【音論】安室奈美恵、引退ツアー~Finally~(サンデー毎日)

AMURONAMIESUNDAY.jpg

 「サンデー毎日 2018年9/23号」(11日発売)にて、引退直前の歌手、安室奈美恵のグラビア&コラムを手掛けさせて頂いた。

 この仕事が決まっていて追っかけたのではない。自分のチョイスとして引退ツアーを取材し、貴重なプロフェッショナルの姿を見た結果だ。彼女はプロボクサーが試合当日に最高の状態を作るのと似ていて、まるでアスリートのようだった。いま日本の音楽産業は、CDさえ大量に売れればよいという売り手の風潮が強くなっているし、僕は日頃、洋楽主体に聴いている人間だが、彼女のステージは素晴らしく、芸能記者をやっていて良かったとすら思った。MCの少ないことで知られる安室が、その日は少しだけ多く喋った。その中にあった遺言のような言葉を本誌でピックアップした。音楽ファンとしてそれを聞いて、嬉しい気分になったのである。(片岡亮)

  • コメント 58
楽天チケット

コメント

   投稿(一番下へ)

No title

ボクシング山根を追及する裏で、安室を追っかける片岡さん、すごすぎ。

  • [573691]  2018.09.10
  •  名乗れない人 #-

No title

安室は単純に良い歌手
彼女級の歌手は、しばらく出て来ないだろう
計量オーバーのあゆとは比べ物にならない
カリスマって忘れた頃にまた現れるかもね

  • [573694]  2018.09.10
  •  名乗れない人 #-

No title

40歳とは思えない安室

  • [573695]  2018.09.10
  •  名乗れない人 #-

No title

美空ひばり

山口百恵→中森明菜→工藤静香→浜崎あゆみ

松田聖子→聖子フォロワーズ→小泉今日子→中山美穂→グループアイドル→声優アイドル

安室奈美恵→倖田來未

宇多田ヒカル

  • [573696]  2018.09.10
  •  名乗れない人 #-

No title

百恵と聖子は同じCBSソニーだったし共通項多い
両者とも楽曲提供者がやりたいことをやってたし
素材としては最高だったんだろう
安室はどうなんだろその辺

  • [573697]  2018.09.10
  •  名乗れない人 #-

No title

こういうメジャーどころの仕事をするとまた嫉妬の塊の旧徳やひろが発狂しそう

ところで松田聖子の楽曲はかなり消費をされながらも色褪せないのがすごいね

  • [573698]  2018.09.10
  •  名乗れない人 #-

No title

キャンディーズも解散1年前に解散を発表しカウントダウンやってたし、山口百恵も引退半年前だったな
安室もその系譜という感じだ

  • [573699]  2018.09.11
  •  名乗れない人 #-

No title

ピーク過ぎたのにまた盛り返して支持を得るって難しいと思う

  • [573701]  2018.09.11
  •  沖縄ワールドパンク #-

Power to the Punks

私個人的には安室奈美恵に興味は無いのですが、イモトとか安室奈美恵の歌で相当なパワーをもらっているみたいですし、これだけ支持されているというのは、やっぱり多くの人にパワーを与えたってことなんでしょう、大したもんです。

私は自分がパワーを得る音楽が安室奈美恵ではなかっただけで、やはり、勇気付けてもらった歌や衝撃を感じた音楽、カッコええなあと憧れてしまうような音楽、自分なりに色々あります。

音楽で世界を変える、なんて大それたことは出来ないかもしれないですけど、人間1人1人には歌や音楽で勇気や夢、感動や活力を与えることが出来るんですよね。
彼女の歌手活動には大きな意味と価値があったと思います。

歌手を続けるにしてもスパッとやめるにしても、どちらにもそれぞれのカッコ良さってあると思いますが、彼女は後者を選択した訳で、私はその彼女の理想とかファンへの思いというものは、支持してあげたいなあと思います。

  • [573721]  2018.09.11
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

そして、伝説に

安室のファンではないが、それでは、ということで普段買わない「サンデー毎日」を購入。

「安部政治を考える」や、石破記事をとばし、巻末のグラビアへ(笑)

これで引退とは思えない、ショットでした。
「これからも素敵な音楽にたくさん出会ってください」

見た人は“この写真”に向かって云うだろう。

はい♪

  • [573738]  2018.09.11
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

アイ ワナ ヒ〜ロ〜〜♪

色んな分野にアンテナを張って、感性を磨くことは素晴らしいですね。
私も記事読みたいと思います。

  • [573798]  2018.09.11
  •  sugaアール #-

No title

 みなさん、ありがとうございます。僕は中途でレジャー紙に入って、フリーでは無名雑誌とかからやってきたのもあって、「これを取材したい」というより、依頼された仕事はなんでも引き受けて食べてきました。無理難題も多かったですし、都市伝説とかオカルトなんてのもやってきましたから、そこでいくらか力が付いたところがあります。

 芸能はモーニング娘。の特集が最初だったと思います。何のツテもないので、コンサート会場に行って熱狂的な追っかけたちに話しかけ、彼らを集めて座談会をやったんです。その後にメンバー本人へのインタビューをやるようになり、ファンには見せない顔をうかがい知ることができました。当時はまだ僕もリングに上がってましたので、そっちでの付き合いからタレントと直接、触れ合う機会もありました。そんな風にして経験を重ね、スクープを出したり、週刊誌に毎週、情報を提供する側にもなりました。

 まだまだ未熟ですけど、それなりにスキルや情報網が身に付いたところもあるかなと思います。仕事のモチベーションはシンプルに「自分がこれはと思ったものや、人が知らないことを伝える」で、伝達屋の仕事人になれたらいいですね。読んだ人に「へえ、そうなんだ」と思ってもらえたら幸いです。

  • [573870]  2018.09.11
  •  ★ 片岡亮 (NEWSIDER) #-

EARTHSHAKER

ここはせっかくご提供いただいたスレッドですので、活用させてもらわなきゃ損、損ってことで、、、
何を書こうかなあと悩むところですが、とりあえず音論という事で音楽関係でいってみようかなあ。
のんびりマイペースに、ボチボチと、エッチラホッチラと、そしてこっそりと投稿して行こうと思います、、、


記念すべき1発目はこれで。

https://www.youtube.com/watch?v=aD5ovXjj-2E

小6か中1くらいの時、私の従兄が聴いていて、おお、こういうのがカッコいいのかあ、とロックに興味を持つきっかけとなったBAND。
ボーカルの口、やたらとでけえなあ、と思っていました。
やっぱりこういうきっかけとなったBANDってのは、いつまで経っても忘れられないし、好きなもんですね~。
最初に聴いた(聴かせてもらった)アルバムはFugitiveでした。
うーむ、思い出すぜ、ガキだったあの頃を。

  • [576906]  2018.10.02
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

一気に3つ

Earthshaker の次に従兄から聴かされたのが、BOOWY、REBECCA、LAUGHIN'NOSE でした。

特にBOOWYについては従兄も夢中だったようで、今はこういうのがカッコいいんだぜと言われて、へぇそうなんだ、と、BOOWYをよく聴きました。実際、まわりの奴等も夢中でしたなあ。


その頃一番最初に聴いたBOOWYのアルバムは、確かPSYCHOPATH でした。
https://www.youtube.com/watch?v=BObLfoI6DY4

REBECCAはアルバム、MAYBEE TOMORROW
https://www.youtube.com/watch?v=WzNEwUIHVFA

LAUGHIN'NOSEはメジャーの1stアルバムでしたね。
https://www.youtube.com/watch?v=foIbzhIPFJQ


中3くらいまではBOOWYを一番よく聴いてました。
ライブハウス武道館へようこそ、とか、絶対みんな一回は真似して言っているはずだし、BEAT EMOTIONの氷室ポーズも誰でも一度はマネしたんじゃないかなあ。

  • [576958]  2018.10.03
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

No title

読売巨人の慶応ボーイ、高橋監督が辞任だそうです。
おれとしては日本一の汚い川?(爆)と入団当時云われた江川監督希望ですが、ナベツネでは起用しないだろうな。

野球ファンはいないだろうが、一応カキコ。

  • [577011]  2018.10.03
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

JUN SKY WALKER(S)

ああ、昨日そんな発表があったようで、、、
ついこの前、高橋由伸は続投、という話が出てホッと胸をなでおろしていたのに、、、
来年の監督にはまた原の名前が挙がっているようですが、そんな事して来年もしジャイアンツが強くなってしまったら一体どうするつもりなんだよ、と思いましたね。



さてさて、

中3のころ、それまでBOOWYをよく聴いていたのですが、途中からパンクロックの方にググッと傾倒していきました。
その頃なんで一気にパンクロックに向かったのか今では定かではありませんけど、多分イカ天(私はあまり見てなかった)とかそういうのが流行ってきて、まわりがそういう雰囲気になっていったんじゃないかなあと思います。
まわりにギターを買うヤツとか出てきたのもこのころでしたね。

ということで、LAUGHIN'NOSEの1stとかを改めて聴き直しはじめたと思うのですが、その中でもファッション共々流行ったのがJ(S)Wでした。ひとつ抱きしめて、というアルバムはよく聴きましたね。聴きやすい楽曲で、今聴いても悪くないですね。

https://www.youtube.com/watch?v=UsTfVdzX794

みんなこぞって白いロングスリーブのTシャツにブラックジーンズ、そしてラバーソールって感じでしたなあ。
似合ってるヤツはあんまりいなかったけど。

高1くらいまではよく聴いてましたなあ。

  • [577116]  2018.10.04
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

No title

Jun Sky Walker・・・? ロックバンドもいろいろありますよね。
氷室、布袋なんかはカラオケ演歌派(爆)でも、わかりますが。

CHAOSさんは柔道をの片手間に、ギターも嗜んでいたと思われます。うん、女の子にモテたでしょう。チェッ(←?)

