ロブ・ブラント、「村田諒太との決着戦」を条件付きで延期!

 WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)との再戦契約を持つ前王者のロブ・ブラント(米国)は、次戦で村田が9位・スティーブン・バトラー(カナダ)と対戦することを認める方針だとメディアに伝えている。

usaROBBRANT.jpg

  • コメント 65

10・19海外 WBAクルーザー級3番目決定戦、ほか

10・19ベルギー・シャルルロワ
 ▼WBA世界クルーザー級暫定王座決定戦 12回戦
  1位・リャド・メルヒー(ベルギー) × 4位・イムレ・チェロ(ハンガリー)

10・19英・ニューキャッスル「BAD BLOOD」(SKY)
 ▼12回戦
  WBA世界Sライト級9位・ルイス・リットソン(英国) × 7位・ロビー・デイビースJr.(英国) 
 ▼英国Sウェルター級タイトルマッチ 12回戦
  王者・テッド・チーズマン(英国) × スコット・フィッツジェラルド(英国)

10・19メキシコ・チワワ(ESPN DEPORTES)
 ▼10回戦
  WBC世界Sフェザー級6位・フランシスコ・バルガス(メキシコ) × エセキエル・アビレス(メキシコ) 
 ▼WBCラテン・ライト級タイトルマッチ 10回戦
  王者・オスカル・デュアルテ(メキシコ) × リチャード・ソラノ(ドミニカ共)

Davies_vs_RitsonS_Ticketmaster.jpg

 WBAクルーザー級は先日、「WBO会長も批判!17階級42人」でも触れたが、先日まで暫定王者だったアルセン・グラミリアンがスーパー王者。2番目のレギュラー王者は休養王者だったベイブット・シュメノフとなっているが、ここでまた暫定王座決定戦。出場するのはグラミリアンと昨年、暫定王座決定戦で敗れたメルヒー(28勝(23KO)1敗)と、8位から4位に急上昇したチェロ(24勝(16KO))。さらにゴールド王者にアレクセイ・エゴロフがいるので4人体制とも言える。そのうち同階級にチャンピオンが5人、6人となっていってもおかしくないだろう。

 ちなみにベルギーのシャルルロワは、首都ブリュッセルから南、フランス寄りの工業都市。(片岡亮)

  • コメント 0

アフメドフ抗議が通った!WBAスーパーライト級は再戦決定

 アフメドフの抗議はWBAが受け入れ、再戦指示が出た。30日間の交渉期間を与えられる。WBAは「村田諒太×アッサン・エンダム」で行なわれたように審査員による検証を行ない、即時再戦が適切だと結論を出した。「本当に嬉しいです。試合中に大差で勝っていると思っていたので、発表されたスコアを見て愕然としました」とアクメドフ。(片岡亮)

BARRIOSAKHMEDOVscore.jpg

  • コメント 9

カール・フランプトンの対戦相手をコミッションが却下した理由

11・30米・ラスベガス(ESPN+)
 ▼10回戦
  WBC世界Sフェザー級1位・オスカル・バルデス(メキシコ) × 7位・アンドレス・グティエレス(メキシコ)
  WBC世界フェザー級3位・カール・フランプトン(英国) × タイラー・マクリアリー(米国)
 ▼8回戦
  日本Sライト級3位・平岡アンディ(大橋) × ロジェリオ・カサレス(米国)

 フランプトンの相手は当初、ルイス・デル・バジェ(プエルトリコ/25勝(19KO)3敗)だったが、ネバダ州アスレチック・コミッションはこれを却下。バジェは16年にディエゴ・デ・ラ・ホーヤに敗れてから2年以上のブランクで昨年復帰、今年9月まで3勝(すべてKO)しているが、相手のレベルが低いと判断された。バジェは「クソですよ。これはケガから復帰のフランプトンにもっとイージーな相手を当てるためでしょ」と不満をメディアに述べている。日本ではこれよりずっとひどい戦績状況のアジアンボクサーをJBCに申請するプロモーターが却下されて猛抗議しているのだが…。フランプトンの相手に新たに浮上したのは16勝(7KO)1分のタイラー・マクリアリー。無敗だが未知数の26歳。(片岡亮)

