日本Sフェザー級 末吉、判定防衛

5・30東京・後楽園ホール「ダイナミックグローブ573」
 ▼日本Sフェザー級タイトルマッチ 10回戦
  王者・末吉大(帝拳) 3-0  同級1位・東上剛司(ドリーム)
   ※3者とも98-91
 ▼8回戦
  日本Sフェザー級10位・正木脩也(帝拳) 3-0 シン・ヒョンジェ(韓国)
   ※3者とも80-71
  日本ウェルター級6位・永野祐樹(帝拳) 5回2分49秒TKO 同Sウェルター級4位・長濱陸(白井具志堅)
  日本Sフライ級8位・梶颯(帝拳) 1回2分26秒KO キチャン・キム(インドネシア)
  波田大和(帝拳) 8回2分32秒TKO 草野慎悟(三迫)

 末吉が大差で防衛。初回からアグレッシブに売ってきた挑戦者に応じた右フックでダウンを奪うスタート。こういう劣勢時の反撃は東上の持ち味で、必死に食らいついていくが、末吉はワンツーで試合を地味に裁く本来のスタイルに。大きな見せ場はないが、クリーンヒットの数は明らかで、5回終了時に50-44、49-45、49-45。東上はポイントを取れない不安どおりの展開。東上はなんとか激戦に引き入れようと強いフックを打っていたが、的確性とディフェンス面で末吉が上。最後は東上のヒットを機に打ち合ってもいたが、試合をひっくり返すまでの場面はなかった。(片岡亮)



 5月5日から延期された興行。セミ正木は前回1月、三代大訓に初黒星で再起戦。9勝(5KO)1敗。相手のシンは8勝(2KO)7敗、13年に長嶺克則にKO負けしていて、前回3月の韓国王座決定戦でもKO負けしている。
 ランカー対決は全日本新人王で豪快な一発を持つ11連勝中の永野(13勝(10KO)2敗)が、井上岳志の日本王座に挑戦したことがある長濱陸(8勝(4KO)1敗1分)と対戦。ほか、9勝(7KO)無敗の梶は、8勝(2KO)5敗1分のインドネシアンと対戦する。(片岡)


 末吉2度目の防衛戦が5月に開催。相手は前王者の尾川堅一(帝拳)に挑戦予定だった東上になった。尾川の世界挑戦決定により、当時5位だった東上の挑戦が流れ、挑戦者決定戦で2位・高畑里望(ドリーム)を下したのが末吉。17勝(11KO)1敗、27歳。アマ出身、過去に江藤伸悟や三瓶数馬を下しているが、後の東洋王者・伊藤雅雪には新人王戦で敗れている。タイミング重視の鋭いジャブを当てるが、攻めが単調になりがちではある。2月の1位・大里拳との初防衛戦は、3回にダウンを奪われながらも相手の傷口が広がってTKO防衛となった。ただ、試合後に挑戦者陣営から「末吉のバンデージに問題」と抗議を受けている。
 挑戦者の東上は14勝(3KO)15敗5分、37歳。相手と噛み合えば熱戦も少なくないタフな選手だが、勝利に結びつかないことが多いタイプ。4位・杉田聖、2位・金子大樹に連敗中、尾川へのタイトル挑戦が流れて、前回12月にタイ選手を一蹴した。デビューから約15年、悲願の王座初挑戦は根性ファイトだけではない「勝つための」試合を見せたい。(片岡亮)
3/13
  • コメント 20
JAL日本航空 先得

コメント

   投稿(一番下へ)

東上は戦績以上に本当にいい選手ですね
年齢的にも最後のチャンスだと思うので
楽しみにしてます。

  • [545834]  2018.03.14
  •  名乗れない人 #-

バンテージ問題は結局どうなったのですか?

  • [545878]  2018.03.14
  •  名乗れない人 #-

No title

バンテージ問題って???

  • [545898]  2018.03.14
  •  バンダ #-

No title

タイトルマッチで異物物が入ったグローブを使って相手の顔を腫らせて勝ったという評価がついて回るのはしかたないでしょうね。

それを工夫と捉えるか卑怯と捉えるかは別として。

  • [545923]  2018.03.14
  •  ジャム #-

No title

試合自体は末吉が勝つ確率が高そうですね。

まあ1位と連続して戦う姿勢は良い事だと思いますね。

  • [545936]  2018.03.14
  •  名乗れない人 #-

No title

末吉のバンテージの件はもうわからないでしょう。
試合が終わってだいぶたちますし、その場でグローブを見せてもらうしかありません。
ドリーム陣営はその辺の対策もしっかりしたほうが良いかと。
まあ、もちろん事実だったかどうかわかりませんが。

  • [546047]  2018.03.15
  •  光太郎 #-

世界タイトルはバンテージを巻く時に相手陣営も立ち会いますよね?
日本タイトルはないですよね。
それ以外の試合なんて普通に自由に巻けちゃいますし、ルール化した方が良いですよね。
拳2つで戦う競技で、その武器に100%の公平性が担保されないとしたら、危険極まりないです。

  • [546056]  2018.03.15
  •  LWB #-

No title

前座試合は正木と梶はお手頃外国人との対戦で見応えに欠けますが永野VS長濱と波田VS草野の試合は実力伯仲な感じで面白そうな試合を期待出来そうですね。

  • [558614]  2018.05.23
  •  名乗れない人 #-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • [560562]  2018.05.29
  •  - #

バンテージの件は一体何を根拠にネット上で噂されてるのか全く分かりません。

  • [560578]  2018.05.29
  •  作蔵 #-

No title

バンテージって世界戦以外は、相手陣営立ち会いは無いんですか?

