WBOアジア・バンタム級決定戦 高橋が敗北

7・3東京・後楽園ホール
 ▼WBOアジア太平洋バンタム級王座決定戦 12回戦
  同級2位・ジェトロ・パブスタン(フィリピン) 7回負傷判定2-0 同級4位・高橋竜也(土浦) 
   ※67-66、67-65、67-67

 高橋は負傷判定負け。勢いよく出てきたパブスタンは連打を容赦なく振るって早々に試合をリード、高橋は2回にバッティングで出血しながらボディなどで必死に抵抗するものの、パブスタンの手数が多く右フックなどがクリーンヒットしていた。有効打の数では上。高橋はその後もバッティングで出血し、7回に右目上の傷が深くストップされた。採点は僅差の2-0でパブスタンだったが、見た目にはもっと開いていた印象。ハイペースな相手だったから後半を戦えなかった高橋は無念そうだった。(片岡)

 予想どおり日本で王座決定戦が連発されて、第3日本王座みたいになっているWBOアジア王座のバンタム級決定戦が7月に開催。同王座はアーサー・ビラヌエバ(フィリピン)が保持していたが、4月にゾラニ・テテとのWBO世界バンタム級暫定王座決定戦に敗れたことで返上となった。ただ、組み合わせは変。3月まで15位にすら入っていなかった高橋が4位に急浮上。同じくノーランカーだったフィリピン人が急に2位に割り込んで、決定戦を行なう。こういうのを恥ずかしげもなくやるというのがすごい。せめてランキングの扱いさえまともだったら王座が多いってだけだが、その運営がデタラメなので価値がないどころか「インチキ」と言える。

 高橋は26勝(19KO)6敗5分、14年に日本王者・益田健太郎に挑戦して判定負け。以降は2分を挟んで8連勝中だが、無名タイ人などが多く、勝ち越し戦績に勝利したのはひとつだけ。日本ランクは4位。相手のパブスタンは28勝(9KO)4敗6分、昨年にWBO王者のプンルアンに挑戦して7回負傷判定負け、採点はフルマークだった。昨年、13勝35敗8分の同国人に敗北し、3月に7勝18敗1分の相手に勝って再起したばかり。ランク急上昇する要素はない。高橋×パブスタンという組み合わせ自体は良いと思うのだが、勝ったらWBO世界ランク入りするというタイトルだけに、こういう流れで世界挑戦となったら世界チャンピオンが楽なだけという気がしてしまう。(片岡亮)
5/16
  • コメント 44

コメント

   投稿(一番下へ)

スゴいですね。

13勝35敗の選手に敗れてなおタイトルマッチに出場するという。

そう言えば井岡一翔さんの世界戦でもそんな人がいましたね(笑)

  • [495864]  2017.05.17
  •  ジャム #-

No title

相手のフィリピン人は世界戦経験が有りますので高橋竜にとっては試金石になる試合にはなりそうですね、安易にWBOAP狙いのボクサーは壁に阻まれてる感も有りますからね。

しかしこういう安易な挑戦には何らかの内規を設けて国内挑戦に制限をかけてほしい気がしますね。

  • [495868]  2017.05.17
  •  s #-

高橋は対して強いと思わない
けど試合もタイトにこなしてるし、
頑張ってる感はあるので、このWBOアジアは許す笑

  • [495875]  2017.05.17
  •  名乗れない人 #-

ほんとにおこがましいの極みです。片岡さんの説明がなければ戦績だけはまあまあなフィリピン人がちゃんとした2位だとおもってしまう。
ローカルジム運営の為にもベルトという看板はほしいんでしょうね。
マニアから言わせるとこんなわけわからないベルトだらけで白ける一方ですが…

