WBO王座決定戦 コット×亀海!オッズは…

8・26ロサンゼルス
 ▼WBO世界Sウェルター級王座決定戦 12回戦
  同級1位・ミゲル・コット(プエルトリコ) × 同級6位・亀海喜寛(帝拳)
 ▼WBC世界Sバンタム級タイトルマッチ 12回戦
  王者・レイ・バルガス(メキシコ) × 同級3位・ロニー・リオス(米国)

8・26タイ・ウタイタニ
 ▼8回戦
  アムナット・ルエンロン(タイ) × ペッチトンチャイ・シンマナサック(タイ)
  
8・26スペイン・ベニドルム
 ▼8回戦
  キコ・マルチネス(スペイン) × ロレンソ・パーラ(ベネズエラ)

COTTOKAMEGAIO1.jpg

 元4階級制覇コットは15年11月のカネロ戦以降の復帰戦が、当初2月にジェームス・カークランド(米国)戦が予定されていたところ、相手の負傷でキャンセル。その後に野中悠樹(井岡弘樹)との試合交渉もあったが、最終的にアメリカで熱戦を続けている亀海に決定。日本のファンにとってビッグニュースとなった。亀海は大物ロバート・ゲレロらとの激闘で評価を高め、ここ2戦は激闘スタイルで人気だったヘスス・ソト・カラスと2連戦。初戦は初回から打ち合ってのタフファイトの末、三者三様のドローだったが、昨年9月の再戦では、クリーンヒットを重視した戦いで8回にダウンを奪い、相手に棄権させた。そこから試合はなかったが、今回は世界タイトルまで加えられる最高の舞台が用意された。これぞアメリカに出てハードなチャレンジをしたかいがあったというもの。世界的人気階級の選手が本気で頂点を目指す場合の夢あるモデルケースといえる。

 WBOスーパーウェルター級は、リアム・スミスが15年の王座決定戦で獲得し、3度目の防衛戦でサウル・カネロ・アルバレスに奪われたが、カネロはベルトよりも人気選手とのビッグマッチを優先。そこでWBOは暫定王座決定戦でスミスとリアム・ウィリアムズの試合を組んだが、スミスが計量失格の勝利だったため、王者は不在のままに。そんな流れではあるが、今回、激戦階級での難しい世界挑戦が決まったことは、素直に喜びたい。当然、亀海はコットを下せば大金星で世界的ニュースになる。試合は大手ケーブル局HBOが中継予定だ。

  • コメント 15

メイウェザー×マクレガー、オッズは意外に僅差

8・26米・ラスベガス
 ▼12回戦
  フロイド・メイウェザーJr.(米国) × コナー・マクレガー(アイルランド)
 ▼WBA世界Lヘビー級タイトルマッチ 12回戦
  王者・ネイサン・クレバリー(英国) 同級11位・バドゥ・ジャック(スウェーデン)
 ▼IBF世界Sフェザー級タイトルマッチ 12回戦
  王者・ジェルボンタ・デービス(米国) × 同級7位・フランシスコ・フォンセカ(コスタリカ)
 ▼北米クルーザー級タイトルマッチ 10回戦
  王者・アンドリュー・タビチ(米国) × スティーブ・カニンガム(米国)

Mayweather-MCGUFC1.jpg

 49戦無敗で15年9月に引退したメイウェザーが、MMAの人気選手マクレガーと、ボクシングでの対戦。試合はSウェルター級(69.8キロ)によるものだが、当初10オンスの予定だったグローブは8オンスに変更。アスレチックコミッションも所詮、プロモーターには弱いのである。メイウェザーは超ディフェンシブなスタイルで一時は2階級で4冠を同時保持していたこともあるトップ中のトップで、成金&不良キャラ全開の人気者だが、40歳にして2年のブランクがある。対するマクレガーはパンチ主体のMMAファイターで、UFC初の2階級王座を同時保持。こちらも罵詈雑言が売りの有名人だ。ボクシングデビュー戦で超実力派の元世界王者と12回戦を行なうわけだが、「競う」よりも「稼ぐ」ことに特化したイロモノマッチといえる。本来はメイウェザーが圧勝すべき試合だが、何が起こるか分からない不気味さは瞬間最大風速的な注目度となっている。極論すれば、こういう試合はちゃんとルールが守られた試合になるのか、と思うし、反則ひとつなかったとしても、マクレガーがボクシングのセオリーに意表を突くようなスタイルでないと面白くはなりにくい。ただ、オッズは1.2-3.7でマクレガーへの期待値がかなり大きい。本ブログの読者アンケート(投票感謝です)では投票率は上がらなかったが、161-38(ドロー18)でメイウェザーが大きく優位。

