愛知&神戸 日本フェザー級、坂がKO奪取!

4・23愛知・刈谷市あいおいホール
 ▼8回戦
  日本Sバンタム級14位・水野拓哉(松田) 6回2分7秒KO 大里登(大鵬)
 ▼日本フェザー級タイトルマッチ 10回戦
  同級1位・坂晃典(仲里) 3回2分50秒TKO 王者・林翔太(畑中) 

4・23兵庫・神戸芸術センター
 ▼8回戦
  WBO世界ミニマム級14位・平井亮輝(千里馬神戸) 3回TKO 池間亮弥(広拳)
 ▼6回戦
  ジラフ麒麟神田(千里馬神戸) 3-0 日本Sライト級14位・吉開右京(島袋) 

 愛知のフェザー級タイトルマッチは下田昭文に勝った林が、7連勝中の坂を迎える2度目の防衛戦。試合順ではセミファイナル。林は29勝(17KO)5敗1分、29歳。12年から11年11月から無敗で、日本14位の荒井遼晴、元日本王者の梅津宏治らに勝ってきた。昨年9月、細野悟の返上で7位・上野則之と争って大差判定勝ち。初防衛戦は元世界王者の1位・下田の挑戦を受けた。中盤まで押されていたが、ここで体力温存しておく作戦で、気迫と手数で追い上げ9回に右ストレートでダウンを奪って95-94、95-94、97-94の3-0だった。僅差ではあるが、実力者との勝負を勝ち抜いたのは大きい。

 挑戦者の坂は15勝(12KO)3敗、25歳。14年に元東洋太平洋Sフェザー級王者の大沢宏晋に敗れたが、以降は7連勝中ですべてKOによるもの。15年に当時13戦無敗の全日本新人王京口竜人をTKOで下しランクイン。その後にメキシコで世界ランカーと対戦する予定もあったが、相手がキャンセルした。昨年9月、15位・中嶋孝文とのランカー対決を初回KOで制し、前回もタイ人を一蹴。的確な右フックに威力があり、念願の初タイトルマッチでも炸裂するか。

 同日の神戸は、12月の初8回戦でWBO15位の栄拓海を下す金星を上げた平井(8勝(3KO)4敗1分)がメイン。相手の池間は11勝(10KO)3敗、一時東洋ランカーでもあったが、前回2月に小野晃輝に敗れての再起戦。アンダーカードでは、昨年の全日本新人王MVPの吉開(5勝(4KO))が6回戦に出る。沖縄での学生時代にボクシング同好会を立ち上げて始めたという20歳。相手は8勝(5KO)2敗、15年の全日本新人王で決勝まで進んだホープ神田。ユニークなリングネームだが、12月の初8回戦で初回KO勝ちしている。(片岡亮)
  • コメント 63

コメント

   投稿(一番下へ)

No title

愛知興行の日本フェザー級王座戦は挑戦者の坂が7連続KO勝ち中なのを考えると王者林はその強打にどう対処出来るのかが問われるのでそれを考えると坂が有利という感じがしますね。

また水野VS大里登戦は水野が8月に後楽園で行われる日本ユース初代Sバンタム級王座決定戦に出場する事が決まってますので水野は前哨戦になる試合を怪我無く飾れるかが問われる試合になりそうですね。

神戸興行も吉開が水野と同じ日本ユース王座の初代Sライト級王座決定戦に出場する事が決まってるので前哨戦となるジラフ麒麟神田戦を綺麗に飾れるかが問われそうですね。

またメインの平井VS池間戦は平井のランカーとしての初試合ですが相手は元OPBFランカーの池間ですので平井は早速内容が問われる試合になりそうな気がしますね。

  • [491090]  2017.04.17
  •  s #-

No title

タイトルマッチ前哨戦でジラフ麒麟神田と闘うって度胸ありすぎ(笑)

まあ粗いのは確かですがこの圧力に耐えられるかな?

http://www.google.co.jp/url?q=https://m.youtube.com/watch%3Fv%3DtUq3Lpz3t8o&sa=U&ved=0ahUKEwi2jt6r2avTAhULWLwKHRHZBbEQtwIICzAA&usg=AFQjCNGOlhZtZPbqB5jXTaCdGhMq3vRDbA

  • [491135]  2017.04.17
  •  ジャム #-

ジラフ対して強くないから平気やろ。

  • [491137]  2017.04.17
  •  名乗れない人 #-

坂のKO奪取でしょ!