  • [496115]  2017.05.18
  •  名乗れない人 #-

No title

結局、こういう横道に分散されて日本タイトルがスカスカになっていくだけなんだよな。

  • [496143]  2017.05.19
  •  名乗れない人 #-

No title

日本のWBOアジアパシフィック王者

大沢宏晋・・唐突に12位に入ったインドネシアと第三国(比)で決定戦
近藤明広・・試合決定時はノーランクのフィリピンと決定戦
渡邉卓也・・試合決定時はノーランクのタイと決定戦
伊藤雅雪・・渡邉から吸収
松永宏信・・ノーランクの韓国人と松永が唐突に上位に入り決定戦
向井寛史・・11位インタノンと決定戦。向井は日本12位
木村 翔・・日本12位の坂本と決定戦。木村は下階級の日本11位
荒川仁人・・唐突に13位に入ったフィリピンと決定戦
堀川謙一・・14位から3位に急上昇させた板垣と決定戦
セルバニア・・13位から4位に急上昇させたフィリピンと決定戦
藤本京太郎・・14位のオーストラリアと決定戦
高橋竜也?・・ノーランクのフィリピンと高橋が唐突に上位に入り決定戦

  • [496144]  2017.05.19
  •  名乗れない人 #-

えっ、こんなに日本人のチャンピオンがいるんですか?全然知らなかった…

  • [504687]  2017.06.29
  •  名乗れない人 #-

悪い意味での「需要と供給」ですかね。取り敢えず肩書きが欲しい、あるいは手取り早く世界ランクが欲しい選手やジム、小遣い稼ぎしたいWBO、噛ませ挑戦者を求めるチャンピオン陣営…
しかし、最も肝心なファンの気持ちを無視しているのですから、今後どうなるかは目に見えています。

  • [504688]  2017.06.29
  •  名乗れない人 #-

このタイトルへの日本人の挑戦権はどのように決定されるのだろうか?現在、名前を連ねている日本人選手の中で伊藤選手以外はとても日本人NO1とは言えない期待薄の選手ばかりである。このタイトルを獲得すればWBO世界ランク入りが約束されるのであれば、もっと有力な選手がチャレンジして権威も高まる努力を業界として行うべきでは。WBOチャンピオンサイドからかませ挑戦者設定の為、作為的に選定されているとしか思えないが...

  • [504689]  2017.06.29
  •  仙三 #mAxZjF0g

日本王者になったら確実に世界ランク付与にならないと日本王者が可哀想に思う今日この頃( ノД`)…

  • [504691]  2017.06.29
  •  ノーリー・ジョッキージム #S1qSP.tk

ボクサーのモチベーションは何か!?

世界チャンピオンに成って、ボクシングで生計を立てるコトでしょう…

日本や東洋タイトルを取ったくらいでは、ボクシング一筋では生活もままならないのが現実では!?

世界チャンピオンを夢見る全てのボクサー、取分け大手ジム以外の所属ボクサーにとっては、WBOアジアのタイトルは世界挑戦の登竜門的意味合いがあり、ボクサーの地位向上の為、必要なタイトルになりつつあるのではないでしょうか?

奇しくも、井上選手などのボクサーが海外進出を実現していき、ボクサーが夢見た舞台に立つスター選手が出現したのだから。

地方のジムの野心のあるボクサーが世界を目指すきっかけに、世界ランク獲得の手段を得る為の資格にWBOアジアのタイトルが業界全体に認知されつつあるのでしょうね。

  • [504695]  2017.06.29
  •  名乗れない人 #-

No title

ボクサーのモチベーションは人それぞれでしょう。世界チャンピオンが目標の者もいれば、自分の実力をすでにわかってて、新人王でいいところまでいきたい、A級ボクサーまでなれたら結構、、、ランクやタイトルはひとつの見えるものであるけど、それ以前に自分が納得するボクシングをしたいとか。世界チャンピオンだけがすべてじゃないと思います。

WBOのアジアタイトルをとることで、田舎のジムでもWBOの世界チャンピオンに挑戦できる可能性があるのは大いに結構だけど、急造ランキング選手による決定戦など、本来の意味がないですよね。これだとベルトという名前だけの肩書きをとったボクサーの自己満足で終わっちゃうのでは。これだけ安売りされてきたベルトをとれたボクサーは本当にうれしいのでしょうかね?俺は目標を達成したぞ!と思うのでしょうか?

