ジャレット・ハード陥落!ウィリアムスが2冠奪取

5・11米・ワシントンDC「PBC」(FOX)
 ▼IBF&WBAスーパー世界Sウェルター級タイトルマッチ 12回戦
  IBF1位・ジュリアン・ウィリアムス(米国) 3-0 王者・ジャレット・ハード(米国) 
   ※116-111、115-112、115-112
 ▼IBO世界Sバンタム級タイトルマッチ 12回戦
  スティーブン・フルトン(米国) 3-0 王者・パウルス・アンブンダ(ナミビア) 
   ※3者とも120-107 
 ▼IBOインターコンチネンタルSフライ級タイトルマッチ 10回戦
  王者・アレクサンドル・マリン(ルーマニア) 3-0 ルイス・コンセプシオン(パナマ)
   ※97-93、96-94、96-94
 ▼10回戦
  WBC世界ミドル級12位・マトベイ・コロボフ(ロシア) 1-0ドロー 14位・イマヌウェル・アリーム(米国)
  WBA世界Sライト級1位・マリオ・バリオス(米国) 2回KO ファン・ホセ・ベラスコ(アルゼンチン)

HURDWILLIAMS01.jpg

 オッズ4.5倍のウィリアムスが勝利!2回、互いに密着した中で放ったウィリアムスの2発ヒット、さらに左でハードがダウン。その後も王者は手数で負け、密着前後の被弾に苦しんだ。アッパーなどで抵抗はしていたが、相手の圧力を止められずロープを背にする場面も多かった。6回、強い左右フックで反撃を強めたハードだが、8回に目のあたりの出血を気にする仕草をしながら後退。終盤は互角に手を出してはいたが、足が止まった打ち合いでは挽回しきれなかった。新王者ウィリアムスは号泣して歓喜。

 FOX放送は平均138万件、ネット配信を含めると平均146万件で、最高では210万件に達した。裏番組のUFC(ESPN)は平均74万件。(片岡)

ウィリアムス 「素晴らしい気分です。世界最高のボクサーのひとりになったんです。僕は1-5で負けると思われていた、噛ませ犬でした。夢が叶いました。何年もこのときを待っていたんです。僕は決してジムから逃げなかったですよ。僕の仲間だけは僕を信じてくれていました」

 ウィリアムヒルでのオッズは、ハードが1.1-4.5で優位。アンブンダは3.3-1.3で不利。コンセプシオンも5.5-1.1で劣勢。
ハード 「ウィリアムスは自信を持っているように見えるし、よく準備してきている。名勝負になると思います」
ウィリアムス 「相手のホームでやることは関係なく相手だけを見てます。観客はリングで戦えないんですから」
 前座10回戦に出る予定だったスーパーミドル級のデモンド・ニコルソン(米国)が試合前日に痙攣して倒れ、アーネスト・アムズ(ガーナ)との試合は中止となった。

HURDWILLIAMS.jpg

 ワシントンDC・フェアファックス開催の世界戦前座、元世界王者のコンセプシオンとアンブンダが出る。元WBA世界Sフライ級王者のコンセプシオン(37勝(26KO)7敗)は16年に河野公平を破るも、体重超過の末にカリード・ヤファイに敗北し、王座陥落。その後は2勝2敗で、前回9月、無敗アンドリュー・モロニーにTKO負け。今回の相手も17勝(11KO)の無敗選手で、米在住のマリン。前回9月にIBFインターコンチネンタル王座決定戦に勝っている世界3位で、アンカハス×船井の勝者に最も近づく男。13年に亀田和毅に敗れた元WBO世界バンタム級王者のアンブンダは、16年にWBA世界Sバンタム級暫定王者のモイセス・フローレスに挑むも判定負け。以降は3勝で、前回9月はシンガポールでのIBO王座決定戦を制した。挑戦者のフルトンは、15勝(7KO)無敗。(片岡亮)4/10



