高度技術戦!田中恒成×ジョナサン・ゴンサレス WBOフライ級

8・24愛知・武田テバオーシャンアリーナ「defense」(TBS)
 ▼8回戦
  日本フェザー級7位・ゼネシス・セルバニア(カシミ) × アーマド・ラヒザブ(インドネシア)
 ▼WBO世界フライ級タイトルマッチ 12回戦
  王者・田中恒成(畑中) × 1位・ジョナサン・ゴンサレス(プエルトリコ)
 ▼10回戦
  日本フライ級5位・畑中建人(畑中) × WBC・Lフライ級11位・ジェイセバー・アブシード(フィリピン)
 ▼6回戦
  日本Sフェザー級17位・仲里周磨(ナカザト) × 福井貫太(寝屋川石田)
 ▼8回戦
  日本Sフライ級9位・中村祐斗(市野) × ムハマド・ワヒド(インドネシア)

TANAKAJONATHAN824.jpg

   田中、ゴンサレス
身長 165、157
リーチ 163、159


  • コメント 48

「バルガス、ローマン、リゴンドー…全員に勝てる」と豪語!無敗アリームとは何者か

8・23米・ヒューストン「NEXT FIGHT UP」
 ▼10回戦
  レイース・アリーム(米国) × アーネスト・デルガディーヨ(米国)
 ▼ABF全米Sライト級王座決定戦 10回戦
  ジェリコ・ウォルトン(米国) × ビクトル・テラサス(メキシコ)

8・23米・ブロークンアロー「SHOBOX」(SHOWTIME)
 ▼10回戦
  WBC世界Sミドル級14位・ウラジミール・シシュキン(ロシア) × デアンドレ・ウェア(米国) 
  WBA世界Sライト級5位・ショージャホン・エルガシェフ(ウズベキスタン) × アブディエル・ラミレス(メキシコ)

ALEEMNEXTUP.jpg



  • コメント 10

エマヌエル・ナバレッテ、ハイペース防衛戦!9・14エロルデ戦

9・14米・ラスベガス(ESPN)
 ▼12回戦
  WBC世界ヘビー級2位・タイソン・フューリー(英国) × WBA4位・オットー・ワリン(スウェーデン)
 ▼WBO世界Sバンタム級タイトルマッチ 12回戦
  王者・エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ) × 2位・ファン・ミゲル・エロルデ(フィリピン)
 ▼10回戦
  WBO世界ライト級4位・ホセ・ペドラサ(プエルトリコ) × ホセ・セペダ(米国)

NAVARETTEDSC00159.jpg

 8月17日に防衛戦を終えたばかりのWBOスーパーバンタム級王者・ナバレッテが次戦を発表。1カ月未満の感覚で9月14日のラスベガスに出る。V2戦の相手が急造ランカーだったのは、この過密スケジュールが内定していたからだろう。挑戦者は2位のエロルデ。メインはタイソン・フューリーのヘビー級戦。

 ナバレッテは28勝(24KO)1敗、24歳。昨年6月、WBA挑戦者決定戦で、12位・ホセ・サンマルティンを下したが、WBA王者ダニエル・ローマンへの挑戦は実現せず、報酬5万ドルで決まったWBO挑戦でアイザック・ドッグボーに番狂わせの判定勝ちで王座奪取。ダイレクトリマッチは12回TKO勝ち、前回の防衛戦はランク外から選ばれたフランシスコ・デ・ヴァカ(試合当日10位)に3回KO勝ち。

 挑戦者エロルデはフィリピンの英雄フラッシュ・エロルデの孫。28勝(15KO)1敗、32歳。黒星は4回戦での取りこぼし。15年にWBOアジア太平洋王者となり、前回3月の川島翔平戦が4度目の防衛だった。アメリカ初登場。

 前座では元世界2階級王者のペドラサ(26勝(13KO)2敗)が出る。昨年、ロマチェンコに敗れてから再起2戦目。相手は30勝(25KO)2敗、ライト級のテリー・フラナガンと、Sライト級のホセ・カルロス・ラミレス、2度の世界挑戦経験がある実力者。(片岡亮)

  • コメント 9

粉川拓也TKO負け!東洋フライ級獲得ならず

8・23東京・後楽園ホール「SLUGFEST10」
 ▼東洋太平洋フライ級タイトルマッチ 12回戦
  王者・ジェイアール・ラクィネル(フィリピン) 8回57秒TKO 6位・粉川拓也(角海老宝石)
 ▼8回戦
  日本フライ級11位・山内涼太(角海老宝石) 2-0 WBA14位・アルフォイ・ダガイロアン(フィリピン)
   ※76-76、77-75、78-74
  日本ライト級12位・粕谷雄一郎(角海老宝石) 4回43秒TKO 日本18位・酒井孝之(協栄)
 ▼6回戦
  酒井幹生(角海老宝石) 3-0 エルフェロス・ベガ(平石) 
   ※58-54、59-54、59-54

190823POSTER.jpg

 記事後程

  • コメント 15

中国でWBOアジア太平洋スーパーミドル級決定戦?