  • [577119]  2018.10.04
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

KENZI & THE TRIPS

柔道は中途半端でしたしギターは始めて早々に断念しました。
BANDに憧れて、バイトしてお金をためてエレキギターを買ったんですけど、いざやってみると、、、現実は厳しかったですね。
女っ気なんてまるでなくて、いっつもツレとつるんでふざけてばかりでしたし、そっちの方が気楽で楽しかったですね。
ただ密かに憧れのマドンナは居ましたけど、キレイで勉強も運動もなんでも良く出来て、、、高嶺の花ってヤツでしたなあ。


妙な身の上話になってしまってすみません、、、

こうなったら、さっきのジュンスカともう1個、書いておこうかなあ。
これも従兄の影響で聴きはじめたBANDですが、最初はこのヴォーカルの声質やスタイルは受け入れがたかったんですけど、繰り返し聴いているうちに癖になるというか、のめり込んでしまいました。
最初に聴いたアルバムは、Bravo Johnny は今夜もHappy End でした。

https://www.youtube.com/watch?v=bnpq-fNBNYw

当時これはなかなか流通してなくて、ダビングにダビングを重ね音質が最悪になっているテープからさらにダビングしてもらって聴いてましたなあ。

ああ、この頃かなあ、Wラジカセ が一気に普及したんですよね。カッコよかったなあ、Wラジカセ。
その後一世を風靡するコブラトップ形が出る前でしたね。

ストリーミングとか、くそくらえですなあ。

  • [577122]  2018.10.04
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

Princess Princess

中学のころから聴いていましたが、Diamonds で一気にブレイクという感じだったですかね。

最初に聴いたアルバムはLET'S GET CRAZY でした。確かこれが3rdアルバムだったかな。そこからシングルでDiamondsがあって、4thアルバムがLoversだったと思いますが、みんなLoversにはDiamondsが入っているだろうと思っていたら入ってなかったんですよね。

私はその辺から過去に遡って、HERE WE AREとかTELEPORTATIONといったアルバムを聴きました。
アルバムごとにちょっとずつ色合いが異なっていましたが、当時はHERE WE AREが私のフェイバリットでしたね。

https://www.youtube.com/watch?v=dIyPT7UB1LU

やっぱ今見てもカッチョいいですね、中山加奈子のSG。
私は奥居香派でしたが。

  • [577267]  2018.10.05
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

LAUGHIN' NOSE

ほかにもちょこちょこ色んなBANDを聴いたのだと思いますけど、、、

ここへ来て、LAUGHIN' NOSE に2度目の強烈なパンチを食らうんですよね。彼ら、進化したというか、本性を現したというか、回帰したというか、、、

メジャーの1stを聴いて、そのあとSOS、LAUGHIN'ROLLと、おおカッコいいじゃん、と聴いていましたが、
このライブアルバムに遭遇して、私の音楽の好みというか方向性は決定的となりました。

彼らが私に与えた影響は、フォーエバーですな、きっと。
彼らに出会えたことは、私の人生においてラッキーでした。
それくらいの存在であり、きっかけです。

そして、これに関しては私の従兄も噛んでなくて、周りのツレの情報とかそういうところから、ある意味自分で発掘したというか、辿り着いたというか、、、そういうところも大きかったのかなあ、、、

この衝撃、ハードコア感、カッコよさには横っ面をぶん殴られたような感じでしたね。パンクのリアルを感じましたなあ。

https://www.youtube.com/watch?v=eAdvoebYzPM


こっから彼らのINDIES時代に遡ったりもして、そしてまたそこで衝撃を食らって、、、みたいな感じで、あの頃はラフィンにはぶっ飛びまくりでしたなあ。

ラフィンにはこのあとも(というか今でも)たびたびヤられるんですが、それはまた今度。


いまだに現役というのが最高にヤクい、、、ヤク過ぎるゼ。

  • [577333]  2018.10.06
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

やばい、、、

好きすぎて?書くのを忘れましたがな、LAUGHIN'のライブアルバムのタイトルを、、、

Live BLACK BOX です。

これはぶっ飛びますぜえええ!!


  • [577335]  2018.10.06
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

X

ラフィンに夢中で毎日のように聴いて、通学中や学校でもウォークマンでガッシガッシと聴きまくっていたころでしたが、
たけしの元気が出るテレビからブレイクしたXが、メジャーアルバムBLUE BLOODをリリースしたんですよね。これは衝撃的でした、特にYOSHIKIのツーバスとHIDEのギターが。

それまでヘビメタ自体聴いてなくて、というよりも毛嫌いしてたんですけど、Xはカッコ良かったですね。
そこから遡ってインディーズ時代のアルバム、VANISHING VISIONにはやられましたなあ。

https://www.youtube.com/watch?v=BnnD0u8jlhk

でも、私が好きなのはその2枚だけ。
それ以降は歌謡曲っぽくなっちまってロックが薄れてしまった感じがして、響いてこなかったですな。

私にはX JAPANじゃなくて、X です。

  • [577392]  2018.10.06
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

COBRA

そんなこんなでラフィンに夢中だった高校時代ですが、なんとそのラフィンからベースのPONとギターのNAOKIが脱退してしまうんですなあ、これがまた。
これは痛かったですなあ。

ラフィンはベースにワンタン、ギターにベレーが加入してもう少し続くのですが、脱退したPONとNAOKIは2人揃ってCOBRAというOi PunkのBANDに加入するんですなあ、これがまた。
あの頃ガキだった私は、Oiって何なんンだ?と思っていました。

OiとはUK Punkの歴史を紐解けば何となく分かりますけど、要するに、リアルなワーキングクラス(ブルーカラー)のガキ共が、見た目質素で音楽的にも非常にシンプルだけどコーラスとかメロディとかなかなか盛り上がるPunk Rock を演ってまして、その辺の連中をひっくるめてOi Punk となった訳ですなあ。

で、その辺のエッセンスを取り入れたのがCOBRAという訳です。

Voのヨースコーは当時は見た目がイマイチでしたけど、声はカッコいいんですよね、歌も上手いですし。
そこにPONとNAOKIが加わって、Drのキーヤンもナイスなドラマーですから悪いわけがないですよね、COBRA。

https://www.youtube.com/watch?v=q3hQGtz3gGs


COBRAも解散したり復活したりで今に至るですが、Voのヨースコーの健康状態が今一つだという話もあって、ちょっと心配です。
まだまだ頑張って欲しいBANDですからね。

  • [577681]  2018.10.07
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

Hardcore Unlawful Assembly

ああ、、、COBRAもアルバムのタイトルを書くのを忘れていました。
メジャーデビューアルバムのOiOiOi はリアルタイムでしたね。1曲目のTOKIO RIOT は最高です。2ndも3rdもいいですよ。



で、そのCOBRAとかLAUGHIN'とかのインディー時代へと興味が向いていって、遡って行った先で遭遇したのがこのオムニバスのアルバム、「ハードコア不法集会」でした。

https://www.youtube.com/watch?v=Oz35rchlZCU

これは当時の私にはかなりの衝撃でしたね。
ここまでハードコア感というか地下のシーンみたいなものには触れたことがなかったので、、、
(コブラもラフィンもPOPでしたからね)

当時はちょっと敬遠気味でしたね、このアルバムは。
ここまでダークで暴力的というかメタリックというか、このアルバムのサウンドからは、音楽って楽しくてカッコよくなきゃ!なんてものは微塵も感じられない、ただただヤバさとか緊張感一辺倒な感じがして、良さが理解できませんでした。
こんな曲演ってて楽しいのか?と、甚だ疑問でしたね。

