チャーロ弟、再戦TKO勝利!パリクテとナルバエスが無名相手に黒星

12・21米・ロサンゼルス「PBC」(FOX)
 ▼WBC世界Sウェルター級タイトルマッチ 12回戦
  1位・ジャーメル・チャーロ(米国) 11回TKO 王者・トニー・ハリソン(米国) 
 ▼WBA世界バンタム級王座決定戦 12回戦
  2位・ギレルモ・リゴンドー(キューバ) 中止 1位・リボリオ・ソリス(ベネズエラ)
 ▼10回戦
  アンドレ・ディレル(米国) 5回KO ファン・カブレラ(ドミニカ共)
  オスカル・エスカンドン(コロンビア) 1回KO IBF世界フェザー級3位・ジャック・テポラ(フィリピン) 
 
12・21ドイツ・ハンブルグ
 ▼IBFインターコンチネンタルSミドル級王座決定戦 12回戦
  10位・ユルゲン・ブレ―マー(ドイツ) 7回KO ユルゲン・ドーベルシュタイン(ドイツ)

12・21豪州・ハーストヴィル
 ▼10回戦
  ビリー・ディブ(豪州) 3-0 ヴァン・タオ・チャン(ベトナム)

12・21ロシア・クラスノヤルスク
 ▼WBCクルーザー級シルバー王座決定戦 12回戦
  8位・タビソ・ムチュヌ(南ア) 3-0 9位・デニス・レベデフ(ロシア) 
   ※119-108、120-107、115-112

12・28アルゼンチン・ロサリオ
 ▼IBFラテン・バンタム級タイトルマッチ 10回戦
  パブロ・ゴメス(アルゼンチン) 2-1 王者・オマール・ナルバエス(アルゼンチン) 

12・21フィリピン・マニラ
 ▼フィリピンSフェザー級王座決定戦 12回戦
  カルロ・マガレ(フィリピン) 2-1 アル・トヨゴン(フィリピン) 
 ▼10回戦
  レンズ・ロシア(フィリピン) 3-0 WBO世界Sフライ級8位・アストン・パリクテ(フィリピン) 
   ※79-73、77-75、78-74

DSC04176.jpg

 チャーロ弟はTKOでリベンジ。試合はパワーで勝るチャーロが多彩な攻撃を見せ、ハリソンがガードを固めて手数より精度重視で強いジャブ、ストレートをヒットさせる前回に近い展開だったが、2回にカウンターの左フックでチャーロがダウン先取。ただ、ラッシュをしのいだハリソンも反撃。手数はチャーロが多いが、的確に当てるハリソンとヒット数は互角、6回までヴィレガス氏の実況採点はダウン以外をハリソンに付けていた。

DSC04171.jpg

 8回途中で集計サイトのヒット数は93でイーブンに並ぶ接戦ながらハリソン優位と見る人も多いだろうという中、やや疲労の見えたハリソンに11回、チャーロが左フックからの連打でダウンを奪うと、ロープ際に詰めての連打、防御オンリーのハリソンをレフェリーが止めた。最後のところは致命的なヒットはないように見えたからハリソンも抗議していたが、チャーロのTKO勝ちが告げられた。10回までの公式採点は、95-94、93-96、96-93でハリソンが2-1。

DSC04152.jpg

SPENCEDSC04167.jpg

 リングサイドには交通事故からの復帰ですでに練習を開始しているスペンスの姿もあった。「5月か6月ごろに試合をすると思う。復帰の準備はできているので、調整試合はいらないです。 トップ争いが欲しい。 マニー・パッキャオかダニー・ガルシア。僕はウェルター級チャンピオンで、みんな戻ってきてほしくなかっただろうけどね」
 FOXの視聴者数は平均185万件、メインは222万件。

 井岡との世界王座決定戦に敗れたパリクテが、再起戦でノーランカーに判定負け。相手ロシアは15勝(8KO)9敗1分、前回6回戦でタイのペッチバンボーン(井上尚弥、河野公平に敗北)に敗れている選手。懐深いワンツーで小柄な相手に出て行ったが、なかなかクリーンヒットを奪えず、小気味よくボディや大振りフックを打ってくる相手にペースを握れず、トリッキーな動作にも惑わされて見せ場を作らせてもらえず試合終了。ゴング後、疲労を見せない相手は勝利を確信して喜び、パリクテは暗い顔でリングを降りた。(片岡亮)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