違うトビで宇弓さんが書いたように、彼が世界挑戦する日本人選手のボクシングを見たことがないというケースが最近増えてるというのは、僕もそうです。ベルトをとった久保選手のボクシングも見てないし、いまのところ見たい気持ちもおきない。九州のミニマムのチャンプもいるんですよね。今度ワタナベジムでミニマムで挑戦する選手も名前を覚えてないし、、。昔は、日本だけじゃなくて、各階級の世界チャンピオンの名前は全部暗記できるぐらいだったのに、もうこんだけ増えちゃうとねえ。大場の時代からボクシングオタクだった僕の友人はこんな状況にしらけて、今は女子フィギュアオタクに変わっちゃいました、、。

  • [504701]  2017.06.29
  •  カリメロ #-

こー言うタイトルでも、拾っておけば世界の目が出てくる。バカに出来んね。

  • [504737]  2017.06.29
  •  名乗れない人 #B/M35IH.

No title

まあ確かにボクシングと女子フイギアってのは、
地味に一脈通ずるものがある気がしますが。
なんかやたら過酷で、心身ともに極限まで酷使されるところとか(厳笑

しかし上でずらっと並べてくれてる方がいますが、
WBОアジア認めて半年ちょっとで、
もう12人も王者いるのか!!

・・・・・・・・・・
まあ確かにちょっとこれは考えたほうが・・・
ボク誌にだってWBОアジアの記載とかないし、
別にこのWBОアジアが悪いっていうよりも、
日本やOPBF王座との兼ね合いをちゃんと考えないと、
この王座を認める前に不安視された予言が、
まさに何のひねりもなく的中してるわけで。

かつて東洋王座は第2日本王座なんて揶揄されたもんですが、
もう完全にこのWBОアジアは、
第3日本王座になってしまってるし(煩悶

  • [504740]  2017.06.29
  •  宇弓 #LkZag.iM

現在のWBO AP 日本人関係

H級   藤本
SW級  松永
SL級  近藤
L級   荒川  暫定XIANGXIANG SUN←唯一の暫定王者
SFe級  伊藤 
(☓)F級   木村翔←世界戦決定で空位に

今後の予定
B級 7・3 高橋対パブスタン
L級 7・11 荒川対Bodiongan
   7・12 Xiangxiang Sun対Marcial (NON戦)

  • [504749]  2017.06.30
  •  kaiban4 #-

No title

こんなタイトル取っても世界の目なんて出てこない。
記念挑戦で惨めにボコられて恥をさらす目は出てくるが。

  • [504755]  2017.06.30
  •  名乗れない人 #-

No title

久保はリゴとやるより国体王者と
の対戦のほうが観たい。

  • [504756]  2017.06.30
  •  名乗れない人 #-

No title

まあこんな王座に挑戦しても負けたら何にもなりませんけどね、ここ最近だと矢田や加納がこの王座に挑戦しましたがKO負けしてますからね。

  • [504833]  2017.07.01
  •  s #-

渡辺パンチです

カリメロさん、ボクサーは目の前の一勝しか考えてないと思います。
それをクリアしますと、また次の目標が見えてくる、みたいな。

ボクシングは、終わりの無いトーナメント、と言ったもので、目の前の一勝がクリアしますと、自然と次の目標が明確になるんです。
そこで満足して終わるのか、次を目指すのか、そこはハングリー精神によって変わってくるでしょうね。

パッキャオやメイウェザーが今でも試合をするのは、大半がお金儲けなんでしょうが、やっぱり、次を目指す気持ちも少なからずある筈です。
そう言うボクサーだけが生き残る世界だと思いますね。

僕の話で恐縮ですが、僕は六回戦が目標でした。
いざ六回戦になりますと、次の目標が出て来ませんでした。
つまり、ハングリー精神は欠如してたからです。

  • [505169]  2017.07.03
  •  渡辺パンチ #-

マニアが冷めて
ライトファンも食いつかない

一体なんなんでしょうね。このタイトルマッチ。

けど、もう認めてしまった以上このような
タイトルマッチは生まれ続けるのでしょうね。

WBOアジアを経て世界チャンピオンになる日本人選手が何人か出てくれば見方が変わる日も来るのかな・・?

