ウォリントン判定勝ち!ロサレス陥落!チャーロ弟の敗北に物議

12・22米・ニューヨーク「PBC」(FOX)
 ▼WBC世界ミドル級暫定タイトルマッチ 12回戦
  王者・ジャモール・チャーロ(米国) 3-0 同Sミドル級13位・マット・コロボフ(ロシア)
   ※116-112、116-112、119-108
 ▼WBC世界Sウェルター級タイトルマッチ 12回戦
  同級5位・トニー・ハリソン(米国) 3-0 王者・ジャーメル・チャーロ(米国) 
   ※115-113、115-113、116-112
 ▼10回戦
  WBC世界ヘビー級4位・ドミニク・ブレアジール(米国) 9回KO カルロス・ネグロン(プエルトリコ)

12・22英・マンチェスター(ESPN+)
 ▼IBF世界フェザー級タイトルマッチ 12回戦
  王者・ジョシュ・ウォリントン(英国) 3-0 WBO同級暫定王者・カール・フランプトン(英国)
   ※116-113、116-113、116-112
 ▼WBC世界ミドル級シルバータイトルマッチ 10回戦
  アッサン・エンダム(フランス) 2-0 王者・マーティン・マレー(英国) 
   ※117-112、114-114、116-112
 ▼英国ミドル級王座決定戦 10回戦
  リアム・ウィリアムス(英国) 10回TKO WBC同級14位・マーク・へフロン(英国) 
 ▼8回戦
  マイケル・コンラン(アイルランド) 3-0 ジェイソン・カニンガム(英国)
  ビリー・ジョー・サンダース(英国) 4回終了TKO ゾルタン・セラ(ハンガリー)

12・22英・ロンドン「WHYTE CHISORA II」(SKY BOX/ONDA)
 ▼12回戦
  WBC世界ヘビー級1位・ディリアン・ホワイト(英国) 11回KO 同級7位・デレック・チソラ(英国)
 ▼WBC世界フライ級タイトルマッチ  12回戦
  同級5位・チャーリー・エドワーズ(英国) 3-0 王者・クリストファー・ロサレス(ニカラグア) 
   ※118-110、117-111、116-112
 ▼英国フェザー級タイトルマッチ 12回戦
  王者・ライアン・ウォルシュ(英国) 2-1 リース・ベロッティ(英国)

12・22タイ・バンコク
 ▼東洋太平洋Sライト級シルバー王座決定戦 12回戦
  アピチェット・ペッチマニー(タイ) 2回TKO サドゥディー・スリムアン(タイ)

JOSHCARLVSWAR.jpg

 チャーロ弟は陥落。挑戦者の右カウンターを狙われたが、的中率は高くないながらも強いパンチを当てて相手を下がらせ、終盤もハリソンをロープ際に追い込んだ。しかし、採点は敗北。会場内はブーイング、ネット上では議論が巻き起こった。ジャッジ3者が揃ってチャーロを支持したのは1、8、12の3ラウンズのみ。逆に2、4、6、7、9、10は揃ってハリソンだった。集計サイトのヒット数でも168-128で、特に終盤3回はチャーロが上回ったが、ジャブのヒットはハリソンの方が多かった。再戦が濃厚か。
 兄は変更挑戦者に判定勝ち。序盤は相手の左ストレートに苦戦したが、プレッシャーをかけ続けて相手がやや疲れてきた中盤からジャブを使って追い上げ、終盤は優勢をアピールしていた。

 ウォリントンは、怒涛の手数とスタミナで攻勢で試合を進めた、前半でロープ際に押し込まれたフランプトンは序盤から効かされた風で、コンパクトなカウンターを細かく当て返してはいたが、ポイントが取れにくい攻撃だった。離れ際の被弾も目立っていて、王者が試合直後に勝利を確信する判定決着となった。
 エンダムは軽快なステップで、相手が出てくると下がりながら手を伸ばし、止まると密着してボディを打った。コンディションはとても良さそうで、逆にかなり手が少ないマレーは不調。それでもエンダムの疲れに合わせて右を打ち込むこともあったが、エンダムがWBC2位のマレーを下した。村田には倒されたが、一定の強さは示しシルバー王者となった。マレーは「思ったようなパフォーマンスができなかったけど、泣きはしない。新しいことをやるときがきた」と引退を示唆。

DILLIANCHIZORA2KO.jpg

 ロサレスはまさかの王座陥落。鋭い手数で連打に繋げていたが序盤、前に出たところを強烈なアッパーをもらう場面があり、必死に手数で相手を追い、8回を過ぎてもその攻勢は止まっていなかったのだが、カウンター狙いのエドワーズに要所で打たれており、冷静な相手にポイントを取られた。正直やや低調な番狂わせという風だった。
 メインは接戦だった中で、ホワイトが終盤の強烈な左フックで倒して相手を大の字に。4月のアンソニー・ジョシュアの対戦候補の第一候補になった。決まれば15年12月にジョシュアが7回TKO勝ちして以来の再戦、ワイルダー戦を期待していた向きが多いだけに後退感の強いマッチメイク。(片岡亮)