 スーパーウェルター級2冠王、ハード(23勝(16KO))のIBF4度目、WBA2度目の防衛戦は、5月ワシントンDCでの開催になるという。ハードは17年、後の世界王者トニー・ハリソンとのIBF王座決定戦を制し、元世界王者オースティン・トラウト、WBA王者エリスランディ・ララ、WBA11位・ジェイソン・ウィルボーンに防衛。WBAは接戦だったララとの再戦を指示していたが、交渉はまとまらず。IBFも、井上岳志とジュリアン・ウィリアムズに挑戦者決定戦を指示していたが、これも守られず、そのウィリアムスが今回の挑戦者。ウィリアムスは26勝(16KO)1敗1分、16年に無敗でIBF王者・ジャモール・チャーロ(米国)に挑んだが5回KO負け。その後は4連勝中。WBCからララとの挑戦者決定戦の指示もあったが、これまた応じていなかった。(片岡亮)

ハード 「DMV(ワシントンDC、メリーランド、バージニアのこと)地域で防衛戦ができるのは嬉しいです(ハードはメリーランドのDC郊外出身)。タイトルを地元に持ち帰るのは気分がいいです。ただ、試合はいつもどおりに12回戦の準備しています。というのも、地元にいると知人が多く気が散ることもあるので、興行ではなく相手に集中しています」
3/21

  • コメント 13

コメント

  【投稿】(最新コメントへ移動)

エリミ戦

皆 言う事聞かなくて草!
傾向としては 階級が↑に行くほどほどそんな感じ?
指名戦も 剥奪しづらいから 条件付きで別相手を渋々認めてるような・・・

  • [597860]  2019.03.21
  •  kaiキャノン #-

渋いカード

にコメントは拳論のデータ番長kaiさんだけですね〜(笑)
ハードフィジカル半端なく強いですがディフェンスは穴のある王者。ウィリアムスはチャーロ兄には見事な右アッパーカウンター食って負けましたが、非常にバランスの良い選手なんで、番狂わせが起きる可能性も十分すぎるほどあると思います!
少なくとも先日のカネロの試合よりはエキサイティングな戦いになる事は間違いない!(長井秀和笑)

  • [602742]  2019.05.08
  •  sugaアール #-

No title

コンセプシオン、河野戦の時と比べて調子どうなのでしょうね。日本の選手との試合もまた観たいな。

  • [603025]  2019.05.11
  •  名乗れない人 #M0Gv5u3s

No title

2Rハード結構パンチもらってるのに頑丈だなと思ったらだうーん!

  • [603156]  2019.05.12
  •  カリメロ #-

No title

ハードはズンビのような体力だから後半までいったらウィリアムスが潰されるかも、、、、

  • [603162]  2019.05.12
  •  カリメロ #-

No title

ハード敗北、、、

  • [603184]  2019.05.12
  •  カリメロ #-

ハードは流石のフィジカルですが、雑さを突かれた感じですかね…

  • [603193]  2019.05.12
  •  きっかけは町田 #-

No title

チャーロに倒された試合でウィリアムスを初めて見ましたが、レベルの高いいい選手だなあとと思ってた。それを芸術的なカウンターで倒したチャーロにもっとびっくりしたけど。今回ハードは中盤に左目をサミングされたみたいで、運も悪かったですが、それを差し引いてもウィリアムスの右アッパー、左フックのコンパクトなパンチが目立ってよかったと思います。序盤からハードはパンチをもらいすぎた。途中から近距離のもみあいになって、これはハードのスタイルだからウィリアムスは離れた方がいいのにと思ったけど、ウィリアムスは落ち着いてハードのパンチの方向を察して、防御しながらパンチを返してた。あれでハードが勝ってたらまた地元判定だ!と憤慨してたところですが、今回ジャッジはちゃんとウィリアムスにふってくれましたね。

  • [603199]  2019.05.12
  •  カリメロ #-

No title

リマッチより ジャーメルハリソンⅡ勝者とやってほしいですね

  • [603230]  2019.05.12
  •  kaiキャノン #-

No title

ハード、負けたんだ。
以前、ハードがミドル級に進級したら、チャーロ兄と並んで最上位に並べた(そんな記憶あり)名無しさんがいたが、ここで負けたら予想外ということだね(汗)

  • [603254]  2019.05.12
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

No title

たった今、YouTubeで拝見♪
村田、7月、ブラントとはおれらファンはこういう試合を見たいんだ!

