竹中、貫禄のKO勝利! 決定戦は麻生が制す

2・9東京・後楽園ホール「ダイヤモンドグローブ」
 ▼東洋太平洋フェザー級タイトルマッチ 12回戦
  王者・竹中良(三迫) 4回1分40秒KO 同級14位・荒谷龍人(KG大和)
 ▼日本Sライト級王座決定戦 10回戦
  同級1位・麻生興一(三迫) 8回1分35秒TKO 同級2位・松山和樹(山上)
 ▼8回戦
  日本Sフライ級6位・鈴木悠介(三迫) 2回2分42秒TKO 児玉堅(T&H)
 ▼6回戦
  田中教仁(三迫) 3回1分20秒KO 高橋悠斗(K&W)

DSC04267.jpg

 竹中はKO防衛。初回、相手のワンツーを空振りさせて鋭い出入りで右ストレート。荒谷も思いきって飛び込む場面を見せたが、竹中はしっかりガード。2回、うまく距離をつかめていない荒谷に、鋭い右がヒット。同じようなタイミングでもう一発当たると荒谷はダウンした。ここで竹中はラッシュせず、的確なヒットでプレッシャーを与え、挑戦者を下がらせた。3回、ボディも織り交ぜ攻勢をキープした竹中は、4回に必死に前に出てきた荒谷を逆に連打で倒し崩し、タオル投入となった。力の差は歴然だが、竹中は冷静に試合を組み立て横綱相撲をした感じだった。激闘上等なチャンプがここのところ見せていた勝ちへのこだわりが優れたスタイルを作ったと思う。今後は防衛戦を続けながら世界挑戦も見据えるという。

 空位の王座は麻生が獲得。ガードを固める麻生に対し、松山がリングを回りながらロングのジャブで先制したが、麻生が2回から前進を強めると松山はこれを止められず接近戦が増え、近距離での打ち合いに。左アッパー、右フックを細かく入れる麻生のヒットが目立ち、5回終了は49-46が2者、50-46が一者で優勢。松山もやり返してはいたが、麻生はまったく下がらず、密着しての連打に8回、ついに松山が根負け。フラッと下がったところでレフェリーが割って入り、その背後からはタオルも投入されていた。麻生はジムを4つ移籍してきた中でタイトルにたどり着いたのは執念、試合でも自分のスタイルをやり通したという印象があった。ただ、相手が相手だったので余裕あって勝てたものでもあり、岡田博喜には通用しなかったわけだから、完成度をさらに高めたい。(片岡亮)

 8回戦の鈴木は昨年5月にフィリピン遠征で2連敗となって以来の試合。八王子中屋から移籍、6勝(4KO)3分。相手の児玉は8勝(3KO)2敗1分、DANGANのB級トーナメントMVPで4連勝中。6回戦の田中は元日本ランカーで5年以上のブランクから復帰する31歳。14勝(7KO)5敗、以前はドリームジム所属で、日本ミニマム級王者・八重樫東に挑戦して大差判定負けしたことがある。狙いすぎて手数を減らした感じの試合だったと思う。相手の高橋は6勝(4KO)2敗、6回戦で2連勝している。(片岡亮)

 昨夜の興行で発表されたチャンピオン・カーニバルでの「ダイヤモンドグローブ」、2月のダブルタイトルマッチ興行。メインは東洋王者・竹中のV3戦で、先に組み合わせが決まっていた日本Sライト級王座決定戦も行なわれる。竹中(14勝(8KO)3敗1分)は、昨年8月にビンビン・ルフィーノをKOして王座を奪い、9位・正野晃に6回TKO、1位・ランディ・ブラガに判定で2度防衛。前回ブラガ戦は激闘をお休みし、勝ちにこだわった試合運びで大差を付けた。勝ちパターンの幅を広げているところはその先のステップを見据えてのものかもしれない。
 挑戦者の荒谷は11勝(3KO)4敗1分、昨年に日本7位の高山和徳に勝利し日本ランクに入るも、翌戦で山口卓也にKO負け。しかし、リマッチでは逆にKO勝ちでリベンジ。以来8回戦で3連勝中で、前回は河野洋祐に2-0で勝利し、東洋ランクは今月に入ったばかりだ。

