【テーマ】いまこそ絶対に観るべき「ボクシング映画」はこれだ!

 いまボクシング中継が再放送ばかりに切り替わって、海外のボクシングメディアでは、「いまこそボクシング映画を見よう」なんて声が上がっていたりします。ボクシング映画の代表作といえば「ロッキー」シリーズですが、もちろん邦画も洋画もたくさんボクシング題材の映画は無数にあります。「ザ・ハリケーン」、「レイジング・ブル」、「ミリオンダラー・ベイビー」、「リベンジ・マッチ」、実写版の「あしたのジョー」、「百円の恋」、「ボックス!」、「キッズ・リターン」、元プロボクサーの赤井英和が主演した「どついたるねん」、さらに袴田事件の「BOX」というのもありました。

DSC03245SCENE.jpg

 みなさんの記憶に残る、いまこそ絶対に観るべき「ボクシング映画」と、その理由をぜひ教えてください!(藤堂)



  • コメント 108

コメント

  【投稿】(最新コメントへ移動)

No title

「クライング・フィスト」

2人のボクサーが主人公で、リングに上がる事情が異なっていて、ひとりは、妻子に逃げられた元アマエリートでアジア銀メダルの中年、もうひとりは少年院でボクシングを憶えた不良。

ここまでならよくある話でも、そこからこの2人がそれぞれ貧乏神みたいにダメな人生を送ってきたから、人生のやり直しをかけてリングに上がるぶつかり合いで、互いには何の関わりもないところがリアル。

  • [641298]  2020.03.26
  •  ‏恒夫の踝打無の悪口三昧が #-

No title

ゴングなき戦い

挫折する人間を描いた切ないボクシング映画です

  • [641299]  2020.03.26
  •  ‏豪腕太郎 #-

クリード見た時には、試合のシーンも随分上手く撮れる様になったモンだと感心したですが、アリや石の拳は新しいけど試合シーンはイマイチでしたし…やっぱ、リアルタイムの記憶がある試合は記憶に重ねるからあかんのかなぁ、、レナードはもっと速いとかブキャナンはこんなの貰わなかったぞとか思いながら見とるから…
個人的に映画として1番凄いと思うのはレイジングブルですが、記憶に強く残っているのは、"殴られる男"と"傷だらけの栄光"です。八百長を描いた殴られ…は裏の汚さに、実話である傷だらけ…はポール ニューマンとピア アンジェリの美男美女カップルのハッピーエンドが子供心に鮮烈に突き刺さりましたわ。 
しかし、3つとも白黒映画やな。

  • [641300]  2020.03.26
  •  ローカル #TaqcLhgs

No title

ポール・ニューマンの「傷だらけの栄光」と、カーク・ダグラスの「チャンピオン」

共に、不良少年がボクシングでのし上がる話だが、後者はハッピーエンドではない。モデルはジャック・ジョンソンと闘ったミドル級王者でまさに現実のPFPかも(笑) 演じるカーク・ダグラスの後半のメーキャップは戦慄的で、「死んでも負けない」という表現は、故・梶原一騎さんの漫画原作にも影響したらしい・・・

  • [641301]  2020.03.26
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

No title

個人的には『ボクサー』の一択。ダニエル・デイ=ルイスが好きな人や、ポリティカルスリラー好きにはお薦め。対戦相手を圧倒していた試合の途中でリングを下りたボクサーの実話からヒントを得て作られた。ゴールデングローブ作品賞・監督賞・主演男優賞ノミネート。

元々プロボクサーのライセンスを持っていたダニエル・デイ=ルイスの動きもかなりリアルに思えました(少なくともボクシングなんかしたこともない俳優の方の映画に比べると)。ただ、気軽に見るタイプの作品ではないので、観る人を選ぶと思います。

  • [641304]  2020.03.26
  •  G #JalddpaA

No title

「ミリオンダラー・ベイビー」が頭をよぎりましたが、
「サウスポー」を推します!
栄光を掴むまでの原動力、それも要員となって愛する者達を失う。
どん底から後を振り返らずに、再度前に進む事を決意する!
コロナの影響で心が沈んでいる人にテンションをもらえる作品と信じています!

  • [641306]  2020.03.26
  •  SHIROBAKO #-

子供の頃、再放送の度に繰り返し観た「チャンプ」が、一番記憶に残って居ます。
痛切なラストも、感情を掻き立てる音楽と相まって、非常に印象的でした。
今はアクションスターと成ったミシェル・ロドリゲスのデビュー作、「ガールファイト」も、主人公のセクシーさの奥から顕れる獰猛さが強く印象に残る快作でした。

  • [641307]  2020.03.26
  •  非A #GxAO5jdM

Champはamerican newcinemaの傑作、真夜中のカウボーイでDustin Hoffmanと共演してたアンジェリーナ・ジョリーのお父さんが主演だったかな?
カメレオンの異名を取るダニエル=デイ=ルイスは、役作りの為、ボクシングトレーナーを元世界王者バリー·マクギバンが務め、ルイスを国内王者クラスの実力だと言わしめた、最も気になる俳優で、映画で演じた役柄からアイルランドに傾倒、元々、Punk&New wave世代にはムネが熱くなるStiff little fingersがBelfast出身で、内戦に明け暮れていた当時を歌詞で訴えていた関係で、英国籍からアイリッシュに替えた心情のバックグラウンドが垣間見える作品がそれだったかなぁ?と記憶してます。

  • [641310]  2020.03.26
  •  名無し名人 #-

No title

ベアナックルで蹴りもありという賭けボクシングを題材にしたものですが1975年製作のチャールズ・ブロンソン主演、ウォルター・ヒル初監督作品の『ストリート・ファイター』ですね。

私の場合はボクシング映画と言うとこれに尽きます。ブロンソンの男汁映画の最高峰とも思っています。

どこからともなく現れて過去を語らず最後は笑みを浮かべて消えていく賭けボクサー、チェイニー。

演じたブロンソンは俳優になる前にレスラーやボクサーも経験しているんですね。

アパートに迷い猫を残して闘いに赴くチェイニー=ブロンソン。 

闘う義理もないのに。

この動画は前半のケージマッチです。
https://youtu.be/RbxlsbnVeBs

  • [641311]  2020.03.26
  •  ジャム #-

皆さんがおっしゃる映画を週末に見るとしよう。出かける気も起きないんで。
 しかしやっぱ事実は小説よりなんとやらで、
マニーパキャオのサクセスストーリーに勝るものはないかな?

  • [641313]  2020.03.26
  •  たけし #-

No title

私も「サウスポー」が好き。
嫁が亡くなっても格下にやられても娘に逃げられても、いいトレーナーと出会ってチャンピオンになる王道ストーリーがいいです。

  • [641317]  2020.03.26
  •  ‏‏隠し剣 #-

No title

ひとこと。

1947年の金字塔「Body And Soul」を見なきゃボクシング映画を語るなかれ。

  • [641318]  2020.03.26
  •  こぶしの論 #-

No title

1位 「ロッキー」
2位 「アリ」
3位 「鉄拳」

  • [641319]  2020.03.26
  •  ネイティブ日本民(少数) #-

No title

ガッツ石松監督脚本主演したボクシング映画[カンバック]が意外にOK牧場らしいですよw

  • [641320]  2020.03.26
  •  バンコク愚連隊 #-

No title

「ロッキー」って、アメリカンドリーム的ですが、制作過程も「脚本を高く買い取る」という交渉があったところ、「自分が主演じゃないと嫌だ」と譲らずに作ったシルベスター・スタローンのかっこよさも、滑舌の悪さ含めてボクサーの成り上がりを地で行く感じで最高。良き映画はサントラも完璧ですね。

ところで「接吻泥棒」ってコメディも、ボクシング映画に入るかどうか。

  • [641321]  2020.03.26
  •  ★ 片岡亮 (NEWSIDER) #-

15R⇒12Rに変えた金得九の半生を描いた韓国映画があったはず……もう見ようがありませんが。

  • [641323]  2020.03.26
  •  東川口 #-

No title

ミリオンダラーベイビーのそこの部分だけをみるとなるほどと思うんですがあの映画はF .Wトゥールの短編を繋ぎ合わせたものなんですね。あくまで女子ボクサーの話を本筋にしていますがいまだにトーマスハーンズと闘いたがっているボクサー志望の若者のエピソードなんかいいじゃないですか。脚色賞も当然かと