MURRAYGHASSAN15_13_29.jpg

 WBCミドル級暫定戦、王者・ジャモールに挑戦予定だった5位・ウィリー・モンローJr.(米国)は、事前のドーピング検査で陽性反応があり、代わってSミドル級13位のマット・コロボフが挑戦者となる可能性が出てきた。コロボフはアンダーカードの8回戦でコロンビア選手と対戦する予定。コロボフは28勝(14KO)1敗、14年にWBO王者アンディ・リーに挑んで6回TKO負けだったが、以降4試合を勝利している。
 追記 ⇒ 正式に変更。ジャモールは「同じサウスポーのモンロー戦の準備が整っていたからコロボフに代わっても大差ありません。ただ、モンローより背が高いから自分のゲームプランを調整しなければなりません。世界のベストファイターは、ベストな調整ができる者です」と、コロボフは「チャーロ戦用の調整して、このチャンスを最大限に活かすので、それをお見逃しなく」と、それぞれメディアに話している。(片岡亮)


frampton-warrington1218.jpg

 昨年10月に村田諒太に敗れた元WBA世界ミドル級レギュラー王者のエンダムが、12月に再起戦。WBC2位のマレーと対戦する。エンダムは36勝(21KO)3敗、34歳。10年にWBA暫定、12年にWBO暫定王座を獲得したことがあり、16年のリオ五輪にも出場(ライトヘビー級初戦で判定負け)。一昨年12月にWBA暫定王者・ブランコを初回KO、村田との初防衛戦に判定で勝ったが、採点への抗議が出て再戦。7回TKO負けで陥落した。相手のマレーは37勝(14KO)4敗1分、36歳。12年にWBA暫定王座に就いているが、防衛戦なく剥奪。15年に3冠王ゲンナジー・ゴロフキンに挑戦も、11回TKO負け。その後、2度のスーパーミドル級世界挑戦も実らなかったが、前回6月にロベルト・ガルシアに勝ってミドル級のWBCシルバー王座を奪取した。エンダムはブランクがあるが、世界ランク復帰が懸かる。(片岡亮)11/21



 8月のリング上で対戦を誓い合ったウォリントンとフランプトンの試合が12月に決定。WBO世界フェザー級暫定王座を防衛したフランプトンのリング上に、IBF王者ウォリントンが登場し、プロモーターが年内実現を公言していたもの。フランプトン(26勝(15KO)1敗)は、14年、IBF世界Sバンタム級王者キコ・マルチネス(長谷川に勝利)を大差判定で下し20戦無敗で世界王者となった後、1位・クリス・アバロス、13位・アレハンドロ・ゴンザレスJr.に防衛、さらにWBA王者スコット・クィッグとの統一戦にも勝利した。しかし、WBAから出された休養王者ギレルモ・リゴンドーとの統一戦を避けたことでWBA王座ははく奪となり、IBF王座も自ら返上。16年にWBA世界フェザー級スーパー王者・レオ・サンタ・クルスに勝って2階級制覇したが、ダイレクトリマッチでは敗北して陥落。WBO世界フェザー級王者のオスカル・バルデスが休養中となったところ、今年4月にノニト・ドネアとの暫定王座決定戦に勝ち、8月に5位・ルーク・ジャクソンに防衛した。
 ウォリントンは、27勝(4KO)無敗。12年に英国王座、15年にWBCインター王座を獲得し、V2戦ではWBC世界15位・天笠尚の挑戦を退けた。昨年は元世界王者マルチネスにも勝利。今年5月、IBF王者、リー・セルビーを下してベルト奪取。今回が初防衛戦となる。(片岡亮)
  • コメント 75

コメント

   投稿(一番下へ)

フランプトンはやっぱりバルデスを避けたな

  • [574630]  2018.09.16
  •  名乗れない人 #-

No title

WBOの暫定は、他団体に挑戦できるの? まあ統一戦ではない?のかもしれないが・・・

だったらWBAの正規からの挑戦を受けてもいいように思うが(笑)

  • [574634]  2018.09.16
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

No title

ウォリントンの顔が赤穂亮とそっくりじゃないか!

  • [574759]  2018.09.17
  •  カリメロ #-

そんなデカくないよ!

  • [574761]  2018.09.17
  •  名乗れない人 #-

フランプトンはとにかくファンが盛り上がる試合(内容という意味ではない)優先だからむしろプロ

  • [574764]  2018.09.17
  •  名乗れない人 #-

No title

言われてみれば確かに赤穂にちょっと似てますね。

  • [574786]  2018.09.17
  •  光太郎 #-

No title

多分フランプトンの暫定王座は返上してIBF王座のみを懸けた試合になるだろうな。

試合自体はKO率と経験の差でフランプトンが有利かなあと予想します。

  • [574806]  2018.09.17
  •  名乗れない人 #-

最適解


フランプトンが王座奪還を目指して、ウォーリントンに「 挑戦 」するプランは大賛成です!

身体的特徴のハンデを負って、無理くりバランスを崩しながらコンビネーション連打を撃とうとするフランプトンは物悲しかったので…

当日軽量のあるIBFが下から上げてきたフランプトンにとっては、体格差のある「 ナチュラル 」フェザーと渡り合うのに負担が軽減する「 最適 」な条件です!

IBFフェザー級を獲得し、クレバーで芸術的なボクシングをまた披露していただきたいですね〜

  • [574825]  2018.09.17
  •  名乗れない人 #-

ラッセルやバルデス相手の方がファンは盛り上がると思うけどな

  • [574909]  2018.09.17
  •  名乗れない人 #-

No title

ヌジカムって村田戦以来の試合ですか。
これはなんか興味ありますね。

お隣の国のブリテンとは言え完全アウエーだろうし、
まあ地元のスター候補相手の高級カマセって感じで呼ばれるんでしょうが、
ここでヌジカムがぼっこ凹にして勝ったりしたら、なんか村田の株も上がっていいなあと。
逆に村田以上にぼっこ凹にされたら、まあそれはそれですが⦅爆

  • [585600]  2018.11.23
  •  宇弓 #LkZag.iM

1週間前・・・

ジャーマルの相手モンローにクスリ発覚

代理はコロボフ?

  • [587311]  2018.12.16
  •  kaiキャノン #-

コロボフ

改めて体重をM級に落とすため
開催が1週間延期という話も?

