クイリン敗れる!村田諒太が名を挙げていた元世界王者

9・21米・ベイカーズフィールド「PBC」(FS1)
 ▼12回戦
  アルフレド・アングロ(メキシコ) 2-1 IBF世界Sミドル級4位・ピーター・クイリン(米国) 
   ※94-96、96-94、97-93
 ▼10回戦
  クリス・コルバート(米国) 1回KO ミゲル・ベルトランJr.(メキシコ)
  トーマス・デュロルメ(プエルトリコ) 3-0 テレル・ウィリアムズ(米国) 
   ※98-91、98-91、96-93

9・21メキシコ・メヒカリ(GOLDENBOY FACEBOOK)
 ▼WBAゴールドSフェザー級タイトルマッチ 12回戦
  王者・ジョセフ・ディアス(米国) 2-0 ヘスス・クアドロ(ベネズエラ)

9・21南ア・ヨハネスブルグ
 ▼IBO世界クルーザー級タイトルマッチ 12回戦
  王者・ケビン・レリーナ(南ア) 3回TKO セファー・セフェリ(アルバニア)

9・21中国・調兵山
 ▼WBAアジアバンタム級王座決定戦 10回戦
  チャオ・ジュン(中国) 8回TKO 仁平宗忍(ワタナベ)

DSC02893.jpg

 FOX放送の視聴者数は平均35万人。メインのみだと32.5万人。

 “キッド・チョコレート”クイリンは星を落とした。陽気に登場したまではよかったが、出来の悪い試合だった。ラテン系への応援が強い中、下がりながらジャブを当て、アングロを裁こうとするが、ノーガードでの被弾があまりに多く、タフな相手に何度も打ち合いに持ち込まれた。手を出し続けるアングロはスローで、ヒット数ではクイリンの方が上だったが、「打たせて打つ」タイプにディフェンス面での衰えを露呈した。現地マルコス・ビジェガス記者の採点は95-95のイーブン。僕はギリギリ96-94でクイリンかと思ったが、2-1で手が挙がったのはアングロ。

クイリン 「キャリアいろいろ起こること全部を受け入れるのは大変ですよ。でも、ファンには良い試合だったと思います。陣営と相談して次を決めますよ」
アングロ 「メキシカンの心意気をリングでやっていくのは難しいです。この5~6年は同じ状態でいられなかった。でも、いま前の自分に戻ってます。少しずつ改善していきます。私はもっと良く見えるでしょう」

DSC02897.jpg

 この日のFOX中継は、誰が「スーパーミドル級で一番強いのか」の特集があった。WBAスーパー王者カラム・スミス、WBC王者アンソニー・ディレル、2階級同時保持でWBAレギュラー王者のカネロ・アルバレス、IBF王者カレブ・プラントが4強とされ、アンケートでは「PBC」登場のディレル、プラントのほかデビッド・ベナビデスの3人で投票した結果、1位は46%でベナビデス。プラントが28%、ディレル11%という結果だった。階級を上げたクイリンはそこに割って入りたかったが、敗北以上に力が落ちていて、かなり厳しそうだ。

DSC02711.jpg

 ライト級のコルバートは派手な入場、初回終盤にジャブからの右一発で、レイムンド・ベルトランの従兄弟をノックアウト。一瞬テンポ遅らせるヒットなど随所に身体能力の高さを見せた。13勝(5KO)無敗。

DSC02678.jpg

 ウェルター級のデュロルメは最終回に左フックでダウンを奪って無敗ウィリアムスに判定勝ち。手数ではクロスゲームだったが、要所の強打が細身のウィリアムスを圧し、ポイントを取っていた。24勝(16KO)3敗1分。

中国では9勝(1KO)4敗2分の仁平が出場。8回戦では2勝3敗。相手のチャオは11勝(8KO)2敗1分。現在6連勝中。(片岡亮)