こぶしの論さん。ボディ&ソウルは10本組千円の廉価版ボックスに入ってたんですが思いがけない拾いものでした。八百長強いられ堕ちていくボクサー主役のノワールですね。これも好きなんだ!脚本書いた人の名前を見て驚きましたが夕陽に向かって走れの監督でした。

  • [641324]  2020.03.26
  •  ジャム #-

ブロンソンのストリートファイター!👍

所でダニエルデイルイスの"ボクサー"って映画があったんですね、、私はジェームズアールジョーンズがジャック ジョンソンを演じた"ボクサー"しか見てなかったので。

日本映画でも"ボクサー"ありましたよ、確か菅原文太さんが出てた。
あと高橋三千綱が刺されたので話題になった"真夜中のボクサー"てのもあったし、本業で大成出来なかった福田とか言う選手が主演した"ウェルター"と言うのもあったし、この人石松氏の"カンバック"にも出てたし。
結構ボクシング映画ってありますなぁ。

  • [641326]  2020.03.26
  •  ローカル #TaqcLhgs

シジミさん、

シジミさん。
せっかくのこんな時のこんなスレなんだし、何かを誰かをdisるより、あなたが好きな映画のコメントのほうが建設的だと思いますよ。
 ちなみに私は、チャプリンの「街の灯」を思い出しました。観終わった後、すこーしだけだけれどいつもより優しい気持ちになれます。ボクシング映画じゃないんですがボクシングシーンがある映画ってことで勘弁してください。

  • [641328]  2020.03.26
  •  四人目のゴースト #z.LzSu7o

No title

ローカルさん。ジェームス・アール・ジョーンズがジャック・ジョンソンを演じた「ボクサー」も私の大好きな映画です。特に日の出の勢いで勝ち続ける前半です。黒人と結婚したとなじられ自殺する白人妻を演じたジェーン・アレクサンダーをターミネーター4で見た時は驚きました。ストリートファイターとこのボクサーのどちらを選ぶか悩んだ次第(笑)

  • [641329]  2020.03.26
  •  ジャム #-

No title

ボディ&ソウル YouTubeにあがっているので動画貼っておきます。字幕ありませんが。
https://youtu.be/LlFMH3B48AM

殴られる黒人ボクサーがなんとも言えない。

  • [641330]  2020.03.26
  •  ジャム #-

>ロッキー

モデルになったのはチャック ウェプナーでしたか、スタローンから5万ドルか興行収入の数%かどちらにする?と聞かれて5万ドルにして大損だったんですよね。
アリと彼の試合、アリへのラビット&後頭部パンチの連続で好試合とは思えなかったし、レフリーがなぜか注意しなかったのが印象的でした。
ちなみに彼はクリードにもナレーターで、出演してるらしいです。
彼はアリと同じく、猪木とやって倒しまくったが、最後は絞め技で負けたとか。
ちなみに、猪木はスピンクスともやってて同じ結果だったような。

  • [641331]  2020.03.26
  •  永遠の名無し #-

No title

小生も韓国映画「チャンピオン」を勧めます。
約20年前に公開され、元OPBFライト級チャンピオン金得九選手の半生を描いた作品で、ユ・オソンさんが熱演しています。
金選手に敗れた日本人選手の名前も登場してきます。
東川口氏も指摘されているように、世界戦が15ラウンドから12ランドに変更される契機となった試合をメインに扱っており、観る価値はあるのではないかと考えられます。
小生の記憶では、米国での世界初挑戦で激しい打ち合いの末TKO負けした金選手は脳死状態に陥り、米国で臓器移植に応じたのですが、それを北朝鮮が「民族の恥」と非難し、政治利用していました。
映画では臓器移植にまでは触れられていませんでした。

  • [641332]  2020.03.26
  •  川流河童 #-

No title

リノ・バンチュラが映画界に入る前にボクサーだったかレスラーだったかで欧州チャンピオンまでいったとかいかなかったとか言う話はホントかねぇ?

  • [641333]  2020.03.26
  •  CT125 #-

No title

ロッキーは予算少なかったそうですけど、画もしっかりしてますね。
音楽も素晴らしい!

主人公もうだつが上がらず、ヒロインも美女でも無く、むしろ地味で魅力もなさそうに見えるのが新鮮でした。

それでも二人には良さが分かっていて、幸せや何かを成し遂げることが出来るという…

韓国のイビョンホン主演のボクシング映画も最近放映してましたね。

  • [641334]  2020.03.26
  •  ツバメ返し #-

No title

ジョン・ガーフィールド主演「肉体と魂」までくると、ロバート・ライアン主演「罠」もありますよね(笑)
昔の米国映画はボクシングものは結構多いです。大抵DVDで観られま酢。

  • [641335]  2020.03.26
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

追記

ハンフリー・ボガート主演「殴られる男」 これは淀川長治さん解説の日曜洋画劇場で、ガキの頃見てます。

  • [641337]  2020.03.26
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

No title

映画じゃないかもですが、「アンチェイン」も情けなくって、大好きです。

  • [641338]  2020.03.26
  •  雨の権之助坂 #-

チャンピオンを見たマンシーニが、実際の試合の歓声はあんなものじゃなかったと語ってました。
国内では安藤サクラに外れ無しの百円の恋も良かったです。ニートで怠け者で性格も体型もだらしない女性が、4回戦ボクサー(新井)と出会った事で変わって行くとか、良くある話ですが、サクラが意外と動ける事にビックリでした。

  • [641339]  2020.03.26
  •  永遠の名無し #-

K8さん的☆ボクシング?映画と言えば→ブラピの☆Snatchでしょうか!?

腹筋☆超カッコいい(笑)

  • [641340]  2020.03.26
  •  K8augPj6 #K8augPj6

No title

余分ですが、1931年作「チャンプ」第1作(ウォーレス・ビアリー主演)は、バカな親父を応援する子役がけな気で可愛らしく、思わず泣けると淀川さんは生前語っていました。勿論、DVDにもなっていず、見られません。

  • [641341]  2020.03.26
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

No title

山マサさん。昔のチャンプは主演のW.ビアリーがとにかくよいです。ボクサーには見えませんがキャラが確立して面白い。この映画の監督とは相性がいいみたい。ワーナーホームビデオから690円の廉価版DVDが出てましたが今ではどうなんでしょう。

  • [641345]  2020.03.26
  •  ジャム #-

No title

あ、DVDが出てたんですか(汗) それは知りませんでした。アマゾン(通販)にあるかな・・・

新宿のビデオショップには大抵ありますが、コロナを一応警戒してます(笑) 予防注射を受けずともユンケルスターで毎冬インフルと縁のない生活ですが、コロナはわかんない・・・

ジャムさんも充分ご注意を! 東京は小池知事が閉鎖?しそうです(汗)

  • [641358]  2020.03.26
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

No title

ピストン堀口氏のリングの王者という映画があるようで、映画は見れないんですが、主題歌を堀口氏が歌ってまして、これがまたヘタウマでクセになるんですよ。 何回も聴いてますね。

  • [641359]  2020.03.26
  •  Gretsch #-

リノバンチュラの鼻が曲がってるのはボクシングの試合で折られたから…とは親父から聞きましたが、大成したのはプロレスラーでみたいです。
スナッチの何言ってるか分からないピットの賭けボクサーはハマりでした。どっかネジ飛んでる役こそ抜群にハマるピット君、そういや昔ツーカーの宣伝に観月ありさと出てましたな…

ジャムさん。 あの井戸に落ちて死ぬ妙に生っぽい白人女優さんですな、、ターミネーター4観てないですが、未だ生きておられるのですな。"ボクサー"が70年頃の映画だから今80歳近いと思いますが。
ブロンソンは私はフランス映画から入ったのですが、ウェスタン、レッドサン、メカニック、ストリートファイター、一連の狼よさらばシリーズとか、何やらせても兎に角漢!ですなぁ、

  • [641362]  2020.03.27
  •  ローカル #TaqcLhgs

ボクシング映画

ロッキー4・炎の友情

ミュージックビデオみたいだとの声もありますが親友アポロの仇を取るために不利な条件を全て呑んでロシアに行くロッキー

原始的なトレーニングをするロッキー、片や科学的なトレーニングをするドラゴ

無償だ、お金の問題じゃないとベルトも返上してあくまで友情のために戦うロッキーにはジーンときましたね 

引退して何年経っても、戦士としての自分は変えられないのさ・・・

  • [641364]  2020.03.27
  •  怒りの王子 #mQop/nM.