聴いていて恐怖を感じるような音でしたが、インパクトが強烈で、印象には強く残りました。
情報も少ない時代でしたからね、余計に自分の中でドロドロした地下シーンのイメージを作り上げていた感がありますなあ。

しかしこのアルバムが後々、私のバイブル的なアルバムになろうとは、、、その時は思いもよらなかったですなあ。


MOBS、GISM、LIP CREAM、THE CLAY など、まさにハードコア。
地下のシーン(Under Ground)ですが、これらのBANDは世界中に影響を与えている、凄いBAND達です。
この頃の日本のハードコアはオリジナリティが強烈なんですよ、世界のそれと比べても。引けを取らないどころか上を行ってます。
みんな凄いセンスを持っていたんだなあと、今聴いても思いますね。

80年代の日本のハードコアは世界一だと思います。最高。

  • [578771]  2018.10.09
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

おっと、訂正。

THE CLAYはハードコア不法集会には入ってませんね、GREATEST PUNK HITS の方だったみたいです。

別の機会に書こうと思ってましたけど、ここで書いてしまっとくかな。

このオムニバスアルバムも80’sジャパニーズ・ハードコアのバイブルのようなアルバムです。「GREATEST PUNK HITS」

THE CLAY や、G-ZETなど、メチャクチャカッチョいい!

https://www.youtube.com/watch?v=fq3QhsF2hyk


話が前後してアレですけど、ハードコア不法集会にはZOUOが収録されていますね。これも独特なダーク・ハードコアでカッコいいです。ZOUO、好きだなあ。
関西と関東でなんとなくそれぞれカラーがあるのも面白い。こんなところにまで地域性というのがあるんですよね。
無論、関西も関東もどちらのBANDもカッコいいです。

ハードコアは掘り下げていくと、地方のBANDでもメチャクチャカッコいいBANDが居たりするんですよね。
そういう面でもハードコアは最高です!

  • [578772]  2018.10.09
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

Sex Pistols

さて、ちょっち前に山マサさんとの会話でギターの話が出ましたが、高校時代にエレキギターを買って、早々に断念したのですが、断念する前はスコアブックなども入手して練習の真似事みたいなことをしてました。うーむ懐かしいですなあ、、、



で、ラフィンのスコアブックの最後の方にBANDプロフィールみたいな記事があって、そこに好きなアーティストというところでSex PistolsのBAND名を見つけたんですよね。

名前は知っていましたけど、洋楽なんてまったく興味も無かったし知識も無かったので聴いたことがありませんでしたが、やっぱPUNKなら聴いておくのは基本だろうな、と思い、近所のCD屋さんでピストルズのCDを買ったのです。「LIVE AND LOUD!」を。

なんでスタジオ盤ではなくライブ盤を選んだのか、その時のことは覚えていませんが、とにかくこれを買って、ついに洋楽の世界へと一歩足を踏み込んだんですよね。

https://www.youtube.com/watch?v=wHiGR0iuTUo

この前から衝撃、衝撃と書きまくってますが、このピストルズはかなりの衝撃でした。メロディが無いようであるようで、ヴォーカルも今までの概念に無かったような感じで、、、
でも聴く前からなんとなく抱いていたSex Pistolsのイメージとバッチリ重なって、これだあぁっ!と、来ましたね~~、Sex Pistols。
もうヘビロテで聴きまくりましたなあ。

やっぱ今でもピストルズには特別な気持ちがありますね。

彼らはオリジナルアルバムは「勝手にしやがれ」の1枚しか出してなかったので、ブートっぽいライブアルバムとか、サントラ盤とか、そんなのを聴き漁りましたなあ。
そして、ピストルズをきっかけに、海外PUNKへと一気に傾倒していきました。関連の雑誌とか本もよく買ったなあ。


そんあなこんなで強い思い入れがあるSex Pistolsですが、よく彼らの音はポップだという意見を見たり聞いたりしますけど、私はポップだと言われると違和感を感じるんですよね。
確かにハードコアとかそんな感じではないですけど、こいつらの音はポップとはちょっと違うと思うんですよね、あのメロディがあるとも無いとも分からないような感じと、あのヴォーカルが。

唯一無二の存在なんですよね。
(、、、と、最後にボクシングの話と強引につなげてみる。)

  • [579084]  2018.10.11
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

No title

おれはCHAOSさんより、多分(いや絶対)上(汗)の世代で、ギターはクラシックで、6千円(それでも、親に願い願い)のものを、中学時代に手にしました。練習したのは「禁じられた遊び」(笑)
メロディを弾くだけでなく、コード(だっけ?)というのもあって、ピッグ(だっけ?)も買いました。

が、根気がなく・・・

高校時代はギターなど忘れました。今思えば、続けていればよかったと・・・(汗)

  • [579087]  2018.10.11
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

THE CLASH

あー、コードは面倒くさいですよね、こことあそことこれを押さえてジャーンと、、、鳴ればいいんですけど、指の変なとこが要らんところに触っててミュートしてしまうという、、、


ピストルズまで来ましたので、こっからはしばらく初期パンクロック路線ですかね~。

高校を卒業して大学生となり、その間は完投で過ごしたのですが、学生時代はPUNKのガイドブックみたいなヤツやDOLLというPUNK雑誌を買って情報を得たり、ツレからの情報を得たりしては、東京のCDショップへ出かけてちょいちょいCDを買ってました。
最初のころはHMVとかタワレコ、Virgin MEGA STORE などに行っていましたが、やがて、またまた雑誌等で情報を得て、PUNK専門店とか、DISKUNIONがメインとなりました。

ああ、そのころ初めて輸入盤とかも知りましたね。
(最初はなんで安いCDがあるのかよく分かりませんでした。)


まあそんなこんなで、、、
ピストルズからの関連でPUNKの御三家みたいなBANDということで、THE CLASH、THE DAMNED を入手したと記憶しています。

THE CLASH は、アルバム名も「白い暴動」でしたし、メンバーの写真もPUNKでカッコいいし、ガイドブックでもかなりの名盤みたいな紹介のされ方でしたのでかなり期待して買ったのですが、、、
買った当初は肩透かしを食らったというか、え?こんなもん?という感想でしたね。

ピストルズのインパクトが強すぎたので、しっかりとメロディがあって音作りはかなりシンプルで、ギターもバリバリ来るわけでもなく、ボーカルだってまあ普通じゃね?と思っちゃったんですよね。

今にして思えば、なんと自分には音楽のセンスが無かったのだろう、なんと視野が狭かったことだろう、と思いますなあ。
我ながら情けないっすねえ。

結局ちょっと時間が経ってからカッコ良さが分かりました。
というか、メチャメチャカッコいいです、紛れもない名盤でした。
捨て曲無しです!

https://www.youtube.com/watch?v=FRqZxvMtDZA

  • [579212]  2018.10.12
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

THE DAMNED

うおっ、変換ミスが、、、

>その間は完投で過ごしたのですが、

大学4年間を完投で過ごしたって一体、、、関東の誤りでした。



Sex Pistols、THE CLASH とくれば、THE DAMNED ですね。
あの当時はクラッシュを聴いてあんな印象を持ちましたから、ダムドのCDを買うときは不安がありました。
最初に買ったアルバムは1stの「地獄に落ちた野郎ども」でしたが、なんせジャケットもカッコ悪かったですからね。
期待薄~って感じでしたな。

ところがこのアルバムは違いましたなあ。
何だろう、メロディはカッコいいメロディがきちんとあって、ヴォーカルもカッチョいい声で伸びやかに歌い上げるんですけど、やっぱり音かな。発する音のすべてがもう歪んだ音塊となっていて、野蛮というか下品というか、でも雰囲気があって、メチャクチャカッコいいんですよね。コイツにはヤられましたなあ。
一聴すると荒っぽい感じですけど、ミュージシャン然とした技術も感じられてムチャクチャカッコいいんです。

1曲目のNEAT NEAT NEAT はベースのイントロからガス・ガス・バーン!とはじまる最高の幕開けです。
このアルバムは他にもいい曲が満載ですけど、なんと言っても7曲目のNEW ROSE ですね。
初っ端からスピード感があって疾走していくのに、そっからさらに絶頂まで上り詰めていく最高の名曲です。
天才だな。
NEW ROSEはヘビーローテーションで聴きまくりましたよ。

https://www.youtube.com/watch?v=TUxFQ5QBiYk

この頃のギターはブライアン・ジェームスで、彼のソロ作品、「ヤツにギターを持たせるな」というのもあったんですけど、これは全然大したことなかったような気がしますね。
ほとんど記憶にございません。