 麻生と松山の決定戦は、岡田博喜の返上によるもの。2度、岡田に挑んで敗れている麻生(20勝(13KO)7敗1分)は、10月の最強後楽園で、相手の2位・佐藤矩彰が体重オーバーとなって試合中止。戦わずして指名挑戦権を得ていた。4月の岡田戦(7回TKO負け)に続くタイトル戦となる。ガードを固めて前に出続ける選手だ。
 試合決定時5位だった松山(13勝(7KO)7敗1分)はタイトル初挑戦。2年前、日本5位の小竹雅元を下して頭角を現し、一時6連勝をマークしたが、昨年はライト級6位の土屋修平に初回KO負け。再起戦に勝利したものの、11位の永田大士にもKO負け。前回10月の試合はノーランカー、遠藤健太郎にダウンを奪われての負傷ドローでタイトル挑戦に弾みのつく状況にはない。ディフェンスを強化して長身を生かした右を当てたい。(片岡亮)12/9


  • コメント 40

コメント

   投稿(一番下へ)

No title

詳しい記事おつかれ 毎度毎度ご苦労なこったな

  • [473394]  2016.12.09
  •  クソガマガエル野郎 #-

No title

竹中は下位相手なので試合内容が問われそうですし、王座決定戦はどちらが勝っても初のタイトルになりますがどちらにせよ二つのタイトル戦は王者と1位が勝つ確率が高そうな気がしますね。

  • [473467]  2016.12.09
  •  s #-

No title

ああ・・・
ついにあのシャムガル麻生さんがタイトル獲れるかもしれないのか・・・

竹中といい、
この2人がタイトルホルダーなんて、
ちょっと今までの経緯を知る者としては涙を禁じえませんが、
ここは松山には悪いけど、
シャムガルに何とかタイトルを!!(願

  • [481000]  2017.02.02
  •  宇弓 #LkZag.iM

No title

麻生は今でも洪さんに習っているのかな!?

  • [481010]  2017.02.03
  •  名乗れない人 #-

No title

最近は竹中選手の眉毛の立ち方がイマイチ元気がないように感じる・・・。

もっとビンビンに触角のように立ってしまうような試合を期待したいっす。

  • [481028]  2017.02.03
  •  名乗れない人 #-

No title

麻生と松山はどちらも30代で7敗してる苦労人同士の対決ですがどっちが勝っても指名試合となる初防衛戦で負けそうな感じがしますね。

  • [481032]  2017.02.03
  •  s #-

No title

S・ライト級は井上浩樹が今後どんな選択するのか。

タイトルに絡んでくるのも時間の問題のようだし麻生、松山どちらが王者になっても井上相手では厳しいでしょう。

  • [481035]  2017.02.03
  •  名乗れない人 #-

眉毛元気ない笑

荒谷はSNSがキモいのでぶっ飛ばされて欲しい

  • [481042]  2017.02.03
  •  名乗れない人 #-

No title

洪東植さんのAKボクシングジムは一年足らずで閉店していたんですね!?
どこかのジムでトレーナーされているのでしょうか?
年末には内山、田口戦前にテレ東でお元気そうにインタビューに答えていたのに・・・。

  • [481044]  2017.02.03
  •  名乗れない人 #-

No title

ああそうか、シャムガルさん勝ったら、
6月か8月にでもフジ系列同士で、井上いとこがダイヤモンドで挑戦ですかね。
いとこは3月末にまた日本ランカーと試合だし、
スパンもちょうどいいしって感じで。
それはまた燃えますなあ。

この前の年末のいとこの試合見て、ちょっとそのポテンシャルに驚いたし、
逆にシャムガルさんは岡田戦とかで嫌ってほど見せつけたように、あの手のエリートにぐいぐい食い下がるのが十八番だし。
よし、いとこ!!
早速来週の試合後に挑戦状持ってリングに上がってわざとらしく大乱闘だ!!(祭