  • [587336]  2018.12.16
  •  kaiキャノン #-

No title

IBFフェザー級戦はウォリントンのKO率の低さを考えるとフランプトンが有利ぽいですね。

WBCフライ級はアウェイですがドグボエみたいな調整失敗が無ければロサレスが断然有利だと思いますね、まあ勝っても次戦もフライ級ならイギリスで指名試合になりそうですけどね。

チャーロ兄弟は共に勝ちそうで特に兄の方は怪我なく勝ったら試合後のインタビューでカネロに向かって対戦アピールと挑発する事を期待したいですね。

  • [587373]  2018.12.17
  •  名乗れない人 #-

ウィリー・モンローJr.★最強説★→って、そりゃ強いわ(笑)ヾ(・ω・`)

事前に、ドーピング検査結果を公表して

代役まで用意してるのは→とても素晴らしいですね☆


帝拳・本田の御老公も、少しは見習ったほうが(笑)

な・ん・て・ね★!

  • [587537]  2018.12.19
  •  K8augPj6 #K8augPj6

村田、吐く

「しかし日曜日のカネロ対フィールディング戦を見ましたがフィールディングはもっと足を使わないといけなかったんじゃないかと思います、カネロは左ボディが得意だし、打ってくると考えていれば足を使うか、ガードするとかあったんじゃないかと思います。でも、やはりカネロはドーピング違反の影が拭えていないと思うんです。(22日に試合が予定されていた)モンロー Jr. は1回の違反で即出場停止ってなったのに、カネロは?って思っちゃうのは自分だけですかね。」

  • [587586]  2018.12.20
  •  kaiキャノン #-

この試合行ってきますね。

ウイリーモンローJRドーピング違反で、試合が延期なんて話が上の方に書かれて、困惑してましたが、何とかコボロフさんのおかげて興行が
救われて、行われるようで何よりです。
それにしても、Sミドル級の試合予定だったコボロフはちゃんと1週間でミドル級まで落とせるのか?
カード自体もモンローとやるより、コボロフの方が面白いと思いますね。
それにしても当初予定されていたWBCバンタム級王座決定戦が、パッキャオ・ブロナーの前座にスライドしたのは残念です。
この夜は、しかし合計10試合90ラウンド近い試合が組まれてます。
午後6時始まりで、最後はお約束の日付変更線オーバーですね。
きょう20日羽田から出国して、ちょっと観戦してきます。
ジャレットハードは多分来るから写真撮りたいな。
エロール・スペンスは来ないかな?
切符は前から5列目で1枚諸経費込みで650ドル、約7万円ちょっとでした。

  • [587594]  2018.12.20
  •  いつも現地観戦します #-

No title

エンダムが(米国で試合できないらしい)マレーに勝ち?、チャーロ兄とやれるんだったら、面白いよね。
エンダムがチャーロ兄に勝てるとは思わないが、もしそんなことがあったら、村田とまたやろうぜ(笑)

尤も、チャーロ兄は次戦でゴロフキンを命じられているようだ。ただ、ゴロさんがやりたがるかどうかだが・・・

  • [587672]  2018.12.21
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

コロボフ懐かしいな
アンディ・リーに負けるまではトップランクから売り出されてたけど今はどんな感じなんだろう

  • [587713]  2018.12.22
  •  名乗れない人 #-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • [587717]  2018.12.22
  •  - #

No title

エンダム勝ったね

エンダムなんて弱いみたいなこと言ってた奴居たね

エンダムに勝った選手はレミューを始め、ダウン取り巻くって小差判定で勝った選手ばかり

エンダムをしばき回して倒して勝ってるのは村田だけ

  • [587755]  2018.12.23
  •  名乗れない人 #-

結果

サンダー、コンラン勝利
エンダムはマレーに2ー0判定勝ち

そしてアップセット!
エドワーズがロサレスにUD勝ち   王者交代
ロサレスはこれで転級?
余談だがWBC F級OC決定戦セルビー弟対JCマルティネス
入札があったそうな   ロサレス勝てば転級空位という話もあっただけに   そうなるとセルビー弟の試合が正規決定戦
動向怪しいセルビー弟だけに もたもたしてるとまた 延期を重ねたB級の二の舞・・・   それでWBCも?本腰入れたんじゃないかな?   最初からそうしろよ!笑

  • [587756]  2018.12.23
  •  kaiキャノン #-

No title

ロサレスがエドワーズに負けたんですか、いつもの調子なら勝てる確率は高かったと思うので減量苦の影響と調整ミスが有ったのかもしれませんね。

負けたロサレスは暫く休養して転級でしょうし、新王者エドワーズは選択防衛戦を1試合挟んでセルビー弟VSマルティネス戦の勝者と指名試合になりそうですが出来ればこの王者に日本人ランカーが挑む事を期待したいですね。

  • [587758]  2018.12.23
  •  名乗れない人 #-

No title

>エンダムをしばき回して倒して勝っているのは村田だけ

まことに、仰る通り! ♪


村田、左だ、左!

  • [587759]  2018.12.23
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

カジノロワイアル

ダニエルグレイグ似(個人の感想です笑)のコロボフが約4年ぶりの世界の舞台に上がります。
ブランクもあり、アンディーリーに逆転KO負け喫してから4試合しかしてませんが、華麗なアマチュアキャリア(ジェイコブスに勝った)を誇る実力者です。
ラミレスにハイリスクローリターンで逃げられ、トップランクから離脱した後のこの降って湧いたチャンスなんで、35歳という事もあり飛びつきましたが、最悪の選択、最強王者への挑戦でまさにギャンブル、最後の賭けとなります。
エンダムもマレーに敵地で大差判定勝ちしたようで、この階級は実力者が多すぎて訳わかりません(笑)

  • [587760]  2018.12.23
  •  sugaアール #-


WBCフライの入札はマルティネス側が落札しましたんで、セルビーがどうするかですね。
それにしてもマルティネス6万$、セルビー4万$だったらしいから、英国のプロモーターはセルビーの実力を過小評価?。
それにしても、エドワーズが勝ったので、入札反古にして英国ダービーにしちゃったりして?。
エドワーズの初防衛は選択?、指名試合?。

