タイ世界挑戦 福原、絶対王者ワンヘンに挑む

11・24タイ・ナコンラチャシマ
 ▼WBC世界ミニマム級タイトルマッチ 12回戦
  王者・ワンヘン・ミナヨーシン(タイ) × 同級10位・福原辰弥(本田)

22384322QWANGSDHDFFGUKU.jpg
 ※タイのボクシングサイトより

 王座陥落した福原のダイレクト挑戦。王者側のオファーを引き受けた形だが、予想は厳しい。アンケート(投票感謝です!)では、140-19で大差。「中盤まではややワンヘン優位の打ち合いな展開も、後半打たれ過ぎた福原が後半失速。10Rに纏められてストップ負け」(シマさん)、「福原は前に出て打ち合い根性は見せるが、要所要所で的確に当てられて大差判定負け」(TSさん)「踏み込んでの打ち合いになるだろうが次第に後退させられ力尽きると予想」(ジャムさん)など、力及ばずという見通しが立っている。

 福原は2月、1位・モイセス・カジェロスとの決定戦でWBO暫定王座を獲得。この試合、亀田興毅は「文句なしの判定勝ち」とコメントしていたが、内容はそんなワンサイドではなく、被弾を恐れず前に出て強気で出たが、相手も同様に引かず応戦したタフファイトの末、2-1の接戦勝利というもの。賢く攻略したような試合ではなく、初防衛戦では山中竜也にその動きを読まれて入るところを当てられる苦戦。採点は2~4点差の僅差敗北だったが、距離をコントロールされ、顔面へのパンチを外されていて、相手の方に「戦略」が見えた試合だった。勝敗違っているが、2つの接戦では根性戦やボディ狙いに頼っているところが見られた。本来であれば、そのあたりの修正をして再浮上をするべきだろう。ただ、地方ボクサーにとってチャンスは貴重。オファーを受けたこと自体は当然だろう。



 ワンヘンは福原に比べてクレバーだ。大平戦では距離を詰めての圧勝だったが、これは相手の力量を見てのもの。試合によっては中間距離を使って隙が少ない試合展開を作る。派手ではないが、ムラも少なく安定を見せている。1月のメルヴィン・ジェルサレム戦など僅差の防衛もあったが、スタイル的に圧勝するタイプではないからで、それぞれ内容もハイレベル。体幹が良く、右ストレートの精度も高い。福原がシンプルなボディ狙いの前進に頼るようだと、たしかに厳しい展開になりそうではある。強いチャンピオンに挑む貴重な機会、福原はどう戦うか。(片岡亮)

  • コメント 17

矢吹、日本女子初代王者に

11・20東京・後楽園ホール「カンムリワシファイト55&DANGAN201」
 ▼8回戦
  日本Sフライ級7位・山下賢哉(白井具志堅) 1回2分12秒KO  東洋太平洋同級8位・エラニーノ・セミジャーノ(フィリピン)
 ▼日本女子ミニフライ級王座決定戦 6回戦
  東洋太平洋Lフライ級1位・矢吹純(協栄) 3-0 小村楓香(グリーンツダ)
   ※57-55、58-54、58-54
 ▼8回戦
  日本フェザー級15位・木村吉光(白井具志堅)  1回2分10秒TKO  エークギティ・モークルンテープトンブリー(タイ)
  掃部真志(ワールド) 3-0 上岡泰(元気)
   ※78-75、79-73、80-73
  小林和優(RK蒲田) 2-1 東洋太平洋ライト級13位・市川大樹(駿河男児) 
   ※78-75、76-77、77-76

 山下はボディでテンカウント初回KO勝ち。

  • コメント 5

英国 アンカハス圧勝KO防衛、テテ最短11秒葬

11・18英・ベルファスト「FRAMPTON REBORN」
 ▼10回戦
  WBC世界フェザー級2位・カール・フランプトン(英国) 3-0 オラシオ・ガルシア(メキシコ)
   ※98-93、97-93、96-93
 ▼IBF世界Sフライ級タイトルマッチ 12回戦
  王者・ジェルウィン・アンカハス(フィリピン) 6回TKO 同級4位・ジェイミー・コンラン(英国)
 ▼WBO世界バンタム級タイトルマッチ 12回戦
  王者・ゾラニ・テテ(南ア) 1回11秒KO 同級3位・シボニソ・ゴニャ(ナミビア)
 ▼WBOインターコンチネンタル・フライ級王座決定戦 10回戦
  パディ・バーンズ(アイルランド) 6回KO エリエセル・クエサダ(ニカラグア)