それでも余程の選手じゃない限り
裏街道からすり抜けてきた選手でしょ?
って穿った眼で見てしまいそうな自分がいますが・・・

闘う選手には申し訳ないけど
一ボクシングファンとしての自分の評価は
軽くて安っぽいベルトにしか映らないかな
いまのところ

確かに世界戦へのチケットかもしれないが、
正規品じゃないでしょ?
そのチケット?って感じで・・

  • [505170]  2017.07.03
  •  フクロウ #gaCj1Di2

No title

どうもパンチさん、

どのボクサーでもとりあえず目の前の試合に勝つことしか考えないことは同意します。それが積み重なっていくもんですからね。
上の方がボクサーは誰でも世界チャンピオンを目指しているとコメントしたので、それはボクサーによりけりじゃないかなという意味でコメントしました。パンチさんのいうようにとりあえず6回戦が目標というボクサーもいるだろうし。

しかし、このボクシングでのモチベーションって言葉というかテーマ、昔はあまり使われなかったんじゃないかな。一度ベルトをとった直後に引退宣言した新井田とか長谷川あたりからよくいうような話題になったと思う。それまで「私、モチベーションがなくなりました」っていう有名なボクサーなんていたかな?実際はあっても恥ずかしくて表に出せない当時の文化があったのかも。

  • [505175]  2017.07.03
  •  カリメロ #-

渡辺パンチです

カリメロさん、ボクシングを始める切っ掛けは様々な理由がありますね。
最初から世界チャンピオンを目指して始める人も居れば、たまたま始めたボクシングで世界チャンピオンに成った人もいます。

輪島の場合、「体を動かしたくて、ボクシングジムの看板を見かけて入門した」、畑山の場合、「テレビで辰吉見て」、川嶋勝重なんかジムが側にプロテストすら受けさせてもらえず、アマチュアで試合して勝ってようやくプロテストでした。
内藤大助も、最初から世界チャンピオンを目指してなかったでしょう。

昔、角海老宝石ジムに新井泰って日本チャンピオンが居たんですが、新井が「四回戦の頃は新人王を目指した、六回戦の頃は日本ランカーを目指した、日本ランカーの頃は日本チャンピオンを目指した、一つずつクリアしてきた」みたいな事を言ってました。

僕とて、最初から六回戦を目指してボクシングはやってませんでした。
どこかで世界チャンピオンになりたい、と思ってましたが、試合に負ける度に現実を知って、段々と目先の勝利しか考えなくなって、結果、六回戦で満足でした。
もし、僕に欲とかハングリー精神があれば、もっと上を目指してボクシングを続けてたかも、です。

上にいくようなボクサーは、現状に満足しないボクサーばかりなんですね。

  • [505178]  2017.07.03
  •  渡辺パンチ #-

No title

パンチさん、
たまたまボクシングを始めて、結局プロになったなんて、本当にその人の運命の出会いを感じますね。ま、チャンピオンにならなくても、自分の目標とするボクシング人生を送れてそれで満足できたら、それが一番いいでしょう。

で、パンチさんはなぜボクシングを始めたんですか?

  • [505183]  2017.07.03
  •  カリメロ #-

No title

現役だと比嘉はTVで本来の試合が早く終わった為に有った具志堅の試合のダイジェストを見た、田口と小國はボクシング漫画、福原は高校入学時に「何か新しい競技でもしてみようかな」がきっかけという話が有りますね。

家族や親戚がボクシング関係者でない限り最初から世界王者を目指す例は少ないのではと思ってしまいますね。

  • [505184]  2017.07.03
  •  s #-

No title

ザパタは喧嘩ばかりしていたので心配した親が当時パナマの英雄だったデュランに泣きついたらデュランがグローブをザパタにプレゼントしたのが切っ掛けでボクシングを始めたらしい。

  • [505191]  2017.07.03
  •  拳闘使 #I4z6eAiM

渡辺パンチです

カリメロさん、ボクシングを始める理由は様々でしょうが、結局、ハマるかハマらないか、なんでしょうね。

僕の場合、強さへの憧れはありました。
そんな時に、たまたま鬼塚VS松村の世界戦を見たんです。
鬼神のような鬼塚の姿に純粋に「格好いい、俺もボクシングをやる」と思い、今日まで飽きる事なくボクシングを語ってます。
ハマった、んでしょうね。