となりのトトロ(2020年1月始まりカレンダー)
価格:1980円(税込、送料無料) (2019/11/15時点)


 ウィリアムヒルのオッズは、ハリソンが3.1倍、チャーロが1.3倍で挑戦者優位。リゴンドーは1.1-6.5。リゴンドー×ソリスは中止。ベネズエラのソリスはパナマ在住だが、母国とアメリカの政治的緊張の犠牲となり、ビザに必要な書類が間に合わず。PBCは来年に延期としている。



ハリソン 「相手に愛情は一滴もなく、敵意しかないから解決方法はひとつ、戦うこと。俺はこの階級で最も危険な男で、6フィート1インチ(185センチ)、超高速で強く、誰も戦いたがらない能力を全部持ってる。奴は精神的に弱いし、俺が怖いから感情的になってる。12ラウンド奴を殴り続けたいね」
チャーロ 「あいつは詐欺師。本物のチャンピオンじゃない。俺こそ本物で、それを証明しに行く。(ハリソンが試合延期した理由)のケガもウソだろ。この身を削るスポーツは心と体への負担が大きいし、ちゃんとやらないと壊れるんだ。つまらない言い訳をして逃げたんだろうけど、簡単な抜け道はない。トップにいるなら戦わなきゃいけない。いま、おまえの前にいるのは前回のジャーメル・チャーロじゃない。KOする。ジャッジが判定を下すことはできない」

harrisoncharlo21221_Web.jpg

 井上尚弥の王座統一で、空位になったWBAバンタム級の2番目タイトルは、リゴンドーとソリスで争われるが、当初12月7日ニューヨークの「ジャモール・チャーロ×デニス・ホーガン」で行なわれる話だったところ、21日のロサンゼルス開催となった。メインは「トニー・ハリソン×ジャーメル・チャーロ」再戦。試合はロサンゼルス近郊のオンタリオ、約11000人収容のトヨタ・アリーナ。前回6月、WBCスーパーバンタム級挑戦者決定戦で1位・フリオ・セハを8回TKOで下した元世界王者ギレルモ・リゴンドーだが、先に伝えたように「井上尚弥と戦うため」と言ってバンタム級に降臨。19勝(13KO)1敗、シドニー&アテネ五輪金メダリストで09年にプロデビュー、7戦目でWBA暫定王座を獲得。V2戦で正規王者リコ・ラモスに勝って統一。13年、WBO王者ノニト・ドネアとの統一戦にも勝利。WBA12位アグベコ、WBO5位ソッド、同6位・天笠尚らに3度防衛したが、15年、防衛戦の予定が立っていないことを理由にWBO王座はく奪。17年、WBA10度目の防衛戦で暫定王者フローレスとの試合が無効試合になった。翌戦で、スーパーフェザー級のWBO王者ワシル・ロマチェンコに挑んだが、6回終了の試合放棄でTKO負け。WBA王座は返上となった。昨年1月に復帰して2勝。39歳にして世界王座返り咲きを狙う。

 相手は山中慎介とも戦ったことがある元世界王者ソリス、30勝(14KO)5敗1分、37歳。11年にWBAスーパーフライ級暫定王者になり、V2戦で正規王者・河野公平を下し、13年はIBF王者・亀田大毅との試合で、体重超過の上で判定勝ち。無冠で連勝を続け、16年にWBCバンタム級王者の山中に挑んだが、大差の判定負けだった。16年、WBA王者のジェイミー・マクドネルにも挑んだが判定負け。ダイレクトリマッチが組まれたが、3回のバッティングでノーコンテストに終わった。その後はパナマとベネズエラで無名相手に5連勝。2階級制覇を狙っている。
 メインの再戦は6月に負傷で延期されていたもの。両者は昨年12月に対戦し、ハリソンが115-113、115-113、116-112で判定勝ちしたが、集計サイトのヒット数ではハリソンがジャブで上回るも総計ではチャーロが上だった。採点に論議があったため、WBCは早々にダイレクトリマッチを指示。前戦はチャーロ兄弟によるダブル世界戦をメインとした「PBC(プレミア・ボクシング・チャンピオンズ)」シリーズによる地上波FOXの第1回放送で、平均197万件、最高242万件の高視聴率を記録した。ハリソンは28勝(21KO)2敗。17年のIBF王座挑戦はジャレット・ハードに9回TKO負けだったが、3勝を経てチャーロからの王座奪取に成功した。チャーロは31勝(15KO)1敗。ジャモールとの兄弟ボクサーで、17年の王座決定戦で2位・ジョン・ジャクソンをKO。2位・チャールズ・ハットレイ、1位・エリクソン・ルビン、7位・オースティン・トラウトに3度防衛したが、5位・ハリソンに番狂わせの陥落だった。(片岡亮)