  • コメント 11

8・22~23日本ユース王座決定戦 

8・22東京・後楽園ホール「DANGAN191」
 ▼日本ユースSフライ級王座決定戦 8回戦
  同級3位・田之岡条(小熊) × 同フライ級9位・山下賢哉(白井具志堅)  
 ▼日本ユース・フェザー級王座決定戦 8回戦
  小坂烈(真正) × 溜田剛士(ヨネクラ)
 ▼日本ユース・ライト級王座決定戦 8回戦
  富岡樹(REBOOT) × 同Sフェザー級7位・粕谷雄一郎(石川)
 ▼日本ユースSフェザー級王座決定戦 8回戦
  石井龍誠(伴流) × 三瓶数馬(協栄)
 ▼8回戦
  上岡泰(元気) × ソンセーンレック・ポスワンジム(タイ)

8・23東京・後楽園ホール「DANGAN192」
 ▼日本ユース・フライ級王座決定戦 8回戦
  同級14位・中谷潤人(MT) × 同Lフライ級4位・ユーリ阿久井政悟(倉敷守安)
 ▼日本ユースSバンタム級王座決定戦 8回戦
  同級13位・水野拓哉(松田) × 同Sフェザー級11位・石田凌太(宮田) 
 ▼日本ユース・バンタム級王座決定戦 8回戦
  中村祐斗(市野) × 武田航(角海老宝石)
 ▼日本ユース王座決定トーナメントSライト級準決勝 6回戦
  吉開右京(島袋) × 平岡アンディ(大橋)
  大野俊人(石川) × 小林孝彦(10COUNT)

 チャンピオン大量増設の日本ユース王座だが、ホープ同士のサバイバルマッチが一度に実現できるところで、興行的に見れば面白い。Sライト級のみ池田竜司(六島)が棄権となったため、吉開との決勝戦が中止となり準決勝4選手によるトーナメントで仕切り直された。(片岡亮)

  • コメント 16

★予想!久保×ローマン

9・3京都・島津アリーナ「THE REAL FIGHT」
 ▼WBA世界Sバンタム級タイトルマッチ 12回戦 
  王者・久保隼(真正) × 同級2位・ダニエル・ローマン(米国)

KUBOROMAN1.jpg

 ぜひ予想をお願いいたします!

・久保 12勝(9KO)、27歳。アマでインターハイ準優勝などを経て13年デビュー、6戦目でWBCバンタム級11位・ルイス・メイを下し世界ランクイン。翌戦、唯一の日本人との対戦で、6勝5敗の本田正二郎にTKO勝利。15年、東洋太平洋の王座決定戦でフィリピンのロイド・ハルデリサをKO。6位・ベンジー・スガノブ、7位・イム・ジヌクに防衛。今年4月にWBA王者・ネオマール・セルメニョに11回TKO勝ちで王座奪取。今回、初防衛戦。

・ローマン 22勝(8KO)2敗1分、27歳。アマ活動後に10年デビュー、4戦目の4回戦で岡田隆志に敗北。13年の初8回戦でも判定負けしたが、以降は14連勝中。15年の決定戦でWBA北米王座獲得、元世界ランカーのクリスチャン・エスキベル(山中慎介、大森将平に敗北)らに4度防衛。ここ2戦は無敗ホープに勝っている。世界初挑戦。

★予想! 久保×ローマン


 ・久保のKO勝ち

 ・久保の判定勝ち

 ・ローマンのKO勝ち

 ・ローマンの判定勝ち

 ・ドロー


  結果



 -ブログでアンケート-
  • コメント 30

11月、日本ウェルター級統一戦 有川×坂本

11・7東京・後楽園ホール
 ▼日本ウェルター級王座統一戦 10回戦
  正規王者・有川稔男(川島) × 暫定王者・坂本大輔(角海老宝石)