タノムサク②ですか、鬼塚が技術的に劣勢の中、懸命にパンチを繰り出す姿は感動しかありませんでした。

井岡一翔や連中に欠けているのは、必死に戦う姿です。
これでは、僕みたいに感動してボクシングを始める人は少ないでしょうね。

  • [505193]  2017.07.03
  •  渡辺パンチ #-

No title

試合結果は7R途中2-0の負傷判定によりパブスタンが高橋竜に勝利したそうです。

やはりいくら程度の低いタイトルでも実力が無いと獲得は出来ないという事ですね。

  • [505221]  2017.07.03
  •  s #-

選手に罪がないのはわかってても
要らないチャンピオンが増えなくて
よかったと思ってしまう。
WBOAPの名勝負て過去ありましたか?

  • [505222]  2017.07.03
  •  名乗れない人 #-

現在のWBO AP 日本人関係

H級   藤本
SW級  松永
SL級  近藤
L級   荒川  暫定XIANGXIANG SUN←唯一の暫定王者
SFe級  伊藤 

今後の予定
L級 7・11 荒川対Bodiongan
   7・12 Xiangxiang Sun対Marcial (NON戦)

  • [505237]  2017.07.03
  •  kaiban4 #-

No title

最近の東洋太平洋王座が日本タイトルマッチで敗れた選手の受け皿となりつつあるがWBOアジアンパシフィック王座というのは(日本王座より実質的に格下の)東洋太平洋王座にさえ届かない選手の受け皿なんだな。

  • [505244]  2017.07.03
  •  名乗れない人 #-

いらね〜
ほしくね〜
タイトルはあまってる
いらね〜
ほしくね〜

  • [505248]  2017.07.04
  •  名乗れない人 #-

No title

とればWBOランクが濃厚なタイトルなので価値観は人それぞれかもっすけど、現状の位置付け的には価値のあるタイトルやと思います。

  • [505249]  2017.07.04
  •  けんたぼん #-

No title

パンチさん、

鬼塚ですか。彼のファンは多かったですよね。僕は鬼塚のボクシングはあまりしっくりきませんでしたが、彼のちょっと変わった人柄には興味あります。

  • [505251]  2017.07.04
  •  カリメロ #-

渡辺パンチです

カリメロさん、90年代、日本の軽量級は役者が揃ってましたね。
天才辰吉、アンタッチャブル川島、野生児渡久地、そして鬼塚です。

改めて鬼塚のキャリアを振り返ってみます。
高校インターハイチャンピオンの鬼塚は鳴り物入りで1988年にプロデビュー。
7戦7勝(6KO)で全日本Jr.バンタム級新人王獲得。
13戦13勝(12KO)で、日本チャンピオン中島俊一に挑戦。
中島は日本タイトルを6度防衛中で世界挑戦の経験もあるベテラン。
新鋭の鬼塚、ベテランの中島。
鬼塚は10回に中島を追い詰め、中島陣営からタオルが投入され鬼塚が日本Jr.バンタム級タイトル獲得。

中島との再戦にも勝利し、18戦18勝(16KO)で1992年にタノムサクとWBA世界Jr.バンタム級タイトル王座決定戦。
試合が終わった瞬間、多くの人が「鬼塚、負けたな」と思う中、3-0の判定で勝者鬼塚が告げられると、「疑惑の判定」と世間を騒がせました。
ここに鬼塚のキャリアにケチが付くようになったのでしょう。
作られたチャンピオン、そう言うレッテルが貼られました。
鬼塚は「結果が全て」と、どこまでもストイックに結果を求めてました。
指名試合のカストロを大差判定で破り、3度目の防衛戦は韓国の林に大苦戦し、疑惑の判定で防衛。
そして、因縁のタノムサクと再戦です。
鬼塚はラウンドが始まる度に、タノムサクの所まで走っていき、打ち合い上等をやりました。
顔が変形し、必死にパンチを繰り出す鬼塚に、世界チャンピオンと言うより、タノムサクを気迫でなぎ倒そうする姿勢こそが鬼塚でした。