8・30中国・青島
 ▼WBOアジア太平洋Sミドル級王座決定戦 12回戦
  ズリピカール・マイマイティアリ(中国) × アブダラー・パジワパジ(タンザニア)

 東洋太平洋(OPBF)と同じく、ほとんど日本でしか運用されていない「第3日本王座」と化すWBOアジア太平洋王座だが、スーパーミドル級は中国で決定戦があるとか。ただ、出場する2選手ともランク外というデタラメ。中国では大きな興行以外だと、まだ国内より海外のニュースの方が多く、興行の情報がほとんどないので、実際に開催されるかと思ってしまうが。

 ウルムチのマイマイティアリは11勝(7KO)1敗1分、アマ出身。17年のインド遠征で現地スターのビジェンダール・シンに判定負けしているが、その後は3勝。相手のアフリカンは25勝(22KO)6敗1分、1分挟んで8連勝中。(片岡亮)

  • コメント 0

元ミドル級世界王者クイリン、挑戦者決定戦が変更に

9・21米・ベイカーズフィールド「PBC」(FS1)
 ▼12回戦
  IBF世界Sミドル級4位・ピーター・クイリン(米国) × アルフレド・アングロ(メキシコ)
 ▼IBF世界Sウェルター級挑戦者決定戦 12回戦
  7位・ジェイソン・ロサリオ(ドミニカ共) × 6位・バクラム・ムルタザリエフ(ロシア) 
 ▼10回戦
  テレル・ウィリアムズ(米国) × トーマス・デュロルメ(プエルトリコ) 
  クリス・コルバート(米国) × ミゲル・ベルトランJr.(メキシコ)

 8月末に予定されていたIBF世界Sミドル級挑戦者決定戦、4位・ピーター・クイリン(米国)と、5位・カレブ・トルアックス(米国)の試合は、トルアックスが右足首のアキレス腱を負傷で中止に。クイリンは日程を9月に変えてカリフォルニアでアルフレド・アングロと対戦する。当日はジュリアン・ウィリアムスが持つIBF世界Sウェルター級挑戦者決定戦も組まれている。


  • コメント 0

細川チャーリー忍×太尊康輝、10月に再戦!東洋ミドル級

10・11東京・後楽園ホール「ゴールデンチャイルド」
 ▼東洋太平洋ミドル級王座決定戦 12回戦
  2位・細川チャーリー忍(金子) × 7位・太尊康輝(角海老宝石)

 7月の王座決定戦で引き分けた細川と太尊が10月の後楽園、再戦で決着をつける。

 細川は11勝(10KO)4敗1分の35歳。前日本Sライト級王者・細川バレンタインの弟。2位・福山和徹、7位・成田永生らに4連勝すべてTKO勝ちを経て昨年9月、東洋太平洋&WBOアジア太平洋王者の秋山泰幸に11回TKO勝ち。しかし、初防衛戦でベテラン野中悠樹に敗北した。野中の返上で前回、決定戦になったが返り咲きを果たせなかった。

 太尊は14勝(12KO)3敗3分、26歳。15年に日本&東洋王者・柴田明雄に挑戦したが7回TKO負け。16年にドゥワイト・リッチーから東洋王座を奪取。9位・ロックハート・ブランドンらに2度防衛、V3戦は空位のWBOアジア太平洋王座も懸かったが、12位の秋山にTKO負けだった。六島ジムからの移籍で1年以上のブランクを作り、復帰2戦目でタイトルマッチに出たが、こちらも返り咲きならず。


  • コメント 4
※コメント投稿者は、以下のガイドラインを了承したものとします。投稿内容に関しては投稿者の責任であり、投稿による第三者への不利益発生に、いかなる損害、問題も管理者が責任を負えるものではありません。投稿に関しては管理者が予告なく複製、転載、削除等の権限を無制限に有しますが、迷惑行為、運営方針に反するものについては発見次第、予告なく削除または、第3者への投稿記録の提出、警察への通報などをすることがあります。(NEWSIDER Tokyo)

チケットぴあ 
↑観戦チケットはこちら
楽天チケット









 この場所に広告掲載できます ⇒ お問い合わせ

CONTACT US

RYO KATAOKA(NEWSIDER)

Author:RYO KATAOKA(NEWSIDER)
告知用ツイッター

記者チーム「NEWSIDER」主宰、在マレーシア・クアラルンプールのジャーナリスト。事件、芸能、スポーツ、国際情勢、裏社会、オカルト、ジャンルレスに取材しながら頻繁に日本と往復しています。

★仕事の相談、情報提供、広告掲載など、お気軽にご連絡ください。 ⇒ CONTACT US (E-MAIL)



片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」2006年より長期連載中

ボクシングチケットはこちら
チケットぴあ


※記事中の敬称略をご容赦下さい
※コメント投稿は「パスワード」入力で、なりすまし防止の識別コードが付きます。

※本ブログの広告からお買い物をされると、掲示商品でなくても当方に購入額の数%程度の収益があります。日々更新を続けますので皆様のご協力に感謝いたします。(管理人/藤堂香貴/NEWSIDER Tokyo)






BLOG

LINK

COMMENT

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
19位
[サブジャンルランキング]
格闘技
1位
アクセスランキングを見る>>

Other RANKINGS

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/実話ナックルズ/紙の爆弾/サンデー毎日/EX大衆/FLASH/iRONNA/東洋経済オンライン/覚醒ナックルズ/FRIDAY/産経新聞/週刊大衆/週刊朝日/週刊文春/週刊新潮/アサヒ芸能/テーミス/CIRCUS MAX/日刊サイゾー/週刊現代/東京新聞/読売新聞/覚醒ナックルズ/実話ドキュメント/週刊ポスト/SPA!/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/婦人公論/不思議ナックルズ/MSNドニッチ/KEITAI BANDITS(バンディッツ)/データマックス/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/J-CAST NEWS/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/LAPOO/スポーツライフ/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/バイキング(フジテレビ)/直撃LIVE グッディ!(フジテレビ)/ひるおび(TBS)/スッキリ!(日本テレビ)/サンデー・ジャポン(TBS)/サンデーLIVE!!(テレビ朝日)/新・情報7DAYSニュースキャスター(TBS)/めざましどようび(フジテレビ)/あさチャン!(TBS)、とくダネ!(フジテレビ)、NEWS ZERO(日本テレビ)/グッド!モーニング(テレビ朝日)/news every.(日本テレビ)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ /サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同)

PASSWORD