  • [491144]  2017.04.18
  •  名乗れない人 #-

No title

坂は先日引退した高山勝成と同じ仲里ジム所属ですから引退した高山に代わってジムのエースになれるかどうかも見所の一つですね。

  • [491159]  2017.04.18
  •  s #-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • [491160]  2017.04.18
  •  - #

前哨戦でジラフはやっぱり危険。どういう内容の試合になるか楽しみ。水野の楽しみだが、相手はスーパーフェザー級ランカー大里弟。戦績はぱっとしないが実力のある相手にも僅差の負けや引き分けなども多く実力はある。KOメーカーの水野が長身の大里をどう攻略するか見物。
坂対林は、個人的には坂のKOに期待。どちらにせよ勝者には世界に行ってほしいと思う

  • [491341]  2017.04.19
  •  ボクシング好き #-

No title

日本フェザー級王座戦は挑戦者坂が王者林に対して序盤から優位に進めて3Rに2度のダウンを奪ってのTKO勝ちで坂がタイトル初挑戦で見事日本フェザー級王座を獲得したそうです。

坂は8連続KO勝ちでの王座獲得ですから今後の活躍が楽しみになる王者になりそうですね。

  • [492067]  2017.04.23
  •  s #-

No title

帝里木下選手にお話をお伺いしました。

世界戦が決定との事です。

このあと四時から試合開催ですがリング上から発表があるかと。

  • [492070]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

刈谷市での日本フェザー級タイトルマッチ 観戦してまいりました。

1R:序盤はお互いにジャブを突き探り合いの様相。林が頭を振りながら左回り。手数は坂がやや優勢か。

2R:お互いにパンチの届く距離での攻防。どちらも旺盛な手数で時折お互い相手を捉える。坂のヒッティングで林がカット。ドクターチェック行われ続行。

3R:打ち合いが続くが、やや坂が攻勢か。ラウンド中盤にサイドのドクターチェック。
攻防の中、坂の右が林を捉える。林は後方に吹き飛ばされ、大の字となる痛烈なダウン。立ち上がるダメージは深刻で、坂の追撃を受けてしゃがみ込んだ林に主審は続行不可能と見て試合終了を宣告。

3ラウンド、2分50秒 TKOにて坂選手が日本フェザー級タイトルを奪取しました。

前日の地元スポーツ紙に、林選手が国内戦線を勝ち抜いて世界に挑みたいと語る記事が掲載されていましたが、苦節10年のタイトルも、世界への足掛かりも、全て奪われる形になってしまいました。

残酷ではありますが、これが日本タイトルの重みなんでしょうね。

  • [492081]  2017.04.23
  •  ハナ #-

No title

坂は仲里ジムとしても初の日本王者で高山引退後のジムのエースを見事に引き継いだ感じにもなりましたね。

それと予備試合みたいな感じにはなりましたが最終試合になった水野VS大里登戦は6RTKOで水野が勝利した様で水野は8月の日本ユース王座決定戦に向けての前哨戦を飾った形になりましたのでユース王座決定戦でも頑張って欲しいですね。

  • [492084]  2017.04.23
  •  s #-

No title

神戸からです。

第一試合ウェルター級四回戦 西村勇起(明石)対安達陸虎(井岡弘樹)

①ラウンド 新人王トーナメントです。 長身安達がジャブを突く。

接近戦から安達 の左フックで早くも34歳西村押され気 味。 遠い距離から安達の右左。 西村、きっかけをつかみたい! 安達の右ストレートで西村ダウン!

