村田×エンダムの採点、JBCが再検証を要求

DSC00225.jpg

 物議を醸している村田諒太(帝拳)とアッサン・エンダム(フランス)について、JBC(日本ボクシングコミッション)は、WBAに対して再検証を求める文書を送付。2週間以内の回答を求めた。前例から考えると一度出された試合結果が覆されることは考えにくいが、すでにトップが再戦を認める発言をしているWBAだけに、正式にダイレクトリマッチなど何らかの対処がなされることが予測される。

 こういうトラブルには一貫した対応が望まれる。感情論に押されてその場の特例を作るのではなく、同様のケースがあった場合にも同じ対処をしないと整合性がとれない。なにしろ採点競技というのはジャッジの主観に委ねられるので異議が出ることが多い。11年前の亀田興毅×ファン・ランダエタで疑惑の採点として大騒動となったとき、JBCはどうだったか。事務局長の安河内剛氏は、「ジャッジの判断を厳粛に受け止める」とその結果を絶対尊重する姿勢を貫いていた上で、「印象的な部分が強い」として採点方式が世間に浸透していなかったことを原因に挙げた。さらに「判断の難しいラウンドを無理矢理振り分ける」ことが、日本と海外で採点基準が違うという話もしていた。つまり、ジャッジの判断には疑問を持たせず、その環境作りが不十分だったという結論だった。あのとき他の関係者からも、ジャッジの座る位置がテレビカメラとは違う点などが指摘されたりしていたが、「地元判定」を含めジャッジの採点自体を疑問視する声はかなり少なかった。それと今回がどう違うのか、そのあたりの基準を明確にしていくべきだと思う。

  • コメント 272

■限定版■プロボクシング試合予定+α 5 随時更新中!

限定版(有料版ブログマガジン) 100円

・「限定記事」(月刊、毎月末までに掲載) 
・「試合予定」(随時更新/更新終了後は一定期間を置いて非公開になります)

 片岡亮による、ここだけの「限定記事」と、国内外の主要興行を随時更新で、オマケのウワサ情報もプラスして掲載した「試合予定」、2つを併せて読めるものです。コメント欄も購読者のみ投稿、閲覧ができます。



【決済のご注意】
 FC2ブログは運営会社が米国法人のため、ドル建て決済となっていて、ブロマガ100円の場合、為替レートでクレジットカード会社の最低決済額1ドル未満となって決済が通らないことがあります。この場合は大変恐れ入りますが、FC2ポイントを100ポイント以上ご購入いただいてから決済にご利用いただきますようお願いいたします。
 運営会社からは150円以上の設定が望ましいとされているのですが、有料版は利益以上に限定公開したい意図の方が強いため、現時点では最低価格のままにしてあります。売り上げはFC2手数料を除く70%が収益(換金には数千円の手数料が必要)です。利益はブログのプログラム改良に使いたい目標があります。できる限りの記事更新をしていきますので、どうかよろしくお願いします。(ハイセーヤスダ)
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

アムナット、6月にフィリピンで復帰?

 昨年のリオ五輪に出場し、日本のキックボクシングイベントにも出ていた元IBF世界フライ級王者のアムナット・ルエンロン(タイ)が、6月23日にフィリピンで復帰戦を行なう話があるという。対戦相手は未定。

  • コメント 9

広島&中国 阿知和がWBCアジア王座決定戦

5・28広島・NTTクレドホール
 ▼8回戦
  日本Lフライ級3位・板垣幸司(広島三栄) × 東洋太平洋同級10位・ロリー・スマルポン(フィリピン)
  井上太陽(広島三栄) × 杦本健太(明石)

5・28中国・成都
 ▼WBCアジアバンタム級王座決定戦 12回戦
  日本Sフライ級6位・阿知和賢(ワタナベ) × ワン・シンファ(中国)

 2月のWBOアジア太平洋Lフライ級王座決定戦で、堀川謙一に判定負けした板垣の再起戦。

 板垣は17勝(7KO)11敗2分、05年デビューの34歳。後の世界王者・福原辰弥や木村悠と引き分けたことがある。14年から4連勝で、昨年4月にWBC3位のレイ・ロレトに挑んだが、4回TKO負け。再起戦で東洋太平洋7位、マイケル・ランデロに勝って堀川との初タイトルマッチに挑んだが敗れた。相手のスマルポンは10勝(4KO)2敗1分。15年に拳四朗に判定負け。以降は1勝1敗。



 唐突な感じだが、中国でのWBCアジア王座決定戦に出るのが、海外遠征初の阿知和。11勝(4KO)11敗5分の30歳、敗北も多かったが最近は6試合が負けなし。うち3つはドローだが、いずれも日本ランカーの横山隆司、高橋竜也、田之岡条が相手で、しぶといボクシングが板に付いてきている。中国では12勝14敗1分のワンと対戦。こちらは来日1勝4敗で32歳のサウスポー。(片岡亮)
  • コメント 5

日本Sバンタム級、久我の相手は田村に

7・29東京・後楽園ホール
 ▼日本Sバンタム級タイトルマッチ 10回戦
  王者・久我勇作(ワタナベ) × 同級5位・田村亮一(JB)

 4位・石本康隆(帝拳)との再戦という話は、JBCの「待った」がかかった模様。ダイレクトリマッチは基本、認められていないので、厳格なベルト運用なら歓迎すべき判断。対戦相手は8位・川島翔平(真正)も候補に挙がっていたが、結局は8勝(5KO)2敗1分になった。5連勝中の田村は最近、古口ジムからの大量離脱した選手のひとりで移籍初戦。アマ出身で15年に日本Sフライ級7位の鈴木悠介や、15年の全日本新人王、市村蓮司らを下している。王座初挑戦。(片岡亮)


  • コメント 17

チケットぴあ 
↑観戦チケットはこちら









 この場所に広告掲載できます ⇒ お問い合わせ

猫ボク。

NEWSIDER Tokyo

Author:NEWSIDER Tokyo


記者チーム「NEWSIDER Tokyo」オフィシャルブログ

◆無料公開では危なくて書けない!?限定版◆

片岡亮…夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」長期連載中

★プレスリリースから仕事の相談、情報提供など、お気軽にご連絡ください。 
⇒⇒⇒⇒ メール E-MAIL

ボクシング書籍ランキング

ボクシングチケットはこちら
チケットぴあ


※記事中の敬称略をご容赦下さい
※コメント投稿は「パスワード」入力で「なりすまし防止用」の識別コードが付帯されます。


※本ブログの広告(アフィリエイト)からお買い物をされると、掲示商品ではなくても当方に購入額1~3%程度の収益があります。日々更新を続けますので皆様のご協力よろしくお願い致します。★(NEWSIDER Tokyo)

BLOG

LINK

COMMENT

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
8位
[サブジャンルランキング]
格闘技
1位
アクセスランキングを見る>>

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/サンデー毎日/実話ナックルズ/ EX大衆/週刊文春/週刊朝日/週刊新潮/日刊サイゾー/ FRIDAY/FLASH/紙の爆弾/産経新聞/読売新聞/SPA!/実話ドキュメント/週刊ポスト/CIRCUS/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/アサヒ芸能/婦人公論/不思議ナックルズMSNドニッチ//KEITAI BANDITS(バンディッツ)/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/テーミス/LAPOO/スポーツライフ/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同)

WEB ANALYTICS

トラッキング コード

PASSWORD