挑戦者決定戦は永野、田中が勝利、ほか日韓戦

10・21福岡・地場産くるめ「日本タイトル最強挑戦者決定戦」
 ▼日本ウェルター級挑戦者決定戦 8回戦
  同級3位・永野祐樹(帝拳) 3-0 同級1位・別府優樹(久留米櫛間) 
   ※77-75、76-75、78-73 
 ▼日本ミニマム級挑戦者決定戦 8回戦
  同級2位・田中教仁(三迫) 2-1 同級1位・榮拓海(折尾) 
   ※74-77、77-76、76-75

10・21韓国・大田広域市
 ▼6回戦
  富施郁哉(ワタナベ) 3-0 ジャン・ミン(韓国)
  中川公弘(ワタナベ) ドロー キム・ヨンミン(韓国)
  有岡康輔(三迫) ドロー クォン・オーゴン(韓国)
  重田裕紀(ワタナベ) ドロー バトゾリク・バトジャルガル(モンゴル)
  飯見嵐(ワタナベ) 中止 リー・ドンクワン(韓国)

FUKUOKA560p.jpg

 ボクシング日韓戦は過去、現在のサッカー日韓戦なみに人気のあった時代がある。韓国ではボクシングがこの上ないほど低迷し、一方の日本は以前より落ちたとはいえ、大晦日の中継やアリーナクラスの興行など一定の人気をキープしている。その差に対し、韓国側からは「日本に勝つためには、日本を学ばなければならない」なんて声も聞かれる。大徳大学で行なわれた興行は、韓国大手企業のMBGグループが後援した。主催者ファン・ヒョンチョル氏はメディアに「ホーム開催の交流戦で韓国選手が全敗するリスクがあっても、日本の強い選手を呼ぶことにした。それこそがボクシング復興に役立つはず」と話した。モンゴルの留学生を含む韓国側が3試合もドローに持ち込んだことは上々の出来だったのだろう。次回は来年4月、東京の後楽園ホールで行なわれる。ちなみに韓国には「はじめの一歩ボクシングジム」なるジムもある。(片岡亮)

  • コメント 7
楽天チケット

コメント

   投稿(一番下へ)

No title

久留米の興行は来年のCC出場を懸けた試合が2試合行われますがともに後楽園で開催されてもおかしくないカードだと思うのでよく地方開催に持ち込めたよなと思ってしまいますね。

試合自体は判定だと永野と田中は不利になりそうでKOを狙ってくると思われるので熱戦を期待出来そうな感じがしますね。

  • [579676]  2018.10.14
  •  名乗れない人 #-

No title

うわわわわ、
村田の件で茫然としてたら、別府くんが負けてるう!!⦅爆

・・・・なんかもう、
ロッドの試合とか含め、;あっちゃこっちゃで人生思惑通りはいきませんわなあと(悟笑

  • [581121]  2018.10.21
  •  宇弓 #LkZag.iM

No title

久留米興行は田中と永野はどちらともダウンを奪っての勝ちだったみたいでやはりマッチマイクの濃さとジムの環境が大きく左右したかもしれませんね。

  • [581129]  2018.10.21
  •  名乗れない人 #-

マッチメイクの濃さは必要ですよね。金メダリストでもマッチメイクが薄すぎたせいで伸び悩んで負けてしまいましたし...

  • [581149]  2018.10.21
  •  名乗れない人 #-

No title

誤記が有りました、マッチマイクではなくマッチメイクでしたどうもすみませんでした。

勝った田中と永野は来年後楽園でタイトルを争う事になりそうですね。

  • [581162]  2018.10.21
  •  名乗れない人 #-

田中辛勝、永野は完勝でした。

会場は小さく、見やすかったです。お客さんは、まあまあ入ってました。
前座の4回戦から逆転KO試合があったりして、盛り上がりました。

ミニマム級の試合は2回に、田中が右フックで奪ったダウンがポイントになりました。6,7,8回と榮が追い上げて、最後は逆転したと、思いましたが。公式採点は、上記のとおり、2-1で田中を支持してました。
ただし、77-74で榮の勝ちは、ないと思います。どちらが勝っても1ポイント差くらいでしょう。折尾ジムの会長がはげしく抗議していました。
また折尾ジムの後援者?の人が、三迫ジムの会長さんを「おまえ」呼ばわりしたようで、三迫会長さんは「おまえ」という言い方はないだろう?と激怒してました。
いかにも、田舎の応援団という感じでしたね。
相手の会長に採点で文句言ってもしかたないのに・・・。
試合自体は、大熱戦でしたよ。

ウエルター級の試合も、重量級らしい激しい試合で、大盛り上がりでした。東京から、松田直樹さん、粟生隆寛、クレイジーキム氏(かれが永野を帝拳に紹介したのです)などが応援にきていました。
驚倒したのは、今年93歳になられる長野ハルさんが来られていたことで、本当にお元気ですね。