  • [492089]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

立ち上がったところでゴング。 このラウンド安達!井岡ジムの中谷の好調 時を思わせる。

②ラウンド 西村の右フックでロープに吹っ飛ばされる 安達。

さすが激闘王西村!

リング中央での打ち合い。

右ストレートでふらついた西村をコーナー に追い詰め安達が滅多打ち。 レフェリー割って入り安達のTKO!

安達五戦五勝。西村初の負けを味わう。

  • [492090]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

第二試合バンタム級四回戦 徳山洋輝(千里馬神戸)対南直希(ロマンサ ジャパン)

これもバンタム級の新人王トーナメントの 一戦。

①ラウンド 徳山攻めるところに南のカウンター。

逆に 南が攻め込むと徳山のカウンターで南の腰 が落ちる。

攻める地元の徳山対反撃の機会をうかがう 南だが終盤は徳山の攻勢が目立つ。

このラウンド徳山。

  • [492091]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

②ラウンド

中央で烈しい打ち合い。

徳山のボディから右アッパーで南後退。南 の顔早くも腫れ上がるも応戦。 いいパンチを返すんだがこのラウンドも徳 山。

③ラウンド

頭を押し付けあってのアッパー合戦。 徳山がコーナーに追い詰める。南たまらず クリンチ! 南、鼻血!腫れ上がる顔が真っ赤。 ロープ際で烈しい打ち合いのあとゴング。

このラウンドも徳山!

  • [492092]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

最終④ラウンド

ヒロキとナオキの闘い。

地元の声援が徳山を後押し。 後がないと見たか、南がラッシュ!しかし 徳山にすかされる(悲)

中央で互いにふらつきながらゴングを聞く両者。

39-37×1、40-37×2で徳山勝利。

  • [492093]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

第三試合ライトフライ級四回戦

岩崎澪(明石)対中村圭吾(フュチュール)

ライトフライ級新人王トーナメントの一戦 です。

岩崎はこれがデビュー戦、中村は四戦目

①ラウンド やはり経験か、中村の動きが軽い。

中村の右でややあってから岩崎ダウン。

ダメージはなかったが立ち上がった岩崎に 襲いかかった中村のラッシュでたまらずレ フェリーが割って入る。

中村TKO勝ち!

  • [492094]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

第四試合フェザー級四回戦

高原裕之(千里馬神戸)対本橋遼太郎(本橋)

これも新人王トーナメントの一戦。

地元神戸の高橋の試合は五戦すべて観てい ます。共に五戦四勝一敗という戦績。

①ラウンド

よく似たスタイルの両者。左ジャブを突い て右左。

ストレート主体の高原に対し本橋 はフックも交える。

攻めているのはアウェイの本橋。再三高原 をロープに詰める。

このラウンド本橋。高原は目算が狂った か。もっと離れて闘いたい。

  • [492095]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

②ラウンド

やはりロープに詰まる高原。

必要以上にガードを固め過ぎ。相手のパン チが見えんだろ?

亀になるなよ、虎になれ!

本橋のやりたいままにやらせるな! このラウンドも本橋。 本橋の攻勢に高原防御一辺倒。そんなに効 いているとは思えないが。

③ラウンド

ロープ際で頭を押し合っての接近戦。 やはり本橋が優勢。コーナーに本橋が詰める

  • [492096]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

圧倒で本橋。高原は攻めないと後がない ぞ。

最終④ラウンド

高原ようやく前に出る。右ストレートが鮮 やかに決まり本橋の腰が落ちる。 こういう高原が見たいんだよ。いつもの高 原が。 やぶれかぶれの右が炸裂もしなだれかかる 本橋に付き合ってしまう高原。

嗚呼! このラウンド高原が支配も試合全般は本橋 か。

39-37×3で本橋の勝利。

  • [492098]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

本橋ジムに所属する本橋選手が勝ったんですか、本橋ジムの会長の姓も本橋みたいですが本橋選手とは何らかの親戚関係に有るんですかね?