ωやはりNO1は・・・

ξエルヴィスプレスリー主演の「恋のKOパンチ」!!
トレーナー役のチャールスブロンソンが正に適役♡

  • [641367]  2020.03.27
  •  凸宗形スポーツジムナジム凸 #-

No title

バンチュラ両方やってたんですか。  
力道山とかと絡まなかったのかね? 


バンチユラは出てないけどビスコンティの若者のすべてが良いんだよ
あれでアニージラルドに嵌ったな。

  • [641369]  2020.03.27
  •  CT125 #-

No title

ジャック・ジョンソンつながりと言えばジョン・フォード映画のお馴染みで『男の敵』でアカデミー賞主演男優賞を獲得したビクター・マクラグレンも英連邦ヘビー級王者として(諸説ありますが)ジョンソンと拳を交えたとか。後にフォード作品『静かなる男』で試合で元ボクサーという設定のジョン・ウェインと休憩を交えて延々と殴り合う展開はユーモラスでした。

あとタフガイ俳優のロバート・ミッチャムも40試合程のキャリアを積んでから映画入りしたとのこと。フォアマンやノートンと戦ってアリとの試合も期待されていたアイリッシュ・ジャック・オハローランと共演した『さらば愛しき女よ』はボクシング映画ではないですが二人の堂々とした佇まいに魅せられます。

ボクシングは映画界入りのチャンスでもあったわけですかね。

今の現役選手で後に映画でもスターになるような人が出てきたら嬉しいなあ!

  • [641371]  2020.03.27
  •  ジャム #-

No title

 中学生のとき、学校で演劇があると率先して主役をやりたがって積極参加してたんで、どこかに主演やった時の恥ずかしいビデオが残ってるはず。で、そのとき、もっと本気で「俳優になる」と宣言していた同級生の井村君は一貫してて、いま本当に俳優。音楽やったり格闘技やったり小説やったり欲張りでフラフラしてた僕は何も達成できないまま、デタラメな放浪人生に。ボクシングでも演劇でも、それだけに人生かけた人への尊敬があります。いま目指してもいなかった記者やってるのも、「仕事だけは長く続けないとさすがに情けない」という思いがあるからです。しっかり熱を入れて続けてれば、それなりに形にはなるので、やりたいことは絶対に曲げずにやるべきだろうとは思いますね。いま僕が20歳だったら料理の道に行きたいですが(笑

  • [641374]  2020.03.27
  •  ★片岡亮 (NEWSIDER) #-

No title

 アメリカのドラマはニューヨーク舞台が多いですが、よーく見てるとロケ地がマンハッタンやブルックリンにあるジムだったりして、ちょっと面白いです。

  • [641376]  2020.03.27
  •  ★片岡亮 (NEWSIDER) #-

No title

ボクシング+西部劇という括りで言えば、これは絶対「ザ・スポイラース」(1942年版)!
正義(?)のジョン・ウェインと悪党紳士ランドルフ・スコットのラスト、延々と続く殴り合い。日活アクション映画にも影響を与えたというド迫力。
後年の「大いなる西部」、グレゴリー・ペック、チャールトン・ヘストンの闘いなどでは足元に及ばない、「ウェインvsスコット」でした♪

  • [641377]  2020.03.27
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

No title

ボクシングを題材にした映画、皆さんのコメントからいろいろでてきますね。個人的にはまだ見てない「クライングフィスト」と韓国の映画「チャンピオン」に興味がある。

「ロッキー」シリーズは一作目しか強烈な印象がないです。路上をランニングする映像はあの時代のアメリカの匂いを感じ取れた
「チャンプ」は子供の頃に最後のシーンで涙した。
「真夜中のボクサー」の映画は見たことないですが、高橋三千綱の原作の文庫本は僕のお宝物です。
デュランの「石の拳」は映画として普通すぎてつまらなかったけど、映画を通じてデュランがなぜレナードにノーマスしたのかなんとなく理解できた。
あとエドゥインバレロの家族が訴えて上映禁止だった伝記映画「エルインカ」は見てみたい。

  • [641378]  2020.03.27
  •  カリメロ #-

No title

ビニー/信じる男

マイルズ・テラーの演技は必見。最高のボクシング映画。

  • [641379]  2020.03.27
  •  私は佐藤ではありません #-

No title

「オリ・マキの人生で最も幸せな日」

世界挑戦するボクサーの恋で、スポ根要素なく、心情を描いたものでキュートな良作です。おすすめ。

  • [641381]  2020.03.27
  •  悪魔の毒々プロボクサー #-

セルビア系フランス人であるアラン·ドロンは、香水事業の前、アルゼンチンのライフルと呼ばれたミドル級の至宝、Carlos Monzonに惚れ込み、たしかモナコで大きな興行をうっていたはずです。ジャン·クロード·ブーシェだったか、ボクシングマガジンを小学生で初めて買い込んだ、ませたガキンチョですが、その頃の記憶が未だに蘇る、人体の不思議ではあります。

  • [641384]  2020.03.27
  •  名無し名人 #-

No title

アラン・ドロン主演「若者のすべて」は主人公がボクサーだったと思ったが、ボクシング映画ではない。

  • [641385]  2020.03.27
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

No title

アカデミー賞取った ザ・ファイター が上がってなくないですか

アイリッシュ・ミッキー・ウォードの半生を描いたやつですけど、あんましボクシングファン的には受けが良くなかったかな

リベンジ・マッチ、ほぼコメディだけど、最後結構ぐっときました。

  • [641387]  2020.03.27
  •  ガニザレス #-

No title

悪いがボクシング映画の定義を教えてくれないか。

  • [641388]  2020.03.27
  •  CT125 #-


>今の現役選手で後に映画でもスターになるような人が出てきたら嬉しいなあ!
赤穂さんなんか向いてるような気がするのは私だけでしようか?
まあ、強面の役なんかやらせたら名脇役になれるかもしれませんよ。しかも、良い声してますしね。

  • [641390]  2020.03.27
  •  永遠の名無し #-

No title

>定義

読者が自分で判断すればいいこと。

マーロン・ブランド―の名作「波止場」は元ボクサーが主人公だが、ボクシング映画ではない。
ウィリアム・ホールデンの「ゴールデンボーイ」(←デ・ラ・・ホーヤーと関係ない)はボクシング映画だろう。

  • [641391]  2020.03.27
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

No title

ジャム 様
『さらば愛しき女よ』には、ブレイク前のスタローンが端役で出演してましたよね?

  • [641392]  2020.03.27
  •  字伏 #-

山ちゃんたのむよ!誰がアランドロンがボクシング映画に出演したって言ったんだよお?呆けちゃってるなら、村田諒太限定の
与太ばなしで大人しくしてなよ。
村田諒太スレなんて皆が興味あっても、僕は興味ないし。

  • [641395]  2020.03.27
  •  名無し名人 #-

No title

自分で判断すればいいなら他人の判断にとやかく言うことないだろう?

