魅せた最上級ボクシング!井上×ドネア、36分間の激闘!視聴率15.2%

11・7さいたまスーパーアリーナ「WBSS」(フジテレビ/WOWOW/DAZN/NHK・BS8K/SKY)
 ▼WBA&IBF世界バンタム級王座統一戦 12回戦
  WBA&IBF王者・井上尚弥(大橋) 3-0 WBAスーパー王者・ノニト・ドネア(フィリピン)
   ※116-111、117-109、114-113
 ▼WBC世界バンタム級王座統一戦 12回戦
  王者・ノルディーヌ・ウバーリ(フランス)  3-0 暫定王者・井上拓真(大橋)
   ※120-107、117-110、115-112

DSC03799.jpg

 フジテレビで放送されたプロボクシング中継「FUJI BOXING WBSSバンタム級決勝 井上尚弥vsノニト・ドネア」の平均視聴率は、前半の「ウバーリ×拓真」が10.8%、後半の「尚弥×ドネア」が15.2%で、後者は時間帯2位を記録した。ファミリー層限定では9.0%のトップ。前番組「VS嵐」が10.4%で、そこからも数字を伸ばした形だ。

DSC03912.jpg

 同日の裏番組では、テレビ朝日の「ドクターX~外科医・大門未知子」が17.8%(ファミリー層は6.6%)でトップ。「科捜研の女」も12.4%で、拓真の時間帯でトップ。ほか、日本テレビの「ぐるナイ」が12.3%で、「秘密のケンミンSHOW!」が11.9%。TBSの「世界野球プレミア12 日本vs台湾」は、9.4~11.6%、NHKは「日本人のおなまえっ!」が9.3%、「ニュースウオッチ9」が6.4%、テレビ東京は卓球と旅番組とがともに3.8%。ファミリーコアが9%に届くのは異例で、最近では唯一「ラグビーワールドカップ」で19~20%台だったときに11~12%いったが、日頃は8%台も少ない。これは快挙といえる。

 試合はともに判定決着だったが、「尚弥×ドネア」はむしろ年間最高試合レベルの名勝負になった。序盤、ドネアの距離を恐れない相打ち覚悟のプレッシャーが、井上を下がらせた。井上は左フックで右目上から出血。これで視界が悪くなって展開が変わったわけだが、これこそ濃いキャリアを積んできた実力者の恐ろしい一撃の切れ味であり、「もし切っていなかったら」という話は、「ドネアが全盛期だったら」というのと同じで、いまそれをしても無意味な話。体格差もあってドネアの圧力が、ここのところ見せていた井上の先制を防ぎ、井上は左右のジャブで迎撃。

DSC03832.jpg

DSC03807.jpg

「順当決着」の4回を超え、何が起こるか分からない緊張感に包まれたが、井上はそれも想定内か、スムーズに戦い方を変えて5回、右ストレートをヒット。追撃でドネアを追い詰めたが仕留めきれず。ペースを握った井上になかなか決定打を許さないドネア、衰えばかり指摘されていたがベテランならではの底力と、なにより試合をイージーにさせない本気度が感じられた。井上は長期戦を想定してか7~8回に限定的なペースダウン、ドネアがそこで手数を戻して左ではなく、強い右をヒット。このあたりもドネアのうまさ。井上の出血が大きくなってきた9回、ドネアが右ストレート、左フックでペースを奪い、井上が珍しくクリンチでしのいだ。若き王者もまた巧みである。10回にはリードを増やしてドネアを止め、11回に入った強烈な左。

DSC03861.jpg

 表情を歪ませたドネアはついに背を向けてしゃがみ込んだ。ダウンカウント。立ち上がる意思表示でカウントが止まったため、長く感じたが、ドネアはさすがレフェリーの顔色に合わせて立ち上がるという心憎さ。井上は追撃を狙ったが、逆に左をもらうなどフィニッシュできず。最終回、井上の勝利が見えた中で、ボディを打たれながらも耐えてやり合ったのは「死力を尽くす」という言葉どおり。

DSC03822.jpg

 予想アンケートでは3%程度の17票。八百屋さんひとり「ドネアはスイッチしながら距離を取りサバイバルモードで後半勝負作戦井上の攻めが中盤以降単調になり少しばかり反撃を許すがドネアも疲れて井上の3-0勝利」としていた。
 採点上、ジャッジ三者一致は井上が1、4、5、10、11、12回だが、5回はオクタビオ・ロドリゲス(パナマ)が10-8を付けている。ドネアは7~9回の3ラウンズのみ。割れたラウンド、ロバート・ホイル(米国)が2、3、6回でドネアに付け、ルイジ・ボスカレッリ(イタリア)が2回のみドネア。少数派にいないロドリゲスの5回を10-9にすれば117-110になる。当然、少数派の多かったホイルは114-113の僅差になった。




 集計サイト「COMPUBOX」では、井上227発(36%)に対し、ドネア141発(23%)で、ラウンドごとでも8、9回以外はすべて井上のヒットが上。強打限定になると、2、3、7、8、9回でドネアが上回ったが、井上の方が勝り、ジャブ限定だと全ラウンドで井上が上だった。

DSC03879.jpg

 こういう試合になったのは想定外だ。しかし、期待を裏切られたのではなく、期待を超えた。瞬殺できなかった井上は、視界不良を負いつつ多くのスキルで36分間に強さを示し、不意の被弾にも焦らず、緩急つけた試合運びは見事だった。ドネアは決して失速した選手ではなく、P4Pランキングの上位にいる怪物に対して、まったく恐れず勇敢に、そして巧みに戦い、5階級制覇にふさわしいハートとテクニックと見せた。凄い試合になるだろうと心構えをどれだけしても、それを上回るものが出てくるのは、プロボクシングの世界戦が3~4ラウンドの短期決戦でないことも大きく、人間の持つ底知れず力が引き出されるからだ。これぞボクシング。見ても見ても見足りないのは、そのせいだ。勝敗の決着はついたが、この魅力は勝敗そのものにあるわけではないから、どちらが強いのかという回答が出ても、僕らは魅了され続ける。本物による本物の戦い、高視聴率でそれが示されたのも最大の収穫だ。おかげで日本でのボクシング興行にもまだ大きな価値があることを示せた。両選手に最大の感謝と敬意を表したい。戦ってくれてありがとう。

DSC03660.jpg

 弟・拓真は大差で敗れたが、兄以上の強心臓は感じた。ダウンを奪われても強打が入っても動じず、だからそれが逆にマイナスになったような試合だった。もっと劣勢を自覚すべきだった。拓真は初回から相手の強打を見極めて打ち終わりを狙い、工夫した右ストレートを放っていたが、相手に合わせた分、手が少ない出だし。ウバーリはその右に合わせるような左で先制のダウンを奪った。パンチがあるというのはそれだけで大きな武器、というボクシングで当たり前のことを改めて感じさせる一撃。途中採点は38-37、39-36、40-35。この時点で手法を変えるべきだった拓真だが、中盤は露骨なカウンター狙いで、これだとウバーリは逆に怖くなくなる。当たらずともコンビネーションを出して見栄えを作っていた。その分、空振りもあるから拓真のヒットもあったが、明確にポイントを取れるほどではない。8回終了で77-74、79-72、80-71。もはや倒さないと勝てないという戦況。やや足を使うことも出てきたウバーリ、このあたりアウェーの試合で100%ではないというところかもしれない。ただ、拓真もここで入り際に合わせるボディなど、やはり主武器がカウンターにあり、前に出てもがむしゃらなわけではなくスタイル的に手遅れ感が増した。最終回、スタミナに余裕がありそうな拓真はラッシュを仕掛けたが、ウバーリもリターンしながらしのいでゴング。




 予想アンケートでウバーリ判定勝ちはトップ得票、44%。「117-111」とした弱太郎さん、「3~5ポイント差」としたハンマー糸井さんらがヒット。採点を見ると、メキシコのアレハンドロ・ローチがフルマーク。デビッド・サザーランド(米国)は2、10、12回を、リム・ジュンバエ(韓国)は1、2、7、11、12回を拓真に振った。ラウンドの半数が三者一致でウバーリ、その上ダウンもあったから拓真の勝ちはありえない内容ということになる。
 拓真はわずか13戦のキャリアで、どんなときも焦りのないタフな選手だが、ポイント劣勢にまで我を貫きすぎた。タイプの違う兄と比較するのは個人競技としてあまりしたくないことだが、戦況を見ての対応力は兄が秀でていて、出入りを増やすなどの変化が早くにほしかった。フィジカルもハートもあるだけにもどかしい試合だが、将来性は強く残る。まだ全然完成されていない状態でこれをやっているという感じだ。王者ウバーリは背筋を見ただけでもパンチを打つ軸のバランスの良さが伺えた。この選手はそう簡単に倒れないだろう。尚弥が敵討ちを宣言しているが、優先挑戦権はルイス・ネリが持つ。あの強打とどう対峙するかはかなり見もの。

DSC03692.jpg

 ちなみにテレビ放送は、イギリスのSKYスポーツがパンチ集計をラウンドごと表示。試合後の英語通訳インタビューもちゃんと入れていた。その後の日本語インタビューも音声は流してはいたが、画面がリング全景で実況がかぶせて喋ってしまっていた。番組作りはSKYの方が専門チャンネルゆえゆったりめ。フジはタレントの無駄な大はしゃぎとか入れず、硬派に放送していた印象だが、実況・ゲスト解説がやや日本人寄りに偏りがちで、正直、海外放送の方がニュートラル。ボクシングは採点ゲームで、リアリティこそ重要なスポーツで視聴者を扇動する必要はなく、この日の本物のボクシングは、そのままでも十分魅力的だ。(片岡亮)

ドネア 「僕は日本に来て、息子たちにモハメド・アリ・トロフィーを見せるからねと約束していました。だから涙目ながら、一晩だけ、僕のためではなく、約束を果たすために、トロフィーを貸してくれないかと井上に丁重に頼んだんです。それが息子たちに人生の教訓になると思ったんです。全力を尽くしても足りないことがある。勝つときも負けるときもある。でも、どちらの側にいても、快く振舞うことはできる。僕の顔は傷らだけだけど、きっと彼らは僕の傷にキスしてくれる。家に持ち帰れないトロフィーを見て、もっと一生懸命に練習しなきゃということを分かってくれる。僕はあの戦いについて語りました。諦めるなら命を懸けた方がいい。僕らはいつも戦うよ、と」(拙訳・快く、とした部分の単語はGRACIOUSLYで、丁重とか寛大とかの意味もあります)

p。s。中国で開催中のWBA総会、井上×ドネアが上映された模様。

https://twitter.com/GENRON_NEKORON

井上尚弥、トップランクと契約!次戦からアメリカへ!
フルラウンド死闘!井上尚弥、ドネア下す!拓真は判定負け
  • コメント 215

コメント

  【投稿】(最新コメントへ移動)

No title

感動しました。年間最高試合だと思います。

  • [627276]  2019.11.08
  •  拳論自由席の論客 #-

No title

記事を呼んだらまた興奮が!

  • [627277]  2019.11.08
  •  隠し剣 #-

No title

根源的に強心臓は、拓真ではなく尚弥だと思いました。
10Rのゴング後、客席に訴えかけるシーン。
勝ち負けより、あの楽しくて仕方がないという表情。
末恐ろしいですよ。

  • [627278]  2019.11.08
  •  ヘモ #rVuB.0BQ

No title

最終ラウンド、ダメージありありの身体から左フックを捻出するドネアはまるで生き霊でしたね。

プロフェッショナルを超えたちょっと怖いものを見ました(笑

  • [627279]  2019.11.08
  •  スフィンクス #-

速報

WBA HPより
WBAがダニロマ同様
尚弥を「統一」から「スーパー」王者へ。
これで「スーパー」クラスの王者は
全員が「スーパー」表示になった

  • [627280]  2019.11.08
  •  kaiキャノン #-

No title

戦前、拓真選手は待ちすぎる&見すぎる悪いところが修正されたと記事で見ましたが、いざ始まると変わってなかったのが残念

  • [627281]  2019.11.08
  •   #-

No title

うん。ありがとう。

このひとことに尽きますね。

  • [627282]  2019.11.08
  •  ジャム #-

No title

相手の技量を認め、尊敬し合う者同士が拳を交えるのが本当の拳闘であり、「憎たらしいアイツを成敗」というのは蛇道だと思う。

  • [627287]  2019.11.08
  •  名無し2号MJ #3fP8K/.I

No title

視聴率15,2はまずまずではないでしょうか。これにNHKのBS8Kがどれくらいかわかりませんが加算して本当の視聴率かなと私は勝手に思っています。

  • [627288]  2019.11.08
  •  ササジ #-

No title

会場観戦でしたが、若年層や女性客が結構いたのが嬉しかったです

  • [627289]  2019.11.08
  •  干し草 #-

No title

トロフィーのエピソード聞いたらまた俺涙出てきちゃって。

もう本当に両選手にありがとう

  • [627290]  2019.11.08
  •  リチャード・鉄 #-

No title

フジの実況・解説は酷過ぎです。
井上寄りのコメントばっかり。
長谷川もひどすぎ。
予定の放送時間オーバーしていたとはいえインタビューもカットでしょ。
呆れたよ。

  • [627292]  2019.11.08
  •  ひどかった #-

No title

二人の息子にアリトロフィーを見せると約束してたドネア
息子たちとの約束を守るため尚弥チャンピオンにトロフィーを貸してほし
いとお願い。 快諾したチャンピオン。
子供たちは動画で感謝とお祝いをチャンピオンへメッセージ。

https://twitter.com/filipinoflash/status/1192615220490817536

  • [627293]  2019.11.08
  •  ボンゾ #-

No title

フジの実況・解説は亀田の時のTBSよりも酷い
T拳やO橋の選手はよいしょしないと干されるのだろうが

  • [627295]  2019.11.08
  •  とみぃ #-

No title

長谷川はきちんとドネア側目線の解説もしていましたよ

  • [627298]  2019.11.08
  •  匿名 #-

No title

こういうのがいる限り日本の古い体質は変わることはないのでしょうね・・。

  • [627299]  2019.11.08
  •  ↑ こういう奴 ↑ #-

No title

>長谷川もひどすぎ

自分もそう思いました
というかなぜこの試合西岡を呼ばなかったのか?
彼なら拳を合わせた実体験に基づいた濃い解説ができると思ったんですけどね。

  • [627303]  2019.11.08
  •  名無名無 #-

No title

西岡にはWOWOWでの解説に期待。あと井上のインタビューの放送もWOWOW には期待したい。

  • [627306]  2019.11.08
  •  プレデター #-

No title

ところが明日は西岡ではなく飯田なんですよねえ。
がっかりしました。
インタビューは流すでしょうけど。

  • [627307]  2019.11.08
  •  けろよん #-

No title

実況、解説は井岡の時のTBSよりはるかにマシでしょう。
36歳のロートルにワンサイド負けしているにもかかわらず「井岡が勝ったと思います」ですからね。
やはりイオカメダに関わる人間はろくでなしばかりです。

