拓真への挑戦者決定戦、バルガスが勝利!

2・24米・オーランド(DAZN)
 ▼12回戦
  WBO・Sミドル級4位・エドガー・ベルランガ(米国) 6回KO WBA3位・パドレイグ・マクローリー(アイルランド)
 ▼IBFインターナショナル・ライト級タイトルマッチ 10回戦
  王者・アンディ・クルス(キューバ) 3-0 ブライアン・サマリパ(メキシコ)
   ※3者とも100-90
 ▼WBA世界ウェルター級挑戦者決定戦 12回戦 
  1位・シャクラム・ギヤソフ(ウズベキスタン) 11回負傷判定3-0 6位・パブロ・セサール・カノ(メキシコ)
   ※109-99、109-99、109-99
 ▼WBA世界バンタム級挑戦者決定戦 12回戦
  2位・アントニオ・バルガス(米国) 7回終了TKO 4位・ジョナサン・ロドリゲス(米国)

240224DA32.jpg
 メイン、マイケル・コンランもセコンドに就いたアイルランド陣営には応援団が来ていたが、それでも大きなブーイングに包まれた。打倒カネロを目指す人気のベルランガ、相手の先手にバックステップで見て、ゆっくりスタート。4回、圧力をかけるとマクローリーが手を出しにくくなり、相打ちフックはあったが威力はベルランガが上。手は多くなくとも攻めモードになり、6回、右ストレート連打で追い込んで、反撃した相手にカウンターの右フックでダウンを奪い、タオル投入で終わった。
 完勝に近いが、ゆったりした試合運びと、強引な詰め方を見ると、カネロ相手に番狂わせが期待できるほどの精度には届いていない印象もある。フィジカルに頼らない技術も高めたいところ。
Giyasov.jpg
 ウェルター級挑戦者決定戦は決着が負傷判定だったが、内容はワンサイド。攻めるカノをさばきながらのボディなど、ディフェンシブなスタイルを貫いた。カノは諦めずに手を出していたが勝機はつかめないまま、11回の終わり際、クリンチで押されて転倒、かかとを痛めて続行できなかった。ギヤソフは勝ったが面白味のないファイトだった。
240224DAntonioVargasA08.jpg
 バンタム級挑戦者決定戦は、バルガスがまだ動きの堅さがあった初回終了間際に右オーバーハンドをもらってダウン。2回には強引なラッシュを仕掛けてダウンを奪い返したが、止めた後の加撃で減点2の厳しい措置。この時点でロドリゲスは顔が腫れていた。7回にもバルガスが左フックでダウン追加、そのダメージから相手陣営がラウンド終了後に棄権した。(片岡亮)
 
ベルランガ 「相手はタフで無敗、俺と同じようにどん底から這い上がってきた。あらゆるファイターが俺を倒そうとやってくるのは分かっている。競争が激しくなっているので、キャンプでもかなりの準備をした。このレベルでは何でも起こる可能性がある。だから相手を甘く見ていない。いまはカネロやムンギアのことは気にしない。俺の無敗を奪おうとしているのは、この男だ。俺もスラム街の出身で、プロになったとき契約が取れなくて最初の3試合はメキシコでした。でも、同じプエルトリコ人はアマンダ・セラノが、アイルランド人のケイティ・テイラーと会場を超満員にした。アイルランドの選手に敬意を持つよ」

マクローリー 「キャリア最大の試合に向けて練習してきました。35歳なのに、たった18試合しかやっていないことを疑問に持たれます。プロボクシングを始めたのが29歳で、新型コロナウイルスもあったんです。でも、そこからハードにやってきました。大事なのは僕が自分を信じていることです。相手はかなり強いスターで、イベントの主役。僕はただの対戦相手で、誰も期待していません。でも、僕はこの試合に勝つために必要なものを持っていると思います。戦略を綿密に作ってきたので、プランA、B、Cのどれでもやれます」

プロモーターのエディ・ハーン氏 「カネロ・アルバレスには現時点で5月4日の対戦相手がいないので、この試合でベルランガの名前を見せつけるつもりです。そして、マクローリーはそれを止めようとしています」

