【猫論】松木猫の砂「尿の味を隠す」 ~マラッカ

 猫を飼うと必要なのは基本、エサと水とトイレだ。この3つをきちんと管理すること。トイレは「猫砂」を十分に盛っておけば、猫はそこでするから、まめに掃除してあげればいい。ウチは5匹も飼っているから、「猫砂」は数倍の量が必要になるわけで、いつもストックを気にしている。「猫砂」は大きいから、日本にいたときはホームセンターに配達を注文して翌日か翌々日には届けてもらっていたのだけれど、マレーシアの通販はもっと遅い。5日後とかはまだいい方で、10日後なんてこともある。最初はコンドミニアムに隣接するショッピングモールにあるペットショップで買っていたのだが、一袋が5キロ、10キロで、値段は通販の方が安いから、通販が多い。日本では「ひのき」とか「おから」の比較的、軽いものがあったけれど、こっちではベントナイトという白い鉱物の粒々が主流。たまたま木製の安いのを見つけたときは「よっしゃ」と注文する。そして、届いたのはこれ。

DSC05373.jpg

 なんと日本語表記!でも、「松木ネコの砂だ」という変な文章。・・・「だ」はいらないでしょ。

DSC05375.jpg

 裏面に特徴の説明。「引き出し物なし」…なんだ引き出し物って。「NO TRACKING」は猫トイレの売り文句によく出てくるワードで、ニュアンス的には「こぼしにくい」とか、「飛び散らない」が近いか。

DSC05376.jpg

 さらに詳しい利点の記述。「松木の天然な松香りは、尿の味を隠すことができます」…味は隠さなくてもいいんじゃないか。とか、実はこういうデタラメ日本語を見るのは僕は大好きなので、むしろ嬉しいのだけれど、要するに商品が日本製品に見えた方がセールスポイントになるってことで、中国人とかがそういう装いを無理して作っているわけだ。近年は不祥事連発の日本企業だが、まだジャパニーズブランドは通用するということなのだから、その信用を落とさないようにしてもらいたいところだ。

 さて、そんな猫砂をたっぷりトイレに注いでおかないといけないのは、ちょっと遠出をするときだ。通常はトイレ2つでまかなっているのだけれど、1日以上、家を空けるときはトイレを5つ出したりして、ドライフードと水も複数の器にこれでもかと置いていく。最近は長男ミッくんも年取ってフラフラしてるから、あまり長い外出はできない。家政婦さんに留守番をお願いして中南米に行ったり、そんなことはしばらく諦めた。というわけで先日、行ってきたのはクアラルンプールから車で2時間ぐらい、南の古い街マラッカ。

P6290205.jpg

 実はもう4回目というお気に入り。長距離バスで10~15リンギ(約270~400円)で行ける。うち2度はこっちで知り合ったマラッカ出身の友人の車で行ったのだが、片道を彼女の車で運転させてもらっても何も問題はなかった。道はきれいで、ハイウェイの途中でドライブインにも入ったり。マラッカはかつて交易都市として栄え、ポルトガルやオランダなどに占領されていた時代があり、裕福な中華系移民が西欧の影響で広げた独特のプラナカン文化は、家具や陶器、衣装、アートなど幅広く現在に息づいている。世界遺産にもなっている旧市街は散歩するだけでも楽しいが、中でも僕は食文化を楽しみに行く。マレーシアではグルメでマラッカとペナンが突出している印象だ。

P_20180905_120536.jpg
P_20180905_120704.jpg

 家屋の中は驚くほど細長くて、これは家の資産税が幅で決められていたから。吹き抜けに風通しを良くしているのは南国ならではだ。

P_20180905_130551.jpg

 こんな細長い通路を通っていくと、突然おしゃれなカフェに出ることもある。

P_20180905_125950.jpg

P_20180905_123651.jpg

 「トロピカル・レモングラス・ジュース」を頼んでみたら、これがとても爽やかで、美味しかった。マラッカのガイドブックを見ると、どれも表通りにある有名店が並べられているのだが、グルメな現地の人は「大して美味しくないよ」と言う。ロケーションが良く、観光向けに商売上手な店が美味しいとは限らない。

P_20180905_155847.jpg

 この店もまずガイドブックに載ることはないだろう。それどころか日本人が偶然に見つけることもなさそうな看板もない店。

P_20180905_160448.jpg

 東南アジアに広く伝わる焼き鳥、サテーの店なのだが、ここはポーク・サテーが売られている。だから何だと思われるかもしれないが、イスラム信者6割ぐらいいるマレーシアでは「マレー系」の料理に豚は使われないから、ちょっと珍しい。中華料理では普通にポークが食べられるが、サテーはマレー系の料理に分類するから、屋台などで見かけるのはチキンやビーフ、ラムばかりだ。タレはピーナッツのすり潰しも入った甘めのもので、マレー系は辛いモノ好きだから、ほんのちょっとピリッとしているのも多い。1本1.5リンギ(約40円)。無料の付け合わせは生野菜と、クトゥパという椰子の葉に包んで固めた、薄いココナッツ味のご飯。ポークを売っているぐらいの店だからビールも飲めた。