  • [579301]  2018.10.12
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

SHAM 69

高3の頃か学生になってからか忘れましたけどその辺で、ツレがD.O.A.というビデオを入手したのでダビングして何度も何度も繰り返し見てました。'70sUK Punk Rockシーンの空気をビンビン感じてましたね。

そのビデオにも登場するのが今回のBAND、Sham69 です。
イメージとは裏腹にそれこそポップな曲調なのですが、なんせヴォーカルが野太い声でガナッててカッチョいい!

https://www.youtube.com/watch?v=CYZ5XoHxC3I


ものの本によるとこのBANDがOiの走りみたいな感じだそうですが、そう言われてみればそういう感じもします。
でもそんなカテゴライズなんてどうでもよくて、迫力あるカッコいいパンクってだけでグダグダ評論家みたいな御託は要らねえぜ、って感じですな。

最初に買ったアルバムは国内盤のLIVE AND LOUD2!でした。
このバンドはライブが最高。スタジオ盤は悪くないけど今ひとつ。ライブ盤には敵わないですなあ。
スタジオ盤はなんかお行儀がいいんですよね、ヴォーカルも。だから迫力が削がれてしまっててこのバンドの良さが出し切れてないような気がします、、、まあ決して悪くはないんですけどね。

ちなみにシャムの曲はシンプルというか、、、簡単な曲が多いので、私でもギターでコピーできました。
簡単なのにカッチョいい曲ってのは、センスあるなあと思いますね。


  • [579460]  2018.10.13
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

STIFF LITTLE FINGERS

当時は海外のPUNK BANDに関してはまったく無知でしたので、真っ白のまま、というか、ピストルズのイメージを引きずったまま、それに匹敵するようなBANDを探し求めていた、という感じでした。

当時はネットなんてもんもそんなに普及しておらず、私もまったくの無縁でしたし、今みたいにyoutubeなんてものも無かったので、視聴して良ければ買う、なんてことは不可能で、ガイドブックの解説やジャケットなどを頼りにCDを買ってみて、結果、良かったとか失敗したとか、そんな事を繰り返していましたね。

これも当時買ったガイドブックで見つけたBANDなんですけど、今となっちゃあ有名な部類に入るこのBANDも、そんな感じで妙な期待と不安を抱きながらCDを買ったのですが、、、これはヒットでした!
アルバム名は、「INFLAMMABLE MATERIAL」。

バリバリに歪んだギターに、声質もシャウトもカッコいいヴォーカル。それに何より曲がいい!いまだに好きなアルバムです!

https://www.youtube.com/watch?v=RBYoNYuUVk0


前のモハメドアリのスレにも書いたはずですが、何故かこのアルバムを聴きながら金田一耕助シリーズの小説を読むのが好きでした。
なんだろう?英国特有というか、若干翳りのあるメロディラインが、陰気な田舎とか戦後のどさくさとかの背景やら、陰惨な殺人やらと妙にマッチするのかなあ?妙にしっくりくるんですよね。

そうそう、翳りのある旋律と言えば、UK PUNK と US PUNKでは、同じPUNK ROCKでもその空気感がまるで違うんですよね。お国柄が出ているというか。
どちらにも良さはありますけど、この頃はやっぱりUK PUNK の方がカッコよく思えて好きでしたね。
US PUNKもいいBANDは勿論良かったんですけどね。

  • [579887]  2018.10.15
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

No title

CHAGE and ASKA、出荷・販売を停止されてた作品が販売再開

●CD
 ASKA the BEST Selection 1988-1998 / ASKA(YCCR-00004)
 kicks / ASKA(YCCR-00005)
 ONE / ASKA(YCCR-00011)
 NEVER END / ASKA(YCCR-00017)
 SCENE II / ASKA(YCCR-00023)
 SCENE / ASKA(YCCR-00029)

●DVD
 共謀者ID / ASKA(YCBR-00004)

●CD
 NOT AT ALL / CHAGE and ASKA(UMCK-1057)
 STAMP / CHAGE and ASKA(UMCK-1140)
 DOUBLE / CHAGE and ASKA(UMCK-1217)
 CHAGE and ASKA VERY BEST NOTHING BUT C&A / CHAGE and ASKA(UMCK-1296)
 SCENE I & II (LIMITED EDITION) / ASKA(UMCK-9131)
 SCENEIII / ASKA(UMCK-1199)
 SCENE OF SCENE~SELECTED 6 SONGS FROM SCENE I, II, III~ / ASKA(UMCK-9141)
 STANDARD / ASKA(UMCK-1336)
 12 / ASKA(UMCK-1347)
 君の知らない君の歌 / ASKA(UMCK-1375)

●DVD
 ASKA CONCERT TOUR GOOD TIME / ASKA(UMBK-1075)
 CHAGE and ASKA CONCERT TOUR 01<<02 NOT AT ALL / CHAGE and ASKA(UMBK-1034)
 CHAGE and ASKA CONCERT TOUR 02-03 THE LIVE / CHAGE and ASKA(UMBK-1058)
 MUSIC ON FILMS / CHAGE and ASKA(UMBK-1056)
 36度線-1995夏- / CHAGE and ASKA(UMBK-1077)
 CHAGE and ASKA COUNTDOWN LIVE 03>>04 IN SAPPORO DOME / CHAGE and ASKA(UMBK-1076)
 チャゲ&飛鳥 熱風コンサート / CHAGE and ASKA(UMBK-1079/80)
 CHAGE AND ASKA CONCERT TOUR 2004 two-five / CHAGE and ASKA(UMBK-9138)
 DOUBLE DVD / CHAGE and ASKA(UMBK-1116)

  • [580040]  2018.10.16
  •  隠し剣 #-

DEAD BOYS

ちょっと真面目そうに書けば、、、
UK PUNKは社会や政府に対するアンチテーゼというか何かしら主張を持っている感じがあるのに対し、US PUNK はファニーなんですよね、楽しもうぜ、パーティーだぜ、みたいな。

MetalやHard RockなんかでもUKとUSではそんな感じで空気感が違うように思いますし、たしかどっかの音楽ライターさんの説によると、その地域の気候も影響しているのではないか、なんてのもあって、、、でもそれもあながち嘘でもないというか、関係ありそうな気がしますよね、確かに。

で、US PUNK からこのBAND。

https://www.youtube.com/watch?v=d4zqKceaCj4

たしかガイドブックで、ニューヨークのピストルズ、的な紹介をされていて気になったんですよね。なんせまだまだピストルズにどっぷりと毒されていた時期でしたから。
最初に買ったアルバムは「YOUNG LOUD & SNOTTY」でした。
1曲目からカッコいいですし、ピストルズっぽさがあると言えばある。ただやっぱりアメリカン的な感じです。
私は6曲目のCaught With The Meat In Your Mouthが好きです。

お勧めです。



  • [580041]  2018.10.16
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

No title

 よく聴いたのはRAMONESで、その後はBAD RELIGIONです。CLASHやPOSTOLSも聴きましたけど、若いときにまわりにいたパンクスがひと時代遅れのちょっとダサい感じだったんで、ファッション的にハマれなかったのと、アメリカにいたからですね。

  • [580044]  2018.10.16
  •  ★ 片岡亮 (NEWSIDER) #-

RAMONES

RAMONESは基本中の基本ですよね!
BAD RELIGIONは活動自体は早かったようですが一気にブレイクしたのはGREEN DAYとかのメロコアで火がついてからでしたね。
たしかBAD RELIGIONのメンバーは博士号を持ってたりして結構なインテリなんですよね。彼らは自分らでEPITAPHというインディレーベルも立上げて、インディと言いつつかなり大きなレーベルに発展してますよね。(今はどうなっているかは知りませんが、、、。)

アメリカで、生のPUNK ROCKを肌で実感されたというのは、ものすごく羨ましい話です。



ということで、今日はもう一丁、RAMONESもいっちゃおうかな。

https://www.youtube.com/watch?v=yCW7Aw8ugOI

クーッ、カッコいい!
シンプルなのにカッコいいBANDの最高峰がRAMONESです。

ただ私は、最初に買ったアルバムが1stの「ラモーンズの激情」でしたが、初めて聴いた時は、このアルバムは失敗したなあと思ったんですよね、実は。
パンクというよりもポップミュージックにしか聴こえなかったんですよね。単調な曲ばっかりだし、ヴォーカルはSweet Voiceだし、、、

それで当分の間RAMONESからは遠ざかっていたんですけど、ライブ盤の「It’s Alive」を聴いたのですが、これでガツンときましたね。
やっぱラモーンズはライブだなあ。