ハリソン 「何も変わることはない。相手の言葉で俺はいまかなり燃えてる。相手は大口叩くけど何もできやしない。俺を倒すスキルを持ってないんだから」
チャーロ 「前回は俺が勝ってたし、今回はもっと差をつける。圧倒する。最高のジャーメル・チャーロになる。ハリソンが俺のレベルにないことを見せてやる」


  • コメント 51

コメント

  【投稿】(最新コメントへ移動)

No title

「転級」じゃなくて「降臨」という所に
片岡さんの期待が(笑)

田口「インチキ王座ができるならスーパー王者にならなくていい」。
現状、京口に次いで日本人スーパー王者になった尚弥は
なんて言う?

  • [628229]  2019.11.15
  •  kaiキャノン #-

リゴンドーと対戦すればロマチェンコと井上の比較

あちらからやってきましたか^^:

井上がSバンタムに上げてからなら、リゴンドーの年齢も考えると井上圧勝の可能性も考えてましたが、今、リゴンドーがバンタムに降りてきてだとわからないですね。

ドネア自身はリゴンドー戦ではモチベーションが低かったと言っているとはいえ、リゴンドーは全盛期のドネアを凌ぐスピードとカウンターで完勝。

現在のドネアと接戦になった井上尚弥。

また、ギブアップとはいえ、現役最強でしかも2階級上のロマチェンコとも試合をしし、大きなダメージは無かったリゴンドー。

前戦では打ち合いにも対応し、多少の打たれ強さは証明。

リゴンドーと対戦すればロマチェンコと井上の比較にもなるし、実現して欲しいな~☆

  • [628514]  2019.11.17
  •  ツバメ返し #M0Gv5u3s

No title

リゴンドーは打たれもろいというか天笠にもあっけなくダウンさせられていますが、深刻なダメージを感じさせたことはないですよね。ロマ戦でも棄権したけど滅多打ちされたわけでもなかった。リゴが12月の試合できっちり勝てば、井上の次戦の相手になる可能性はかなりあるんじゃないでしょうか?アメリカではボクサーの知名度が優先されるのでリゴはいい候補だと思いますが、すべてはボブ・アラムの胸先三寸といったところですね。

  • [628532]  2019.11.17
  •  カメさん #qJ1fZ8V6

No title

リゴンドーの現在の実力を図るにはソリスはいい相手ですね。
しかし前回の様子やこの年齢でのバンタムへの転級。
ソレスは地味にいい選手ですし調子乗らせてしまうとやられてしまうかも。

ここで健在ぶりをアピールできれば確かに尚弥戦に繋がるのが順当ですし、試合間隔も怪我した尚弥の事を考えれば丁度いい。
でも、リゴンドーは必ず尚弥の右目を狙ってくると思うんですよね。
負けないまでも硬い拳で更に怪我を重ねてしまう可能性を考えるとあまりやって欲しくないなってのが僕の本音です。
一年くらいすれば怪我も癒えるしその印象も薄くなるから、その頃なら是非観たいな~と勝手に思ってたりします。

  • [628537]  2019.11.17
  •  おいろん #FECFAQn.

No title

むしろ対戦相手は井上の目をガンガン狙ってほしいね。
反則でもなんでもないんだから。

  • [628538]  2019.11.17
  •  目を狙え #-

No title

尚弥は目を狙ってくる相手を想定して練習するだろうからむしろ相手は罠にはめられるようなものかもしれない。

  • [628542]  2019.11.17
  •  カメさん #qJ1fZ8V6

No title

リゴンドーはドネア以上にくせ者。あの体格であの懐の深さ、シャープで最短距離の無駄のない動き。

いくら井上でも、リゴンドーとまともにボクシングしたら勝てないでしょう。ましてやリゴンドーは体格面では井上より上なわけだし。

井上はドネア戦でとてもいい経験をしたのは分かるが、ボクシング勝負しないほうがいい。もし今後リゴンドー戦があるのならば、カウンター被弾覚悟で、初回からガンガンいかないと勝てないように思う。