 日本ウェルター級の統一戦は11月にセット。有川はこれが2度目の防衛戦。14勝(12KO)4敗、32歳。一昨年、最強後楽園で元日本&東洋太平洋王者の渡部あきのりを6回TKOして王座挑戦権を獲得し、昨年4月に新藤寛之に10回TKO勝ちで王座を奪った。11月、5位・大川泰弘に4回TKOで防衛したが、その後の負傷で休養していた。その間に行なわれたのが、6月の暫定王座決定戦で、1位・坂本が2位・川崎真琴に判定勝ち。
 坂本は14勝(8KO)8敗3分、国体準優勝のアマ出身で07年デビューも、同年12月、上野駅で酔った男に襲われ、やり返してしまったところ相手が頭蓋骨骨折で後日逮捕。罰金50万円の略式刑を受けたことがある。翌年に再起してから戦ってきたが、13年に前王者の新藤には敗れるも、翌戦で有川を初回KOで下している。この試合以降、負けなしで2分を挟んで7連勝している。僕は前回の初回KOの対戦を見ていないのだが、組み合わせ自体はパワフルなパンチが序盤から交錯しそうだ。(片岡亮)

  • コメント 4

チケットぴあ 
↑観戦チケットはこちら







 この場所に広告掲載できます ⇒ お問い合わせ

猫ボク。

NEWSIDER Tokyo

Author:NEWSIDER Tokyo


Journalist Team「NEWSIDER
★プレスリリースから仕事の相談、情報提供など、お気軽にご連絡ください。 
⇒⇒⇒⇒ CONTACT US (Send E-MAIL)

◆無料公開では危なくて書けない!?限定版◆

片岡亮夕刊フジ毎週木曜「格闘技裏通信」長期連載中

ボクシング書籍ランキング

ボクシングチケットはこちら
チケットぴあ


※記事中の敬称略をご容赦下さい
※コメント投稿は「パスワード」入力で「なりすまし防止用」の識別コードが付帯されます。


※本ブログの広告(アフィリエイト)からお買い物をされると、掲示商品ではなくても当方に購入額1~3%程度の収益があります。日々更新を続けますので皆様のご協力よろしくお願い致します。★(NEWSIDER Tokyo)

BLOG

LINK

COMMENT

RANKING

[ジャンルランキング]
スポーツ
14位
[サブジャンルランキング]
格闘技
1位
アクセスランキングを見る>>

WORKS

取材・執筆
夕刊フジ/東京スポーツ/サンデー毎日/実話ナックルズ/ EX大衆/週刊文春/週刊朝日/週刊新潮/日刊サイゾー/ FRIDAY/FLASH/紙の爆弾/産経新聞/読売新聞/SPA!/実話ドキュメント/週刊ポスト/CIRCUS/大衆ヴィーナス/週刊実話/怖い噂/アサヒ芸能/婦人公論/不思議ナックルズMSNドニッチ//KEITAI BANDITS(バンディッツ)/空手LIFE/月刊ガンダムエース/SLAPPY/ナイタイスポーツ/週刊特報/週刊宝島/NONFIX/実話大報/特冊新鮮組/激撮ナックルズ/週刊ファイヤー/新潮45/ワシントンジャーナル/ワシントン・ヘラルド/ラスメイクマエ/格闘Kマガジン/横浜ウォーカー/ハードコアナックルズ/実話VAMP!/格闘伝説/実話時代BULL/噂の真相/テーミス/LAPOO/スポーツライフ/ラスメイ・カンプチア/本の雑誌/テキサスビッグタイム/FROM A/週刊ゴング/危ないMIXI/TECH WIN/ダカーポ/El Sol de Tijuana(THANKS TO MR.CHITO RUBEN NAVIA)他(順不同)

出演
モーニングCROSS(TOKYO MX)/芸能番リターンズ(ニコニコ生放送)/芸能BANG!(日本テレビ)/ワイドスクランブル(テレビ朝日)/サンデースクランブル(テレビ朝日)/スーパーJチャンネル(テレビ朝日)/やじうまプラス(テレビ朝日)/青木隆治のエンタメまるっとLIVE(NOTTV)/ ベイラインゴーゴー(bayFM)/やりすぎ都市伝説(テレビ東京)/暴露ナイト(テレビ東京)/言いにくいことをハッキリ言うTV(テレビ朝日)/Session-22(TBSラジオ)/ニュース探究ラジオDig(TBSラジオ)/峰竜太のミネスタ(ラジオ日本)/POWER BAY MORNING(bayFM)/くだまき八兵衛X(テレビ東京)/スーパーモーニング(テレビ朝日)/サタデースクランブル(テレビ朝日)/ニコ生ナックルズ(ニコニコ生放送)/フジテレビからの(フジテレビ)/あさパラ!(よみうりテレビ)/とくだね(フジテレビ)/EZTV(フジテレビ)/ピンポン(TBS)/トゥナイト2(テレビ朝日)/激論コロシアム(NHK) 他(順不同)

WEB ANALYTICS

トラッキング コード

PASSWORD