ギヤソフ 「世界タイトル戦まであと一歩。ボクシングが大好きなので、ファンのために良い試合を見せたいです。相手はパワーっがありますが、僕の方が速く、賢く、準備ができています」
カノ 「炎の中から飛び上がる不死鳥のように復活します。激闘も大好き、これ試合が主役になるかもしれないと思っています」
バルガス 「過去の敗戦が間違いなく僕を成長させました。そこから多くのことを学びました。ハングリーなトップファイターとしてスキルを披露したい」
ロドリゲス 「世界チャンピオンへのステップ、全力を尽くします。ヤファイ戦が自信になったので、やるべきことをやります」

nsh1285agm.jpg

 ベルランガ前座は、2つの挑戦者決定戦が入った。
 クロフォードが王座統一したウェルター級、WBAはエイマンタス・スタニオニスが2番目王座を保持している。ギヤソフはリオ五輪銀メダリスト、14勝(9KO)無敗の30歳。アメリカでデビューして前回、昨年6月の無敗ハロルド・カルデロンに勝った試合も、一応は「挑戦者決定戦」の名目だった。
 相手カノは、06年デビューのベテラン34歳。35勝(25KO)8敗1分、12年にスーパーライト級でWBA暫定王座を獲得したが、翌戦でウェルター級のWBA王者ポール・マリナッジに敗北。黒星もいくつかあったが、19年、ホルヘ・リナレスに初回TKO勝ちの金星があった。その後は3勝1敗。
 バンタム級は石田匠が指名挑戦者だが、その下でも挑戦権が争われる。バルガスはリオ五輪出場後にプロ入り、17勝(9KO)1敗の27歳。19年の8回戦でメキシカンに初回KO負けがあったが、その後は堅実な7連勝。前回10月はフライ級の元世界王者エルナン・マルケスに大差で勝った。
 相手のロドリゲスは17勝(7KO)1敗1分、24歳のプエルトリカン。20年に6回戦で無敗選手相手に敗北したことがある。前回11月、元世界王者カリード・ヤファイを初回KOで下して世界ランクに入った。(片岡亮)1/6

 ハイメ・ムンギアとの試合交渉がある無敗ベルランガは、次戦2月に無敗の世界3位マクローリーとの対戦が決まった。
 21勝(16KO)無敗のベルランガは、16年にアマから転向の26歳。デビュー16連続KOの後、対戦相手の質が上がって5試合連続、判定決着だが、前回6月の試合はトップランクからマッチルームに移籍しての初戦で、元世界ランカーのジェイソン・クイグリーにダウンを奪って大差勝利。目指すカネロ・アルバレスとの試合を言うには不足が見られるが、期待が高い選手。
 相手のマクローリーは18勝(9KO)の35歳。こちらもアマから17年にデビューし、無敗街道。あまり目立てていないが、昨年、IBOライトヘビー級王座を獲得したことがある。階級はスーパーミドルに戻し、前回8月は主戦場イギリスでのメインイベントで、18勝1敗1分の相手に判定勝利。(片岡亮)12/18

コメント

コメント(23)  最新コメントへ  
[ 794808 ]  
・・・だから井上拓への挑決戦ったって、もうすでに石田匠がスタンバってるんだっての(渋滞祭

だってそもそもが井上拓はソリスとは決定戦だったわけで、決定戦王者は次は指名試合やんないといけないはずなのに、
なんでか勝手に選択試合でアンカ選んで、おまけにケガで延期とかでと(悶爆、

たとえアンカに勝っても当然次は石田匠とやるべきで、
おまけにモンスター杯優勝の堤聖には世界戦確約!!って話だったはずですが、
大橋ジムが堤聖に用意できる世界戦なんて井上拓しかないでしょって話で、なら井上拓は石田匠に堤聖で1年くらいかかるわけで、
この挑決戦に勝った方なんていつ挑戦なんてできるのやらで、

・・・だから、
この昨今の”挑決戦公害”って言うんですか??
もう全団体とも王者にぜ~んぜんルール通りに指名指令なんて出しやしないまんまで、
その場しのぎで挑決戦ばっかやらせちゃ放ったらかしと、