  • [587761]  2018.12.23
  •  トクメイ #DUR24XiI

No title

ボクシングバブルが続いてるイギリスでも流石にフライ級まで及ばないんでしょう。

一つ上のSフライ級のヤファイもこの間の防衛戦はモナコでしたからね。

  • [587763]  2018.12.23
  •  名乗れない人 #-


あと、IBFフェザー級、フランプトンはWBO暫定チャンピオンとして、ワーリントンに挑戦とボクシングニュースに載ってますが?。
これだと、尚弥のWBSS準決勝もIBFのロドリゲスにWBA正規チャンピオンとして挑戦も可能ってことですよね?。
IBFは方向転換したってこと?。

  • [587764]  2018.12.23
  •  トクメイ #DUR24XiI

No title

おお!!
ヌジカム勝ちましたか!!
しかもブリテンで2-0判定なんて、ほぼ圧勝だったって事でしょ??
村田最強!!☆(凱歌

ロサレス負けましたか。
またブリテンに持ってかれて厄介なことになりそうですが、
中谷潤とかのためにも、日本選手がフライで挑戦できるルートは何とか確保しておきたいところですが。

しかしヌジカムおめ☆
なんか日曜の朝からすがすがしい気分ですが(爽笑

  • [587766]  2018.12.23
  •  宇弓 #LkZag.iM

エンダムが頑張れば、村田の評価も相対的に上がる。

  • [587770]  2018.12.23
  •  名乗れない人 #rVuB.0BQ

またもやアップセット

フランプトンUD負け   WBO暫定は剥奪(でないとインチキだよね!笑)

ウォーレンは ガラードとの指名試合か
キングバルデス(次戦あり)との統一戦へ

  • [587772]  2018.12.23
  •  kaiキャノン #-

No title

ワーリントンが勝ちましたか、下馬評では経験豊富なフランプトンが有利という感じでしたがこれでワーリントンの評価も上がりますね。

ワーリントンの次戦は多分1位との指名試合でしょう、その1位もイギリス人なので試合を組むのは問題は無さそうですしね。

  • [587774]  2018.12.23
  •  名乗れない人 #-

No title

本当にヌジカムは村田に負けて丸1年以上休んでて、
それでいきなり敵地で2団体で世界2位・3位のマレーなんかによく勝てるなあと。
ヌジカム、
もうその調子でおカネロとかYOUやっちゃいなよ(ジャニー笑

へええ、
フランプトンも負けましたか。
世界トップはやはり過酷ですわなあと。

  • [587776]  2018.12.23
  •  宇弓 #LkZag.iM

時空をこえて

SF級で比嘉対ロサレス リベンジ戦笑

WBO以外は
ヤファイ対Nヒメネス指名試合
それに海鮭対アンカ 続報きこえませんね・・・
破断ならエストラ、船井のOCに
八重樫 Aモロニーと待機してるだけにどうなるやら
FロッドはSF級か恒成、どっち狙いだろ?

  • [587779]  2018.12.23
  •  kaiキャノン #-


なんも制限もなくWBO暫定がIBFに挑戦(WBO暫定が敗けたから、WBOは剥奪でしょうね?)ですから、尚弥のWBSSもWBA正規がIBFに挑戦の形になってもなにも問題ではないに当然なるのでしょうね。

  • [587780]  2018.12.23
  •  トクメイ #DUR24XiI

なんか、春頃に日本でシーサケットは八重樫とやるらしいですよ〜。そこに、井上弟な暫定と正規の統一戦も組み込めたら組み込むですかね〜

  • [587792]  2018.12.23
  •  名乗れない人 #-

フランプトンはフェザー級は適正階級なのか?パワーレスの気がするけど

  • [587796]  2018.12.23
  •  名乗れない人 #-

No title

エンダム勝ったんですか!(驚)

村田2は、エンダム調整ミスが有ったそうですけども、そうなんだろうな多分。

エンダムってしぶとさが一番の持ち味だと思うんですけど、村田1でもあの4Rのダウンの倒れ方で村田のKOも有りだと思いましたが、あそこから判定まで粘りましたね。

それに引き替え2戦目は、初戦より多少村田の攻勢に押されてましたが、いきなりの棄権でやはり調子悪かったんでしょう。

でも村田1が、そもそも村田の勝ちみたいな試合だったんで、村田の圧を警戒もしてたでしょうしね。

村田もブラント戦は、多分村田は絶好調で試合は出来なかったんだろうなってあの内容を見て思いましたし、試合後に村田不調説が出て来てやはりなって思いましたけどね。(苦笑)

村田は、所謂日本のステレオタイプのボクサーじゃないですし、アマでの実績は、世界選手権の銀にロンドン五輪の金とブラントを凌ぐアマ実績を持ってますから、本場のボクサーだとしても村田が経験値で下回るとは思えませんでしたしね。

まあプロの環境では、ブラントの方がスペンスJrと練習を積んできたような環境下では無かったと思いますけど、スパー相手なら本場やメヒコから呼んでたんでしょうしね。

まあ帝拳のスタッフ限界説の方が信憑性はあるかなあって思いますけどね。(苦笑)

アマ時代の方が、村田は上手く身体を柔らかく使って攻防を繰り広げてた印象はありますけども、プロになってブロック専門みたくなっちゃってますかね。

あと少しプロ入り後のほうが腰高な気がしますけど、その分左ボディの威力が下がってのかな?ってど素人は思ったりしますけど、ボディを打つとガードが下がるし、そこをカウンターで狙われたら、ミドルだけにダメージを受けることになるから右偏重な戦い方になるのかなとか思ったりしますけど。

村田は、来年次負けたら引退でしょうし、でも世界上位ランカーと試合を組めるかが焦点になるんでしょうね。

セニョールのマッチメーク力が問われますわな。(苦笑)

  • [587797]  2018.12.23
  •  ハイロ67 #-

No title

なんでか人いないけど、ハリソンがチャーロ弟を3-0(116-114、115-113×2)で破って新チャンピオンになりました。

  • [587800]  2018.12.23
  •  名乗れない人 #-

No title

ついでに兄もコロボフにかなりの苦戦を強いられてますね。判定だと苦しい

  • [587801]  2018.12.23
  •  名乗れない人 #-

なんて日だ!