しかし洪さんのジムつぶれてたんですか。
まあ洪さんは流れのトレーナーとしたって、引く手あまたでしょうね。
シャムガルさんだけじゃなく、小原も椎野も三迫者だけじゃなく、
各ジム各選手からも厚い信頼を受ける名トレーナーですし。

逆にフリーのトレーナーとかになった方が、よっぽど稼げるし、
各ジムの選手もみんな喜ぶんじゃないですかね。

  • [481064]  2017.02.03
  •  宇弓 #LkZag.iM

No title

洪さん、また竹中のトレーナーになって欲しいな

  • [481071]  2017.02.04
  •  名乗れない人 #-

今回の竹中はただの調整試合みたいな感じだろうなー。
日本ランクにしか入ってなかったヤツが直近の試合でノーランカーに勝っただけなのに謎の東洋ランク入りで、その直後にいきなりタイトルマッチ。

外国から日本で知られてないヤツをわざわざお金払って連れてくるより、遥かにコスト面でセーブ出来て尚且つ一応日本人が相手ってことでアンチにも叩かれにくいだろし。
完璧に噛ませ役だろうね。

シャムガルと松山はシャムガルが普通に勝つんじゃないかな。
松山はパンチもスタミナも無くて普通に弱いし。

  • [481075]  2017.02.04
  •  oreo n' milk #-

No title

田中選手のブンブンを倒したときのモチベーションと集中力を楽しみにしたいね

  • [481424]  2017.02.07
  •  名乗れない人 #-

No title

麻生VS松山戦は王座決定戦なので初防衛戦はランク最上位ボクサーとの指名試合になるので井上浩との対戦は早くてもその次になると思われますね。

竹中は今年で32歳になり、またWBC8位なので今年に世界戦を実現出来る様な良い試合を見せられるかが見所になりそうですね。

  • [481442]  2017.02.07
  •  s #-

No title

竹中選手は前回の試合とかは、余り覇気がないように感じました。

竹中選手が勝ちにこだわったからの、そんな展開の試合だったのかもしれませんが、

今回は男竹中、気合い入ってそうな気配が‼

竹中選手頑張れ✊‼

【ひろ】です。

  • [481448]  2017.02.07
  •  名乗れない人 #rpQU5ubQ

No title

タイトル戦以外の試合だと鈴木悠介や田中教の試合は移籍初戦や約5年ぶりの復帰戦とバラエティに富んでますし、昨年12月にB級デビューした富岡樹のプロ2戦目も有るのでこちらも注目ですね。

  • [481460]  2017.02.07
  •  s #-

No title

麻生選手100アンダー、松山選手リミットで計量パスですね。

松山選手が良い体作ってるように見えたので凄い楽しみっす!

  • [481482]  2017.02.08
  •  けんたぼん #-

No title

メインの東洋タイトルは、チャンピオン竹中選手リミットで挑戦者荒谷選手は200アンダーでの計量パスでした。

両選手共に良い体作ってるように見えたので、チャンピオン有利やと思いますが荒谷選手のポテンシャルにも期待ですね!

富岡ファミリーの試合もありますし明日が楽しみです

  • [481483]  2017.02.08
  •  けんたぼん #-

No title

セミとメインどちらも計量クリアで明日を待つだけになりましたね。

試合の方は竹中と麻生が勝って三迫ジムの揃い踏みになるのか、それとも天笠以来の日本王者の松山やKG大和ジム初の王者誕生なるかの荒谷が勝つのかに注目したいですね。

  • [481488]  2017.02.08
  •  s #-

ジャムガルさん遂にチャンピオン!!

  • [481508]  2017.02.09
  •  名乗れない人 #-

メインの実況だれかー!