  • コメント 4

ウォリントンKO防衛 「ロマチェンコか井上尚弥とやりたい」 シャクール「俺が世界獲ったら統一戦を」

10・12米・シカゴ(DAZN/SKY)
 ▼12回戦
  WBO世界ヘビー級1位・オレクサンドル・ウシク(ウクライナ) × チャズ・ウィザースプーン(米国) 
   ※ウシクの相手5位・タイロン・スポーン(オランダ)は失格
 ▼WBA世界Lヘビー級タイトルマッチ 12回戦
  王者・ドミトリー・ビボル(カザフスタン) 3-0 WBO12位・レニン・カスティージョ(ドミニカ共)
   ※119-108、119-108、120-107
 ▼WBC&WBA世界女子Sライト級タイトルマッチ 10回戦
  王者・ジェシカ・マッキャスキル(米国) 2-0 エリカ・ファリアス(アルゼンチン)
 ▼USBA全米Sウェルター級タイトルマッチ 10回戦
  王者・チャールズ・コンウェル(米国) 10回KO パトリック・デイ(米国)
 ▼8回戦
  IBF世界Sバンタム級6位・TJ・ドヘニー(豪州) 5回終了TKO ヘスス・マルチネス(コロンビア)

10・12英・リーズ(ESPN+)
 ▼IBF世界フェザー級タイトルマッチ 12回戦
  王者・ジョシュ・ウォリントン(英国) 2回TKO 4位・ソフィアン・タコウシュ(フランス)

TJKNOCKDHFUHD1.jpg

 アメリカ、ウシクは慎重な出だしでスタート。手を出さずステップを踏むだけの初回を終え、2回に相手がロープを背にしても牽制のまま。サウスポーの相手も強い武器が見えないまま見合う時間が続き、少しづつ手を増やした感じだった。6回、細かくジャブを当てるも追わないウシク。相手の左フックで下がる場面もあったが、軽くやり返すと相手が下がり、コーナー釘付けの連打。ただ、それでも慎重姿勢で手を止めていた。結局、おとなしめのワンサイドで7回終了に相手が棄権した。ウシクは集計で139発のヒット(的中率40%)があったが、相手はわずか21発(10%)だった。

 ビボルはジャブ、ストレートであまり手の多くない相手に手堅く試合を進め、6回に斜めの立ち位置から右ストレートを入れてダウンを奪い、フルラウンド危なげなく判定防衛。スリリングな場面が少なく、途中、客からブーイングが少し飛んだ様子だった。

 ドヘニー再起戦、ジャブ&ボディのヒット・アンド・アウェイ、初回、そのフォローに左を入れてロープに飛ばすダウンを奪った。26勝9敗のコロンビア人はリードがなく大振りフック主体。その後もドヘニーが追いつめる展開が続いたが、倒すのを焦ったか動きが粗い印象。右目を少し腫らせた。5回、詰めてボディを打っていた中で左フックが入ってダウンを奪い、フィニッシュを狙ったが倒しきれずゴング。インターバルに相手が棄権した。

 前座でKO負けのデイは試合後、緊急手術を受け昏睡状態に。

Dayファミリーが適切と判断した時点で、BoxingScene.comにさらなるアップデートが提供されます。それまで、彼の幸福は、BoxingScene、comのスタッフ全員の考えにとどまり、そして間違いなく世界中のボクシングコミュニティ全体に残っています。

