【猫論】ひめたん、18歳のバースデイ ~ドリアンとナシレマ・マクド

 悲報の中で迎えたのが、長女ひめたん18歳の誕生日祝いだった。誕生日といっても、みんな拾った猫たちだから正確な日付は分からない。多くは夏に拾ったが、猫は基本、春に妊娠して夏に出産なのだから当然だ。ミッくんの推定は僕と同じ6月で、一緒に年を重ねてきたつもりだった。あとは、そこから覚えやすいよう順にして、ひめたん7月、もぐもぐ8月、ココ9月、ナッツ10月と勝手に決めていた。奇しくも、ナッツは初めて出会ったのが10月だった。これはマレーシア入国時の公式書類にもそう記載した。(つまり現在はココの誕生日まで日が進んでる/笑)

25407.jpg

 猫の誕生日を祝うといっても、猫はそれを理解できないから、こっちが勝手に値段の高い高級缶詰をあげるぐらいしかできないし、何の盛り上がりもないのだが、猫が高齢になると本当に祝いたい気分にはなる。ミッくんは20年も頑張ってくれた。ひめたんはその後を追う18歳だ。最近、腎臓が少し弱っていて、薬を飲ませることになった。猫の腎臓は悪くなりやすく、完全な回復はあまり見込めない。悪化を遅らせるのが精いっぱいだ。ただ、近年、画期的な薬品が販売されていて、3種の生きた善玉菌を飲ませて改善させる「アゾディル」(AZODYL)に望みを託せるようになった。




 ただ、このカプセルは菌を生かすため要冷蔵。マレーシアでも入手できるが、輸送時にちゃんと冷蔵できていなければ無意味だから、信用性の問題で日本から持ち込んだ。90カプセル、2キロ以上なら朝晩1つづつだが、ひめたんは2キロちょっとしかないから医師が1日1カプセルを推奨。粒が大きく、口の小さいひめたんに飲ませるのは大変な作業だ。ミッくんはおとなしく薬を飲んでくれる超優等生だったが、ひめたんは「イヤなものはイヤ!」と気高いのでそうはいかない。タオルでグルグル巻きにして抵抗できなくして喉の奥に突っ込み、吐き出されたら再度トライ。イヤな思いをさせるから飲ませた直後、大好きな鰹節を少し用意しておいてなめさせると、機嫌は直る。ごめん、ひめたん。

1565348992913.jpg

 ミッくんの死があったから、ひめたんの18歳は祝いたい気分が増した。300円ぐらいで手に入れたドレスを入手し、着させて写真を撮り、「18」の文字を入れたフォトフレームに入れ、即席のひめたん人形を飾った。全部、飼い主の自己満足。でも、祝うのだ。ハッピー・バースデイ・トゥ・ヒメタン!
DSC02057.jpg

 ニックネームは「たん」。そう呼んでも、ちゃんと振り向く。基本、ワガママのない子だ。あまり鳴かないし、とてもマイペース。日中はクローゼットの中でおとなしく寝ていて、引きこもり気味。訪問客に愛想もないツンデレなのはメス猫だからか。

19918466485.jpg

 ミッくんと出会った2年後の2001年、彼女が路頭に迷っていたのを引き取ったのは好都合だった。僕自身は4人兄弟。ブラザー&シスターがいる楽しさを知っているし、猫だって、ひとりぼっちより遊び相手がいた方がいいに決まってる。実際、ミッくんとは出会ったその場から意気投合し、すぐに夫婦みたいになった。

CATGOOGLEANIME.jpg

 ミッくんが寝ていると寄り添い、顔をなめたり、毛繕いするのが彼女の世話焼き。「ほら汚れてるよ、きれいにしなきゃダメ」という声が聞こえてきそうだった。日本の寒い時期は決まって抱き合って寝ていた。ただ、4年後にもぐもぐがやってきたとき、彼女は露骨に嫌悪。手のひらサイズの子猫に本気で噛みつき、とても嫌った。その理由は分からないが、そのせいでもぐもぐは、ひめたんが大の苦手。彼女が近づくといまでも少し怖がる。一番驚かされる彼女の習性は、僕が他の猫を叱るとダーッと走っていってパコーンと殴ること。まるで風紀委員なのである。