  • [641396]  2020.03.27
  •  CT125 #-

No title

名無しちゃんよう、興味がないなら、村田のこと書くなや。だったらおれも名人ちゃんには触れないよ。

エロール・フリン「鉄腕ジム」も面白かった。ジョン・サリバンに続くヘビー級王者ジェームス・コーベットの物語。

  • [641398]  2020.03.27
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

No title

勅使河原宏監督のホセトーレスのフィルムはとても興味深く面白かった。

  • [641399]  2020.03.27
  •  CT125 #-

No title

字伏さま。スタローンはおばさんを表情ひとつ変えずに射殺するという非道な役をやってましたね。

『さらば愛しき女よ』の上映時はあまりにノスタルジック過ぎると批判され同時期のロマン・ポランスキー監督の『チャイナタウン』と比較の上に下げられるとあまり芳しくない評価だったのを中学生だった私は思い出しますが今、観直してみると原作にはなかったディマジオの連続ヒットや遺児となった黒人の子どもとのエピソードなどを付け加え厭世感溢れる見事な映画化だったとも思えます。

マーロウ役のロバート・ミッチャム、ファム・ファタールと化したシャーロット・ランプリングも名演ですが大鹿マロイを演じたジャック・オハローランがとても役柄にハマっていました。

このあと『スーパーマン冒険編』でゾッド将軍の右腕としてスーパーマンと闘ったヘビー級ランカーのこの男、動画を探したらアーニー・シェイバースやケン・ノートンとの試合はなかったですがジョージ・フォアマンとの激突は残ってました。

フォアマンを体格で牛耳って手をこまねさせた闘いぶりは見事なもんです。
https://youtu.be/Z-COUjZkpnQ

  • [641400]  2020.03.27
  •  ジャム #-

No title

「他人の顔」(安倍公房・原作)てのもあるよな。勿論、ボクシング映画ではない。

さて、飯(居酒屋)・・・

  • [641401]  2020.03.27
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

No title

感想を聞いてみたいもんだw

  • [641402]  2020.03.27
  •  CT125 #-

コメディ映画ならバーブラ ストライザントとライアン オニールの映画も有りましたし、OJシンプソンが必殺パンチをだすB級映画もありました、ボクシング映画だけどあんまりそれに意味は無くて、退屈でタイトルも忘れちまったけど。
だからボクシングのシーンが映画に意味を持たせるなら何でも良いんじゃ無いですか。私もドロンの"若者のすべて"は好きです。後にルルシュの"愛と悲しみのボレロ"の中でオマージュ的に若者…を再現してるシーンも有りましたよ。
フランス人ってセルダンと恋に落ちて以来、強い選手を出せないのにボクシング大好きだそうです。モンソン対ナポレスをプロデュースしたのって、確かドロンじゃなかったかな?うろ覚えですみません…

山マサさん、、"殴られる男"には準主役にウォルコットも出てましたし、主役はボガードとスタイガー、、製作当時は中々の大作だったと思いますわ。後、ダグラスのチャンピオンはジョンソンに挑戦したミドル王者がモデル、、って事はケッチェルですかね?初めて知りました。

  • [641403]  2020.03.27
  •  ローカル #TaqcLhgs

No title

ローカルさん、今出かけるので(酒が入るので)お返事は明日書きます。

  • [641404]  2020.03.27
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

川流さん、タイトル知りました。サンクス。相手はブンブン・マンシーニでしたね。

  • [641408]  2020.03.27
  •  東川口 #-

No title

さて、寝る前に日本ものも挙げるべきなので、
石原裕次郎「勝利者」
赤木圭一郎「打倒(ノックダウン)」

米映画では「ハンマー」てのもあった。

  • [641413]  2020.03.27
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

Snatchでしたかねぇ→ブラピが野●ソしてたのは(笑)

そして平然と、尻を拭かずにズボンを上げたブラピに

戦慄しました(,,・д・)★(笑)!?

  • [641414]  2020.03.27
  •  K8augPj6 #K8augPj6

No title

ちなみに長門裕之・主演、裕次郎デビューの「太陽の季節」(DVDで見た)は、主人公の津川竜哉はアマボクサーだが、ボクシング映画ではないw

  • [641415]  2020.03.27
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

エイドリア~~ン‼️

って事で、やっぱ ロッキー1 ですかね~(о´∀`о)

良くも悪くも?あれくらいにサラリとボクシングを描いてるのが良いです( ・∇・)

ロッキーのテーマは名曲です?(^q^)

  • [641416]  2020.03.27
  •  白い羊 #-

No title

邦画ですが赤井英和 主演で阪本順治 監督の「どついたるねん」も良かったですね。

特に後半場面で、因縁の相手である大和田正春とのダブルシャドウ・ボクシングのシーンは鳥肌もん!でしたわ。
大和武士も対戦相手で出てましたね。通天閣のエレベーターのシーンも昭和の大阪を感じましたし、フィラデルフィアじゃなく、飛田を走る赤井も妙に合うんですよねぇ。
もう一度見たくなりました。

  • [641422]  2020.03.27
  •  こっきー #GGmuzA2.

No title

『どついたるねん』も大好きな映画です。ラストの試合前に大和田正春が赤井に会いに来て互いにシャドーをいきなりする場面もいいですが赤井が西成の町をロードワーク中に自動販売機を殴るんですね。するとその自動販売機が《ありがとうございました》と返す。

ここですよ。ポイント(笑)

余談ですが『どついたるねん』には小倉恒夫=旧徳=森田直樹=カリスマ管理人さんのお友だちもけっこう重要な役で登場されてます。

原田芳雄に殴られたり赤井にどやされたり。

去年お亡くなりになられましたが『どついたるねん』でのコミカルな登場場面を見るとその方と昔一緒に呑んだ時の楽しい思い出が甦ります。

  • [641426]  2020.03.28
  •  ジャム #-

No title

自販機の場面ありましたねぇ〜思い出しましたよ。ジャムさんよく覚えてますね。

それと「どついたるねん」に旧徳ファミリーが出演しているとは!こちらにもびっくり!ですね。
ジャムさんとは一回会って話したいですね。おすすめの「ンケリコ」には一度だけ行きましたよ。外国人の感じの良い兄ちゃんが作ってくれましたね。

話しは、それましたが、阪本順治監督は「どついたるねん」の他に、「鉄拳」も撮ってますね。
「どついたるねん」が面白かったので見に行きましたが、「どついたるねん」ほどでは、なかったですね。大和武士に大和田正春、それにシーザー武志も出ていたので期待したのですけどね。

  • [641427]  2020.03.28
  •  こっきー #-

No title

旧徳さんはネットと実生活では変人で通ってますが演劇関係で見る旧徳さんは至極マトモな感じですよ。一生懸命ですよね。
その関係の人も見た目は役柄上アレですがいい人ばかりです。
『どついたるねん』に出ている人は阪本監督が映画界に入ってくるきっかけを作った大阪演劇界の大御所で『鉄拳』にも出演しています。旧徳さんの事を才能の無駄遣いと評しておられたので一目置いていらっしゃったんだと思います。このことは残念ながら事実です(笑)
ちょっとボクシング映画絡みの内容から外れてすいません。

『鉄腕ジム』でも観ますかね。一昨年亡くなった私の父親はラオール・ウォルシュ監督でワード・ボンドが敵役で出ていたこの映画が大好きでした。

  • [641428]  2020.03.28
  •  ジャム #-

No title

ジャムさんいろいろありがとうございました。
今週は外出制限もありますし、「どついたるねん」をウン10年ぶりに見てみます。

  • [641432]  2020.03.28
  •  こっきー #-

No title

ローカルさん、遅れました(汗)

仰るようにカークが演じたミッジ・ケリーはケッチェルがモデルだ、というのが定説のようです。他人の女に手を出して射殺されたらしいですが、黒人初ヘビー級王者に挑むほど、獰猛なミドル級王者だったようです。

今と昔ではボクシング技術は違うでしょうが、イメージ的にはカネロでもKOされそうです。「モンソンvsカネロ」も、モンソンのKO勝ち。

「村田vsケッチェル」?・・・村田の勝ち! 当然じゃァ~。

  • [641439]  2020.03.28
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

渡辺パンチです

関西オフ会時、片岡さんが動き回る姿を見て、ボクシングを愛するさんが「片岡さん、好奇心が凄い」と仰ってましたね。

ボクシング映画、あまり見てないですが、見たのは定番のロッキー、ミリオンダランベイビー(間違ってたらすみません)、キッズリターンですかね。

映画化したら面白そうなボクサーは…、亀田ですかね(笑)
特に、内藤大助VS大毅の反則したラウンドを余すこと無く映画化。
「肘を眼に入れろ」からの、投げっぱなしジャーマン、と(笑)