  • [492099]  2017.04.23
  •  s #-

No title

日本フェザー級は決定戦→返上を繰り返していたので、
王座交代は10年ぶりくらいじゃないですか?粟生以来。

  • [492100]  2017.04.23
  •  名乗れない人 #-

No title

第五試合スーパーフライ級四回戦

竹川祐司(VADY)対下谷凌一(ヨシヤマ)

これも新人王トーナメントの一戦。スー パーフライ級です。

ここまで客入りは五分の入りか。少し寂し い。 二階席から実況を続けます。

①ラウンド

一戦一敗の竹川に対しこの日がデビューの 下谷。 初々しい両者。教科書通りのボクシングを する下谷に対し果敢に突っ込む竹川。

印象としては竹川。

  • [492101]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

確かに2007年3月3日に粟生が梅津に勝利して以来になりますから10年ぶりになりますし、関西のジムからの日本フェザー級王者も洲鎌栄一以来約15年ぶりになりますね。

  • [492102]  2017.04.23
  •  s #-

No title

②ラウンド。

被弾を恐れない竹川。下谷も①ラウンドに 比して前に出る!

いいね、竹川。前の敗れた試合の反省か、 積極的。

①ラウンドと違い追う下谷に下がる竹川だ が踏み込み鋭い竹川に退いた印象なし。 イーブン。

③ラウンド

下谷もいいね~ デビュー戦として固さが出たのか①ラウン ドは動きが冴えなかったが②ラウンドから いい感じ。 動画で見るシュガー・レイだよ。レナードではなくロビンソン。

  • [492103]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

ガードをほとんど取らない竹川だが押され 気味。

やや下谷か、このラウンド。

最終④ラウンド。

攻めているのは下谷。実にスタイルがクラ シカルで良い。右ストレートが竹川にヒッ ト。

対して竹川は左ボディに再三アッパー。

イーブン。

判定40-37竹川。40-36下谷。38-36の2-1で下谷のデビュー戦での勝利。

おめでとう!

  • [492104]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

第六試合スーパーフェザー級四回戦

平野泰我(大星森垣)対伊勢友一郎(千里馬神 戸)

平野はデビュー戦。地元の伊勢は四戦目で す。

新人王トーナメントの一戦。

①ラウンド

デビュー戦の平野はサウスポースタイルの ファイターか。伊勢は右ボクサータイプ。 なかなか平野は度胸がありそう。ブンブン 丸ですね。キャリアに勝る伊勢が押されてます。

平野。

  • [492105]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

なんと平野。私の家の近所に住んでいると (笑)

②ラウンド。

伊勢がやりにくそうな展開は変わらず。一 年坊主に押されてるぞ。

平野の左ストレートが伊勢の顎をとらえ る。

伊勢コーナーに後退。

このラウンドも平野。

③ラウンド

劣勢の伊勢に千里馬セコンドがたまらず激 を飛ばす。 右と左の違いはあれ平野の闘いぶりはこの 前に引退した百田諭志をおもわせる。

  • [492106]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

重戦車二代目を襲名するのはこの男か。

ガードを固める伊勢だが平野の左ストレー トが顔面を直撃しロープにもたれ込んだと ころでレフェリーストップ。

平野のデビュー戦TKO勝ち。

観客のハー トをアウェイながらしっかり掴みました (祝福)

  • [492107]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

第七試合スーパーフライ級四回戦

吉川翔(VADY)対菖蒲瑠香(渥美)