そっから2nd、3rd アルバムを聴いて、こりゃあいいなあ、と。

今では1stも愛聴盤です。

  • [580050]  2018.10.16
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

DEAD KENNEDYS

アメリカは国土がだだっ広くて、同じアメリカ国内でも東海岸と西海岸、あるいは都市ごとに独自のカラーがあるみたいです。
たしかにニューヨークのPUNK BANDとLAのPUNK BANDでは曲が醸し出す空気感に違いを感じますね、私でも。

ニューヨークのBANDはよくアート的だと言われますが、西海岸は、、、いい意味でちょっち田舎っぽいのかな、ストレートというかなんというか、まあそんな感じがします。

で、西海岸のPUNK BANDで私が初めて買ったのが、この不謹慎な名前のBANDのアルバムだったはずです。
1stアルバムですが、邦題はズバリ「暗殺」。

https://www.youtube.com/watch?v=Qr6NOsluHYg

でもカッチョよかったですね。一発で気に入りました。
ややポリティカルでシニカルな歌詞もいい感じ。もちろん音もGood。

ヴォーカルのジェロ・ビアフラは変わり者のようで、元々はしがない舞台役者だったと何かの本であったような、、、だから独特の表現力があったり、そのほか市長選だか知事選に出馬したり(アホらし)、色んな活動をしている人みたいです。

2ndやそれ以降はハードコアというか、速い曲調になっていき、1stのようなフックの効いたメロディが影を潜めるのですが、カッコいいと言えばカッコいいです。
でもやっぱ1stには敵わないかな。

ポル・ポトとか、時代を感じさせますよね。

  • [580175]  2018.10.17
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

GERMS

たしかDEAD KENNEDYS を聴いて、なるほど西と東ではカラーが違うんだなあなんて感じ取って、西海岸もカッコいいじゃんって思っていたところに、、、いや、少し時間が経ってたかなあ、、、DOLLというPUNK情報誌の特集でカリフォルニアPUNK50選みたいな記事があって、そこで見つけたのがこのBAND。

https://www.youtube.com/watch?v=tYhgcH7yrVc

カリフォルニアのPUNK BANDではこれが一番カッコいい。
と思う。個人的に。

この外れてるのか外れてないのかよう分からんヴォーカルに、ピストルズの面影を感じたのかもしれません。
買ったアルバムは(MIA)というDISCOGRAPHYみたいなヤツで、彼らの曲はほぼ網羅してるんじゃないかなあ。

たしか渋谷のHMVで買ったような記憶があります。
このアルバムに限らないんですけど、雑誌で見て、それを店で見つけた時って嬉しいんですよね、やっぱり。
あの頃のああいうドキドキ感、刺激は貴重な体験でしたなあ。CDショップに行くのが本当に楽しかったです。

ジャケットは黒い背景に青い輪っかだけの超・単純なものですが、どうやらこれは彼らのシンボルマークらしい。CDケースがブルーの半透明のヤツで、ブックレットも厚くて、これは良かったですね。

これは名盤でした、Buy or Die ってヤツですな。

  • [580298]  2018.10.18
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

Johnny Thunders & The Heartbreakers

これは元New York dollsのギタリスト、Johnny Thundersが中心となって結成されたBANDで、PUNKのガイドブックで名盤中の名盤と紹介されていたアルバムです。その名もズバリ「L.A.M.F」。

私が初めて買った時は、ガイドブックに載っていたのとはジャケットが違っていて、内容もライブ盤(D.T.K)とのカップリングとなっており、スタジオ盤の「L.A.M.F」も曲順がオリジナルと違うもの(リミックス版らしい)でした。

この「L.A.M.F.」というアルバムは、何といってもガイドブックでの紹介のされ方が凄くって、PUNK ROCKの名盤というにとどまらず、すべてのROCKという括りの中でもベスト10に入るくらいの名盤といってもよいだろう、ということで、かなりの高評価でした。

https://www.youtube.com/watch?v=DgtkTUwegVQ
(この動画ではJohnnyがギターを持ってない、、、珍しいですね。)


実際にアルバムを聴いてみて、確かにカッコいい!
さすがはJohnny Thunders、ギターが歌いまくっててカッコいいのはもちろんですが、若干おぼつかないようなヴォーカルがなぜか絶妙で、ロッカー然としたシャウトでありながら可憐な繊細さも持ち合わせているカッコよさ。色気があるっていうヤツかな。
Johnny Thundersの他のアルバムも持っていますけど、そのどれよりもHeartbreakersでのヴォーカルが一番カッコいいですね。

曲のセンスも最高ですし、これは自信を持ってお勧めです。

  • [580647]  2018.10.21
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

NEW YORK DOLLS

ジョニサンから遡る形で聴いたのがこれです。

たしか本にはグラムっぽいとかそういう感じで書かれていて、確かにジャケットもメンバーの風貌(女装系、お化粧系)もそんな感じで、年代もPUNKの波が来る少し前の73年?とかでしたので、ああ失敗するのかなあなんて思いながらも買い求めたんですよね。
Same Titleの1stアルバムを買ったのですが、たしか国内盤なのに2000円以下のお得なプライスで販売されていたと思います。

で、聴いてみて、これがまた最高。

1曲目のPersonality Crisisからド派手な曲でもろにPUNK ROCK。
アルバム全体を通しても本当にカッコイイ曲ばかりでした。今でも愛聴盤ですね、このアルバムは。
なんであんなに安かったのだろうと、不思議に思いますなあ。

https://www.youtube.com/watch?v=OK54TwB81tc


余談ですが、後日、といっても相当後日、METAL BANDのGuns N' RosesがPUNKのカバーアルバムをリリースしまして、その中でドールズの2ndアルバムからの曲を演っていて、これがなかなかカッコいい仕上がりだったものですから、これは元ネタを聴かなきゃな、とドールズの2ndアルバム(背徳のジャングルだったかな)を買いに走って早速聴いてみたのですが、これはイマイチでしたなあ。
ジャケットがカッコよかったので期待したんですけどね。

ドールズは1stに限りますな!

  • [581678]  2018.10.24
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

Misfits

もう一丁アメリカのBANDより、有名どころを。

このホラーチックでゴツい音、でもメロディアスだしコーラスパートも多分にあって、、、
でも一番のインパクトはやっぱりグレン・ダンジグのヴォーカルですね。声量があって抑揚もよく伸びやかに、そして自信満々で歌い上げるこのヴォーカル。カッコいいです。

https://www.youtube.com/watch?v=WhWarlEMvS8

最初に買ったのは1stアルバム「Walk Among US」でした。
ズバリ、これは名盤です。
パンクっぽさが漂うチープな音質ですが、曲がシンプルでフックが効いてて1曲ごとにストーリー性が感じられて申し分ない出来です。
あと、ベスト盤もなかなか良かったですなあ。

2ndアルバムの「Earth A.D.」はハードコアっぽく速さを求めた感じになっていますが、メロディアスな部分とかストーリー性みたいなものが影を潜めてしまい、決して悪くは無いんですけど、1stには敵わないなあという印象を持っています。


彼らはファッションというか見た目も凝ってるみたいで、みんなマッチョな筋肉質にデビロックヘアーで実に画になります。
(と言いつつ、私はあまりデビロックヘアーはカッコいいとは思わないのですが、、、)
この辺のセンスも実にアメリカンですよね。

  • [581783]  2018.10.25
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

The Jam

ぐりりりーんっとイギリスに戻って、これまたメジャーどころをば、、、


PUNKのガイドブックには必ず記載があるし、評価も高いです。
でも当時の私はなかなか彼らの音源を買うことに踏ん切りがつかなかった、、、なんで背広着てんの!?

そして何個か記事を読んでると彼らのレビューには必ずモッズとかネオモッズとか書いてあって、、、んん!?PUNKじゃないの!?
黒人音楽(タムラモータウン、だったかな?)をルーツに持つジャンルとか何とか、、、んんん!?