試合は初回、いきなり別府が重い右のパンチをヒットさせ、予想どおりでしたが、永野はけっこう貰っていました。しかし、ラウンド中盤から永野はビッグパンチをよく見切るようになりました。
2回に、打ち合いの中で永野は左フックのカウンターでダウンを奪いました。このあとも、永野はボディを攻めます。
試合全体を通じて、ボディを打たれたことがあまりない?別府は、
ボディを打たれるとまっすぐ下がって体を屈曲させます。3回も永野攻勢。
4回は、別府の右が続けてヒットし、永野は手数が減りました。
5~7回は、永野が完全に試合を支配します。手数で圧倒し、ボディを狙います。別府は脚を使って逃げるので、決定的なパンチは貰いませんが、ポイントは来ません。
最終回、このままでは勝てないとみた別府はビッグパンチを振るって前に出ます。これがヒットして、永野はピンチ。しかし、永野はクリンチを上手にしながら、逃げ切りました。
採点は文句なく永野を支持。
別府はレコードは素晴らしいですが、その対戦相手は、最近はすべてアジア人相手で、チャーリー以外は骨のない相手で、キャリアは中身が大事ということを痛感しました。

ともに素晴らしい試合で、試合後は会場は大拍手、高揚感につつまれました。

  • [581242]  2018.10.21
  •  いつも現地観戦します #-

ミニマムの田中は昨年、鹿児島の春口にダウン奪いながらも明らかな地元判定で負けにされたので忖度されたのかな?
その時は三迫会長が激怒していたが今回は貸しを返して貰った形になった。

  • [581284]  2018.10.22
  •  名乗れない人 #-

コメントの投稿

非公開

※コメント投稿者は、以下のガイドラインを了承したものとします。投稿は読者間の意見交換を目的とし、内容に関しては投稿者の責任となります。投稿内容に関しては管理者が予告なく複製、転載、削除等のあらゆる権限を無制限に有します。迷惑行為、運営方針に反するものについては発見次第、予告なく削除されたり、迷惑を被った第3者へのログ記録の提出などをすることがありますが、投稿による第三者への不利益発生については、いかなる損害、問題も管理者が責任を負えるものではありません。(NEWSIDER Tokyo)

チケットぴあ 
↑観戦チケットはこちら






 この場所に広告掲載できます ⇒ お問い合わせ

CONTACT US

RYO KATAOKA(NEWSIDER)

Author:RYO KATAOKA(NEWSIDER)
記者チーム「NEWSIDER」主宰、在マレーシア・クアラルンプールのフリージャーナリスト。頻繁に日本と往復しています。

★仕事の相談、情報提供、広告掲載など、お気軽にご連絡ください。 ⇒ CONTACT US (E-MAIL)

◆さらにディープな「限定版」記事配信中!◆

片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」2006年より長期連載中

ボクシングチケットはこちら
チケットぴあ


※記事中の敬称略をご容赦下さい
※コメント投稿は「パスワード」入力で、なりすまし防止の識別コードが付きます。

ボクシング書籍ランキング

※本ブログの広告からお買い物をされると、掲示商品でなくても当方に購入額1~3%程度の収益があります。日々更新を続けますので皆様のご協力に感謝いたします。★(NEWSIDER Tokyo)

BLOG

LINK

COMMENT

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
18位
[サブジャンルランキング]
格闘技
1位
アクセスランキングを見る>>

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/実話ナックルズ/サンデー毎日/EX大衆/ FRIDAY/FLASH/紙の爆弾/産経新聞/データマックス/CIRCUS MAX/週刊文春/週刊朝日/週刊新潮/日刊サイゾー/ iRONNA/週刊現代/東京新聞/読売新聞/実話ドキュメント/週刊ポスト/週刊大衆/SPA!/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/アサヒ芸能/婦人公論/不思議ナックルズ/MSNドニッチ/KEITAI BANDITS(バンディッツ)/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/J-CAST NEWS/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/テーミス/LAPOO/スポーツライフ/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/バイキング(フジテレビ)/直撃LIVE グッディ!(フジテレビ)/ひるおび(TBS)/スッキリ!(日本テレビ)/サンデー・ジャポン(TBS)/サンデーLIVE!!(テレビ朝日)/新・情報7DAYSニュースキャスター(TBS)/めざましどようび(フジテレビ)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/あさチャン!(TBS)、とくダネ!(フジテレビ)、NEWS ZERO(日本テレビ)/グッド!モーニング(テレビ朝日)/news every.(日本テレビ)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ /サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同)

WEB ANALYTICS


アクセス解析君

PASSWORD