HIME0100011.jpg
 ※2001年
HIME0410001.jpg
 ※2004年

 最近はその元気も少しなくなった気もするが、でも、かろやかに歩けるし、ジャンプもできる。昔から食が気難しくて、一時はドライフードばかり食べていたが、何年も前に歯が折れたので、ドライフードは丸のみで大きい粒は食べられない。今のお気に入りはウェットフード、「黒缶」の小さいサイズのオレンジ缶「ささみ入りまぐろとかつお」。他の種類も食べるが、なぜか黒缶はこれが好み。手のかからない猫だが、キッチンに行くと黙ってついてくる、これが唯一の催促。とてもマイペースだから、ミッ君より長生きするんじゃないかとも思っている。物静かで、ミッくんの死にも無反応だったけど、いまの我が家で彼女が元気そうなのは、僕にとって最大の励みだ。

HIME07_0124X0010.jpg
 ※2007年
DSCF5093.jpg
 ※2012年
HIMEDSC_0842.jpg
 ※2016年

 振り返ると、ミッくんと撮った写真が多くて、改めて仲の良さを感じて涙腺が緩むので、気を取り直してマレーシア生活を振り返る。



 前にも紹介したことがある気がするが、ときどき行くのがパサールと呼ばれる屋台街。曜日ごとに各所で開かれる。

P_20190709_173420.jpg

 食事はもちろん、シャツとか電気製品とか、ありとあらゆるものが売られている。

P_20190703_191431.jpg

 定番はモバイル関連商品。充電器とかUSBケーブルとかケース。店舗より安く手に入るものも多いが、品数が多いので目移りしがち。マレーシアではあまり値切る風習はないから、ぼったくられることは基本ない。

P_20190703_192352.jpg

 海鮮BBQ。煙モクモクさせ、食欲を誘ってくる。

P_20190703_201123.jpg
P_20190703_201128.jpg

 大きなエリンギもタレつけて焼いていた。豪快な感じだが、注文すると刻んでくれる。中華系の店だとメニューは漢字。ローカルでは英語が通じないこともあるが、漢字だとだいたい分かるのが日本人の強み。

P_20190703_192248.jpg

 南国は果物が豊富。ドラゴンフルーツも安く買える。人気のマンゴーは種類が豊富で、みんなお気に入りのものを買う。巷のスーパーマーケットより、こういう場所の方が品質が良い。

P_20190703_191849.jpg

 僕のオススメはイカフライ。鳥やエビ、マイタケなどもあって、どれも美味しいが、塩味のイカフライは毎度、買わずにいられない。なぜかウルトラマンがマスコットで、宇宙的美味しさだと中国語で書かれていた(笑)。

P_20190709_173414.jpg

 日本人に衝撃的なのは寿司。生モノを南国の路上で売るか!と思うが、わりとよく売れている。ただ、魚はサーモンぐらいしかないことがほとんど。店の名前が「SAKURA SUSHI」となっているが、当然、売り手はマレーシア人。

P_20190703_193404.jpg

 肉マンみたいなのもカラフル。日本でおなじみのキャラがたくさん、でも味は不明(笑)。

P_20190716_134158.jpg

 そして、季節モノのドリアン!

P_20190716_134207.jpg

 品種や重さによるが1個1000円ぐらいだから、こっちじゃ少し高級品。オジサンがカットしてくれ、持ち帰りたい人にはパックに詰めてくれる。

P_20190716_134219.jpg

 ドリアンは匂いが強いから食べるまでに勇気がいるが、先入観を持たなければ果物の味として楽しめる。メロンとバナナの中間ぐらいにカスタードクリームを合わせた感じ。甘さの中に、少し苦みがあるのが癖になる。品種によって変わってくるが、人気の品種はバランスの取れた「猫山王」(マオサンキング)。猫好きにはその名前が惹かれる。中国ではドリアン人気が高く、シーズン中には香港からドリアンを食べるためだけに渡航してくる人々がいるほど。果物が好きならば、これを食べずに死んではいけない。

