カネロ「ベナビデスがやりたきゃ300億円を持ってこい」 5・4米

5・4米・ラスベガス「PBC」(AMAZONプライムPPV/DAZN PPV)
 ▼4団体世界Sミドル級タイトルマッチ 12回戦 
  王者・サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ) × WBC1位・ハイメ・ムンギア(メキシコ)

CANEMUNW8AIRMdX.jpg

 カネロは、WBC暫定王者のデビッド・ベナビデスと対戦するには「2億ドル(300億円)かかる」と事実上、不可能なことを言った。

 記者会見では、「いつも敬意を持って戦う選手を尊敬します。それは良い試合ができる自信のあればそうするからです。いろいろ言ってくる選手は、ビビッて試合しに来ている」と、挑発する選手に嫌悪感を見せた。また、ムンギアの共同プロモーターが、かつて喧嘩別れしたオスカー・デ・ラ・ホーヤ氏であることについても、「正直、ああいう人は好きじゃない。でも、ここは僕の土俵、(ムンギアの共同プロモーターで実際に交渉した)フェルナンド・ベルトラン、PBC、チームカネロだけが決めた試合なので」と、デラホーヤ氏が交渉に参加しなかったことを示した。そして、ベナビデスとの試合についてはこう語った。

「向こうが提示した金額は、僕が誰とやっても稼げるレベルの金額。つまり、何もないってこと。でも、プロモーター、お金を持っている人が来て、1億5千万ドルか2億ドルでどうか、といえばベナビデスと戦う唯一の理由になります。誰とも戦わなきゃいけないわけじゃない。ゴロフキンとやれ!と言われていたときを覚えていますか。あのときも同じ、そして僕はゴロフキンと戦って、次にカラム・スミス、ビリー・ジョー・サンダース、ケイレブ・プラントとやりましたよ。それでも十分ではないと言う。もう何も証明する必要はないんです。もうすべてをやり遂げたので」

 このあたりの傲慢に見えるところ、ファンは絶対支持をできるが、一定数のアンチもいるのはそこだろう。ファンは貪欲で、どれだけ勝っても「次」を求め、それがあるから選手は稼げるが、十分なセレブになってしまえば、ゴールに達しており、リスクを背負う必要もなくなってくる。

 ただ、ムンギア側のプロモーター、フェルナンド・ベルトラン氏は海外メディアで、カネロ側が珍しく「負けたら再戦」の契約で保険をかけていたことを明かした。カネロのマネージャー、エディ・レイノソ氏は最近のインタビューで、カネロが17年のフリオ・セサール・チャベスJr.戦以降、再戦契約はしていないと伝えていたが、今回は違うというのである。
「契約はスムーズで、唯一の条件が、ムンギアが勝った場合、もしくはドローだった場合の再戦契約でした。この試合は間違いなくメキシコのファンを二分するでしょう。たくさんの人がカネロのファンですが、そうでない人はこっちを応援するはず」
 カネロがメキシコ人選手と対戦するのは、まさに17年のチャベス戦以来。

 ムンギアは、カネロのライダー戦は、「あまり参考にならない」としている。「僕はたくさんのチャンスを活かしてきました。一生懸命にやってきて、ここに辿り着いたんです。自信あります。フレディ・ローチさんは素晴らしいトレーナーというだけでなく、素晴らしい人で、モチベーションを高めてくれるし、辛い練習を続けられるよう励ましてくれます。良い準備をして、みんなを驚かせられると信じてます。カネロはパワーと素晴らしいコンビネーションがある完璧なファイターで、体の使い方を知っています。実績と経験もあります。僕はPPVのメインは初めて。でも、リング上で状況が変わっても全力を尽くす準備はできています」(片岡亮)


 DAZNでもPPV購入できるというカネロの次戦、カネロは、「メキシコ人同士の試合といえばビッグマッチ、こういう試合は久しぶり。ムンギアのような選手にこういうチャンスを与えられるのも素晴らしいこと。2人のメキシコ人がスポーツ界でこれだけ大きなイベントをやれるのはとても嬉しいです」と語り、ムンギアは、「めちゃくちゃ幸せ、このチャンスにかなり熱くなってます。僕がすごいことを成し遂げられると世界に見せつけるのが待ちきれません」とコメント。(片岡亮)3/13