  • [603257]  2019.05.12
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

No title

ハードは全体的にスピードが遅い その結果といったところだね

  • [603346]  2019.05.13
  •   #-

congrats !!

ウィリアムスの男泣き、感動しました!
チャーロにはスピード負けでカウンター取られましたが、今回は逆にスピードで勝ることで右ショートがビシバシヒットしてました。
ハード体重きつそうなんで是非ミドルに上げて頂き、ブラントにリベンジ後の村田選手との戦い(どつき合い)見てみたいです(笑)

  • [603359]  2019.05.13
  •  sugaアール #-

コメントの投稿

非公開

なかよくする

※コメント投稿者は、以下のガイドラインを了承したものとします。投稿内容に関しては投稿者の責任であり、投稿による第三者への不利益発生に、いかなる損害、問題も管理者が責任を負えるものではありません。投稿に関しては管理者が予告なく複製、転載、削除等の権限を無制限に有しますが、迷惑行為、運営方針に反するものについては発見次第、予告なく削除または、第3者への投稿記録の提出、警察への通報などをすることがあります。(NEWSIDER Tokyo)

チケットぴあ 
↑観戦チケットはこちら
楽天チケット









 この場所に広告掲載できます ⇒ お問い合わせ

CONTACT US

RYO KATAOKA(NEWSIDER)

Author:RYO KATAOKA(NEWSIDER)
記者チーム「NEWSIDER」主宰、在マレーシア・クアラルンプールのジャーナリスト。事件、芸能、スポーツ、国際情勢、裏社会、オカルト、ジャンルレスに取材しながら頻繁に日本と往復しています。

★仕事の相談、情報提供、広告掲載など、お気軽にご連絡ください。 ⇒ CONTACT US (E-MAIL)



片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」2006年より長期連載中

ボクシングチケットはこちら
チケットぴあ


※記事中の敬称略をご容赦下さい
※コメント投稿は「パスワード」入力で、なりすまし防止の識別コードが付きます。

※本ブログの広告からお買い物をされると、掲示商品でなくても当方に購入額の数%程度の収益があります。日々更新を続けますので皆様のご協力に感謝いたします。(管理人/藤堂香貴/NEWSIDER Tokyo)






BLOG

LINK

COMMENT

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
16位
[サブジャンルランキング]
格闘技
1位
アクセスランキングを見る>>

Other RANKINGS

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/実話ナックルズ/紙の爆弾/サンデー毎日/EX大衆/FLASH/iRONNA/東洋経済オンライン/覚醒ナックルズ/FRIDAY/産経新聞/週刊大衆/週刊朝日/週刊文春/週刊新潮/アサヒ芸能/テーミス/CIRCUS MAX/日刊サイゾー/週刊現代/東京新聞/読売新聞/覚醒ナックルズ/実話ドキュメント/週刊ポスト/SPA!/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/婦人公論/不思議ナックルズ/MSNドニッチ/KEITAI BANDITS(バンディッツ)/データマックス/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/J-CAST NEWS/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/LAPOO/スポーツライフ/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/バイキング(フジテレビ)/直撃LIVE グッディ!(フジテレビ)/ひるおび(TBS)/スッキリ!(日本テレビ)/サンデー・ジャポン(TBS)/サンデーLIVE!!(テレビ朝日)/新・情報7DAYSニュースキャスター(TBS)/めざましどようび(フジテレビ)/あさチャン!(TBS)、とくダネ!(フジテレビ)、NEWS ZERO(日本テレビ)/グッド!モーニング(テレビ朝日)/news every.(日本テレビ)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ /サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同)

PASSWORD