  • [641442]  2020.03.28
  •  渡辺パンチ #-

No title

 余談ですが、僕は脚本家の勉強をしたことがあります。プロの方の誘いを受けて、指導して頂いたんです。やってみると、かなりハードでした。それが物語を書くのではなく、演者への指示書だったからです。様子を書くのではなく、演じさせる動作を明確に書くというもので、これがかなり大変でした。結局、サスペンスの一話を仕上げて燃え尽きました。何度もダメ出しで書き直してなんとか合格をもらった一冊が、いまも引き出しにあります。死ぬまで人に見せることはないと思います(笑

 ボクシングドラマのストーリーを考えることはできても、それを映像化するのはまた違う才能ですね。

  • [641451]  2020.03.28
  •  ★ 片岡亮 (NEWSIDER) #-

No title

 その「好奇心」から、いろいろなことを経験してきたのはいいんですが、ひとつに絞らなかったことが僕がダメな理由でしょうね(笑 高校時代、小説を少しづつ書きながら合間にギターの練習して、ジムやプロレス道場にも通って、さらにレーサー志望の友人と起業の準備してたってのがダメの始まり。楽しいからダメでもいいんですけどね(笑

  • [641452]  2020.03.28
  •  ★ 片岡亮 (NEWSIDER) #-

No title

レイジング・ブルの試合シーンの壮絶さは異常レベルです。

  • [641454]  2020.03.28
  •  キンシャサノキセキ #-

No title

コウジ有沢で映画化できそうじゃない?

  • [641455]  2020.03.28
  •  拳論自由席の論客 #-

No title

やはりケッチェルでしたか。確かジョンソンとの試合でダウンを奪ったもののお返しのスイング食って前歯折られての失神KO負けだったそうですが。
ボクシング映画って実話そのもののみならず実話を下敷きにしたモノが多いですね。「殴られる男」も引退後プロレスラーになった”動くアルプス”カルネラがモデルとか言われてますし。主人公の木偶の坊を病院送りにするチャンピオンを、実際にカルネラをボコボコにしてタイトル奪ったベアが演じているってのも、、、

  • [641458]  2020.03.28
  •  ローカル #TaqcLhgs

渡辺パンチです

逆に僕は好奇心が無く、暇さえあれば寝てます(笑)

  • [641461]  2020.03.28
  •  渡辺パンチ #-

ロッキーⅢのオープニング好きなんですよ…

画面が半々で優雅なロッキーがユックリ起きてランニングへ!!
ハングリーなクラバーがボロアパート~早朝ロードワークへ!!
現役時代,朝,起きて時間に余裕が有る時これ見てヤル気upさせてました…

  • [641463]  2020.03.28
  •  中野 吉郎 #-

No title

野球やサッカーのようなチームプレーではなく、個人技であるボクシングは映画やテレビドラマの好材料だと思うのですが、日本には残念ながら、これという名作がない。
スタローンのように、圧倒的肉体表現をできる俳優がいない、ということなのか・・・? (注・アニメでは明日のジョーとかあるが)

  • [641466]  2020.03.28
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

どついたるねんの赤井、大和田戦の時より良い体してましたね。笑
あの時は体もパンチも別人でした。ドキュメンタリーで1R時でエディが、この試合負けるよと呟いてたのと、5R後(ダウンしたR)のインターバルで赤井は眠ってたと感じて、髪の毛を鷲掴みにして何度もコーナーポストに打ちつけてたのが印象的でした。
とにかく、大阪城ホールをノンタイトルで12000人集めた赤井は関西の英雄で、あの映画で果たせなかったカムバックシーンを見れただけで、私は感無量でしたが入場曲がなぜロッキーのテーマやないんやだけが不満でした。笑

  • [641472]  2020.03.28
  •  永遠の名無し #-

No title

私もレイジングブルは圧倒されました。デニーロ凄いなと…

ビニー信じる男は文春かナンバーか忘れましたが、絶賛されていて観たいと思っていましたが見逃したので観てみます。

  • [641503]  2020.03.28
  •  サンストリート #-

No title

ボクシング映画か・・・・・
上でジャックジョンソンのフイクションの映画の話が出てますが、
私はジャック・ジョンソンのドキュメント映画の、
そのものずばりの、
「史上最強のボクサー、ジャック・ジョンソン」
を古ビデオ屋で発見したときは我を忘れましたけどね。

それこそスタンリー・ケッチェルが、ジョンソンをダウンさせた直後に吹っ飛ばされて逆転負けする映像も、
マイルス・デイビスのBGMをバックにバッチリ入ってると⦅爆

あとはアリの映画で、
アリが自分で自分の役をやった自伝映画で、
一応フイクション仕立てなんだけど、
フレジャーとかフアマンとかの試合は実際の映像使ってると。
・・・それでなんかアリが自分の過去の苦労話や美談を、自分で情感たっぷりに演じてるのを見て、

・・・・・・
まるで柔道の谷亮子が自分の結婚式で旦那の谷と、
出会いや馴れ初めの再現ビデオを自分たちでやって、
それを日テレで全国のお茶の間にゴールデンで流してた時みたいな、
なんか気恥ずかしさや微笑ましさを感じたもんですが(暖笑

  • [641520]  2020.03.29
  •  宇弓 #LkZag.iM

皆さんよく見てますなあ🎵

私なんかはロッキーシリーズとかミリオンダラーベイビーとか定番モノがすきで、DVDで揃えたり。アリも好きですよ。

一番はロッキー4ですかなぁ。専門性が薄く話も飛躍してますがなんか熱くなれるっつうか。ロッキーが山のてっぺんで「どーらごぉー」って雄叫びするシーンは「ヨッシャー、体仕上がったぁー❗️後は試合でぶっ倒す❗️」って一緒に気合い入りましたね🎵

シリーズはロッキー6作クリード2作で計8作ですね。DVD揃えてますよ。

ボクシングの選手とか関係者もやっぱり見てるのかなあ。帝拳の浜田代表とか何観るんだろ?

  • [641524]  2020.03.29
  •  リチャード・鉄 #-

No title

タランティーノ監督が選ぶベスト5
・ロッキー

・ミリオンダラー・ベイビー

・ザ・ファイター

・シンデレラマン

・レイジング・ブル

  • [641526]  2020.03.29
  •  kaiスタイガ #-

渡辺パンチです

>コウジ有沢

コウジ有沢の映画化、面白そうですね。
コウジの試合にハズレ無し、と言うくらい、どの試合も打撃戦で、最後はコウジのワンツーで逆転のKO勝ち。
高橋ナオトが逆転の貴公子と呼ばれてましたが、コウジも同じような逆転のKO勝ちばかりでした。

自分が考える二人のボクサーの映画化。

まず、『亀田大毅』
ストーリーは…(笑)
いきなり「内藤はゴキブリや」から始まり、世界戦をゴキブリ退治としながらも、動く内藤大助に翻弄され、自棄になって反則三昧。
試合に負けるや、足早に会場を立ち去る亀田。
世間は大バッシング。
あまりの大バッシングに憔悴した亀田大毅は、台所で包丁を見つめる、と。
ここで映画は終了します(笑)
あとは、皆さんで感想を(笑)
台所で包丁を見つめて、何をしようとしたのか、謎が深まる映画です。

もう1つは『サルバドール・サンチェス』

これほど映画化に相応しいボクサーは居ないのではないか。
メキシコ人が選ぶベスト1のボクサーに選ばれたのサンチェス。

サンチェスは裕福な家庭に生まれて、サンチェス自身、医師を目指すも、遊び程度で始めたボクシングにハマり、16歳でプロデビュー。
18戦18勝(17KO)とし、メキシコバンタム級王座決定戦も、判定敗けで初黒星。
こうした苦境の中、サンチェスは確実に技術を進歩させていき、1980年にWBC世界フェザー級王者のダニーロペスに挑戦。
下馬評はロペス有利も、サンチェスは13回にロペスをストップし、番狂わせで世界王座獲得。
1981年、一階級下のウイルフレドゴメスとの試合が決まった。
ゴメスは33戦32勝(32KO)1分。
勝ち星が全てKO勝ち、と異常な戦績の持ち主で、ゴメス有利の予想の中、試合が始まった。
初回、サンチェスはいきなりゴメスを倒した。
その後もサンチェスペースで試合が動き、8回にゴメスをKO。
サンチェス時代が到来したのでした。