  • [627308]  2019.11.08
  •  干弓 #-

No title


WOWOWの解説は浜田・飯田コンビです。何故にドネアと対戦経験がある西岡さんをフジもWOWOWも解説員にしないのか不思議といえば不思議?。

それと、NHK8Kは解説、ゲストともいなかったのですか??。


  • [627309]  2019.11.08
  •  トクメイ #DUR24XiI

No title

TBSの内○○志は井岡一翔から朝鮮玉マネーを受け取っているとしか思えない酷い解説。
亀田の時の赤井英和レベル。

  • [627310]  2019.11.08
  •  干弓 #-

No title

>それと、NHK8Kは解説、ゲストともいなかったのですか??。

そうですよ   場内歓声のみです
村田単独放送もそうなるでしょうね

  • [627313]  2019.11.08
  •  kaiキャノン #-

No title

>これにNHKのBS8Kがどれくらいかわかりませんが加算して本当の視聴率かなと私は勝手に思っています。

0.01%に満たないので意味ないですよ。

  • [627314]  2019.11.08
  •  黒いボクシングライター #-

No title


NHK画期的ですね(笑)
解説・・画面とあってないことが多々で、聞かないように今はしてるんですが。声をなんとかスルーして、歓声の一種。音楽の一種のように脳内で変換してるんですけどね。
音声消した方がいいんですが、そうなると、グローブの当たる音。選手の掛声??。観衆の歓声がなくなるんで臨場感が・・。
解説陣の声を何とかスルーするのが一番。



  • [627317]  2019.11.08
  •  トクメイ #DUR24XiI

No title

やった~~~~~~~☆
世間の皆さん!!見てくれてありがとー!!
これからもボクシング観てそんなさせませんぜ☆
フジテレビさんも、
・・・・もう長いこと大した数字も取れなかったのに、ボクシングを見捨てずにプッシュし続けてくれて、
ようやくボク界としては、これから村田とともに、井上でご恩返しができそうな感じですが(報恩

いやもうこれで、
井上はアメリカで試合しようが、この前のロッド戦のように、
当日夜の録画中継でも十分数字取れるような、世間的な認知度と知名度を得たんじゃないですかね。
もう今日も職場でラジオとか聞いててても、
フジ系以外のあらゆる局で、NHKですら井上の話してたし、

・・・苦節ウン年、
ようやく井上の存在力もここまで世間に浸透したのかと、
なんか知り合いの子が甲子園のヒーローになったような感慨がありますが(感慨

とにかくいろんな意味で井上!!
改めてWBSS優勝おめでとー!!
ボクサー初の国民詠唱目指して、来年からは全世界でモンスター旋風を巻き起こせ☆(夢願

  • [627319]  2019.11.08
  •  宇弓 #LkZag.iM

No title

なんか片岡さんの記事読んでなるほどと思ったのは、
ドネアはダウンしたときに、
レフエリーの様子をうかがいながら、
こらまだ休めるうちは休んどけと判断してたと、
いやだとしたら、まさにその辺は百戦錬磨のドネアの経験値だと感服ですが(崇拝

ドネアも病院直行とはいっても、あくまで用心のための検査入院だったそうで、
大事な下げで何よりですが。
なんにせよドネアもありがとー!!
こんな大成功を収めたのも、片方の主役で千両役者のドネアのおかげだしと(多謝

まだまだドネアは、バンタムなら十分やれそうですね。
昨日のドネアなんて、どうやったってテテとかより強そうだったし(強笑

  • [627321]  2019.11.08
  •  宇弓 #LkZag.iM

No title

え〜WOWOWは西岡が解説じゃないの〜。残念過ぎる。教えて頂き有難うございますm(_ _)m

  • [627322]  2019.11.08
  •  プレデター #-

No title

良い視聴率です。

村田戴冠の20%(つまんない国政選挙放送の利はあった)、次戦(ブランダムラ)17%を越してないが、感動のブラントⅡ(9%、瞬間最高は12%だっけ?)は超えている。前回の井岡は忘れた(汗)

村田ファンの寝言(爆)
それより、尚弥の眼は気になるが・・・(汗)

  • [627323]  2019.11.08
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

No title

世界ボクシングパーフェクトガイド2019で

浜田剛さんが
「WBSSで井上がKO逃すとしたら、経験豊かなドネアが上がってきた時どうかと」
 
 …というのが当たりましたね。

あのロングカウントとかは経験者からみてどうなんでしょうね?
今後の為にもしっかりして欲しい。あと決勝なんでレフェリーもっとちゃんとした人に出来なかったのでしょうか。

決勝の後、もう一試合あるのでぜひ観て行ってと場内アナウンスありましたが、観てたら終電逃してた所でした^^:

  • [627324]  2019.11.08
  •  ツバメ返し #M0Gv5u3s

No title

しかしテレビじゃそこまでわからなかったけど、
今日のスポ紙見たら、
井上の目の傷からめちゃくちゃ出血してたんですね。
なんか右顔面血まみれになってましたが。

なんか報知の記事でトップランクの社長が、
井上には3月と7月にアメリカで、
年末に日本で試合を予定してるとか、結構具体的な日程を言ってるようですが、
・・・・・
あの目の傷で、3月にできる??

いややれるんなら鉄は熱いうちにガンガン打て!!
って感じで、この流れを止めないようにやってきてほしいですが、
でもあの目の傷や今回の減量苦??
とかも含め、
あまり焦って4か月後にすぐ試合ってのも、その辺陣営はちゃんと井上の状況を見極めて、
無理のない日程組んでほしいもんですが(嘆願

  • [627327]  2019.11.08
  •  宇弓 #LkZag.iM

No title


山マサさん、村田の前回のブラントⅡは11.9%ですよ。9.9はケンシロウとの2時間枠での平均。ビデオリサーチ、村田&ケンシロウの単独視聴率も併せて発表してます。
ケンシロウ8.4%、村田11.9%。

井岡の前回は11.5%、一応村田にも負けてます。

尚弥の右瞼は医者にすぐ直行。五針縫い、骨には異常なしのお墨付きをもらったとか翌日の記者会見でコメントしてました。

  • [627328]  2019.11.08
  •  トクメイ #DUR24XiI

No title

木曜のテレ朝ドラマ相手に遜色ない数字は、それだけで合格点では?
とりあえず井上の骨や眼球には異常なさそうで良かったです。

  • [627329]  2019.11.08
  •  だぞーんだよーん #-

No title

トクメイさん、承知。

尚弥ファンのお祭りは承知で、ちょっとした僻みです(笑)
網膜剥離を心配したのですが、杞憂で安心しました(これはホント!)

  • [627332]  2019.11.08
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

No title

 宇弓さん、これ海外の試合で何度か見かける光景なんですよ。「はい、いま立ちます」みたいな感じを伝えて、カウント止めてもらう感じの。ハッキリどうだとは言えませんが、キャリアあるとレフェリーの顔色見て、やれる手法という感じです。レフェリーによっては日本でも、「どうだ?止めるぞ」みたいなこと言う人もいますしね。そこはプロのショーならではと思います。

  • [627333]  2019.11.08
  •  ★ 片岡亮 (NEWSIDER) #-

No title

片岡さんの拓真評が厳しいものでなかったのはちょっと意外(笑)
テクニックありパワーもあるはずの彼が何かの拍子に化けるのを期待しちゃいますし、まだ発展途上であるのも感じますからね。
でも、途上のままで終わってしまう事も有り得るし。
どこか勝負強さというものを持っていないと言うか・・。これって努力で身に付くものなんでしょうかね?

ドネアがレフェリーのカウントの様子見ながらギリギリまで様子見てたってのはどうでしょうか?
通常カウント8くらいで立って、続行の意思を見せるものですよね。
ファイティングポーズを取るかはマチマチですが、今回のドネアは続行の意思をアピールしていたようには思えなかったです。
よくあるギリギリで立って終了告げられてwhy!って感じの海外のボクサーのパターンなんかと一緒で。
正直いっぱいいっぱいで、なんとか10カウント以内に立ったら意思の確認もそこそこに続行してくれたっていう結果論のように思いますね。
正直ドネアはタフでしたが、それまでにかなり打たれていてダメージは相当ありました。健康面でもあそこで止めるべきと思いました。
12R判定勝負が11RK.Oとなってもこの試合の価値は全く変わらないと思いますからね。

  • [627334]  2019.11.08
  •  おいろん #FECFAQn.

No title

PFPランクはだいぶ落ちるでしょう。
まあ雑誌社の作る想像の世界の話だし、それをもって弱いだ強いだはないけれど。

なんとしてもネリ戦実現させてほしい!アラム爺さんとヘイモンは囲い込みで客の望むカードを潰さないでくれよ、ホントマジで。

  • [627335]  2019.11.08
  •  無理 #-

No title

書き込んだら直前に片岡さんのコメントが・・。
う~ん。ドネアのキャリアならあり得るのかもしれませんね。

  • [627337]  2019.11.08
  •  おいろん #FECFAQn.

No title


リングマガジンの編集長は3位にするとコメントしてますよ。
スポーツ紙の電子版をのぞいていたら、尚弥リングマガジントップ3入り確実と載っていたんで、覗いてみました。
まぁ、まだ発売前ですから真偽は??。



  • [627338]  2019.11.08
  •  トクメイ #DUR24XiI

No title

いやだから改めて見直すと、
なんかみんなで、なんでレフエリーはダウンしたときに、
体当たりして井上の追撃止めたんだ!!
って怒ってるけど、
左ボデイ食らったドネアが、軽くローブローじゃね??
ってアピールしたんでレフエリーが井上を止めて、
その隙にドネアは思いっきりしゃがみこんで、レフエリーの後ろで休み始めると⦅爆

・・・いやそこまで狙ってやってたんだとしたら、
そらそこらの駆け出しボクサーじゃマネできない経験値だよなあと。
くそ真面目な日本の若い選手ならば、
ダウンしてすげえダメージあっても、動転してすぐに立とうとかしかねないし。

いやあ、
やっぱあらゆる意味で、ドネアは井上にボクシングってものの神髄を叩きこんでくれたって感じですが。
いや本当に、
井上とともに今後のドネアもちょっと注目ですね。
NHKニュース9でも、
アリトロフィーをめぐるドネア親子と井上の感動エピソードもばっちり紹介してたし(暖笑

  • [627340]  2019.11.08
  •  宇弓 #LkZag.iM

No title

拓真の試合後のコメントに違和感を感じた。明らかに翻弄されて完敗だったのに、本人はイーブンか若干リードしていると思っていたようである。この感覚のズレは前戦のペッチとの暫定王座決定戦が影響したと思う。私はあの試合は拓真の負けと思ったが、意外にも中差の判定で拓真が勝者となった。あの程度のパフォーマンスで勝利出来ると誤解してしまった結果ではないだろうか?
ただ、もしも最初からボディを攻める作戦で攻め続けたら、終盤にウパーリ選手を捕らえられたかもしれない。
それでも日本では敵なしであり、良い形で復帰できることを期待したい❗️

  • [627341]  2019.11.08
  •  仙三 #mAxZjF0g

No title

ネリは次戦に勝ったら次はドネアとやるのかな?w

尚也vsネリ実現したとしても
試合後こんなに感動する事は絶対無いんだろうな

  • [627342]  2019.11.08
  •  ほなな #-

No title

尚弥本人が
土曜のエキマに 急遽ゲスト出演。
アスリートは 家でじっとする事ができない?笑
休養するのも仕事では?

  • [627343]  2019.11.08
  •  kaiキャノン #-

No title

カウント10前に立って、尚且つファイティングポーズ取るが、ルールなはず。そんなこと以前に、倒れていないのに続行させなかったことの方がダメ。動けないレフェリーの間抜けな位置取りで井上の追撃妨害。レフェリーは常に2選手と3角形の1点に位置すべき。良い試合だったからでは済まされない。ルール通り進行していれば、もっと劇的だったはず。
 弟は打たなすぎ、手数が少なすぎ、あれではテレビ提供スポンサーはつかない。まぁ最終回に切っ掛け掴めたから救われるが。

  • [627344]  2019.11.08
  •  井上 #-

No title

youtubeではドネアはカウント9で立ち上がったがその9秒が長かったというコメントも。

  • [627346]  2019.11.08
  •  干弓 #-

No title

ドネア対ネリは見たいかも

  • [627347]  2019.11.08
  •  ななし #-

No title

ドネアがボディで効いて、倒れる前に尚弥が追撃するのを止めたのが良くなかったと思います。ドネア打たれてて、あそこでストップしても良かったとも思いました。
試合後の記者会見で大橋会長も言ってましたが、私も12R出てこない(棄権)すると思いましたが、最後までカウンターを狙っているドネアを観て感動しました。

拓真はハートも強くて良いのですが、現地で観るとテレビよりも少し見栄えが悪いように思いました。ポイントが取れる(見栄え・手数)ボクシングが出来たらと思います。兄の勝ち方など気にせず、自分のボクシングを完成させてほしいです。

  • [627348]  2019.11.08
  •  不動産屋 #ypWkcIUE

No title

ガタガタ抜かすなよ!
最高の試合だったじゃないか。
しかし井上さんのあよ切れ片は心配だな。
坂本さんの傷みたいになりそうで。

  • [627351]  2019.11.08
  •  タノムサク #-

No title

エキサイトマッチ飯田さんの解説不評なのですか?笑

西岡さんはたまに変な解説と採点するから自分は飯田さんの解説の方が好きなのですが 笑

ドネア戦だから西岡解説聞きたいってのはありますが飯田さんも良い解説者だと個人的には感じます。

  • [627354]  2019.11.08
  •  ゆうし #-

No title

眼科にも行き眼球には異常なしと診断されたのでご心配なく‼︎
身体のダメージは少しあるのでしばらく休んでからまた練習再開して行きたいと思います‼︎う

井上尚弥ツィート

  • [627355]  2019.11.08
  •  ボンゾ #-

No title

眼球結膜のみのダメージで問題ないみたいですね。よかったです。

ドネアに12ラウンドのレッスンを受けた、この財産は血となり肉となり、今後の井上選手の糧となるのでしょうな。更なる高みへと飛翔してもらいたいですね。


  • [627356]  2019.11.09
  •  医師の拳 #R72Uk1nA

No title

判定まで行ってまたぎも使ってるから
17~18%はいってるかと思った
10年前なら20%ぐらいはいってそうな内容

  • [627359]  2019.11.09
  •  アミバ #-

No title

赤穂選手は、あの濃密な12R経験した尚弥は今後またとんでもないバケモノになると断言してますね。私もそう思います。期待してます。

  • [627362]  2019.11.09
  •   #-

No title

 臆病風に吹かれて出ていかないのは腹が立ちますが、拓真はそうじゃないんですよね。今できることは彼なりにやったんでしょう。もちろん惨敗だと思います。戦前、現地観戦しますさんと話してて、予想をしてたんですが、僕は「兄勝ち・弟負け」としていたので、驚きがなかったのもあります。

 いま15%って凄いですよ。NHK「ニュース7」ぐらい。ただ、予想が12~13%だったんで、拓真と平均するとそのぐらい。時間帯2位なので高いことには間違いないです。