  • [481509]  2017.02.09
  •  名乗れない人 #-

No title

ヤフーのリアルタイムだとメインの竹中VS荒谷戦は4RTKOで竹中が3度目の防衛に成功してまた前座試合では5年ぶりに復帰の田中教と移籍初戦の鈴木悠がそれぞれ3RKOで節目となる試合を無事飾ったそうです。

  • [481510]  2017.02.09
  •  s #-

No title

第1試合 亀山vs佐藤はドロー(4回戦だけど結構レベル高い)

第2試合 山田vs工藤は5RTKOで工藤選手。

第3試合 富岡樹vsパク

樹のフルマーク判定勝ち。
富岡樹選手はジャブが走るし非常にテクニカル。
コリアンファイターが粘ったのもあるけど、樹選手は減量も全くしてない様子。
技術が有ればパンチを貰わなければweightはベストの通常体重が一番と考える会長さんに育てられた選手で、この先が楽しみな選手でもあります。


第4試合 田中vs高橋

高橋選手が先にダウン取るも田中選手の一発で逆転KO勝ち。
なお、高橋選手は眼底骨折した模様

第5試合 鈴木vs児玉

3ラウンド鈴木選手のKO勝ち。
鈴木選手ってサウスポーの良い選手ですね。
また観てみたい。

第6試合 麻生vs松山は麻生選手のKO勝ち。

メインの竹中vs荒谷

4ラウンドTKOで竹中。

竹中選手はもう既に安定感のある強いチャンピオンだと思う。
ディフェンスも良いし、モーション無く伸びる右が良かった。
2Rにダウンを奪い。
4ラウンド目に荒谷選手に攻め込まれて少し良いのを貰ったか⁉となって荒谷選手が荒く攻めてきたところの打ち終わりを逃さず仕留めました。

今回はやっぱり眉毛の立が良かったからな。
強かった。

【ひろ】でした…。

  • [481514]  2017.02.09
  •  名乗れない人 #rpQU5ubQ

No title

竹中選手は試合後のインタビューで

【誰の挑戦でも受けます‼連絡下さい‼その中から一番強いの選んでやります‼】


男竹中‼

普通に強いぞ‼

  • [481520]  2017.02.09
  •  名乗れない人 #rpQU5ubQ

No title

三迫ジムの4選手は全員KO勝ちとなり、Wタイトル戦は麻生が悲願の王座獲得で竹中は2度のダウンを奪っての貫禄のTKO勝ちで3度目の防衛に成功しましたね。

竹中はWBCフェザー級8位でそのWBCフェザー級王座戦は来月11日に行われるのでその結果次第では今年中に世界戦も有り得そうな気がしますね。

  • [481521]  2017.02.09
  •  s #-

No title

今日の興行は第1試合以外はreboot2ポカポカ三迫の【三迫一門会】の様でした。

しかし、移籍で苦労する選手が多いと聞く中、
あそこ選手みたいに三迫ジムが4件目って選手もいるんですね。

  • [481522]  2017.02.09
  •  名乗れない人 #rpQU5ubQ

No title

ボクモバによると荒谷選手は車椅子に乗せられ病院へ向かったらしい
あまりにも実力差があるのなら、そんなカード組むべきじゃないよ

  • [481524]  2017.02.09
  •  名乗れない人 #-

No title

麻生はワタナベ、角海老、オザキと渡り歩いて4つ目の三迫でようやく初タイトル獲得となりましたがこの試合は決定戦なので初防衛戦から早速ランク最上位の難敵と戦う事になりそうですね。

  • [481526]  2017.02.09
  •  s #-

1番強い奴とやるとか言ってるくせに竹中は荒谷と同門の阿部からは逃げたみたいだけどな。それで荒谷に話が来たから今回やることになったんじゃないかな。荒谷じゃ鼻から勝ち目無かったけど、本人もジムも記念挑戦したかったんじゃない?

  • [481527]  2017.02.09
  •  猫田犬一 #-

No title

阿部選手から逃げたなんて話があるんですか⁉

折角ですから煽って実現すると良いですね。

それと荒谷選手ってそんなに弱い選手だったんでしょうかね⁉

  • [481530]  2017.02.10
  •  名乗れない人 #rpQU5ubQ

アンチができることは結構な事です。
両選手とも熱い戦いでした。
個人的には阿部選手がやってても一緒かなと、、、
竹中選手の戦ってきた相手をみるとね
荒谷選手、日本ランクでは阿部選手より上なんですね?