P_20180905_150856.jpg

 散歩中に路上の絵描きがいたのだが、そこを気にせず横切ったのが野良猫!毛並みを見ると分かるが、こっち野良猫は日本よりも体調が良さそうなのが多い。エサをあげる人が多い。路上で昼寝をしている人(ホームレスではない)のお腹の上に野良猫が乗っていることもある。追い払う人が少ないから、あまり逃げない。イスラム教信者は犬と豚を毛嫌いするが、猫は大好きだ。

P_20180905_164624.jpg

 そのイスラム教のモスクで、これは珍しい水上建築。モスクというのは礼拝堂。信者は決まった曜日、時間にお祈りするのだが、こっちでスマートフォンのSIMを手に入れたら、無料ショートメールが定期的に届いて、礼拝時間の案内だった。面白いから、しばらくそのままにしていたけれど、そのうちに着信通知が面倒になって購読をやめた。こういうのもイスラム圏ならではの出来事。モスクは服装だけ気をつければ、入れるところが多い(女性には貸してくれる)。あまり排他的ではない印象で、キリスト教会と変わらない。

DSC01318a.jpg

DSC01401a.jpg

 僕がマラッカ中心部で好きなのがリバーサイド。のんびり散歩をして川沿いのカフェで休むのが恒例だ。ベネチアほどじゃないけれど、ベルギーでもタイでもなぜか水路のある街が好き。ここも例外ではなくボートで遊覧もできる。

DSC01397a.jpg

 で、再び見つけた野良猫。やっぱり毛並みは悪くない。野良猫たちがのんびりできる街っていいなあと思う。南イタリアとかギリシャのミコノス島とか、そんな猫スポットを巡っているとむしろそこに人の豊かさを感じる。

DSC01203.jpg

 マラッカは週末に行くのがオススメだ。目抜き通りがそのままナイトマーケットになるからだ。

DSC01204.jpg

 いろいろな屋台があるが、僕が必ず買うのは、小ぶりのスイカをくり抜いてハンドミキサーを突っ込んでジュースにしちゃう豪快な飲み物。ただし、冷えていないと美味しくない。このまま書いていても、ガイドブックみたいになるのでこの辺にしておくが、最後にピックアップすると、ポルトガル料理の流れにあるクリスタン料理を出す高級ホテル内のレストラン「メルバ・アット・ザ・マンション」をインタビュー取材。シェフの女性メルバさんは料理本の大賞を受賞したことがあるポルトガル系の末裔。彼女の作る名物が、マングローブの実を使ったカレー、ブア・クルアだ。

DSC01425a.jpg

DSC01430a.jpg

DSC01435a.jpg

 マングローブの実はそのままでは食べられないため、1週間ほど水に漬けて毒性を抜く面倒な食材。固い殻ごとカレーになって出てくるが、甘い土というか表現しがたい珍味。マングローブと言われなければ、未知の果物とか思いそう。メルバさんは代々受け継ぐポルトガル系マレーシア人の郷土料理を上品に受け継ぎ、他にもカレーを中心にたくさんのメニューがある。街の中央からは少し離れているからタクシーで行くしかないが、忘れがたい食事となった。

DSC09942.jpg

 一方、我が家の猫どもはといえば、オス3匹がこのとおり。飼い主も出迎えもせず、重力に逆らっていない。写真は、もぐもぐの通院前のものだが、その後は例の手作り病衣が良好で、腹を舐めないから腫れが小さくなっている。このまま治ればいいなあ。(片岡亮)

  • コメント 7

コメント

  【投稿】(最新コメントへ移動)

もぐもぐちゃんの服が効果アリでよかった☺️
早くスッキリと治るといいですね。

ヘンテコな日本語は面白い(笑)‼️
尿の味…(笑)‼️
Googleやインスタの翻訳機能とかもまだまだ怪しいですよね。

マラッカは魅力的🎵行ってみたいなー✨
歴史的な建築物&美味しいもののあるところは最高‼️
ベネチアのように水路があるのもなぜか興奮しますね😊

以前、クアラルンプールで観光でモスクに行ったとき、大判のスカーフを渡され、頭から被って入らせてもらったのを覚えています。
私が被ると、あまりに似合わなくて笑えました(笑)☺️

マレーシアの日常をまた教えて下さいね😊

  • [594892]  2019.02.16
  •  みー(=^ェ^=) #ZzYKuueA

No title

無味無臭あたりを誤訳したのだろうか。

  • [594920]  2019.02.16
  •  名乗れない人 #-

片岡さんの☆世界猫歩き

ほのぼの~=^_^=

知り合いの家にも、若い猫がいるんですが

K8さんが遊びに行っても→一歩も動きません(笑)
(o^-^)