これも新人王トーナメント。

①ラウンド

サウスポー同士の闘い。 共に射程距離が長い。遠い場所から挨拶代 わりに鋭い右を突き刺す。 ガードを取らない吉川に対ししっかり取る 菖蒲がややこのラウンド優勢か。 なにかと話題の渥美ジムの所属。仲村正男 の分まで頑張ってほしいです。

  • [492108]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

②ラウンド。

①ラウンドに比べ両者に誘う動きがうかが える。 踏み込んで放った吉川の綺麗な左ストレー トで菖蒲がダウン。

カウント7で立ち上がったがそのあとも吉 川の攻勢が続く。

吉川。

③ラウンド

どちらかというと攻めていた菖蒲の一瞬の 空白を突いて離れた位置から踏み込んで放 たれた一撃でダウンを奪った吉川の前ラウ ンドは見事でした。

  • [492110]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

このラウンドも吉川攻勢。

菖蒲はダウンを 奪われ焦るのかパンチが大振りに。 吉川。

最終④ラウンド。

ダウンを奪われた菖蒲が前に出るもそれを 待ち構える吉川は余裕。 菖蒲、カウンター怖くて中に今イチ入れ ず。 吉川の左がヒット。棒立ちになる菖蒲。 それでも距離を詰めなきゃ。

吉川の左で菖蒲が尻もちをつく。 ダウンに見えたがスリップ判定に救われ る。

  • [492111]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

判定は三者40-35で吉川の勝利。

第八試合の前に千里馬神戸会長、千里馬圭 徳会長の還暦記念スパーリングが始まりま す。 ここに至っても場内半分の入り。

  • [492112]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

SOUL FIGHTING
4/24(月)(4・23深夜) 1:55~2:50放送
日本フェザー級王者・林翔太(畑中)が2度目の
日本タイトル防衛に臨む。
対戦相手は日本フェザー級・1位の坂晃典(仲里)。
<※放送時間変更の可能性あり>

主な出演者
解説:飯田覚士(元・WBA世界スーパーフライ級王者)
ゲスト解説:田中恒成(現・WBO世界ライトフライ級王者)
実況:宮部和裕(CBCアナ) ほか

http://hicbc.com/smart/epg/detail_35EA.htm



  • [492116]  2017.04.23
  •  名乗れない人 #-

No title

愛知はやはり坂かあ。今後は上を目指す素材だと思いますが、国内のフェザー界隈は層が厚いですから下からの挑戦を退けるパターンもありかなと。実力者なのは間違いないので、ジムがどのような戦略でいくのかに注目したいと思います。

>ジャムさん
テイルの世界戦、発表を楽しみにしています。

神戸は第一試合から熱戦のようで。西村が一方的にやられた感じはしません。逆に安達は全勝とはいっても圧倒的に強いのとは違うみたいで。むしろ第二試合の徳山が判定でも強さを感じさせたような試合ぶりだった感じでしょうか。

しかし新人王トーナメントはアツい試合が続きますね。平野がジャムさんのツボに入りましたか。どんなボクシングをするのか、西日本決勝までくればアタシもスカイAとかで見られるはずですから、楽しみに待っています。

  • [492117]  2017.04.23
  •  らいだー #lVTG739E

No title

実況が遅れるので速報を。

吉開右京対ジラフ麒麟神田は判定3対0でジラフ麒麟神田の勝利です。

手数、ヒット数もジラフ麒麟神田でした。②ラウンド最終に麒麟の右が当たってあわやという場面がありましたがゴングで救われた感あり。

距離を制圧され吉開は強打が不発。

西谷のベルト授与に加え現在帝里木下の挨拶が。

日時は決まっていないが決定済みと。

アンカハスなんでしょうね。IBFと言っているので。

  • [492129]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

吉開はジラフのジャブに距離を制せられたイメージでしょうか。新人王になって次の試合で負けてしまうというのはパンチ山下がダブりますが、やはりA級ボクサーの壁はあるんだなあと思います。