ああ、3ピースってのも、当時の私には今ひとつ魅力を下げる要因だったかなあ。BANDなら4人か5人!みたいな固定観念に縛られてましたからなあ。

そんな感じで当時の私は、視野の非常に狭~い、知識も薄~い、情けないほど貧弱な守備範囲・許容範囲でしたから、そういう情報を見たり読んだりすると、ああーPUNKじゃないならパスだ、パス、って感じで、なかなか聴いてみようという事にはならなかったんですよね、、、

そんなこんなでようやく入手した1stアルバム「In The City」。

聴いた時、ガガーンでしたね。
私は一体どれだけの時間を無駄に過ごしてしまったんだ、と、悔やまれました。それくらいカッコよかった!
確かにピストルズとかの直球のPUNK とは一味違いますし、ポール・ウェラー達自信もPUNKと同列に見てほしくなかったらしいですが、、、このほとばしる情熱というか熱い音はまさにPUNK!
ムチャクチャカッコええですがな!

https://www.youtube.com/watch?v=Wbfw1YfeAlA

やっぱり自分の耳で聴いてみなきゃ駄目じゃなあと、つくづく痛感しましたね。


そのあと3rdアルバムを買ったのですが、当時の私には全然ダメで、早々に売ってしまったと思います。1stのあの勢いがなかったのだと思います、、、あまり覚えてないけど。

ただ今聴けば、また違うかもしれませんね。

  • [581874]  2018.10.26
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

THE BOYS

さて前回のコメントでイギリスに戻ってきた訳ですが、、、

イギリスにはピストルズやクラッシュ、ダムドといったメジャーなPUNK BAND以外にも、一般にはあまり知られてない(と思う)カッコいいBANDがたくさんあります。

と言いながら、かく言う私もその辺のBANDを開拓し始めたのは数年前?(とにかく割と最近)からなのですが、
その辺を開拓したいという気持ちになった経緯としましては、実は、ラフィンノーズの影響が大きいです。

再結成してからのラフィンは、直球PUNKやハードコアナンバーに留まらず実に幅広い音楽性を提示し始めたと思っているのですが、
これは彼らも歳と経験を重ね、いい感じで吹っ切れて、パンクとかハードコアといった枠を取っ払ってしまって、いいものはいい、という境地へと達したからである、と思っています。

実はラフィン以外の日本のパンクBAND、例えばSTAR CLUBなどにもそうした傾向がうかがえると感じているのですが、
特にラフィンノーズはポップな曲から、オールディーズ、どうかすると歌謡曲っぽいメロディーまで、もう自信を持って堂々たるラフィン・ワールドを展開しているのですが、
彼らのそうした曲の元ネタというか、影響を与えたと思われるBAND達が、イギリスの所謂メジャーどころではない、ややもすると世間ではB級などと呼ばれているBANDにあるのではないか、と発見し、そうしたBAND達に興味が湧いてきたのであります。


前置きが長くなりましたが、
そんなこんなで見つけた、イギリスのメジャーではないPUNK BANDの中でも特A級のキラーナンバーが詰まっている音源が、THE BOYSの1stアルバム「THE BOYS」です。

https://www.youtube.com/watch?v=p0gDjsgQHK4

これはハッキリ言って衝撃でした。
ムチャクチャカッコいい!!こんなBANDを知らずに過ごしてきたなんて、何て勿体ない事をしたのだ、と思いましたね。
なんとも遠回りしましたなあ。


ただ最近では、、、PUNKを聴きはじめてから30数年になりますが、いまだにこうして衝撃的な出会いがあるってのは逆に幸せなことなんじゃないかなあ、なんて思ったりもします。
それに若かったあの当時、貧弱な感性を持っていたこの私ですから、果たしてこの曲と出会っていても気に入っていたのかどうか、自分自身のことながら半信半疑です。
あの頃避けていたからこそ、今、この歳になっても尚、これだけの名盤と出会うことが出来る、そういう考え方も出来るのかな、なんて思っています。


でもTHE BOYSは、、、きっとあの頃でも気に入ってただろうなあ。

それくらいイカしてるBANDです!

  • [582284]  2018.10.30
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

The Undertones

これを聴いた時は、キターーーと思いましたね。
私の中では、ポスト・メジャーPunk Band の最右翼として位置付けてもいいくらいのBANDです。

日本のPUNKから始まって、初期PUNK、ハードコア、グラインドコアとどんどんスピードを求めていたあの頃の私なら、絶対に受け入れられなかったであろうこのBAND。

スピードやインパクトに極端に傾倒した結果、突如として(と言いつつ、まあきっかけみたいなものはあったのですが、それはまた別の機会に、、、)、なんとなくほのぼのとしたポップでスウィートで心地よいサウンドが妙に新鮮だったんですよね。
やっぱ、新鮮さって大切ですね。


持っているアルバムはBAND名とSame Title の1stアルバムで「The Undertones」ですが、まあ、最高ですな。
何かを突き抜けた後のラフィンに通じるというか、、、いや、ラフィンは確実にこやつらの影響を受けているのではないかと勝手に勘ぐっています。それくらい、いい。

https://www.youtube.com/watch?v=PinCg7IGqHg

この辺の音楽性は、やっぱりイギリスっていう地域性も大きく影響してるんじゃないかなあ、なんて思う今日この頃です。
(アメリカのBANDではこの音は出せないんじゃないかな、多分。)

  • [582468]  2018.11.01
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

The Carpettes

このBANDは、敢えて表現するならばThe Boys と The Undertonesの中間というか、足して2で割った感じと言うか、そんな感じ。
いや、そう言っちゃうと誤解を招くか、、、

とにかく、スピード感もありつつセンスのいいメロディで、でも曲のピークは聴く者の心を鷲掴みにする感じで盛り上げる、実にナイスな曲のオンパレードなんですよね。
レゲエみたいな曲もありますがアルバムを通して聴くといいアクセントになっていると思います。

そうそう、で、持ってるアルバムが、1stと2ndがカップリングされたお買い得みたいなアルバムなのですが、私は2ndアルバムの「Fight Amongst Yourselves」が気に入ってます。
(初期のシングルもかなりいいらしいが、持ってない。)

スピード感も物理的に速いって訳じゃなくて、曲が醸し出すスピード感、疾走感ってヤツで、やっぱりこういうのは才能・センスだよなあと思いますなあ。

https://www.youtube.com/watch?v=VrnR0_vf5qo


しかし、The Boys とか The Undertones とか The Carpettes とかを聴いていると、Punkってのは何の事は無い、単純にシンプルなロックンロールだなあってつくづく思いますね。
シンプル・イズ・ベスト。 
だから飽きが来ないし、いつまでもカッコいいんですよね。

  • [582529]  2018.11.02
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

The Users

このバンドも一連の、メジャーではないバンドの発掘、によって出会ったバンドで、、、最高。

多分Punk Bandってのはアルバムでは勝負して無くて、一発一発の強烈な楽曲で勝負してんだろうなあって感じで、私が持っている彼らのアルバムもシングル集みたいなやつで、「Secondary Modern 1976 - 1979」ってアルバムなので、アルバムTOTALでの作品にはなってないのだけれど、一曲一曲がまことに痺れます。

https://www.youtube.com/watch?v=ZDGQt_cuQHY

The Whoのカバーなんかもやってますけど、やっぱりそういうルーツというか、下地にしっかりと根付いてるものがあるんだろうなあ。
カッチョいいです、まことに。

一言で言えば、これまたシンプルなロックンロールです。

もっと陽の目を見てもいいと思うんですけど、逆にあまりメジャーではない存在だからこそイカしてる感じもするし、発掘した時の喜びもひとしおって感じです。
ギターの音なんて、出だしのリフ一発でぶっ飛びでしょー!!

これは聴かなきゃ損ですよ!!



  • [582739]  2018.11.03
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

AUTOMATICS

このBANDの独特のひねりというか、ひねくれ?センスには多少のニューウェイブっぽさも感じつつ、結構ロカビリーっぽくもあるのではないかと、個人的には思っています。

私が持っているアルバムは「Walking With The Radio On」というヤツです。

https://www.youtube.com/watch?v=JoHRGV9fWQo


彼らのことは詳しくは知りませんが、たしか、UndertonesとかUsersとか、メジャーではないのにこんなにメチャクチャカッコいいBAND達がいたんだ!という感情の高ぶりから、
もっと彼らみたいなBANDは居ないかなあ~、と、持っていたディスクレビューとかPUNKガイドブックを何回も読み直して見つけたのがこのBANDでした。
レビューを見てピーンと来たというか、これはいいかも、と思って入手したのだと思いますが、当りましたね~、これは。

ディスクレビューを参考にCDを購入する場合は、レビューの内容も重要な情報源ですが、誰が書いたレビューなのかってのも重要な判断材料なんですよね。
やっぱり、この人が推奨するBAND、音源なら間違いない、って人が居るんですよ。

  • [583201]  2018.11.05
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

Buzzcocks

これは一般的にはメジャーなPunkの部類に入るだろうなあ。
でも私にとっては非主流。
さらに言えば、若かりし頃はこのBANDはあまり好きではなかったです、その頃の私にはPOP過ぎて。
年月が経ち、UndertonesやUsersに脳天をぶん殴られたお蔭で彼らの良さが解ってきたのかもしれませんなあ、、、