1982年、9度目の防衛戦でアズマーネルソンを15回最終ラウンドでKOしたサンチェス。
その防衛戦から22日後、愛車のポルシェで小型トラックに衝突し、即死。
享年23歳。
プロ戦績46戦44勝(32KO)1敗1分。
現役の世界チャンピオンの死去は大場政夫以来、二人目でした。

  • [641531]  2020.03.29
  •  渡辺パンチ #-

No title

ロッキーで私的に一番印象深いのは、
ロッキー3の冒頭の、ロッキーとハルクホーガン演じるサンダーってレスラーとの異種格闘技戦で、
チャリテイーのエキジビマッチってことで、試合前にロッキーが小声で、
チャリテイーだから適当にやって客を盛り上げようぜって言ったら、サンダーが急に怒り出し、
ロッキーをリング下に放り投げるは、レフエリー殴るは客と大乱闘するはで大騒ぎになって、

しまいにはグローブ外したロッキーと殴り合いの大乱闘で試合中止になって、
中止になった瞬間にサンダーは急に静かになって握手を求めてきて、
ロッキーが驚いて、なんであんなに暴れたんだ??
って聞いたら、
このほうが客が盛り上がるだろ??ってニヤッと笑うと。

なんか、真剣に全力でウソを演じるっていう、
まさにプロレスの本質を見事に表してるエピソードだなあと、ボクシングじゃなくそっちのほうに感心したもんですが。

ちなみに梶原一騎の漫画・プロレススーパースター列伝のホーガンの回で、
このロッキーのエピソードはホーガンが監督のスタローンに、
グローブつけたボクサーがレスラーと、フリールールで互角に勝負できるなんてリアリティがない、
グローブはずしたケンカなら、まだリアリティはあるって進言してそうなったって書いてて面白いなと思ったもんですが。
・・・
まああの梶原一騎がホントのこと言ってんのかの確証はないですが⦅爆

  • [641533]  2020.03.29
  •  宇弓 #LkZag.iM

No title

 ROCKY3は、ボクシング映画なのにプロレスファンもみんな観た映画なのでは(笑

 僕は「スーパースター列伝」は100%リアルじゃないところが魅力だと思ってます。

 正直に言うと、あまりボクシング映画に惹かれてないところがあります。リアルなボクシングの方のドラマが好きだからでしょうかね。映画はWOWOWなどで録画しておいて毎日のように見てますが、あまりボクシング映画は選んでないです(でも録画はしてある)。同様にボクシング漫画もほとんど見たことないです。映画館で見ると、ボクシング映画の迫力は倍増しそうですね。

  • [641548]  2020.03.29
  •  ★ 片岡亮 (NEWSIDER) #-

スーパースター列伝で、ホーガンが→ヒロ・マツダさんに、肩を脱臼させられた話ありますよね(笑)

それ以降、ホーガンは全力で

ベンチプレスを

上げられなくなったと言う(,,・д・)★
(アントン談☆笑)

  • [641552]  2020.03.29
  •  K8augPj6 #K8augPj6

No title

まあスーパー・スター列伝は、
どんな荒唐無稽なエピソード書いても、
猪木談!!☆
って書いとけば,大抵はどうにかなるってのが魅力的だったわけですしと(和笑

だって梶原一騎の空手バカ一代なんて冒頭から、
この男は実在する実話である!!
みたいに始まってんのに、
大山倍達がアメリカ遠征で、プロレスラーやボクサーとデスマッチし続けたって話に、
作品にも出て一緒に遠征してたレスラーの遠藤幸吉さんが、
後に、え??大山さんそんなことやってたっけ??
って証言したりとか⦅爆、
しまいにはマス大山と香港カンフーの達人が、MSGを借り切って全米テレビ中継で決戦!!☆
とか、
もうなんかどんな別宇宙の話なんだよと(夢幻笑

でも梶原一騎がすごいのは、単にそんな妄想話してるだけじゃなく⦅爆、
漫画原作の映画「四角いジャングル」とかで、
ガチで猪木vsウイリーをリアルで実現させたり、
映画「史上最強のカラテ」で極真の世界大会の」ドキュメントやったりとか、
佐山サトルのタイガーマスクの新日でデビューと並行して、タイガーマスク2世をマガジンで連載して、
そのの漫画のストーリー通りにライバルのブラックタイガーも現実に出すとか、

もうフイクションとノンフイクションの垣根を越えて、本当に漫画世界を自分の力で実現させてたと、
んまあ悪い噂も山ほどありましたが(闇笑、
でも漫画原作者としてもプロデューサーとしても、
あれだけとんでもない仕事をやってのけられうような人間は、もう未来永劫現れないだろうなあってことで、

・・・・・
映画「史上最強のカラテ2」の、
ウイリーと熊の決闘をもっぺん見よっかなあと(追憶

  • [641558]  2020.03.29
  •  宇弓 #LkZag.iM

No title

 あのファンタジー感覚がプロレスの魅力でしたね。

 ただ、ホント、ギリギリ僕はそれが崩れていなかった時代に業界にいたので、そのファンタジー性が本物だったときを知ってます。いまはプロレスラーが控室でもヘラヘラしながら「ここでバックドロップやってさ」なんて打ち合わせやって、リングでのリハーサルとか部外者が見ても平気な顔してたりしますが、昔はそんなのはゼロでした。

 殺伐としてて、世間に対しても怪物性を本気で演じてました。リング上でのケンカもありましたし、道場破りの柔道家とか空手家をぶちのめしてました。だから、紙のプロレスとかが「俺たちはガチじゃないの知ってるんだぜ」という自慢スタンスで書いているのを見て、「おまえなんか何も知らねえよバカ」と思ってました。それで何かあったらいつでもガチでぶっ殺してやるって気持ちを持っちゃったのが、結局はそういうのが「プロレス下手な奴」扱いでしかなくなって、何も言えなくなっちゃいましたけどね。PRIDE出て負けたプロレスラーを笑う奴もいましたが、格闘技の練習ろくにやってないでも出ちゃうのは逆に怖いもの知らずだったところもあります。

 僕もキングダムでレスリングの西日本王者とやったとき、簡単にぶち殺せると思ってました。なんというかケンカ強いオーラがなくて。でも、15分間、抑えられっぱなしで判定負け。まったく技を決めさせてないので痛くもかゆくもないのに、上に乗られてるから判定で完敗なんですね。で、「なに舐めてたんだ俺」って思いました。そういうのプロレスやってなかったら存在しない無鉄砲な精神性だったと思います。

  • [641559]  2020.03.29
  •  ★ 片岡亮 (NEWSIDER) #-

No title

 映画では地球の最後が来るようなパニックものが結構好きなんですが、いま現実の世界でこうなっちゃって、やっぱり物語とは感じ方が全く違いますね。

  • [641560]  2020.03.29
  •  ★ 片岡亮 (NEWSIDER) #-

No title

マイルスのジャックジョンソンのレコードは持ってるんですが、アメリカのTV番組用サントラて事で日本語videoで出て居たとは知りませんでした。ただウィラードに負けた試合含めたダイジェストはテレビで見た事あるので、そのvideoからの抜粋だったのかもしれません。別スレで貼り付けておられるアリとダマトの解説対談も何回もテレビで見ました、、ヘビー級が人気あった頃は色々テレビでも放映ありましね。
所で漫画と言えば、私のガキの頃少年キング!に”ジャイアント台風”と言う馬場を主人公にしたプロレス漫画があって、馬場のアメリカ活躍時代のUSマットを嘘盛りまくりで描いて居て、日プロ時代の来日レスラーに対する恐怖感をガキどもに植え付けまくってくれた記憶が有りますんで、ギリギリ盛りを常に模索しているスパースター列伝の姿勢にはむしろ微笑しさを感じながら読んでいた次第。

  • [641562]  2020.03.29
  •  ローカル #TaqcLhgs

最近見た、パニック☆映画だと→いぬやしき

主演が亀梨和也だと思って、ずーっと見てたら

最後のエンドロールに→佐藤健と書いてありました(笑)!