テイルはアンカハスなんだろうなあ。

  • [492133]  2017.04.23
  •  らいだー #lVTG739E

No title

吉開が負けたんですか日本ユースSライト級王座決定トーナメント前哨戦を飾れなかったのは残念ですね。

  • [492144]  2017.04.23
  •  s #-

No title

実況に戻ります。

第八試合ウェルター級四回戦

樫根学(VADY)対小池拳翔(IT佐藤)

これも新人王トーナメントです。

①ラウンド。

さすがにウェルター級はデカい。 遠い距離から小池。接近戦では樫根。

イーブン。

②ラウンド。

まだ勝ち星のない樫根が序盤から襲いかかる。五戦一勝三敗一分の小池が応戦。

潜る樫根に突き放す小池。パンチを当てているのは小池。

このラウンドは小池。

樫根はヘッドバットで一点減点。

  • [492214]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

③ラウンド

小池の攻勢が続く。

小池の右で樫根が大きくのけぞりコーナー へ。 ストップかと思いきやもみ合ったところで レフェリーが分けて樫根が命拾い。

小池のパンチで樫根が更に追い込まれるが 起死回生の樫根のヘッドバットで小池ダウ ン→スリップ判定。

このラウンドはこのヘッドバットで更に小池に減点。

  • [492218]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

最終④ラウンド

ヘッドバットの影響か、ダメージの大きい小池がぐらつく。樫根はそんな小池を滅多打ち。

悪の樫根の猛攻に耐え反撃する正義の小池。

その姿 に場内沸き返る。

樫根の足が止まった。

小池の怒りの鉄槌でロープ際、小池が座り込むと同時にゴング。


40-34×1、39-35×2で小池の勝利。

第九試合の前にアトラクションで歌謡 ショー。 頑張れ!亀男という歌の歌詞がひっかかる(笑)

  • [492232]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

第九試合ウェルター級六回戦 ジラフ麒麟神田(千里馬神戸)対吉開右京(島袋)

注目の一戦です。ユースタイトル決定戦を控えた強打の吉開に対するは驚異の草食動物、神戸の黄色い大巨人、ジラフ麒麟神田!


神田のデカさに場内どよめきが。 対する吉開は自信満々の表情。

  • [492241]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

①ラウンド。

両手を大きく掲げて吉開に迫る麒麟。

吉開も鋭いジャブに続いて重い右を返す。

距離を測る麒麟。ベタ足でにじり寄る。

麒麟の右ボディ! 麒麟の右ジャブ三連発。

吉開の大きな左フックは空振り。

このラウンドはやや麒麟か。

  • [492243]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

アタマがガチガチ当たって樫根が攻め込むって、小池が正義とは思いませんがいかにもありそうな展開ですねえ~。それで勝ったのが小池という。正義が勝つ、いいですね。

>頑張れ!亀男←爆笑です

  • [492244]  2017.04.23
  •  らいだー #lVTG739E

No title

②ラウンド。

開始と共に吉開ラッシュ。

しかし後ろ重心の麒麟に届かず。

麒麟の重心が前に来たら吉開も危ないか。

左右のフックを振り回す吉開。軽く麒麟に ヒット!

麒麟、ロープ際で吉開に右ストレートを浴びせるが連打に至らず。

ところが終盤に麒麟の右ストレートががら空きの吉開の顔面に炸裂。

かさにかかって攻め込もうとしたところでゴング。

麒麟。

  • [492250]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

③ラウンド。

麒麟の左ジャブ。吉開のパンチ届かず。

もうひとつ踏み込み が必要か。

それにしても②ラウンドの最後は惜しかった!

麒麟の右ボディーに吉開が左を伸ばす!

麒麟後退。

吉開にジャブを当てたところで麒麟突進。

手数は麒麟2に対し吉開1

このラウンドも麒麟。 吉開にパンチを当てさせない。

  • [492254]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

④ラウンド。

吉開、前に出るも麒麟が警戒。

吉開の攻めが止まると麒麟が前に。

今日の麒麟は後ろ重心が目立つ。

吉開の右に対して麒麟も右!