  • [628571]  2019.11.17
  •  一根ニ根三根 #-

No title

まあそれもこれも含め、
このソリス戦は注目ですね。
だって前回のセハ戦は・・・・
あまりのリゴの変貌ぶりに正直びっくりしましたし。

あのとにかく避けるのが第一で、世界中からもっと面白い試合しろよう!!
ってどんなに文句言われようがガン無視で、常に自分ペース崩さずの精密ロボだったリゴが、
もう足止めてなれない打ち合いやって、ガンガン打たれて効かされてと、
ただでさえSバンタムでもそんなに大きくないリゴがあんな戦法やってたら、
そらそのうちやられるよって感じだったし。

だから前回のあれが、ロマチェン戦での余りの商品価値の下落を取り戻すためにあえてやってて、
すぐにでも元の精密ロボに戻せるならば、
・・・正直井上にとっては、あのロボに冷徹に、
客がブーイング飛ばそうが、ただ井上の右目を破壊するために、ひたすらショートカウンター狙いなんてやられたら、
ちょっと選手生命にかかわるやもですが(怖

それともあのセハ戦が、もう加齢と反応の低下で、自然とあんな感じになったんだとすれば、
当然井上にボッコ凹にされるだけだろうし、
下手すりゃ出入りのスピードあって、攻撃の多彩なソリスにもやられちゃうだろうしと。

だからそういう意味で、
果たして現状のリゴがどんな感じなのか,井上に対抗する状態をキープで来てるのかどうか含めて、
まあ私とカリメロさんとyouさんとようさんとで、
昔っからのリゴ大好き☆クラブとしては⦅爆、
色んな意味で興味深いなあと。

  • [628577]  2019.11.17
  •  宇弓 #LkZag.iM

No title


モロニー兄弟のスレにもかいたんですが、ジェイソン・モロニーが最初はソリスとの決定戦だったような気もするし、リゴンドーがバンタムでどのような動き、試合するのか注目なんで、バンタムですくなくとも、ドネアのように2試合はしてほしいんですが。リゴンドーWBA第2タイトル取ったら、ジェイソン・モロニーとの初防衛戦。

モロニーもリゴンドーが下りてきたんで、決定戦から弾き飛ばされた感じ。チャンス与えていいんじゃないかと?。次戦ですぐに尚弥×リゴンドーの希望って多いのですかね?。

なんか、WBA統一してまた、立て続けにWBAチャンピオンとの団体内統一戦になるわけで。
大人の交際中アラフォー女史に次にまたまたWBA統一戦とかなったら、どう言えばいい??。WBSSと団体内統一と他団体との統一戦の説明するのにも大変だったんだから。
寝物語にもならね~よ。


  • [628581]  2019.11.17
  •  トクメイ #DUR24XiI

No title

正直前回のリゴは、調整ミスもあったかもしれませんが、あれしか出来なかったのだと思います。
そもそも、超絶技巧に加えパンチの破壊力があるのが魅力でした。
そしてここで行けばK.O出来る場面なのに、安全運転に切り替えるから観客にフラストレーションがたまるわけで。
誰も望んでいない内容の試合を敢えてする理由が無いですよね。
衰えの可能性は低くないと思います。
脚に故障があったのかもしれませんが・・。

  • [628584]  2019.11.17
  •  おいろん #FECFAQn.

リゴンドー

セハの連打も凄かったですね。1,2,3,4,5、と。

確かにリゴンドーの一撃は怖い。五輪連覇、キューバ最高傑作の"拳豪"
と、我らが最強のMADE IN JAPANの"モンスター" がリング上で相まみえる場面を想像するだけで緊張します。

最強を目指す井上選手ならばやってくれる…はず^^;

むしろ、実績・実力は歴史的選手と言っても良いリゴがこれ以上衰える前にやって欲しい。(リゴンド- vs ドネアⅡも興味ありますが)

でも、尚弥選手にはその先の夢の対決の期待もあるので、前回の様な怪我の心配無い様、万全で挑んでもらいたいです。

…リゴンドーって影があって独特のオーラですね。家族を残してのキューバ脱出とか、負けたら自身の選手としての価値が無くなってしまうとか、漫画顔負けのストーリーを背負ってそうで。そちらも気になります。