なんとジャーメルUD負け   ようやくメイ誉が剥奪されたのに。
ハードからのTelとれず・・・笑   ハリソン スゲー・・・
今日は外出しないほうがいいかも笑

八重樫、いぜんの海鮭オファー受けますか   男八重樫逃げない
因縁のりマッチですね
となるとアンカ対船井?

  • [587802]  2018.12.23
  •  kaiキャノン #-

チャーロハードムンギア。Sウェルター級三強の一角が崩れましたか、あらららら

  • [587803]  2018.12.23
  •  名乗れない人 #-

No title

12R、コロボフあわやストップというところまで効かされるもなんとかしのいで、反撃すらしてみせて試合終了。

判定は後半、コロボフの手数が落ちた後の内容をどう見るか次第ですね

  • [587804]  2018.12.23
  •  名乗れない人 #-

本日、番狂わせの大盤振舞ですね!。
エンダム勝って、ロサレス陥落、フランプトン挑戦失敗。チャーロ弟までまさかの陥落。さて、兄貴は?。
なんて日だ!になってますね。

  • [587805]  2018.12.23
  •  トクメイ #DUR24XiI

UD勝ちなのに

関係者・ファン ハリソン勝利にブーイング

  • [587806]  2018.12.23
  •  kaiキャノン #-

No title

119-108(!?)、116-114×2の3-0でチャーロ兄防衛。うーん…

  • [587807]  2018.12.23
  •  名乗れない人 #-

まさかの

ダブルリマッチとか?笑

  • [587809]  2018.12.23
  •  kaiキャノン #-

No title

チャーロ弟まさかの判定負けですか、ただ判定がコールされた時に会場からは大きなブーイングが有ったそうなのでそれを考えるとダイレクトリマッチになる可能性もあり得そうですね。

それとチャーロ兄は3-0判定勝ちで防衛に成功したそうです、しかし今日の試合内容だとカネロと戦っても厳しそうな感じがしてしまいますね、

まあカネロにとっては勝機が大いに有ると見て乗り気になるかもしれませんがね。

  • [587810]  2018.12.23
  •  名乗れない人 #-

No title

好試合で大差とか出ちゃうのを見ると、兄弟両方敗戦はまずいので、兄の試合は周りが色々仕込みましたかねえ……

  • [587811]  2018.12.23
  •  名乗れない人 #-

No title

チャーロ兄の試合最後3Rだけみれたけど、コロボフのいいタイミングの左をもらってましたね。最終ラウンドはコロボフをぐらつかせてあわやという場面をみせてくれましたが。これをみてカネロがチャーロとやるといってくれたらいいんだけど。

  • [587812]  2018.12.23
  •  カリメロ #-

チャーロ弟は4ポイントくらいしか落としてない?実況も中差でチャーロ弟と判断したみたい?
過去にハリソンはTKOで負けたとはいえハードの大逆転劇なわけで、実力はかなりありますね。素晴らしい選手です。
実力的にはチャーロお父さんハードと遜色ありませんね。

  • [587813]  2018.12.23
  •  名乗れない人 #-

No title

ジャッジ2人は116-112でしたが残る1人は119-108というおかしなスコアになってるみたいですね。

こういうジャッジを見るとラウンドマストシステムに限界が来てるのではと思ってしまいますね。

  • [587814]  2018.12.23
  •  名乗れない人 #-

ハード

うれしそう笑

  • [587815]  2018.12.23
  •  kaiキャノン #-

ウォーリントンのKO率が→また下がる(笑)

チャーロ弟って→イメージに反して?

ボクシング的に、ちょっと押しが弱い面もあるんですよね!?

圧倒的な火力よりは、繊細なテクニックに寄ってると言うか。


リバウンド★モンスターのジェイコブスが→チャーロ兄と舌戦やってた時も

ジェイコブスの方が、ガタイも態度もビッグで
Ψ(`◇´)Ψ
余裕綽々って、感じでしたからね~☆

  • [587816]  2018.12.23
  •  K8augPj6 #K8augPj6

あとのまつり

んもー  ハードがケガで弱気になってなかったら?
ジャーメルとの統一戦だったのにー

やっぱりグズってるとダメですね
ヘイモン、 ジグソ◯ゲーム行き!笑

  • [587819]  2018.12.23
  •  kaiキャノン #-

No title

判定勝ちだが、チャーロ兄の、拳論読者評価が下がったということで、気分良し・・・♪

  • [587820]  2018.12.23
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

No title

今のシーサケ相手に八重樫ですか?

う~ん、この試合かつて負けてるシーサケからしたら、リベンジに燃えてきますよね。

八重樫取り返しの付かないダメージを負わないか?心配ですけど、イオカズが勝ったら、リベンジマッチとしてイオカズとの再戦を組んだ方が盛り上がると思うんですけど、イオカズが日本での試合組めないから無理か。(苦笑)

この試合実現するなら、タクマンが王者になって指名挑戦者を迎える時にネリーが1位ならば、大橋会長海外防衛で受けるんじゃないですかね?