 カネロ×ムンギアは正式発表となったが、言われていた「カネロのPBC離脱」でDAZN中継ではなく、引き続きPBCでの興行のため、AMAZONプライムビデオでの配信になった。本来、PBCであればファンが期待するデビッド・ベナビデス戦があったが、決別した古巣のプロモーター、オスカー・デ・ラ・ホーヤとの再会になるムンギア戦を選んだ。そのためDAZNでも同時配信になる可能性もあるという。
 カネロは60勝(39KO)2敗2分、33歳。05年デビュー、WBCスーパーウェルター級6度防衛後、13年にフロイド・メイウェザーに判定負けも、WBCミドル級、WBOスーパーウェルター級を獲得、17年、3団体ミドル級王者だったゲンナジー・ゴロフキンと対戦、初戦はドローだったが翌年の再戦で勝利した。その後はWBAスーパーミドル級王者ロッキー・フィールディング、IBFミドル級王者ダニエル・ジェイコブス、WBOライトヘビー級王者セルゲイ・コバレフを下し4階級制覇。スーパーミドル級ではWBC王者カラム・スミス、WBO王者ビリー・ジョー・サンダース、IBF王者ケイレブ・プラントを連破して4団体統一に成功した。しかし、22年、WBAライトヘビー級王者のドミトリー・ビボルに判定負け。再起戦ではゴロフキンに接戦で判定防衛したが、試合後は拳の手術をした。昨年は、WBO暫定王者・ジョン・ライダーに大差判定勝ちの後、前回9月に2階級下のスーパーウェルター級統一王者のジャーメル・チャーロに判定勝ち、マッチメイクの批判を呼んだ。 
 ムンギアは43勝(34KO)、27歳。スーパーウェルター級ではWBO王座を獲得し、井上岳志らに5度防衛。19年に返上してミドル級に転向。WBAスーパーミドル級7位・ガブリエル・ロサド、WBO11位・ドミトリアス・バラード、WBO8位・ジミー・ケリーらに連勝していたが、WBOの指名戦、王者・ジャニベック・アリムハヌリへの挑戦は辞退。昨年はWBCミドル級3位のセルゲイ・デレビャンチェンコに接戦の判定勝ち。前回1月はカネロに敗れたライダーを9回TKOで下し、ターゲットをカネロ戦に置いていた。殿堂入りトレーナーのフレディ・ローチの指導を受けている。
 カネロ×ムンギアは、PPVで爆発的なセールスは期待できないが、チャーロやライダーとの試合同様、そこそこ売れれば十分稼げるというリスクを軽減した道を進む。前座には、ウェルター級のIBF王者、ジャロン・エニスの試合が組まれると見られている。(片岡亮)3/9




 否定していた試合が決まった。スーパーミドル級の統一王者、サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)は、5月4日のラスベガスで、WBC1位・WBO1位のハイメ・ムンギア(メキシコ)と対戦する。
 先日の会見で、カネロは「メキシコ人同士ではない」と否定していたが、中南米版のESPNでムンギア戦の決定が報じられた。カネロはPBCと3試合を契約し、前回9月にスーパーウェルター級の統一王者ジャーメル・チャーロに勝ったが、この試合でPBCを離脱した。PBCはカネロに3500万ドル(52億円)でムンギア戦をオファーしたという報道があったが、ムンギア側のDAZNがもっと大きなオファーをしていたようである。
 カネロは18年、DAZNと3.6億ドル、日本円で400億円を超える契約をしていたが、3試合を行なった後、カネロが契約内容をめぐっての不満から約300億円を求める訴訟を起こし、結果的には契約解除という決着になった。ただ、これは所属していたゴールデン・ボーイ・プロモーションズへの不満の方が大きかった。そのため、この後もマッチルーム・ボクシングを通じてDAZNでの単発的な試合契約を続けていた。それが昨年、PBCと3試合契約。ただ、PBCは昨年末で放送局のSHOWTIMEとのテレビ契約を失い、今年3月からAMAZONプライムビデオでの配信を決めている。PBCの放送形式の変更で、おそらくカネロの巨額報酬を出せなくなったのではないか。
 ムンギアは決別した古巣ゴールデン・ボーイの選手であるが、カネロの絶大な権力を見れば、ゴールデン・ボーイが興行の主催に大きく関与できない可能性はあるだろう。ただ、海外では、金が儲かるなら遺恨も消滅する傾向が強い。ちなみにカネロの相手は、WBO5位のエドガー・ベルランガも候補になっていたという。
 一点、ゴールデン・ボーイのオスカー・デ・ラ・ホーヤ氏は、この決定をインタビューで否定している。「カネロはすべての主導権を握っている、それが問題で、混乱を生み出しているんですよ。22年間、ボクシングのビジネスをしてきて、情報は何も信じられません。契約書のサインを見るまでは、何も信じられないんです」
 商売上は揺さぶりをかけられた方が良いだけに、まだ契約が終わっていないということだろうか。(片岡亮)2/27