二発浴びせたところでゴング。

イーブン。やや麒麟。

  • [492257]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

⑤ラウンド。

吉開出るも麒麟に当たらず。

ここまでヒット数、手数ともに麒麟。

しかし油断はならぬ。吉開には一発が。

イーブン。

  • [492259]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

最終⑥ラウンド。

前に出る吉開。このままだと判定で麒麟か…

吉開のラッシュにこの試合初めて麒麟がクリンチ。

麒麟の右ボディーが忘れた頃にやってくる。

いいのか吉開、このままで?

麒麟の後ろ重心変わらず。 吉開の右空振りに麒麟の右!

吉開が横を向く。ゴング。

これは麒麟の勝ちでしょう!

判定 58-57,59-55,60-55の3対0でジラフ麒麟神田の勝利。

  • [492263]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

第十試合メインイベント

ミニマム級八回戦

平井亮輝(千里馬神戸)対池間亮弥(広島拳闘会)

年末、負傷判定ながら世界ランカー栄勝海から鮮やかなダウンを奪い番狂わせで勝利した平井亮輝の登場です。

WBO、東洋、日本のいずれもランキング 入り。

今日の相手は元東洋ランカー、再浮上を狙う池間亮弥です。

  • [492268]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

①ラウンド。

開始から突進する池間に対し、平井は今日 もガードを下げて先ずは様子をうかがう構え。

スピードは平井が勝るか。コーナーまで来た池間の空振りに身体を入れ替えて平井のラッシュ。

池間が盛り返したところでゴング。

イーブン。

  • [492275]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

②ラウンド。

池間の右が当たって平井が怒涛の応戦。

抜群の当て感を誇る平井に対し池間が逆襲したところで栄からダウンを奪ったショート右フックのカウンター。

池間、前のめりにダウン!

立ち上がった池間に更に平井が追い打ち。

左右のボディーで池間が崩れ落ち二度目のダウンもカウント8で立ち上がる。

そこでゴング。

平井。

  • [492279]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

麒麟の大きさに吉開が翻弄されたようですが、そのあたりはやってみなければわからない部分だと思いますけど・・・

ってか、麒麟はかなりいいボクサーみたいですね。ジャブで距離を取れればそうとういやらしいスタイルじゃないかと思えます。

  • [492285]  2017.04.23
  •  らいだー #lVTG739E

No title

③ラウンド。

池間、平井をコーナーに追い詰めるもまたも身体を入れ替えられて滅多打ち。

そこを逃れてロープ際を隣のコーナーまで 行き着くもそこでレフェリーにストップされる。

平井の強さと池間の意地が光ったいい試合 でした。

ミニマムが要らないという方はこの試合を 観てから改めて考えてほしい。

平井のインタビュー。

『これまでランキングが上の人たちと闘っ てきたがいざ自分が入ってみるととてつも ないプレッシャーを感じます。それをはね のけていくつもりで頑張りますので応援よろしくお願いします』と。

それではこれでおわります。ありがとうございました。

  • [492286]  2017.04.23
  •  ジャム #-

No title

ジャムさん、実況ありがとうございました。

新人王戦といい、メインといい、エディオンアリーナよりよっぽどアツい試合が繰り広げられていたんじゃないしょうか。平井と平野の今後はアタシも注目して見ていこうと思います。