そら各団体がこんな体たらくである以上は、第2王者だ暫定がおかしいだなんだ言ってたって、
必要悪ならぬ必要善☆として、
自然の摂理として産まれるものは産まれちゃうのは当然でしょって話で(自明理祭

いや冗談じゃなく、
井上拓がアンカに勝ったとして、WBAが速やかに期限決めて次戦で石田匠とやらせないんならば、
もう石田匠と堤聖で、第二王者決定戦☆とかちゃっちゃとやらせたげて欲しいくらいですが(緩爆

宇弓  #LkZag.iM

2024/02/20 編集返信
[ 794830 ]  
堤聖也は精神面的に世界戦が出来る状態じゃないでしょう。

心の傷がどれだけの物かが分かりませんし、カウンセリングや精神科にかかって暫くは休んだ方がまだ良いと思いますからね。

B.B  #-

2024/02/20 編集返信
[ 795143 ]  
日本時間25日は
DAZNライブが2つ重なって計3つ。ゲンナリ・・・。
「見なけりゃええやん」←見るわ!お金払ってるからw。

kaiスタイガ  #-

2024/02/24 編集返信
[ 795676 ]  
1R
ロドリゲスが
オーバー右でダウン奪う。

kaiスタイガ  #-

2024/02/25 編集返信
[ 795677 ]  
2R
バルガスが連打でダウン奪ってお返し!

kaiスタイガ  #-

2024/02/25 編集返信
[ 795680 ]  
3、4R
ロドも反撃だが
打ち合いはバルガス有利。

kaiスタイガ  #-

2024/02/25 編集返信
[ 795681 ]  
8R
バルガスがノーモーション、
左、右連打でロドを倒す。
なんとか立ったが 9R前にノマス。
バルガス、なんちゃってOCにw。

kaiスタイガ  #-

2024/02/25 編集返信
[ 795683 ]  2Rは減点?
バルガス2Rに2ポイント減点?
現地採点8-8になってたような…

なおと  #-

2024/02/25 編集返信
[ 795688 ]  
3R
1位ギャソフ
アッパーボディでダウン奪う。カノ、ピース吐いてコーナーへ。
ノマスかと思ったらレフリー続行OK・・・。

kaiスタイガ  #-

2024/02/25 編集返信
[ 795693 ]  
9R
ギャソフ油断したか
カノとのもみ合いでパンチ受けて手を付けるダウン。

kaiスタイガ  #-

2024/02/25 編集返信
[ 795696 ]  
WBA1位全勝ギャソフ UD勝ち。
1位だから挑決関係なしw。

kaiスタイガ  #-

2024/02/25 編集返信
[ 795702 ]  
アンデクル、
危なげなくUD勝ち。

kaiスタイガ  #-

2024/02/25 編集返信
[ 795709 ]  
ベルランガKO勝ち。マクローリーは勝つつもりで積極的に手を出してましたが、ベルランガは序盤は様子見って感じ。徐々にペースを上げてパンチのタイミングもマクローリーより上で、ボディーも効かせてた。最後は消耗し始めてきたマクローリーがロープ際で右アッパーを打つと同時にベルランガの右フックがヒット。2度目も同じアッパーX右フックでマクローリーうつ伏せダウンでタオル。しかしタオル投げ込みって禁止だったような。サンチx中谷もタオルでしたね。ベルランガはパンチ力もあるしそれなりにうまいけど、カネロとはテクニックのレベルに差があるような。それは経験の差のような気もする。

カリメロ  #-

2024/02/25 編集返信
[ 795710 ]  
昨日の余韻で廃人の様な目で観戦しましたが、ベルランガ豪快なKO勝利🥊荒々しさもクレバーさもありいい内容でしたね。ベナビデは階級上げるようなので、Sミドル戦線カネロの次戦は?