コメント

コメント(32)  最新コメントへ  
[ 795839 ]  
結局、逆転でムンギアですか。
ベナビ弟の「暫定」は、繰り上げ持参の予定に。
一安心と思いきや、PBCジャーマルがSM級暫定要請したとしても
今度こそかなりの批判を浴びそうだから、大丈夫かなあ。
そして
デビモレ×ジャーマルの実現や、デビモレのDAZN系移籍は?。

もちろんムンギアが勝てば「新時代」の到来と共に
ムンギア×デビモレ指令でしょう。いやハーンPが好きなリマッチか?w。

kaiスタイガ  #-

2024/02/27 編集返信
[ 795840 ]  
なんかカネロさまの次戦の相手は、
チャーロ兄だのクロフォーだの、
いや下手すりゃクロフォーに負けてるエロスペ??だの、
色んな半笑いの怪情報が乱れ飛んでましたが(爆、

これまたえらく常識的な相手にまとまって、
ある意味カネロさまにとっても良かったんじゃなかろうかとか、
・・・だってそれこそ本当にエロスペだ??とやらかしてたら、
もはや世界中から、おカネロおカネロ☆言われてたんじゃないのかと(安爆

なんにせよこの試合って、
記念すべき井上ドームの前日ですか。
しかもその前日には、なんでも関西で西田とロッド黙認るみたいだしで、
いや~~、
ボクファンにとって実に豊かな黄金週間☆になりそうですが(満喫

宇弓  #LkZag.iM

2024/02/27 編集返信
[ 795847 ]  ライダーをストップしたのが効きましたかな?
ベナビデスは待ちきれずLヘビー級に上げるようですが、Sミドル級では比較的新参者のムンギアに決まるとは持ってますね!
ただ元々Sウェルター級であり、パワーではカネロが上回れるとレイノソセンサーが発動したんでしょうね!
ムンギアは打ち終わり空くのでそこを狙い撃ちされそうですが、まぁ若いムンギアに期待しましょう!

sugaアール  #o4trAv4o

2024/02/27 編集返信
[ 795856 ]  
カネロの相手はムンギアか、メキシカン同士なのでヒスパニック人口の多い州の都市で開催すれば黒字になるカードでは有りますね。

ただ下の階級から上げてきたムンギアだとカネロの有利は変わらなさそうなのでムンギアはどこまで粘れるかという試合になりそうですね。

B.B  #-

2024/02/27 編集返信
[ 795882 ]  
ベナビデスは上げないで下げ(笑)ないかな。伝統のミドル級が寂しい状況だし、WBO・IBF統一王者とやってもらいたい。その試合だったら見たいし、DAZNなら再再入会を考えるが(料金は高くなっているようだけど・汗)

山 マサ  #ziwa4Zsw

2024/02/27 編集返信
[ 797186 ]  
ムンギアてワールドの井上にも買ったよね
ムンギアの判定勝利で決まり

千葉茂雄  #-

2024/03/09 編集返信
[ 797297 ]  
プライム会員だと5/6の尚弥の試合は見られるけど、5/4(日本時間は5/5?)のこっちはPPVの値段がわからん(汗) 新作洋画の高いので1000円くらいだが、キングカネロではどうか・・・

山 マサ  #ziwa4Zsw

2024/03/11 編集返信
[ 797588 ]  かつての☆拳論さんは→カネロ賛美のコメントで。
あふれ返っていた印象でしたが

最近は?カネロのスレの
コメント数が(笑)!?