動物的だし、感情が見えないし、顔も小さい、でも常人強さで離れしたドラゴンボールのカリン様みたいだと個人的には思い出します^^

  • [632503]  2019.12.16
  •  ツバメ返し #M0Gv5u3s

No title

そのリゴンドーの試合はボクレクで見るとカード自体が消えてますので開催されるかどうかが不透明ですよね。

リゴンドーはやはり過去のレッテルが足枷になって損をしてますよね。

  • [632507]  2019.12.16
  •  B.B #-

No title

https://twitter.com/boxingscene/status/1206784355382611969

中止みたいです
リゴさん...(涙)

  • [632559]  2019.12.17
  •  干し草 #-

No title

またかよ!!⦅爆
しかし・・・・・
なんかいちいちリゴの試合がトラブって無くなるのって誰の責任なんですかね??
本人ってよりも、やはりキューバ時代からの周囲の取り巻きのせいなのかなあと。

・・・・せっかく井上戦に名乗り上げたのに、
このままじゃリゴはなんもしないまま40超えちゃうじゃんと(口惜

  • [632563]  2019.12.17
  •  宇弓 #LkZag.iM

No title

ボクレコが正しかったわけですが・・
リボソリのずっと1位はいつまで?
当初の予定通りJモロ戦が よかったかもしれないですね。
不要な王座でもあり 皮肉にも尚弥のA1人王者で 今年は年越しですが

干し草さんが貼ってくださったツイや スレタイをよく読むと
リボソリに原因があるようですね
元祖お騒がせマン 笑

  • [632570]  2019.12.17
  •  kaiキャノン #-

No title


ソリスにピザおりず、来年まで延期だそうです。
ハリソン×チャーロは予定通り開催。

ボクレコに試合予定が今週になっても載ってなかったので、中止だとは思いました。ただリゴンドーの減量がうまくいかず、リゴンドーのせいかと早合点してましたが、ソリスのせいとは・・。
ピザがおりないとは、どういう経緯なんでしょうね?。なんかヤバイことやっていたんか?。

リゴンドー×モロニーになりそうな気もしてきた。


  • [632580]  2019.12.17
  •  トクメイ #DUR24XiI

No title

ソリスにビザがおりなくて中止ってカード発表前にビザの取得を確認してから発表しろよと思ってしまいますね。

見切り発車ではいい加減で困りますね。

  • [632584]  2019.12.17
  •  B.B #-

No title

ビザの不備ってなんやねんと。
海外マッチ素人でもあるまいし⦅爆

・・・いや本当に、
ソリスなんか犯罪がらみでも起こしたんじゃあるまいなと。
南米だし(偏見笑

  • [632589]  2019.12.17
  •  宇弓 #LkZag.iM

No title

海外だとビザが不備またはおりなくて中止はたまに聞くが日本だと余り聞かないですよね。

  • [632607]  2019.12.17
  •  B.B #-

No title



米国とベネズエラの国際緊張のせいで、ソリスにピザがおりなかったんですね。
独裁と石油関係でしたっけ?。とんだトバッチリですねソリス。
緊張緩和しない限り、ソリスにピザおりない??。

  • [632663]  2019.12.18
  •  トクメイ #DUR24XiI

井上は

カシメロ戦がまとまらなければ、リゴンドーにいけばいいんじゃないでしょうか?
あと、4月のIBF指名戦を回避できても、その次に指名戦をしなくてないけなくなるので、IBFは返上して欲しいです。
どうせいずれ対戦するなら、4月にダスマリナス戦でも別にいいわけですしおすし。

  • [632669]  2019.12.18
  •  いやーぴーす #-

No title

リゴンドー戦中止ですが。残念です。

私、個人的にはリゴンドーは以前のボクシングをしようと思えばいつでも出来ると思っていてバンタム級に落とす事も全く問題無いかと思っております。

リゴンドーは身長が161センチしかなくベストな階級はバンタム級だと個人的には思っています。

天笠戦では計量前日にステーキやコーラなど好きなだけ飲み食いしていた事を考えるとメイウェザーやパッキャオ見たくほぼ減量せずに試合をするナチュラルウェイトでスーパーバンタム級でやっているかと思います。

それを考えるとスーパーバンタム級からバンタム級落とすのに約1.8キロと計量前日くらいから水分減量のみで落とせることになりますので一週間前からの減量でも全く問題無いかと思います。

