日本Lフライ級決定戦、久田が新王者

4・21エディオンアリーナ大阪第2競技場「Fighting Beat」
 ▼日本Lフライ級王座決定戦 10回戦
  同級1位・久田哲也(ハラダ) 3-0 同級2位・堀川謙一(三迫)
   ※95-92、96-91、97-91
 ▼8回戦
  高橋祐貴(ハラダ) 4回1分49秒TKO  サム・プアディ(インドネシア)
  日本Lフライ級9位・上久保タケル(井岡弘樹)  3-0 大平真史(マナベ) 
   ※78-75、78-74、79-73

4・21東京・後楽園ホール「三迫一門会」
 ▼8回戦
  デスティノ・ジャパン(渡久地) 7回1分42秒TKO 日本Sライト級3位・永田大士(三迫) 
  富岡樹(REBOOT) 5回54秒TKO 嶋崎俊(輪島)
  日本フェザー級4位・岩井大(三迫)  2-0 同ライト級7位・斉藤正樹(10COUNT) 
   ※78-75、78-74、76-76
  相川学己(三迫)  5回40秒TKO 藤岡飛雄馬(宮田) 

HISAHORILFLY12.jpg


 世界戦出場の拳四朗が、日本タイトルマッチをドタキャン返上して決まったライトフライ級の王座決定戦。挑戦予定だった久田が、元王者の堀川と対戦する。両者は11年と13年に2度対戦している。

 久田は03年デビューのベテラン、27勝(17KO)9敗2分、32歳。タイトルマッチはこれが初。11年の挑戦者決定トーナメント「最強後楽園」では後の世界王者・田口良一に敗北。この翌戦で堀川と対戦したが1~4点差で判定負けだった。13年、日本王者だった田口に挑戦状を出したこともあったが、ここで再び堀川に判定負け。このときは「最強後楽園」での6回戦だったが、足を使った相手に追いつけず、ひとりフルマークの4~6点差の完敗だった。しかし、15年から6連勝中ですべてKO。11位の油田京士、中日本新人王の松井謙太らを倒した試合内容は充実で、スロースターター気味ながら以前よりアグレッシブになっており、ベテランらしい冷静な攻めも見られる。前回「最強後楽園」で2位の山口隼人を7回TKO。アウトボックスする相手を右カウンターなどで追い込んで相手陣営にタオル投入させた。前に堀川と対戦した頃よりもスピードが増し、拳四朗と対戦があっても面白そうだった。この快進撃は2度敗れた堀川へのリベンジも成すか、というところ。

 堀川はこの試合が決まってからジムを移籍。こちらは00年デビューで、久田を上回るキャリアの持ち主だ。32勝(7KO)14敗1分、37歳。過去にタイトルマッチに何度も敗れてきた。09年にミニマム級で八重樫東との日本王座決定戦や、翌年の東洋王座決定戦、11年のメキシコでの元世界王者エドガル・ソーサに挑んでTKO負けしたWBCインター戦。久田との初戦に勝った後、12年には原隆二との日本王座決定戦も僅差の判定負けだった。再び久田に勝った後、14年にライトフライ級に上げて後の世界王者・木村悠と日本王座決定戦に出場も1-2の判定負け。しかし、15年9月、4度目の日本王座決定戦で1位・小野心に7回TKO勝ち、苦節15年で悲願の王座獲得を果たした。しかし、初防衛戦はホープの拳四朗に判定負け。1度は引退を表明したが再起。2月にWBOアジア太平洋王座決定戦に出て、板垣幸司に判定勝ちした。このベルトがあっても日本王座決定戦に出るのは、何度もチャレンジしてきた堀川の国内ベルトへの思いを感じるようでもある。強いプレスからのボディで追い込むスタイルだが、相手の動きを見極めて打つ右アッパー、右ストレートも効果的。ライトフライ級は有力選手が世界戦線に揃うが、この日本タイトルマッチも好カードで、返り咲きを狙うに値する試合だ。