K8augPj6  #K8augPj6

2024/03/15 編集返信
[ 797591 ]  最強を追い求める姿
を誰にも分る形で見せてない所が、それをやってる井上尚弥と違って世界的(拳論含む笑)にもカネロが昔ほど関心を持たれてない原因の一つかなと…。
ベナビデスやモレルとの戦いを避けている姿はやはりいただけませんな!
それでも年間約100億円稼ぐのですから、チームカネロのビジネスとしての判断は正解なのでしょうね(笑)

sugaアール  #o4trAv4o

2024/03/15 編集返信
[ 797988 ]  日本ではDAZNかな?
それともエキサイトマッチが井上尚弥東京ドーム公演の前夜祭的予算取りの稟議を通し、放映権獲得なるか?!今回は分散型PPVだけに帝拳プロモーションも交渉しやすいのでは?と妄想しますが、もしかしたらU−NEXTの方に回す可能性もあるカモ。
ムンギアのライダー戦に使ったガードのインサイドを打ち抜く右ストレート良かったので、これ当たれば面白い試合にはなると思いますが、ムンギアやはり打たせるボクサーなのでそこはカネロ見逃さないでしょうな!ただムンギアがカネロのパンチを貰ってもケロッとして打ち返すようであれば、後半落ちるカネロに対して若いムンギアに後半チャンスが来そうな気もしますが…。取り敢えずムンギア推しで(笑)

sugaアール  #o4trAv4o

2024/03/20 編集返信
[ 798023 ]  
ムンギアは若いし、キングカネロが保険をかける気はわかる(笑)
でも5/4にスーパースターの世代交代が起るとは現時点で予想できないが・・・

山 マサ  #ziwa4Zsw

2024/03/20 編集返信
[ 798030 ]  
へー、カネロさまってば、
チャベ息子戦以降に、再戦契約とか一切やってなかったんですか??
ゴロさん戦とか、バッチリ再戦契約付きでやってたもんかと思ってましたが。

だってLヘビーで、平気でコバレフだビボルだとかとやってたのに再戦契約無かったの??
ならば、わざわざムンギア相手に負けた時の保険??
なんて弱気になって付ける必要もない気がしますが(悶爆、

何なんですかね??
逆にコバレフやビボルには負けても、
いや~、まあ相手デカかったし☆って言ってればいいのかもだけど、
下から来たムンギアに、もし負けちゃったらさすがにカッコがつかないから、
速攻で再戦して取り返せるべく、キッチリ保険を打っているのだろうかとか(忖度笑

宇弓  #LkZag.iM

2024/03/21 編集返信
[ 798041 ]  
こう言うのが幅を利かして支持を集めてしまうってのが、つくづくメキシコ国民の知性ってのはアレなんだなと思う
日本でも井上だけを応援するようなレベルは居るけど。

ユーラドネア  #-

2024/03/21 編集返信
[ 798042 ]  
カネロ岩盤支持層にアピールしたいのだろうが、しかし、アンチを勢いづかせる。

このような極端な言動や行動を続けていけば、取りもなおさずベナビデスへの後方支援になってしまう。

たま呼ばい与太郎  #-

2024/03/21 編集返信
[ 798043 ]  
人柄はみんな大っ嫌いだよねこいつのこと。
実力はあるけど。

マカロニ首相  #-

2024/03/21 編集返信
[ 798044 ]  
強い相手と弱い相手、同じ報酬なら弱い相手を選ぶ
カネロの言っている事はこういう事ですよね。
ここまでは理解できます。ビジネスですからね。

しかしカネロはいつも俺は全てを証明してきた、もう何も証明するものはないと言います。
証明するものがないのであればもう引退すればいいんです。
もしくは、証明するものはないとかイチイチ言わなくていいんです。

いつからボクシングは、ファンが見たいカードは実現しない、
実現したとしても権力のある側があきらかに有利なタイミングでしかやらない事が当たり前になったんでしょうか。残念でなりません。

あい  #-

2024/03/21 編集返信
[ 798045 ]  
ゴロフキンとは2016年前半までにやってほしかったなぁ。いや、やるべきだったと言うべきか。キャッチウエイトでコットに判定勝ち位ではゴロフキンとやる自信がなかったんだろうな。2016年にやったのはカーン、スミス。スミスに至ってはスーパーウェルター級。そして、2017年5月はチャベスJr.と調整試合をやるなどしてゴロフキンの劣化を待った。
それでも、スーパーミドル級でサンダースやIBF王者(名前忘れた)をKOしたのは凄いと思う。だから尚更、ベナビデスやモレルを明らかに避けているのは残念に思う。

9勝1敗  #LJx2DU6o

2024/03/21 編集返信
[ 798047 ]  メイウェザーが→よく言う。
「オレ様と違うルールでやりたきゃ→〇〇〇億円持って来い!」と
同義語と言うか(笑)!?