  • [481531]  2017.02.10
  •  名乗れない人 #-

No title

日本フェザー級ランクでは荒谷は5位で阿部は12位になってますね。

それと阿部は今月28日に三迫ジムの輸入ボクサーのジョー・ミサコと戦うそうなので阿部としてはここで勝って竹中にアピールしておきたいところでも有りますね。

  • [481534]  2017.02.10
  •  s #-

No title

三迫祭りという感じでしたね。

麻生はようやく王者ですか。
苦労人なだけに万感の思いでしょう。
次は指名戦でしょうかな。
順位を見ると返上した岡田と元王者の近藤はないでしょうし、5位永田は同門なので、事実上の最上位は岡田と同門の角海老の6位今野になるんでしょうか?
今野は次回、大橋ジムのピーターと3月27日戦うらしく勝って、日本王座を狙いたいところでしょうか。S・ライト級に転級してきたばかりなんですね。

三迫はそろそろ世界を取りたいでしょうね。
昨日勝った竹谷もそろそろ世界戦をやらせてあげたいですね。
けど、この階級はなかなか世界を取るのは難しい階級でしょうね・・できるならリーシェルビーなんでしょうけど、イギリスに行くことになったら、きついでしょうし、WBCの統一戦の勝者もどうかな。
とりあえずは、先に防衛戦からでしょうか。
阿部から逃げたという話の真偽は不明ですが、そういう噂はあるなら阿部には挑戦を名乗り出てもらって、やるしかないでしょうね。確かにKG大和も阿部の方が順位が上ですし、阿部にもやらせたいという想いは無きにしも非ずでしょう。阿部も昨日の試合は現地で見ていたでしょうから、みたいですね。

ただ、今回が14位相手なのでやはり、1位のフィリピン勢と指名戦はしっかりとやってほしいです。

三迫は竹中以外だとやはり、小原にもう一度世界戦をやってほしいですね。インドンゴが王者であるならチャンスはあると思うんですが、次のバーンズ戦がイギリスだし、きついか・・・?
あとはWBAのランキングにも入っている戸部とかもそろそろチャンスほしいんじゃないでしょうかね。河野が王座から陥落してなければリベンジ戦とかでチャンスあったんでしょうが、今、ヤファイに王座が行っちゃっているのできついんでしょうか?

  • [481542]  2017.02.10
  •  光太郎 #-

No title

やった~~~☆
ぜひ生でシャムガルさんの生戴冠見たかったもんですが、
…ここん所病床に伏せってて断念でしたが(歯噛

しかしあの麻生さんが小原や岡田の持ってたタイトル持ってんのか・・・
なんか感無量ですが、うえでも書いたようにぜひ井上いとこの挑戦受けて、
岡田も嫌気をささすほどのゴリゴリのプロたたき上げの根性を、
いとこに教え込んでほしいもんですね。

竹中もなんやかんやで王者っぽくなってきましたね。
明日のダイヤモンド中継が楽しみですが。
しかし小原よ・・・
次のダイヤモンドあたりでそろそろ復帰しろ!!

  • [481544]  2017.02.10
  •  宇弓 #LkZag.iM

No title

小原選手は4月の前半に復帰戦を予定してるようですよ。

【ひろ】です

  • [481548]  2017.02.10
  •  名乗れない人 #rpQU5ubQ

阿部の件は業界の関係者に聞いただけだけど、間違いなくランク上位=強いではないだろ。確かに荒谷の方が阿部よりランクは上だけど、2人がやってきた相手を見てみると全然レベルが違うよ。実際阿部はランカーからも恐れられてるらしいし。それを言ったら竹中の相手はもっとすごいけど、阿部は若さとポテンシャルがあるし、2人がやったら面白いんじゃないかな。