Automaticsよりもさらにひねくれたヴォーカルとも言えますが、でも決してニューウェイブとは感じない、やはりパンクロックです。
メロディ的には初期のThe Whoなんかにも通じるものがあるのでは、と個人的には思っていますが、まあイギリス的ですね。

https://www.youtube.com/watch?v=hIQYOHopSbs

私が持っているアルバムはシングル・コンピレーションで、「Singles Going Steady」ってヤツです。

やっぱり彼らも基本はシングル曲で勝負するBANDだったのかなあ、ドラマチックでいい曲が詰まってます。

  • [583371]  2018.11.06
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

The Vibrators

今回のBAND、私が持っているアルバムは、でっかいV が印象的なジャケットの1stアルバム「Pure Mania」です。

PUNKガイドブックとかディスクレビューでは必ずと言っていいほど、職人的、と書かれている彼らですが、私にはどこが職人的なのか今ひとつ解りません。
おそらくは技術的にしっかりとしたベースがある、しっかりとした演奏をしている、という事だと思うのですが、1stアルバムはいかにもPunkっぽいチープな音質なので、巧いのかどうなのか私にはよく分かんないんですよね。
 (私の耳なんてそんなレベルです)

https://www.youtube.com/watch?v=FuThaApsY7E

曲調は基本、切ないというか泣きのメロディーなんですけど、後半は結構勢いのあるナンバーもあったりして、なかなかいいアルバムだと思います。
ディスクガイドによっては名盤と書かれていたような記憶がありますが、名盤というほどでもないと思いますが、味はあります。

ヴォーカルはひねくれてなくストレートです。
個人的には、ラモーンズの1stとかと通じるものを感じるというか、、、
でもやっぱりイギリスのカラーが色濃く出てますね。

  • [583708]  2018.11.08
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

Anti-Nowhere League

ヴォーカルの名はAnimal。
これはたぶん動物って訳すんじゃなくて、野獣とかケダモノって訳すんだろうなあ。

ルックスは決してカッコいいPunk Rocker ではありません。どちらかというとやや古いセンスというか、下品で粗暴で卑猥なワイルドさがムンムンと伝わってくる暑苦しいルックスです。
まあ、、、みんながSid ViciousみたいなカッコいいPunksに成れる訳じゃないからね。

https://www.youtube.com/watch?v=lOM3ucG4iV8

ということで最初はあまり期待していませんでしたが、曲はメチャクチャいい、メチャクチャいいんですよ。2回言うくらい、いい。
声はルックス通りの野太いがなり声ですけど、シャウト一辺倒ではなくてセンスあるなあと思わせてくれます。
曲の方もセンス抜群、緩急もあって、、、私、普通ならゆっくりはキライなんですけど彼らの場合はセンスがいいですから聴けちゃうんですよね~、、、実に痛快なRock'n'Roll Album に仕上がっています。
捨て曲なんてもんは一切なし!!

おっと、熱が入り過ぎてアルバム名を書き忘れるところでしたが、アルバム名はズバリ、「We Are ... The League」。

おお、これまたひねりもなんもないタイトル、実に彼ららしい。
これ1stアルバムです。
 (2nd以降はあんまり良くないらしいから持ってません。)

ストレートなロックが好きな人にはお勧めです。

  • [583823]  2018.11.09
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

ミニ情報

CHAOS様
パンクの博識ぶり 流石ですなぁ‼️
ワタクシからは空手のミニ情報を😄
明日のTBS[情熱大陸] 空手競技 中量級 ワタクシの一推し、西村 拳選手が出ます。
是非 ご覧になってみて下さい。

  • [583866]  2018.11.10
  •  ウストレ〜(冬限定 龍) #fLvxZtS.

The Rezillos

ウストレ〜(冬限定 龍) 様

情報をありがとうございます、早速録画予約をしておきました。
龍さんの一推しということですのでどんな選手なのか興味があります、拝見させていただきます。

今回は以前龍さんに紹介させていただいたことのあるBANDです。
BANDのコンセプトが結構明確で、50'sとか60’sのSFっぽいイメージを曲にもファッションにも前面に押し出しているBANDです。

そんな感じなのでちょっとコミカルな感じもするのですがシリアスなだけがPunkじゃない!ってことで、、、あと、男女ツインヴォーカルってのも個人的にはポイントが高くてお気に入りのBANDです。

https://www.youtube.com/watch?v=7EaV27Ao4WE

持っているのは1stアルバムの「Can't Stand the Rezillos」ですが、ボーナストラック?のライブもGoodです!



P.S.
その後BAND名をThe Revillos と改名しているそうです。

  • [583998]  2018.11.11
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

TOY DOLLS

前回のRezillosからコミカルつながりということで。

コミカルだけどコミックBANDというにはちょっと言い過ぎのような感じで、そして聴くものを馬鹿にしてる感じはPunk的であると言えるし、見た目は細身でツンツンヘアーでグラサンでPunkっぽい。

果たして一体どこが聴くものを馬鹿にしてるのかと言えば、まずはあのヴォーカル。なんなんだその声は。バカにしてんのか!?
そしてギター。まあヴォーカル兼ギターなんですけど、メチャクチャ巧いじゃん、コミカルな曲なのに。バカにしてんのか!?
そしてコミカルな曲なのに歌詞は結構シニカルだったりします。

と、そんな感じで、シリアスではなくマッチョでもない、こんなPunk Rockの提起があってもいいじゃないか、ってことで、大好きだったBANDです。彼らのアルバムは結構集めましたね。
最初に買ったのは1stの「Dig That Groove Baby」で、そっからベスト盤やライブ盤をのぞいて「Absurd-Ditties」までは持っているはず、多分。ああ、ライブビデオも持ってたなあ。

最近、WOWOWで007が一挙に放送されましたので今回はこんなものを張り付けてみます。
 (今月も一挙放送があるみたいですね。)

https://www.youtube.com/watch?v=_SDvb3cjPQg


彼らの曲はコミカルなのでPunksにとっては好き嫌いがはっきりと分かれると思いますが、私はアレを半笑いで?マジで?やっている彼らの姿勢を支持します!

  • [584147]  2018.11.12
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

Generation X

これはメジャーなBANDですが、私はPunk Rock というよりは、どちらかというとBad Boys 的な感じで受け止めていますね。
Rocker然とした風貌に派手派手なサウンド、そして泣きのバラードみたいな曲もあって、、、彼らを好きになったのは結構最近です。

https://www.youtube.com/watch?v=f_y3_CCVY8Q


持ってるのは1stアルバムのSame Title「Gneneration X」です。
彼らの名曲、Ready Steady Go は結構色んな人にカバーされているようですが確かにカッコいいです。
One Hundred Punks って曲もカッコいいです。

カッコいいメロディがちゃんとあってルックスもいいですから、万人受けしそうな感じと言えばそんな感じですかね。
詳しくは知りませんが、ヴォーカルのビリーアイドルはこのBANDの後に渡米してソロで大成功をおさめたとか。

Punkのような社会への反抗とかひねくれ天邪鬼というよりは、素直にロックが好きなセンスあるガキ共って感じですかね。
悪くないですね。

  • [584509]  2018.11.13
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

The Electric Chairs

これはアメリカのBANDなんですけど、PunkRockのドキュメンタリームービー「D.O.A」に収録されていたと記憶しています。

コイツらが強烈なのは、何と言ってもヴォーカルがオカマってこと。
今ほど、心と体の不一致、に対しては寛容ではなかったと思われる時代に、それを前面に打ち出して、何とも下品でカッコいいロックンロールを演奏してるんですよね。
(のちに手術をして本当に性転換してしまったらしい。)

https://www.youtube.com/watch?v=PTDa5cGqkVo

このBANDのアルバムは長らく探していたのですがなかなか見つからなくて、割と最近になって再発?された紙ジャケのヤツを入手しました。
ほんの数年前ですね。ようやく入手できた、って感じだったなあ。

買ったのは1stアルバム、Same Titleの「THE ELECTRIC CHAIRS」です。
音は結構シンプルな、正統派のロックンロールって感じですね。

  • [584925]  2018.11.15
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

Angelic Upstarts

私がまだガキの頃、Oi Punk というジャンル名を聞いた時に、Oi Punkの「Oi」とは何ぞや、と思っていましたが、その後Punkのガイドブックかなんかで「Oi」の由来が説明してありまして、これでようやく意味が解るわぁと思ったのですが、、、

なんでもイギリスの炭鉱夫とか労働者たちが人を呼ぶときに使う言葉なんだそうです、へぇ~日本の「おい」ってのと同じなんだ、と思ったもんですが、
まあ結局、そういう労働者階級とかあまり生活水準の高くない層の若者たちがPunk Rockに触発されて、自分達でもPunk Rockをやり始めて、そいつらが演るPunk Rockを言い表すのにOi Punk という名前を付けた、みたいな感じの説明でしたね。