これも初戦同様に僅差の判定勝ち。
タノムサクは「鬼塚は何も変わってない」と冷ややかなコメントを残しました。

五度目の防衛戦は李承九で鬼塚はプロで唯一ダウンを喫したが、安定の判定勝ち。

こうして迎えた6度目の防衛戦、指名試合の李を迎えました。
試合は一進一退ながら、ポイントリードした鬼塚が混戦を抜け出すと思われましたが、9回、ロープを背にした鬼塚は、1分半、棒立ちになり李のパンチを浴び続け、レフリーは試合を止めました。

鬼塚は言うのです、「2年くらい前から、目の前に虫が飛んだり、物が二重に見えるようになっていた。病院に行って、網膜剥離となれば、日本で試合が出来なくなる。今日は勝っても負けても、最後の試合との覚悟だった」

2年くらい前と言えば、タノムサクとの初戦です。
世界タイトルマッチを網膜剥離を隠して戦い続けたからこそ、鬼気迫る戦いの連続だったのでしょう。

  • [505252]  2017.07.04
  •  渡辺パンチ #-

No title

パンチさん、
えらく長いリポートごくろうさんっす。
中島に勝った頃までは、相手との差のあるテクニックのあるボクシングを魅せてたけど、世界戦になってからどっこいどっこいの試合が多かったですな。カストロだけが完勝だった気がする。ディフェンスはブロッキングを結構使っていたんじゃないかな。

  • [505256]  2017.07.04
  •  カリメロ #-

渡辺パンチです

カリメロさん、中島俊一戦で鬼塚は多彩なコンビネーションを披露してましたが、世界戦では愚直にワンツーばかりのボクサーでしたね。
何故かな、と当時、僕は思ったんですが、ボクシングマニアは言うんです、「通用しないから」と。
妙に納得しました、つまり、国内レベルで当たるパンチも、世界レベルでは当たらなくなる、結果、当たるパンチだけを磨く、と。

先の村田選手が手数が少なかったです、それまでは手数が出ていた試合を考えますと。
それは、エンダムに通用しない、と言う判断だったんでしょう。

僕の話で恐縮ですが、僕よりも弱いボクサーとスパーリングをしますと、いくらでも良いパフォーマンスが見せられましたが、格上とやりますと、何も出来ないものでした。

そう言った意味でも、鬼塚はギリギリの状態で世界戦をやってたんでしょうね。

  • [505257]  2017.07.04
  •  渡辺パンチ #-

No title

>格上とやりますと、何も出来ないものでした。
そりゃそうでしょうなあ。週末にあったアンカハスと帝里の試合もそんな感じで帝里は何もさせてもらえなかった。

  • [505259]  2017.07.04
  •  カリメロ #-

No title

これだけ戦績にTDが多い選手をよく呼んできたねぇ。
案の定の結果か?

マッチメークどうだったんでしょう。

  • [505260]  2017.07.04
  •  名乗れない人 #-

No title

矢田や加納に続いて高橋竜も負けたのを考えるとやはり挑戦には何らかの制限を設けるべきなのではと思ってしまいますね。

勿論それはWBOAPだけでなくOPBFも含めてでね。

  • [505265]  2017.07.04
  •  s #-

渡辺パンチです

カリメロさん、そう何もさせてもらえませんね。
キャリア、技術、身体能力があればあるほどボクシングが奥深く、何もさせてもらえないんですよね。

それを凌駕するのは、勇気、なんでしょうね。
遅いデビューの輪島が、世界でキャリア上、技術上、身体能力上のボクサーと互角に戦えたのは勇気があったからでしょう。

今、それを感じたのは長谷川穂積、山中慎介選手です。

長谷川も山中選手も、勇敢なボクサーです。

  • [505288]  2017.07.04
  •  渡辺パンチ #-

No title

ま、そうですな、、、、。

  • [505298]  2017.07.05
  •  カリメロ #-

本来なら挑戦資格に規制なんて
いらないはず
ランカーなら挑戦出来る。
ただ、そのランキングがおかしい、、、
ランキング入りの規制でもするしかない。

  • [505299]  2017.07.05
  •  名乗れない人 #-

No title

>ランキング入りの規制でもするしかない。

ランカーをちゃんと倒さないとランク入りさせない、またそのランカーに挑戦する為には日本ランクに入らないと出来ないという風にしても良いかもしれませんね。

  • [505305]  2017.07.05
  •  s #-

Hate & War

各団体の地域タイトルの乱立により、
実力が伴ってないのに世界に挑戦できる機会が広がり、
その結果、世界戦でありながら、
実力差のあり過ぎる低レベルな試合が多発、ファン離れが加速、
プロボクシング衰退。

確かにその懸念もありますが、、、

それ以前に、選手が危険なんじゃないでしょうか!?