スーパーバンタム級でほぼナチュラルウェイトなのにそこから更に2階級もあげてのロマチェンコ戦は無謀で。私の中ではロマチェンコ戦でのリゴンドーの一戦はリゴンドーの評価の中に入れておりません。

ロマチェンコも試合後に彼はスーパーバンタム級でのベストの選手。と語っております。

近年のリゴンドーのファイトマネーは多くて1000万円前後。少ないと300万円にも満たないファイトマネーの為、ロマチェンコ戦はお金の為に行ったかと思われます。

今回もまたふざけたボクシングスタイルで行くのかいつもリゴンドースタイルで行くのか興味がありましたので延期は残念です。

リゴンドーの凄さって遊びでやったスタイルでも試合で勝ってしまうと。

並のボクサーでは真似が到底出来ないことを軽々とやってしまう。レジェンドだと思います。


  • [632675]  2019.12.18
  •  ゆうし #-

No title

リゴンドーはボクシングではもう達成したい事はほぼ達成したと。

あとは金になる相手を常に探している。

ロマチェンコ戦も無謀だと自分でもわかっていた上で引き受ける。

次の金になる相手は井上だと。

ターゲットを井上に見定めてあえてバンタム級に落としてきたのでしょうから今回の一戦は本当に見たかっただけに残念。

  • [632676]  2019.12.18
  •  ゆうし #-

No title

リゴンドーはオリンピックで制した階級がバンタム級だからそのバンタム級で井上と戦えるなら光栄だと思っているのでは?

天笠戦の事前インタビューで自信満々だったリゴンドーですが尚弥が相手となっても言えるのかな笑

「俺が勝つ可能性?600パーセントだ」

  • [632691]  2019.12.18
  •  怒りの王子 #mQop/nM.

No title

リゴンドー×ソリス延期残念です。興味深いカードだったのになぁ。。。

尚弥選手はドネア選手との再戦より、リゴンドーとの試合興味そそります。
(その後、リゴンドー×ドネアⅡとか・・・)

辰吉選手が尚弥選手はパンチ力というより、急所に打ち込む能力がずば抜けている様な事言ってましたね。

ドネア戦ではあれだけ警戒していたドネアの左フック早々に貰ってしまい、怪我で大苦戦してしまったので、防御が心配。

リゴンドーはドネアの試合後に名乗り上げてきた事考えると、
高いファイトマネーを望めるのもあるけど、井上攻略に自信があるんじゃないかな・・・

試合組んでもらうために、セハ・ソリス戦では客が喜ぶ打ち合い見せて、井上戦ではガチガチの勝負に徹してきたりとか…

  • [632733]  2019.12.19
  •  ツバメ返し #M0Gv5u3s

No title

パリクテ負けたんかーい
しかも相手がペッチバンボーンに負けた選手ってアンタ...

  • [632993]  2019.12.22
  •  干し草 #-

No title

井岡はラッキーでした。あの試合見てもパリクテはパンチはあるが下手。井岡の初防衛は負ける可能性あります。今度の相手は上手い。

  • [632995]  2019.12.22
  •  qwe #-

No title

なんと無敗&体重超過歴あり テポラが
初回KO負け
なおWBA Fe級OC決定戦ではなかった模様
(SFe級対戦)

  • [633005]  2019.12.22
  •  kaiキャノン #-

No title

パリクテ負けましたか・・・
正直、個人的には弱くないと思ってたんですがね。
過大評価だったか・・・それとも結構モチベーションに左右されるボクサーなのか。
単純にこの敗北は井岡の評価にも影響しそう。次戦井岡は万が一負けでもすると一気に評価が落ちるぞ・・・

  • [633006]  2019.12.22
  •  光太郎 #-

No title

ヘビー級のナイジェリア人とロシア人?の試合。まず2Rにナイジェリア人が派手なダウンを奪って、もうロシア人が次のラウンドも千鳥足でグラグラしてたのにカウンターの右を打ってナイジェリア人からダウンを奪い返した。ナイジェリア人が結局またダウンを奪ってタオルが投げ込まれたけど、なかなかヘビー級らしい一発当たればという試合でした。

  • [633010]  2019.12.22
  •  カリメロ #-

No title

ちなみにナイジェリア人はEfe Ajagbaで負けた相手はジョージア(旧ソ連)の選手Kiladze。

  • [633012]  2019.12.22
  •  カリメロ #-

No title

パリクテ選手はやり辛さとある程度のパワーは感じたけど、それ以上は特に。
今回のロシア選手が強いというわけでもないようだし、井岡選手の大晦日の試合がちょっと心配になってきたなぁ。

