ラミレス、ハートとの再戦を制す

12・14米・コーパスクリスティ(ESPN+)
 ▼WBO世界Sミドル級タイトルマッチ 12回戦
  王者・ヒルベルト・ラミレス(メキシコ) 2-0 同級1位・ジェシー・ハート(米国)
   ※115-113、115-113、114-114

12・14豪州・フレミントン「BIG TIME BOXING」
 ▼10回戦
  東洋太平洋Sミドル級王者・ジェイド・ミッチェル(豪州) 3-0 キム・ポウルセン(デンマーク)

12・14豪州・パース「THUNDERDOME28」
 ▼10回戦
  東洋太平洋Sフライ級王者・アンドリュー・モロニー(豪州) 中止 クリス・パウリノ(フィリピン)

RAMIREZHART.jpg


 王者はアルツール・アブラハムから王座奪取して、9位・マックス・ブルサク、1位・ジェシー・ハート、4位・ハビブ・アハメド、10位・ロアメル・アレクシス・アングロに4度防衛中。38勝(25KO)、いまだ無敗の27歳。今回はV2戦で3-0だったハートとの再戦。前回の試合(3-0=115-112が2者と114-113)は、ラミレスがジャブを打ち込む相手にプレッシャーをかけ、2回の接近で重い左ボディを連打して相手にヒザをつかせたが、不用意に近づいたところアッパーを被弾することも多々だった。ただ、後半はハートの消耗も見られて、手数はラミレスだったと思う。ハートは北京五輪にも出場しているアマエリート。25勝(21KO)1敗、WBO北米王座を4度防衛してラミレスに挑んだ試合が初黒星。その後、3試合をすべてKOで終わらせリベンジマッチに臨む。同日のオーストラリアでは、東洋太平洋(OPBF)王者のノンタイトルが組まれている。(片岡亮)


  • コメント 1
楽天チケット

コメント

   投稿(一番下へ)

No title

WBOスーパーミドル級王座戦は指名試合で昨年以来のリマッチにもなるカードですね、試合自体は王者が前回の経験を活かして有利と見ます。

それとオーストラリアではOPBFスーパーミドル級王者ミッチェルが試合ですがもしミッチェルが怪我なく勝って村田がSミドル級で試合する気が有るなら両者の対決を見てみたいですね。

村田がSミドル級で通用するかどうかのテストマッチに相応しい相手だと思いますからね。

  • [587188]  2018.12.14
  •  名乗れない人 #-

コメントの投稿

非公開

※コメント投稿者は、以下のガイドラインを了承したものとします。投稿は読者間の意見交換を目的とし、内容に関しては投稿者の責任となります。投稿内容に関しては管理者が予告なく複製、転載、削除等のあらゆる権限を無制限に有します。迷惑行為、運営方針に反するものについては発見次第、予告なく削除されたり、迷惑を被った第3者へのログ記録の提出などをすることがありますが、投稿による第三者への不利益発生については、いかなる損害、問題も管理者が責任を負えるものではありません。(NEWSIDER Tokyo)

チケットぴあ 
↑観戦チケットはこちら






 この場所に広告掲載できます ⇒ お問い合わせ

CONTACT US

RYO KATAOKA(NEWSIDER)

Author:RYO KATAOKA(NEWSIDER)
記者チーム「NEWSIDER」主宰、在マレーシア・クアラルンプールのフリージャーナリスト。頻繁に日本と往復しています。

★仕事の相談、情報提供、広告掲載など、お気軽にご連絡ください。 ⇒ CONTACT US (E-MAIL)

◆さらにディープな「限定版」記事配信中!◆

片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」2006年より長期連載中

ボクシングチケットはこちら
チケットぴあ


※記事中の敬称略をご容赦下さい
※コメント投稿は「パスワード」入力で、なりすまし防止の識別コードが付きます。

ボクシング書籍ランキング

※本ブログの広告からお買い物をされると、掲示商品でなくても当方に購入額1~3%程度の収益があります。日々更新を続けますので皆様のご協力に感謝いたします。★(NEWSIDER Tokyo)

BLOG

LINK

COMMENT

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
19位
[サブジャンルランキング]
格闘技
1位
アクセスランキングを見る>>

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/実話ナックルズ/サンデー毎日/EX大衆/ FRIDAY/FLASH/紙の爆弾/産経新聞/データマックス/CIRCUS MAX/週刊文春/週刊朝日/週刊新潮/日刊サイゾー/ iRONNA/週刊現代/東京新聞/読売新聞/実話ドキュメント/週刊ポスト/週刊大衆/SPA!/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/アサヒ芸能/婦人公論/不思議ナックルズ/MSNドニッチ/KEITAI BANDITS(バンディッツ)/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/J-CAST NEWS/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/テーミス/LAPOO/スポーツライフ/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/バイキング(フジテレビ)/直撃LIVE グッディ!(フジテレビ)/ひるおび(TBS)/スッキリ!(日本テレビ)/サンデー・ジャポン(TBS)/サンデーLIVE!!(テレビ朝日)/新・情報7DAYSニュースキャスター(TBS)/めざましどようび(フジテレビ)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/あさチャン!(TBS)、とくダネ!(フジテレビ)、NEWS ZERO(日本テレビ)/グッド!モーニング(テレビ朝日)/news every.(日本テレビ)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ /サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同)

WEB ANALYTICS


アクセス解析君

PASSWORD