 イギリス、ウォリントンは圧勝。先に打って出てきたのは相手だったが、ガード固めてプレッシャーをかけ、手数少なく右の強打を狙い、初回から倒す気満々。1ラウンド終盤に早くも荒いラッシュを仕掛けた。2回、勢いに押されて下がる相手の手数が減ると、右ストレートで腰を落とさせるダウンを奪い、左フックからの右でダウン追加。クリンチに逃げた相手に左右フックを振り続けると、いくつか当たって棒立ちの挑戦者をレフェリーが救った。

 ウォリントンにはWBO王座決定戦を控えるシャクール・スティーブンソンが「勝ったら統一戦をやりたい」と言っている。「階級を上げたいとも思うんですが、ジョシュ・ウォリントンと戦いたいです。やれるのならイギリスに行きます。場所は気にしない」とした。(片岡亮)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】吉野家 冷凍ミニ牛丼の具80g×10袋セット 冷凍食品
価格:2980円(税込、送料無料) (2019/9/4時点)


  • コメント 39
※コメント投稿者は、以下のガイドラインを了承したものとします。投稿内容に関しては投稿者の責任であり、投稿による第三者への不利益発生に、いかなる損害、問題も管理者が責任を負えるものではありません。投稿に関しては管理者が予告なく複製、転載、削除等の権限を無制限に有しますが、迷惑行為、運営方針に反するものについては発見次第、予告なく削除または、第3者への投稿記録の提出、警察への通報などをすることがあります。(NEWSIDER Tokyo)

チケットぴあ 
↑観戦チケットはこちら
楽天チケット









 この場所に広告掲載できます ⇒ お問い合わせ

CONTACT US

RYO KATAOKA(NEWSIDER)

Author:RYO KATAOKA(NEWSIDER)
ツイッター

記者チーム「NEWSIDER」主宰、在マレーシア・クアラルンプールのジャーナリスト。事件、芸能、スポーツ、国際情勢、裏社会、オカルトなど、ジャンルレスに取材しながら頻繁に日本と往復しています。

★仕事の相談、情報提供、広告掲載など、お気軽にご連絡ください。 ⇒ CONTACT US (E-MAIL)



片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」2006年より長期連載中

ボクシングチケットはこちら
チケットぴあ


※記事中の敬称略をご容赦下さい
※コメント投稿は「パスワード」入力で、なりすまし防止の識別コードが付きます。

※本ブログの広告からお買い物をされると、掲示商品でなくても当方に購入額の数%程度の収益があります。日々更新を続けますので皆様のご協力に感謝いたします。(管理人/藤堂香貴/NEWSIDER Tokyo)



BLOG

CATEGORY

COMMENTS

<>+-

LINK

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
20位
[サブジャンルランキング]
格闘技
1位
アクセスランキングを見る>>

Other RANKINGS

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/実話ナックルズ/紙の爆弾/サンデー毎日/EX大衆/FLASH/iRONNA/東洋経済オンライン/覚醒ナックルズ/FRIDAY/産経新聞/週刊大衆/週刊朝日/週刊文春/週刊新潮/アサヒ芸能/テーミス/CIRCUS MAX/日刊サイゾー/週刊現代/東京新聞/読売新聞/覚醒ナックルズ/実話ドキュメント/週刊ポスト/SPA!/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/婦人公論/不思議ナックルズ/MSNドニッチ/KEITAI BANDITS(バンディッツ)/データマックス/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/J-CAST NEWS/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/LAPOO/スポーツライフ/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/バイキング(フジテレビ)/直撃LIVE グッディ!(フジテレビ)/ひるおび(TBS)/スッキリ!(日本テレビ)/サンデー・ジャポン(TBS)/サンデーLIVE!!(テレビ朝日)/新・情報7DAYSニュースキャスター(TBS)/めざましどようび(フジテレビ)/あさチャン!(TBS)、とくダネ!(フジテレビ)、NEWS ZERO(日本テレビ)/グッド!モーニング(テレビ朝日)/news every.(日本テレビ)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ /サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同)

PASSWORD