  • [627363]  2019.11.09
  •  ★ 片岡亮 (NEWSIDER) #-

アリトロフィー🏆️

一夜明けて、ドネアに又泣かされたよ🥰

ドネアがタイトルの価値、ベルトの価値の答えを教えてくれた気がする。


尚弥の一夜明け会見で、気を使ってネリって言わなかったらしいけど、2試合は海外なんだし、やりたければやれば良いじゃん。

ネリと殴り合い。

NHKのプロフェッショナル 楽しみ(о´∀`о)







  • [627365]  2019.11.09
  •  白い羊 #-

No title

渡辺パンチです

まだ試合を半分も見れてませんが、大体、皆さんのコメントから察しが出来ますね。

先ず、拓選手はカウンター狙いのボクシングはヤップ戦で分かりました。
カウンター狙いと言うのは、待ち、のボクシングであり、手数が減り、どうしてもポイントには失いますね。
今回の大差判定は順当な結果と言えるでしょう。
もしかしたら、拓選手、ボクシングがそんなに好きではないのかな、と言う印象もあります。

次に尚選手。
試合前に、「ジャブと距離」の話をしてて、ドネアの左フックを外す事を念頭に取り組んでるのが分かりました。
いくら老いた、とは言え、ドネアの左フックは神業レベルで、過去の残像は消せないでしょう。
尚選手はジャブ、距離でドネアの左フックを外しに掛かりましたが…。
やはり、ドネアのキャリアです。
たった一発の左フックで、尚選手の眼を切り裂き、一瞬にして尚選手の眼が変形しました。
普通の選手なら、そこで怯えるでしょうが、尚選手はドネアに向かっていきましたね。
そこが、ハートの問題なんですね。

またドネアはセオリーの左ジャブから入らず、いきなりの右を多発してました。
これも、ドネアが言う「日本人は基本通りに動くから読める」と言っただけあって、セオリーではないパターンなのだと思いました。
ドネアが、ここまで強くなれたのは、他者とは違う発想をやってきたからでしょう。

尚選手をあれだけ苦しめたドネアのキャリア、そう言う試合でした。

  • [627366]  2019.11.09
  •  渡辺パンチ #-

No title

MVPと年間最高試合は井上で決まりだな
ケンシロウが勝てばケンシロウが技能賞かな
敢闘賞は勝てば村田か八重樫か井岡か京口か田中もだな
全員に振るのは無理だな

  • [627367]  2019.11.09
  •  アミバ #-

No title

尚弥君圧勝と予想してましたごめんなさい。
偉大な西岡さんを倒したレジェンドを過小評価していました。

こんなハイレベルな試合が地上波でたくさんの人たちに届いて、ボクシング界は大変ですね。
Jリーグ創設ブームに沸いてサッカー熱が高まった直後、日韓ワールドカップで「ほんまもんの世界レベル」を間近に知った日本人がJリーグから離れて行ったのを思い出しました。

ボクシングは個人競技ですから、その選手の生い立ちやドラマを流すだけで煽りVは作れるでしょうが、もはや我々は尚弥vsドネアを見ています。

大人の事情で○○王者を濫造されてもちっとも満足しない人がたくさん生まれた記念日、記念碑になると良い。
この二人の王者に乾杯!

  • [627368]  2019.11.09
  •  M #sqCyeZqA

No title

どうでもいい追記。
かつて、泣いていたナルバエスの息子が伝説のオールドチャンピオン、尚弥を倒す絵を期待していました。
今回、ドネアのお子さんにも重ねました。
巡り巡って歴史を紡いでほしい。もちろんそこには明波君の姿も。

競馬ファンでもある小生の願いです。血のドラマを愛しております。

  • [627369]  2019.11.09
  •  M #sqCyeZqA

No title

トロフィーの話は、ドネアが、大物だから頼めたんだろうけど(笑)。
明らかな格下の選手じゃ無理だろう・・・。
もしかしたら、片岡さんの記事の文章を読む限りだと、家族にはこの試合、結構反対されたのかな?そんな印象を受けたけど?

  • [627370]  2019.11.09
  •  余談太郎 #-

No title

『八百屋さんひとり「ドネアはスイッチしながら距離を取りサバイバルモードで後半勝負作戦井上の攻めが中盤以降単調になり少しばかり反撃を許すがドネアも疲れて井上の3-0勝利」としていた。』

でも、書き込みの、予知夢の方が当たっているぞ。
最初の書き込みは、試合前だったしね。前日だったかな?

  • [627372]  2019.11.09
  •  余談太郎 #-

No title

自動昇格を除いて 今だ男女含めて日本人暫定王者が
正規には勝てていない

WBSS優勝も快挙だが
コボリンが11年前 初めて日本にもたらした 日本人WBAセカンド王者(=実質暫定)が ついにスーパーを倒したのだ
メディアはこちらの快挙も大きく伝えてほしいところだが。
「スーパーってなに?」
「WBAだけなんで特別なの?」
知ってて知らぬふり。
WBAスーパーとセカンド、
WBC FCとセカンド、
これらが日常風景であってはならぬよう、
返す返すWBACやJBCより上の組織がないのは ホントに悔しい。   
いや あるとすればファンの力か。

  • [627377]  2019.11.09
  •  kaiキャノン #-

No title

ウーバーリは指名試合が規定路線らしいなァ。
そうなると遠慮なくネリを潰してもらうか。
それなら晴れてウーバーリと統一戦が出来るぜ。

ウーバーリは体幹も強いし、ストレート系のパンチも強力だった。バシバシ打ち込ンで十分ポイントを稼げるし、カウンターも合わせられそうだ。その前にロドリゲスが勝ってくれたらより面倒くさい事にならずに済むけどなァ。

だったら井上の次は、レギュラー王座決定戦出場が内定してるリゴンドーとの試合が見たいぜ。
モンスターVSレジェンド対決第2段。これなら客が喜ぶぜ。

  • [627378]  2019.11.09
  •  浪速のドサ拳 #-

トップランク☆トップランク→ヤッホー☆ヤッホー3!

PBCのネリとは★サヨウナラ3?

(^o^)/~~(歌うK8☆3笑)

  • [627379]  2019.11.09
  •  K8augPj6 #K8augPj6

所感

大方が井上の圧勝という予想の中、蓋を開ければ井上が苦戦した理由。なんでしょう?一番は井上が目をカットしたから距離感が狂ったという理由が多そうですが。多分本人やチームも本当の理由は確信できないと思う。

井上のジャブは強く、それが機能すればドネアはずるずる料理されるだろうという意見も結構あった。しかし井上のジャブは当たったがそれほどドネアをストップするようなジャブでもなかった。ジャブの空振りも多かったし、逆にドネアのジャブで顔が何度か跳ね上がった。

ボディーが出なかったのは?ドネアの左フックカウンターを警戒していた、ドネアの懐が深かったという意見もありましたが、まったくといっていいほど打とうとしていなかった。それは距離をとって闘う戦法にきりかえたから遠距離のためボディー攻めは諦めたのか?

井上のパワーパンチにドネアがタジタジになるかとも思ったが、それは序盤の1、2Rぐらいに少し見られたぐらいで途中からいくら井上が打ってもドネアはゾンビのように前に出て行った。それは井上が下がりながらカウンターを打っていたからいつものような前に出る力のこもったパンチが打てなかったのか?何人かが指摘されたけど下半身に問題があったので、パワーパンチが打てなかったのか?(ドネアは井上のパンチはいわれたほど力強いと感じなかったといってるし)

ところで今までも感じていたけど特に今回は井上はパンチを打った後の上半身の引きが速くて、ドネアのパンチをスイスイとかわした動きには見惚れました。前に出るドネアを井上はパンチをもらう時もあったけど翻弄している感じにも見えました。そこらへんの点でドネアが井上はスキルがあると感じたのかなとも思ったし。ただ、井上は下がってもうまいですが、前に出る展開にならないと彼本来のもっている力強さってのもでにくいのかなとも感じました。

杉浦氏のドネア へのインタビューは面白かったけど、前からいってた井上の弱点も聞いてもらいたかったな。

  • [627381]  2019.11.09
  •  カリメロ #-

たまーに、井上☆尚弥のパンチ力は→それほどでもない?と、話が出ますが。

実は常々、井上尚弥→本人が「自分のパンチ力は普通です」と
明言してるんですよね(笑)

単純なバッグ打ちのパワーなら、拓真の方が強いと。


では、何が違うかと言うと
( ・ω・)ノ
試合中にパンチを当てる「当て勘」の能力が高いのが
自分の特徴!と、井上本人が分析してますね~


更に、真吾さんの分析だと
相手から見えない☆意表を突いたタイミングだからこそ
パンチを効かせる事が出来ると。


よくネットでは┐( ̄ヘ ̄)┌

井上尚弥が→シューやセルバニアあたりと、スパーリングすると
井上がボコボコにされてる!フェザー級じゃ無理★!
みたいな書き込みが、ありますが(笑)

井上が足を止めて、腕力だけでスパーリングやってる感じなので?

井上尚弥☆本来の、出入りを活かしたボクシングとは
ちょっと毛色が、違うよな~と思いますね
( ゚∀゚)ノ

井上自身も、フェザー級ぐらいから
→相手にパンチが効きにくいと、発言してるし

背が低い分、昔のパッキャオみたいに
多段式踏み込み☆ストレートみたいな新技が必要だと
常々、考えているみたいですからね~☆


んまぁ、井上☆尚弥の自己分析は
我々、常人の→遥か遥か、上を行っていると思うので
モンスター☆尚弥に関しては、何も心配してません(笑)

な~んてね☆ミ

  • [627382]  2019.11.09
  •  K8augPj6 #K8augPj6

No title

片岡さんの、ドネアのダウンについてのテクニックを昨朝、TBSラジオ内で話されていた。どこから仕入れたのかな?ボク実況経験者とのこあとであったけど。

  • [627383]  2019.11.09
  •  李日福 #-

No title

K8さん、朝から返事が早い!
ま、確かに井上の自己分析は我々凡人よりもはるかに上をいってるでしょうね。

  • [627384]  2019.11.09
  •  カリメロ #-

カリメロさん☆今回の井上は→「スピード重視」のセッティングが、ポイントなのかな~と。

早いラウンドで→倒しまくってた反動、パワー重視に片寄り

ロドリゲス戦の前の井上は
それこそ、大橋会長が→俺でも勝てる?と思うぐらいに?
大分、心身のバランスを崩していたようですが★

(石田匠とのスパーで、真吾さんが激怒した模様!笑)


今回のドネア戦は、スピード重視の☆ピーキーなセッティングにしたので
単純に→ドネアのパワーに押されたのかなと。

あんまり早く、体重が落ちすぎると、リバウンドもしにくいらしいですね
( ・ω・)ノ


んまぁ、パワー重視で→リバウンド量を増やしてたら
それはそれで、バランスが変わると思うので(笑)

結果的には☆勝利出来た、スピード重視で良かったのかなと。


むしろ、足に力が入っていない?と、再三指摘があったのは
減量苦の問題なのかな~と、思ったり★!?


流石の井上☆尚弥も、年齢が上がってくると
徐々に、反射神経や速筋が落ちて来ると思うので

本人も言うように、無理せず階級を上げて
最大筋力を加味した、セッティングに→シフトして行くのが
自然の流れなのかなぁと☆

な~んてね☆ミ

  • [627385]  2019.11.09
  •  K8augPj6 #K8augPj6

宇Qさん☆試合前に→頼むぞ!拓真!って、書いてられたと思うんですが( ゚∀゚)ノ

K8さんが、その文章を書くと

大抵、応援してる方の選手が、負けるのです(ジンクス★笑)

  • [627388]  2019.11.09
  •  K8augPj6 #K8augPj6

No title

いやすごいですね。
昨夜なんてフジだけじゃなく、
NHKはじめ全局がスポーツニュースのトップで、井上の会見と一昨日の激闘を振り返ってると。
ちょっと井上は今後真面目にボクシングの枠とか超えた、
真のスーパースターへの道を歩みだしたって感じですが。

しかし各局とも、ドネアが息子さんたちのためにアリトロフィー貸してくれと頼んで、井上が快諾したって心温まるエピソードを流してましたが、
ドネアはわざわざTwitterでお子さんたちに、
井上さんありがとう☆って言わせてる映像まで流してくれてて、
各局みんなその映像使うと、

・・・・・やっぱドネアは、
試合前の、サムライどうしの武蔵と小次郎の決闘だ!!
みたいなキャッチフレーズ自分でつけたりとか、
実際のリングでのあの神ファイトから、
そして試合後にこの井上への行き届いたアフターサービスと⦅爆、
本当に、
あらゆる意味で、時代を背負ってきた真の「プロ」だよなあと改めて感服しますが。

いや本当に井上はこの一戦で、プロとして何十試合分の経験積んだんじゃないでしょうか。
目のケガも大したことないそうで何よりですが、
このまま来年も、ドネアを越える真の「プロ・スター」を目指せ☆

  • [627389]  2019.11.09
  •  宇弓 #LkZag.iM

カリメロさま

昨日、仕事のお客さまを迎えに都内ホテルのロビーで待機してたら何とドネアの父上がいらっしゃって、運よく少しお話が聞けました。

あくまでドネア側の話ですが、井上のパンチで一番警戒してたのは左ボディ、その為に序盤は井上のボディを打って上体を上げさせる様にと指示をしたとのことです。
シニア曰く、そのボディのイメージがあったから2Rの左フックが当たったんだと。
ドネア自身が階級を上げて相手にされて嫌なこと、苦しんだことを実践したんだ。それがキャリアだろと仰せでした。

井上の印象で想定外だったのはIQ の高さと即答して言ました。
私達は彼の視界と上体を上げさせる事で本来のパワーを奪った。
それでも彼は限られた武器を賢く選別して対応してきた。
彼は本当にスマートだねと仰せでした。
正直舞い上がってしまい、記者の方の様に話は聞けませんでしたが素人の私にも分かりやすく身振り手振りを絡めながら優しく対応して頂けました。

  • [627396]  2019.11.09
  •  ゆるキャン #-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • [627397]  2019.11.09
  •  - #

No title

井上選手のスポンサーに、企業10社から計5億円オファー、と言う記事が出てます。
久しぶりに夢の有るニュースで、スター街道驀進中の井上選手の姿に、若き次世代のボクサー達も大いに発奮される事でしょう。

  • [627398]  2019.11.09
  •  非A #GxAO5jdM

No title

ゆるキャン様御提供の情報を讃えるコメを入れたら何故か非表示に・・・orz
いや素晴らしい、神レベル。
いくつかの重要な疑問が氷解した感じです。

ドネア側の戦略もエクセレントですが、それに対応してみせた井上兄のIQもやはり並じゃないってことですな。

  • [627401]  2019.11.09
  •  M2号 #IGmjCrYg

No title


情報の出所はわかりませんが、昨日のスポーツ紙には、WOWOW準々決勝6000万円(ファイトマネー&大会勝ち上がり賞金)、準決勝8000万円(〃)
決勝1億800万円(ファイトマネー&優勝賞金)と載ってましたね。
3試合で2億4000万超だとか。