 “プリティーボーイ”アンカハスは、相手に大声援があってブーイングを受ける中でのアウェーだったが、難なくKO防衛。初回、探り合いの中で胸から首のあたりをアッパーで打たれたように見えたコンランが、間をおいて自ら倒れるダウン。2回、出てこない相手にイラついたか、アンカハスは後頭部へのパンチで注意を受けるなど、かみ合わせはイマイチ。右ジャブ、左ストレートでプレッシャーを与えるアンカハス。混乱はサウスポー相手にやりにくそうな動き。3回、アンカハスのボディストレート直撃で、コンランは前かがみで腹を押さえて痛がり、テンポを置いて崩れるダウン。猛ラッシュの中の中でゴング。4回、ロープ釘付けにされくの字のコンラン、そこは耐えたが、リング中央のボディストレートでダウン。立ち上がったと同時のラウンド終了ゴング。コンランは近距離のフックが空振り、ボディに倒れるがローブロー扱いでアンカハスに減点1。しかし、コンランはいかにも腹が効いた動きをしていた。6回、動きの鈍った相手に右フックでダウンを奪うと、レフェリーがストップ。正直、力の差がありすぎた。コンランは無敗だったが何もできずに終わった。

“ラストボーン”テテは、ファーストコンタクトの右フック一発で相手失神。試合で出たパンチはこの一発だけ、わずか11秒の防衛となった。世界戦最短タイム23年ぶり更新だそう。メインのフランプトンは、前に出る相手をいなしながら的確なヒットで差を見せ、余裕すら見せていたが、7回に不用意な左フックをもらって尻もちダウンする場面もあった。相手に打ち終わりや、ノーモーションの一撃など、スキル差を見せての判定勝ち。(片岡亮)





  • コメント 146

海外11・25 林×マグサヨ、ボホール島

11・25フィリピン・タグビララン「THE BATTLE IN BOHOL」
 ▼WBOインターナショナル・フェザー級タイトルマッチ 12回戦
  王者・マーク・マグサヨ(フィリピン) × 日本同級3位・林翔太(畑中)
 ▼10回戦
  IBF世界Sバンタム級15位・アルベルト・パガラ(フィリピン) × モハメド・カンブルタ(タンザニア)
 ▼6回戦
  ロッキー・フエンテス(フィリピン) × ライアン・タンパス(フィリピン)

11・25ドイツ・オーバーハウゼン
 ▼WBA世界ヘビー級王座決定戦 12回戦
  同級4位・マヌエル・チャー(ドイツ) × 同級2位・アレクサンドル・ウスティノフ(ロシア)

11・25米・NY
 ▼WBO世界Lヘビー級王座決定戦 12回戦
  同級2位・セルゲイ・コバレフ(ロシア) × 同級10位・ビチャスラフ・シャブランスキー(ウクライナ)
 ▼10回戦
  WBC世界Sフェザー級11位・ジェイソン・ソーサ(米国) × ユリオルキス・ガンボア(キューバ)
  WBC世界Lヘビー級3位・サリバン・バレラ(キューバ) × IBF同級15位・フェリックス・バレラ(ドミニカ共)

11・25メキシコ・チェトゥマル
 ▼WBC世界Sバンタム級シルバータイトルマッチ 12回戦
  王者・フリオ・セハ(メキシコ) × ブレイロール・テラン(ベネズエラ)

PINOY-PRIDE-43.jpg

 世界的な注目度ではコバレフの王座決定戦が一番高いだろう。ただし、オッズは1-11でコバレフ大差優位。フィリピンはボホール島での開催。タグビラランは島で一番大きい街。といっても、そんなに大きくはないが、ここは円錐形の丘が1200ぐらいある不思議な山々が「チョコレート・ヒル」と呼ばれている。

DSCF1939.jpg

 巨人がケンカしてできた跡…というのが現地の伝説。古代はこれが海底だったらしい。僕が少し前に行った目当ては、これではなく、世界一小さいメガネザル、ターシャ。保護区のジャングル・トレッキング中に見ることができた。

DSCF1853.jpg

 枝葉をかき分けて進んだ中で出会えた。

DSCF1852.jpg

 手のひらに乗るぐらいのサイズだった。夜行性なので、昼はじっとしていた。フィリピンの大自然は日本から近い手付かずスポットだ。ボホール島は日本人オーナーのボクシングジムもあるそうだ。(片岡亮)

  • コメント 15

■限定版■プロボクシング試合予定+α 11 随時更新中!