そして、総合格闘家やキックボクサーが、メイの肥やしになると、、、

他にも→ヘビー級のサウジでのタイトルマッチ、井上の豪州招聘、etc、etc

K8augPj6  #K8augPj6

2024/03/21 編集返信
[ 798048 ]  
ベナピデスが“暫定”から抜け出したくてもスライマンは多分何もしてくれないだろう。だったらIBFへの転籍をお勧めしたい(笑) IBFの上位と闘い、うまく1位になれたら、IBFは強権(入札)を発動してくれる。あくまで多分だが・・・

山 マサ  #ziwa4Zsw

2024/03/21 編集返信
[ 798049 ]  
DAZNで記者会見デイレイ配信中。
日本のライブはDAZNで決定でしょう。

DAZNで、
PBCマークのインタビュー台やジミーレノンリンアナ等
日本においてはシュールさが目立つ中、
スレの会見内容通り
お互い確執が解消されてないカネロとオスカーP。
かつての稼ぎ頭に、刺客で、
呆れるほど待ち続けたムンギアを送る!。

SM級↓
カネロ×WBCWBO1位ムンギア
ベナビ弟→一旦LH級へ。デビモレ未定。
WBA1位ベルランガ未定。
IBF全勝同士1位×2位も無ければ、カネロへの指名戦もインチキ放棄。

kaiスタイガ  #-

2024/03/21 編集返信
[ 798050 ]  
カネロは、ディフェンスの神様メイに完敗したことが、人生の転機になったのかな。
今やすっかり、見ていて退屈なボクサーになってしまいました。

アレレ  #-

2024/03/21 編集返信
[ 798051 ]  
ベナビ弟×グボジーグ予定や
IBFインチキを知ってたら
「多分」だとしても、ベナビ弟のIBF狙いとか書かなかったでしょう。
念の為。

kaiスタイガ  #-

2024/03/21 編集返信
[ 798058 ]  150Mから200M米ドル!?
オイルマネーでも難しそうな金額ですし、カネロVSベナビデスにはアラブの王族はあんまり興味もなさそうデス!?
ベナビデスとやれというファンの声は聞こえてきてるようで、それが判ったのは個人的には良かった!
冗談?でも金出せばベナビデスとやると発言するところが、現在実質P4PKINGの井上尚弥と違うところですね。金ではなくそのクラスで最強を証明しようという姿勢の違い。
誰が見てもそのクラスで最強を目指せ無いなら、階級を上げることが無いのは少し残念なところですが、それがモンスターの美学なのでしょう。よって井上尚弥がフェザー級に上がる事を宣言した瞬間に、個人的には激アツモードに突入しますね(笑)

sugaアール  #o4trAv4o

2024/03/21 編集返信
[ 798060 ]  
・・・んまあベナビデとやるなら300億よこせ☆
とか言ってる時点で、
死んでもべナビデとはやらん!!って確固たる意志は感じますが⦅爆、
だってなんでムンギアとかライダーと違って、べナビデにはそんなにべら棒な額を要求すんの??
って話では、
・・・要するに、今べナビデとやったらどうなるのかってのが、
自分でも良く分かってらっしゃると言う事なんじゃなかろうかと(忖度悶

でもムンギアだって、普通にSミドルのトップランカーなんだし、
まあ指名試合??
って感じでやるんならば、それはそれで文句言われるような話でもないし、
何しろメヒコのレジェンドのカネロさまと、メヒコの若きエース候補のムンギアなんて、
メヒカンのお客さんにとっては超萌えなんでは??