  • [627403]  2019.11.09
  •  トクメイ #DUR24XiI

No title


WBSSがWOWOWにへんな変換してしまいました。
WBSS準々決勝6000万円。

  • [627404]  2019.11.09
  •  トクメイ #DUR24XiI

No title

今日のネットニュースだが、尚弥に10社以上のスポンサーが名乗りを上げ、5億円のオファーだそうだ。
村田もだが、この二人が他のプロボクサーからは掛け離れていて、別世界みたいだよな。

  • [627405]  2019.11.09
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

No title

井上のライバル達からすると、ヤなもん見ちゃったかな。打たれ強さもモンスターっていう。
ドネアにパンチもらったのは、2ラウンドに余裕出して、油断したところをドネアに上手くつかれたから。目もカットして、トラブルも抱えちゃった。まあ、言い訳にはならないけど、井上のミスであって、井上攻略法につながるわけでは全くない。井上がミスなく慎重に戦っていれば、もっと圧倒的な試合になった可能性も高い。
ライバルからすると、パンチ力、スピード、ディフェンスに加えて、耐久力もモンスター。テテやウーバーリのパンチで倒すのは無理じゃないかな。

  • [627406]  2019.11.09
  •  ペト #-

No title

まあ井上の次戦に関してはWBAの王座決定戦とWBOの団体内統一戦とWBCの指名挑戦者決定戦と指名試合の結果待ちなのでそれらの結果が出てからだと思いますね。

まあ優先度はテテ>WBC(ネリ以外)>>WBA正規>>>>>>>>>>ネリですね。

  • [627407]  2019.11.09
  •  B.B #-

No title

ロマチェンコのような小刻みで水すましのようなフットワーク、
リゴンドーのぬるっと回り込むようなフットワーク、
今以上に色んなフットワークを身に付けたら、さらに強く、安全な戦いができるのでは。

  • [627411]  2019.11.09
  •  ジャクソン #-

No title

K8さん、今回の井上はスピード重視でしたか。そんな情報も見たと思うけど忘れてた。なるほど。

ゆるキャンさん、貴重なお話をありがとうございました。確かにドネアは時々ボディーを混ぜてましたね。ボディーをもらわないように相手のボディーを打って状態を上げるか。この戦略は知らんかったです。お父さんに会えてラッキーでしたね。

  • [627412]  2019.11.09
  •  カリメロ #-

No title

うわー、ゆるキャンさん、貴重なお話しありがとうございます。関係者の話しが出れば出るほど、改めてすごい試合だったんだなと思います。

それにしてもシニアもカッコいいですね。

  • [627413]  2019.11.09
  •   #bViFEKMM

No title

片岡さんのラジオ、分かりやすい技術解説だった。左フックと右ストレートの打ち方の関係。凄いレベル高いってことが分かる。

  • [627418]  2019.11.09
  •  1番 #-

No title

これでモンスターはドネアのキャリアをすべて吸収してスーパーモンスターになるのか。。ドラゴンボール見たいだな(笑)

  • [627419]  2019.11.09
  •   #-

M2号さま カリメロさま ◯ #bViFEKMMさま

本当に幸運に恵まれました。
体格差を活かした闘い方の具体的な部分をお聞きしたかったのですが、お付きの方からストップが入り終了でした笑
私の様なおばさんにも紳士にお話ししてくださった、とても素敵な方でした!

  • [627420]  2019.11.09
  •  ゆるキャン #-

No title

しかしウーバーリ、正統派で良いボクシングするなァ。当日は拓真を応援してたから拓真視点で見てて、早々に勝ち目が無ェと確信しちまってつまらなくなったけど、改めて録画を見て、ウーバーリの視点で見ると逆に面白くなってきたぜ。

ジャブとワンツーの基本はしっかりしてるし、フットワークも前回のペッチと違ってしっかり左右に動けてる。ストレート系のパンチが得意で、胸板の厚さとか体幹も強く簡単には揺らぎそうもねェな。

パンチの質は、井上尚弥がしなやかでキレがあるのに対してウーバーリのそれは固くて重い。あれをしっかり伸ばしてバシバシ繰り出してくるとキツいぜ。戦えば、井上尚弥でも判定まで行くンじゃねェかな。

今更の話になるけど、出来ればウーバーリと山中慎介の試合が見てみたかったなァ。山中でも恐らくは五分五分。山中は体幹の強い相手との接近戦は不得手だっただけに、ウーバーリにあの頑強さで前に来られたら苦戦しそうだ。最後にはゴッドレフトが炸裂すると信じてェが。

兎に角今は、ウーバーリが山中のベルトを持つに相応しいチャンピオンであることはよく分かった。あのベルトを井上が奪えたら最高だけどなァ。

  • [627421]  2019.11.09
  •  浪速のドサ拳 #-

私が井上の戦法を決められるなら

下記の戦法はドネア戦だけでなく全ての対戦相手に対してです。

『ガッチリガードで前へ出て接近戦でボディーの連打』

以上です。
これが井上にもっとも適した戦法だと思う。
なぜ日本人は教科書的なボクシング(中間距離でキレイなボクシング)にこだわるのだろう。
井上みたいに飛びぬけた長所があるならば、徹底的にソレを活かす戦法を取るべきではないだろうか?
井上の左ボディーのクリーンヒットを5発まともにくらって立っていられるボクサーがいるだろうか?
上記の戦法なら、今後すべての試合を3R以内に安全に終わらせる事が出来ると思う。
そして更なる利点は、上記の戦法なら相手のプレッシャーに下がらされる事が無いという点である。
今回の試合でもそうだったが、下がった時にピンチはおとづれるのだから、下がらない事がとても重要なのである。
更に更に、接近戦のメリットは相手のパンチ力を殺せる点にもある。

  • [627423]  2019.11.09
  •  いやーぴーす #-

No title

ガッチリガードはやめた方が良いね。

ウェルター級タイトルで名嘉原が加山にその戦術で行ったが、ジャブとアッパーで翻弄されてる。特にこのガードは下からの攻撃に弱くってアッパーでダウン取られてた。デラホーヤとかボディから返すアッパーで、この手の防御は容易く貫通させて倒してた。

そもそもそういったブロッキングやカバーリングは攻撃の反応が相手より遅れる。相手のパンチ受けてからの返しなんだよ。掌が自分に向くようなガードだと攻撃するのもしにくい。バックハンドブローみたいにならないようにしないといけないでしょ?
かと言って、タイソン得意のピーカブーは、テンプルや耳の裏に命中しやすい。

そもそも接近戦では肩、頭、肘、ラビットパンチを審判に分からないようしてくる選手も多く、自身も被弾覚悟がいる。特に目に上に傷負ってる選手はヤバイぞ。

  • [627433]  2019.11.09
  •  プレデター #-

No title

え~っ、ゆるキャンさんって女性なんですか!
こりゃまたさらに感服でございます。
一時期、もう拳論見るのやめようかと思った時期がございますが、こーゆー貴重な情報を拾える場として、やっぱやめられませんと再確認した次第です。

んで、今回の井上VSドネアですが、もうワタクシ、見た後気分が悪くなりまして(笑)

いや、試合が酷かったという意味ではなく、内容が濃すぎてですね。観戦後、色んな思いがないまぜになって、ニワカが消化不良を起こしたと言う意味です。
圧勝できなかった井上への不満と疑問。それに相反するあの苦境からよくぞ立ち直って勝ち切ったと言う思い。そして何より、ドネアの恐ろしさ・・・。
ゆるキャンさんの情報が、胃腸薬のように効いて、若干楽になりました(笑)

今回の結果から、階級の壁に言及されている方々がいらっしゃいますが、私はそれは早計かなと。
今回は、階級と言うよりは、ドネアと言うレジェンドの壁が想像を遥かに凌駕して分厚く高く、それを井上兄が満身創痍でなんとか乗り越えたと言うことではないかと思っています。

  • [627434]  2019.11.09
  •  M2号 #IGmjCrYg

No title

ゆるキャンさん、、貴重なお話有難うございます。
"井上のボディを打って上体を上げさせる様にと指示をした、そのボディのイメージがあったから2Rの左フックが当たった、彼の視界と上体を上げさせる事で本来のパワーを奪ったのに、彼は限られた武器を賢く選別して対応してきた"
尚弥選手、2ラウンドはボディに打つ様なフェイントに完全に引っかかったと言っますし、狙い通りだったと言う事ですね。斬り裂きは計算以上の成果だったんでしょうけど。
パワーがいつも程出なかったのも、私はドネアのお父さんの説明通りだと思います。ただ、ボディ攻撃以前に尚弥選手の上体は初回から立ち気味で硬いなと思って見てましたが。

  • [627437]  2019.11.09
  •  ローカル #mn/GLzks

No title

どこか痛めたり 手術とかもしてるけど
尚弥の鼻血、カットは
アマ時代を通じて初めての事

  • [627441]  2019.11.09
  •  kaiキャノン #-

ゆるキャンさん、素晴らしいです

すごい情報ですね。ドネアはボディのイメージがないけどすごく巧いって赤穂が言ってましたが、あの試合ではその通りと思わされました。
ただ、1~2Rでそんなにボディを打っていたイメージは無かったので、そこら辺は改めて見返す楽しみの一つになりました。
ありがとうございます。

上体を上げさせるってのは、傍から見ると微妙すぎて僕には分かんないです。
既にバンタムでも小柄の部類に入る井上は、背中を丸めたり見るからに腰を落とすような構えよりも、背中を立てる姿勢を選択する必要性もあるのかと思っています。
そこはパッキャオも同じですよね。最初にパッキャオの試合を見た時にその構えのお陰で体格差が少なく感じると思いました。(強靭な足腰あってこそ?)
しかしそうすると、見た目は上体が上がっているようにも見えますよね。
正直僕にはロドリゲス戦の1Rと2Rでの、修正したという見た目の違いを理解できませんでしたし。
まぁ、分かる人には分かるのでしょうけど、井上陣営が今回重心とか上体とかをあまり問題視していないのは、早々に作戦を変更したためで、修正の必要性を感じなかったからではないのかと思ってます。
もちろん敢えて話していないのかもしれませんが。
個人的には今回はカウンターに反応が遅れる危険性から、攻撃のパワーを意図的に若干抑えていたのではないかと、今は思います。
実際にカットまではパワーでもスピードでも上をいっていたように見えるので。

  • [627442]  2019.11.09
  •  おいろん #FECFAQn.

No title

井上兄弟の事を,大したことないと断言してるエンジョイボクシングジム?って何者なのか判る方居ますか?
過去のblogを閲覧してるとメイウェザー信者みたいでYouTubeにもメイウェザー養成講座なる動画をUPしてるようですが文章は鼻につきますしジムもあるんだか無いんだか判らないし,こんな所でボクシングする人って居るのか疑問でした。

  • [627446]  2019.11.09
  •  試合は面白かった。 #-

No title

ちなみに「村田vsブラント」Ⅲではないが、ドネアも井上との再戦を希望しているようだ。
尚弥も(村田と同じく)、気乗りはしていないようだ・笑←ネット記事より。

  • [627453]  2019.11.09
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

No title

井上尚弥はなんで、こんな魅力的なんだろう。私も90年代から見てきてますが魅力度でいうと辰吉、タイソン、井上が3強ですね。他にも強い選手はいっぱい、いますが魅力度はこの3人が私の中では神的な存在です。井上は強いだけじゃなく人間性が素晴らしいからね。

  • [627457]  2019.11.09
  •  高橋バオー #-

No title

井上尚弥が眼窩底など2カ所骨折していた

ボクシング2団体(WBAスーパー・IBF)統一王者井上尚弥(26=大橋)が右目に重傷を負っていたことが9日、分かった。同日に同門の中嶋一輝(大橋)の応援に来ていた東京・後楽園ホールで報道陣の取材に応じ、右目の眼窩(がんか)底など2カ所を骨折していると明かした。7日にさいたまスーパーアリーナで開催された5階級制覇王者ノニト・ドネア(36=フィリピン)とのワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBBS)決勝の2回に浴びた左フックで右目上をカット。この時のパンチで大きなダメージを受け、骨折していた。

井上は8日に神奈川県内で精密検査を受け、同部骨折と診断されたという。全治は不明で、1カ月後に再検査を受けるという。右目上にガーゼを装着して取材に応じた井上は「2回に左フックをもらった時だったと思う。ドネアが2重に見えた時点でしびれて折れたなと。ゆっくり休みたい」と残念そうな表情を浮かべた。

  • [627461]  2019.11.09
  •  モトカレマニア #-

No title

・・・・・・やっぱ眼底やってましたか。
二重に見えるって時点で、大丈夫か??
とは思いましたが、

いやあ・・・・・・
なんか聞いた話では、一度眼底やってしまうと、ボクサーの目ってのは完全には治らないって話で、
ドネア自身もリゴに食らった左ストレートで右目やってから、
明らかにパンチに対する反応が悪くなった気がするし、
田中も・・・
まあ田中は眼底やる前から結構殴らせるタイプではありましたが。

いやいやいやいや、
やっぱあのWBSSの大舞台で、
あれだけの勝負で勝った大証はデカかったのかと、
井上の症状が重くないことを祈るばかりですが。
まあ少なくともトップランクの予定してる、
来年3月はもう無理だろうなあと(苦渋

  • [627462]  2019.11.09
  •  宇弓 #LkZag.iM

No title


う~ん。各スポーツ紙にも載りましたね。
田中と同じ症状かな?。
絶対安静と出てました。鼻も骨折。
半年はブランクかな?。
ジックリ治して、復帰を願います。日本ボクシング界最高の宝なのだから。

  • [627465]  2019.11.09
  •  トクメイ #DUR24XiI

No title

瞼も表面的に直しても、
毎回、同じところカットするようになりますからねー
パンチにバッティングにちょっとしたことでカットして、何重にも切れ始める
代償も大きい試合でしたね

  • [627466]  2019.11.09
  •  mlv #-

No title

あっ本当だ…。しかも眼窩だけで無く、鼻も折れてるって…。ドネア、恐るべきパンチ力。モンチもシドレンコも酷いやられ方したもんな〜。

昔、細野がサマンのパンチでそうなってしまってKO負けしてた。アドレナリン出てるとは言え、よくぞこの状態で勝ったな。

ただ、こんな試合やってると選手寿命が短くなるので、次回はもう少し防御の意識と技術向上を期待したいね。日本人が真似出来る限界としては、カニザレスみたいな攻防一体の動きが理想かな。

  • [627467]  2019.11.09
  •  プレデター #-

No title

いやあ。
井上をダウン寸前にまで追い詰めた.ドネア、恐ろしいねえ。。
パンチがある選手は本当に怖い。
ドネアがバリバリの全盛期で無くてよかったね。


  • [627468]  2019.11.09
  •  恐ろしい #-

No title

だって試合直後のTwitterとかでは、
医者に診せても、骨折もなく大丈夫ですって言ってたのになあと。
骨折してたんなら直後から本人がわかんなかったわけないし、
・・・・・
やっぱ言い出しにくいものなんでしょうか(悶々