 堀川が移籍した三迫ジムは同日、後楽園で主催興行を行なう。メインはアマ出身の永田(8勝(4KO)1分)が出場。サウスポー27歳。14年のデビュー戦はいきなり同じアマホープの井上岳志と対戦してドローだったが、その後はB級トーナメント優勝など8連勝中。昨年は日本3位の松山和樹を右カウンターでTKOしている。タイトル挑戦も期待されるところだが、現在の日本王者は同じジムの麻生が保持。東洋太平洋はなぜかマルタの選手(9戦無敗)がいつの間にか3月にインドネシア人を下して獲得したことになっている。
 相手のデスティノは元ドミニカ共和国Sライト級王者で、日本のジムに移籍しているブラジミル・バエス(21勝(19KO)3敗2分)。今回が33歳での日本第一戦。07年プロデビューで、12年の20戦目で世界戦経験のある30勝3敗のビクトル・カヨに判定負けで初黒星。13年、世界ランカーのジェイソン・パガラにも敗北。その後、2年以上のブランクを経て、日本のライセンスを取得し、昨年4月にタイで1勝していたが、前回7月、タイでのPABA王座挑戦は、36戦無敗のティーラチャイに4回KO負けだった。(片岡亮)
  • コメント 15

コメント

   投稿(一番下へ)

No title

大阪の日本王座決定戦は2位堀川が37歳ですがWBOAP王者で元日本王者の経験も有るのでやはり堀川が有利という感じですが久田にとっては初タイトル戦でしかも過去に2度負けてる相手ですから3度目の正直で頑張って欲しいですね。

後楽園の三迫興行のメインは永田が有利という感じですが相手のデスティノもこれ以上の負けは許されない感じなので油断はならない相手だと思われますね。

それ以外の前座試合だと斉藤VS岩井のランカー同士の対決が注目ですね、特に斉藤は前々戦が負けで前戦は引分なので再起なるかどうかもかかってますからね。

  • [490712]  2017.04.14
  •  s #-

ライトフライ級で37歳というのは凄いですね。さすがに今回ばかりは久田が勝つんじゃないかと思いますが…

  • [490809]  2017.04.15
  •  名乗れない人 #-

No title

37歳の堀川だけでなく久田も32歳なのでベテラン同士の王座決定戦になりますね。

更に王座決定戦の勝者は初防衛戦が指名試合になりますので多分3位角谷との対戦になると思われるので角谷も今月で32歳になりますからしばらくはベテランボクサー同士で日本王座が争われる事になりそうですね。

  • [490821]  2017.04.15
  •  s #-

拳四郎との試合なら日程の都合がついたが、残念な事に今回は無理だ。

どちらもベテランだが、久田がKO勝ち、またはダウンを奪っての判定勝ちに期待するぜ。

  • [490863]  2017.04.15
  •  浪速のドサ拳 #8l9HHIlM

ですね。今回は久田に勝ってほしいかな。
金曜日かぁ、見に行きたかったな

  • [491417]  2017.04.19
  •  きっかけは町田 #-

No title

久田の所属するハラダジムから日本王者だと第18代日本Jバンタム(現Sフライ)級王者だったネルソン原田以来になりますから約22年ぶりの日本王座獲得なるのかにも期待したいですね。

  • [491425]  2017.04.19
  •  s #-

No title

日本Lフライ級王座決定戦の前日計量は両選手ともにリミットの48.9kgでパスしたみたいですね。

悲願の初王座かWBOAP同級王座との二冠なるかどちらにせよ面白い試合を期待したいですね。

  • [491619]  2017.04.21
  •  s #-

どういう内容かは知りませんが、協栄ジムで記者会見が行われているみたいですよ。
金平会長、亀1、高野…これ以上ないほど胡散臭いメンツだなあ。

https://twitter.com/hardy59101014/status/855267926273740802

  • [491652]  2017.04.21
  •  名乗れない人 #-

亀田興毅が高野人母美のトレーナーに就任ということのようですね。

  • [491673]  2017.04.21
  •  capricieux #-

久田勝ちましたね!

  • [491687]  2017.04.21
  •  きっかけは町田 #-

久田が遂に戴冠したか。
自分を踏み台にしようとするホープに最終R、ベテランの維持と矜持の洗礼を浴びせて辿り着いたタイトルマッチ、今日遂に実を結んだワケだ。

ドタキャンは災難だったが、日本人の層が厚いこの階級で存在感を示すことが出来たかい。

出来ることなら、三度は防衛してほしいぜ。

  • [491690]  2017.04.21
  •  浪速のドサ拳 #8l9HHIlM

No title

日本王座決定戦は3ー0判定で久田が勝利してプロ14年目39戦目で悲願の王座獲得となりましたね。

試合は堀川が4Rにバッティング、6Rに相手を押さえ込んでの反則打で減点されて7Rにダウンを奪われて久田が終始リードしての試合みたいですね。

  • [491696]  2017.04.21
  •  s #-

No title

まずは久田おめでとう。急遽のドタキャンを乗り越えての王座奪還は執念のようなものでしょうか。短い準備期間で試合を受け入れ対戦した堀川にも拍手を送りたいと思います。

各選手とも今後が気になりますが、まずはぜひ、拳四郎が王座を獲得したら選択試合を拳四朗陣営は久田との試合を優先的に組んであげるべきですね。それが、迷惑をかけたハラダジムや堀川陣営にも対してもできる罪滅ぼしだと思います。まあ、ロペスに勝っても次は指名試合でロペスより強そうなゲバラでしょうから、この二人に連続で勝利するのは大変ですが、この二人に勝利した暁には選択試合で久田とやっていいと思います。
その間に久田も1試合、王座決定戦だったので次戦は指名試合を行うでしょうし、相手は角谷あたりになるんでしょうかね?