限定版(有料版ブログマガジン) 100円

・「限定記事」(月刊) 
・「試合予定」(随時更新)
 ※更新終了後は一定期間を置いて非公開になることがあります

 片岡亮による、ここだけの「限定記事」と、国内外の主要興行を随時更新で、オマケのウワサ情報もプラスして掲載した「試合予定」、2つを併せて読めるものです。コメント欄も購読者のみ投稿、閲覧ができます。



【決済のご注意】
 FC2ブログは運営会社が米国法人のため、ドル建て決済となっていて、ブロマガ100円の場合、為替レートでクレジットカード会社の最低決済額1ドル未満となって決済が通らないことがあります。この場合は大変恐れ入りますが、FC2ポイントを100ポイント以上ご購入いただいてから決済にご利用いただきますようお願いいたします。
 運営会社からは150円以上の設定が望ましいとされているのですが、有料版は利益以上に限定公開したい意図の方が強いため、現時点では最低価格のままにしてあります。売り上げはFC2手数料を除く70%が収益(換金には数千円の手数料が必要)です。利益はブログのプログラム改良に使いたい目標があります。できる限りの記事更新をしていきますので、どうかよろしくお願いします。

※過去にはこんな記事
■限定版10月号■裁判中!三谷大和ジム×斉藤司 「278万円未払い」と「奴隷契約」の行方
■限定版9月号■西部ボクシング協会で使途不明金の騒動
■限定版8月号■井岡一翔、引退危機も囁かれる沈黙の真相
■限定版7月号■東京五輪を前にした「ボクシング プロ・アマ仁義なき戦い」
■限定版6月号■上海マフィアに拉致も警察は無視!中国ボクシングの闇を体感
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
※コメント投稿者は、以下のガイドラインを了承したものとします。投稿は読者間の意見交換を目的とし、内容に関しては投稿者の責任となります。投稿内容に関しては管理者が予告なく複製、転載、削除等のあらゆる権限を無制限に有します。迷惑行為、運営方針に反するものについては発見次第、予告なく削除されたり、迷惑を被った第3者へのログ記録の提出などをすることがありますが、投稿による第三者への不利益発生については、いかなる損害、問題も管理者が責任を負えるものではありません。(NEWSIDER Tokyo)

チケットぴあ 
↑観戦チケットはこちら






 この場所に広告掲載できます ⇒ お問い合わせ

猫ボク。

NEWSIDER Tokyo

Author:NEWSIDER Tokyo
RYO KATAOKA'S TEAM
★仕事の相談、情報提供など、お気軽にご連絡ください。 ⇒ CONTACT US (E-MAIL)

◆もっとディープなブログ記事は「限定版」にて◆

片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」長期連載中

ボクシングチケットはこちら
チケットぴあ


※記事中の敬称略をご容赦下さい
※コメント投稿は「パスワード」入力で「なりすまし防止用」の識別コードが付帯されます。


※本ブログの広告からお買い物をされると、掲示商品ではなくても当方に購入額1~3%程度の収益があります。日々更新を続けますので皆様のご協力に感謝いたします。★(NEWSIDER Tokyo)

ボクシング書籍ランキング

BLOG

LINK

COMMENT

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
17位
[サブジャンルランキング]
格闘技
1位
アクセスランキングを見る>>

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/サンデー毎日/実話ナックルズ/ EX大衆/週刊文春/週刊朝日/週刊新潮/日刊サイゾー/ FRIDAY/FLASH/紙の爆弾/産経新聞/読売新聞/SPA!/実話ドキュメント/週刊ポスト/CIRCUS/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/アサヒ芸能/婦人公論/不思議ナックルズMSNドニッチ//KEITAI BANDITS(バンディッツ)/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/テーミス/LAPOO/スポーツライフ/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同)

WEB ANALYTICS

トラッキング コード

PASSWORD