そんなら何してるか?わかんないですよね。(苦笑)

帝拳も信用失ってますわな。(苦笑)
尾川のドーピングに、この末吉のバンテージ疑惑ですか?

如何に帝拳が他の業界人から胡散臭く見られてるかの証左ですかね。

ホンダ会長って、ボクオタが思うよりも業界じゃ嫌われてるんだろうな、今までも帝拳パワーを使って色々暗躍してたんでしょうし、薬師寺vs辰吉戦の裏側を書いた本でも薬師寺陣営は、かなり嫌がらせをされたみたいですからね。(苦笑)

事実帝拳を敵に回すことになった薬師寺さんは、再起を断念せざるを得なかったってその本に書いてましたが。(苦笑)

  • [560661]  2018.05.30
  •  ハイロ67 #-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • [560662]  2018.05.30
  •  - #

No title

当時だけど、「辰吉vs薬師寺」より、「鬼塚vs辰吉」を実現してほしかったよな。そんな記憶がある。

そういや末吉もガッコの後輩(汗)なんだよね。特に応援してないが(笑)

  • [560663]  2018.05.30
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

スレチ

日本W級 暫定王座設置へ
>5月15日の決定戦で丸木凌介(天熊丸木)に競り勝った新藤は試合で痛めた右手関節が全治3ヵ月の見込みで初防衛戦が遅れることから、同級は暫定王座が設けられる方向だ。

なんかW級暫定 多いですね・・・

ユーリ阿久井が 遅まきながらF級正式転級

  • [560687]  2018.05.30
  •  kaiban4 #-

汚れちまった悲しみに今日も小雨が降りかかる。

これ、末吉が勝っても返上しかないだろう。

  • [560699]  2018.05.30
  •  ジャム #-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • [560716]  2018.05.30
  •  - #

No title

>日本W級 暫定王座設置へ

新藤はウェルター級ではなく一つ上のSウェルター級ですね。

暫定王者決定戦は1位渡部と2位長濱or3位丸木の間で行われそうなのでカード自体は面白そうですね。



  • [560725]  2018.05.30
  •  名乗れない人 #-

No title

末吉、判定、承知。

  • [560760]  2018.05.30
  •  山 マサ #ziwa4Zsw

末吉は内藤と同じで国内レベルでパンチ力に欠ける。
世界は無謀では?
(そういう意味では伊藤も同じ)

  • [560822]  2018.05.31
  •  名乗れない人 #-

No title

日本Sウェルター級暫定王者決定戦が8月24日の後楽園で1位渡部と3位丸木のカードで行われる事が決まったみたいです。

試合自体は7:3で渡部が有利と予想します。

  • [561584]  2018.06.06
  •  名乗れない人 #-

コメントの投稿

非公開

※コメント投稿者は、以下のガイドラインを了承したものとします。投稿は読者間の意見交換を目的とし、内容に関しては投稿者の責任となります。投稿内容に関しては管理者が予告なく複製、転載、削除等のあらゆる権限を無制限に有します。迷惑行為、運営方針に反するものについては発見次第、予告なく削除されたり、迷惑を被った第3者へのログ記録の提出などをすることがありますが、投稿による第三者への不利益発生については、いかなる損害、問題も管理者が責任を負えるものではありません。(NEWSIDER Tokyo)

チケットぴあ 
↑観戦チケットはこちら






 この場所に広告掲載できます ⇒ お問い合わせ

CONTACT US

NEWSIDER Tokyo

Author:NEWSIDER Tokyo
RYO KATAOKA'S WRITERS TEAM
★仕事の相談、情報提供など、お気軽にご連絡ください。 ⇒ CONTACT US (E-MAIL)

◆もっとディープなブログ記事は「限定版」にて◆

片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」2006年より長期連載中
★月刊・実話ドキュメントにてコラム「拳魂」連載中

ボクシングチケットはこちら
チケットぴあ


※記事中の敬称略をご容赦下さい
※コメント投稿は「パスワード」入力で「なりすまし防止用」の識別コードが付帯されます。


※本ブログの広告からお買い物をされると、掲示商品ではなくても当方に購入額1~3%程度の収益があります。日々更新を続けますので皆様のご協力に感謝いたします。★(NEWSIDER Tokyo)

ボクシング書籍ランキング

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
22位
[サブジャンルランキング]
格闘技
1位
アクセスランキングを見る>>

BLOG

LINK

COMMENT

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/実話ナックルズ/サンデー毎日/日刊サイゾー/CIRCUS MAX/EX大衆/週刊文春/週刊朝日/週刊新潮/日刊サイゾー/FRIDAY/FLASH/紙の爆弾/産経新聞/iRONNA/週刊現代/東京新聞/読売新聞/実話ドキュメント/週刊ポスト/週刊大衆/SPA!/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/アサヒ芸能/婦人公論/不思議ナックルズ/MSNドニッチ/KEITAI BANDITS(バンディッツ)/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/J-CAST NEWS/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/テーミス/LAPOO/スポーツライフ/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同)

WEB ANALYTICS

アクセス解析中

PASSWORD