兄とのW世界戦実施でね。

  • [587822]  2018.12.23
  •  ハイロ67 #-

エンダム勝ったか!
こりゃァ村田、再起戦はぬるま湯マッチメイクしてる場合じゃねェぜ。

別にエンダムも今更第3戦なンて気はねェだろうが、ミドル級戦線で再浮上しようという気概と結果を見せてくれた。

村田も高級カマセを承知でやらねェと、時間も無ェだけに道は開けねェな。

あと、ロサレスの陥落は残念…。
減量苦か、それとも敵地の洗礼か…。

ただ、勝てば返上とか聞こえてただけに誰かがチャンピオンでいる方がやはりスッキリするぜ。試合が組まれずまた暫定なンざ御免だからなァ。

  • [587823]  2018.12.23
  •  浪速のドサ拳 #twQeBfzQ

関係ないけど、海外情報という事で、


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181223-00000016-jij_afp-spo


アドニス良かった

  • [587835]  2018.12.23
  •  名乗れない人 #-

チャーロ弟マジか

  • [587855]  2018.12.23
  •  名乗れない人 #-

No title

燃える男・ドサ拳さんも書かれているが、村田の来年の復帰戦は、ブラントでなければやる予定だったジェイソン・クイグリー(WBA11位、WBC7位)辺りにしてほしい。ノンタイトルでは危険だが、そこで負けるようでは、(ファンの1人として)諦める。

そういうことだ、御大(本田)!

尤も、期待を裏切り、ショボいマッチメイクでも、即ファンをやめるわけではないが(汗)


村田、左だ、左!

  • [587864]  2018.12.23
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

シーサケット戦

スティーブンソン何はともあれ目を覚まして良かったですね。

(コバレフとの試合が見たかったですけど無事が何よりです)

八重樫選手は・・・本当にシーサケット選ぶんですかね?? メリンドとの敗戦を見ると相手として危険すぎますし、万全でもシーサケットはかなり厳しいような・・・

ビジネス的には八重樫選手が負けて、敵討ちに比嘉、井岡という流れは利益がありそうですが、引退後の事も考えて健康でリングを降りて欲しいという気持ちがあります。

八重樫選手のコンディションが良ければ大激闘にはなりそうですね。

そうでなければシーサケには比嘉ゴンがロマゴンの敵とばかりに挑んで、勝者は・・・バンタム級でモンスター井上尚と中軽量級最強打者対決を実現して欲しい!

  • [587877]  2018.12.23
  •  名乗れない人 #M0Gv5u3s

No title

シーサケットはエストラーダとの指名試合も控えてますから八重樫にとっては勝つにせよ負けるにせよ厳しい試合になりそうですね。

もし八重樫が勝ったら長谷川みたいに即引退返上するかもしれませんね。

  • [587878]  2018.12.23
  •  名乗れない人 #-

コロボフⅡ

コロボフ大善戦だったみたいですね〜〜♪
次もチャンスに恵まれることを祈念しております!
チャーロ兄弟にとっては今日は厄日だったみたいですね⁈
バケモノのように強いと思われてましたが、今後は逆にオファーが増えそうです。
もともとボクシングには絶対はありません、番狂わせがあるから面白い!

  • [587880]  2018.12.23
  •  sugaアール #-

No title

へええ、チャーロ弟まで負けたんですか。
確かに番狂わせの宴って感じの日ですね。

なにい??
シーサケと八重樫だあ??
・・・・
いや大橋さんも八重樫も、本気でやりそうだからおっかないですけどね(怖

向井のパンチも結構被弾してた八重樫が、1発でもシーサケパンチをまともに食らったら・・・
なんか来年に向けて非常に緊迫感が高まりそうですが(憂慮

  • [587882]  2018.12.23
  •  宇弓 #LkZag.iM

No title

チャーロはアンドラーデもそうですが、適正はSウェルターではないかと、個人的に思っています。

ブラント、コロボフ、エンダムなどは、もともとはミドルよりも重い階級の体質で、そこでは勝てないのでミドルまで絞ってきたと。これにはジェイコブスも該当する。

推測です。そういう意味で、本来ウェルターのドーピング・おカネロは怪物?ということでしょう。

  • [587883]  2018.12.23
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

八重樫選手、以前にバラエティで顔が腫れる体質を改善するために、顔面の脂肪を整形するように高須クリニックのに院長勧められていましたが、実行したんですかね

  • [587884]  2018.12.23
  •  名乗れない人 #-

メキシカンヒーローお金ロ!

先日のロッキー戦予定通りの結果でしたが、カネロは身体が、アメリカンヒーローのハルク(緑色のムキムキマン)にいよいよ近づいてきました(笑)
このヒーローを退治できるのは誰か⁈私は本命は黒人スリック系だと思うので、まだチャーロ兄だと思いますが、村田選手、レミュー、ジェイコブスでも面白いかなとも思います。GGGもいますが、過去2戦以上の結果はないと思うので、他のマッチアップを期待したい!

  • [587887]  2018.12.23
  •  sugaアール #-

カネロの薬物を頭に置くと、技術論が隅に置いやられてしまいますが、やはりチャーロ兄弟はまだ、←ここ重要、まだカネロやゴロフキンの攻防技術には達してない感じがしますね。何か見てても一発はあるけど、攻めが単調淡白で、実力者とやると正直見てるのが退屈です。ただ一発があるので、カネロやゴロフキンにも勝てる可能性はあるとは思いますが。ただプロとして魅せるボクシングはカネロやゴロフキンの方が一枚上手ですね。

八重樫はどっちがオファーしたかわからんですけど、元々世界戦はすべて受けるつもりだったろうし、ましてやシーサケット、断わる理由ないんじゃないですかね。シーサケットもデビュー戦からどれだけ自分が強くなったか感じたいし、日本で試合する金銭的メリットもあるんでしょう。八重樫の正真正銘のラストファイト、相手は申し分なし。ラストファイト見届けます。勝ったら、辰吉、長谷川に並んで伝説になりますね。