バルカセル坂上  #-

2024/02/25 編集返信
[ 795712 ]  
1Rボーイの面影なしスタミナ↑ベルランガ
6R
2度に渡る素晴らしいカウンター右フックで
マクロをマットにはわし、タオル投入!

kaiスタイガ  #-

2024/02/25 編集返信
[ 795716 ]  
ギャソフは11R終了後
カノの捻挫棄権後、判定勝ちでした。失礼。

kaiスタイガ  #-

2024/02/25 編集返信
[ 795722 ]  
アントニオ・バルガス、拓真への挑戦権獲得。
あのパンチ力は脅威ですが、撃たれ脆い、ジャブ無い、接近戦しかできないなど穴も多いので
拓真なら安定の判定勝ちでしょう。撃ち合っちゃダメですが。

浜田ファン  #-

2024/02/25 編集返信
[ 795773 ]  やっと見ました
土曜日あれだけのボクシング情報量が体に入ったので、バルカセルさん同様にボクシング的廃人?の様になりなかなか見る気がしませんでしたが、皆さんタフですね(笑)
上でも書かれてるように、アントニオ・バルガス選手は攻撃に特化したボクサーでこの試合もプエルトリコのロドリゲスの右オーバーハンドで1R痛烈にダウンしたように、防御は二の次で上等!の選手ですね。その攻撃力がハマる相手には圧勝しそうですが、今日のロドリゲスも空いたときにカウンター狙ってましたが、貰わずにそれされたらバルガスそんなに打たれ強くもなさそうなので、逆に倒されることもある選手だと思いました。
ベラルンガは連続KOしてた頃と比べるとかなり慎重な出だしでしたが、攻撃の勘はやはり持ってますね。Sミドル級で目立つのは大変ですが、DAZNなら試合枯れすることはなさそうなので地道に実力を付けるしかなさそうです。
リナレスとやったカノまだ現役を続けてたんですね、こんなデカい相手とリナレスはよく戦う気になったものですな!

sugaアール  #o4trAv4o

2024/02/26 編集返信
[ 795783 ]  
おっと、村田ごときのコメントを投稿してる場合じゃなかった。
大橋が5.6とされている東京ドーム興行での拓真出場を明言したようです。
セミが拓真でメインが尚弥となると陣営とくに真吾トレーナーがたいへん(WBSS決勝はそうでしたが)でしょうし、ビッグな興行だけに間に世界戦を組むと予想しています。
中谷、田中はないでしょう。ここはユーリになるのではと思っています。大橋ジムがプロモートするトップランカーアポリナリオになるかは分かりませんが。

9勝1敗  #LJx2DU6o

2024/02/26 編集返信
[ 795924 ]  
 バルガス×ロドリゲスはダウン応酬の打ち合う試合になりましたが体格・体力差で相手を消耗させてバルガスが勝った印象です。ただ体を硬くしてパンチを打つスタイルなので琢真選手のカウンターが当たればかなりダメージを与えられそうです。パンチをまともに貰わなければいい勝ち方ができそう。

忘れ者  #-

2024/02/27 編集返信
[ 796275 ]  
WBAの指名試合期限は9ヶ月なので5月に石田との指名試合を井上弟がクリアすれば来年の2月まで自由なので実現するとしたら来年くらいになるかもしれませんね。

B.B  #-

2024/03/03 編集返信
[ 796290 ]  
指名期限なんてどこも守ってないじゃん。
専門家には言わせておけばいいので
気にしないでいいと思うよ。
それに、真に受けるファンが増えても
困るし。

kaiスタイガ  #-

2024/03/03 編集返信
[ 796974 ]  
Aバルガス、
パーペキガイドにて
増田茂ライターがバンタム級オススメしてますね。

kaiスタイガ  #-

2024/03/07 編集返信
なかよくコメント投稿
非公開コメント

 
※「パスワード」入力で、なりすまし防止の識別コードが付きます。

※コメント欄は多様な意見を友好的に交わす場にご協力お願いします。投稿者は「投稿内容に責任を持ち、第三者への不利益を管理者に損害責任を負わせない。管理者に複製、転載、削除等の権限を与え、迷惑行為、運営方針に反するものに予告なく第三者への記録情報開示を認める」ことを了承したものとします。執拗な迷惑行為は「電子計算機損壊等業務妨害罪」として刑事対応します。 ※「さ」など複数のHNで軽量級選手を「奇形」などと書いている悪質な荒らしは削除していきますが投稿記録は保存。こうした悪質投稿は回数が多ければ警察に運営妨害の届出を出しています。先日、開示請求により一部の投稿者が聴取を受けました。規制の巻き添えで一時的にコメントできない場合は、メールフォームに投稿を受け付けます。ご迷惑をおかけします。



