9月30日、「袴田事件がわかる会」を浜松で開催、その意義

9月30日13時30分~15時30分
静岡県浜松市・アクトシティ研修交流センター 52研修交流室
先着50名・入場無料

参加申込 キッチンガーデン袴田クラブ
info@npokitchengarden.com
053-542-3930(9時~17時)

共催・浜松 袴田巖さんを救う市民の会 

HAKAMADA015531515.jpg

 いまも冤罪と戦っている元プロボクサーの死刑囚、袴田巌さんの「袴田事件」について、現状どうなっているのか。巖さんの近況などを伝えるイベントが開催される。ゲストに弁護団の田中薫さん、姉の袴田秀子さん。

 66年の袴田事件で死刑判決が確定した袴田さんは、自白強要の横暴な捜査による有罪とされたが、81歳にして再審請求で戦っている。審理の焦点になっているのはDNA鑑定についてで、当時の犯行着衣の血痕を鑑定したものが新証拠と認められたが、検察側はDNA鑑定について異論を出して強く抵抗。本来はこの件、警察の不当捜査について問題視するべき話だが、証拠の信用性という別の議論で審理が引き延ばされているような状況に見える。逮捕当時、メディアも警察の話を鵜呑みにした異常なまでの犯人決めつけ報道もあって48年も塀の中に閉じ込められた過去は取り戻せない。争点をすり替えたDNA鑑定の是非をいまここで争うのは、裁判官でさえ「冤罪だと思った」という事件の犠牲者をより苦しめるだけではないのだろうか。

  • コメント 0

中国、元五輪選手ルーがプロデビュー

9・29中国・北京
 ▼WBCアジアLフライ級王座決定戦 10回戦
  ルー・ビン(中国) × チャッチャイ・オーベンジャマス(タイ)
 ▼WBOインターナショナル・ミニマム級王座決定戦 10回戦
  同級15位・マーク・アンソニー・バリガ(フィリピン) × サマートレック・ゴーキャットジム(タイ)
 ▼WBO東洋フライ級暫定王座決定戦 10回戦
  ロニー・バルドナド(フィリピン) × イワン・ゾダ(インドネシア)
 ▼WBO世界ユースSフェザー級王座決定戦 10回戦
  ジェームス・マクドナルド(豪州) × パン・ジンシャン(中国)



 リオ五輪出場の中国アマエリート、ルーがプロデビュー。すでにAIBAプロリーグのAPBで試合をしていたが、本格プロ初戦はいきなりWBCアジア王座決定戦。ただ、相手は8勝(6KO)9敗のタイ人。過去、戸部洋平らに負けて来日2敗。2月に韓国で同じWBCアジアのフライ級王座決定戦でKO負けしている。興行自体はあまり持ち駒がないのか、海外から選手をたくさん呼んでの「王座決定戦」だらけ。井上尚弥、八重樫東とも対戦した元世界ランカーのサマートレックも出る(相手は6戦無敗のホープ)。
  • コメント 2

10月、WBAミニマム級暫定決定戦、熊が出場

10・3中国・大同
 ▼WBA世界ミニマム級暫定王座決定戦 12回戦
   同級12位・熊朝忠(中国) × 同級4位・ペッチマニー・ゴーキャットジム(タイ)
 ▼WBAインターナショナルSフェザー級タイトルマッチ 12回戦
  王者・スー・ツァン(中国) × WBA世界同級7位・ネオマール・セルメニョ(ベネズエラ) 

10・3米・オーランド
 ▼10回戦
  デボン・アレクサンダー(米国) × ワルテル・カスティージョ(ニカラグア)

 7月に王者ノックアウト・CPフレッシュマート(タイ)が7度目の防衛をしているWBAミニマム級は、10月に暫定王座決定戦が中国で行なわれる。なぜか下位ランカーの熊(ション・チャオジョン)が優遇出場。

  • コメント 7

京太郎、2冠防衛戦が決まるも相手は…

11・4東京・後楽園ホール「最強挑戦者決定戦」
 ▼東洋太平洋&WBOアジア太平洋ヘビー級タイトルマッチ 12回戦
  王者・藤本京太郎(角海老宝石) × 東洋太平洋クルーザー級8位・ランドール・レイメント(豪州)
 ▼日本Sバンタム級挑戦者決定戦 8回戦
  同級1位・中川勇太(角海老宝石) × 同級4位・石本康隆(帝拳)
 ▼日本ミドル級挑戦者決定戦 8回戦
  同級1位・福本祥馬(角海老宝石) × 同級2位・竹迫司登(ワールド)

 ヘビー級2冠王者・京太郎の防衛戦が決定。日本王座の最強挑戦者決定戦興行で行なわれる。

  • コメント 20

9・23 リナレス、ダウン奪うも僅差勝利、パーカー防衛

9・23米・イングルウッド
 ▼WBA世界ライト級タイトルマッチ 12回戦
  王者・ホルへ・リナレス(帝拳) 2-1 同級1位・ルーク・キャンベル(英国)
   ※115-112、113-115、114-113
 ▼北米Sライト級タイトルマッチ 10回戦
  王者・アントニオ・オロスコ(メキシコ) 中止 ロベルト・オルティス(メキシコ)