発表は年始かな。

  • [587888]  2018.12.23
  •  名乗れない人 #-

シーサケット八重樫、ロマゴン、井上について語る

悔しいかなカネロは技術もあるんですよね。防御もうまい。ただ薬物を使った以上、それによる効果もあるでしょう。

八重樫選手は最後に悔いなく辞める方法としてロマゴンを倒したPFPに入るSフライで最強の男としてシーサケットを最後の相手にするというのはありそうですね。

シーサケットが前回の八重樫戦は

「八重樫との最初の試合は僕が地方から出てきてお金が無い時、日本でアルバイトしないかと言われてボクシング経験もムエタイ経験も無く来日して試合をした。そりゃ負けるよね。」
https://youtu.be/0M8h6zbCzCo?t=84

  • [587913]  2018.12.24
  •  クリーン #M0Gv5u3s

No title


そんな人日本に呼んで試合させちゃうんですかね・・・
日本やタイの選手管理はどうなっているんでしょうね。

あとロマゴン戦後に失恋のショックで寝込んでいるという話がありましたが、ただの失恋でなく、14年付き合った彼女に財産全てを持ち逃げされて銀行口座に300円とスポンサーから貰った車(前の車は取られた) そりゃ寝込みますわね^^;

マネージャーに他のジムに売られたとかも言われてますし、
ファイトマネーもアメリカでの試合でも相当なスターの試合でないと億はいかないですね。

一番身体を痛める選手から搾取するような仕組みがあるとしたらそこはもう変えて選手ファーストでいかないと。

知識や他の働き口が無い貧困層からの搾取が幅を利かせればブラックな業界としてスポーツとして認められなくなります。

  • [587915]  2018.12.24
  •  クリーン #M0Gv5u3s

No title

ロサレス負けましたか・・・やはり、敵地の洗礼のようなものなのか、減量苦なのか。確か、比嘉戦の時辺りから減量苦あったという話がありましたが・・・そうなると再起はS・フライ級に上げるのかな。王座がイギリスいくと本当にめんどくさいですし、挑戦しづらいだけにどうなるんでしょうかね。

八重樫のシーサッケ戦の話はどうなるんですかね。
もうかなり歴戦のダメージも残ってそうですし、シーサッケ相手に壊れないか少し心配ですよね。無理はしないでほしいし、自分の体と相談ですが、一方で現役であり、こんな大きなチャンスはないと思いますし、ファンとしては見てみたいですね。勝つ可能性は限りなく低いでしょうが、八重樫らしい激闘を期待したいです。

  • [587916]  2018.12.24
  •  光太郎 #-

No title

ロサレスに勝った新王者エドワーズの初防衛戦に関してはオプションやセルビーとの指名試合がどうなるのかによると思いますね。

まあいくらイギリスといってもフライ級やエドワーズ自体に人気がそこまで有るわけではないと思うので交渉次第ではマクドネルみたいに連れて来られるんじゃないんですかね?

  • [587934]  2018.12.24
  •  名乗れない人 #-

No title

元チャンプのサンダースの試合もあったが、誰も触れないよね(笑)
今後はSミドルだと想定するが・・・?

  • [587938]  2018.12.24
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

現地観戦してきました

思ったより、寒くなかったバークレイズセンターでした。会場は大入りで私の見た感じで、昨年3月のサーマン・ガルシア(これがこれまでの最多入場記録らしいです)には及ばないものの、今年の1月のスペンス・
ピーターソンよりよく入ってました。ほぼ満員です。
この日は前座から良い試合が多かったです。ミドル級の10回戦は
アンダードッグの17勝16敗のトッド・マヌエルが20勝4敗のブランドン
・クアレスを大いに苦しめました。キューバ選手のライト級の
ランス・バーテルミーも良い選手でした。
セミセミのヘビー級は双方ともスラっとした体格で、いい打ち合いでした。ドミニク・ブリ―ジールが地力の差で勝ちましたが、よいジャブを持ってますが、ワイルダー、ジョシュア、フューリーのトップ3と比べると、いかにも線が細いですね。
話題のチャーロ弟とハリソンの試合は、ハリソンがよいカウンターをたびたび決めてチャーロ弟を苦しめたのは認めますが、さすがにハリソンの勝ちはないと思いました。私の採点は10-10の回があるのですが、5ポイントチャーロ弟の勝ちでした。採点の発表直後は、ブーイングよりも、場内ビックリ!という感じでした。

メインはコボロフの体重が心配されてましたが、もともと168ポンドではなく、162ポンド契約のノンタイトル戦だったようで、短期間に落とせる範囲だったみたいです。
試合2日前の記者会見にも、入れてもらったのですが、チャーロ兄はコボロフがタイトル戦に出場してくれることに大いに感謝すると言ってました。コボロフもタイトル戦に出るようになったのは驚きだが、勝つのは自分だみたいなことを言ってました。
会見にはショーン・ポーターとレノックス・ルイスが来てましたので、話が出来ました。

試合はコボロフが前半うまく戦ったものの、中盤からチャーロ兄がスピードがまさり、右ストレートも良く当たるようになり、最終回は左フックで大きくぐらつかせましたが、コボロフも頑張りました。
私の採点は3ポイントチャーロの勝ちでした。
採点発表の最初が119-108と聞こえて、聞き間違いと思い、記者席に尋ねに行ったら、「いや、おかしな採点だが、君の聞き取りでいいよ」と憮然とした顔で言われました。

リングサイド席は、一般の人が切符を買えないゾーンがあるのですが、そこにはPBC傘下のジャレット・ハード、キース・サーマン、エロール・スペンス、ショーン・ポーター、デオンティ・ワイルダーらが来ていました。
スペンス、ハードとは通路で写真を撮ってもらいました。
サーマンは、じつはよく知っているのでゆっくり話ができましたが、
1月22日の試合に来てくれよ、と言われたので、またニューヨークに行くことにしました。

変な採点はありましたが、たのしい観戦でした。
ニューヨークのクリスマスもなかなか良かったですよ!