やだなあ・・・・・
ま~たこれで拳やっちゃった時みたいに、
ハイ丸1年以上休養!!
とかになりはすまいかと。

せっかく井上伝説が、日本全国に、そして全世界に向けて始まるところだってのに(懊悩

  • [627469]  2019.11.09
  •  宇弓 #LkZag.iM

No title

ドネアは本場で真の強豪と修羅場をかいくぐってきたレジェンドの中のレジェンド。
本物相手にするとその代償が大きいね。
ものすごい選手です。
申し訳ないが格が違う。

  • [627470]  2019.11.09
  •  本物 #-

No title

報告があります。
眼球には異常なしと伝えましたが、2Rの左フックで右目眼窩底骨折をしていました。保存治療で幸い手術をする事は逃れましたが絶対安静で治療に専念します。来年の試合には影響がないそうなのでまた頑張ります‼︎
ちなみに鼻も骨折していました。。

井上尚弥ツィート 20:30

  • [627471]  2019.11.09
  •  ボンゾ #-

No title

来年の試合には影響ないつってもなあと(憂悶
だからって絶対安静で治療に集中とか言ってるし、
そうなるとトップランクが指定した、4か月後の3月なんてほぼ無理だろうし、

・・・・・・・・・・・
来年末の試合にはなんとか大丈夫です!!
って意味じゃあるまいなとは(悶笑

いやあ・・・・・・・
禍福は糾える縄の如し、とはよく言うたもんですわなあと(慨嘆

井上よ!!
なんとか早いとこ帰ってきてくれ!!
神様あ!!(天祈

  • [627473]  2019.11.09
  •  宇弓 #LkZag.iM

No title

やはり、“眼”か・・・(汗)

  • [627474]  2019.11.09
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

No title

うぎゃーっ!
やってくれおったのぅドネア!
まぁ、モンチの頭蓋骨陥没させたフックだからね・・・
そりゃ骨折してもおかしくないよね・・・
くっそ~、化け物め。
頼むから良く調べたら他も壊れてましたってのは無しにして下さいよ(哀願)

しかし、そんなんでよく勝ったし、楽しかったなどと言えたものよ。
これもまた化け物だ。

  • [627475]  2019.11.09
  •  M2号 #IGmjCrYg

No title

えー。 あれで骨折していたのですが。

ドネア恐ろしいですね。

全く問題ないと思いましたが。

手術するまで酷くなかったのは幸いな事でしたね。

  • [627477]  2019.11.09
  •  ゆうし #-

No title

森田こと小倉恒夫さん、荒らすのやめてください

  • [627479]  2019.11.09
  •  ちとかいて #-

No title

普通、骨折したらもっと腫れると思うが、目も鼻も全然腫れてなかったような・・・
体質なんですかね。

  • [627481]  2019.11.09
  •  M2号 #IGmjCrYg

No title

全盛期のドネア選手のパンチ力じゃなくて不幸中の幸いと言った所かな

  • [627482]  2019.11.09
  •  ななし #-

No title

老いてもドネア選手はナルバエス選手やロドリゲス選手とは格が違いました

  • [627483]  2019.11.09
  •  ななし #-

No title

骨折もそうだが、怖いのは網膜剥離だ。大丈夫だとは思うが。

  • [627484]  2019.11.09
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

No title

自称森田さん宅Wi-Fi遮断も2日半しか電源が保たなかったか(笑)

  • [627485]  2019.11.09
  •  ジャム #-

No title


WOWOWで尚弥解説してますが(WOWOWそのものが録画。この後でが眼底骨折発表したんですね)
眼帯ガーゼしてますが、やはり異常に腫れてますね。リング上でのインタビューの時はそれほどまでに重症とはおもいませんでしたが、ドネア恐るべし。そして、2Rカット骨折しながら、終盤11Rにダウン奪い勝ちきった尚弥も恐るべきモンスターですね。



  • [627486]  2019.11.09
  •  トクメイ #DUR24XiI

まさか眼窩底骨折とは、、、(>_<)

穂積も田中さんもやった時は、見るからに目ん玉グリングリンしてて直ぐヤバそうってわかったけど、尚弥はわからなかったからソコまで酷くないのかも?(>_<)
カットが高山さんみたいにならなきゃ良いけど、、、とは思っていたけど、、、、まさか眼窩底やっちまったとは、、、、(>_<)

最後コーナーに讃えに行ったとき、ドネアが尚弥の顔結構しっかり見てた様に見えたのは大丈夫か心配してたのかもね、、、、

やはりドネアパンチこえ~😫

尚弥も相当痛かっただろうに、、、、(;つД`)

本当しっかり治してほしいです、、、、
拳はなんもないみたいだからソコは良かった(о´∀`о)

尚弥 お大事に、、、、ρ(・・、)


  • [627487]  2019.11.09
  •  白い羊 #-

No title

私は眼窩骨折の当事者だが、両親・主治医・障害に理解のある教師の友人達からのアドバイスによってボクシングには背を向けて生きていく道を選ぶ事に決めた。
そのお陰で、仕事の腕は上達したし、平日の仕事終わりや休日に、酒飲みながら映画や深夜アニメを観る、という楽しみも出来たし、勝てずに悩んでいた頃に比べれば、無論働いている以上全くとまでは言えなくても、悩みは減り、精神的にはかなり楽になった。
中には、「夢を諦めるなんて」みたいな歯の浮く綺麗事を言う人間もいるが、田中角栄だって「人間には人それぞれ物差しがある」という言葉を残しているし、イソップ童話の「街のねずみと田舎のねずみ」やSMAP/山崎まさよしの「セロリ」の歌詞にもあるように、幸せの形や人間の価値観なんて、100人いれば100通りだと思う。ボクシングなんかもうやらないよ。

  • [627490]  2019.11.09
  •  さすらいチャーハン #-

No title

やっぱり、井上尚弥選手はドネア選手の強烈なパンチの被弾によって『眼窩底骨折』やってましたね。

鼻の横も骨折していたらしい。

ドネアは尚弥が序盤の連続KOを狙ってくる所を迎え撃とうと決めていたのでしょう。

この目の負傷が厄介なものでなく、早く治ることを願っています。

だとしたら、11ラウンドのレフェリーの尚弥の追撃阻止と超ロングカウントは本当に許せない暴挙だと思う。KOで仕留めたのに試合を不当に続行して、さらに目に被弾したらどう責任取るつもりだったんだよ・・・。

まあ、終わったことをいつまでも言っていても仕様がありません。

じっくりと治して、万全のコンディションになってから再スタートしてほしいです!

頑張れ~井上尚弥!

貴方のファイトに日本中いや世界中が大いなる勇気をもらった。
ありがとう。😭✨
感動したっ!😃✨

  • [627491]  2019.11.09
  •  ホットスピリット #tIxVRlXM

No title

とにかく今は安静に、少しでも早く治ることを心から祈ります。

しかしエキサイトマッチ、尚弥本人の解説聞きながらの観戦めちゃくちゃおもしろいですね。

  • [627495]  2019.11.09
  •  けろよん #-

No title

足で充分かわす事ができるのにも関わらず、
ロープに詰まってガードでやり過ごす癖は良くないですよ
1Rと2R半ばまで良い距離で戦っていただけに残念です。

  • [627496]  2019.11.09
  •  匿名 #-

No title

眼窩底骨折とのこと、良い機会なのでカットした部分の修復も含めてしっかりと休養を取ってもらいたいですね。最低、半年。
特にカットのほうは癖になってしまうと試合開始前からハンデを負うことになるので、しっかりと修復を。
今後、やるであろう相手は、テテ、ウーバーリ、ネリ、リゴンドーと全部左ストレートの強いサウスポー。
右瞼に爆弾を抱えたまま試合に臨むのは得策ではないですから。
スパーも完全にやめて修復に努める期間を考えると、半年超空けることも必要かもしれませんね。

  • [627497]  2019.11.09
  •  VVVVV #-

No title

・・・いやそれで今エキマで井上が、
2℞で見えなくなった後での苦闘の様子を、焦りながらもいかに考え対応したのか自分で解説してるんですが・・・・

いや眼底骨折したと聞いたいま改めて見ると、
切実で胸に来ますなあ

  • [627498]  2019.11.09
  •  宇弓 #LkZag.iM

No title

右目眼窩底骨折はやばいですね
ドネアと激闘した相手は、その後下り坂を迎える選手が多いのが気がかりです

  • [627499]  2019.11.09
  •  とみぃ #-

No title

何と眼窩底骨折でしたか。
通常下眼瞼がもっと腫れますが、眼窩内容物が陥入していなかったのは不幸中の幸いですね。
同僚と、何か右瞳孔径がおかしいねと話はしていましたが、眼球がよく動いているので結膜、角膜の問題ではないか思っていました。

しかし、こんな重傷の中、12Rまでよく戦っていましたな。。モンスターは手負いでもモンスターということか、と。

  • [627500]  2019.11.09
  •  医師の拳 #R72Uk1nA

No title

井上尚弥にとって初めてと言っていいくらいにパンチ(力)がある選手だったでしょ。
ほんと密度の濃い試合したね。
鼻も骨折したわけだが今後、モンスターモンスターと持ち上げられて鼻を高くしない為に骨折したんだと思えばいい。
世界にはほんとの強豪がゴロゴロいるってこと。

  • [627501]  2019.11.09
  •  パンチ #-

ギャー★モンスター尚弥が骨折!

でも、アメリカ進出前に、しばしの戦士の休息でも宜しいのでは☆

( ・∀・)っ旦

  • [627503]  2019.11.09
  •  K8augPj6 #K8augPj6

No title

渡辺パンチです

まだ試合を半分も見れてません(笑)

試合中から眼が変形してましたから、坂本博之みたいな眼の形が変わるかも、ですね。
本人は嬉しそうですが(笑)
ボクサー心理として、顔に傷が残ると嬉しかったりします。
ボクシングを辞めた後も、刻まれた傷は勲章で、こんな僕でも、たまに「ボクシングをやってたんですか?」と聞かれます。
理由を聞きますと「腫れた眼、腫れた拳を見て」と。
傷はボクシングをやってた証になるんですよね。

  • [627504]  2019.11.09
  •  渡辺パンチ #-

No title

パンチさん、お久しぶりです。

眼球突出していましたよね。井上尚弥選手についてちょっと気にあることがあります。

  • [627507]  2019.11.09
  •  医師の拳 #R72Uk1nA

No title

ローカル試合ですが、10年くらい前?名古屋の大橋弘政vsロリー松下の試合で1Rで大橋はロリーの強打で左目(だったかな?)の眼底骨折と鼻の骨が折れて目は片目だけとなったらしいです。

ロリーは後から聞いたらどっちかの拳を痛めてて全力で打てないと…言う事らしく…
結果は大橋選手の根性のみのKO勝ち!

僕の見解はロリーはピンチに弱い。
大橋はピンチ(いつもそうなのですが)に強い♪

強いボクサーはピンチ、怪我も知るべきかもしれません。
それは人生でも同じかな?(笑)

ちなみにSB元王者の小国も大橋の試合ではおもいきりヘロヘロになってあのままでは大橋に倒されたのでは?と思いました♪

  • [627508]  2019.11.09
  •  どこかの親父 #zuqzPF9.

No title

当初は眼瞼周辺が腫れていなかったので、眼窩底骨折ではなく、結膜損傷かと思っていました。

以下あくまで私見です。
最悪のことを想定すると、眼眼窩底骨折では外眼筋や視神経が伸ばされる分、眼球運動、視力に影響が出ます。
井上選手のように眼球突出を呈した場合、その分明らかに外眼筋、視神経が伸展されるので複視が治癒しないことがあります。
実際、あのキックボクサー武田幸三が眼窩底骨折で複視が治癒せず、その後負けが混んで引退しましたよね。

井上選手の身にそのような事態が起こらないことを祈るばかりです。

  • [627511]  2019.11.09
  •  医師の拳 #R72Uk1nA

No title


尚弥が自分の試合を自分で解説は斬新でよかったですが・・リング上のインタビュー放送するかと思いましたが、まったく全部カットしてましたね(涙)。

ワイルダーの防衛戦と共にロドリゲス×ネリ生放送するようで、これはいいですね。

  • [627513]  2019.11.09
  •  トクメイ #DUR24XiI

No title

渡辺パンチです

医師の拳さん、ご無沙汰してます!
気になる事、なんでしょうか?

アマチュアのボクシングは素晴らしいですが、プロは8オンスグローブで12回戦。
まさに生死を賭けた死闘と言えるでしょう。
ドネアも井上選手も、生死を振り絞ってパンチを繰り出したのでしょう。
36歳ドネア、軽量級ではかなりの高齢で、さらには相手はモンスター。
ドネアがパンチを打つ度に涙腺が緩みました。

  • [627514]  2019.11.09
  •  渡辺パンチ #-

No title

私的年間ベストバウト。
12月23日を残しはしますが。
9R被弾した後の攻防、見応えがありました。

  • [627515]  2019.11.09
  •  横田 #-

No title

パンチさん、本当にご無沙汰しております。

この試合は私も本当に感動しました。
しかし一方、あの右眼球突出で、私も含めて周囲はざわついており、診断名が飛び交いまして。。
視神経伸びてたらヤバイ!と。。いや、眼瞼は腫れていないから結膜浮腫やろうとか。

どこかの親父さんもご無沙汰しております。



  • [627517]  2019.11.09
  •  医師の拳 #R72Uk1nA

No title

渡辺パンチです

医師の拳さん、気になる事、了解しました。

ドネアに勝ったが、代償はあった、そんな感じもします。

  • [627519]  2019.11.09
  •  渡辺パンチ #-

No title

きっと井上陣営はこれを糧とする。特に真吾トレーナーはよりディフェンス面の強化を口酸っぱく説くのではないか。息子たちが打たれるのは見たくないだろうからね。

ドネアだから見逃さなかった尚弥のわずかな隙。尚弥にとっては身体的に大きな代償を負ったが、そのわずかな隙をも埋めるチャンスを得たとも言える。まだまだ強くなれる。まずはゆっくり静養を。

  • [627520]  2019.11.09
  •  テフロン加工 #-

No title

眼窩底骨折では治癒するケースの方が多いですが、「プロボクサーの眼」ですし、「モンスターの眼」のレベルにまで回復するかが心配です。

辰吉選手の網膜剥離に井上選手の眼窩底骨折、神様は試練を与えますね。

  • [627521]  2019.11.09
  •  医師の拳 #R72Uk1nA

No title

渡辺パンチです

医師の拳さん、僕の職場でも井上選手の試合の話が出てました。

視聴率15%、多くの人が関心を寄せたのは間違いないですね。

あの試合を見て、何も感じない人は皆無でしょう。

  • [627522]  2019.11.09
  •  渡辺パンチ #-

No title

WOWOWでの尚弥自身の解説面白かったし、聞かなきゃわからんなとも思いましたね。
ドネアが思ったよりもパンチがなかったと言ってましたが、K.Oを狙っていなかったのですからそれも当然だったのでしょう。

しかし、眼窩底ですか・・。鼻骨はまぁいいとして気になりますね。
試合後腫れがそれ程無いし、今日のエキマでの映像でも縫った影響で腫れているのだろうと思ってました。
現在も二重に見えているのかは分かりませんが、右目を塞いではいませんでしたし見え方も治っていると思ってました。
どうか後遺症が残らないようにと祈ります。

しかし最初の被弾で眼窩底とは・・神様も意地悪ですね。

  • [627523]  2019.11.09
  •  おいろん #FECFAQn.