  • [492294]  2017.04.23
  •  らいだー #lVTG739E

No title

神戸の興行のメインは平井がKOで勝ちましたか、平井はまだ26歳ですからこれは帝里の後を継ぐエースになるかもしれませんね。

当面の目標としては日本かOPBFどちらかの王座狙いという感じぽいので個人的には同じ神戸の真正ジム所属の小西との対戦を見てみたい気がしますね。

  • [492299]  2017.04.23
  •  s #-

No title

失礼。樫根と小池は頭突きで樫根に二点の減点でした。

  • [492429]  2017.04.23
  •  ジャム #-

名古屋の人
SOUL FIGHTING 林vs坂
ツベにあげて下さい。
お願いします。

  • [492497]  2017.04.24
  •  名乗れない人 #-

No title

さっそくYouTubeにほとんどの試合が上がってますね。

これはジラフ麒麟神田と吉開右京。その他の試合はリンクから。

https://m.youtube.com/watch?v=DvncLqGBWso&itct=CAsQpDAYBiITCJvsg6CIu9MCFVuEWAod6U0IujIGcmVsbWZ1SKPYnraNg8fs-QE%3D

  • [492502]  2017.04.24
  •  ジャム #-

「つべに上げて下さい」違法アップロードを要求するような書き込みは控えましょう。

  • [492559]  2017.04.24
  •  名乗れない人 #-

会ったらこわい

違法アップロードをみてたら 遠藤憲一と目が合う・・・

  • [492849]  2017.04.26
  •  kaiban4 #-

ジラフ麒麟神田、さっそくスーパーライト級のランキングに入ったようです。

体格はスーパーライト級を凌駕していると思うんですが

  • [493102]  2017.04.27
  •  ジャム #-

No title

ジラフ麒麟神田の身長は187㎝なので体格的にはSライト級ランカーの中で1番大きくて更に身長183㎝のヘビー級の京太郎よりも大きい事になりますね。

  • [493105]  2017.04.27
  •  s #-

コメントの投稿

非公開

投稿者は、以下のガイドラインを了承したものとします。コメント欄は、読者間の意見交換を目的とし、それ以外の運営方針に反するものや不法行為については発見次第、予告なく削除することがあります。問題が第3者によって確認された場合は、管理者への連絡によって対応するよう努め、不法行為による法的対処については、ログ記録の提出など可能な範囲での協力を惜しみません。ただし、投稿により第三者に不利益を与えるなど投稿によって発生したいかなる損害、問題に対して管理者は一切の責任を負うものではありません。(管理者・ハイセーヤスダ)

チケットぴあ 
↑観戦チケットはこちら









 この場所に広告掲載できます ⇒ お問い合わせ

猫ボク。

NEWSIDER Tokyo

Author:NEWSIDER Tokyo


記者チーム「NEWSIDER Tokyo」オフィシャルブログ

◆無料公開では危なくて書けない!?限定版◆

片岡亮…夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」長期連載中

★プレスリリースから仕事の相談、情報提供など、お気軽にご連絡ください。 
⇒⇒⇒⇒ メール E-MAIL

ボクシング書籍ランキング

ボクシングチケットはこちら
チケットぴあ


※記事中の敬称略をご容赦下さい
※コメント投稿は「パスワード」入力で「なりすまし防止用」の識別コードが付帯されます。


※本ブログの広告(アフィリエイト)からお買い物をされると、掲示商品ではなくても当方に購入額1~3%程度の収益があります。日々更新を続けますので皆様のご協力よろしくお願い致します。★(NEWSIDER Tokyo)

BLOG

LINK

COMMENT

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
8位
[サブジャンルランキング]
格闘技
1位
アクセスランキングを見る>>

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/サンデー毎日/実話ナックルズ/ EX大衆/週刊文春/週刊朝日/週刊新潮/日刊サイゾー/ FRIDAY/FLASH/紙の爆弾/産経新聞/読売新聞/SPA!/実話ドキュメント/週刊ポスト/CIRCUS/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/アサヒ芸能/婦人公論/不思議ナックルズMSNドニッチ//KEITAI BANDITS(バンディッツ)/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/テーミス/LAPOO/スポーツライフ/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同)

WEB ANALYTICS

トラッキング コード

PASSWORD