※広告掲載できます。

※当日記サイトの掲載記事の著作権は「片岡亮」および「NEWSIDER」に帰属します。改正著作権法(有罪なら2年以下の懲役か200万円以下の罰金)により、量を問わず無断での複製、転載、頒布等を禁じます。一部引用も「必然性」および「主の提示に対して従の範疇と認められる必要最小限の範囲内」で「出所の明示」が満たされない場合、無断転載となります。記事は執筆者個人の主観的な感想、表現の自由に基づいて掲載、内容について事実の保証を完全にするものではありません。問題が生じる場合は、メールフォームより該当の投稿(日時/URL)、依頼内容および理由をご連絡下さい。(NEWSIDER Tokyo)

CONTACT US

片岡亮(拳論)

Author:片岡亮(拳論)
< GEN-RON > 記者チーム「NEWSIDER」主宰、日本とマレーシアに拠点を持つジャーナリスト。事件、芸能、スポーツ、国際情勢、裏社会、オカルトなど取材しながら頻繁に両国を往復中。

★仕事の相談、情報提供、広告掲載など、お気軽にご連絡ください。 ⇒ CONTACT US (E-MAIL)
RYO KATAOKA Twitter

片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」2006年より長期連載中



※記事中の敬称略をご容赦下さい。本ブログの広告からのお買い物で、掲示商品でなくても数%の収益があり、運営費にできます。日々更新を続けられること、感謝申し上げます。管理者・藤堂香貴/ハイセーヤスダ

DAZN 3カ月プリペイド

限定版(月刊拳論!)

月刊マガブロ価格:¥ 170

紹介文:「限定版」こと「月刊拳論!~誰も書かないボクシング・格闘技界の裏話」は、毎月、タブーなき記事と、国内外の主要興行を常時更新したスケジュール「試合予定」のセットになっています。コメント欄も購読者のみ投稿、閲覧ができます。他では読めないディープな話に興味ある方が、ぜひご覧になってください。
(試合予定は月末の更新終了後に非公開となります。購入者情報は、筆者側は一切、見ることはできません)
 ※決済ができない方は、NOTE(https://note.com/genroncat/)でも読めます。

マガブロ記事一覧

  

NOTEでも読めます!

POSTS

SEARCH

COMMENTS

<>+-

CATEGORIES

RANKING

[ジャンルランキング] スポーツ
10位

[サブジャンルランキング] 格闘技
1位

人気ボクシングブログ

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/現代ビジネス/紙の爆弾/EX大衆/FLASH/週刊新潮/産経新聞/弁護士JPニュース/サンデー毎日/iRONNA/実話ナックルズ/トカナ/FRIDAY/週刊大衆/週刊朝日/週刊文春/日刊サイゾー/東京新聞/週刊ポスト/テーミス/CIRCUS MAX/週刊現代/読売新聞/東洋経済オンライン/覚醒ナックルズ/アサヒ芸能/実話ドキュメント/SPA!/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/婦人公論/不思議ナックルズ/MSNドニッチ/KEITAI BANDITS(バンディッツ)/データマックス/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/J-CAST NEWS/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/LAPOO/スポーツライフ/THE STAR/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana/新生活報/JAPAN TIMES 他(順不同)
出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/バイキング(フジテレビ)/直撃LIVE グッディ!(フジテレビ)/ひるおび(TBS)/スッキリ!(日本テレビ)/サンデー・ジャポン(TBS)/サンデーLIVE!!(テレビ朝日)/新・情報7DAYSニュースキャスター(TBS)/めざましどようび(フジテレビ)/あさチャン!(TBS)、とくダネ!(フジテレビ)、NEWS ZERO(日本テレビ)/グッド!モーニング(テレビ朝日)/news every.(日本テレビ)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ /サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同) 片岡優香 中古自動車 ホームページの作り方