No title

2人の人生が交錯する運命の糸、予想を超えた素晴らしい試合内容、試合後のお互いへのリスペクトなどなど。
物語を見ているような非常に美しい、印象深い光景を見せてくれました。ドネア選手、井上選手に感謝です。

井上選手の眼が戻りますように。

  • [627524]  2019.11.09
  •  医師の拳 #R72Uk1nA

No title

「来年の試合には影響がない」と医者が言ってるそうですが心配ですね。。その言葉にすがりたいです。

  • [627525]  2019.11.09
  •   #-

No title

殴り合う競技なんだもんね。
なんかしらの代償はあるのでしょう。

  • [627526]  2019.11.09
  •  宿命 #-

No title

昨日の一報で安心したら、やっぱり折れていましたか
複視が残った場合、続けるか辞めるか迫られるでしょうね

  • [627527]  2019.11.09
  •  だぞーんだよーん #-

No title

一か月後の再検査で複視が自然治癒しない場合は手術するんでしょうかね。軽症で済みます様に・・・ (;人;)

  • [627529]  2019.11.09
  •   #-

No title

>井上選手のように眼球突出を呈した場合、その分明らかに外眼筋、視神経が伸展されるので複視が治癒しないことがあります。

知人が手術後も上の方見ると二重になってたのはこう言う事だったのかも。徐々に改善されたように言ってましたけど、別理由で引退して改めて本当のところはどうだったのかなとも思います。

手術はしないみたいですが、それは軽症ととらえて良いという事なのでしょうか。


本人解説のエキマは良かったですね。地上波全国ネットだったのになんでわざわざ?と思ってましたが、WOWOWさん技ありでした。

  • [627530]  2019.11.09
  •   #bViFEKMM

No title

私も実は職業的に眼の専門家なんですがね。二重に見えてたってのが多少気にはなりましたが、医師の拳さんがおっしゃる眼筋系のトラブルはちょっと心配しました。一番は「休む」こと「治す」ことですね。眼筋が麻痺や断裂しているワケではなみたいだから深刻に考え過ぎても良くないです。腕や脚の筋肉ほどシンプルに鍛練出来る筋肉ではないですけど。兎に角骨くっついてから、ですな。

あ、多分大丈夫。治ると思いますよ。

  • [627531]  2019.11.09
  •  リチャード・鉄 #-

No title

ナルバエス~パレナスまで拳の手術で1年休んだがそれくらい開けた方がいいと思う

  • [627532]  2019.11.09
  •  名無名無 #-

No title

犬さん、○さん

最初の診断で手術不要と判断されていますので、骨折部分への眼窩内容物(外眼筋など)の陥入はなく、物理的な整復は不要な状態なのでしょうね。ですので、その後の手術もないはずです。

1ヶ月後の検査は、骨折により眼球の突出(=眼球の前方移動)があったわけで、その分伸展された外眼筋の動き(眼球運動)、視神経への影響(視力)を評価するのでしょうね。
陥入がない時点で軽症だとは思いますが、明らかに視神経、外眼筋は伸ばされていますから、「モンスターの眼」がどのような影響を受けているかは、本人以外その時までわからないと思います。

  • [627534]  2019.11.09
  •  医師の拳 #R72Uk1nA

No title

リチャード・鉄さん

ご無沙汰しております。
眼の専門家でいらしたんですね。失礼いたしました。

私の意見はあくまで最悪のことを考えてのものです。日本の至宝、そしてあのモンスターの動きを支える眼なので心配している次第です。


  • [627535]  2019.11.09
  •  医師の拳 #R72Uk1nA

No title

医師の拳 様
ご解説有難うございました。
眼球運動をやって複視が消失すれば基本的には大丈夫だそうですね。。成程、軽症で治ったとしても、ボクシングにおける目と言う高度なレベルの話になると影響が心配されるという事ですね。
恐ろしい。。絶対治ってくれ><信じてます。

  • [627536]  2019.11.09
  •   #-

トロフィー

トロフィーの話し、ドネアのフェイスブックを発端に世界中に拡散してますよ。すごいコメント数。試合前~試合~試合後、これだけスポーツマンシップにあふれた話題で埋め尽くされたボクシングの試合は記憶がない。

  • [627537]  2019.11.09
  •  kyunchara #-

No title

ドネアの方がカリスマ性ある

  • [627538]  2019.11.10
  •  さすらいチャーハン #-

No title

井上よりドネアが好きになった夜だった

感動

濡れたw

  • [627539]  2019.11.10
  •  __damini_gupta #-

No title

渡辺パンチです

辰吉や本望信人もそうでしたが、一度、カットしますと癖になるのか、カットしやすい眼になりますよね。

ドネアのフックを食わないように練習した井上選手。
それでも2ラウンドにフックを打ち込まれ、眼に傷を負いました。
純粋にドネアを褒めるべきなのか悩みます(笑)

  • [627540]  2019.11.10
  •  渡辺パンチ #-

No title

試合後に複視は解消されているという点、手術不要でそこまでは重症ではないという点、翌日の会見でも眼球の動きに不自然さがないという点など、素人の神頼みですが影響がないと信じたいです。

https://www.youtube.com/watch?v=s3FQsURlSxk

  • [627541]  2019.11.10
  •  VVVVV #-

No title

2回のヒットは、3手先、4手先を読む井上選手が、「ボディと思ったら上にきた」というくらいですから、ドネア選手の技術が上回った瞬間なのでしょうね。
ドネア選手、素晴らしいと思います。

  • [627542]  2019.11.10
  •  医師の拳 #R72Uk1nA

No title

医師の拳さん、リチャード・鉄さん、ありがとうございます。まあ、もう後は祈るのみですね。

  • [627543]  2019.11.10
  •   #bViFEKMM

No title

ドネア応援の私は特に第9ラウンドは手に汗握りました。
右ストレート顎に食らって井上がグラリ、ドネアにしがみ
つこうとしてましたものねえ。。一瞬完全に効きましたね。
ドネア夫人も叫んでましたね。

  • [627544]  2019.11.10
  •  ドネア #-

No title

おまえら俺の存在忘れてねえか

亀田和毅がいるんだぜ井上の最大の壁ライバル

視聴率で亀田に勝てないくせに

  • [627546]  2019.11.10
  •  PontaPonta999 悶絶メタル #-

No title

渡辺パンチです

井上VSドネア、試合見終わりました。
井上選手は相当にドネアのフックを警戒し、フックの当たらないような距離を意識して戦ってるのが伝わってきました。
それでも、何度かドネアをぐらつかせたり、ボディブローで倒したりするのは天才ゆえに、でしょう。
また、互いで、変則的なパンチの打ち方をした時、よく当たってましたね。
正攻法では当たらないのでしょう。

ドネアも最後まで立派に戦いました。

余談ですが、リングサイドにユーチューバーのひかきん、和田アキ子、石田純一を発見(笑)

  • [627547]  2019.11.10
  •  渡辺パンチ #-

No title

千原ジュニアもいましたね

  • [627553]  2019.11.10
  •  プレデター #-

お大事に

ヤフコメ 1000突破

  • [627555]  2019.11.10
  •  kaiキャノン #-

No title

今日も今日とて糞亀工作員の嫉妬とひがみ丸出しの戯言が良く響く。

同じバンタム級で、やれドネアだのアルセだのとほざきながら、選ぶ相手は韓国人の急造ランカーとか訳のわからねェアイスマンとかばっかり。
しかも急遽ハーフポイントとか八百長御用達のマイケルリーを使ってやっと2-1の八百長判定。

海外で現役世界王者をKO、スーパー王者ドネアを倒してWBSS優勝の井上。

その差は正に、道端に垂れた犬の糞とダイヤモンドってトコか。

あ、確か長男はスーパー王者から逃げて、三男は井上が秒殺したマクドネルにボロ負け二連敗だったな。

  • [627556]  2019.11.10
  •  浪速のドサ拳 #-

No title

 渡辺パンチ さんと同じように、ドネアの「鬼神」のように屈しない姿に目頭を熱くしました…片岡さんの書かれてるように予想を超える「激戦」が更に、この試合に酔わされ、今も余韻が抜けきれません。

 多分、ドネアは自分の必殺「左フック」の精度が、かつてよりは落ちていることは認識していて、それゆえに、井上尚弥の決めにくる「ブロー」へのカウンターを体にしみこませるほど、徹底して、やってきたように思えました。その成果が早くも2ラウンドに出たと。
 ダウンでの上手い「休み具合」も、経験によるクレバーさでしょう。ちゃんとレフリーのカウントを聞いて、休んで、立ち上がっています(まあ、レフリーはヘボですが)。

 一方の井上、「手負い」となったことで、さらに、その「モンスター」ぶりを見せつけてくれました。バレロが本望戦で見せたように、早々に倒せないと判断してからの切り替えぶり、かつてない(ひょっとしたら今後訪れないかもしれない)ピンチを楽しめる、その精神的タフさ、改めて、彼は「怪物」なのだと実感しました。井上尚弥にしては、打ち合いで強振の空振りが目立ったように見えたのも、眼窩底骨折が原因でしょうね…医師の拳などが危惧されるように、順調な回復を切に願います。

 それにしても、ダウンを奪ったボディブロー、あれが出せるのが「モンスター」だし、ドネアも顔に来るパンチへの左フックのカウンターは十分に準備ができていたけれど、ボディブローへはできていなかったのではと推測します。

  • [627557]  2019.11.10
  •  字伏 #-

No title

渡辺パンチです

プレデターさん、ジュニアはパッキャオVSメイウェザーも現地観戦してますね。
その試合で使われたグローブが明石家さんまが持っており、ジュニアがさんまに「ください」と本気で頼んでましたよ(笑)

ドサ拳さん、まさに黒歴史ですよね、某世界チャンピオンの経歴は。
世間に対して、ボクシングは胡散臭いもの、と散々と見せつけ、某世界チャンピオンが試合する度に、ボクシング界が深刻なダメージを負ったのは周知の通りです。

某世界チャンピオンの全ての記録を抹消しないと気が収まらないです。

  • [627558]  2019.11.10
  •  渡辺パンチ #-

No title

渡辺パンチです

字伏さん、両者で研究を重ね、それが濃い試合内容になったのは間違いないですよね。

ドネアも、井上選手も、何をしなければいけないのか、そこを考えながら試合をしてるように見えました。
結果は井上選手でしたが、まさに紙一重だった気がします。
もう少し、井上選手のカットが深ければ、ドネアのTKO勝ちだったでしょうし、井上選手にもKOチャンスはありました。
こちらも、もう一つパンチに多彩な変化があれば倒しきった気がします。
それはまだ、井上選手が発展途上にある、とも言えなくもなく、末恐ろしい話です。

  • [627559]  2019.11.10
  •  渡辺パンチ #-

No title

渡辺パンチ様
 某一族の全ての悪事が白日のもとに晒され、全ての記録が抹消され、永久追放されるまで、われわれ、ボクシングを愛する者は、監視の目をゆるめてはいけないと思います。

 パンチさんが以前から警鐘を鳴らしていたように、やつらの悪行三昧に、ボクシングファンが確実に減り、競技人口も先細っているのが現状だと思います。新人王戦で従兄弟が勝つ進むなんていうのも、ボクシング業界が正常に発達していれば、起こらなかったことだと感じます。

 しかし、人々は井上尚弥という「本物」を知ってしまったのです!その割合は、今後、さらに増えていくこでしょう。「極上」を知ってしまったら、「低品質」なものに、人は満足できなくなるはずです。もう「まがいもの」の出番はありません。井上尚弥という「良貨」が、これからも、「亀一族」に代表される「悪貨」を、どんどん駆逐してくれることを願ってやみません。

  • [627560]  2019.11.10
  •  字伏 #-

No title

上で医師の拳さんの、さんが抜けていました…大変失礼いたしました。

  • [627561]  2019.11.10
  •  字伏 #-

No title

渡辺パンチです

字伏さん、捨てる神あれば、拾う神あり、ですかね。

もし、井上選手が居なければボクシングは終わってたかもしれませんね。
井岡選手はロマゴンから逃げ、山中は薬物にKOされ、期待の星は我々の希望通りになりませんでした。
長谷川の功績は言うまでもありませんが。

井上選手が強敵相手に勝つ事、またはボクシングの魅力を伝える事で、確実にボクシングは復興するでしょう。

  • [627562]  2019.11.10
  •  渡辺パンチ #-

No title

リゴンドーはやっぱり下に降りて来るようですね。無くなったと思われたソリス戦はスライドしてチャーロハリソンの前座で来月行われると。
WBSS開催前のバンタムは医者に止められてるって話は一体何だったのか(笑)

  • [627563]  2019.11.10
  •   #-

No title

I heard about his injuries. Relieved he doesn't need surgery and of course, sending healing prayers on the way!

ドネア最新ツィート

尚弥選手の怪我、手術の必要がないことを知りホッとしているとのこと

  • [627564]  2019.11.10
  •  ボンゾ #-

No title

パンチさん、皆さん、井上や村田のお陰で浄化発展している中で、亀については三男が現役の間は無視されないのが遺憾ですね。
尚、私のハンドル名前は韓国ボクサー全世紀時代の一人に由ります。

  • [627565]  2019.11.10
  •  李日福 #-

No title

>字伏さん
>パンチの旦那

自分が言ったクセに済まねェけど、ド腐れ一家については脱線しそうだし此処までにしようぜ。

>しかし、人々は井上尚弥という「本物」を知ってしまったのです!