  • [481557]  2017.02.10
  •  猫田犬一 #-

No title

ファンが期待する試合が実現して欲しいですね。

  • [481558]  2017.02.10
  •  名乗れない人 #rpQU5ubQ

竹中が逃げる必要ある?笑

荒谷より阿部の方が強いとは思うけど。

  • [481607]  2017.02.10
  •  名乗れない人 #-

No title

おー小原4月に再起ですか!!
てことは4月のダイヤモンドですね?
こりゃ春から希望いっぱいでありがたい感じですが。

小原よ・・・
かつて岩渕とそうしたように、
今度は岡田と上を賭けての決戦行ってみる??(燃

  • [481613]  2017.02.10
  •  宇弓 #LkZag.iM

No title

フジ見ました。竹中の動きがよくて、スパっと倒してという試合でした。ここのところ勝ってはいても、拳の負傷で試合感覚が開いたり若干足踏みしている感がありましたが、再度エンジンがかかりそうです。荒谷は何かやりたかったんでしょうけど、竹中がそれをさせなかった。

麻生は念願の初タイトル。距離を取らせず右を当てる形で、最後は左をガツンと当ててからの右、そして連打でストップ。快勝ですね。松山はパンチを当てながら麻生を下がらせたかったと思うんですが、足だけに頼る展開になってしまったのが残念。あと、試合内容とは関係ないんですが、フルラウンド見られたのはよかった。時間を気にしながらどこのラウンドがカットされるかと気にしながら見ていましたので。

番組の最後に年間表彰のインタビューが流れましたが、尚弥と八重樫にのあとに比嘉もさらりと登場していましたね。世界戦を放送するのは日テレだと思っていましたが、フジになる可能性もあるのかなあ。その比嘉のコメントは“ボクシングファンだけじゃなく一般の人にも知ってもらえるようになりたい”とのことでした。その意気やよし、是非そうなってもらいたいです。

  • [481851]  2017.02.12
  •  らいだー #lVTG739E

コメントの投稿

非公開

投稿者は、以下のガイドラインを了承したものとします。コメント欄は、読者間の意見交換を目的とし、それ以外の運営方針に反するものや不法行為については発見次第、予告なく削除することがあります。問題が第3者によって確認された場合は、管理者への連絡によって対応するよう努め、不法行為による法的対処については、ログ記録の提出など可能な範囲での協力を惜しみません。ただし、投稿により第三者に不利益を与えるなど投稿によって発生したいかなる損害、問題に対して管理者は一切の責任を負うものではありません。(管理者・ハイセーヤスダ)

チケットぴあ 
↑観戦チケットはこちら









 この場所に広告掲載できます ⇒ お問い合わせ

猫ボク。

NEWSIDER Tokyo

Author:NEWSIDER Tokyo


記者チーム「NEWSIDER Tokyo」オフィシャルブログ

片岡亮…夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」長期連載中

★プレスリリースから仕事の相談、情報提供など、お気軽にご連絡ください。 
⇒⇒⇒⇒ メール E-MAIL

ボクシング書籍ランキング

ボクシングチケットはこちら
チケットぴあ


※記事中の敬称略をご容赦下さい
※コメント投稿は「パスワード」入力で「なりすまし防止用」の識別コードが付帯されます。


※本ブログの広告(アフィリエイト)からお買い物をされると、掲示商品ではなくても当方に購入額1~3%程度の収益があります。日々更新を続けますので皆様のご協力よろしくお願い致します。★(NEWSIDER Tokyo)

BLOG

LINK

COMMENT

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
1位
アクセスランキングを見る>>

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/サンデー毎日/実話ナックルズ/ EX大衆/週刊文春/週刊朝日/週刊新潮/日刊サイゾー/ FRIDAY/FLASH/紙の爆弾/産経新聞/読売新聞/SPA!/実話ドキュメント/週刊ポスト/CIRCUS/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/アサヒ芸能/婦人公論/不思議ナックルズMSNドニッチ//KEITAI BANDITS(バンディッツ)/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/テーミス/LAPOO/スポーツライフ/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同)

WEB ANALYTICS

トラッキング コード