  • [633017]  2019.12.22
  •  やきだんご #-

No title

チャーロは力入りすぎでリラックスしたらいいのだが。と思ったら2Rにダウンをとる。

  • [633018]  2019.12.22
  •  カリメロ #-

No title

3Rはハリソンの方が優勢。ハリソンの方がディフェンスがいい。

  • [633019]  2019.12.22
  •  カリメロ #-

No title

ハリソンの方が前に出て上下のうちわけがうまい。4Rまでハリソン優勢。

  • [633021]  2019.12.22
  •  カリメロ #-

No title

チャーロ11R逆転勝ち〜!
それまではチャーロの荒い攻撃をハリソンがガードでうまくかわしてジャブや上下にパンチを散らしてクレバーな戦いをしてました。逆にチャーロは倒そうという意識が強すぎてほとんどパンチを殺されてたし、近づいたらハリソンのアッパーをうたれたり。ハリソンのうまさの方が印象強かったです。11Rの左フックの相打ちはパンチの強いチャーロの方がいいポイントに当てたのかそこから怒号のラッシュ。二度ハリソンを倒し立ち上がったハリソンに連打でレフリーストップ。後2Rハリソンがラウンドを取られても終了ゴングがなればハリソンが勝ってたぐらいの試合内容でした。チャーロも好きなんですが、林壮一記者のハリソンの記事(恵まれない人たちへの社会県中活動)を読むとハリソンがの敗北も残念な感じもしました。チャーロは自分のパンチを過信しすぎて攻撃が荒すぎですわ。防御もいまいちいだった。前からこんな選手だったかな?

  • [633023]  2019.12.22
  •  カリメロ #-

No title

ストップがなんか八百長臭い感じした。

  • [633025]  2019.12.22
  •  七瀬 #-

No title

スペンス 罪を償え   不死身かよっ笑

レベデフ負けてザマァ
強豪と試合が決まりそうだったら引退でにげたくせに

  • [633028]  2019.12.22
  •  kaiキャノン #-

No title

「スペンスは再起不能・・・と聞いている」

嘘つきはアラムGでした笑

  • [633029]  2019.12.22
  •  kaiキャノン #-

No title

チャーロ弟は苦戦しながらもリベンジして王座を奪還したみたいですね。

統一王者のウィリアムズとの対戦を期待したいですね。

  • [633039]  2019.12.22
  •  B.B #-

No title

まあこのタイトルはしばらくヘイモン軍団でたらい回しかな
ウイリアムス勝っても同じだしね

  • [633040]  2019.12.22
  •  名無しん #-

No title

WBOはブラジル人だが指名試合で戦うカスターノはヘイモン傘下なのでカスターノ勝てばヘイマン傘下で占められる事になりそうですね。

井上岳が再挑戦するとしたらこの王座が1番良さそうなんですがね。

  • [633043]  2019.12.22
  •  B.B #-

No title

パリクテは井岡に壊されましたね。

  • [633053]  2019.12.22
  •  S.S #-

No title

パリクテ強え~
なんて言ってたのは日本の"自称"ボクシングファンだけでしょw
海外のボクファンから何の取り柄もない、基礎からやり直せと言われるレベルw

  • [633071]  2019.12.22
  •  UQ #-

No title

テポラは、ウーゴ・ルイス戦で5.5ポンドと言うとんでもないウェイトオーバーやらかし、その後のルイスの運命を大きく変えた前科があるので、因果応報って感じですかね。

  • [633146]  2019.12.23
  •  一根二根三根 #-

No title

まあこれで比国勢のFe級は マグサヨ頼みになりましたが
大沢と共に先行き不安ですね

SW級は1月の結果次第だが ず~とやるやる詐欺になってる
ACF 3団体統一戦を!
テイシャラ対カスターノはいけるでしょう?

ルビン対Sガルシアは指令通り対戦を。
いまいち何がしたいのがわからないEララ、ソロ、ハード(次あり)
は潰し合いを期待

  • [633160]  2019.12.23
  •  kaiキャノン #-

No title

>パリクテ強え~
なんて言ってたのは日本の"自称"ボクシングファンだけでしょw
海外のボクファンから何の取り柄もない、基礎からやり直せと言われるレベルw

そんな基礎もできてないの相手にニエテスはドローだったと

ニエテス当時PFP10位とかに選出されてましたが
日本の自称ボクシングファンが選出したんでしょうか?