小噺「亀梨和也のような佐藤健」
お後が宜しいようで(,,・д・)☆(笑)

  • [641564]  2020.03.29
  •  K8augPj6 #K8augPj6

No title

片岡さんってアマレスの西日本王者と対戦とか、
まるで夢枕獏の餓狼伝みたいなキャリアを送ってるんですね(感銘

ジャックジョンソンの日本発売ビデオは、大映ビデオから出てて、
いま私の目の前にありますが、モノラルHiFiで字幕スーパー88分で14800円と、
・・・・・・
んまあ昔のビデオは高かったよなあと(懐笑

ケッチェルを逆転でぶちのめしたパンチなんて、もう野球のフルスイングみたいに、
殴ったジョンソンも勢いでつんのめってすっ転びそうになってると⦅爆、
・・・・
まあいろんな意味で現代ボクシングとは別物だよなあと。

だからジャイアント台風なんて、
力道山を腹に乗せたまま、アメリカのデカいマンホールの上で蓋を取って腹筋だけだ耐える練習とか、
力道山が、俺はゴングで殴られて目が飛び出したんだけど押し込んだら戻った、
レスラーって言うのはそれだけ鍛え上げられたものなんだ!!
とか馬場に説教したりとか⦅爆、

・・・
巨人の星とかもそうですが、昔の漫画ってあんなに実在の人間を好き勝手にいじって、
これはフイクションですんで☆で許されてるような、
何かあればすぐヒマなネットクレーマーに責められて平謝りの現代と違って、
のどかで牧歌的な時代だったんだなあと(穏笑

  • [641569]  2020.03.29
  •  宇弓 #LkZag.iM

No title

拳銃等リアル飛び道具以外すべて持ち込みOK!(銃刀法ってなんやろ? 笑)
そしてプロレスラーが絶対にやってはならない事
「ファンを殴ろうが 逮捕されようが 人気やギャラの問題も含めて
絶対に対戦相手に大ケガをさせるな!」
矛盾と調和の世界 笑

  • [641570]  2020.03.29
  •  kaiスタイガ #-

No title

だからその辺が片岡さんが言ってるように、
リアルファイトとしてのガチで本当に強いかどうかとは別に、
プロとしての自覚や覚悟をもって、いろんな理不尽や無茶もやってた昔のレスラーの醸し出す、
人としての迫力や凄味って物なんだろうなあと。

・・・だってやたらライトになっちゃった今の新日のレスラーとか見てても、
どう見ても怖さとか凄さとかあんま感じられない、
みんなすごく爽やかで礼儀正しくていい若者にしか見えないし。
いや別にそれは全然悪いことじゃないはずなんですが⦅爆、

・・・でも昔のような過酷なしごきとかもあまりないんだろうし、
そういう理不尽さを乗り越えてきた、精神的に屈強な人間が醸し出す魅力とか雰囲気とかも、
もうこれからは見れないのだろうかと思うと、
時代が変わるってのは、改めていい面も悪い面もも含めてのことなんでしょうかと(想嘆

  • [641573]  2020.03.29
  •  宇弓 #LkZag.iM

No title

ジャムさん、日頃、酷い人でも、路地裏で猫をなでてるのを見ると、実は良い人と錯覚してしまう人が出るアレですか? 旧徳のは

  • [641591]  2020.03.29
  •  嵐にやられたい #-

No title

>まるで夢枕獏の餓狼伝みたいなキャリアを送ってるんですね(感銘

そんなんじゃないですよ。単に道場がないのでキングダムの道場で人が少ない時に練習させてもらってたら、社長の鈴木健さんが「試合に出ない?試合数がもう少しほしくて」って言ってきて、相手も知らずに受けたんです。そしたら、試合前日ぐらいに「結構いい選手、決まっちゃった!」って笑って言うんですよ。だから顔も経歴も知ったのは当日でした。でも、あの頃、練習で顔を合わせた村上一成さんとか後に、逆にプロレスで成功してて、ちゃんと強い人はなんでもやれてるんですよね。僕はなーんにもない落ちこぼれです(笑

 ちなみにキングダムルールもよく分かってなくて、リング上で「金的カップしてないじゃないか」と言われ、入場後に一旦、引っ込んで付け直した恥ずかしい思いをしました(笑

>力道山が、俺はゴングで殴られて目が飛び出したんだけど押し込んだら戻った、レスラーって言うのはそれだけ鍛え上げられたものなんだ!!とか馬場に説教したりとか⦅爆、

 あー最高。そういうのにしびれたのは極真空手も近いものがあったのかも。なんだかまるで映画の題材みたいですね。

  • [641592]  2020.03.29
  •  ★ 片岡亮 (NEWSIDER) #-

No title

平成のテロリスト村上一成!!
なんて、今じゃニックネームだけで苦情が来そうだしなあと⦅爆

だからそういうことも含め、
梶原一騎が作ってたような、レスラーや極真空手家に対する想像力やロマンってのが生まれる余地が、
今の格闘界にあまりないのかなあと。
ボクシングだって昔は、ガッツさんが路上で暴漢7~8人をKOして新聞沙汰になるとか、
そういうロマン幻想があったしと(懐笑

それこそ昔は芸能人やアスリートも、
かなり常軌を逸した遊びや行動をして、多少のやんちゃしても世間が容認してて、
普通の凡人が夢やロマンを見れる特殊な存在だったわけで、

それが今や、
自分のジャンルでの活動以外では、世間の人たちと同じに行儀よくしてないと即ネットやらで叩かれるという、
・・・そんな日常じゃ普通のサラリーマンと同じような価値観や発言の人に、
夢やロマンなんて見れないだろうになあと(悶笑

だから純粋にそのジャンルを好きな人にとっては有名でも、
ジャンルの壁を越えて、世間全ての人に届くような超スターが、
どのジャンルにも出現しづらくなってるのは、そういうことなんだろうかとか、

・・・ジジイみたいに、
あんま昔はよかったのお・・・・
なんて言いたかないですが、
やっぱ昔のほうが色んな意味で自由で楽しかった気が(懐古笑

  • [641597]  2020.03.29
  •  宇弓 #LkZag.iM

ミリオンダラーベイビーの見え方でその人が歩んできた人生が見える説

ミリオンダラーベイビーは名作だと思いますけどね。
貧困層の人間の一生を上手く描いてますよ。

賛否が分かれる映画と評判ですが、
おそらく、平均以上な家庭に育ち、平均以上の人生を送れた人間は批判するかと思います。
暗い、つまらない、あんな家族あり得ない、あんなチャンピオン有り得ない。

優しさに包まれて、恵まれて生きてきたら、当然そういう意見になると思います。悪いことではありません。ただ、身近に、当たり前に存在している愛に感謝して下さい。

日本では少数派である貧困層の人間が見たら感銘を受ける作品だと思いますね。国や背景は違えど、自分と重ねられるシチュエーションが多々ありますから。

ボクシング映画に限らずスポーツを題材にした映画の主人公はみんなエリートで、そいつらが挫折してまた立ち上がるストーリーが大半ですが、それって贅沢な悩みというか、生活水準や色んなものの基準が高い所に設定されてますからね、庶民からしたはもはやファンタジーの世界でリアリティはありません。成功したアスリートがオフの時にでも鑑賞すれば感動するでしょうけど。

その点ミリオンダラーベイビーは、適度なフィクションを交えて見事なバランスで描かれてると思いますよ。

恵まれない主人公が成功を掴む寸前で不幸に見舞われる。まさに世の中を表してると思います。

これが元々金持ちの子だったら成功してますから。

不遇なジムオーナー
片目のトレーナー
貧困層の主人号
ハンデを抱えた練習生

世界の大半はこんな人間達で形成されてるんじゃないでしょうか??
誰が悪い訳でもなく、皆誠実に懸命に生きているだけなのに、勝ち負けが生まれ、貧富の差に苦しみ、当たり前の愛情を受ける事さえ許されない。

そんなやるせない世の中を見事に描いてますよ。

ゴング後に加撃して相手の首を折るような奴がチャンピオンな訳ないだろ!!
という意見はご最もだと自分も思いますが、
あれはあくまで世に蔓延る理不尽を表現したものだと自分は感じますね。
明らかにおかしいし、許されるものではない。が、何故かそんな理不尽が様々な要因、人間のしがらみで、まかり通るのがこの世界ですから。
金持ち、成功してる者、人の上に座している者達、これらが皆清廉潔白で正しいでしょうか?
そんな事はありませんよね。