やっぱりそこに挑戦できるような技術、身体を
持ち合わせた選手でなければ、あまりにも実力差が開いていると、
最悪の場合、死人がでるのでは?


こんなことはあり得ないとは思いますが、
WBOアジアでSフライ級王者に成って、WBOのランカーとなり、
そのまま世界王者・モンスター井上に挑戦!
なんてことになったら、ただの殺人ショーじゃないですか!


そのような被害者や加害者(ある意味被害者)を出さないためにも、
そのレベルに応じた選手同士で試合が組まれるように
しなければならないと思います。

そのためには、やはり、格付けと規定だと思います。

例えば、JBC管轄下の選手に対しては、
日本タイトルを頂点として、
各団体のタイトルはその下位として位置付ける。
世界タイトルへの挑戦者資格は、
各団体のランキング何位に入っていようと、日本タイトルを
獲得した選手でなければ、国内・国外開催を問わず認めない。
そうすれば日本ランカーには実力者が集まるし、
その頂点に立たなければ世界挑戦の資格すら手に入らない、
という事になって、
日本タイトルの価値と選手の安全の両方を守ることが
出来るのではないかと思います。


どんなボクサーであっても、
世界戦に挑戦したい気持ちがある、というのは分かりますが、
実力の乏しい選手の世界挑戦は制限していかなければ、
事が起きてしまってからでは遅いです。

  • [505309]  2017.07.05
  •  CHAOS E.K. #JCeKwuWs

コメントの投稿

非公開

投稿者は、以下のガイドラインを了承したものとします。コメント欄は、読者間の意見交換を目的とし、それ以外の運営方針に反するものや不法行為については発見次第、予告なく削除することがあります。問題が第3者によって確認された場合は、管理者への連絡によって対応するよう努め、不法行為による法的対処については、ログ記録の提出など可能な範囲での協力を惜しみません。ただし、投稿により第三者に不利益を与えるなど投稿によって発生したいかなる損害、問題に対して管理者は一切の責任を負うものではありません。(管理者・ハイセーヤスダ)

チケットぴあ 
↑観戦チケットはこちら







 この場所に広告掲載できます ⇒ お問い合わせ

猫ボク。

NEWSIDER Tokyo

Author:NEWSIDER Tokyo


Journalist Team「NEWSIDER
★プレスリリースから仕事の相談、情報提供など、お気軽にご連絡ください。 
⇒⇒⇒⇒ CONTACT US (Send E-MAIL)

◆無料公開では危なくて書けない!?限定版◆

片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」長期連載中

ボクシング書籍ランキング

ボクシングチケットはこちら
チケットぴあ


※記事中の敬称略をご容赦下さい
※コメント投稿は「パスワード」入力で「なりすまし防止用」の識別コードが付帯されます。


※本ブログの広告(アフィリエイト)からお買い物をされると、掲示商品ではなくても当方に購入額1~3%程度の収益があります。日々更新を続けますので皆様のご協力よろしくお願い致します。★(NEWSIDER Tokyo)

BLOG

LINK

COMMENT

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
20位
[サブジャンルランキング]
格闘技
1位
アクセスランキングを見る>>

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/サンデー毎日/実話ナックルズ/ EX大衆/週刊文春/週刊朝日/週刊新潮/日刊サイゾー/ FRIDAY/FLASH/紙の爆弾/産経新聞/読売新聞/SPA!/実話ドキュメント/週刊ポスト/CIRCUS/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/アサヒ芸能/婦人公論/不思議ナックルズMSNドニッチ//KEITAI BANDITS(バンディッツ)/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/テーミス/LAPOO/スポーツライフ/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同)

WEB ANALYTICS

トラッキング コード

PASSWORD