試合後にYahoo!ニュースで2つも3つも記事が上がってるのが、それを物語ってるわな。
村田の返り咲きも含めて、今年の後半は日本のボクシング界は正に大勝利。GW前後の屈辱の連敗を取り戻す勢いだぜ。

取り敢えず井上は手術の必要が無くて良かった。勿論ケガはしてほしくねェし圧勝に期待しちまうけど、ピンチを乗り越えられる肉体的、精神的タフさと冷静さ、引き出しの多さをみせられたのは良かったかなァ。

ところで井上の次戦は誰との試合が見たい?
WBCやWBOは統一戦、指名試合になりそうでまた予定の調整が難しそうだし、個人的にはレギュラー王座決定戦出場が内定してるリゴンドーかなァ。WBAのベルト乱売にはウンザリだが、井上がスーパー王者になっていてリゴンドーがレギュラー王者になれば、王座統一を口実にモンスターVSレジェンドの第2段が見られそうだ。

  • [627566]  2019.11.10
  •  浪速のドサ拳 #-

No title

ドネアほどのキャリアがあれば、井上の負傷した右目を狙うことも出来たはず。井上は、眼窩底と鼻の右下を骨折したとのことだが、ドネアが右目を狙い続ければ塞がったかもしれない。たとえばクリンチしながら小さなパンチを打つとか、反則をせずに強かな戦い方もできたはず。
 でも、ドネアは敢えて綺麗なファイトを選択した。1984年のロス五輪柔道決勝で、モハメド・ラシュワンは山下泰裕が痛めた右足を攻めずに敗れ、金メダルを逃したよね。
 ドネアもラシュワンと似ている。子供達が見ている前で、父として正々堂々と闘う姿を見せたかったんじゃないかな。

  • [627567]  2019.11.10
  •  ノニト #-

WOWOWの感想

昨日のWOWOWの井上の解説分かり易かったですね。

・井上の左フック(左ボディ)にドネアは左フックを合わせに来てた。

・井上の右ストレートにも左フックを合わせに来ていたので、真っ直ぐの右ストレートは封印。右ストレートを真っ直ぐでは無く、やや曲げ被せるように軌道を変えて打ち出す事で、ドネアの返す左フックを当たりにくいようにしていた。

カットによる戦術の変更は勿論、これらドネアのカウンターによって引き出しは更に制限されていた事も伝わりました。

ロペスがアルバレスに左ジャブに右オーバーハンドを合わされダウン、ブエノの右アッパーにモラレスは左フックカウンターで倒した。一流どころは、どんなパンチにも上手くカウンターを合わせてくる。

カウンターの名手ドネア相手にそれでも、攻め方を臨機応変に変えてくる井上のアジャスト能力の高さも昨日はよく分かりました。傷が視神経に影響出ない事を後は願うばかりです。


  • [627569]  2019.11.10
  •  プレデター #-

No title

どうもありがとう Dōmo arigatō Japan! You always welcome us with open arms and treat us like family. I'm grateful to be able to share your culture with my boys. The experience and memories created on this trip can never be bought or replicated.

ドネア最新ツィート  忍者の画像付き

  • [627570]  2019.11.10
  •  ボンゾ #-

No title

「好事魔多し」ということわざがあるけど、
井上尚弥選手は一時期に拳の故障での戦線離脱ということはあったけど、本当にボクサーとして順風満帆だったよね。
そういう好事にこそ油断大敵。

そして、トップランク社とも契約して本格的に本場ラスベガスなどに進出という輝かしい前途が開けていたのに、ドネアという「強くて大きな壁」に「眼窩底骨折と鼻骨骨折」の大きなダメージを受けてしまった。

でも、ドネアには試合終盤に強烈なボディーでダウン奪って文句なしの勝利でWBSSはど根性で優勝したし目のケガが無事に完治することを願っています。

もしも、ドネアにも1・2ラウンドでKO勝ちしていたとしたら、井上尚弥選手は完全にピノキオになっていたかもですね。





  • [627571]  2019.11.10
  •  ホットスピリット #tIxVRlXM

No title

>片岡さん
ハンマー糸井と新潮シ○は同一です。
まぐれ当たりですけどね笑

  • [627572]  2019.11.10
  •  ハンマー糸井 #-

No title

ドネア選手は色々な意味で井上選手の潜在能力を引き出してくれましたね。
伸び代をさらに伸ばして今後リゴンドー選手と試合をしたら、これまたファン垂涎のものすごい技術戦になると思います。

字伏さん、御丁寧にありがとうございます。

ピッコロ大魔王は腕が切れても生えてきました。井上選手の眼もモンスター的に驚異の回復を!



  • [627573]  2019.11.10
  •  医師の拳 #R72Uk1nA

物は考えよう

内山は右手を痛めた時は左を鍛える事で、ソリスを左フック一撃で倒してました。

尚弥の今回の傷も考えようで、足の使い方や、防御技術の向上にその時間を割くと良いと思います。

尚弥もスウェーや足のポジショニング、つまり距離使って外す防御は上手いと思いますが、比較的近い距離だと川島敦志、井岡一翔、レパード玉熊の方が防御は上手いと思います。
ネリのような連打型の場合、3発目、4発目を今のままだと食ってしまいそうですからね。

それにカットは高山や文成吉のようにクセになるので、オーランド・カニザレスのように、足を使いつつ、良いパンチを決めたら畳み掛ける「攻防一体」のボクシングが今の身体状況から考えると安心です。足は使える選手なので。


  • [627575]  2019.11.10
  •  プレデター #-

No title

試合録画したのを見返しましたが、生中継を見て感じてた印象と見返した録画は違ってましたね。

生だと2Rはドネアが取ったかもって思いましたが、井上は怪我を負う左を貰うまであのRはぐらつかせるなど明らかに井上のRでした。

本人談では、順調なスタートを切れて今回もイケそうって思ったところにあの左を喰って眼底骨折とカットを負ってファイトプランを変えざるを得なかったとあの時点でKO勝ちは諦めてポイントアウト出来るように戦術を代えたそうですね。

井上のプランを変えさせたドネアの左フックはサビ付いてなかったということですね。

あと序盤中盤は、井上のジャブがポイントを見直してたら良い感じがしてジャッジの支持も頷けました。

序盤を抑えたということで6Rくらいから8Rは休みに徹して後半勝負にスタミナを温存とそれもドネアの左の威力が落ちてないので無闇に勝負いかないということでしたね。

9Rの右は効いたと実はドネアは左フッカーと言われてますが、西岡さんを最後に倒したのは実は右ストレートなんですよね。

ドネアは左につなげる右も上手い。井上も予想外なので効いたんでしょうけど、生で観てた時はこれはヤバいかももしかしたら負けるかなって思いましたが、本人は冷静にクリンチに行って時間を稼いで足を使って上手く回避しましたね。

やはりJ豊富な練習量があるからこそ、倒れなかったんでしょう。
勿論タフさも証明しましたね。

気になるのは、眼底骨折ですかね。今までのモンスター井上の攻守の支えの目がこの怪我で以前と一緒なのか? それとも衰えを見せるのか? それとも引退を余儀なくされてしまうのか?(それは大丈夫でしょうけど。)

とにかく今はTVとかにもなるべく出ずにゆっくり休んで欲しいです。

しかしドネアの底力は凄いですね!(凄)
マグダレノに判定で負けてから、フランプトンにも負けて全盛期は過ぎたのに今回は左の威力だけで無く全盛期には及ばないものの、動きはスピードと切れはありましたし、序盤でKO負けの予想を覆し、井上にレッスンを施して全盛期のドネアならっていうムードを作って負けて強しを印象づけてくれました。

でもそのドネアの強さ、底力を引き出したのはモンスター井上のボクサーとしての魅力なんでしょうね。

とにかく両者に拍手を送りたいです!(凄)
今はゆっくり休んでモンスター井上にはアメリカでの活躍とドネアにはボクサー生活の上手な幕引きを本人の納得行く結末を迎えて欲しいと切に願います。

  • [627577]  2019.11.10
  •  ハイロ67 #-

No title


1ヶ月後の再検査の結果次第ですかね。
それまではよい検査結果が出ることを、見守るしかないですね。
今のところは再検査次第での来年の予定ですね。

来年はよい結果報告になっても、年2試合(夏、初冬)になる可能性がたかいでしょうか?。IBFは暫定を設ける可能性大かも?。WBAはレギラー王座決定戦がほぼきまってるし。
IBFで暫定決定戦が決まればダスマリナス×グリア。もしかして尚弥のトップランク米国興行第1弾はこの勝者になる可能性も??。

  • [627578]  2019.11.10
  •  トクメイ #DUR24XiI

No title

なるほど、尚弥の右ストレートがワイド(一見大振り)に感じたのはこれか。これもすごい技術ですね、オフェンスを利用した左フック対策。ドネアの左フックを外回りさせるためか。11Rの左ボディもその前の右アッパーでドネアを起こして捻じ込む空間作ってるし、ジャブの差し合い一つ取ってもやっぱりオフェンス技術えげつないな。

ドネアの9Rの右も次のパンチがジャブなのを読んでたよね。というよりドネアがジャブを打たせたというのが正解か。伏線が効いてる。若きドネアは絶えず体全体が早く動いていた印象だが、この日のドネアは緩急で出力を上げていた。ある意味、フィリピーノフラッシュの通り名は若い頃より似合っていたんじゃないかな。

  • [627586]  2019.11.10
  •  テフロン加工 #-

No title

渡辺パンチです

李さん、ドサ拳さん、了解しました!

次、誰と見たいか?
テテ、ネリは興味無しで、ウバーリ、リゴンドーですかね。
ウバーリなら弟の敵討ち、リゴンドーならレジェンドに立て続けに挑む、どちらもモチベーションはあるでしょう。

  • [627589]  2019.11.10
  •  渡辺パンチ #-

No title

>IBFで暫定決定戦が決まればダスマリナス×グリア。もしかして尚弥のトップランク米国興行第1弾はこの勝者になる可能性も??

回復の状況にもよりますがありそうですね。負傷明けなんで丁度いいかもです。

  • [627590]  2019.11.10
  •   #-

No title

尚弥選手は、右目側が見えないし守らないといけないので右手があまり使えないと言う事があって、3ラウンド以降はドネアの左が飛んでこない位置取りタイミング以外は基本左しか当てるパンチを出していなかったと思います(それでも展開を変える為に無理に出た9ラウンド以降は被弾覚悟の詰めての右をかなり出してましたが)
ドネアにしてみれば尚弥選手の左に右を合わせる展開になったからいつもより右が多かったのだと思いますし、逆に言えばそこまで見え見えの戦術の中であの天下のカウンター屋ドネア相手に最小限の被弾に留めた尚弥選手の技術が凄いとも言えるのでは。
昨日せやねんでトミーズ雅が「尚弥選手を天狗にしない為にボクシングの神が与えたあれほど厳しい試練を乗り越えたのは凄い」みたいな事言ってましたけど、それホンマにそう思いました。

  • [627593]  2019.11.10
  •  ローカル #mn/GLzks

No title

>パンチの旦那

井上も言ってるように、やはりウーバーリ戦は見たいね。残ったチャンピオンはウーバーリとテテ、井上にとって手強いのは多分ウーバーリの方じゃねェかな。

今までの井上の対戦相手だが、強力なストレートパンチャーは居なかった。マクドネルはどちらかと言えばジャバーだろうし。
ウーバーリと山中慎介を比較すると、一撃の破壊力なら山中が上だと思うが、パンチのバリエーション、体幹の強さや身体のパワーならウーバーリが上。ハッキリ言ってウーバーリは山中慎介に勝るとも劣らねェチャンピオンだと思う。

ドネアと井上は体格差もあったと思うが、今回の試合で井上は身体のパワーがあればある程度は押し込める事も露呈した。純正のバンタム級のボクサーではなく下の階級から来たボクサーだからなァ。

ウーバーリはオリンピック出場経験もある基礎に裏付けされたストレートとワンツー、リーチの長さと体幹の強さで正攻法で行けば十分井上にも脅威になるンじゃねェかな。井上はスピードで上回ってるし引き出しも多いから十分対応出来ると思うが、じゃァウーバーリを井上がKO出来るかと言われたら俺個人は出来ると答える自信は無ェかなァ。

大きなものを得た反面、代償も払ったWBSS優勝とドネア戦。井上の超人的なイメージはファンにも他のボクサーにも薄れたかもしれねェけど、面白そうなカードを考えるとまだまだ楽しみだぜ。
ウーバーリ戦は来年実現するかどうかわからねェけど、今回で個人的にウーバーリは好きになったボクサーだから勝ち続けてほしいなァ。ローマン同様、井上戦の実現まで。

  • [627600]  2019.11.10
  •  浪速のドサ拳 #-

ホンモノが放つ輝き

初めてカキコします。
なんて素晴らしい試合。
終了後にお互いを称え合い抱き合う光景は
まるで教会に飾っている荘厳な絵画のようでした。
暫く言葉が出ず私の頬から何か熱いものがこぼれ落ちていました。
其処には勝者も敗者も無く、
お互いを認め合いリスペクトする2人の姿は
人間賛歌を見たような気がします。
ドネア選手、井上選手、
私は貴方達を一生忘れはしないでしょう!
ありがとう。

  • [627602]  2019.11.10
  •  ラピエール #TuzyiAYI

若さvs経験

若い時のドネアのフットワークもハンドスピードも正にフラッシュでキレキレだった。全身バネみたいだったし。

今はスタミナロスを抑えるため、必要最小限の動き、スピードの緩急、細かな技術、ダメージの誤魔化し方等と引き出しが増えており、かなり老獪で上手かった。

特にフランプトン、マグダレノ、バーネットらフットワークをうまく使う選手との経験も通して、足のある選手への間合いの詰め方、プレッシャーのかけ方が格段にうまくなってた。

また強パンチ声をウッ‼︎ウッ‼︎とと唸り声もあげて打つからパワーパンチの印象もあるし、圧力も受ける。

若いドネア、今のドネアどっちが強いか?比べてみたいけどね。

  • [627606]  2019.11.10
  •  プレデター #-

No title

試合中、尚弥の右目がかなり開いているのが気になったのですが、オフショットなどを見てるとなにげに尚弥って、もともと右目のほうが大きいんですよね。
以前、目の大きさがけっこう違うなあと思ってたんですが忘れてました。
それで余計ひどく見えたのかもしれません。

  • [627610]  2019.11.10
  •  けろよん #-

No title

11ラウンドのカウント等、レフェリーについていろいろ言われているが、他のレフェリーなら尚弥のカットもストップされてたかも。レフェリーも試合を見続けたくなっちゃったのかな。それじゃダメなんだけどね。

  • [627616]  2019.11.10
  •  ペト #-

けっこうパックリ

カットした様に感じたけど、試合途中で血も止まっりましたしね、、、、(>_<)

>目の大きさがけっこう違うなあと

前はそうでもなかったぽい気がするけど、ここ1、2年でそうなった様に感じます、、、、


とりあえず、怪我の完治最優先‼️

後、髪型変えようよ‼️(*´ω`*)
拓真や内山さんみたいなのに、、、、

  • [627630]  2019.11.10
  •  白い羊 #-

No title

ドネアが負傷したイノウエの目を狙わなかったから紳士だ!ってのはおかしいな。
それを紳士だという人はボクシングを知らない。

  • [627647]  2019.11.10
  •  タノムサク #-

No title

>試合途中で血も止まっりましたし
試合中殆どの時間で出血止まってて、レフェリーがチェックすら入れる必要がなかったあの程度では止めないでしょうね誰も。

  • [627649]  2019.11.10
  •   #-

No title

リゴンドーが井上に挑戦表明か。
井上の回復も兼ねて、大体来年のGW辺りかなァ?
セハを撃破したリゴンドーがソリスに遅れを取るとも思えねェけど、年齢とか階級を下げた事による脆さを突かれて顎に一撃食らって番狂わせってのもなきにしもあらずか。

とはいえ、井上がバンタム級に留まるならレジェンド対決第2段が現実味を帯びてきやがった。
バンタム級で圧勝しまくってたからファンも井上本人もバンタム級がベストなのか、それともまだ階級を上げられるか分からなかったけど、ドネア戦を経て適正体重が見えてきたかなァ?