QUILLINANGLO.jpg

 8月末に予定されていたIBF世界Sミドル級挑戦者決定戦、4位・ピーター・クイリン(米国)と、5位・カレブ・トルアックス(米国)の試合は、トルアックスが右足首のアキレス腱を負傷で中止に。クイリンは日程を9月に変えてカリフォルニアでアルフレド・アングロと対戦する。当日はジュリアン・ウィリアムスが持つIBF世界Sウェルター級挑戦者決定戦も組まれている。試合を断念したトルアックスは「素晴らしい試合を見せたかったのですが、クイリンのような世界クラスの選手を倒すことができる状態になく、本当にガッカリしています」とコメント。試合変更となったクイリンは元WBO世界ミドル級王者、34勝(23KO)1敗1分。村田諒太がプロデビュー戦を終えた場で、将来の対戦を見据える大物の名前として名を挙げたことがある。12年にアッサン・エンダムからWBO王座奪取し、3度防衛後に返上。15年、WBO王者・アンディ・リーに挑戦も体重超過でノンタイトル戦となって、結果もドロー。WBA王者・ダニエル・ジェイコブスにも挑んだが初回KO負けだった。前回4月、トルアックスとの挑戦者決定戦がアクシデントの無効試合になっていた。
 相手のアングロは25勝(21KO)7敗、元WBO世界Sウェルター級暫定王者。09年の暫定王座決定戦に勝って1度防衛、返上。13年、エリスランディ・ララとのWBA暫定王座決定戦でTKO負け。翌戦もサウル・カネロ・アルバレスにTKO負け。昨年まで2連敗中だったが、前回4月の再起戦は2回KO勝ち。
クイリン 「アングロ戦は、この階級での地位を確立するための重要な一戦。素晴らしいパフォーマンスで最大限に生かすつもりです」
アングロ 「世界タイトルに近づくチャンスで、ハードワークとチームのサポートで勝ちます」
8/23




 IBF世界Sウェルター級挑戦者決定戦に出るロサリオは19勝(13KO)1敗1分、1分挟んで7連勝中。対するムルタザリエフは16勝(13KO)無敗。(片岡亮)
  • コメント 8

コメント

  【投稿】(最新コメントへ移動)

No title

ロサリオのケガで 中止ということです

  • [620890]  2019.09.18
  •  kaiキャノン #-

No title

クイリンがWBOミドル級王者時代、ジェイコブスはWBA正規王者。で、ゴロさんがスーパー王者。村田はまだランカーだった。

ボクマガの記者がジェイコブスにインタビュー。
記者「村田を知っているか」
ジェイコブス「知らない」
記者「ロンドンオリンピックの金メダリストだが」
ジェイコブス「YouTubeでチラッと見たかもしれない」
そっけない。

クイリン
記者「日本にも村田というミドル級世界ランカーがいるが、貴方に挑戦したら、どうするか?」
クイリン「OK! OK! 歓迎だ」

それ以来、クイリンは好きで、ジェイコブスは嫌いだ。
クイリンの敗戦は、残念。

  • [621214]  2019.09.22
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

No title

村田が名前だしてたのって何年前だよ…

  • [621218]  2019.09.22
  •  亀田嫌い嫌い大嫌い♪ #-

そうかな?(^q^)

知らないって即答してる辺りめっちゃ周辺選手チェックしてんじゃんって感じだし、ましてやYouTubeって、、、(^皿^)素直で可愛いじゃない?

逆に、OKOKのほうが何も情報収集とか知らなさそうに感じたけど、、、(^q^)

まぁ、書いてるの読んでそう感じただけですけどね、、、(^.^)

  • [621240]  2019.09.23
  •  白い羊 #z/WT8XPE

No title

ジェイコブスだが、その後“エンダムⅡ”の後、自分から村田に触れた。
「彼はまだ“本物”とやっていない」
その時も記者は村田とのやる気を問うたが、はぐらかしたような記憶がある(ネット記事より)