マギーが全身麻痺になった後、フランキーとエディが互いに葛藤しながら意見をぶつけ合うシーンが自分の中では印象的です。
翻訳する人間によって言い回しは違いますが

フランキー 俺が殺した
エディ それでも彼女は輝いた、
人は毎日死ぬ 掃除婦や皿洗いをして
そして人生を悔いながら最期を迎える
彼女は十分輝いていたよ
栄光の拍手は鳴り響いている


フランキーと出会わなければ全身麻痺にはならなかった。ただチャンスを得ることも無く、それまで通りの苦しい人生。
出会えた事で愛を知り、強く輝けた。一瞬だけだったとしても。

どっちが良かったかなんて誰にもわかりません。

フランキー目線でもマギー目線でも胸が詰まりますね。


マギー 私を見捨てる?
フランキー 見捨てるものか

何気ないシーンでのこのやりとり、
フランキーは本当にマギーを愛していたんだなと。最期まで決して見捨てなかった。
愛する者を苦しみから救う為に自ら手にかける。この作品ではあくまで尊厳死ですが、人を愛する、いわば強い干渉ですよね。その責任をどう取るのか、どうすれば取れるのか?自分や、時にはその相手を殺してまでその責任を取れるのか?
世間の評判や人の目を世界一気にする日本人にこそ、問いたい課題だと思います。
人を愛する事、それに伴う責任、
周りに人を寄せ付けない愛されない人間がそれを一番理解していた。

現実は上辺の綺麗事だけでは済まされない。
辛く厳しく激しいものなんだと。

頭の悪い幼稚な連中が上辺だけで馴れ合ってる、宝飾で平和ボケした坊ちゃん嬢ちゃんだらけの、そんな今の日本人にこそ、見て欲しい映画かなと思います。

学校の道徳の時間に年1流してもいいかも。笑

  • [641647]  2020.03.30
  •  デンジャー #-

No title

 村上さんと一緒に練習してた佐藤耕平が、僕の練習仲間だった元リングス練習生の布施クンとキングダムでデビュー戦を戦って、僕がセコンドに付いたんですが、MMA試合経験ゼロのUWFプロレスラーが互角の攻防でドローに持ち込んで、「なめるなよ、この野郎」って雰囲気がありました。でも、試合後に話をしたら、佐藤は好青年でした。当時はプロレス系を馬鹿にするMMAの連中がいたから、こっちもケンカ腰だったけど、村上さんの仲間はちゃんとしてましたね。その後、佐藤がZERO ONEで活躍するプロレスラーになってちょっと嬉しかったです。ケンカ騒ぎもしょっちゅうの殺伐としたものが密かに存在したプロレス界は大好きでした。サーカス化して僕は興味なくなりましたが。

 ミリオンダラーベイビーは名作でしょう。イーストウッドは演技に色気があって惚れ惚れします。

  • [641733]  2020.03.31
  •  ★ 片岡亮 (NEWSIDER) #-

No title

『ミリオンダラーベイビー』でのモーガン・フリーマンの語り。

ラストでそれは音信が途絶えていたイーストウッドの娘に宛てた手紙だったという落ちがまた秀逸。

モーガン・フリーマンは『パワー・オブ・ワン』というボクシング映画でも差別が故に殺害されるボクサーを演じていましたね。

  • [641736]  2020.03.31
  •  ジャム #-

No title

[641306] を書いた者です。
>「ミリオンダラー・ベイビー」が頭をよぎりましたが、
>「サウスポー」を推します!

これだけ話題にあがるのなら、「ミリオンダラー・ベイビー」を推すべきだったかw
いや、でも「サウスポー」を推すという方もおられて(感激!)
これで良かったと思っています。

追記で「ビニー/信じる男」を書こうと思ったら既出でした。

再起不能と言われたビニー・パジェンサ(実在のボクサー)がハードトレーニングで遂に!…(この先はネタバレになるので)

流石、マーティン・スコセッシ製作総指揮の映画!と演技指導もしっかりして、丁寧に作り込んでいます。

サンストリート様、是非ご覧になられて下さい。

  • [641742]  2020.04.01
  •  SHIROBAKO #-

No title

不要なSEXシ-ンがなければ石の拳なのだが。
レナ-ド夫婦役にも必要ない場面でさせてるのが残念。

  • [641749]  2020.04.01
  •  エスパダス #-

レナードといえば、ラストファイトでカマチョにKOされたんですよね。
マッチョマンカマチョ、この人の波乱の人生は映画にしたら面白いかと。
ド派手な男前、奇抜なコスチュームや入場、チャベス レナード等のレジェンドとの対戦、刑務所、最後は銃撃による暗殺と、ヒットする要素たっぷりだと思いますが。

  • [641760]  2020.04.01
  •  永遠の名無し #-

No title

 そう言えば『ミリオンダラー・ベイビー』は、ラストの敵役で、私は女性ストライカーの「最高傑作」だと確信している、ルシア・ライカが出演してますね!

  • [641791]  2020.04.02
  •  字伏 #-

コメントの投稿

非公開

なかよくする

 意見交換は相手を打ち負かすためでなく、より良い意見を生むためです。ご協力に感謝します。
※コメント投稿者は、以下のガイドラインを了承したものとします。「投稿内容は投稿者の責任とし、第三者への不利益が発生しても損害を管理者に責任を負わせません。投稿に関しては管理者に予告なく複製、転載、削除等の権限を無制限に与え、迷惑行為、運営方針に反するものは予告なく削除、記録開示、警察への通報を認めます」

チケットぴあ
↑観戦チケットはこちら
楽天チケット



チーズ/片岡優香

楽天西友ネットスーパー

 この場所に広告掲載できます ⇒ お問い合わせ

CONTACT US

RYO KATAOKA(NEWSIDER)

Author:RYO KATAOKA(NEWSIDER)

記者チーム「NEWSIDER」主宰、在マレーシア・クアラルンプールのジャーナリスト。事件、芸能、スポーツ、国際情勢、裏社会、オカルトなど取材しながら頻繁に日本と往復しています。

★仕事の相談、情報提供、広告掲載など、お気軽にご連絡ください。 ⇒ CONTACT US (E-MAIL)
ツイッターはこちら

チケットぴあ
ボクシングチケット購入

片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」2006年より長期連載中






※記事中の敬称略をご容赦下さい※コメント投稿は「パスワード」入力で、なりすまし防止の識別コードが付きます。※本ブログの広告からお買い物をされると、掲示商品でなくても数%程度の収益があります。日々更新に皆様のご協力よろしくお願い致します。(担当/藤堂香貴)

BLOG

CATEGORY

SEARCH

COMMENTS

<>+-

LINK

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
21位
[サブジャンルランキング]
格闘技
1位
アクセスランキングを見る>>

Other RANKINGS

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/実話ナックルズ/紙の爆弾/サンデー毎日/EX大衆/FLASH/iRONNA/東洋経済オンライン/覚醒ナックルズ/FRIDAY/産経新聞/週刊大衆/週刊朝日/週刊文春/週刊新潮/アサヒ芸能/テーミス/CIRCUS MAX/日刊サイゾー/週刊現代/東京新聞/読売新聞/覚醒ナックルズ/実話ドキュメント/週刊ポスト/SPA!/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/婦人公論/不思議ナックルズ/MSNドニッチ/KEITAI BANDITS(バンディッツ)/データマックス/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/J-CAST NEWS/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/LAPOO/スポーツライフ/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/バイキング(フジテレビ)/直撃LIVE グッディ!(フジテレビ)/ひるおび(TBS)/スッキリ!(日本テレビ)/サンデー・ジャポン(TBS)/サンデーLIVE!!(テレビ朝日)/新・情報7DAYSニュースキャスター(TBS)/めざましどようび(フジテレビ)/あさチャン!(TBS)、とくダネ!(フジテレビ)、NEWS ZERO(日本テレビ)/グッド!モーニング(テレビ朝日)/news every.(日本テレビ)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ /サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同) 価格.com自動車保険 比較・見積もり