  • [633523]  2019.12.26
  •  闇金 #-

No title

ニエテス選手は年齢による衰えとスーパーフライ級なら大して強い選手ではなかっただけだと思います

  • [633543]  2019.12.26
  •  アネド #-

No title

>嘘つきはアラムGでした笑


ホントにGさんの言うことはどこまで信じてイイのやら・・・

  • [633545]  2019.12.26
  •  M2号 #IGmjCrYg

No title

えー、ナルバエス負けちゃいましたか・・・

どうしたんだろう。。。

個人的には体格やリーチ差のあるテテにも、あれこれと手を尽くして接近を試みるのが興味深かったし、体格差&全盛期?のドネアとの試合も技術では上回って空転させている所もありました。

(井上戦はあまりの攻撃力とパワーで、ナルバエスの能力が一般に伝わる前に終わってしまったけど、相手や展開が違えば、ナルバエスの技術が日本の視聴者にも伝わると思った。)

  • [633654]  2019.12.27
  •  ツバメ返し #-

No title

スペンス、事故現場から銃が見つかった模様

飲酒運転に加え、ドクズ・・・

  • [634518]  2020.01.05
  •  kaiスタイガ #-

コメントの投稿

非公開

なかよくする

 意見交換は相手を打ち負かすためでなく、より良い意見を生むためです。ご協力に感謝します。
※コメント投稿者は、以下のガイドラインを了承したものとします。「投稿内容は投稿者の責任とし、第三者への不利益が発生しても損害を管理者に責任を負わせません。投稿に関しては管理者に予告なく複製、転載、削除等の権限を無制限に与え、迷惑行為、運営方針に反するものは予告なく削除、記録開示、警察への通報を認めます」

チケットぴあ
↑観戦チケットはこちら
楽天チケット






 この場所に広告掲載できます ⇒ お問い合わせ

CONTACT US

RYO KATAOKA(NEWSIDER)

Author:RYO KATAOKA(NEWSIDER)
ツイッター

チケットぴあ
ボクシングチケット購入

記者チーム「NEWSIDER」主宰、在マレーシア・クアラルンプールのジャーナリスト。事件、芸能、スポーツ、国際情勢、裏社会、オカルトなど取材しながら頻繁に日本と往復しています。

★仕事の相談、情報提供、広告掲載など、お気軽にご連絡ください。 ⇒ CONTACT US (E-MAIL)



片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」2006年より長期連載中





※記事中の敬称略をご容赦下さい※コメント投稿は「パスワード」入力で、なりすまし防止の識別コードが付きます。※本ブログの広告からお買い物をされると、掲示商品でなくても数%程度の収益があります。日々更新を続けますので皆様のご協力に感謝いたします。(担当/藤堂香貴)

BLOG

CATEGORY

COMMENTS

<>+-

LINK

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
22位
[サブジャンルランキング]
格闘技
1位
アクセスランキングを見る>>

Other RANKINGS

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/実話ナックルズ/紙の爆弾/サンデー毎日/EX大衆/FLASH/iRONNA/東洋経済オンライン/覚醒ナックルズ/FRIDAY/産経新聞/週刊大衆/週刊朝日/週刊文春/週刊新潮/アサヒ芸能/テーミス/CIRCUS MAX/日刊サイゾー/週刊現代/東京新聞/読売新聞/覚醒ナックルズ/実話ドキュメント/週刊ポスト/SPA!/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/婦人公論/不思議ナックルズ/MSNドニッチ/KEITAI BANDITS(バンディッツ)/データマックス/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/J-CAST NEWS/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/LAPOO/スポーツライフ/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/バイキング(フジテレビ)/直撃LIVE グッディ!(フジテレビ)/ひるおび(TBS)/スッキリ!(日本テレビ)/サンデー・ジャポン(TBS)/サンデーLIVE!!(テレビ朝日)/新・情報7DAYSニュースキャスター(TBS)/めざましどようび(フジテレビ)/あさチャン!(TBS)、とくダネ!(フジテレビ)、NEWS ZERO(日本テレビ)/グッド!モーニング(テレビ朝日)/news every.(日本テレビ)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ /サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同)

PASSWORD