それこそ日本で、井上と中谷潤がやるようなもんで、
私ら日本人はすげー!!って盛り上がっても、
海外から見たら、
え??・・・うん、まあナカタニってのはいいボクサーなんだろうけど、イヌーエに比べてそんななの??
って反応になるのと同じく、
私らのカネロさまvsムンギア戦の反応に近いのやもですが(萬笑

・・・・いや、
カネロさまとムンギアならば、メヒコの一般客も国を挙げて大盛り上がりかもですが、
井上と中谷潤がやっても、
井上は日本人みんな知ってても、現状の一般知名度の中谷潤ってことに関しては、
相手が井岡選手とかならともかく、ボクファン以外の世間さまに対する訴求力は、
そんなに日本国全体で大盛り上がり☆ってほどにはならないやもですが(悶爆

宇弓  #LkZag.iM

2024/03/21 編集返信
[ 798061 ]  ベナビデスには何故か逃げ腰
ファイトマネーが他と同額ならやらないというのは理解出来ますが、

カネロが証明すべき事と言うならば、何年も前からカネロが負けるのでは? とも言われている、ベナビデスとの対戦こそが、必要とされている証明だと思うんですけどね。

金額の交渉か自信がないのか、ベナビデスと関わりたくない何か理由があるのかな。

本当の強さって何ですか  #-

2024/03/21 編集返信
[ 798062 ]  カネロセンサー
カネロ陣営の相手に勝てるかどうかを見抜く眼力はかなりのものなので、普通にベナビデス相手だと分が悪いと理解してるから、対戦に後ろ向きなのでしょう。

カネロはどうせ対戦するなら、年齢的にも早い方が有利だと思うけど。

本当の強さって何ですか  #-

2024/03/21 編集返信
[ 798075 ]  
>DAZN日本(予定)

スレによればエニス×クロウリー?がDAZNに来たり、
PBCリングを、DAZNが配信もシュールさがあっていいw。

kaiスタイガ  #-

2024/03/21 編集返信
[ 798078 ]  
ベナピデスが階級を上げてもライトヘビーも4団体統一戦があり、ここも狭き門だよな・・・
上にも書いたが、個人的にはミドル級のアリムとやってもらいたい。是非見たいと思うが、本人はその気はないんだろうね(汗)

山 マサ  #ziwa4Zsw

2024/03/21 編集返信
[ 798110 ]  もう証明したから、ファンが望む相手と対戦しないはウンザリ
以前はベナビデスがまだそこまでの選手じゃないから対戦しないと言ってた気がするのですが…

ベナビが実績を積み上げたら、もう私は証明したから対戦する必要がないと。対戦を拒否。

カネロがすべきことといえば、ベナビデスとの対戦と、チャーロ、クロフォードが勝てると言ってるならパウンドフォーパウンドのクロフォード、あとはできるならモレルやベテルビエフ、それをしたらもう引退でいいです。

本当の強さって何ですか  #-

2024/03/22 編集返信
[ 798113 ]  
IBFはインチキで指名戦放棄、
WBCは正暫戦ほったらかし・・・
カネロがやらないなら剥奪だろ!
インチキどもが。

kaiスタイガ  #-

2024/03/22 編集返信
[ 798285 ]  
200億ドルをふっかけるのは情けないというか呆れてしまいますね。

カネロのせいでミドル級とSミドル級が停滞してるような物で本当にどうにかならないものかと思ってしまいますね。

B.B  #-

2024/03/24 編集返信
[ 799929 ]  エキサイトマッチ!?
DAZNの試合中にはこの試合の告知頻繁にしてますが、煽り画像が張り付いて無いのでもしかしたら日本ではDAZNではないのかもしれませんね!U−NEXTかエキサイトマッチか、或いは翌日の東京ドームの番宣兼ねAmazonprimeでやっちゃう選択もアリかな(笑)

sugaアール  #o4trAv4o

2024/04/11 編集返信
なかよくコメント投稿
非公開コメント

 
※「パスワード」入力で、なりすまし防止の識別コードが付きます。

※コメント欄は多様な意見を友好的に交わす場にご協力お願いします。投稿者は「投稿内容に責任を持ち、第三者への不利益を管理者に損害責任を負わせない。管理者に複製、転載、削除等の権限を与え、迷惑行為、運営方針に反するものに予告なく第三者への記録情報開示を認める」ことを了承したものとします。執拗な迷惑行為は「電子計算機損壊等業務妨害罪」として刑事対応します。 ※「さ」など複数のHNで軽量級選手を「奇形」などと書いている悪質な荒らしは削除していきますが投稿記録は保存。こうした悪質投稿は回数が多ければ警察に運営妨害の届出を出しています。先日、開示請求により一部の投稿者が聴取を受けました。規制の巻き添えで一時的にコメントできない場合は、メールフォームに投稿を受け付けます。ご迷惑をおかけします。