結局、Oi の意味が解ったような、解らんような、、、もう意味なんてどうでもええわ、となりました。
要はフィーリングですな、フィーリング。どう感じるかです。
Oi と感じたらOi。そうじゃなかったらOiじゃない。


まあとにかく、当時のイギリスはかなりの階級社会で閉塞していたそうで、階級社会の底辺の人達はそういうブルーワーカーから抜け出そうと思っても抜け出せずに、生活も厳しいまま、色んな不満ややるせなさを抱えながら、日々の生活を送っていたようです。
なので彼らからしてみれば、ピストルズなどPunksの連中すらも、アイツら学校に行ける中流の坊ちゃんじゃねえか、という目でみていたらしいです。

まあそんな彼らなので、演奏は決して上手くないし音はチープで曲も至ってシンプルな曲なんですけど、、、何なんでしょうね、そんな中にもキラリと光るメロディとか、センスが垣間見えるんですよね。
(ただ単にヘボいBANDも居ますけどね。)

しかし一体あれは何なんだろう?と不思議に思います。
イギリスでは教育とか生活のレベルがどうあれ、良質の音楽に触れる機会が身近にたくさんあるのだろうか?
あるいはお国柄で生まれながらにそういうセンスというか、そういう血が脈々と受け継がれているのか、、、?
実に不思議です。


ということで、Oi の説明に随分と費やしてしまいましたが、、、
そんなOi Punkの中からこのBANDを。
その名もズバリ、天使のような成り上がり者たち!

https://www.youtube.com/watch?v=NWYnCPEKB10

学生の頃、このBANDの1stアルバム「Teenage Warning」と2ndアルバム「We Gotta Get Out Of This Place」を探しましたけど、なかなか無かったですねえ。最初に買ったのは3rdアルバムの「2,000,000 Voices」 だったはずです。
1stと2ndは社会人になってからようやく入手しました。
そのあとシングルのコンピレーションアルバムみたいなヤツ「Angel Dust (The Collected Highs 1978 - 1983) 」を買ったんですよね。
彼らはシングルで本当にいい曲を出しています。

Oi Punk、いいですよ。

  • [585011]  2018.11.16
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

Cockney Rejects

アップスターツと来たら次はコレしかない!

https://www.youtube.com/watch?v=21GZmzrF368

I'm not a Fool! 実に単刀直入な訴えで惚れ惚れしますね。

ところがどっこい、私は彼らのベスト盤しか持っていません、、、
いつも1stと2nd は買いたいと思っているのですが、まあいつでも買えるだろ、と他のCDを優先させてしまっています。
そんな時はいつももう一人の自分が、そのうち廃番になって買えなくなっても知らねえぞ!って注意してくるんですけど、、、
よし!必ず入手するぞ!!きっと、、いつか、、そのうち、、、

ということで私の持っているベスト盤「The Very Best Of Cockney Rejects」ですが、これぞStreet Punk、これぞOi!といういい曲が詰まっています。

Punkのガイドブックに彼らの事を「素」と言い表してレビューを書かれた方がいらっしゃいましたが、もう、その通り!それが全て!

当時のイギリスの悪ガキ共の「素」を記録した貴重な音源です。

  • [585318]  2018.11.19
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

THE BUSINESS

アップスターツ、リジェクツと来たら次はコレしかない!

https://www.youtube.com/watch?v=eu0AYb4HvWo

最初に入手したのはPunkガイドブックでも名盤と名高い1stアルバム「Suburban Rebels」だったのですが、すみません、今ひとつ好きになれなかったんですよね、私は。

で、そこから彼らからは遠ざかっていたのですけど、動画だったかなあ、彼らのその後の作品を聴いたら、ナニコレ?カッコいいじゃん、となりまして気にはなっていたのですが、出張の際に立ち寄ったCD店で彼らの3rdアルバム「Welcome To The Real World」を発見したので、すかさず買い求めました。

これはカッコいいです。
COBRAをはじめとする日本の多くのPunk Bandに影響を与えているんじゃないかなあ。それらしきフレーズがちょこちょことあったりしますので、そんなところもGoodです。


よくある定説ですが、、、Punk Band は1stが最高、という説があって、実際、その説は多くの場合に当て嵌まるのですが、、、
彼らの場合は違いましたね。個人的な見解ですが。

THE BUSINESSの場合は、断然3rdアルバム推しです。

  • [585374]  2018.11.20
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

THE EJECTED

アップスターツ、リジェクツ、ビジネスと来たら次は、、、という訳ではないですが。

音を聴くと、いかにもOiっぽいな、という感じでなかなかGoodです。

持っているのは1stアルバム「A Touch Of Class」ですが、Punkガイドブックではこのアルバムのジャケットはダサい、と、散々に書かれていましたなあ、、、そんなに言うほどか?と思いますが。

https://www.youtube.com/watch?v=R8TGKdC1uas

ダサいかダサくないかと訊かれたら、、、まあ、ダサいですかね。

(女性陣はBANDのメンバーって訳ではないようです。)


2ndアルバムは動画で聴いただけですが、1stと比べるとサウンドがかなり向上していて垢抜けていて、音楽的な成長というか進歩というか、そういったことが感じられます。
レゲエ調のナンバーも入ってたりしていい作品だと思いますが、私が知る限り、現在のところオークションとかamazonとかでかなり高値となっているんですよね。なので入手には至っておりません。

この書き方だと、じゃあ2ndのほうが1stよりもいいの?って思われる方もおられるかもしれませんが、私がお答えするとしたら、どちらにもそれぞれの良さがある、という感じですかね。
(いや、マジで)

  • [585419]  2018.11.21
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

コメントの投稿

非公開

※コメント投稿者は、以下のガイドラインを了承したものとします。投稿は読者間の意見交換を目的とし、内容に関しては投稿者の責任となります。投稿内容に関しては管理者が予告なく複製、転載、削除等のあらゆる権限を無制限に有します。迷惑行為、運営方針に反するものについては発見次第、予告なく削除されたり、迷惑を被った第3者へのログ記録の提出などをすることがありますが、投稿による第三者への不利益発生については、いかなる損害、問題も管理者が責任を負えるものではありません。(NEWSIDER Tokyo)

チケットぴあ 
↑観戦チケットはこちら






 この場所に広告掲載できます ⇒ お問い合わせ

CONTACT US

RYO KATAOKA(NEWSIDER)

Author:RYO KATAOKA(NEWSIDER)
記者チーム「NEWSIDER」主宰、在マレーシア・クアラルンプールのフリージャーナリスト。頻繁に日本と往復しています。

★仕事の相談、情報提供、広告掲載など、お気軽にご連絡ください。 ⇒ CONTACT US (E-MAIL)

◆さらにディープな「限定版」記事配信中!◆

片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」2006年より長期連載中

ボクシングチケットはこちら
チケットぴあ


※記事中の敬称略をご容赦下さい
※コメント投稿は「パスワード」入力で、なりすまし防止の識別コードが付きます。

ボクシング書籍ランキング

※本ブログの広告からお買い物をされると、掲示商品でなくても当方に購入額1~3%程度の収益があります。日々更新を続けますので皆様のご協力に感謝いたします。★(NEWSIDER Tokyo)

BLOG

LINK

COMMENT

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
19位
[サブジャンルランキング]
格闘技
1位
アクセスランキングを見る>>

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/実話ナックルズ/サンデー毎日/EX大衆/ FRIDAY/FLASH/紙の爆弾/産経新聞/データマックス/CIRCUS MAX/週刊文春/週刊朝日/週刊新潮/日刊サイゾー/ iRONNA/週刊現代/東京新聞/読売新聞/実話ドキュメント/週刊ポスト/週刊大衆/SPA!/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/アサヒ芸能/婦人公論/不思議ナックルズ/MSNドニッチ/KEITAI BANDITS(バンディッツ)/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/J-CAST NEWS/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/テーミス/LAPOO/スポーツライフ/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/バイキング(フジテレビ)/直撃LIVE グッディ!(フジテレビ)/ひるおび(TBS)/スッキリ!(日本テレビ)/サンデー・ジャポン(TBS)/サンデーLIVE!!(テレビ朝日)/新・情報7DAYSニュースキャスター(TBS)/めざましどようび(フジテレビ)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/あさチャン!(TBS)、とくダネ!(フジテレビ)、NEWS ZERO(日本テレビ)/グッド!モーニング(テレビ朝日)/news every.(日本テレビ)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ /サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同)

WEB ANALYTICS


アクセス解析君

PASSWORD