ただ、ドネア戦で足に力が入らないアクシデントが減量苦なのか調整によるものかまだわからねェけど。何となく、これ以上階級アップは不安になってきたぜ。少なくとも、フェザー級は無理だろう。

  • [627650]  2019.11.10
  •  浪速のドサ拳 #-

No title

>>>後、髪型変えようよ‼️(*´ω`*)
拓真や内山さんみたいなのに、、、、

いつの間にか忘れ去られた井岡の「ムーディヘア」はいかがでしょう♪

  • [627652]  2019.11.10
  •  どこかの親父 #zuqzPF9.

No title

・・・・で、
なんやかんやで大変な井上ですが、
Twitter見たら、
明日発売のプレイボーイで、
創刊53年目で3人目の、、男が表紙なんだそうで。

・・・・・・・・・・・
まさに世間巻き込んでの、ここからが真のスターロードの始まりだってのに・・・・・

とりあえず買うから、
早いとこ完治して元気に復帰しとくれ!!(慰労

  • [627653]  2019.11.10
  •  宇弓 #LkZag.iM

No title

リゴンドーは強いよ。ロマチェンコ戦は階級差にどうしようもなかったけど、やられたのはあの試合くらい。スピード、ディフェンス、パンチ力、フットワークまだまだ衰えていない。
井上もリゴンドー相手にはどうなるか分からないと思っていた。
ただ、試合が面白くなるのは井上KOの場合だけで、リゴンドーが勝つ場合は塩判定のクソつまらん試合になりそう。リゴンドーは井上のボディー警戒で打ち合いには絶対行かないだろうな。

  • [627655]  2019.11.10
  •  ペト #-

No title

一言で言って、ものすごい試合でした。

30年の観戦歴で一番に感動する試合でした。

見所が多過ぎて、どこから話を初めていいのか分からない、そんな試合でした。

ただ両雄にはありがとう、と言いたいです。

二人とも世界一いい男です。

とりあえず数日たってもまだ胸がドキドキしてます。

こんなのは初めてです。またおいおい感想を書いていきたいです。


  • [627656]  2019.11.10
  •  ジャマイカのbtn #-

No title

パンチと宇伏とかか?!

イチイチ亀田なんかの名前を出しに出てくるなよマジで。

マジでキモいよお前ら

  • [627657]  2019.11.10
  •  モヒート #X.Av9vec

素敵な選TAXI


井上陣営がロマゴン戦に拘らず、減量苦の心配のないバンタム級に転向し、アメリカデビューに踏み切った…

右拳の怪我で周囲も心配したけれど、治療中に左を徹底的に磨きあげもした…

幾つもの「 試練 」を乗り越えて、『 最適解 』に辿り着ける選択をしてきました…
それにより未開の地を切り開き、井上 尚弥選手がWBSSを動かしたんですね…
そして、ドネアという軽量級のレジェンドが階級をバンタム級に下げてまでして参戦表明した…

対戦希望のドネアとは反対ブロックであったが、運命に導かれるかの如く決勝戦の相手がドネア!

11.7の死闘…WBSSバンタム級トーナメント優勝!
感動のフィナーレ!
念願のトップランクとの契約発表‼︎次戦からアメリカを主戦場へ!
…しかし、ボクシングの神はまたしても井上 尚弥選手に試練を与え賜うた…
眼窩底骨折など2箇所の怪我が発覚…!

次は、どんな物語を観せてくれるのだろうか!?
井上 尚弥選手をリアルタイムで応援出来る事に心より感謝したいですね!

今はじっくりと傷を癒し、家族と過ごしていただきたいですね〜

  • [627658]  2019.11.10
  •  …if #p/odUpWA

No title

リゴがもしベストの状態でバンタムに降りてきたら、井上も正直ヤバいかも、、、。

今回の試合でスタミナやメンタル、打たれ強さ、勝負強さは十二分に証明できたけど、その分弱点も露呈した。

そこを百戦錬磨のリゴが嫌らしく突いてきたら、ヤバいと思う。

空転させられ判定負けの可能性も。

いやでも見たいですね、めちゃくちゃ。

  • [627659]  2019.11.10
  •  ジャマイカのbtn #-

No title

ドネア陣営は井上選手の左ボディ封じの作戦で来て、井上選手のオフェンス力を…爆発的な踏込みからのワンツーの組み立てを防ぐ事に成功し、それが見事に功を奏したと…

間違いなく、リゴンドーならば相手の「 弱点 」をつく戦術を…
というか、リゴンドーのボクシングスタイル自体が元より「 相手の長所を消す 」戦略なので…

ドネアが遂行した作戦全てをリゴンドーならば可能性があると私は考えます…

今後、井上陣営がどのように舵を切るのか傷が癒えない事には分かりませんが、くれぐれも一時の「 感情 」のみで選択肢を狭めないでいただきたいです…
「 バンタム級は拓真に託す 」今でもその言葉が本心である事を信じたいですし、自分の尻拭いはやはりタクマン本人がすべきだと思うのです!
それこそが覚悟…ケジメであると私は考えます!
悔しい想いを晴らすにはタクマン本人がウーバーリにリベンジするしかありません!
タクマンに訪れた「 試練 」であると思いますね…

くれぐれも「 私怨 」で動かぬように誤った(修羅)道に迷い込まないように周囲がナビしていただきたいですね〜

我々ボクファンの「 夢 」を乗せて…
素晴らしいボクシング人生を歩んで欲しいですね!

  • [627662]  2019.11.10
  •  …if #p/odUpWA

No title

今回拓真が髪を緑に染めてたのは、やっぱりWBCの緑のベルトを意識してたのかなァ?
必ず正規のWBCの緑のベルトを獲るって意味で。

髪を緑に染めるっていうと、K-1時代の京太郎もやってたっけ。アレは頭からワラビが生えてるみてェで笑えたが。(笑)

リゴンドーと井上が戦うとなれば、ボディストレートでリゴンドーの動きを徐々に止めていくのはどうかなァ?出来ればナルバエス戦のようにボディフックを叩き込ンでほしいが、井上のパンチの回転力と破壊力を警戒してリゴンドーは打ち合いを避けるだろうし、一筋縄ではいきそうもねェな。ボディストレートにカウンターも合わせてきそうだし、攻略はかなり難しそうだ。ただ、減量と階級を下げたことで打たれ脆くなってる可能性はあるし、KOするなら井上かな。

  • [627663]  2019.11.10
  •  浪速のドサ拳 #-

井岡君は、、、

>井岡の「ムーディヘア」はいかがでしょう♪

けっこう髪型コロコロ変えるから、その髪型がどんなのか分からないですが、長めの時はキッチリハードワックスでかっちり乱れない様にしてたはず?(*´ω`*)


ドネアが見逃す訳ないよ、、、(>_<)

とりあえず、究極は桜木花道の丸ボーズかしら!?


  • [627677]  2019.11.10
  •  白い羊 #-

No title

>悔しい想いを晴らすにはタクマン本人がウーバーリにリベンジするしかありません!
タクマンに訪れた「 試練 」であると思いますね…

私もウーバーリには拓真が雪辱してほしいと思います。中盤から打ち終わりにカウンター合わせられてますから、不可能ではないかと
・・・

分かりませんが、ロドとネリの後でもウーバーリが勝ち上がってくると思いますから頑張ってほしいです。

  • [627681]  2019.11.10
  •  不動産屋 #ypWkcIUE

No title

渡辺パンチです

ドサ拳さん、ウバーリ、かなり強くパンチを振ってきますよね。
それでいて、相手のカウンターを食わないように、自身はサイドに体を移動させながら打つ訳ですから、アマチュア実績は伊達では無い、と言ったところでしょうか。

井上選手の次なる相手はリゴンドーか、ウバーリか、ですね。

  • [627718]  2019.11.11
  •  渡辺パンチ #-

No title

井上尚弥ももうすこーーーし英語が喋れればなあ。。。
試合後ドネアが井上陣営の控室に来て健闘を称えあっても抱擁だけで
無言だもん。。
リング上でもそうだったでしょ。
井岡程度の英語力があればいいけどね。。

  • [627725]  2019.11.11
  •  英語 #-

No title

ドネアがトロフィーを借りたエピソードを語るとき息子たちに「頭を上げ胸を張り自分を誇りにすることを教えたい」みたいなこと言ってましたね。
泣けます。何度見ても。
私はドネアにもナオヤにもなれないですがそんな人間になりたい。ならなきゃ。

  • [627732]  2019.11.11
  •  メバル #-

No title

 ドサ拳さんがおっしゃっているように、井上尚弥の次戦は、ウーバーリが第一希望ですが、拓真がリベンジを果たした方がいいという意見にも大きく頷けます。

 ただ、個人的にはリゴンドー戦は、現時点では惹かれません…リゴは、前戦のVSセハが、アグレッシブに行こうとするあまり、被弾も多く、正直、打たれ強くないリゴが、危ない場面が散見されました…もう2戦くらいして、かつての超絶技巧+アグレッシブのバージョンアップしたリゴができるならば、井上尚弥との一戦は、もちろん見たいです!

 井上尚弥は、ドネア戦での反省もたくさんあるはずで、それを修正してしまうところが、井上尚弥本人と陣営の強みでもあります。また、井上はボクシング界のチャンピオン乱立などによる「権威低下」は、十分認識してるはずで、バンタム級「4団体統一チャンピオン」など、反省点の修正確認を済ませた上で階級を上げてもいいのかもと思えてきました。逃げるなよ、特にテテ!

  • [627750]  2019.11.11
  •  字伏 #-

No title

>11月12日放送の『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK総合、毎週火曜22:30~)
井上尚弥のWBSS決勝までの道のりに完全密着

今週は 特集雑誌もプレイボーイ、Number、専門2誌
と怒涛のラッシュ

  • [627827]  2019.11.12
  •  kaiキャノン #-

No title

ウーバーリvs拓真の再戦はもういいです
接戦ならまだしも、フルマークに近い大差
実力の差がありすぎるし、相性が悪い
もう一度やっても勝敗は見えてる

  • [627846]  2019.11.12
  •  とみぃ #-

No title

現地観戦しました。

試合は熱戦で盛り上がりましたが、
目のダメージの影響か2R以降はに尚弥選手の良さがあまり観れなかったのは残念でした。
出来たら両者の力をいかんなく発揮した状態での決着を見たかった。

良い状態で現役を続けるにはディフェンス重要ですね。
(あれだけ左には注意と尚弥陣営も言っていたのを防げなかったのか。。)

今後の相手はそこを狙ってくるでしょうから。

・・・ドネア選手の動きはマグダレノ、フランプトン、バーネット戦と比べてどうだったんでしょうね?

ドネア選手のタフネスは平均以上、井上選手も一定の耐久力はあるが、今のままでは防御と怪我の不安要素有ります。クロフォード、ロマチェンコは防御も高く、それ以上の能力の選手や無茶なマッチメークで無い限り負ける不安があまり無いです。
(その代わり、尚弥選手の様な秒殺KOとかは無いですが^^:)

日本の選手は打たれると下がって表情に出る印象ありますが、海外のトップ選手は打たれてダメージあっても顔に出さず、むしろ打ち返したりしますね。

  • [627857]  2019.11.12
  •  ツバメ返し #M0Gv5u3s

日本人と「黄金のバンタム級」

レジェンドF原田を先駆けとして
故梶原一騎「ジョー対ホセ」から46年・・・
その間 辰吉長谷川山中というWBC優勢の中
亀1で暗黒面に落ちたWBAが スーパースター尚弥の活躍で
まさに盛り返し笑(余談だが もし長谷川が抜けたら 解説は山中亀1のツーショットコンビになるんだろうか?笑)
そしてバンタムに関しては 日本人が未踏の地へ一歩を踏み出したスーパースターは いよいよバンタム級最終章へ・・・

尚弥の「梶原の一揆」=(勝って当たり前の奴とばかりは クソくらえ)
ばりの活躍に、
天国か冥界かどちらにいるのか?巨匠もさぞや御満悦だろう

  • [627900]  2019.11.13
  •  kaiキャノン #-

コメントの投稿

非公開

なかよくする

 意見を言い合える場はみんなで雰囲気作りしましょう
※コメント投稿者は、以下のガイドラインを了承したものとします。「投稿内容は投稿者の責任とし、第三者への不利益が発生しても損害を管理者に責任を負わせません。投稿に関しては管理者に予告なく複製、転載、削除等の権限を無制限に与え、迷惑行為、運営方針に反するものは予告なく削除、記録開示、警察への通報を認めます」

チケットぴあ 
↑観戦チケットはこちら
楽天チケット









 この場所に広告掲載できます ⇒ お問い合わせ

CONTACT US

RYO KATAOKA(NEWSIDER)

Author:RYO KATAOKA(NEWSIDER)
ツイッター

記者チーム「NEWSIDER」主宰、在マレーシア・クアラルンプールのジャーナリスト。事件、芸能、スポーツ、国際情勢、裏社会、オカルトなど取材しながら頻繁に日本と往復しています。

★仕事の相談、情報提供、広告掲載など、お気軽にご連絡ください。 ⇒ CONTACT US (E-MAIL)





片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」2006年より長期連載中

ボクシングチケットはこちら
チケットぴあ






※記事中の敬称略をご容赦下さい※コメント投稿は「パスワード」入力で、なりすまし防止の識別コードが付きます。※本ブログの広告からお買い物をされると、掲示商品でなくても数%程度の収益があります。日々更新を続けますので皆様のご協力に感謝いたします。(担当/藤堂香貴/NEWSIDER Tokyo)

BLOG

CATEGORY

COMMENTS

<>+-

LINK

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
21位
[サブジャンルランキング]
格闘技
1位
アクセスランキングを見る>>

Other RANKINGS

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/実話ナックルズ/紙の爆弾/サンデー毎日/EX大衆/FLASH/iRONNA/東洋経済オンライン/覚醒ナックルズ/FRIDAY/産経新聞/週刊大衆/週刊朝日/週刊文春/週刊新潮/アサヒ芸能/テーミス/CIRCUS MAX/日刊サイゾー/週刊現代/東京新聞/読売新聞/覚醒ナックルズ/実話ドキュメント/週刊ポスト/SPA!/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/婦人公論/不思議ナックルズ/MSNドニッチ/KEITAI BANDITS(バンディッツ)/データマックス/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/J-CAST NEWS/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/LAPOO/スポーツライフ/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/バイキング(フジテレビ)/直撃LIVE グッディ!(フジテレビ)/ひるおび(TBS)/スッキリ!(日本テレビ)/サンデー・ジャポン(TBS)/サンデーLIVE!!(テレビ朝日)/新・情報7DAYSニュースキャスター(TBS)/めざましどようび(フジテレビ)/あさチャン!(TBS)、とくダネ!(フジテレビ)、NEWS ZERO(日本テレビ)/グッド!モーニング(テレビ朝日)/news every.(日本テレビ)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ /サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同)

PASSWORD