※広告掲載できます。

※当日記サイトの掲載記事の著作権は「片岡亮」および「NEWSIDER」に帰属します。改正著作権法(有罪なら2年以下の懲役か200万円以下の罰金)により、量を問わず無断での複製、転載、頒布等を禁じます。一部引用も「必然性」および「主の提示に対して従の範疇と認められる必要最小限の範囲内」で「出所の明示」が満たされない場合、無断転載となります。記事は執筆者個人の主観的な感想、表現の自由に基づいて掲載、内容について事実の保証を完全にするものではありません。問題が生じる場合は、メールフォームより該当の投稿(日時/URL)、依頼内容および理由をご連絡下さい。(NEWSIDER Tokyo)

CONTACT US

片岡亮(拳論)

Author:片岡亮(拳論)
< GEN-RON > 記者チーム「NEWSIDER」主宰、日本とマレーシアに拠点を持つジャーナリスト。事件、芸能、スポーツ、国際情勢、裏社会、オカルトなど取材しながら頻繁に両国を往復中。

★仕事の相談、情報提供、広告掲載など、お気軽にご連絡ください。 ⇒ CONTACT US (E-MAIL)
RYO KATAOKA Twitter

片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」2006年より長期連載中



※記事中の敬称略をご容赦下さい。本ブログの広告からのお買い物で、掲示商品でなくても数%の収益があり、運営費にできます。日々更新を続けられること、感謝申し上げます。管理者・藤堂香貴/ハイセーヤスダ

DAZN 3カ月プリペイド

限定版(月刊拳論!)

月刊マガブロ価格:¥ 170

紹介文:「限定版」こと「月刊拳論!~誰も書かないボクシング・格闘技界の裏話」は、毎月、タブーなき記事と、国内外の主要興行を常時更新したスケジュール「試合予定」のセットになっています。コメント欄も購読者のみ投稿、閲覧ができます。他では読めないディープな話に興味ある方が、ぜひご覧になってください。
(試合予定は月末の更新終了後に非公開となります。購入者情報は、筆者側は一切、見ることはできません)
 ※決済ができない方は、NOTE(https://note.com/genroncat/)でも読めます。

マガブロ記事一覧

  

NOTEでも読めます!

POSTS

SEARCH

COMMENTS

<>+-

CATEGORIES

RANKING

[ジャンルランキング] スポーツ
9位

[サブジャンルランキング] 格闘技
1位

人気ボクシングブログ

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/現代ビジネス/紙の爆弾/EX大衆/FLASH/週刊新潮/産経新聞/弁護士JPニュース/サンデー毎日/iRONNA/実話ナックルズ/トカナ/FRIDAY/週刊大衆/週刊朝日/週刊文春/日刊サイゾー/東京新聞/週刊ポスト/テーミス/CIRCUS MAX/週刊現代/読売新聞/東洋経済オンライン/覚醒ナックルズ/アサヒ芸能/実話ドキュメント/SPA!/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/婦人公論/不思議ナックルズ/MSNドニッチ/KEITAI BANDITS(バンディッツ)/データマックス/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/J-CAST NEWS/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/LAPOO/スポーツライフ/THE STAR/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana/新生活報/JAPAN TIMES 他(順不同)
出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/バイキング(フジテレビ)/直撃LIVE グッディ!(フジテレビ)/ひるおび(TBS)/スッキリ!(日本テレビ)/サンデー・ジャポン(TBS)/サンデーLIVE!!(テレビ朝日)/新・情報7DAYSニュースキャスター(TBS)/めざましどようび(フジテレビ)/あさチャン!(TBS)、とくダネ!(フジテレビ)、NEWS ZERO(日本テレビ)/グッド!モーニング(テレビ朝日)/news every.(日本テレビ)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ /サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同) 片岡優香 中古自動車 ホームページの作り方