そりゃ当然だ、なんてアンチが喜びそうなジェイコブスの対応だが、ではミドル級で本物とは誰のことだ?
リング誌ミドル級ベスト5の内、村田を除いた4人、ということか。

勿論、“ブラントⅡ”後の、ジェイコブスのコメントはない。

  • [621243]  2019.09.23
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

No title

アングロに負けちゃダメ、アングロは踏み台要員。

  • [621253]  2019.09.23
  •  名乗れない人 #-

No title

で、クイリンの階級とは関係ないが、1週間後(10/1)のWBAミドル級ランキングの発表も楽しみだ。試合に負けたホーンやIBF挑戦が決まったゴロフキンをすぐランキングから外すほど早いWBAが、ミドル級転級を表明したSウェルター級・元スーパー王者ジャレット・ハードを、何位に持ってくるかだ。

尤も、暫くはSウェルターのランキングに置くかもしれないが(汗)

  • [621331]  2019.09.24
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

No title

WBOがだ。ライトヘビー級1位にアルバレスを団体都合wで置くなら、WBAミドル級正規王者の村田をトップとして統一戦を認めなければ整合性がないよな。

ま、各認定団体に多くは期待しないが(笑)

  • [621390]  2019.09.25
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

コメントの投稿

非公開

なかよくする

 意見を言い合える場はみんなで雰囲気作りしましょう
※コメント投稿者は、以下のガイドラインを了承したものとします。「投稿内容は投稿者の責任とし、第三者への不利益が発生しても損害を管理者に責任を負わせません。投稿に関しては管理者に予告なく複製、転載、削除等の権限を無制限に与え、迷惑行為、運営方針に反するものは予告なく削除、記録開示、警察への通報を認めます」

チケットぴあ 
↑観戦チケットはこちら
楽天チケット









 この場所に広告掲載できます ⇒ お問い合わせ

CONTACT US

RYO KATAOKA(NEWSIDER)

Author:RYO KATAOKA(NEWSIDER)
ツイッター

記者チーム「NEWSIDER」主宰、在マレーシア・クアラルンプールのジャーナリスト。事件、芸能、スポーツ、国際情勢、裏社会、オカルトなど取材しながら頻繁に日本と往復しています。

★仕事の相談、情報提供、広告掲載など、お気軽にご連絡ください。 ⇒ CONTACT US (E-MAIL)



片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」2006年より長期連載中

ボクシングチケットはこちら
チケットぴあ






※記事中の敬称略をご容赦下さい※コメント投稿は「パスワード」入力で、なりすまし防止の識別コードが付きます。※本ブログの広告からお買い物をされると、掲示商品でなくても数%程度の収益があります。日々更新を続けますので皆様のご協力に感謝いたします。(担当/藤堂香貴/NEWSIDER Tokyo)

BLOG

CATEGORY

COMMENTS

<>+-

LINK

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
22位
[サブジャンルランキング]
格闘技
1位
アクセスランキングを見る>>

Other RANKINGS

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/実話ナックルズ/紙の爆弾/サンデー毎日/EX大衆/FLASH/iRONNA/東洋経済オンライン/覚醒ナックルズ/FRIDAY/産経新聞/週刊大衆/週刊朝日/週刊文春/週刊新潮/アサヒ芸能/テーミス/CIRCUS MAX/日刊サイゾー/週刊現代/東京新聞/読売新聞/覚醒ナックルズ/実話ドキュメント/週刊ポスト/SPA!/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/婦人公論/不思議ナックルズ/MSNドニッチ/KEITAI BANDITS(バンディッツ)/データマックス/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/J-CAST NEWS/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/LAPOO/スポーツライフ/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/バイキング(フジテレビ)/直撃LIVE グッディ!(フジテレビ)/ひるおび(TBS)/スッキリ!(日本テレビ)/サンデー・ジャポン(TBS)/サンデーLIVE!!(テレビ朝日)/新・情報7DAYSニュースキャスター(TBS)/めざましどようび(フジテレビ)/あさチャン!(TBS)、とくダネ!(フジテレビ)、NEWS ZERO(日本テレビ)/グッド!モーニング(テレビ朝日)/news every.(日本テレビ)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ /サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同)

PASSWORD