にご連絡ください。 ⇒ CONTACT US (E-MAIL)
ツイッターはこちら

チケットぴあ
ボクシングチケット購入

片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」2006年より長期連載中






※記事中の敬称略をご容赦下さい※コメント投稿は「パスワード」入力で、なりすまし防止の識別コードが付きます。※本ブログの広告からお買い物をされると、掲示商品でなくても数%程度の収益があります。日々更新に皆様のご協力よろしくお願い致します。(担当/藤堂香貴)

BLOG

CATEGORY

SEARCH

COMMENTS

<>+-

LINK

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
17位
[サブジャンルランキング]
格闘技
1位
アクセスランキングを見る>>

Other RANKINGS

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/実話ナックルズ/紙の爆弾/サンデー毎日/EX大衆/FLASH/iRONNA/東洋経済オンライン/覚醒ナックルズ/FRIDAY/産経新聞/週刊大衆/週刊朝日/週刊文春/週刊新潮/アサヒ芸能/テーミス/CIRCUS MAX/日刊サイゾー/週刊現代/東京新聞/読売新聞/覚醒ナックルズ/実話ドキュメント/週刊ポスト/SPA!/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/婦人公論/不思議ナックルズ/MSNドニッチ/KEITAI BANDITS(バンディッツ)/データマックス/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/J-CAST NEWS/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/LAPOO/スポーツライフ/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/バイキング(フジテレビ)/直撃LIVE グッディ!(フジテレビ)/ひるおび(TBS)/スッキリ!(日本テレビ)/サンデー・ジャポン(TBS)/サンデーLIVE!!(テレビ朝日)/新・情報7DAYSニュースキャスター(TBS)/めざましどようび(フジテレビ)/あさチャン!(TBS)、とくダネ!(フジテレビ)、NEWS ZERO(日本テレビ)/グッド!モーニング(テレビ朝日)/news every.(日本テレビ)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ /サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同) 価格.com自動車保険 比較・見積もり