P_20190716_141229.jpg

 ついつい悪戯心。持ち帰って、猫の反応を見てみる。写真だと無理に連れてきたように見えるが、実際は僕がイスに座ると、もぐもぐは抱っこするまで泣き止まない。彼は人間と区別されるのがイヤなので、家で食事するときはイスに座らせるぐらいなのだ。その催促で抱っこし、ドリアンを匂わせる。結果は「・・・別に」という感じで、ちょっと拍子抜け(笑)。



 ドリアンで気をつけたいのは、ゲップが出るとドリアン臭になってしまうことで、寝室を守るためにも(笑)、夜は食べない方がいい。あと、ドリアン・アイスクリームとかドリアン・ケーキとかもあるが、本物のドリアンを食べる前にそういうの口にすると美味しく感じないので注意。苺を知らずにストロベリー味アイスクリームを苺の味だと思い込むようなもの。



 ライフ・イン・マレーシアは当然、もっとたくさん書けることがあるのだが、写真と併せると膨大になってしまうので、いつも軽い話の一部で終わってしまう。ここで一番感じることは、人々が親切で、日本の好感度がかなり高く、怒ったりイライラしている人がいないこと。たとえば、バス停で路線図を見ているだけで、「困ってませんか?」と話しかけられるのはしょっちゅう。中には英語ができなくてもマレー語もしくは中国語で必死に説明しようとしてくれる。タクシーに乗る度、日本人だと分かると「アリガトー」とか「コニチワー」とか言われるし、ショップでも「日本人!?僕は日本にすごく行きたくてね!」とか、よく言われる。人と会って話していると、不満や愚痴は少なく、楽しい話の方が多い。こっちが生活上で不便なことを言っても、相手は笑ってジョークにしちゃうし、そういう中で生きていると、ジャーナリストとしての牙も取れるんじゃないかと思うほど、気持ちが緩くなる。日本の方がほとんど何でも優れているのに、とても心地よい。僕はマレーシアの特色に強い魅力を感じてここに来たのではなかったが、いまでは愛着でいっぱいだ。それはこの国が僕を受け入れてくれているから、というのが大きいと思う。アメリカにいたとき、なんだかとてもかっこいい生活をしている気分になって、スマートで合理的な世界も大好きだったのだが、ニューヨークのような都会以外では、ときどき「怪しい東洋人」とか「自分たちとは違う外国人」とか見られることもあったのが少し寂しかった。国ごとに文化や習慣の違いはあるけれど、最後は人なのだと思う。もし身近に海外から来た人がいたら、その人が日本に愛着持てるような社会を見せてあげてほしい。日本人は海外でとても好かれている人種なのだから、そのイメージをずっとキープしよう。

P_20190723_125900.jpg

 牛肉を食べない中華系の友人女性から、「日本ってマクドナルドにポークバーガーがあるんでしょ? 食べてみたい!」と言われた。ハラル文化のマレーシアでは、マクドナルドにも豚肉製品はない。逆にマレーシア限定メニューもある。その代表格が「ナシレマ・マクド」だ。ナシレマというのはマレーシアの最も一般的な大衆料理で、ココナッツミルクなどで炊いたご飯と、ゆで卵とかキュウリ、ナッツ、サンバルソースなど少々おかずをセットにしたもの。バナナリーフでおにぎりみたいに包んで持ち運びすることもある。人気なのはフライドチキン付き。50円ぐらいで売ってるチープなものだと大して美味しいとも感じないが、ちゃんとした力作のナシレマは絶品。そのマクドナルド・バージョンがあるわけだが、普段ファストフードをなるべく避ける身ながら話のネタに注文。テイクアウェイの持ち帰りにしたら箱にグシャッと雑に入っていて、写真でお見せするのは控えた方がいい状態だった(笑)。フライドチキンを挟んだ「ナシレマ・バーガー」というのもあるが、これはナシ(ご飯)ではないからネーミングがこじつけだ。ちなみにマレーシアのチキンは日本より美味しいと思う。KFCがマズく感じるようになったという人がいるほど。宗教関係なく売れる鶏肉料理だから、そこは発達したのかもしれない。