  • [588126]  2018.12.28
  •  いつも現地観戦します #-

現地観戦してきました

思ったより、寒くなかったバークレイズセンターでした。会場は大入りで私の見た感じで、昨年3月のサーマン・ガルシア(これがこれまでの最多入場記録らしいです)には及ばないものの、今年の1月のスペンス・
ピーターソンよりよく入ってました。ほぼ満員です。
この日は前座から良い試合が多かったです。ミドル級の10回戦は
アンダードッグの17勝16敗のトッド・マヌエルが20勝4敗のブランドン
・クアレスを大いに苦しめました。キューバ選手のライト級の
ランス・バーテルミーも良い選手でした。
セミセミのヘビー級は双方ともスラっとした体格で、いい打ち合いでした。ドミニク・ブリ―ジールが地力の差で勝ちましたが、よいジャブを持ってますが、ワイルダー、ジョシュア、フューリーのトップ3と比べると、いかにも線が細いですね。
話題のチャーロ弟とハリソンの試合は、ハリソンがよいカウンターをたびたび決めてチャーロ弟を苦しめたのは認めますが、さすがにハリソンの勝ちはないと思いました。私の採点は10-10の回があるのですが、5ポイントチャーロ弟の勝ちでした。採点の発表直後は、ブーイングよりも、場内ビックリ!という感じでした。

メインはコボロフの体重が心配されてましたが、もともと168ポンドではなく、162ポンド契約のノンタイトル戦だったようで、短期間に落とせる範囲だったみたいです。
試合2日前の記者会見にも、入れてもらったのですが、チャーロ兄はコボロフがタイトル戦に出場してくれることに大いに感謝すると言ってました。コボロフもタイトル戦に出るようになったのは驚きだが、勝つのは自分だみたいなことを言ってました。
会見にはショーン・ポーターとレノックス・ルイスが来てましたので、話が出来ました。

試合はコボロフが前半うまく戦ったものの、中盤からチャーロ兄がスピードがまさり、右ストレートも良く当たるようになり、最終回は左フックで大きくぐらつかせましたが、コボロフも頑張りました。
私の採点は3ポイントチャーロの勝ちでした。
採点発表の最初が119-108と聞こえて、聞き間違いと思い、記者席に尋ねに行ったら、「いや、おかしな採点だが、君の聞き取りでいいよ」と憮然とした顔で言われました。

リングサイド席は、一般の人が切符を買えないゾーンがあるのですが、そこにはPBC傘下のジャレット・ハード、キース・サーマン、エロール・スペンス、ショーン・ポーター、デオンティ・ワイルダーらが来ていました。
スペンス、ハードとは通路で写真を撮ってもらいました。
サーマンは、じつはよく知っているのでゆっくり話ができましたが、
1月22日の試合に来てくれよ、と言われたので、またニューヨークに行くことにしました。

変な採点はありましたが、たのしい観戦でした。
ニューヨークのクリスマスもなかなか良かったですよ!

  • [588127]  2018.12.28
  •  いつも現地観戦します #-

コメントの投稿

非公開

※コメント投稿者は、以下のガイドラインを了承したものとします。投稿内容に関しては投稿者の責任であり、投稿による第三者への不利益発生に、いかなる損害、問題も管理者が責任を負えるものではありません。投稿に関しては管理者が予告なく複製、転載、削除等の権限を無制限に有しますが、迷惑行為、運営方針に反するものについては発見次第、予告なく削除または、第3者への投稿記録の提出、警察への通報などをすることがあります。(NEWSIDER Tokyo)

チケットぴあ 
↑観戦チケットはこちら
楽天チケット







 この場所に広告掲載できます ⇒ お問い合わせ

CONTACT US

片岡亮(RYO KATAOKA)

Author:片岡亮(RYO KATAOKA)
記者チーム「NEWSIDER」主宰、在マレーシア・クアラルンプールのジャーナリスト。事件、芸能、スポーツ、国際情勢、裏社会、オカルト、ジャンルレスに取材しながら頻繁に日本と往復しています。

★仕事の相談、情報提供、広告掲載など、お気軽にご連絡ください。 ⇒ CONTACT US (E-MAIL)



片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」2006年より長期連載中

ボクシングチケットはこちら
チケットぴあ


※記事中の敬称略をご容赦下さい
※コメント投稿は「パスワード」入力で、なりすまし防止の識別コードが付きます。

※本ブログの広告からお買い物をされると、掲示商品でなくても当方に購入額の数%程度の収益があります。日々更新を続けますので皆様のご協力に感謝いたします。(管理人/藤堂香貴/NEWSIDER Tokyo)






BLOG

LINK

COMMENT

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
18位
[サブジャンルランキング]
格闘技
1位
アクセスランキングを見る>>

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/実話ナックルズ/紙の爆弾/サンデー毎日/EX大衆/FLASH/iRONNA/東洋経済オンライン/覚醒ナックルズ/FRIDAY/産経新聞/週刊大衆/週刊朝日/週刊文春/週刊新潮/データマックス/アサヒ芸能/テーミス/CIRCUS MAX/日刊サイゾー/週刊現代/東京新聞/読売新聞/実話ドキュメント/週刊ポスト/SPA!/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/婦人公論/不思議ナックルズ/MSNドニッチ/KEITAI BANDITS(バンディッツ)/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/J-CAST NEWS/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/LAPOO/スポーツライフ/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/バイキング(フジテレビ)/直撃LIVE グッディ!(フジテレビ)/ひるおび(TBS)/スッキリ!(日本テレビ)/サンデー・ジャポン(TBS)/サンデーLIVE!!(テレビ朝日)/新・情報7DAYSニュースキャスター(TBS)/めざましどようび(フジテレビ)/あさチャン!(TBS)、とくダネ!(フジテレビ)、NEWS ZERO(日本テレビ)/グッド!モーニング(テレビ朝日)/news every.(日本テレビ)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ /サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同)

WEB ANALYTICS


アクセス解析君

PASSWORD