  • [594936]  2019.02.17
  •  K8augPj6 #K8augPj6

いやぁー
のんびり出来る記事です。楽しい。
日曜日の仕事前の朝に読むはぴったりのゆったりさです。
写真からもゆったり感が伝わってきます。

ただ、資産税が幅というのには少し驚きました。

  • [594954]  2019.02.17
  •  panerai #-

No title

面白い。このシリーズを書籍化してほしいぐらい

  • [595064]  2019.02.17
  •  名乗れない人 #-

No title

>マラッカは魅力的🎵行ってみたいなー✨ 歴史的な建築物&美味しいもののあるところは最高‼️

 ビーチ寄りだったらペナンもいいですが、コンパクトにまわれるのがマラッカですね。ガイドブックに頼りすぎず、足でお店を見つけた方が楽しいですよ。

>以前、クアラルンプールで観光でモスクに行ったとき、大判のスカーフを渡され、頭から被って入らせてもらったのを覚えています。

 ヒジャブというんですよ。ちょっとしたコスプレですね。見慣れると可愛らしく感じてきますよ。

>K8さんが遊びに行っても→一歩も動きません(笑)

 動じない猫っていますね。昔、飼っていたヒマラヤン兄弟がそうでした。「これ本物?」と聞かれたぐらい。

>日曜日の仕事前の朝に読むはぴったりのゆったりさです。

 自分じゃこんなの伝えてどうかなあとか思うのですけどね(笑

>ただ、資産税が幅というのには少し驚きました。

 物事には理由があるんですねえ。これと似た形の街並みがペナンやタイのプーケットにもあって、おそらく当時の規定で共通していたんでしょうね。

>このシリーズを書籍化してほしいぐらい

 実は猫本のオファー自体はあるんですが、幸か不幸か日々の仕事で手一杯なのです。こうしたメモ記事も著作の基礎になるかもですけど、そのうち構成をまとめてはみます。

  • [595098]  2019.02.18
  •  ★ 片岡亮 (NEWSIDER) #-

京都の町家も、間口の広さで税を掛けられたので、間取りが鰻の寝床に成ったそうです。
花開いた文化の中で食は今一つな京都ですが、坪庭等日本の美意識を象徴する様な物に関しては、非常に高いレベルで有るとは思います。

サテの様な一口グルメは、日常風景を感じさせて興味深いですね。

  • [595107]  2019.02.18
  •  非A #GxAO5jdM

コメントの投稿

非公開

なかよくする

 意見を言い合える場はみんなで雰囲気作りしましょう
※コメント投稿者は、以下のガイドラインを了承したものとします。「投稿内容は投稿者の責任とし、第三者への不利益が発生しても損害を管理者に責任を負わせません。投稿に関しては管理者に予告なく複製、転載、削除等の権限を無制限に与え、迷惑行為、運営方針に反するものは予告なく削除、記録開示、警察への通報を認めます」

チケットぴあ 
↑観戦チケットはこちら
楽天チケット









 この場所に広告掲載できます ⇒ お問い合わせ

CONTACT US

RYO KATAOKA(NEWSIDER)

Author:RYO KATAOKA(NEWSIDER)
ツイッター

記者チーム「NEWSIDER」主宰、在マレーシア・クアラルンプールのジャーナリスト。事件、芸能、スポーツ、国際情勢、裏社会、オカルトなど取材しながら頻繁に日本と往復しています。

★仕事の相談、情報提供、広告掲載など、お気軽にご連絡ください。 ⇒ CONTACT US (E-MAIL)





片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」2006年より長期連載中

ボクシングチケットはこちら
チケットぴあ






※記事中の敬称略をご容赦下さい※コメント投稿は「パスワード」入力で、なりすまし防止の識別コードが付きます。※本ブログの広告からお買い物をされると、掲示商品でなくても数%程度の収益があります。日々更新を続けますので皆様のご協力に感謝いたします。(担当/藤堂香貴/NEWSIDER Tokyo)

BLOG

CATEGORY

COMMENTS

<>+-

LINK

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
21位
[サブジャンルランキング]
格闘技
1位
アクセスランキングを見る>>

Other RANKINGS

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/実話ナックルズ/紙の爆弾/サンデー毎日/EX大衆/FLASH/iRONNA/東洋経済オンライン/覚醒ナックルズ/FRIDAY/産経新聞/週刊大衆/週刊朝日/週刊文春/週刊新潮/アサヒ芸能/テーミス/CIRCUS MAX/日刊サイゾー/週刊現代/東京新聞/読売新聞/覚醒ナックルズ/実話ドキュメント/週刊ポスト/SPA!/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/婦人公論/不思議ナックルズ/MSNドニッチ/KEITAI BANDITS(バンディッツ)/データマックス/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/J-CAST NEWS/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/LAPOO/スポーツライフ/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/バイキング(フジテレビ)/直撃LIVE グッディ!(フジテレビ)/ひるおび(TBS)/スッキリ!(日本テレビ)/サンデー・ジャポン(TBS)/サンデーLIVE!!(テレビ朝日)/新・情報7DAYSニュースキャスター(TBS)/めざましどようび(フジテレビ)/あさチャン!(TBS)、とくダネ!(フジテレビ)、NEWS ZERO(日本テレビ)/グッド!モーニング(テレビ朝日)/news every.(日本テレビ)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ /サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同)

PASSWORD