DSC01428.jpg

 最後におなじみ、猫砂。今回は大豆製の「LOVE CAT」なる6リットル。裏にはやっぱり日本語が。

DSC01431.jpg

 「食品等級の原料と処方で使って」、「微粉塵、整理易いし、便器を流れし、一般的なシングル猫トイレも使えんます」とある。翻訳ソフトを使ったとしても「使えんます」はないだろう。他国の言語も併記されてるから、これは日本製を装ったんじゃなくて、世界向け用にしたかったっぽい。この調子だと、韓国語の方もデタラメなんだろうか。いつもマレーシアがさっぱり伝わらない日記ばかりで申し訳ない。(片岡亮)

https://genron1.blog.fc2.com/?cat=2 過去の猫論

8338.jpg
  • コメント 14

コメント

  【投稿】(最新コメントへ移動)

No title

ドリアン・フランシスコってまだ現役なんでしょうか?はてさて。

  • [624491]  2019.10.18
  •  ジャム #-

No title

可愛いし若々しい

  • [624493]  2019.10.18
  •  名乗れない人 #-

No title

猫論を増やしてほしい!

  • [624496]  2019.10.18
  •  名乗れない人 #-

No title

ひめたんドレス似合っててかわいいです(^.^)
お誕生日おめでとう!🎉

  • [624502]  2019.10.18
  •  トト #38KbIOTo

No title

ネコの話はもちろんマレーシアの話も楽しく読んでます。東南アジアは日本好きの人多いですよね。割と近場に住んでますが(IP見て下さい)毎年のように日本に旅行に行く同僚が何人かいます。ちょっと話変わりますがマレ-シアで凄いのは94歳の首相ですね(笑)。普通に喋ってるし、現役のまま100歳まで行って欲しいです。

  • [624504]  2019.10.18
  •  Jay #0QztjqxM

No title

 日本旅行者はホント多いですね。日本の4分の1ぐらいの収入格差の人でも行きますからね。

 僕は行く先々で連絡先を交換した人とメールするんですが、香港や上海、シンガポール、台湾あたりの中国人・中華系も日本行ったことある率高いですね。一番人気は「桜」で。

 マハティールはホント尊敬しますね。立派な政治家・指導者ってこういう人を指すんだなあ、と。ニュースでは支持率下がったとか書かれてましたが、体感的にはかなりの人気です。

  • [624516]  2019.10.19
  •  ★ 片岡亮 (NEWSIDER) #-

No title

>ドリアン・フランシスコってまだ現役なんでしょうか?はてさて。

ちょいと調べましたが 試合枯れと年齢から厳しいと推察。
結構 アチコチで強豪とやってますが
テーパリに負けるまでがピークでしたね。
いわゆる一度負けると 踏ん張りが効かなくなるタイプ?

  • [624523]  2019.10.19
  •  kaiキャノン #-

No title

ひめたんおめでとうございます!

私も四匹の猫を飼っています。
これまで嬉しい出会いも悲しい別れもありましたので、片岡さんが猫ちゃん達を愛おしく思う気持ちがよく分かります。

猫って特別何かをするわけでもなく、ただそこにいてくれるだけで可愛いですよね。
一匹一匹性格も全く違って面白い。

あとボクシング好きは、猫好きが多い気がします。笑

  • [624575]  2019.10.19
  •  ジャマイカのbtn #-

ひめたん☆美人さんですね~!

可愛い☆(ノ≧▽≦)ノ

  • [624577]  2019.10.19
  •  K8augPj6 #K8augPj6

可愛い♥️

ひめたん、可愛いな♥️
ミッくんとの写真
ふたりとも可愛すぎます☺️♥️

ひめたん、幸せに元気でいてほしい。
他の猫ちゃんたちも🐈

マレーシアのお話はどれも面白いです。
前にマレーシアに行った時に、その大衆料理(ご飯といろいろ包んだもの)を食べたかも。
あのごった煮感覚の食文化は最高だと思います‼️

また、楽しい話を教えてくださいね😊♥️

  • [624609]  2019.10.19
  •  みー(=^ェ^=) #-

No title

 ひめは顔が整ってますね。口が小さくて。ミッくんと本当に仲良くて、ほぼ毎日一緒に寝てて。写真もそんなのばかりなんです。

 マレーシアはタイほど商売上手じゃないんで娯楽は弱いんですが、いろいろじっくり知ると奥深いですね。ガイドに載ってない種の料理も多くて。ハラルよりそうじゃない方が幅広くなるのは仕方ないですが、逆に、中華系は創作系で大ハズレもあります。ハラルのマレー系は土着系だから見た目がパッとしないんですが、地に足の着いた定番がしっかり美味しいという感じですね。だから都会のクアラルンプールより地方の方が美味しい印象です。