逆に堀川も今後どうするんでしょうかね。年齢も37歳なので引退もあるのか?次負けたら引退の覚悟で臨んでいる可能性もありますが、一方で移籍したばかりでWBOアジアの王座も保持していることを考えると、まだ、やりそうな気もします。今回は減量でパンツも脱いだとのことでかなり苦しいのかもしれませんが、いまさらフライに挙げるのも年齢的にどうかな。今回は調整期間も短かったので多少、厳しい面もあったでしょうから、今後はどういう方向で行くのか注目ですね。やはり、応援しているものとして東洋太平洋のベルトは狙ってほしいなぁ。

  • [491722]  2017.04.21
  •  光太郎 #-

No title

まあ久田は日本王座の防衛戦が先なので多分来月のランクで1位になると思われる角谷と対戦する事になるでしょうし、角谷は世界戦経験も有るので厳しい試合になりそうな気がしますね。

堀川はいくらWBOAPのタイトルがかかってなかったとはいえ10回戦の試合で負けてますから下手すると剥奪の恐れも有りそうなので今後どう再起するのかが気になる所ですね。

  • [491730]  2017.04.21
  •  s #-

サワディカップさんは今月からアメーバーブログのこちらに再度粘着中↓

ボクシングライフW
「堀川・堀川・堀川・堀川」のコメント

■堀川選手!
ボクシングファン
2017/04/26 16:50

せっかく三迫ジムに移籍したのだから、もう1回、頑張ってほしいです。今回の試合も準備不足のような気がします。

  • [492898]  2017.04.26
  •  名乗れない人 #sX2lGfuA

コメントの投稿

非公開

投稿者は、以下のガイドラインを了承したものとします。コメント欄は、読者間の意見交換を目的とし、それ以外の運営方針に反するものや不法行為については発見次第、予告なく削除することがあります。問題が第3者によって確認された場合は、管理者への連絡によって対応するよう努め、不法行為による法的対処については、ログ記録の提出など可能な範囲での協力を惜しみません。ただし、投稿により第三者に不利益を与えるなど投稿によって発生したいかなる損害、問題に対して管理者は一切の責任を負うものではありません。(管理者・ハイセーヤスダ)

チケットぴあ 
↑観戦チケットはこちら







 この場所に広告掲載できます ⇒ お問い合わせ

猫ボク。

NEWSIDER Tokyo

Author:NEWSIDER Tokyo


記者チーム「NEWSIDER Tokyo」オフィシャルブログ

◆無料公開では危なくて書けない!?限定版◆

片岡亮…夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」長期連載中

★プレスリリースから仕事の相談、情報提供など、お気軽にご連絡ください。 
⇒⇒⇒⇒ メール E-MAIL

ボクシング書籍ランキング

ボクシングチケットはこちら
チケットぴあ


※記事中の敬称略をご容赦下さい
※コメント投稿は「パスワード」入力で「なりすまし防止用」の識別コードが付帯されます。


※本ブログの広告(アフィリエイト)からお買い物をされると、掲示商品ではなくても当方に購入額1~3%程度の収益があります。日々更新を続けますので皆様のご協力よろしくお願い致します。★(NEWSIDER Tokyo)

BLOG

LINK

COMMENT

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
12位
[サブジャンルランキング]
格闘技
1位
アクセスランキングを見る>>

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/サンデー毎日/実話ナックルズ/ EX大衆/週刊文春/週刊朝日/週刊新潮/日刊サイゾー/ FRIDAY/FLASH/紙の爆弾/産経新聞/読売新聞/SPA!/実話ドキュメント/週刊ポスト/CIRCUS/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/アサヒ芸能/婦人公論/不思議ナックルズMSNドニッチ//KEITAI BANDITS(バンディッツ)/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/テーミス/LAPOO/スポーツライフ/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同)

WEB ANALYTICS

トラッキング コード

PASSWORD