9・23米・サンアントニオ「WBSS」
 ▼WBA世界クルーザー級タイトルマッチ 12回戦
  王者・ジュニエール・ドルティコス(キューバ) 2回KO 同級6位・ドミトリー・クドリアショフ(ロシア)
 ▼WBC世界フェザー級シルバー王座決定戦
  WBO世界Sバンタム級4位・ノニト・ドネア(フィリピン) 3-0 ルーベン・ガルシア・エルナンデス(メキシコ)
   ※100-90、97-93、99-91

9・23英・マンチェスター
 ▼WBO世界ヘビー級タイトルマッチ 12回戦
  王者・ジョセフ・パーカー(NZ) 2-0 同級1位・ヒューイー・ヒューリー(英国)
   ※118-110 、118-110、114-114

9・23茨城・つくばカピオ
 ▼8回戦
  日本バンタム級7位・高橋竜也(ヤマグチ土浦) × チャットペット・サイトーンジム(タイ)   
  日本ウェルター級4位・別府優樹(久留米櫛間) × ドゥアンピチット・ゲーオクワンリゾートボクシングキャンプ(タイ)

9・23マレーシア・ジョホールバル
 ▼10回戦
  モハメド・ファルカン(マレーシア) × クンドン・チャイヨンジム(タイ)

9・23シンガポール
 ▼東洋太平洋女子フェザー級暫定王座決定戦 8回戦
  ヌルシャイダー・ロズリー(シンガポール) 3回KO シープレー・ノーンキパーフユット(タイ)

 リナレスは序盤、プレッシャーをかけて先制。キャンベルのエンジンがかかる前にスピードを生かした踏み込みでペースを握り、2回に連打からの右ストレートでダウンを奪った。目を腫らせたキャンベルはジャブ、ボディによる幅の狭い抵抗しかできていなかったが、しかし、そのジャブを多彩に打ち込み始め、ディフェンスをしっかりさせながら距離感をつかむと、中盤からリナレスは失速。狙いすぎたこともあり、キャンベルの防御とコンパクトなパンチが光った。終盤はリナレスが力強さで攻勢をアピールする場面もあったが、採点はスプリットによる苦しい勝利となった。ただ、試合後は「マイキー・ガルシアが140ポンドで戦うというのなら僕もやる」と宣言し、さらなるビッグマッチを求めた。キャンベルは「自分が勝っていた」とコメント。予想アンケートでは2番目に多かった「リナレスの判定勝ち」で、blackjeepさんは2-1を予想していたが、思ったより苦戦したという人が多かったのでは。苦しい戦いで反省点もあったが、決定的に危ない場面を作らなかったリナレスはさすがキャリアを感じさせた。心技体が揃う充実ぶりはあって、本人のモチベーションの高まる試合が見たいところ。

 パーカーは、リングをまわってディフェンシブな相手に防衛したが、ジャッジひとりがまさかのドローを付ける変な採点。(片岡亮)



  • コメント 218

チケットぴあ 
↑観戦チケットはこちら







 この場所に広告掲載できます ⇒ お問い合わせ

猫ボク。

NEWSIDER Tokyo

Author:NEWSIDER Tokyo


Journalist Team「NEWSIDER
★プレスリリースから仕事の相談、情報提供など、お気軽にご連絡ください。 
⇒⇒⇒⇒ CONTACT US (Send E-MAIL)

◆無料公開では危なくて書けない!?限定版◆

片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」長期連載中

ボクシング書籍ランキング

ボクシングチケットはこちら
チケットぴあ


※記事中の敬称略をご容赦下さい
※コメント投稿は「パスワード」入力で「なりすまし防止用」の識別コードが付帯されます。


※本ブログの広告(アフィリエイト)からお買い物をされると、掲示商品ではなくても当方に購入額1~3%程度の収益があります。日々更新を続けますので皆様のご協力よろしくお願い致します。★(NEWSIDER Tokyo)

BLOG

LINK

COMMENT

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
19位
[サブジャンルランキング]
格闘技
1位
アクセスランキングを見る>>

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/サンデー毎日/実話ナックルズ/ EX大衆/週刊文春/週刊朝日/週刊新潮/日刊サイゾー/ FRIDAY/FLASH/紙の爆弾/産経新聞/読売新聞/SPA!/実話ドキュメント/週刊ポスト/CIRCUS/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/アサヒ芸能/婦人公論/不思議ナックルズMSNドニッチ//KEITAI BANDITS(バンディッツ)/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/テーミス/LAPOO/スポーツライフ/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同)

WEB ANALYTICS

トラッキング コード

PASSWORD