 次は、もぐもぐ&マレーシアを伝えます(笑

  • [624756]  2019.10.20
  •  ★ 片岡亮 (NEWSIDER) #-

No title

ひめたん可愛いですね。
ドリアンは、ビールと合わせると命の危険が、と言う話を聞きました。

  • [624790]  2019.10.21
  •  非A #GxAO5jdM

No title

 ドリアン&アルコールの危険は科学的には迷信なんですが、マレーシアでは巷でも「やめた方がいい」という認識が根強いです(笑

  • [624806]  2019.10.21
  •  ★ 片岡亮 (NEWSIDER) #-

No title

エリンギが、鈍器サイズの迫力ですね。
屋台の活気も凄くて、此処で休日を過ごしてしまうと、素面で居られる時間が無くなりそうです。

  • [624861]  2019.10.21
  •  非A #GxAO5jdM

コメントの投稿

非公開

なかよくする

 意見を言い合える場はみんなで雰囲気作りしましょう
※コメント投稿者は、以下のガイドラインを了承したものとします。「投稿内容は投稿者の責任とし、第三者への不利益が発生しても損害を管理者に責任を負わせません。投稿に関しては管理者に予告なく複製、転載、削除等の権限を無制限に与え、迷惑行為、運営方針に反するものは予告なく削除、記録開示、警察への通報を認めます」

チケットぴあ 
↑観戦チケットはこちら
楽天チケット









 この場所に広告掲載できます ⇒ お問い合わせ

CONTACT US

RYO KATAOKA(NEWSIDER)

Author:RYO KATAOKA(NEWSIDER)
ツイッター

記者チーム「NEWSIDER」主宰、在マレーシア・クアラルンプールのジャーナリスト。事件、芸能、スポーツ、国際情勢、裏社会、オカルトなど取材しながら頻繁に日本と往復しています。

★仕事の相談、情報提供、広告掲載など、お気軽にご連絡ください。 ⇒ CONTACT US (E-MAIL)





片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」2006年より長期連載中

ボクシングチケットはこちら
チケットぴあ






※記事中の敬称略をご容赦下さい※コメント投稿は「パスワード」入力で、なりすまし防止の識別コードが付きます。※本ブログの広告からお買い物をされると、掲示商品でなくても数%程度の収益があります。日々更新を続けますので皆様のご協力に感謝いたします。(担当/藤堂香貴/NEWSIDER Tokyo)

BLOG

CATEGORY

COMMENTS

<>+-

LINK

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
21位
[サブジャンルランキング]
格闘技
1位
アクセスランキングを見る>>

Other RANKINGS

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/実話ナックルズ/紙の爆弾/サンデー毎日/EX大衆/FLASH/iRONNA/東洋経済オンライン/覚醒ナックルズ/FRIDAY/産経新聞/週刊大衆/週刊朝日/週刊文春/週刊新潮/アサヒ芸能/テーミス/CIRCUS MAX/日刊サイゾー/週刊現代/東京新聞/読売新聞/覚醒ナックルズ/実話ドキュメント/週刊ポスト/SPA!/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/婦人公論/不思議ナックルズ/MSNドニッチ/KEITAI BANDITS(バンディッツ)/データマックス/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/J-CAST NEWS/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/LAPOO/スポーツライフ/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/バイキング(フジテレビ)/直撃LIVE グッディ!(フジテレビ)/ひるおび(TBS)/スッキリ!(日本テレビ)/サンデー・ジャポン(TBS)/サンデーLIVE!!(テレビ朝日)/新・情報7DAYSニュースキャスター(TBS)/めざましどようび(フジテレビ)/あさチャン!(TBS)、とくダネ!(フジテレビ)、NEWS ZERO(日本テレビ)/グッド!モーニング(テレビ朝日)/news every.(日本テレビ)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ /サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同)

PASSWORD